« 本 「おどろきの中国」 | トップページ | 本 「ラブコメ今昔」 »

2013年6月16日 (日)

「俺俺」 アイデンティティの溶融

オレオレ詐欺(最近は「母さん助けて詐欺」となったらしいが、微妙なネーミングだね)をひょんなことからやってしまった主人公の均だが、それをきっかけに同じ顔で、考えることも似通っているもう一人の「俺」が現れます。
なんとも奇妙で不条理な物語を映画にしたのは、「時効警察」「インスタント沼」の三木聡監督。
「俺俺」は同題の小説を原作とする作品ですが、この不条理さは三木監督にはぴったりだと思いました。
俺は三人から、どんんどんと増殖していくわけですが、その理由・原因やら法則などは一言たりとも説明されません。
直接的な説明がない不条理な感じ、それでいてポスターやらなにやら画面に映るものに何かしらの意味があったりするというのは、三木監督の本領発揮というところでしょうか。

「俺が俺である」と思うということは自分で自分の自我を認識しているということ、つまりは自己のアイデンティティについて意識できているということでしょう。
自己のアイデンティティが認識できているからこそ、自分とは異なる他者も認識できるわけですよね。
自分と他者というのは、異なるエゴを持っているわけですから、様々な軋轢が生まれます。
社会の中で生きていく中で、そのエゴ同士の軋轢については、それぞれがうまくいくように調整するわけですが(空気を読んだり、大人になったり)、そういうことが面倒くさいと思うこともありますよね。
均と、他の俺(大樹とナオ)は、「俺」らの中でもより好みなどが似通っており、いっしょにいても気が楽というように互いに言っています。
確かに家族でも異なったエゴを持っているわけなので、同じ屋根の下で暮らしていても軋轢があります。
その軋轢そのものがないわけですから、居心地がいいに違いありません。
しかし、その「俺」らも三人以外にも様々な「俺」が登場してくるようになります。
それらの「俺」は三人ように好みが似通っているわけでもなく、顔がいっしょというくらいの「俺」も増えてきます。
もしかするとこれは均の中にある深層意識的なものが表れてきているのかもしれません。
瀬島という名の「俺」は破壊衝動だとか、溝ノ口はオタクの気を表しているとか。
そういう深層意識的のようなものも越え、さらにはなんでもありの「俺」が増えていきます。
これは均のアイデンティティというものが次第に崩壊しているというか、溶融してきているような状態なのかもしれません。
他者と自己の区別が次第にできなくなってきている状態なのでしょうか。
他者と自己の間の境界線がしだいになくなってきて、自分が自分であると認識できなくなっている状態・・・。
ただしこの作品ではこれが均の心の中で起こっている出来事であるという説明があるわけでもありません。
というより、「俺」たち同士は相互に認識しているし、社会も「俺」の増殖と削除を認識しているわけなので世界そのものが不条理におかしくなっている側面もあるわけです(メタ度を上げれば、それ自体、世界まるまる均の意識の中という考え方もできますが)。
ま、ぶっちゃけそういう面倒くさいところまでは設定しているとは思いませんけどね。
不条理さ自体を楽しむ、というところが三木さんの作品にはありますから。
不条理ということはそもそも説明ができないこと、理屈では納得しにくいことですからね。
その辺を深掘りするのは野暮というものかもしれません。
不条理さを楽しむということは、常識では説明ができないことを楽しむこと、つまりはそこにある不安感・不安定さを楽しむということなのでしょうね。

あとこの「俺」の増殖が携帯電話から始まったというのも面白いなと思いました。
現代は携帯電話(スマホ)にはその人の付き合い関係やスケジュール、ライフログのようなものが一杯詰まっているわけです。
その人の本質そのものと言ってもいいくらいに。
作品の後半でどれが本当の「俺」なのかわからないくらいに混乱する状態になりますが、そのときも誰が本当の「俺」なのかを見るのに便利なのが、最初から彼が持っているスマホなんですね。
あれが彼のエゴを象徴しているアイテムのような気がしました。

登場してきた警察、総部警察と言っていましたね(「時効警察」ネタ)。
微妙に総武警察じゃないところでずらしてくるところも三木監督っぽい。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「おどろきの中国」 | トップページ | 本 「ラブコメ今昔」 »

コメント

sakuraiさん、こんにちは!

確かにジャニーズ事務所のタレントさんはみなさん、実はしっかりと基礎ができているという方が多いですよね。
若い頃からバックダンサーとかで修行しているからかしらん。

投稿: はらやん | 2013年7月13日 (土) 06時50分

きっと、三木監督の頭の中では、きちんと世界観ができてるのかもしれませんが、唐突動いていくのについていくのが精いっぱい。
というより、だらっと流されながら見るのが、正しい見方かもしれませんね。
カメなし君、なかなかの芸達者でしたね。
ジャニーズって、すごいわ。

投稿: sakurai | 2013年7月11日 (木) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/57604219

この記事へのトラックバック一覧です: 「俺俺」 アイデンティティの溶融:

» 劇場鑑賞「俺俺」 [日々“是”精進! ver.F]
俺は、俺だ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201305300001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さ...... [続きを読む]

受信: 2013年6月16日 (日) 20時06分

» 劇場鑑賞「俺俺」 [日々“是”精進!]
「俺俺」を鑑賞してきましたKAT-TUNの亀梨和也が33人の“俺”を演じ分ける不条理サスペンス。主人公が次々と増殖していくシュールな展開が話題を呼んだ星野智幸の同名小説を、TV「時... [続きを読む]

受信: 2013年6月16日 (日) 20時06分

» 俺俺/亀梨和也、内田有紀 [カノンな日々]
脱力系コメディの巨匠・三木聡監督によるこの最新作は星野智幸さんの同名小説を映画化した何と不条理サスペンスッ。しかも主演がKAT-TUNの亀梨和也さんというこの組合わせもかなり意 ... [続きを読む]

受信: 2013年6月16日 (日) 21時23分

» 俺俺 [映画的・絵画的・音楽的]
 『俺俺』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)久しぶりの三木聡監督の作品ということで(注1)、映画館に足を運びました。  ただ、三木監督独特の「ゆる系」「脱力系」の作品かなという予想は見事に裏切られ、かなりしっかりとしたストーリーが展開される...... [続きを読む]

受信: 2013年6月16日 (日) 21時29分

» 『俺俺』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「俺俺」□監督・脚本 三木聡□原作 星野智幸□キャスト 亀梨和也、内田有紀、加瀬亮、中谷竜、小林きな子      ふせえり、岩松了、松重豊、松尾スズキ■鑑賞日 5月26日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(...... [続きを読む]

受信: 2013年6月16日 (日) 21時34分

» 俺 俺 [はるみのひとり言]
「俺 俺」見て来ました。予告でチラっと見た時はくだらなそうだな〜と思ってたんですが、「時効警察の・・・」と聞いて見に行ってしまいました。「時効警察」はめちゃ好きだったし、小ネタ満載で笑えるのかと思って期待してたんだけど。思ってたのと全然違ってました。「...... [続きを読む]

受信: 2013年6月16日 (日) 22時39分

» 俺俺  ★★.5 [パピとママ映画のblog]
アイドルグループ「KAT-TUN」の亀梨和也が主演を務め、星野智幸の小説を、『インスタント沼』などの三木聡がメガホンを取った異色作。代わり映えのしない日々に悩む主人公が、出来心で罪を犯したことをきっかけに33人もの自分が増殖していく恐怖をユーモラスに描く。内田...... [続きを読む]

受信: 2013年7月 1日 (月) 20時05分

» 俺俺 [迷宮映画館]
忙しい人だと思うんですが、その頑張りに座布団2枚進呈 [続きを読む]

受信: 2013年7月11日 (木) 18時23分

» 俺俺 [愛猫レオンとシネマな毎日]
星野智幸の同名小説を実写映画化したもの。 亀梨和也さんが、“33人の俺”を演じます。 なりゆきでオレオレ詐欺をしたら、自分と同じ顔をした別の俺が出現。 同じ顔、同じ好み、気を使わずに分かり合える俺だらけの世界ってハッピー! その日から、日に日に俺が増殖。 やがて、嫌な俺まで現れ、それをキッカケに俺同士の削除が始まります。 コレは、展開が読めなくて、面白かったぁ~ どうなっちゃうんだろう?ってね。 近くに座ってたカップルも映画が終わった時「マジ面白かった」と言ってたから、 ワタシの感覚合ってん... [続きを読む]

受信: 2013年7月15日 (月) 22時52分

» 俺俺 [銀幕大帝α]
2012年 日本 119分 サスペンス/コメディ 劇場公開(2013/05/25) 監督:三木聡 原作:星野智幸『俺俺』 脚本:三木聡 主題歌:KAT-TUN『FACE to Face』 出演: 亀梨和也:永野均 内田有紀:サヤカ 加瀬亮:タジマ キムラ緑子:永野マサエ 高橋惠子:大樹の母 ...... [続きを読む]

受信: 2013年11月 7日 (木) 22時25分

» 13-408「俺俺」(日本) [CINECHANが観た映画について]
受け入れられる自分と受け入れられない自分がいる   郊外の街に暮らし、家電量販店で働く28歳の平凡な男、永野均。  ある日、ふと手にした他人の携帯電話でオレオレ詐欺を働いてしまう。以来、彼の周りでおかしな出来事が起こり始める。  彼がアパートに帰宅すると、そこには見知らぬおばさんがいて、彼を息子である携帯電話の持ち主、大樹と思い込んでいる。実家に帰ると、今度は別の“俺”がいた。  こうして量販店で働く“俺”は、サラリーマンの“俺”と茶髪で大学生の“俺”と遭遇する。好みや考え方も同じ...... [続きを読む]

受信: 2014年7月16日 (水) 01時02分

« 本 「おどろきの中国」 | トップページ | 本 「ラブコメ今昔」 »