« 「ゴースト・エージェント R.I.P.D.」 MIB×ゴーストバスターズ | トップページ | 「陽だまりの彼女」 想いが起こす奇跡 »

2013年10月25日 (金)

「人類資金」 未来の可能性

福井晴敏さんが原作で、阪本順治監督というのは「亡国のイージス」以来でしょうか。
本作の原作小説は映画の公開に合わせて同時期にいきなり文庫でリリースされています。
また福井さんは映画の脚本も書いているので、彼のカラーが強く出ている作品ではないかと思います。
福井さんの作品はデビュー作の「亡国のイージス」から、多くの作品に共通した構図があるように考えています。
世界は戦後ひとつの強い枠組み(本作では「ルール」=資本主義と言われているもの)で形作られていて、アメリカや日本といった国々はそのルールに基づいて運営されている。
福井さんの作品ではそおルールを守る人々が「大人」と象徴されることが多く、そのルールに基づいて育てられ教育された子供たちがいます。
しかし子供たちは決められたルートではなく、自身の可能性(これは福井作品での重要なキーワード)に気づき、その可能性を叶えるために、大人たち(ルールを守る側)へ挑むのです。
初期作品にはその作家の個性が出るものと言われますが、「Twelve.Y.O」「亡国のイージス」はまさにこのような物語です。
過去から続く現在の既存価値に対して、未来の可能性が戦いを挑むという物語は理想論的であり、ある種の青臭さを感じたりもします。
福井さんは「ガンダム」に強い影響を受けたと公言していていますが、福井作品の骨格は「ガンダム」の「旧人類」VS「ニュータイプ」という構図からきているのかもしれません。
さきほど書いた青臭さというのは、「ガンダム」という物語にも共通している感じがするのですよね。
彼が小説版を書いている「ガンダムU.C.」でも「ユニコーン=可能性の獣」というフレーズが多く出てきているように、人々が発展しよりよい存在となっていく可能性を、受け入れる者、否定する者がおり、彼らの戦いが描かれます。
これはまさに「ガンダム」の物語であり、福井晴敏の構図でもあるのだと思います。
福井作品は若者が、既存の価値を守ろうとする大人たちへ戦いを挑む物語だと書きましたが、その戦いの結末は必ず成功するわけではありません。
既存価値のルールに勝てないことが多いのです。
が、負けているわけでもなく、若者の未来、可能性というものへの希望が残った終わり方になっています。
本作も既存のルールに戦いを挑む若者たち(Mや石、そして真舟も)の戦いを描きます。
そして彼らは苦戦しながらも、未来の可能性を勝ち得ます(ただし既存勢力も完全には「負けていない」)。
これは福井作品では珍しい結末かなと思いました。
未来の可能性が勝つということにより、福井作品の持つ青臭さ感はより強く感じる気はします(決して否定的な意味ではなく)。
「ガンダム」を観ていた時よりだいぶ年をとってしまった自分としては、「そんなに現実はうまくいかないよ」と思ってしまったりもするわけですね。
しかし理想を直接的に描かなければならないほどに、現実の社会は既存価値によってより閉塞感が出てきてしまっているということかもしれません。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ゴースト・エージェント R.I.P.D.」 MIB×ゴーストバスターズ | トップページ | 「陽だまりの彼女」 想いが起こす奇跡 »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

福井さんの作品のキャラクターはいい意味でも悪い意味でもアニメ的であるかなとは思います。
生々しい人間ぽさというのはそれほど強くなく、キャラクタライズされているので、読みやすい・観やすいって感じがあるかなと。
そのあたりの感じがテーマとちょっとアンマッチなところはあったかもしれません。

投稿: はらやん | 2013年11月21日 (木) 20時28分

もっと素直に言いたいことを表してくれると、見る方も読む方も素直に受け止められるのですが、なんかひねくれてますよねえ。
阪本監督を応援しているので、いいものを作ってもらいたいと思うんですが、福井さんとは合わない気がします。
もっと人間の暗部に切り込んだ・・・みたいなのがいいと思いますわ。
って、映画の感想になってないです。

投稿: sakurai | 2013年11月19日 (火) 12時31分

みすずさん、こんにちは!

たしかに金融のことだったので、馴染みがないとわかりにくいところもありましたね。
でも細かいところよりは大きな流れを抑えて観ていれば大丈夫な気がします。

投稿: はらやん | 2013年11月 9日 (土) 09時34分

こんばんはー^^

なんか難しい映画でした^^;
良くわからないうちに見終わった感が・・・
はらやんさんの記事読むと、福井さんって方の話の作り方でなるほどーって思っちゃった。
しかし、もうちょっとド素人にもわかりやすい話にしてくれたら良かったのにな!って思いました^^

投稿: みすず | 2013年11月 7日 (木) 19時40分

みぃみさん、こんばんは!

この映画は資本主義や金融システムいう作られた仕組みで、格差が生じ拡大していっていることをひっくり返すためにその金融システムを利用しつつ、理想を実現するという話だったと思います。
エンドロール後の映像は、既得権益側をぎゃふんと言わせたものの、それでもこのシステムは強力で、Mらの理想すらも呑み込んでいってしまうということを示したのかなと感じました。
お金という仕組みをなくすわけにもいかず、システムの根本は変えられないのでなかなか難しい問題ですよね。

投稿: はらやん | 2013年10月30日 (水) 20時22分

世の中、そんなに甘くない。私もそう思いました。
だから、あのエンドロール後の映像だったのかな?とも。お金さえ払えばなんとかなる世の中ですが、
お金なんて紙切れ、
何か欲しいならなにかを持ってる必要がある時代がくるかもしれないし、
自分のいる豊かな環境はいつ誰にとって変わられるかも知れない。
大事なのは「金策」よりも「友好」や「絆」。
でも、「友好」を得るためのきっかけにしたのは、
株価操作という「お金」。
ぐるぐる回ってるや~ん。。。難しい。と、思いました。

恵まれすぎて、刹那的、短絡的、受動的な考えが蔓延した世の中は寂しいですよね。。。

投稿: みぃみ | 2013年10月28日 (月) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/58453574

この記事へのトラックバック一覧です: 「人類資金」 未来の可能性:

» 『人類資金』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「人類資金」□監督・脚本 阪本順治□原作 福井晴敏□キャスト 佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、観月ありさ、岸部一徳、仲代達矢、     オダギリジョー、寺島進、石橋蓮司、豊川悦司、ユ・ジテ、ビンセント・ギャロ     ■鑑賞日 ...... [続きを読む]

受信: 2013年10月26日 (土) 08時00分

» 人類資金/佐藤浩市、香取慎吾 [カノンな日々]
『亡国のイージス』の阪本順治監督と作家の福井晴敏さんが再タッグを組んで挑んだ今作は戦後秘かに噂されてきた旧日本軍の秘密資金「M資金」を題材に「M資金」をめぐる陰謀に巻き ... [続きを読む]

受信: 2013年10月26日 (土) 09時05分

» 人類資金 [花ごよみ]
監督は阪本順治 原作 脚本 福井晴敏。 佐藤浩市、森山未來、香取慎吾、 岸部一徳、観月ありさ等が出演 M資金をネタに詐欺を 行っていた真舟には佐藤浩市。 第二次世界大戦直後、 旧日本軍からアメリカ軍が 接収したといわれている莫大な資産。 今でも何年かに...... [続きを読む]

受信: 2013年10月26日 (土) 12時54分

» 劇場鑑賞「人類資金」 [日々“是”精進! ver.F]
世界のルールを変える… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310220001/ 【送料無料】「人類資金」オリジナルサウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2,500円(税込、送料込) 【送料無料】人類資金(1) [ 福井晴敏 ]価格:263円(税込、...... [続きを読む]

受信: 2013年10月26日 (土) 15時58分

» 人類資金 (2013) 140分 [極私的映画論+α]
なんとも大雑把な映画(笑) [続きを読む]

受信: 2013年10月26日 (土) 18時06分

» 映画『人類資金』★ 森山未来に未来を託す(作品もか^^;) [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161910/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 M資金 〜第二次大戦中、日本軍が集めた隠し資産〜を盗み出して 人類貢献に使おうという …… M資金を管理する“財団“は、日米にあって 日本代表は、 仲代達也 さん♪ アメリカ代表は、 ヴィンセント..... [続きを読む]

受信: 2013年10月26日 (土) 18時25分

» 人類資金 [象のロケット]
敗戦直前、旧日本軍の手により隠匿された秘密資金(通称「M資金」)は、戦後復興や反共計画のために極秘運用されていると噂されてきた。 存在すら闇に包まれているこのM資金をネタに詐欺を繰り返していた男・真舟は、なんとM資金の“財団”から呼び出しを受ける。 現われた謎の男“M”は、真舟に「M資金を盗み出して欲しい。 盗み出す金額は10兆円。 報酬は50億。」 と持ちかけるのだが…。 マネー・サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2013年10月26日 (土) 21時11分

» 「人類資金」 [NAOのピアノレッスン日記]
〜10兆円で世界のルールは変えられるか?〜 2013年   日本映画     (2013.10.19公開)配給:松竹      上映時間:140分監督:阪本順治原作:福井晴敏  『人類資金』(講談社刊)脚本:阪本順治/福井晴敏美術:原田満生音楽:安川午朗出演:佐...... [続きを読む]

受信: 2013年10月26日 (土) 23時55分

» 映画 人類資金 [こみち]
JUGEMテーマ:映画館で観た映画nbsp; nbsp; 序盤に派手なアクションシーンがあり、銃の打ち合いが一杯あるかと思ったら、格闘シーンが多くありました。中でも観月ありさのハイキックは、見ものでした。 nbsp; あそこまで足が上がるとは、女優さんは凄いですね。 nbsp; また、騙したつもりが騙されるなどハラハラドキドキ感も nbsp; あり、最終的に悪は滅びずに粛々と資金を稼いでいるのは... [続きを読む]

受信: 2013年10月27日 (日) 06時37分

» 「人類資金」みた。 [たいむのひとりごと]
敗戦直前に旧日本軍が隠匿したとされる財宝:通称「M資金」をめぐる日米の陰謀を描いたサスペンス大作。ロシア、タイ、日本、アメリカの4ケ国で撮影が行われたということでスケールのデカさを楽しみにしていたのだ... [続きを読む]

受信: 2013年10月27日 (日) 07時47分

» 人類資金 : どうかしてるぜ!! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 先週の土曜日は、久々の映画館はしご。そのtめか、昨日は38.5℃の熱にふらふらしていました。その原因は、本日紹介する作品のせいだと思います。疲れたものなぁ。 【題名】 [続きを読む]

受信: 2013年10月27日 (日) 12時50分

» 人類資金 [勝手に映画評]
『M資金』。第二次大戦終戦時の混乱期に隠匿された大量の貴金属類と噂されるもの。その実在は不明。 平成の今、M資金と言って、一般に通用するんですかね?もはや、陰謀論、都市伝説の類になっていると思いますが・・・。しかし、リーマン・ショックで拝金至上主義の世...... [続きを読む]

受信: 2013年10月27日 (日) 16時08分

» 映画:「人類資金」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成25年10月22日(火)。 映画「人類資金」。 監  督:阪本順治 プロデューサー:椎井友紀子 原  作:福井晴敏 脚  本:阪本順治・福井晴敏 キャスト: 佐藤浩市:真舟雄一 ・香取慎吾:“M” 森山未來:石優樹・観月ありさ:高遠美由紀 岸部一徳:本庄一…... [続きを読む]

受信: 2013年10月28日 (月) 09時48分

» 人類資金 ★★★ [パピとママ映画のblog]
『亡国のイージス』『大鹿村騒動記』などの阪本順治が監督を務め、原作の福井晴敏と共に脚本も担当したサスペンス。いまだ、その存在が議論されている旧日本軍の秘密資金、M資金をめぐる陰謀と戦いに巻き込まれていく男の姿を活写する。佐藤浩市、香取慎吾、森山未來をは...... [続きを読む]

受信: 2013年10月28日 (月) 20時28分

» 人類資金 [映画と本の『たんぽぽ館』]
本を読んだほうがいい(多分) * * * * * * * * * * 敗戦直前に旧日本軍が隠匿したとされる財宝“M資金”をめぐる人々の葛藤を描きます。 金融ブローカーを名乗る詐欺師・真舟(佐藤浩市)。 彼の詐欺の手口にはよく“M資金”が出てくるのです。 あ...... [続きを読む]

受信: 2013年10月30日 (水) 20時10分

» 人類資金 [タケヤと愉快な仲間達]
監督: 阪本順治 出演:佐藤浩市、森山未來、香取慎吾、観月ありさ、石橋蓮司、岸部一徳、ユ・ジテ、仲代達矢、ヴィンセント・ギャロ 【解説】 『亡国のイージス』『大鹿村騒動記』などの阪本順治が監督を務め、原作の福井晴敏と共に脚本も担当したサスペンス。いまだ、...... [続きを読む]

受信: 2013年10月31日 (木) 20時55分

» 陽だまりの彼女 [単館系]
陽だまりの彼女 MOVIX川口 10/12公開 取引相手を訪ねた新人営業マンの浩介(松本潤)は、そこで同じ中学校に通っていた幼なじみの真緒 (上野樹里)と10年ぶりの再会を果たす。 学年有数のバカとして名をはせ、何かといじめられていた彼女が、当時の姿から想像がつかないほど 魅力的な女性になったことに驚く浩介。 再会に運命めいたもの感じた二人は惹(ひ)かれ合うようになり、結婚を決...... [続きを読む]

受信: 2013年11月 1日 (金) 23時43分

» 人類資金 [ダイターンクラッシュ!!]
2013年11月4日(月) 18:30~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 森山、熱弁す。 『人類資金』公式サイト フリーパスポート7本目。 妙に活躍する佐藤浩市なのだが、こいつがどういう人物なのか皆目判らない。 最初の詐欺なんて、胡散臭いオッサンにしか見えないので、大企業の役員が引っかかるとも思えない。 詐欺の現場に、突然現れて、泳がしてしまう石橋のオヤジは何者だ。 そんな大したことの無い奴が、香取や一徳のスカウトを受ける。業界で有名人なのか... [続きを読む]

受信: 2013年11月 6日 (水) 23時37分

» 人類資金 [みすずりんりん放送局]
 『人類資金』を観た。  【あらすじ】  終戦後、ひそかに回収されたというM資金と呼ばれる旧日本軍の秘密資金。それをネタにした詐欺を行い続けてきた真舟(佐藤浩市)は、石(森山未來)という青年から彼が所属する日本国際文化振興会なる財団の人間に会うよう迫られ...... [続きを読む]

受信: 2013年11月 7日 (木) 18時55分

» 人類資金 [映画的・絵画的・音楽的]
 『人類資金』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)『許されざる者』で活躍したばかりの佐藤浩市が主演だというので、映画館に行ってみました(注1)。  本作の冒頭では、1945年のこととして、映画『日輪の遺産』で描かれたのとほぼ類似する財宝(注2)が、東京湾に沈...... [続きを読む]

受信: 2013年11月 9日 (土) 07時17分

» 人類資金 [迷宮映画館]
大作なんだろうけど、どこか中途半端な雰囲気も漂ってしまう。 [続きを読む]

受信: 2013年11月19日 (火) 12時32分

» 「人類資金」存在するかわからない資金を追った先にみた援助すべきは何処かのか考えさせられるストーリー [オールマイティにコメンテート]
「人類資金」は終戦直前に日本軍が保有していた多額の金銀が戦後の復興に使われたM資金を巡る事件を巡り多くの人が人生を左右されていくストーリーである。M資金という言葉その ... [続きを読む]

受信: 2013年12月 1日 (日) 17時06分

» 人類資金 [愛猫レオンとシネマな毎日]
戦後最大の謎、旧日本軍の隠し財産“M資金” それは、戦後の日本復興に極秘に運用されてきたという。 この仮説を題材にしたエコノミックス・サスペンスでした。 極寒のロシア、タイの農村、ニューヨーク国連本部でのロケと作品のスケールは大きいです。 力作だと思います。 ただ、世界金融が絡んで難しいから、どう楽しんでいいのかわからなかったです。 ドキュメンタリーではない仮説のフィクションなのに、お堅い感じ。 この映画で、何を描きたかったのかも、凡人のワタシにはつかめないままでした。 結局、何を楽しめばよ... [続きを読む]

受信: 2014年1月 5日 (日) 22時00分

» 13-367「人類資金」(日本) [CINECHANが観た映画について]
世界の7割の人は、電話をかけたこともない   2014年。敗戦目前の日本軍が秘かに隠匿したとされる莫大な秘密資産“M資金”。亡き父と同じ道を歩む真舟雄一は、そんなM資金をエサに架空の融資話で詐欺を繰り返すヤリ手の詐欺師。  ある日、謎の男Mが真舟に近づき、驚愕の依頼を持ちかける。それは、日米が共同で管理運営する極秘の“財団”によって運用されているM資金を盗み出してほしい、というもの。  資金の時価総額は10兆円、しかも報酬は50億円。  多額の報酬と、長年追い求めてきたM資金の秘密...... [続きを読む]

受信: 2014年8月10日 (日) 16時29分

« 「ゴースト・エージェント R.I.P.D.」 MIB×ゴーストバスターズ | トップページ | 「陽だまりの彼女」 想いが起こす奇跡 »