« 本 「天使と魔物のラストディナー」 | トップページ | 「ワールド・ウォー Z」 ゾンビ映画というよりはディザスター映画 »

2013年8月10日 (土)

「終戦のエンペラー」 公平な視点で描く

天皇に戦争責任はあったのか?
この疑問は日本人にとって今をもってしても非常にセンシティブなことだろうと思います。
個人的に特に右や左といった政治信条もなく、天皇という存在に対し特別に思い入れもあるわけでもないが、否定的でもないという世間一般の日本人と同じように受け入れていると思います。
とはいえ冒頭の疑問に対し、特に海外の日本のことをよく知らない人に軽々しくああだこうだと言ってほしくないという気持ちもあります。
なので、本作は海外の作品ということでそのあたりの日本人的にはセンシティブなところを乱暴に取り扱われているのではないかという懸念を持っていました。
しかしながら観てみると本作はその点について非常に丁寧に取り扱い、また公平な視点で描こうという姿勢を感じました。
海外の映画で太平洋戦争を描くとき、日本人は非道なことをした者、そして得体が知れない者として描かれることが多いですよね。
戦時中日本兵が海外で非道なことをしたのは事実ですし、それを映画で見せられたとしても甘んじて受け入れなくてはいけないとは思うのですけれど、いたたまれなくなる気持ちになるのも事実です。
そんなことをした人ばかりじゃないよ、と。
逆に日本の映画だと戦争を取り扱うとき、悲劇として描かれたりとか美談として描かれることも多いです。
それはそれで負の側面を見ないようにしているようにも思うのですよね。
そういう点において本作は、日本が犯してしまったことにも触れ、そしてされたこと(原爆や空襲)にも触れ、そしてまた日本人の精神性についても丁寧に描いたことにおいて、公平な視点だと感じたのです。
この視点は本作の企画は日本人のプロデューサーによるものであり、そして脚本や監督は海外の方が務めているということで、いくつかの視点で検討されたからできたのでしょうね。
本作で見事だと思ったのは日本人の精神性について非常に丁寧に描いていることです。
おそらく海外の人から見た時に、日本人がよくわからないというのはこのあたりの精神性が理解しにくいからだと思います。
劇中でも触れられていたのが「本音」と「建前」。
建前のことを表面に見えるもの(Surface)と言っていました。
日本人は海外の人に建前で接する。
海外の人は表に出ている表情や言葉などを額面通りに受け止める。
しかし日本人にはSurfaceの裏に本音が隠れている。
これは隠しているのというのと違うのですよね。
どちらかというと本音=自分の欲求というのをそのまま表面に出すのを日本人は「はしたない」と感じます。
日本人同士だとそれはわかっているので、相手の本音を「察する」ということをするのですね。
でも海外の人、特に欧米系は欲求をそのまま出すのが普通。
だから日本人はわからないというわけです。
また本作では「信条」という言葉も多く出てきました。
日本人が信じる精神の柱のようなもののことです。
日本人はこの信条のためにであれば、自らの命をも犠牲にするという精神性がありました。
武士の世のであれば主君のために腹を切るというのもそうでしょうし、戦争中はお国のために死ぬということもそうであったのでしょう。
これは欧米人からするとやはり合理的ではないと思えるところかもしれません。
なぜ勝ち目のないこのような戦いをするのか、明らかに負けているのになぜ降伏しないのかという疑問はこのあたりの日本人の精神性が理解できないとわからないものだと思います。
冒頭に書いたようにこのような日本人の精神性をしっかりと描いていたということが驚きでした。

冒頭の疑問、天皇に戦争責任があったかどうか、それについては本作は答えをだしていません。
事実として昭和天皇はこの点についてご自身の口で説明したことはありませんし、映画の中で描かれいるように周囲の者もこの点については口を閉ざしていました。
ですので、これについては永遠にわからないことなのでしょう。
このあたりのことについて本作はやはり丁寧であったと思いました。
推論で、フィクションだからよいだろういう軽々しさで、「責任があった」「責任がなかった」と描くのではなく、事実としてわからないのだということを明確に言ったことが真摯だなと感じました。
あと最後の昭和天皇とマッカーサーが会見するシーンは良いなと思いました。
天皇陛下が自分に責任があるというお話をされ、それを聞いたマッカーサーは懲罰をする云々ではなく、助けが欲しいと言いました。
マッカーサーはそれまでは日本の戦後処理自体を自分の野心のために使おうとしていたと思われます。
ただあの会見において陛下自身の人柄に触れたことにより、相手を信頼できる人物だと感じ、あのようなことを言ったのでしょう。
外交では経済力や軍事力などいろいろなパワーバランスが重要ですが、トップ同士の個人的な信頼感が非常に重要だと言われます。
そのことが強く認識されるシーンでありました。

天皇に戦争責任があるかどうかということを主人公のフェラーズ准将が探っていくところはミステリーサスペンス的なハラハラ感もありましたし、また彼と日本人の恋人の間の悲恋も物語の縦糸となっていました。
上映時間は1時間半強と最近の映画の中では長くはありませんが、見応えのある密度がある作品に仕上がっていたと思います。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「天使と魔物のラストディナー」 | トップページ | 「ワールド・ウォー Z」 ゾンビ映画というよりはディザスター映画 »

コメント

sakuraiさん、こんにちは!

そうですね、戦争の話はどちらかの視点に偏りがちなのですが、本作は日米双方からの見方があって興味深かったです。
日本人の気質についてもちゃんとした考察があり、このあたりはプロデューサーが日本人であったからだなと思いました。

投稿: はらやん | 2013年10月 5日 (土) 07時57分

このようなきちんとしたプロデューサーさんがつけば、見事な映画になる!と言うお手本のような作品でしたね。
やはり見る前は、いろいろと危惧があったのですが、全くの杞憂でした。
出来れば、恋愛のあたりをすっぱり切って、他の政治家たちのエピなど入れてくれると、さらに見ごたえあったんじゃないかなおあと感じてます。
東条英機なんぞ、一言もセリフありませんでしたもんね。

投稿: sakurai | 2013年10月 3日 (木) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/57966358

この記事へのトラックバック一覧です: 「終戦のエンペラー」 公平な視点で描く:

» 終戦のエンペラー/マシュー・フォックス [カノンな日々]
岡本嗣郎のノンフィクション作品「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」を原作に敗戦直後の日本を舞台にしてマッカーサー元帥の指示で天皇の戦争責任を調査する青 ... [続きを読む]

受信: 2013年8月10日 (土) 22時35分

» 終戦のエンペラー  監督/ピーター・ウェーバー [西京極 紫の館]
【出演】  マシュー・フォックス  トミー・リー・ジョーンズ  初音 映莉子 【ストーリー】 1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部GHQの司令官としてダグラス・マッカーサー元帥が日本に上陸。彼は日本文化に精通している部下ボナー・フェラーズに、太平洋戦争...... [続きを読む]

受信: 2013年8月10日 (土) 22時49分

» 終戦のエンペラー (2012) EMPEROR 107分 [極私的映画論+α]
 宇宙人ジョーンズではありません(笑) [続きを読む]

受信: 2013年8月10日 (土) 22時52分

» 終戦のエンペラー [映画的・絵画的・音楽的]
 『終戦のエンペラー』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)戦前のことを取り上げたアニメ『風立ちぬ』を見たことでもあり、また出演する俳優の顔ぶれもなかなかなので、映画館に足を運びました。  本作は、マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)らを乗せた米...... [続きを読む]

受信: 2013年8月11日 (日) 04時29分

» 劇場鑑賞「終戦のエンペラー」 [日々“是”精進! ver.F]
天皇に戦争責任はあったのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201307270001/ 【送料無料】終戦のエンペラー オリジナル・サウンドトラック [ アレックス・...... [続きを読む]

受信: 2013年8月11日 (日) 05時36分

» 終戦のエンペラー (試写会) [風に吹かれて]
平和のために 耐え難きを耐え 忍び難きを忍んで公式サイト http://www.emperor-movie.jp7月27日公開原作: 終戦のエンペラー/陛下をお救いなさいまし (岡本 嗣郎著/集英社文 [続きを読む]

受信: 2013年8月11日 (日) 15時10分

» 終戦のエンペラー [花ごよみ]
監督はピーター・ウェーバー。 マッカーサー元帥には、 トミー・リー・ジョーンズ。 日本事情に詳しい部下、 ボナー・フェラーズには マシュー・フォックス。 西田敏行、初音映莉子、西田敏行、桃井かおり 伊武雅刀、羽田昌義、火野正平、 中村雅俊 夏八木勲、片岡孝...... [続きを読む]

受信: 2013年8月11日 (日) 16時43分

» 終戦のエンペラー [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【EMPEROR】 2013/07/27公開 日本/アメリカ 107分監督:ピーター・ウェーバー 出演:マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行、羽田昌義、火野正平、中村雅俊、夏八木勲、桃井かおり、伊武雅刀、片岡孝太郎、コリン・モイ 戦いの果てに、...... [続きを読む]

受信: 2013年8月11日 (日) 17時14分

» 終戦のエンペラー / Emperor [勝手に映画評]
毎年8月頃になるとこの手の戦争ものが出てきますが、こう言う視点での話は初めてではないでしょうか。実語を下にしたフィクションです。 “アヤ”と言うのは架空の人物ですが、河井道と言う女性と一色ゆりと言う女性をモデルにしているようです。フェラーズが大学で会った...... [続きを読む]

受信: 2013年8月11日 (日) 17時23分

» 映画『終戦のエンペラー』★夏八木勲さんの格調高さに本質を見た気がします。 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161669/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 小学校のときに、先生から 「天皇陛下は、自分は死んでもいいから国民を助けてくださいって、アメリカに言ったんだよ」 という話を、聞いたことがありました。 ..... [続きを読む]

受信: 2013年8月11日 (日) 21時08分

» 終戦のエンペラー [はるみのひとり言]
久しぶりに「ありがとう名画試写会」で見せていただきました。映画の内容から年齢層高かったですね〜。浜村さんの試写会の時は、映画の前に提供会社の宣伝や抽選会、映画の紹介が30分くらいあるので、その分長くなるので気合入れてかないとって感じで。相変わらず抽選会...... [続きを読む]

受信: 2013年8月12日 (月) 00時32分

» 13-149「終戦のエンペラー」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
信奉を理解してこそ、日本人の心を理解できる   1945年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し、第二次世界大戦が終結する。その直後、ダグラス・マッカーサー率いるGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が上陸、日本の占領統治が始まる。  さっそく戦犯の拘束に乗り出したマッカーサーは、日本の文化にも精通していたフェラーズ准将に真の戦争責任が誰にあったかを突き止めるよう命じる。  しかし、日本独特のあいまいな意志決定のあり方に知日派のフェラーズも困惑し、調査は予想以上の困難を強いられるが。(...... [続きを読む]

受信: 2013年8月12日 (月) 02時30分

» 映画「終戦のエンペラー」 [FREE TIME]
映画「終戦のエンペラー」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2013年8月12日 (月) 22時09分

» 終戦のエンペラー ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
岡本嗣郎のノンフィクション「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」が原作の歴史サスペンス。進駐軍を率いて終戦直後の日本に降り立ったマッカーサー元帥から、太平洋戦争の責任者追究を命じられた男が衝撃の事実にたどり着く姿を息詰まるタッチで追う。...... [続きを読む]

受信: 2013年8月12日 (月) 23時41分

» 終戦のエンペラー [そーれりぽーと]
おかしな描かれ方がされていないか心配しながら『終戦のエンペラー』を観てきました。 ★★★★★ 天皇陛下が大戦以前どんな存在で、どう慕われていたのか。 今の象徴としての皇室の情報をマスコミの報道等で見聞きしながら育ち、感じてきた慕う気持ちとは次元の違う世界に初...... [続きを読む]

受信: 2013年8月13日 (火) 00時14分

» 終戦のエンペラー [象のロケット]
1945年8月30日、第二次世界大戦で降伏した日本に、マッカーサー元帥率いるGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が上陸した。 戦時中に日本を動かしていたA級戦犯容疑者たちの逮捕を急がせる一方で、マッカーサーは日本文化の専門家であるボナー・フェラーズ准将に極秘任務を命じる。 それは、この戦争における天皇の役割を10日間で探れというものだった…。 歴史ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2013年8月13日 (火) 10時09分

» 終戦のエンペラー 象徴天皇となった一つの要因がよく理解できた [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=39 うち今年の試写会5】 岡本嗣郎著「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」を原作として、アメリカで作られた作品(邦画ではないのだ、てことは映画館で気付いた)  1945年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し、第二次世界大戦が終結する。その直...... [続きを読む]

受信: 2013年8月13日 (火) 10時48分

» 『終戦のエンペラー』('13初鑑賞68・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 7月27日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン5にて 15:50の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2013年8月14日 (水) 13時46分

» 終戦のエンペラー [こんな映画見ました〜]
『終戦のエンペラー』---EMPEROR---2012年(日本/アメリカ )監督:ピーター・ウェーバー出演:マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ 、初音映莉子、西田敏行、羽田昌義 、火野正平、中村雅俊 、夏八木勲、伊武雅刀 、片岡孝太郎 、コリン・モイ ...... [続きを読む]

受信: 2013年8月14日 (水) 22時24分

» 『終戦のエンペラー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「終戦のエンペラー」 □監督 ピーター・ウェーバー□脚本 ベラ・ブラシ□原作 岡本嗣郎□キャスト マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行、       片岡孝太郎、中村雅俊、夏八木勲、桃井かおり ...... [続きを読む]

受信: 2013年8月15日 (木) 09時30分

» 「終戦のエンペラー」 [prisoners BLOG]
原題はただのEMPEROR。天皇をエンペラーというのは、なんだか違和感がある。 皇帝というと絶対的権力を持ち全てを支配する者、という印象なのだが、日本の天皇は古代においてすら絶対的支配から遠かったし、明治以後の理念としての絶対性とは裏腹に実際の権限を持っていた...... [続きを読む]

受信: 2013年8月16日 (金) 22時58分

» 終戦のエンペラー [ルナのシネマ缶]
昭和天皇を題材にした映画といえば ロシアの監督アレクサンドル・ソクーロフの 「太陽」も印象的でしたが、 こちらはハリウッド版です。 そういえば昭和天皇って、今の天皇とは ちょっと違う独特なオーラが あったような気がしました。 神として育てられたせいかもしれませんね〜。 1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の 司令官としてマッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が 日本に上陸した。 彼は日本文化に精通している部下フェラーズ(マシュー・フォックス)... [続きを読む]

受信: 2013年8月18日 (日) 00時00分

» 終戦のエンペラー [to Heart]
原題 EMPEROR 製作年度 2012年 製作国・地域 日本/アメリカ 上映時間 107分 原作 岡本嗣郎『陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ』(集英社刊) 脚本 デヴィッド・クラス 、ヴェラ・ブラシ 監督 ピーター・ウェーバー 出演 マシュー・フォックス/トミー...... [続きを読む]

受信: 2013年8月18日 (日) 00時58分

» 映画「終戦のエンペラー」これこそ、邦画で見たかった [soramove]
映画「終戦のエンペラー」★★★☆ マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ 西田敏行、初音映莉子、桃井かおり 伊武雅刀、羽田昌義、火野正平 中村雅俊、夏八木勲出演 ピーター・ウェーバー監督、 107分、2013年7月27日より全国公開 2013.アメリカ、松竹 (原題/原作:陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ/岡本嗣郎著 ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映... [続きを読む]

受信: 2013年8月18日 (日) 09時39分

» 終戦のエンペラー [B-scale fans log]
公開中 ピーター・ウェーバー監督     出演 マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、     初音映莉子、羽田昌義、西田敏行、夏八木勲、     桃井かおり、伊武雅刀、片岡孝太郎 他 新評価 3.0 仕事が早く終わったので、映画の予備知識はな...... [続きを読む]

受信: 2013年8月26日 (月) 18時44分

» 終戦のエンペラー [ダイターンクラッシュ!!]
2013年8月14日(水) 19:05~ 109シネマズ川崎5 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認 愛のパートは要らなかった。 『終戦のエンペラー』公式サイト 原題も’Emperor'であるが、天皇は最後のほうにちょろっと出てくるだけ。GHQ視点、マッカーサーでなく、特にフェラーズなる将校の視点だ。 この商工が、学生時代に日本からの留学生と恋におちたという設定が、フィクションで入っているらしい。 全体的に興味深い物語なのだが、何の役にもたたないこの恋愛パートは不要だ。 いつもの... [続きを読む]

受信: 2013年8月28日 (水) 16時54分

» 『EMPEROR 終戦のエンペラー』 [まっきいのつれづれあれこれ]
第二次大戦後、マッカーサ元帥(トミー・リー・ジョーンズ!)率いるGHQが来日し、 [続きを読む]

受信: 2013年9月24日 (火) 23時03分

» 終戦のエンペラー [迷宮映画館]
一番描きたかったのは何なのか・・・・ [続きを読む]

受信: 2013年10月 3日 (木) 13時46分

» 『終戦のエンペラー』 [しんのすけのイッツマイライフ新館]
8月頃にはeoTVはじめ、いろんな放送局で 太平洋戦争関係の映画が放送されたりします。 そんな時期に公開されていました『終戦のエンペラー』 日本人として、いろい [続きを読む]

受信: 2013年10月15日 (火) 20時21分

» 終戦のエンペラー [Diarydiary! ]
《終戦のエンペラー》 2012年 日本/アメリカ映画 - 原題 - EMPERO [続きを読む]

受信: 2014年1月 1日 (水) 20時24分

» 終戦のエンペラー [いやいやえん]
天皇の戦争責任を問うという日本人には禁断の映画なのかと思っていたら、やっぱりアメリカ・ハリウッド製作の映画だったな、といった印象。 マッカーサーが来日したときに、日本兵が背中をみせている所はまあ実際にあったことだし納得出来たが、焼け野原を昭和天皇を乗せた車が進んで行くなか、当時の日本人が天皇に対して背中をみせるなんておかしいのでは? 監督が「真珠の耳飾りの少女」の方だったので期待したのだが、正直がっかり。要求する事は確かに難しいのかもしれないが…。 主人公フェラーズ准将の恋愛話が話の5... [続きを読む]

受信: 2014年3月 4日 (火) 09時12分

« 本 「天使と魔物のラストディナー」 | トップページ | 「ワールド・ウォー Z」 ゾンビ映画というよりはディザスター映画 »