« 「マン・オブ・スティール」 人類は成長することができるのか | トップページ | 本 「二・二六事件 -「昭和維新」の思想と行動- 増補改版」 »

2013年9月 7日 (土)

「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」 目をそらさない

失礼ながら大きな期待をしていなかったのだけれど、かなり楽しめました。
元々はシーズン5まで放送されているNHKの番組なのだそうですが、ドラマではなくフェイクドキュメンタリー形式の歴史教養番組ということ。
知らなかったですが、おもしろそうな番組ですね。
主人公沢嶋(要潤さん)はタイムスクープ社の時空ジャーナリスト。
彼の仕事は過去にタイムワープして、そこに暮らす人々の姿をレポートし、それをアーカイブすることです。
時間旅行を題材にした映画は数あり、その多くは過去に干渉したことによる歴史の改変をどうするかっと言ったものが多いですよね。
本作も基本的にはその流れなのですが、上で触れた時空ジャーナリストという設定がおもしろい。
沢嶋がレポートする場面は、ニュースやドキュメンタリーでもお馴染みなハンディカムを使ったような映像や、沢嶋が観ているような主観映像、または小型カメラを使ったような映像を使っています。
これは映画的ではなくテレビ的な映像であるのですが、それがライブ感を醸し出していて、中継映像を観ているような感じがしてきます。
この立ち会っている感に新鮮な印象を受けました。
そして沢嶋が所属するタイムスクープ社の第二調査部という部署は、歴史の中でも市井の人々の様子を記録していくのが仕事ということです。
ちなみに第一調査部というのもあり、こちらは大きな歴史上の事件を扱う部署なのですが、普通に映画的に考えるとこちらの部署のほうを題材にしそうですよね。
大きなイベントや歴史上の大人物を登場させられそうですし。
けれど本作は本能寺の変から安土城炎上までといった日本史の中でも超大イベントを描きながらも、織田信長や明智光秀、豊臣秀吉や徳川家康などといった有名な歴史上の人物を登場させていません。
あくまでも描くのはその時代を生き、歴史の大事件に巻き込まれた人々。
この視点はユニークですね。
あとこういうタイムトラベルものでは、未来から訪れた者が歴史の改変、特に人の生死や恋愛などで干渉してしまうというのがよくあるパターンです。
本作では沢嶋たちはあくまでジャーナリストという立場を守り、歴史の改変は防ごうとするものの、目の前で起こる人の生死には関与しようとしません。
関与すること自体が歴史の改変につながるということがあるかもしれないですが、やはり彼らはジャーナリストで事実をしっかりと見つめ、伝えるということに使命感を持っているのだと感じました。
印象的なのは、沢嶋と新人ジャーナリストの細野(夏帆さん)が野盗に捕らえられ、そして人買いに売られたあとのシーンです。
彼らの目の前で村人は痛めつけられ、いっしょに行動していた侍も殺されようとします。
まだ未熟な細野はそれを止めさせようと叫び、そして目を逸らそうとします。
けれども沢嶋は「目をそらすな」と彼女に言います。
いくら悲劇的なことであろうと、いや悲劇的なことであろうと目をそらせてはいけない。
起こった出来事をしっかりと見て、それをありのままに伝えるというのがジャーナリストであるというのが沢嶋の考えなのでしょう。
タイムトラベルものというのは歴史に関与するというのが話の肝だったりするのですが、本作は歴史に関与しないというスタイルを貫くということで物語を作っているのがおもしろいなと感じたところです。
テレビのシリーズも気になったので今度観てみようかな。

あと本作の見所のひとつは夏帆さんかな〜。
初登場シーンはセーラー服での潜入だったのですけれど、まだまだ高校生役いけるじゃん!と。
と思っていたらその後はタイムスクープハンターの制服になるのですが、これはこれで大人っぽくてよろしい。
手足長くてスタイル良いですね。
というところで眼福でありました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「マン・オブ・スティール」 人類は成長することができるのか | トップページ | 本 「二・二六事件 -「昭和維新」の思想と行動- 増補改版」 »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

テレビシリーズは観ていなかったのですが、こちらを観て、観てみたいなーと思いました。
おっしゃるとおり、市井の人々を追うっていうのがありそうでなかった視点ですよね。

投稿: はらやん | 2013年11月 8日 (金) 23時06分

宇津井健さんのわかんなーーい・・と言っておこう。

TVシリーズは、全部じゃないけど、結構見てました。
歴史の先生としてはなかなかよくできてる!といつも感心してました。
月代とか、マジに沿ってるんですもの。で、それで結ったらこうなる・・・みたいな感じで。
何より、いつも市井の人たちを追う!という視点がとっても好きでした。
今回も題名は大風呂敷でも追うのはちゃんと市井の人。
でも何より怖かったのは、1940年代だったということで。

投稿: sakurai | 2013年11月 6日 (水) 13時23分

ふじき78さん、こんばんは!

「天然コケッコー」からずいぶん経っていますが、夏帆さん、まだまだセーラー服いけますねー(笑)。
たしかに眼鏡っ娘好きな方には溜まらないかも。
>宇津井健がスーパー・ジャイアンツの衣装
なかなかこれわかる方、少ないでしょうね・・・(笑)。

投稿: はらやん | 2013年10月27日 (日) 20時42分

こんちは。

夏帆ちゃんのセーラー服が本当に全く違和感がなかったですね。童顔だからかな。メガネかけた瞬間可愛すぎてビビりました。

夏帆ちゃんも随分セーラー服でならした過去があるって事で(銭形零とか天然コケッコーとか)、わしも昔の衣装でって、宇津井健がスーパー・ジャイアンツの衣装で本部にいたらビビルだろうなあ。

投稿: ふじき78 | 2013年10月27日 (日) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/58148234

この記事へのトラックバック一覧です: 「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」 目をそらさない:

» 『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」□監督・脚本 中尾浩之□キャスト 要潤、夏帆、杏、時任三郎、上島竜兵、小島 聖、      カンニング竹山、嶋田久作、宇津井 健■鑑賞日 8月31日(土)■劇場 TOHOシネマズ川...... [続きを読む]

受信: 2013年9月 8日 (日) 08時19分

» 「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」:夏帆のメガネ高校生 [大江戸時夫の東京温度]
映画『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』は、2009年4月からN [続きを読む]

受信: 2013年9月 9日 (月) 23時01分

» 劇場版 タイムスクープハンター ―安土城 最後の1日― [象のロケット]
あらゆる時代を駆け巡る時空ジャーナリスト沢嶋雄一は、1582年の京都へやって来た。 時は本能寺の変による混乱の真っ只中。 織田家の武士・矢島権之助の密着取材をしていた沢嶋に、歴史的遺産を略奪する犯罪者(オルタナスナッチャー)の捜索と、歴史修復作業の任務が下る。 新人の細野ヒカリがアシスタントとして派遣されてくるが、彼女がやって来た真の目的は「安土城消失の謎」に迫ることだった…。 SF歴史ミステリーTVドラマ劇場版。 ... [続きを読む]

受信: 2013年9月10日 (火) 05時21分

» 「劇場版 タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」脇役を追い続けた先にみた名城焼失の謎と盗賊の正体 [オールマイティにコメンテート]
「劇場版 タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」はNHKでシリーズ放送されているタイムスクープハンターの劇場版である時代の名もなき人たちを取材対象にする時空ジャーナリ ... [続きを読む]

受信: 2013年9月10日 (火) 22時44分

» 劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日/要潤 [カノンな日々]
NHKで放送されていたSF風味の歴史ドキュメンタリー・ドラマを描く「タイムスクープハンター」の劇場版です。要潤さん演じる未来から来た時空ジャーナリスト沢嶋雄一らが歴史に埋も ... [続きを読む]

受信: 2013年9月14日 (土) 08時59分

» 劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日(2013) 102分 [極私的映画論+α]
 屁負比丘尼は出てきませんが(笑) [続きを読む]

受信: 2013年9月23日 (月) 21時39分

» 劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日 [花ごよみ]
NHKのドキュメンタリータッチの歴史ドラマ、 「タイムスクープハンター」の映画版。 あらゆる時代に タイムワープ技術でもって 歴史の教科書に載らないような、 名もなき人々の営みを取材、 映像で歴史を記憶、保存する機関 「タイムスクープ社」の 時空ジャーナリスト...... [続きを読む]

受信: 2013年9月23日 (月) 22時50分

» 「劇場版タイムスクープハンター 安土城最後の一日」 [ここなつ映画レビュー]
「歴女」という言い方があるのなら、「歴少」(歴史好きの少年の事)という言い方があってもいいのかな?という位、日本史が好きな息子。特に戦国時代は大好きで、よく難解な「歴史クイズ」を出されるのには家族中で閉口しているけれど、そんな訳でこの「タイムスクープハンター」が公開されるのを知った時には、絶対連れて行こうと心に決めていました。 TVドラマで人気だったこのシリーズ、実はTVでは一度も見た事がなくて、この映画が初見の息子と私。前評判がそれ程良くなかったこともあり、まあ、子ども騙しなのだろう、と... [続きを読む]

受信: 2013年9月24日 (火) 11時59分

» 『劇場版タイムスクープハンター 安土城最後の1日』をシネマート六本木3で観て、下ネタ全開ふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★夏帆ちゃん可愛い。杏ちゃん凛々しい。要君は個人的にはどうでもいいけど普通だからえんでね】 のっけからなんだけど、「要(カナメ)」と「潤(ジュン)」 ... [続きを読む]

受信: 2013年10月27日 (日) 11時00分

» タイムスクープハンター 安土城 最後の一日 [迷宮映画館]
歴史で飯を食ってる身としては、これはシンパシーをとっても感じる [続きを読む]

受信: 2013年11月 6日 (水) 13時24分

» 映画 「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」 [ようこそMr.G]
映画 「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」 [続きを読む]

受信: 2013年12月22日 (日) 00時54分

» 劇場版 タイムスクープハンター [愛猫レオンとシネマな毎日]
ドキュメンタリー風に作られた、NHK歴史教養ドラマの劇場版。 時空ジャーナリストがタイムワープして、その時代の様子を映像で記録。 教科書には載らない真実をスクープしようとします。 ドラマの方は未見です。 スルーするつもりだったけど、安土城消失のミステリーに惹かれて鑑賞。 う~ん・・・これほど映画のレベルが低いとは思わなかった。 映画は、テレビと違って、お金を払って見るからね。 レディースデイの千円でも不満でした。 この出来だったら、テレビドラマで十分だけど、ワタシは途中でチャンネル変えるかも... [続きを読む]

受信: 2014年1月 7日 (火) 00時31分

» 13-279「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」(日本) [CINECHANが観た映画について]
名もなき人々の偉大なる姿を伝える   タイムワープ技術を使って教科書に載らない真実の歴史を記録していくタイムスクープ社。そこで働く時空ジャーナリストの沢嶋雄一は、混乱が続く“本能寺の変”直後の京都で取材を開始する。  やがて、幻の茶器“楢柴”を持つ商人と彼を博多まで護衛する名もなき侍の旅に同行する沢嶋。  ところがその道中、一行は“未来の武器”を使う謎の山伏に襲われ、楢柴は滝壺へと消えてしまう。  それは別の時代の人間による明らかな歴史への干渉であり、このままでは歴史が変わってしま...... [続きを読む]

受信: 2014年1月29日 (水) 01時53分

» 劇場版 タイムスクープハンター 安土城 最後の1日 [のほほん便り]
タイムスクープハンター スペシャル「お正月パニック!改暦大騒動」から興味を持ち、劇場版を見てみました。キャスティングも、要潤、夏帆、杏、時任三郎、上島竜平、小島聖、カンニング竹山、嶋田久作、宇津井健と、なかなかに豪華。意外にも、お笑い方面の上島竜平とカンニング竹山が、味のある存在感で、想像以上にハマっていて、ヨカッタです。NHKの人気歴史教養番組だそうですが、茶器を追い、戦国時代、昭和60年、戦時中、と様々な時代をワープし、安土城消失の謎に迫る、完全にSF活劇でした。突っ込みどころは満載ですが、ふと... [続きを読む]

受信: 2015年1月22日 (木) 08時28分

« 「マン・オブ・スティール」 人類は成長することができるのか | トップページ | 本 「二・二六事件 -「昭和維新」の思想と行動- 増補改版」 »