« 本 「碧空のカノン -航空自衛隊航空中央音楽隊ノート-」 | トップページ | 本 「天使と魔物のラストディナー」 »

2013年8月10日 (土)

「パシフィック・リム」 デル・トロのオタク魂、爆発

巨大ロボットVS怪獣、それは男の子ならば観てみたいと一度は思うもの・・・。
それを永遠の男の子、ギレルモ・デル・トロが本気の実写映画にしてしまいました。
しかし怪獣をハリウッドが映画化するというと、いやなことを思い出す人も多いかもしれません。
「GODZILLA」とか・・・。
いやいやそういう心配はいりません。
デル・トロといえば、日本のアニメやマンガにも造詣が深いオタク監督。
潤沢なメジャーの資金を使って、彼のマニアックなロボットと怪獣への想いが迫力ある映像として爆発しております。
そもそも本作の中で敵となる巨大生物のことをそのまま英語で「KAIJU(怪獣)」と言っているんですね。
「怪獣」もいよいよ国際語?
「TSUNAMI」並です。

さて本作「パシフィック・リム」、怪獣と並んで注目したいのが巨大ロボット<イェーガー>です。
そもそも洋画で「人が乗り込む巨大ロボット」というのが珍しい。
海外の映画でロボットが登場することはよくありますが、そのロボットは「自立型」であることが多いのです。
日本では「マジンガーZ」からはじまり、「ガンダム」、「エヴァンゲリオン」等と連綿と続く歴史の中で「ロボットと言えば人が乗り込むもの」というイメージがありますよね。
なぜ海外とは違って日本だけ「ロボットは人が乗り込むもの」というイメージが強いのかというのはよくわかりません(「マジンガーZ」というエポックな存在の影響が大きいとは思いますが)。
日本のロボット観が特異に発展したのは、主人公がロボットに乗り込むということから主人公とロボットがほぼ同格化したということが大きいということだと思います。
つまり「仮面ライダー」における「本郷猛=仮面ライダー」、「ウルトラマン」における「ハヤタ=ウルトラマン」という主人公とヒーローの同格化が巨大ロボットものでも起こったのだと思います。
「マジンガーZ」においては「兜甲児=マジンガーZ」なんですね。
主人公とロボットのの同格化は演出でも見受けられます。
マジンガーZが腕をもがれたりしたとき、兜甲児は操縦しながらも「うおぉッ!」と痛そうに叫びます(実際は痛いわけないのですが)。
でもマジンガーZの痛みを兜甲児も感じているように見えるので、「兜甲児=マジンガーZ」という印象が強くなるわけです。
このように日本においては無機物であるロボットもヒーロー化してきたのだと思います。
「ガンダム」などは兵器として描くということで新しいリアリティを出しましたが、それでもやはり「アムロ=ガンダム」という印象は強いです。
そして「エヴァンゲリオン」などではシンクロ率というような設定もあり、「主人公=ロボット」という図式がより強く出されています。
この主人公=ロボットという図式は「パシフィック・リム」でも感じられます。
「エヴァ」にもあったシンクロ率的な概念もありましたし、またパイロットの動作が<イェーガー>にフィードバックされるという操縦法も同格化に繋がっているかなと。
パイロットの動作がロボットにフィードバックされるというのは、日本ではアニメ「勇者ライディーン」や珍しい特撮ロボットもの「ジャンボーグA」などでも見られました(あと「スーパー戦隊シリーズ」のロボットでも度々見られます)。
この操縦方法はまさに主人公=ロボットという図式なんですよね。
本作の新しい要素としては「二人で操縦すること」でしょうか。
二人の意識がシンクロすることによりロボットを操縦できるというのは、パイロットとコパイの間でのドラマ要素を生み、作品を豊かにしたと思います。
あと、ロボット好きとして「おおっ!」と思ったところをいくつか。
主人公が乗り込む<イェーガー>ジプシー・デンプシャーですが、操縦席が頭部にあります。
この頭部は別パーツになっていて発進時に胴体に合体するという設定なんですね。
リアルに考えると別に分かれていなくてもいいじゃんと思うのですが、これはやはりロボットもののケレン味ということで。
僕はこれを見たときに「パイルダー・オン(マジンガーZ)じゃん!」とテンション上がってしまいました(「パイルダー・オン」知らない人は検索してください)。
あとはエルボー・ロケット!もコーフンしました。
これはロボットの肘にロケットブースターがついていて、パンチをするときにロケットに点火することによりパンチの衝撃力をあげるというものです。
腕こそ離れませんが、「まるでロケット・パンチ(マジンガーZ)」じゃん!」と思ってしまいました(「ロケット・パンチ」知らない人は検索してください)。
これらの描写からデル・トロ監督は「マジンガーZ」のファンに違いないと確信しました。

巨大ロボットについて延々と書いてきましたが、本作は怪獣もポイントのひとつ。
本作で怪獣が海からやってくるというのはやはり「ゴジラ」へのオマージュでしょうか。
海からくる災厄というのは日本の怪獣もので多く見られますね。
怪獣の造形的には、日本の着ぐるみ的なところはありませんでしたね。
登場したナイフヘッドという怪獣には、「ガメラ2 レギオン襲来」のレギオン的な感じも受けましたが(レギオンも着ぐるみ的な印象が少ないかいじゅうではあった)。
本作の怪獣は日本的というよりはクトゥルフ的な印象が感じられました。
これはデル・トロが本作の前にラブクラフト原作の映画を作ろうとしていたところからきているのかもしれません。
もともとデル・トロは「ヘルボーイ」などでもクリーチャーはクトゥルフテイストであったので、このあたりはまた彼の趣味であるかもしれません。

長く書きましたが、マニアックにいろいろ楽しめる作品だと思います。
あ、マニアでなくても普通に楽しめるかと(たぶん)。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「碧空のカノン -航空自衛隊航空中央音楽隊ノート-」 | トップページ | 本 「天使と魔物のラストディナー」 »

コメント

メビウスさん、こんばんは!

マジンガーZは海外でもいろいろなところで放送されたようですからねー、デル・トロ監督も観ていると思うのですよね〜。
ああいう感じでストレートに愛情表現してくれると嬉しいです。
2があるなら、空を飛ぶロボや、合体ロボをやってほしいところです。

投稿: はらやん | 2013年8月15日 (木) 22時43分

はらやんさんこんばんわ♪

そいえば今思い返すと、頭部のドッキング方式といいエルボーパンチの演出といい、その姿は確かにマジンガーZを彷彿としてる所がありますね。自分はリアルタイム世代ではありませんが、往年のスーパーロボットが一同に介する某ゲームで何度も見て来たので理解可能♪・・と言うことは、終盤で胸から炎がゴバッと出るのはブレストファイヤーってことになりますねw
ギレルモ監督がマジンガーZを踏襲したのかは定かではありませんが、それでもマジンガーZだけじゃなく色んな特撮モノやロボットアニメに酷似したシーンが多かったので、それに気付いてウキャウキャ歓喜するだけでも凄く楽しめましたねェ。

自分はあと吹き替えと3Dを観る予定なので、次の鑑賞では『ロケットパァ~~ンチッ!!』と(心の中で)盛大に叫びたいと思います(笑

投稿: メビウス | 2013年8月14日 (水) 22時32分

ノラネコさん、こんばんは!

やはり世代的にはパイルダー・オンには反応してしまいますよね。
別に頭部が別である必要はないのに、無駄にパイルダー・オン(笑)。
>吹替えで「エルボー・ロケット!」が「ロケット・パ~ンチ!」になってた
そうなんですか〜。
翻訳した方もわかってますね〜!
世代的にいっしょくらいかな(笑)。

投稿: はらやん | 2013年8月13日 (火) 22時18分

そうそう、あの頭はパイルダー・オンでしたね。
英語・日本語で二度観ましたが、吹替えで「エルボー・ロケット!」が「ロケット・パ~ンチ!」になってたのに噴出しました。
訳としてはどうかと思うけど、気持ちは凄く分かります(笑

投稿: ノラネコ | 2013年8月12日 (月) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/57960127

この記事へのトラックバック一覧です: 「パシフィック・リム」 デル・トロのオタク魂、爆発:

» 劇場鑑賞「パシフィック・リム」 [日々“是”精進! ver.F]
イェーガー vs 怪獣… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308090003/ 【送料無料】パシフィック・リム ビジュアルガイドラ・ドゥース 限定3000部 [ デイヴ... [続きを読む]

受信: 2013年8月10日 (土) 20時00分

» パシフィック・リム : おっさんに、超おすすめ映画!! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 CSKAモスクワ所属の本田のACミラン遺跡が濃厚になったようですね。個人的には、香川よりも自分の意見をはっきりと述べる本田の方が好みなので、よい方向に進むことを大いに期待し [続きを読む]

受信: 2013年8月10日 (土) 20時03分

» パシフィック・リム [あーうぃ だにぇっと]
パシフィック・リム@よみうりホール [続きを読む]

受信: 2013年8月10日 (土) 20時39分

» パシフィック・リム IMAX-3D/チャーリー・ハナム [カノンな日々]
初めて劇場予告編を観たときに、コレは絶対に日本の影響を受けた作品でしょと思ったのですが、やっぱりそのようで劇中に登場する巨大生物は日本でお馴染みの怪獣そのままに“KAIJU ... [続きを読む]

受信: 2013年8月10日 (土) 22時26分

» パシフィック・リム (3D吹替版) [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【PACIFIC RIM】 2013/08/09公開 アメリカ 131分監督:ギレルモ・デル・トロ出演:  チャーリー・ハナム/ローリー・ベケット(杉田智和)  イドリス・エルバ/スタッカー・ペントコスト(玄田哲章)  菊地凛子/森マコ(林原めぐみ)  チャーリー・デイ/ニュートン...... [続きを読む]

受信: 2013年8月10日 (土) 23時45分

» 映画:パシフィック・リム Pacific Rim この夏激押しのロボットアクション! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
何たって、監督が ギデルモ・デル・トロ! 前作「パンズ・ラビリンス」の文学的なキモ怪しさは勿論、ユーモラス満載で超キモい悪役たちを最高峰に面白く演出した「ヘルボーイ」が素晴らしい。 実は彼、子供のころは初日に駆けつけるほど東宝物・大映物の特撮ファン。 そ...... [続きを読む]

受信: 2013年8月11日 (日) 01時58分

» パシフィック・リム [Akira's VOICE]
ツッコミ満載で興奮度は低い・・・。   [続きを読む]

受信: 2013年8月11日 (日) 10時06分

» 『パシフィック・リム』 [こねたみっくす]
熱いぜ!この中二病的ヲタク魂! 「ウルトラマン」を始めとする怪獣モノで熱くなった魂が、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』を始めとする人型巨大兵器で燃えた魂が、『マトリックス ... [続きを読む]

受信: 2013年8月11日 (日) 10時35分

» 『パシフィック・リム』(2013) [【徒然なるままに・・・】]
話題の巨大ロボットVS巨大怪獣の映画です。 自分が見たり聞いたり読んだりした限りでは、凡そ好意的な意見以外は入って来ないので、逆に期待値を思いっきり下げて見てきました。 一見して皆さん仰る通り日本製の特撮モノやらアニメやらからの影響、否、露骨な引用(オマージュともいう)が目に付きますね。その分日本人が、世界で一番この世界観に違和感なく入り込めるのではないかとも思います。 逆にディティール含めてなかなか怪獣の姿がバッチリと映らないことや、巨大ロボット”イェーガー”たちが案外脆かったりする... [続きを読む]

受信: 2013年8月11日 (日) 17時46分

» [映画『パシフィック・リム』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆待望の『パシフィック・リム』、甥っ子を連れて朝一で観に行きましたよ。  とてもキチッと作られた作品だったので、荒削りな作品の持つ異常なテンションはなかったのですが、素晴らしい完成度に満足しました。  私は、「仮面ライダー」よりも「ウルトラマン」派の男...... [続きを読む]

受信: 2013年8月12日 (月) 00時16分

» 『パシフィック・リム』が守った映画のルール [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  ジャンボーグA対大悪獣ギロン!  『パシフィック・リム』には冒頭から度肝を抜かれた。全編がこんな夢の対決で溢れているのだ。  映画『風立ちぬ』はそれだけでも充分素晴らし...... [続きを読む]

受信: 2013年8月12日 (月) 02時41分

» パシフィック・リム [花ごよみ]
監督はギレルモ・デル・トロ 地球征服を目論み 海底の裂け目から出現したKAIJU(怪獣)と 地球の危機を救うため開発された 人型巨大ロボット、イェーガーとの 壮絶な戦闘を描いています。 KAIJU(怪獣)との戦いによって、 兄を亡くしてしまった ローリー(チャーリー...... [続きを読む]

受信: 2013年8月12日 (月) 08時53分

» 『パシフィック・リム』 [ラムの大通り]
(原題:Pacific Rim) ----おっ、いよいよ再開だニャ。 そういえば、今日、来てくれたんだよね。 「うん。いわゆる初七日だしね。 四十九日まで待つのは フォーンの性格からしてもイヤかなと…」 ----で、最初はやはりあれ? 『パシフィック・リム』? 「そう。 延ばし...... [続きを読む]

受信: 2013年8月12日 (月) 10時54分

» パシフィック・リム・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
鋼鉄のルチャドール。 こんなにも中二魂を刺激される映画があっただろうか。 未知の深海から出現する巨大怪獣!迎え撃つのは人型戦闘兵器! オタクを自認するメキシコの鬼才、ギレルモ・デル・トロが作り...... [続きを読む]

受信: 2013年8月12日 (月) 13時33分

» ガメラ:映画「パシフィックリム」でガメラ(1/2) 2013/08/11 [ガメラ医師のBlog]
 10日のご紹介に続いて、 9日から公開中の、ギレルモ・デル・トロ監督のVFX 映画 『パシフィック・リム』、 http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim/index.html 10日更新分の鑑賞記など、関連情報をまとめてご紹介しております。 ※  余りにも言及Blogが多いので、...... [続きを読む]

受信: 2013年8月12日 (月) 16時04分

» パシフィック・リムを観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
人形巨大兵器「JAEGER(イエーガー)」  VS 怪獣「KAIJU(カイジュー)」のド突き合い 公 [続きを読む]

受信: 2013年8月12日 (月) 21時42分

» 『パシフィック・リム』 Pacific Rim [グドすぴBlog]
(※いつも通り、むしろいつも以上に「あらすじ」以降からネタバレ全開です) メキシコ出身アメリカ在住の日本オタクの監督が製作費200億円でハリウッドの技術を注ぎ込んで作り上げた、巨大ロボット...... [続きを読む]

受信: 2013年8月12日 (月) 23時34分

» パシフィック・リム (2013) PACIFIC RIM 131分 [極私的映画論+α]
 芦田愛菜ちゃん・・・泣きの演技が素晴らしかったです(笑) [続きを読む]

受信: 2013年8月13日 (火) 07時22分

» ★パシフィック・リム(2013)★ [Cinema Collection 2]
PACIFIC RIM 人類最後の望みは、この巨兵。 映時間 131分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2013/08/09 ジャンル アクション/SF/ロボット 映倫 G 【解説】 日本のマンガやアニメ、特撮作品への造詣も深い「ヘルボーイ」 「パンズ...... [続きを読む]

受信: 2013年8月13日 (火) 10時33分

» パシフィック・リム(不本意ながらも3D吹替) [ハリウッド映画 LOVE]
原題:Pacific Rim監督:ギレルモ・デル・トロ出演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊池凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー [続きを読む]

受信: 2013年8月13日 (火) 17時37分

» パシフィック・リム(2D 日本語吹替え版) [タケヤと愉快な仲間達]
監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子 【あらすじ】 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団...... [続きを読む]

受信: 2013年8月13日 (火) 18時24分

» パシフィック・リム [だらだら無気力ブログ!]
中露のイェーガーの噛ませ犬っぷりにはワロタ。 [続きを読む]

受信: 2013年8月13日 (火) 22時00分

» パシフィック・リム 3D [そーれりぽーと]
ジャパニメーション独自の文化の一つとして進化してきた巨大ロボと、東宝東映円谷プロの特撮映画に出てきそうな怪獣が世界の危機を背景に対決するハリウッド映画。『パシフィック・リム』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ 日本のアニメや特撮映画が大好きで、周囲の反対...... [続きを読む]

受信: 2013年8月14日 (水) 01時44分

» 映画「パシフィック・リム(IMAX3D 吹替)」感想 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
こんな映画が見たかった!!!! 良くある煽り文句ですが、心の底からそう思いましたよ( ゚д゚) っ!私の中のロボット魂と怪獣魂がシンクロというかドリフトというか、もうエライ状態になってました!!...... [続きを読む]

受信: 2013年8月14日 (水) 14時19分

» パシフィック・リム [象のロケット]
2013年8月、太平洋の深海から出現した、謎の巨大生命体“KAIJU(カイジュウ)”によって、3つの都市が瞬く間に壊滅。 環太平洋沿岸(パシフィック・リム)諸国は、PPDC(パン・パシフィック・ディフェンス・コープ)を設立し、人型巨大兵器“イェーガー”を開発するが、KAIJUとの戦いは5年、10年と長引いていった。 一線を退いていたイェーガーの元パイロット、ローリーは再び戦線に復帰し、日本人女性マコとコンビを組もうとするが…。 SFアクション。 ... [続きを読む]

受信: 2013年8月14日 (水) 20時52分

» パシフィック・リム [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】ギレルモ・デル・トロ 【出演】チャーリー・ハナム/イドリス・エルバ/菊地凛子/チャーリー・デイ/ロブ・カジンスキー/マックス・マーティーニ/ロン・パールマン 【公開日】2013年 8月9日 ...... [続きを読む]

受信: 2013年8月14日 (水) 22時23分

» 『パシフィック・リム』('13初鑑賞71・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 8月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 18:10の回を鑑賞。2D:字幕版 8月15日(木) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン9にて 15:40の回を鑑賞。2D:吹替版... [続きを読む]

受信: 2013年8月15日 (木) 21時01分

» 【映画】パシフィック・リム [★紅茶屋ロンド★]
<パシフィック・リム を観て来ました> みんなの大好きなロボットVS.カイジュー映画だぞお 原題:Pacific Rim 製作:2013年アメリカ 人気ブログランキングへ なんなんだ一体。どういうことなんだ。 公開前から前評判が高すぎて、逆に冷めるわ(苦笑)。 わかった、わかったよ。みんながロボット大好きなのは十分わかった。 しかも、あのギレルモ・デル・トロ監督が、「日本ダイスキー!!」と言って作った映画なんだから、みんなが熱狂するのもわかる。 しかし、私のように映画が好きでもイマイ... [続きを読む]

受信: 2013年8月16日 (金) 09時12分

» 「パシフィック・リム」ロボもマッチョなアメリカ映画★★★★ [世事熟視〜コソダチP]
パシフィック・リム お盆だからか映画館は盛況。 どうやら小生の隣に陣取ったオバチャンらは、盆休みの時間つぶしに「パシフィック・リム」を観に来ている門外漢だったようで、笑う場面じゃないところで笑ったり、ペチャクチャとおしゃべりしたりで迷惑この上ない。 −◆− さて、映画本編。 海溝に出来た時空の裂け目からKAIJYU(怪獣)出現。 人類は二人一組で脳をシンクロさせて操縦する人型巨大兵器イェーガー(ドイツ語で狩人)で怪獣に対抗。 バロム1、ウルトラマンA、仮面ライダーW... [続きを読む]

受信: 2013年8月16日 (金) 15時56分

» パシフィック・リム  監督/ギレルモ・デル・トロ [西京極 紫の館]
【出演】  チャーリー・ハナム  イドリス・エルバ  菊地 凛子 【ストーリー】 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事の...... [続きを読む]

受信: 2013年8月16日 (金) 19時45分

» 映画『パシフィック・リム』 ★巨大・高性能・人馬一体型ロボットwithアナログ^^; [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161499/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 監督は、怪獣・ロボット大好きの、“自称オタク監督さん”なんだそうです。 が、それはもう、予告編から感じられましたね。 (*^_^*) 「いい映画は、触れられる..... [続きを読む]

受信: 2013年8月17日 (土) 18時17分

» 映画「パシフィック・リム」ロボットVSかいじゅう [soramove]
映画「パシフィック・リム」★★★★IMAX・3D チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、 菊地凛子、ロン・パールマン、芦田愛菜出演 ギレルモ・デル・トロ監督、 131分、2013年8月9日より全国公開 2012,アメリカ,ワーナー・ブラザーズ映画 (原題/原作:PACIFIC RIM) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「2013年、... [続きを読む]

受信: 2013年8月17日 (土) 20時11分

» No.359 パシフィック・リム [気ままな映画生活]
2013年8月11日、太平洋の深海の裂け目から怪物が突如出現し、サンフランシスコ湾を襲撃。「KAIJU」と名付けられたその怪物によって、わずか6日間で3つの都市が壊滅する。人類は存亡を ... [続きを読む]

受信: 2013年8月17日 (土) 21時33分

» 『パシフィック・リム』 [時間の無駄と言わないで]
「俺、こういうのが大好きなんだよぉ!!」という監督の叫びがビンビンに伝わってくる怪獣映画。 監督の特撮趣味全開。 この映画を楽しむために大事なのは主人公に感情移入出来るか ... [続きを読む]

受信: 2013年8月18日 (日) 00時24分

» パシフィック・リム(3D・日本語吹替版) [ぷかざの映画感想記]
パシフィック・リム(3D・日本語吹替版)観ました。 [満足度:★★★☆☆ 3点] [続きを読む]

受信: 2013年8月18日 (日) 07時44分

» 【パシフィック・リム】ロケットパーーーーンチ!! [映画@見取り八段]
パシフィック・リム~ PACIFIC RIM ~     監督: ギレルモ・デル・トロ    出演: チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー、マックス・マーティーニー、ロン・パールマン、クリフトン・コリンズJr.、バーン・ゴ…... [続きを読む]

受信: 2013年8月18日 (日) 16時37分

» 「パシフィック・リム」人類が1つになった先にみた人類が生き残るための戦い怪獣との激しい攻防戦 [オールマイティにコメンテート]
「パシフィック・リム」は太平洋の底から突如怪獣が出現した事により人類は絶滅の危機に瀕する。怪獣に対抗するために人類は2人がシンクロして操縦する巨大兵器を開発して対抗する ... [続きを読む]

受信: 2013年8月18日 (日) 22時33分

» パシフィック・リム IMAX3D(字幕) [単館系]
パシフィック・リム ユナイテッドシネマ浦和 8/9公開 IMAX3D(字幕)にて鑑賞 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。 それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破...... [続きを読む]

受信: 2013年8月18日 (日) 23時05分

» 映画:「パシフィック・リム」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成25年8月13日(火)。 映画:「パシフィック・リム」。 最強盛り上がって、力入った二の腕がなにげに筋肉痛(笑)。 小学生の頃、朝5時に起きて見ていた「宇宙刑事シャイダー」とか 「ウルトラマン」とか「ヤッターマン」とか 色んな戦い物が、ギレルモ・デル…... [続きを読む]

受信: 2013年8月19日 (月) 16時41分

» 『パシフィック・リム』 [・*・ etoile ・*・]
'13.08.09 『パシフィック・リム』@丸の内ピカデリー 見たいと思って試写会応募しまくったけどハズレ・・・ DVDでもいいかなぁと思っていたのだけど、TLでの絶賛のtweetや、ギレルモ・デル・トロ監督の日本愛に感動! 別件の前売り券買いに行ったら、今作もあったので購入! 急遽見て帰ることに♪ ネタバレありです! 「10数年、突如現れた怪獣。怪獣と戦う戦闘型ロボット イェーガーのパイロットであるローリーは、4年前の怪獣との死闘で共に搭乗していた兄を失い、現在は怪獣の侵入を防ぐ壁の建設現場... [続きを読む]

受信: 2013年8月19日 (月) 18時15分

» 『パシフィック・リム』(2D字幕)感想〜! [★ Shaberiba ]
これは凄い〜!凄すぎる〜!!大興奮===!! [続きを読む]

受信: 2013年8月19日 (月) 20時57分

» パシフィック・リム [B-scale fans log]
公開中 ギレルモ・デル・トロ監督     出演 チャーリー・ハナム、菊地凛子、ロン・パールマン 他 新評価 4.0 お盆休みもなく忙しい毎日ですが、子供と行ってきました。 監督で気になっていましたが、テーマ的にアカンやろうな。 と思いつつも夏休みだし、張...... [続きを読む]

受信: 2013年8月20日 (火) 02時23分

» [映画][☆☆☆☆★]「パシフィック・リム」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督最新作。近未来、突如として太平洋海溝に発生した次元の裂け目から、謎の巨大生物「カイジュウ(怪獣)」が出現。地球滅亡の危機に対抗すべく、人類はその叡智を結集、人型戦闘兵器「イェーガー」を開発、... [続きを読む]

受信: 2013年8月21日 (水) 19時19分

» 「パシフィックリム」,太平洋の深海の裂け目から現れた巨大カイジュウ! [ひろの映画日誌]
おススメ度 ☆☆☆     怪獣映画好き ☆☆☆☆ 太平洋から現れたカイジュウ。当然日本も巻き込まれる。 舞台は香港だが、菊地凛子がヒロインとして活躍。その少女時代を芦田愛菜が演じ、ハリウッド進出で話題に。 巨大なカイジュウと戦い、兄を失った戦士がヒーロー。 ...... [続きを読む]

受信: 2013年8月23日 (金) 20時20分

» パシフィック・リム [映画感想メモ]
ロボットvs怪獣映画!熱い!迫力ある!面白かった! いい加減あらすじ 裂け目から [続きを読む]

受信: 2013年8月24日 (土) 22時24分

» パシフィック・リム [ルナのシネマ缶]
朝のワイドショーで、 ギレルモ・デル・トロ監督がお台場の ガンダムを拝んでいるシーンが 放送されていましたが・・・(笑) そんな監督のこだわりが 満載な作品でした。 怪獣やロボット、特撮などが 大好きだった人のために 作られた作品ですよね〜。 未知の巨大生命体KAIJUが太平洋深海の裂け目から突如現われ、 人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。 そこで人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、 KAIJUに対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発する。 一時は優... [続きを読む]

受信: 2013年8月24日 (土) 23時35分

» ■パシフィック・リム [しんちゃんの徒然なる映画日記]
第318回「完全に駄作を観るつもりだったのですが・・・」 私が子供の頃(約30年ほど前)には多くの巨大ロボットアニメや特撮ものがテレビで放送されていた。合体・変形など少年だった私はワクワクしたものである。いつの頃からかそんな巨大ロボットものは影を潜め、...... [続きを読む]

受信: 2013年8月26日 (月) 00時47分

» 映画「パシフィック・リム」 [FREE TIME]
映画「パシフィック・リム」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2013年9月 4日 (水) 00時23分

» 「パシフィック・リム」 [ここなつ映画レビュー]
3D試写会で鑑賞。こんなに面白いとは!監督のギレルモ・デルトロは、日本の特撮物に敬意を表して作ったというけれど、こちらこそ監督に敬意を表したい。 考えてみれば、異形物のクリーチャーには物凄い力を発揮するデルトロ監督。「パンズ・ラビリンス」然り。いやしかし、KAIJYUの出来がどうこう、というより、全体的に大人が手に汗握れる特撮作品。 地球を滅亡に導く地球外生命体は、地球の外からやってくるのではなくて、実は地球内部に潜んでいたのだ…。 という幕開けからして、何とワクワクする事か! ... [続きを読む]

受信: 2013年9月 5日 (木) 11時36分

» 「パシフィック・リム」:わーい!怪獣映画 [大江戸時夫の東京温度]
映画『パシフィック・リム』は「怪獣+ロボットもの」を原題のVFX技術&ビッグ・バ [続きを読む]

受信: 2013年9月 7日 (土) 23時43分

» 怪獣対ロボット [笑う社会人の生活]
15日のことですが、映画「パシフィック・リム」を鑑賞しました。 IMAX 3Dにて 世界各国を襲撃する謎の巨大生命体 kaijuを倒すべく 人型巨大兵器イェーガーを操縦するパイロットたちの戦いを描く これは面白かったの一言!  評判も良く、デル・トロ監督ということで期...... [続きを読む]

受信: 2013年9月 9日 (月) 20時41分

» パシフィック・リム [うろうろ日記]
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】人間が巨大ロボットに乗り込んで怪獣と戦う [続きを読む]

受信: 2013年9月16日 (月) 20時40分

» パシフィック・リム [はるみのひとり言]
2D字幕で鑑賞しました。2013年、突然謎の怪獣が太平洋の深海の裂け目から現れる。3つの都市がわずか6日間で壊滅。人類は一致団結し、科学や軍事テクノロジーを結集、怪獣に対抗可能な人型巨大兵器「イェーガー」を開発。しかし何体もの怪獣が出現し破壊を繰り返し、壮絶...... [続きを読む]

受信: 2013年9月16日 (月) 21時36分

» 「パシフィックリム」 [Con Gas, Sin Hielo]
ラブレター、受け取りました。 のっけから「カイジュー」である。映画監督は大概おたくの人が多いが、G.デル・トロ監督も例外ではなかった。 カイジューに立ち向かうイェーガーの造形や操縦方法などは、どこかで見たような気もするが、脚本も兼ねたデル・トロ監督のオリ...... [続きを読む]

受信: 2013年9月22日 (日) 22時20分

» パシフィック・リム [映画的・絵画的・音楽的]
 『パシフィック・リム』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判がよさそうなので、随分と遅ればせながらも見に行ってきました。  本作は、深海にできた時空を越える通路を通って他の天体(「異世界アンティヴァース」)から次々と送られてくる巨大な怪獣(“kaiju”)に...... [続きを読む]

受信: 2013年9月23日 (月) 05時59分

» 『パシフィック・リム』(2013) - Pacific Rim - [momoな毎日]
IMAX 3Dで観てきましたよ。『トランスフォーマー』と違って、無駄なドラマ部分はあまり無く、とにかくKAIJUとのバトル!バトル!バトル!! こんな巨大なエイリアンとロボットは初めて見たよー。最初は「巨大なもの恐怖症」の自分は観続けることが出来るかちょっと心配になったけど、大丈夫だった(ヨカッタ)。ストーリーは簡単で難しい部分は無いから、大人でも子供でも楽しめる。もうちょっとでパイロッ...... [続きを読む]

受信: 2013年9月23日 (月) 18時31分

» パシフィック・リム [迷宮映画館]
夏休み大作、第一弾!!! [続きを読む]

受信: 2013年10月 3日 (木) 13時40分

» 『パシフィック・リム』 [しんのすけのイッツマイライフ新館]
この夏に観に行った映画の中で、 我が家の子供らに一番受けたのが 『パシフック・リム』でした。   現在でも子供らとのコミニケーションの挨拶言葉は 「エルボゥ~~ [続きを読む]

受信: 2013年10月15日 (火) 20時19分

» パシフィック・リム [I am invincible !]
“奴ら”は宇宙からではなく、太平洋の深海から現れた。 巨大な怪獣たちは深海の“裂け目”から現れ、一週間もかからずに3つの都市を壊滅したのだ。 [続きを読む]

受信: 2013年11月 6日 (水) 20時29分

» 13-264「パシフィック・リム」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
世界は壊滅する、どこで死にたいか!?   ある日、太平洋の深海から突如巨大な生命体が出現した。“KAIJU”と名付けられた彼らは、大都市を次々と襲撃して容赦ない破壊を繰り返し、人類は滅亡の危機を迎える。  そこで人類は世界中の英知を結集し、人型巨大兵器“イェーガー”を開発する。その操縦は2人のパイロットによって行われるが、イェーガーの能力を引き出すためには、パイロット同士の心を高い次元でシンクロさせる必要があった。  当初は優勢を誇ったイェーガーだったが、出現するたびにパワーを増して...... [続きを読む]

受信: 2013年11月11日 (月) 00時48分

» 映画:パシフィック・リム [よしなしごと]
(基本的にネタバレありですのでご注意ください。) ●パシフィック・リム  2013年、太平洋グアム沖の深海に異世界とつながる割れ目が生じ、そこから怪獣が現れ、サンフランシスコを襲撃する。米軍は陸海空軍総攻撃をかけ、その怪獣を倒すことに成功する。しかし喜ぶのもつかの間、次々と怪獣が出現する。関係各国は協力して環太平洋防衛軍、通称PPDCを設立し、対怪獣用巨人兵器イェーガーを開発する。イェーガーの操縦には精神的、肉体的にも負担がかかることから、2人のパイロットが脳の同調回路...... [続きを読む]

受信: 2013年11月16日 (土) 11時57分

» パシフィック・リム [いやいやえん]
かかか、KAIJU! ギレルモ・デル・トロ監督作品。巨大モンスターを「KAIJU」とよぶ事からも分かるとおり、かなり日本の特撮映画をリスペクトしています。どうやら昔日本の特撮をみてたようですよ(放送してたの?)。 対KAIJU兵器「イェーガー」には精神的負担の軽減からパイロットは二人、そのシンクロ率は作品の中でも重視されていて、二人の記憶を共有してしまうなどの面も。 特撮の設定を実写でやったらバカみたいだろうというのをハリウッド級の映像でやっちゃうから、ツッコミどころが多くて仕方な... [続きを読む]

受信: 2013年12月13日 (金) 12時14分

» 映画「パシフィック・リム」レビュー(世界を守るために戦った戦士達の魂の物語) [翼のインサイト競馬予想]
映画「パシフィック・リム」のブルーレイを見たのでレビュー記事を書いてみたいと思います。(ス [続きを読む]

受信: 2013年12月14日 (土) 13時43分

» パシフィック・リム [銀幕大帝α]
PACIFIC RIM 2013年 アメリカ 131分 アクション/SF/ロボット 劇場公開(2013/08/09) 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作:ギレルモ・デル・トロ 脚本:ギレルモ・デル・トロ 出演: チャーリー・ハナム:ローリー・ベケット イドリス・エルバ:スタッカー・...... [続きを読む]

受信: 2013年12月16日 (月) 23時37分

» 長いよ。〜「パシフィック・リム」〜 [ペパーミントの魔術師]
パシフィック・リム ブルーレイDVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-12-11売り上げランキング : 6Amazonで詳しく見るby G-Tools エンドロールにでてくる、ロボのビジュアルは 半端なくかっこよかったんですけどね〜。...... [続きを読む]

受信: 2013年12月20日 (金) 17時48分

» 映画 「パシフィック・リム」 [ようこそMr.G]
映画 「パシフィック・リム」 [続きを読む]

受信: 2013年12月22日 (日) 00時49分

» パシフィック・リム 【劇場で鑑賞】 [映画B-ブログ]
ロボットと怪獣が戦うハリウッド製SFアクション 映画「パシフィック・リム」が公開、アイマックス シアターまで遠征して3Dバージョンを観に行って きました。パシフィック・リム 3D amp; 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray] パシフィック・リム…... [続きを読む]

受信: 2013年12月22日 (日) 21時35分

» パシフィック・リム [ぐ~たらにっき]
菊地凛子さんってがっつりメインだったんですね。 で、そんな菊地凛子さん演じるマコの幼少期を芦田愛菜さんが演じてたのなぁ。 二人とももっとちょい役だと思ってた^^; というわけで、レンタル二本目です。 以下ネタバレあり... [続きを読む]

受信: 2013年12月29日 (日) 12時46分

» パシフィック・リム [愛猫レオンとシネマな毎日]
「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督によるSFアクション大作。 環太平洋沿岸(パシフィック・リム)に出没する巨大怪獣と人型巨大兵器イェーガーとの 壮絶なバトルが描かれます。 コレは、痛快!想像してた以上の面白さでした! 日本のロボットアニメや特撮ものが大好きなギレルモ監督が、愛を込めて作った 夢のようなコラボ! 鉄人28号とかガンダムのような巨大ロボットが、ウルトラマンに出てくるような怪獣と ガチバトルをします。 ゴジラと同じ鳴き声をする怪獣が出てきた時は、ついついニヤけてしまいま... [続きを読む]

受信: 2014年1月10日 (金) 18時37分

» 映画『パシフィック・リム 3D』を観て [kintyres Diary 新館]
13-67.パシフィック・リム 3D■原題:Pacific Rim■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:132分■料金:2、100円■観賞日:8月26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ□脚本:トラヴィス・ビーチャム◆チャーリー・...... [続きを読む]

受信: 2014年1月12日 (日) 18時08分

» パシフィック・リム(2013年1位) [映画好きパパの鑑賞日記]
 2013年マイベストテンで1位はパシフィック・リム   作品情報 2013年米国映画 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:チャーリー・ハナム、菊地凛子、イドリス・エルバ 上映時間:131分 評価★★★★★(五段階) 鑑賞場所(TOHOシネマズららぽーと船橋)…... [続きを読む]

受信: 2014年1月29日 (水) 12時55分

» パシフィック・リム [RISING STEEL]
パシフィック・リム / PACIFIC RIM 2013年 アメリカ映画 ワーナー製作 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作:トーマス・タル ␣ ジョン・ジャシュニ ␣ ギレルモ・デル・トロ ␣ メアリー・ペアレント 製作総指揮: カラム・グリーン 原案:トラヴィス・ビーチャム 脚本:トラヴィス・ビーチャム ␣ ギレルモ・デル・トロ 撮影:ギレル...... [続きを読む]

受信: 2016年3月23日 (水) 17時25分

» 映画:極私的、SF映画 ベスト10(過去5年間 2011年5月 〜 2016年5月) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
前から何度かアップで書いてきたが、ここ数年のSF、なかなかレベル高い!と考えている。 そこで GW を活用して、それを整理しベスト10を選出してみよう! という企画(笑) 過去5年間でアップしただけでもSFは約30本あり、それを無理やりランキングにしてみ...... [続きを読む]

受信: 2016年5月 5日 (木) 14時31分

« 本 「碧空のカノン -航空自衛隊航空中央音楽隊ノート-」 | トップページ | 本 「天使と魔物のラストディナー」 »