« 「パシフィック・リム」 デル・トロのオタク魂、爆発 | トップページ | 「終戦のエンペラー」 公平な視点で描く »

2013年8月10日 (土)

本 「天使と魔物のラストディナー」

木下半太さんといえば「悪夢」シリーズが有名ですが、こちらは別のシリーズで、「東京バッティングセンター(「美女と魔物のバッティングセンター」へ改題)の続編になります。
「東京バッティングセンター」は読んでいるんですが、ほとんど記憶に残っていませんでした。
本作では理不尽な犯罪等に巻き込まれ死んだ者は時折、魔物として復活します。
その魔物は吸血鬼であったり、人魚であったり、フランケンシュタインであったりと様々なのですが、何かこの世でやらなくてはいけないことを持っています。
ただ彼らは殺された当時の記憶は忘れていて、何をしなくてはいけないかを思い出せていません。
このシリーズのレギュラーの登場人物である土屋とタケシも吸血鬼であり、彼らは復活した魔物たちの復讐を手伝う「復讐屋」をしています。
魔物たちが過去の記憶を取り戻していき、事件の真実が浮かび上がっていくという展開はミステリー。
そこでわかる真実は意外であり、短編ミステリーとしておもしろく読めます。
あといつもの木下半太さんよりも切ない感じがしているように思いますね。
本作の最後のほうで生きている人間でありつつも、その精神はモンスター的である登場人物が出てきます。
彼のやっている所行は恐ろしいものですが、彼の精神は狂っていながらも切ない感じが漂っています。
この切なさみたいなものが本作は全編通してありますね。
木下さんの作品はどんでん返しや、次から次への早い展開など飽きさせない作品という印象が強いですが、その底にはいつも切なさがあるようにも感じます。
本作はそのあたりが強く出ている作品のように思います。

前作「東京バッティングセンター(「美女と魔物のバッティングセンター」へ改題)の記事はこちら→

「天使と魔物のラストディナー」木下半太著 幻冬舎 文庫 ISBN978-4-344-41999-5

|

« 「パシフィック・リム」 デル・トロのオタク魂、爆発 | トップページ | 「終戦のエンペラー」 公平な視点で描く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/57962480

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「天使と魔物のラストディナー」:

» 『天使と魔物のラストディナー』 木下半太 [じゅうのblog]
「木下半太」の『天使と魔物のラストディナー(原題:六本木ヒルズの天使)』を読みました。 [天使と魔物のラストディナー] 『美女と魔物のバッティングセンター』に続き「木下半太」作品です。 -----story------------- 理不尽な犯罪で突然命を奪われ、悔しくて死にきれない人が、ときどき神様の気まぐれで、魔物として生まれ変わる。 その一人である「復讐屋」の「タケシ」は、無残に殺され生き返ってしまった女のために、復讐に燃える。 犯人は、天使の微笑を持つ、残忍な連続殺人鬼「アマノ」だった。... [続きを読む]

受信: 2015年3月 9日 (月) 22時40分

« 「パシフィック・リム」 デル・トロのオタク魂、爆発 | トップページ | 「終戦のエンペラー」 公平な視点で描く »