« 本 「警官の血」 | トップページ | 「R100」 わけわかんないことへのエクスキューズ »

2013年10月 6日 (日)

「そして父になる」 言葉の少なさがリアリティを生む

6年間育てていた子供が実は他人の子供だった。
その事実に直面した2組の家族・・・、彼らは実の子を選ぶのか、それとも育ての子を選ぶのか・・・。
このようにこの作品のプロットを書いて最近の邦画のトレンドで考えると、涙腺が決壊しそうな感動物語を想像してしまいます。
そして実際に観てみると、泣けませんでした。
しかし泣けないことは悪いことではなく、かえってそのことで本作がこのような事態に直面した家族の様子をリアリティをもって描いているなと感じたのです。
いわゆる「泣かせ」の物語というものには、ツボのようなものがあります。
それは作る側と観る側の暗黙の了解があるような「ここで泣くんだよ」というサインのようなものです。
脚本家が練りに練って、その作品の言いたいこと(テーマ)が凝縮された「いいセリフ」などがそのスイッチになったりします。
フィクションなのでセリフは計算づくで構成されたものであるのでこのこと自体は悪いことではありません。
しかし是枝監督は元々ドキュメンタリー出身だからか、そういう作りこまれたセリフをあまり使わない傾向にあるように思います。
是枝さんは淡々と静かに、事件に遭遇した家族の様子を寄り添うように撮っていきます。
よくある「泣かせ」のドラマにあるように感情的なドラマティックさは、この事態に遭遇した二組の家族にはありません。
彼らにあるのは戸惑いのようなものでしょう。
どうしてこうなったのだ?そしてこれからどうしていくのがよいのだろうか?
その難問に直面しそれぞれが戸惑う。
その戸惑い感は作られたドラマティックさがないことによって、よりリアルに感じられます。
いくつか印象的であった場面をピックアップしてみます。

福山雅治さんが演じる主人公良多は実の子供の琉晴を引き取ります。
そして琉晴に自分と妻のことをパパとママと呼ぶように言います。
しかし琉晴は「なんで?」と聞きます。
それに良多は「なんででもだ」と答えますが、それでも琉晴は「なんで?なんで?」と問い続けます。
その問いに良多は言葉が詰まり答えられません。
「泣かせ」のドラマの場合では、ここで良多に気が利いたセリフの一つでも吐かせるかと思うのですが、本作ではそれをしません。
琉晴の子供ならではの容赦のない問いに、大人である良多は大人の事情でその問いをかわそうとしますが、それができずに二の句が継げなくなってしまう。
「なんで?」という疑問は実際のところ良多の心の中にもあったもので、それを「大人の事情」「大人の判断」で自分自身を納得させていたところを突かれて、グッとつまってしまったのでしょう。
このグッとつまる感じにリアリティを感じたんですよね。
あともう一つ。
琉晴がなかなか自分に慣れない中で一緒に暮らす日々が続く中で、良多は自分を育ててくれた母親に電話をします。
いくつかの場面からわかりますが、その母親は実際には血が繋がった母ではなく、良多はその母親に馴染めなかったようです。
しかし母親には愛情がなかったわけではなく、良多自身が彼女を受け入れられなかったということに、琉晴を引き取ることによりようやくわかったのです。
それで良多は電話をかけるわけですが、そこでほんとうは「母さん」と呼ぼうと思っていたのだと思います(良多は大人になっても母親を名前で呼んでいた)。
ここでも普通の「泣かせ」のドラマであれば「母さん」などというセリフを言わせて、涙腺決壊スイッチを押すかと思うのですが、そうはしません。
母親が何かを察したのか「良ちゃんとは楽しい話だけをしたいな」と言うと、良多は「そうだね・・・」とだけ言うのです。
やはりここでも良多の沈黙に彼の心を感じることができるのですね。
人間、普通に生きていて感動的な言葉を発することなんてそうそうありません。
こう言っておけば良かったと後悔することはあっても。
このような気が利いたセリフを言わせないという姿勢が、二組の家族をよりリアリティを持って描くことに繋がっているように感じました。
本作で唯一涙腺が緩みそうになった場面が、良多が育ての息子慶多が撮った写真を見るところ。
慶多は良多の写真を撮っていますが、その多くは背中を向けていたり、寝ていたりするような写真でした。
それを見て、良多は自分が慶多とほんとうは父親としてちゃんと接することができていなかったということに気づきます。
ここでもセリフは一切なく、慶多の写真と良多の表情だけでその気持ちを感じさせるのです。

良多は自分の育ちの境遇から、自分のことは自分でしっかりとできるようになる子に育てるということが親としての役割であると考え、ずっとそのようにしてきました。
しかし彼が遭遇した事件を通じて、彼は自分自身の中の揺るぎないポリシーが崩れるのを感じるのです。
自分の本当の子は自分にはなつかず、育ての子も相手の親に馴染む。
妻も良多の態度を非難する。
二組の家族の中で、孤立感を良多は感じていくのです。
彼の表情や行動には「こういうはずではなかった」「自分は間違っていたのかもしれない」というような戸惑いが感じられます。
その戸惑い感が、良多の口数の少なさに表れてるように感じました。
本作の最後で良多は多くの言葉を発します。
それはすべて息子の慶多にむかったもので、初めて彼は息子に自分の中にある気持ちをさらけ出したのだと思います。
どちらかと言えば良多は昔ながらの厳格な父で、上からの目線で慶多を接してきました。
慶多も物わかりのよい子供だから、そういった父親の言う通りにしてきていました。
けれどやっと良多は慶多と同じ目線で話ができるようになったのです。
ようやく良多は父親になった。
慶多が撮る写真に良多の笑顔が映るようになるといいなと思いました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「警官の血」 | トップページ | 「R100」 わけわかんないことへのエクスキューズ »

コメント

メビウスさん、こんばんは!

親となっているかどうかというのは、この映画を感じるのか、に重要なファクターかもしれませんね。
僕も自分が親だったらというように考えながらという感じになってしまいました。
親である人は考えるというよりは、感じてしまうという感じなのだろうなと思ったりしました。

投稿: はらやん | 2013年12月 4日 (水) 22時36分

はらやんさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

なんか凄いデリケートな題材を扱ってる内容でもあったので、自分も泣くという感情はあんまり沸いて来ませんでした^^;多分親と言う立場にもなってないから感情移入が難しかった・・というのもあったかもしれませんが、でもだからこそ自分だったら最終的にどういう決断を下せるだろうかと鑑賞しながら結構本気で考えてもいましたねぇ。

まあ肩入れする気持ちとしてはアットホームな斎木家が良い印象ではありましたけども、良多は良多で色々な問題に直面しながらも最終的には立派な父性を得ていく過程が丁寧で感動できましたねぇ♪

投稿: メビウス | 2013年12月 2日 (月) 20時59分

sakuraiさん、こんにちは!

そうですね、是枝さんの作品はいわゆる「泣かせ」の映画とはまた違った感覚を感じますよね。
登場人物に寄り添い淡々と描くからこそ、伝わってくる感じがします。

投稿: はらやん | 2013年10月26日 (土) 07時05分

映画の後、実際にこの話のモデルになった家族のドラマをやってましたが、なんともやりきれなかったです。
是枝監督の作品は、ハラハラと泣く・・と言う感じではなく、一筋流れる涙を拭きたくない・・・と言う感じでしょうか。
無理に作ったリアルさではない、是枝印のリアルさの表現はさすがだったと思います。
言葉じゃないですね。

投稿: sakurai | 2013年10月23日 (水) 11時22分

エレパパさん、こんばんは!

そうなんですか?知らなかったです。

投稿: はらやん | 2013年10月10日 (木) 22時10分

昭和40年代にやってた人気テレビドラマ木下恵介アワ―,わが子は他人と全く話の内容が同じですね!

投稿: エレパパ | 2013年10月 7日 (月) 06時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/58331957

この記事へのトラックバック一覧です: 「そして父になる」 言葉の少なさがリアリティを生む:

» そして父になる [Akira's VOICE]
家族は一日にして成らず。   [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 17時52分

» 血の繋がりや年月よりも・・・。『そして父になる』 [水曜日のシネマ日記]
カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した是枝裕和監督の最新作。子どもの取り違えという出来事に遭遇した家族の物語です。 [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 18時27分

» 映画「そして父になる」 [FREE TIME]
話題の映画「そして父になる」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 18時43分

» 『そして父になる』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「そして父になる」 □監督・脚本 是枝裕和□キャスト 福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、       黄升?、風吹ジュン、國村 隼、樹木希林、夏八木 勲■鑑賞日 9月28日(土)■劇場 TOHOシネマズ...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 19時18分

» 『そして父になる』 血か情か? [映画のブログ]
 かつて社会問題になるほど頻発した「赤ちゃん取り違え事件」。  『そして父になる』は1977年に発覚した事件を参考にしつつ、赤ちゃんを取り違えられてしまった二家族の苦悩を描く。  現実に取り違えられた二人の女の子がたどった人生は、奥野修司氏が『ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年』に著している。  だが、映画の公開時点で42歳になる彼女たちには、今の生活がありこれからの人生もあ...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 19時48分

» そして父になる [風に吹かれて]
家族になろうよ公式サイト http://soshitechichininaru.gaga.ne.jp監督・脚本・編集: 是枝裕和  「誰も知らない」 「歩いても 歩いても」大手建設会社に勤めるエリート [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 20時36分

» 劇場鑑賞「そして父になる」 [日々“是”精進! ver.F]
本当の家族になるということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309240003/ 【送料無料】そして父になる [ 是枝裕和 ]価格:690円(税込、送料込) 【送料無料】【予約・新作+もう1枚でポイント3倍】そして父になる オリジナル・サウンドトラッ...価格:2,52...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 20時47分

» そして父になる 子が父を育てるんだな~(実体験として) [No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.]
【55うち今年の試写会6】 うちの娘2人が中高生の頃、我が家のあちらこちらには娘たちが可愛い盛りの頃の写真を飾りまくっておいて、反抗期の娘の言動によって衝動的に生じる娘への「殺意」は、その写真を見ることによって解消していた…、わかる人わかるでしょ。  申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育て...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 21時08分

» 「そして父になる」取り違えられた真実を知った先にみた血の繋がりだけではない子供に愛情を注いだ期間を経た先にあった2人の父親像 [オールマイティにコメンテート]
「そして父になる」はある2つの家族が子供を取り違えられた事により6年間他人の子供を育てる事になった2つの家族の苦悩と葛藤を描いたストーリーである。今の時代では取り違えら ... [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 21時09分

» そして父になる [悠雅的生活]
6年めの事実。強くなるためのミッション。負けたことのない男。 [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 21時28分

» そして父になる   LIKE FATHER, LIKE SON [映画の話でコーヒーブレイク]
今週末から公開かと思っていたら…先行上映なるのもがあったのですね。 どうせ東京だけでしょ。横浜じゃ先行はないな〜。と思い、 「マン・オブ・スティール」3D字幕の上映館を探していたら、最寄りの映画館でも 横浜の映画館でも「そして父になる」の先行上映をやってる...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 21時31分

» そして父になる/福山雅治 [カノンな日々]
『奇跡』の是枝裕和監督が福山雅治さんを主演に6年間育ててきた愛する息子が実は病院で取り違えられた他人の子どもだったという事実をつきつけられた二組の家族の姿を家族の愛と ... [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 21時38分

» そして父になる [勝手に映画評]
第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞受賞。10分間にも渡るスタンディングオベーション。それは、是枝監督が退場しなかったらいつまでも鳴り止まなそうだったので退場したと言うくらい。また、審査員長のスティーブン・スピルバーグは初めて見た時から本作品が賞に値するとい...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 21時59分

» そして父になる [to Heart]
6年間育てた息子は、他人の子でした 製作年度 2013年 上映時間 120分 脚本 監督 是枝裕和 出演 福山雅治/尾野真千子/真木よう子/リリー・フランキー/二宮慶多/横升/田中哲司/風吹ジュン/國村隼/樹木希林/夏八木勲 是枝裕和監督が子どもの取り違えという出来事に遭遇し...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 22時05分

» 「そして父になる」:是枝的テーマの良作 [大江戸時夫の東京温度]
映画『そして父になる』は、予告編の段階でもう涙が出てきた作品。「大泣きするんだろ [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 23時24分

» 「そして父になる」みた。 [たいむのひとりごと]
第66回(2013年)カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した話題作がやっと公開となった。6年前に2組の夫婦の息子が出生時に病院で取り違えられた事実が発覚したことから、両家の戸惑い、とりわけ福山雅治演じる... [続きを読む]

受信: 2013年10月 7日 (月) 14時24分

» 映画『そして父になる』 [健康への長い道]
 カンヌ映画祭審査員受賞で話題、新宿ピカデリーで先行公開中の『そして父になる』を観てきました。福山さん目当てか、女性客の比率が高いように思います。 Story 学歴、仕事、家庭といった自分の望むものを自分の手で掴み取ってきたエリート会社員・野々宮良多(福山雅…... [続きを読む]

受信: 2013年10月 7日 (月) 18時31分

» そして父になる  監督/是枝 裕和 [西京極 紫の館]
【主演】  福山雅治  尾野真千子  真木よう子  リリー・フランキー 【ストーリー】 申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられて...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 8日 (火) 00時04分

» そして父になる [はるみのひとり言]
この日ほんとは凶悪を観るつもりだったんですが、先行上映されてると知って急遽こちらに変更。公開されるの楽しみだったからな〜。映画が始まる前にカンヌの映像も流れました。ストーリーは・・・これまで順調に勝ち組人生を歩んできた大手建設会社のエリート社員、野々宮...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 8日 (火) 20時18分

» 『そして父になる』 [ラムの大通り]
----この映画って、 カンヌ国際映画祭審査員受賞の話題作だよね。 監督は是枝裕和だっけ? 『誰も知らない』『奇跡』など、 子どもの演出には定評があるけど、 こんども父と子の話? 「さすがフォーン。 よく知っているね。 長年、パートナーを務めてきただけのことはあ...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 8日 (火) 22時31分

» そして父になる [心のままに映画の風景]
大手建設会社のエリート社員、野々宮良多(福山雅治)は、学歴、仕事、家庭と勝ち組人生を歩んでいる。 都内の高級マンションで、妻みどり(尾野真千子)と6歳になる息子慶多と何不自由のない暮らしを送っていたある日、慶多が病院内で取り違えられた他人の子供だったことが判明する。 相手方は、群馬で小さな電器店を営む斎木雄大(リリー・フランキー)とゆかり(真木よう子)夫婦と、その長男の琉晴。 ...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 9日 (水) 01時14分

» 映画「そして父になる」そうだ親も親になっていくんだ [soramove]
映画「そして父になる」★★★★ 福山雅治、尾野真千子、真木よう子 リリー・フランキー、二宮慶多 黄升、風吹ジュン、國村隼 樹木希林、夏八木勲出演 是枝裕和監督、 138分、2013年9月20日より全国公開 2013、ギャガ (原題/原作:そして父になる) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← カンヌ国際映画祭で審査員賞受賞作品 「カン... [続きを読む]

受信: 2013年10月 9日 (水) 06時54分

» そして父になる [象のロケット]
都内の大手建設会社に勤務する野々宮良多と妻みどりの一人息子・慶多と、群馬で小さな電気店を営む斎木雄大と妻ゆかりの長男・琉晴(りゅうせい)が、出産時に取り違えられていたことが判明する。 病院側の説明では100%の親が血を優先するとのこと。 顔合わせから徐々に付き合いを深めていった両家は、ついに息子たちを“交換”することにしたのだが…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2013年10月 9日 (水) 17時11分

» そして父になる [映画と本の『たんぽぽ館』]
男は子どもとつながっている自信がないから、血にこだわるのでしょう? * * * * * * * * * * 2013年第66回カンヌ国際映画祭で 長いスタンディング・オベーション。 そして審査員賞受賞ということで、随分前から話題になっていました。 実のところ...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 9日 (水) 20時27分

» 映画『そして父になる』★親になり子になり存在の大きな家族になる― [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161667/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 映画レビューです(ネタバレ表示ですが結末ぼかしてマス) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id345678/rid134/p1/s0/c1/ 子供の取り違え..... [続きを読む]

受信: 2013年10月 9日 (水) 22時30分

» そして父になる [映画的・絵画的・音楽的]
 『そして父になる』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)あちこちで流される予告編で本編を見た気になってしまい、わざわざ行くまでもないのではと思い始めたものの、これほど評判の作品ならばやはり見ておかなければと考え直し、映画館に行ってきました。  映画の始...... [続きを読む]

受信: 2013年10月10日 (木) 21時04分

» そして父になる : 父親とは不器用なもんですよね [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日は、久々の30度超え。全くもって、おデブさんには辛い世の中になってきたもんです。そんな中、消費増税が発表されますが、その後の経済の流れ、格差問題、どのようになって [続きを読む]

受信: 2013年10月10日 (木) 21時30分

» そして父になる・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
そして、家族になる。 出生時に病院で息子を取り違えられた、二組の家族の姿を描く骨太の人間ドラマ。 デビュー作の「幻の光」以来、市井の人々の様々な葛藤を描いてきた是枝裕和監督は、もしも愛した息子が他人の子供だったら?という状況を通して、親は無条件で子供に愛を注げるのか、家族にとって本当に大切なものとは何だろうと問いかける。 選ぶべきは血か、それとも共有した時間か。 実際に同年代の子...... [続きを読む]

受信: 2013年10月10日 (木) 22時44分

» 「そして父になる」 [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
病院からの電話。 凧揚げとミッション。 [続きを読む]

受信: 2013年10月11日 (金) 09時29分

» 是枝裕和監督、福山雅治主演『そして父になる(LIKE FATHER, LIKE SON)』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。第66回カンヌ映画祭審査員特別賞を受賞した是枝裕和監督最新作『そして父になる』出演は福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、樹木希林、夏八木勲、他 物語・学... [続きを読む]

受信: 2013年10月11日 (金) 20時24分

» 「そして父になる」 [ゆっくり歩こ。]
忙しくてなかなか映画が観れないのですが これだけは!早く観たかった 是枝監督の「そして父になる」 カンヌで賞をとらなくてもすんごく楽しみに待ってたと思います ま〜泣きましたゎ。。。。  お話が始まってからわずかの間に涙、そしてまた話が進むと涙...... [続きを読む]

受信: 2013年10月12日 (土) 14時12分

» 『そして父になる』 [beatitude]
学歴、仕事、家庭といった自分の望むものを自分の手で掴み取ってきたエリート会社員・良多(福山雅治)。自分は成功者だと思っていた彼のもとに、病院から連絡が入る。それは、良多とみどり(尾野真千子)との間の子が取り違えられていたというものだった。6年間愛情を注...... [続きを読む]

受信: 2013年10月13日 (日) 00時48分

» 『そして父になる』 (2013) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督・脚本: 是枝裕和 出演:  福山雅治 、尾野真千子 、真木よう子 、リリー・フランキー 、二宮慶多 、黄升? 、大河内浩 、風吹ジュン 、國村隼 、樹木希林 、夏八木勲 映画『そして父になる』 公式サイトはこちら。 第66回カンヌ国際映画祭審査員賞...... [続きを読む]

受信: 2013年10月13日 (日) 14時57分

» 子の心、親知らず~『そして父になる』 [真紅のthinkingdays]
 大手ゼネコンに勤務し、都内の高級マンションに住む野々宮良多(福山雅治) は、いわゆる 「勝ち組」 のエリートサラリーマン。妻みどり(尾野真千子)、一 人息子の慶多(二宮慶多)と、平穏な暮らしを営んでいた。 お受験に成功した 慶多の小学校入学直前、ある知らせが一家にもたらされる。  カンヌ国際映画祭において審査員賞を受賞、絶賛を浴びた話題作。日常に即 した家族関係を描き続け...... [続きを読む]

受信: 2013年10月14日 (月) 18時37分

» 『そして父になる』('13初鑑賞86・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:05の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2013年10月15日 (火) 20時54分

» 『そして父になる』 [仲間が増えるといいなぁ・・・]
是枝裕和監督 野々宮夫妻に福山雅治、尾野真千子 斎木夫妻にリリー・フランキー、真木よう子 2013年・第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、審査員を受賞したそうです。 息子が出生時に病院で取り違えられ、別の子どもだったことを知らされるので...... [続きを読む]

受信: 2013年10月16日 (水) 12時14分

» そして父になる  感想♪ [★ Shaberiba ]
そして父になる---まさにそんな作品。秀悦! [続きを読む]

受信: 2013年10月19日 (土) 18時25分

» そして父になる [タケヤと愉快な仲間達]
【監督・脚本】是枝裕和 【出演】福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升?、風吹ジュン、國村 隼、樹木希林、夏八木 勲 【解説】 『誰も知らない』などの是枝裕和監督が子どもの取り違えという出来事に遭遇した2組の家族を通して、愛や...... [続きを読む]

受信: 2013年10月20日 (日) 06時56分

» そして父になる [迷宮映画館]
たっぷり是枝風味。 [続きを読む]

受信: 2013年10月23日 (水) 11時22分

» 血か時か、そして [笑う社会人の生活]
27日のことですが、映画「そして父になる」を鑑賞しました。 学歴、仕事、良き家庭 いわいる勝ち組の良多。 順風満帆な人生を歩んできた、ある日 6年間育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明して・・・ 子の取り違え問題 血の繋がりか過...... [続きを読む]

受信: 2013年10月25日 (金) 22時36分

» そして父になる(2013) [銅版画制作の日々]
 6年間育てた息子は、他人の子でした MOVIX京都にて鑑賞。観てからしばらく時間が経ってしまいました。 大好きな是枝監督作品。今回も家族の物語。福山雅治と監督が組んでというのは初めてですね。そういや福山君も44歳。人の親になってもおかしくないんだよね...... [続きを読む]

受信: 2013年11月 8日 (金) 22時40分

» そして父になる [単館系]
そして父になる 新宿ピカデリー 9/28公開 申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。 順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で 他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。 血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、それぞれの家族が苦悩し……。 映画館で幾度か予告を見て気になった作品。 ...... [続きを読む]

受信: 2013年11月 8日 (金) 23時21分

» そして父になる [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
そして父になる 13:日本 ◆監督:是枝裕和「奇跡」「空気人形」 ◆主演:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升げん、風吹ジュン、國村隼、樹木希林、夏八木勲、中村ゆり、ピエール瀧、高橋和也、田中哲司、井浦新 ◆STORY◆学歴、仕...... [続きを読む]

受信: 2013年11月24日 (日) 23時56分

» そして父になる [ルナのシネマ缶]
子どもの取り違えというのは 結構昔から、マンガやドラマで よく使われていますが、 是枝裕和監督作品となると リアリティ感があるので 見ていて胸が痛くなります。 特に子役2人は、涙を誘いました。 申し分のない学歴や仕事を、勝ち取ってきた良多(福山雅治)は、 順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が 病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。 相手は小さな電気店を営む斎木(リリー・フランキー)で、 良多夫妻とは対照的な夫婦だった。 ... [続きを読む]

受信: 2013年11月26日 (火) 23時21分

» そして父になる [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】是枝裕和 【出演】福山雅治/尾野真千子/真木よう子/リリー・フランキー/二ノ宮慶多/黄升炫/風吹ジュン/國村隼/樹木希林/夏八木勲 【公開日】2013年 9月28日 【製作】日本 【ストーリー】 学歴、仕事、家庭といった自分の望むものを自分の手で掴み取ってきたエリート会社員・良多。自分は成功者だと思っていた彼のもとに、病院から連絡が入る。それは良多とみどりとの間...... [続きを読む]

受信: 2013年12月 2日 (月) 20時59分

» そして父になる [secret boots]
評価点:70点/2013年/日本/120分 監督・脚本・編集:是枝裕和 「脳の時代」における、象徴的で現代的な問いかけ。 12月、息子・慶多(二宮慶多)に私立の小学校受験をさせた野々宮良多(福山雅治)の元に産婦人科の病院から連絡があった。 話によると、...... [続きを読む]

受信: 2013年12月23日 (月) 20時40分

» そして父になる [Spice -映画・本・美術の日記-]
「そして父になる」を観てきました。 6年間育ててきた息子が、出生時に病院で取り違えられ、別の人の子どもだったと告げられる野々村夫妻(福山雅治、尾野真知子)。大手会社に勤 [続きを読む]

受信: 2014年1月19日 (日) 01時20分

» 「そして父になる」 [ここなつ映画レビュー]
2013年は例年になく邦画を鑑賞した年だった。そのほとんどが息子への「お付き合い」だったとはいえ、中にはもちろん「参りました」というような作品もある。この「そして父になる」は、第66回カンヌ映画祭で審査員特別賞を受賞した作品だというだけでなく、是枝監督の作品はいつも、心して観なければならない、精神的にハードな作品が多く、取り上げている題材とあいまって、覚悟のいる鑑賞となる事は始めから判っていた。案の定、とてもヘビーな作品だった。いや、実はそうとは言い切れない。観客が感情移入をし過ぎないようむしろ淡々... [続きを読む]

受信: 2014年1月20日 (月) 16時08分

» 13-342「そして父になる」(日本) [CINECHANが観た映画について]
それでも父さんだったんだよ   これまで順調に勝ち組人生を歩んできた大手建設会社のエリート社員、野々宮良多。妻みどりと6歳になる息子・慶多との3人で何不自由ない生活を送っていた。  しかしこの頃、慶多の優しい性格に漠然とした違和感を覚え、不満を感じ始める。  そんなある日、病院から連絡があり、その慶多が赤ん坊の時に取り違えられた他人の子だと告げられる。相手は群馬で小さな電器店を営む貧乏でがさつな夫婦、斎木雄大とゆかりの息子、琉晴。  両夫婦は戸惑いつつも顔を合わせ、今後について話し...... [続きを読む]

受信: 2014年2月 7日 (金) 01時56分

» 映画『そして父になる』を観て [kintyres Diary 新館]
13-79.そして父になる■英題:Like Father,Like Son■配給:ギャガ■製作年、国:2013年、日本■上映時間:120分■料金:0円(ポイント利用)■観賞日:10月5日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・脚本・編集:是枝裕和◆福山雅治◆真木よう子◆リリー・フランキー◆小...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 1日 (火) 23時32分

» そして父になる [のほほん便り]
第66回カンヌ国際映画祭 審査員賞、受賞作品。アート系映画としては異例のヒット作品になった記憶も新しいです。まず、目のつけどころがイイですよね。「人は、血か育ちか…」永遠のテーマです。それに、気づいたのが「子供が6歳の時」、という年齢設定もまた絶妙。かたや、庶民的な、大らか子沢山家庭で、かたや、ひとりっ子でもある関係。お受験したり、ピアノを習わせるような、セレブ系のおうち、というコントラストもマル個人的には、女親側の尾野真千子と真木よう子は逆でもOKじゃないか、と思われましたが、男性側の福山雅治が、... [続きを読む]

受信: 2014年8月11日 (月) 09時05分

» そして父になる [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2013/09/28公開 日本 120分監督:是枝裕和出演:福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升げん 6年間育てた息子は、他人の子でした これまで順調に勝ち組人生を歩んできた大手建設会社のエリート社員、野々宮良多。妻みどりと6歳になる...... [続きを読む]

受信: 2014年8月21日 (木) 16時19分

» 映画 そして父になる [こみち]
JUGEMテーマ:邦画nbsp; nbsp;  子供の取り違えを扱った、ちょっと重いテーマの映画 nbsp; 育てた子供を今まで通りに育てるのか。 nbsp; それとも本当に違繋がっている子供を nbsp; 交換して育てるのか。 nbsp; 非常に深刻な問題です。 nbsp; nbsp; nbsp;  子供から見れば、今... [続きを読む]

受信: 2015年2月11日 (水) 00時27分

« 本 「警官の血」 | トップページ | 「R100」 わけわかんないことへのエクスキューズ »