« 「KG カラテガール」 キック祭り | トップページ | 本 「とり残されて」 »

2013年9月21日 (土)

「キャプテンハーロック」 滅びと永遠

松本零士さんのマンガ「宇宙海賊キャプテンハーロック」の映画化作品。
こちらは今までにアニメ化などをされていますが、実はアニメもマンガもしっかり観たり、読んだりしたことはないのでした。
「銀河鉄道999」はアニメもマンガも大好きだったのですけれどね。
松本零士作品は時折クロスオーバーをしていてハーロックもエメラルダスも他の作品に登場したりするので、もちろん存在を知っていましたが。

人類は科学技術を発展させ宇宙に進出していったが、そこでわかったのが広大な宇宙であっても人類は孤独であったということ(人類は結局たった一つの異星文明としか出会えず、そしてその文明もまさに滅びようとするところであった)。
そして人類も発展のエネルギーを失い、衰退の道を歩んでいき、そして地球への帰還運動が始まります。
しかし衰退したとはいえ宇宙へ進出した人口は膨大で、それらを一つの惑星でまかなえるわけもなく、地球の居住権を争う「カム・ホーム戦争」が勃発し、人類はさらに傷つくこととなります。
人類は地球を平和に管理するために「ガイア・サンクション」という統治組織を作り、地球への立ち入りを禁止します。
そういった時代のなかで「ガイア・サンクション」に逆らう男と船が、キャプテンハーロックであり、アルカディア号なのです。
物語の冒頭アルカディア号に青年ヤマが乗り込むきっかけとなったキーワードが「自由」。
たしか過去のハーロックの物語でも「自由」というのが重要なキーワードであったと記憶があります。
では何からの「自由」なのか。
この物語の世界は緩慢な滅びの道を歩んでいます。
成長への強い意志はなく、滅んでいくことを甘受している世界。
人類は成長の壁にぶつかり、そこから後退していく道を選んできました。
それが運命であるかのように。
「ガイア・サンクション」を統治しているのは元老院という年老いた者たちによる組織です。
彼らには諦めのような気分が漂い、滅びを運命として受け入れています。
そしてそれを他の人々にも受け入れるようにと言っているのです。
しかし、滅んでいくという運命をただただ受け入れなくてはいけないのか。
老人たちはいい、もう自分が死ぬ時期が迫ってきているのだから。
けれど若者たちは?生まれてくる子供たちは?
あたかも決められているかのような滅びの運命から脱却すること、それが本作でいう「自由」なのだと思います。
そもそも「滅び」とは何なのか。
同じ状態のものが永遠に続くこと、それはあり得ません。
そういう意味では必ず「滅び」は訪れます。
けれど、何かが滅びても、そこに新たに芽吹くものも必ずあります。
「滅び」と「誕生」は繰り返されます。
それは国であっても、人であっても。
本作でも、繰り返される一瞬は永遠になる、といったようなセリフがあったかと思います。
元老院のメンバーはずっと同じ状態でいられないということ(それは本人も人類も)を「滅び」と捉えているように思います。
それは止められない。
でもそれは本当の「滅び」ではないのですよね。
こう書いていると「銀河鉄道999」のことを思い出しました。
永遠に生きるため機械化された体を手に入れようと星野哲郎は旅をします。
しかしたどり着いたその先は、完全に機械化されたがゆえに停滞し、まさに緩やかに滅びようとしている世界でした。
結果的には哲郎は機械の体は手にしません。
哲郎はやがて死ぬでしょう。
しかし彼の生き方を受け継いでいく者も必ず現れるのです。
そういう意味では永遠であるとも言えるのです。
本作は同じようなテーマを感じます。
キャプテンハーロックは百年を生き、そしてそれを受け継げる人物が表れる。
彼の生き方、志を受け継ぐ若者が。
そしてまた何十年後か、また新たな若者が表れるのでしょう。
そういう意味ではキャプテンハーロックという存在は死なず、永遠に生き続けるとも言えるのです。

ハーロックの声を演じた小栗旬さん、割と良かった感じがします。
おさえて渋めの声で演じていましたが、ハーロックの持つ雰囲気がよくでていたかなと。
あと、やはり個人的にはこういうリアルタイプの3DCGは苦手です。
リアルにするのだったら実写でやればいいのにと思いますし、普通のアニメじゃなんでいけないのかと。
現在テレビでオンエアしている「宇宙戦艦ヤマト2199」が非常に高いクオリティで感心しているのですが、このくらいのレベルで映像化できるのであればこういった手法の方がマッチするのではないかと思いました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「KG カラテガール」 キック祭り | トップページ | 本 「とり残されて」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/58237727

この記事へのトラックバック一覧です: 「キャプテンハーロック」 滅びと永遠:

» 劇場鑑賞「キャプテンハーロック」 [日々“是”精進! ver.F]
繰り返しの一瞬が、永遠へと至る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309070001/ スクウェア・エニックスキャプテンハーロック プレイアーツ改 -KAI- ハーロック 完成品フィギュ...価格:6,270円(税込、送料別) スクウェア・エニックスキャプテンハーロック ...... [続きを読む]

受信: 2013年9月21日 (土) 19時35分

» 『キャプテンハーロック』(2013) [【徒然なるままに・・・】]
フルCGで描かれるハーロック、今回はちょっと3D版に興味がありましたが、上映回数が少ない上に時間が合わずに2D版で鑑賞。 先にノベライズを読んでいたので、お話は頭に入った上で臨みました。 『ハーロック』というより『地球へ…』とか『銀河英雄伝説』みたいなシチュエーションで展開される『ガンダム』みたいな物語。ノベライズの感想にも書きましたけど、ラストの方は『大海賊ハーロック』みたいでしたけど、全体としては松本零士色は希薄です。 しかもハーロックは殆ど活躍せず、実質的な主人公はヤマ。それにイソラ... [続きを読む]

受信: 2013年9月21日 (土) 19時39分

» キャプテンハーロック [あーうぃ だにぇっと]
キャプテンハーロック@スペースFS汐留 [続きを読む]

受信: 2013年9月21日 (土) 20時15分

» 映画 キャプテンハーロック [こみち]
JUGEMテーマ:映画館で観た映画 キャプテンハーロック 公式サイトnbsp; nbsp; 小説を読んだときデスシャドウ級4番艦というのが気になっていましたが nbsp; 映像を見るとミーメ以外にも3人いたからデスシャドウ級が4隻も nbsp; 存在していたのですね。 nbsp; ハーロックのサーベルさばきは、CGだからこそ表現できたようなもの。 nbsp; ファイナルファン... [続きを読む]

受信: 2013年9月21日 (土) 20時27分

» ショートレビュー「キャプテン・ハーロック・・・・・評価額1500円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
自由の旗を掲げよ! 過去にも「銀河鉄道999」への客演や、若き日のハーロックを描く「わが青春のアルカディア」などスピンオフ的な作品はあったが、意外にも「キャプテン・ハーロック」のタイトルで劇場用長編映画化されるのはこれが最初である。 もっとも、過去の漫画やテレビアニメに慣れ親しんだ世代は、本作にはいささか戸惑うかもしれない。 これは、漫画やアニメのリメイクというよりも、異なる時間軸...... [続きを読む]

受信: 2013年9月21日 (土) 20時39分

» キャプテンハーロック/小栗旬 [カノンな日々]
最初の頃の予告編ってたしか小栗旬さんが扮装して出て来たように記憶してるんですけど勘違いかな?だからてっきり実写版かと思っていたんですけど、その後の予告編でフルCGアニメ ... [続きを読む]

受信: 2013年9月21日 (土) 22時24分

» 劇場版キャプテンハーロック・感想。 [色・彩(いろ・いろ)]
訳あって3Dで観ました。感想レビューではいろいろ観てしまいましたが;。自分的感想 [続きを読む]

受信: 2013年9月22日 (日) 01時30分

» キャプテンハーロック [ダイターンクラッシュ!!]
2013年9月14日(土) 16:15~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 妙に観念的で辛気臭くてヒロイズムの欠片も無し 『キャプテンハーロック』公式サイト その昔のコミックやアニメの記憶はあまり無いのだが、その記憶と照らし合わせても、キャラクター設定が明白に改悪されている。 脚色脚本監督と期待を抱かせるスタッフなのだが、どうしたことなんだろう。そして、話は完全に悪い方向にオリジナル。 特に、主役のキャプテンハーロックが... [続きを読む]

受信: 2013年9月22日 (日) 12時13分

» キャプテンハーロック [風に吹かれて]
地球を大切に公式サイト http://harlock-movie.com原作総設定: 松本零士監督: 荒牧伸志  「APPLE SEEDアップルシード」 「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン [続きを読む]

受信: 2013年9月22日 (日) 14時39分

» キャプテンハーロック3D ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
『銀河鉄道999』シリーズと並び称される松本零士の人気コミック「宇宙海賊キャプテンハーロック」を、およそ30年ぶりにアニメ化。宇宙海賊として地球連邦政府に反旗を翻すハーロックの活躍を、彼の暗殺命令を受けた男との対峙(たいじ)を絡めながら映し出していく。巨額...... [続きを読む]

受信: 2013年9月22日 (日) 17時28分

» キャプテンハーロック : そして、伝説は語り継がれる…。 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 NTTドコモが、ようやくIPhoneを発売するみたいですね。製品の良し悪しは別にして、領土問題や歴史問題で揉めている国の商品を主力に位置づけるのは、経営陣の傲慢さが現れていたよ [続きを読む]

受信: 2013年9月22日 (日) 19時46分

» 『キャプテンハ−ロック』 [ラムの大通り]
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる 部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----えっ。こんな難しいのやっちゃっていいの? アニメは鬼門でしょ。 確か、『ベクシル 2077 日本鎖国』のときなんか、 気に入っちゃ...... [続きを読む]

受信: 2013年9月22日 (日) 22時32分

» キャプテンハーロック [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
公開日9月7日に2D、本日9月15日に3Dを鑑賞してきました。 しかし、最寄のワ [続きを読む]

受信: 2013年9月22日 (日) 23時13分

» キャプテンハーロック(2D) [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2013/09/07公開 日本 115分監督:荒牧伸志声の出演:小栗旬(キャプテンハーロック)、三浦春馬(ヤマ)、蒼井優(ミーメ)、古田新太(ヤッタラン)、福田彩乃(トリさん)、森川智之(イソラ)、坂本真綾(ナミ)、沢城みゆき(ケイ)、小林清志(老人)、大塚周夫(総...... [続きを読む]

受信: 2013年9月23日 (月) 00時09分

» 『SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK (3D)』 ネタバレ注意 [まっきいのつれづれあれこれ]
世界を変えたければ、この艦に乗れ (公式HPより) ということで、乗ってきました [続きを読む]

受信: 2013年9月23日 (月) 00時29分

» キャプテンハーロック-SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK [ぷかざの映画感想記]
キャプテンハーロック-SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK観 [続きを読む]

受信: 2013年9月23日 (月) 06時46分

» キャプテンハーロック [象のロケット]
はるかな未来、もしくは遠い過去かもしれない。 地球への居住権をめぐる紛争の切札として建造されたデス・シャドウ級宇宙戦艦の四番艦艦長ハーロックは、英雄として名を馳せたが終戦と共に姿を消してしまう。 …次に姿を現した時、彼は艦首に巨大なドクロを刻んだ海賊船を駆る、呪われた宇宙海賊となって政府に叛旗を翻した…。 SF大ロマンアニメ。... [続きを読む]

受信: 2013年9月23日 (月) 08時05分

» キャプテンハーロック [そーれりぽーと]
『銀河鉄道999』は子供の頃にアニメを観ていたので思い入れが有るけど、こっちには全く思い入れが無くてノーマーク。 でも、公開直前になってすこぶる良い評判(マスコミ発表)を聞くようになり、気になって『キャプテンハーロック』を観てきました。 ★★★ ついったーで第...... [続きを読む]

受信: 2013年9月23日 (月) 15時26分

» 「キャプテンハーロック」☆CGリアルとの葛藤 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
女子高3年間の友達だった彼女がその時言った。 「私、ハーロックと結婚する。{%ハート4webry%}」 「・・・・・・・・・{%電球webry%}・・・・ハーロックみたいな人とね?」 「ううん、ハーロックとじゃなきゃ結婚しないの。」 彼女が真性のオタクだったのだと気付いたのは、それから何十年も経ってからの事だった。... [続きを読む]

受信: 2013年9月23日 (月) 23時39分

» 『キャプテンハーロック』 [beatitude]
人類が銀河の果てまで進出していた時代、戻るべき場所、地球への居住権を巡って紛争が起こっていた。そんな中、四隻のデス・シャドウ級宇宙戦艦がこの紛争の切札として建造され、その四番艦艦長にハーロック(声:小栗旬)が任命される。だがその大戦中に英雄と呼ばれていた...... [続きを読む]

受信: 2013年9月24日 (火) 22時13分

» キャプテンハーロック アニメもここまで来たか [No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.]
【52 うち今年の試写会5】 このブログ、社労士ネタとか仕事ネタを書かないようにしようとしたら、波乗りと映画の話ばっかやん。 書記長社労士の方のブログは更新をストップしようと思ったけど、ちょっと実験的に仕事ネタだけのブログにしてみようということにしてるので、こっちがますます遊びのみブログになってしまうのだな。 しばらく流動的です。   銀河の果てまで移動が可能となった時代。開拓...... [続きを読む]

受信: 2013年9月27日 (金) 10時10分

» 3DCG映画 『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』 感想 レビュー [黎明の詩]
 3D-フルCG映画『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』を観てきました。生まれて初めての3D映画鑑賞です。  最近、松本零士氏のアニメ作品をいくつも見直していましたが、ハーロックの映画化の話を知った時に、おそらく特別な意味を持っ…... [続きを読む]

受信: 2013年9月29日 (日) 06時43分

» 映画『キャプテンハーロック』 [健康への長い道]
 『キャプテンハーロック』と『共喰い』どちらを観るか、少し迷いましたが(どんな比較だ)、怖いもの見たさで『キャプテンハーロック』へ。 Story 人類は銀河の果てまで進出し、爆発的に人口を増やしたものの、種としての終焉を迎えつつあった。最期は地球で・・・。し…... [続きを読む]

受信: 2013年10月 4日 (金) 19時53分

» 『キャプテンハーロック』('13初鑑賞81・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 9月13日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン2にて 18:00の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2013年10月13日 (日) 12時09分

» 『キャプテン ハーロック』 [しんのすけのイッツマイライフ新館]
世界待望のCG映画化(らしい) 『キャプテン ハーロック』。 これもやはり新しいハーロックサーガの誕生。 [続きを読む]

受信: 2013年10月14日 (月) 09時48分

» キャプテンハーロック [愛猫レオンとシネマな毎日]
松本零士さん原作のコミックが、SF超大作として復活。 主人公は孤高のダークヒーロー、海賊船アルカディア号のキャプテン、ハーロック。 そして、彼を暗殺しようと近づく青年マヤ。 ハーロックが、地球をめざす真の目的とは? 地球の隠された真実とは? コレは、素晴らしかった! 壮大な世界観に、目を奪われちゃう映像美、モーションキャプチャーによる リアルな表情や動き、声優さんも完璧にピタリとハマってる。 ストーリー自体も面白いです! キャラクターのビジュアルもカッコよくて萌えまくり! 小栗さんと三浦さんが... [続きを読む]

受信: 2014年1月 7日 (火) 19時26分

» キャプテンハーロック [いやいやえん]
松本先生の絵柄が好きではない中でも、このキャプテン・ハーロックは好きで漫画も持っていたが今はもう手元にない。 思い切ったフルCGアニメですが、なんだかゲームの美麗ムービーをずっと見せられているような感じもした。圧巻ではあるのですが、今更このレベルで心底から凄いとは思えず。いや、なかなか滑らかで日本も大金をかければここまでのCGで描けるんだと、そこは良かったですけどね。 キャラクター設定やストーリーは本作用に変更されていて、そこは良かったかも知れない。冒頭から戦闘シーンでテンションを上げて... [続きを読む]

受信: 2014年2月22日 (土) 09時18分

» キャプテンハーロック [銀幕大帝α]
2013年 日本 115分 SF/アドベンチャー 劇場公開(2013/09/07) 監督: 荒牧伸志 『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』 原作総設定: 松本零士 主題歌: ONE OK ROCK「Be the light」 声の出演: 小栗旬:キャプテンハーロック 三浦春馬:ヤマ ...... [続きを読む]

受信: 2014年2月22日 (土) 20時52分

» 13-378「キャプテンハーロック」(日本) [CINECHANが観た映画について]
一瞬の繋がりが永遠となる   宇宙全体へと拡大を続けた人類はやがて地球への帰還を願うようになり、限られた居住権を巡って“カムホーム戦争”が勃発、泥沼の戦乱が続く。  そんな中、“ガイア・サンクション”という統治機構が誕生し、地球を聖地と定めて立ち入りを禁止する。  それから100年、ガイア・サンクションに反旗を翻し、全宇宙に広域指名手配されるならず者がいた。その男こそ、不滅の肉体を持ち、自ら宇宙海賊を名乗るアルカディア号の艦長、キャプテンハーロックだった。  ついにガイア・サンクシ...... [続きを読む]

受信: 2014年8月 5日 (火) 00時58分

» キャプテンハーロック [Heaven of the Cinema]
自身の自由の為に戦え。 自らを束縛し自由を奪うもの。 組織や体制、それらが押し付ける思想、そして甘美な幻想。 しかし、それ以上に自分を縛るもの。 それは過去に犯した罪。 兄の足を奪い、愛する者の体を奪ってしまった男。 緑豊かであった地球を人が住めない星にかえてしまった男。 自由に成る為に行動を起こすものの、その道は遠く、 そして、正しいのかも分らない。 ...... [続きを読む]

受信: 2015年3月31日 (火) 22時39分

« 「KG カラテガール」 キック祭り | トップページ | 本 「とり残されて」 »