« 本 「虚像の道化師 -ガリレオ7-」 | トップページ | 本 「沈まぬ太陽」 »

2013年6月 2日 (日)

「リアル〜完全なる首長竜の日〜」 償いと赦しと救い

原作である「完全なる首長竜の日」は「このミス」大賞を受賞したということで出版された時に読んでいました。
読んだときにこちらのブログでレビューも書いているのですが、今その記事を読むとそれほど感銘を受けた感じでもないですし、実際にほとんどそのストーリーを覚えていません。
現実と非現実が曖昧になりどちらか本当かわからなくなる・・・、「胡蝶の夢」、フィリップ・K・ディックの小説、またはノーランの「インセプション」的な印象だったというのだけを覚えていました。
ということで、本作については原作と比べてどうこうという視点での観賞ではなく、純粋にこの作品に対してという見方になります。
その見方でいくと、この作品はけっこう面白く、そして興味深く観れました。
小説を読んだときはそれほど強い印象を持った作品ではなかったですが、映画についてはよくできているなと思いました。

<ここから先はネタバレ・注意です>

小説と、映画と設定やストーリーは違っているようなのですが(どこが違うかわからないくらい小説の記憶がない)、そういった違いだけではなく、本作については映画ならではの力を巧みに使っているように思いました。
タイトルにあるように本作はリアル(現実)、そして非リアル(非現実)というもの、そしてそれが曖昧であるさまを題材としています。
小説というものは文字ですべて書かれているもので、読んでいる側が、書かれていることを脳内で補完しリアル化している状態ということができるかと思います。
例えば「椅子」と書かれていれば、それに特別な描写がない限りは、読み手はそれをその人の想像力で補っているわけです。
思い浮かべる「椅子」は読む人により違い、物語上重要でなければ、想像すらしないかもしれません。
そういう意味で小説という媒体は、非リアル的(非写実的?)であると言えるかと思います。
だからリアルか、非リアルか、その境目が曖昧であるという物語は、そもそもが書き手の描写の巧みさと読み手の想像力に頼るところがあるわけで、それがないとリアルだと思っていたものが実は非リアルであったという物語の驚きがもたらせないということになるかと思うのです。
個人的には原作の小説はそれが伝わらなかったということだったのだと思います。
しかし、映画という媒体は目に見えるものであり、小説よりもそのリアル性というものが特段に高まっています。
ですのでリアルであったものや出来事が実は非リアルであったということの驚きというものは、リアルであったと思っていたことに映像という説得力があるので、リアルであったものが非リアルであったという落差が小説よりもわかりやすく表現できるのかなと思いました。
また本作においてリアルと非リアルをつなぐキーアイテム的なものがいくつかでてきます(赤い旗であったり、首長竜であったり)。
それらも小説では言葉で説明をしなくてはいけないものですが、映像であればそれは印象深く登場させさえすれば、くどくどしたところもなく直感的に理解させることができるのかなと感じました。
このあたりの映像による直感的な理解というのは、本作のようにリアルと非リアルの境界面が曖昧になる、もしくは逆転するといった構造や(「インセプション」なども)や、入れ子構造になっている物語(「クラウド アトラス」などもそうか)に非常に向いているだろうと思いました。
小説はやはり書き手と読み手の力量に負うところが大きい(とはいえ映画も作り手の力量が相当必要ですが)。
そういう点で、映画という媒体の個性というか、力を感じさせてくれた作品でありました。

物語の2/3程度をしめる、浩市が敦美を救おうとしているリアル、それは実は浩市の脳内の非リアルな世界なのですが、これが非リアルであることはヒントがいくつか最初から提示はされていました。
浩市にとってのリアルな世界にフィロソフィカル・ゾンビが現れる、または敦美の書いた漫画の描写が見えると言ったことです。
敦美を担当している医師相原がセンシングの影響が幻視として現れると言いますが、それもまた浩市が脳内の世界をリアルであると保つための自分自身での説明なのですね。
このあたりの構成はよく練られているなと思いました。
浩市は幼い頃に体験し、自分の罪だと思ってしまった二つの出来事(モリオを救えなかったこと、島のリゾート開発)をずっと心の奥底に封じ込めてきました。
それを自覚することはなかったのですが、心の奥底では罪の意識を持っていたわけで、それが彼の行動(「ルーミイ」という漫画のテーマ)に影響を与えていた。
川へ落ちるという事故によりその罪が彼の意識内で顕在化し、それに捕われ彼はリアルな世界に戻れなくなったのでしょう。
戻るにはその罪を、彼自身が納得する形で償い、赦されなければならない。
そして彼はそれを自分の力だけで成し遂げることができなかったのですね。
そこにセンシングを通じて敦美が現れます。
彼女は彼の罪を理解し、そしてそれを赦し、そして救います。
浩市は罪を自覚し、償い、赦され、そして救われる。
ある意味、自分の意識を自覚する、心理療法でおける認知療法的なものであったのかもしれません。

小説「完全なる首長竜の日」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「虚像の道化師 -ガリレオ7-」 | トップページ | 本 「沈まぬ太陽」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/57510088

この記事へのトラックバック一覧です: 「リアル〜完全なる首長竜の日〜」 償いと赦しと救い:

» 『リアル〜完全なる首長竜の日〜』 [ラムの大通り]
----これって、カリスマ的な人気を誇る黒沢清監督の作品だよね。 『叫(さけび)』『LOFT ロフト』などのホラー映画でよく知られているけど…? 「原作はホラーというよりもミステリー。 なにせ、あの 『チーム・バチスタの栄光』以来の 選考委員満場一致で『このミステ...... [続きを読む]

受信: 2013年6月 2日 (日) 23時24分

» 愛は蘇生もできます?!(^^;〜「リアル〜完全なる首長竜の日」〜 [ペパーミントの魔術師]
たとえば、こんな機械ができたとしたら 話がしたいよね・・・ 人の心の中に入り込んで 精神科医や心理学者が難しい言葉で語るなんたらを 5歳の子供にでもわかるように見て感じられたら。 昨日まで楽しく一緒に食事してた恋人が いきなり自殺未遂で昏睡状態になってもたら...... [続きを読む]

受信: 2013年6月 3日 (月) 00時21分

» 黒沢清監督らしい作品。『リアル〜完全なる首長竜の日〜』 [水曜日のシネマ日記]
自殺未遂で昏睡状態になった恋人を救うため最新医療技術を通じて彼女の意識下に潜入した青年の物語です。 [続きを読む]

受信: 2013年6月 3日 (月) 11時27分

» 「リアル~完全なる首長竜の日~」☆『このミステリーがすごい!』がすごい! [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
選考委員満場一致で決まった『このミステリーがすごい!』大賞に選出された作品「完全なる首長竜の日」が原作。 面白い「このミス」作品とかが映画化されると、たいてい「小説で読むときっと面白いんだろうねぇ」となる事が多いのだけど、これは違う。 『このミステリーがすごい!』は、やっぱり凄かった!!... [続きを読む]

受信: 2013年6月 3日 (月) 15時44分

» [映画][☆☆☆★★]「リアル〜完全なる首長竜の日〜」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 乾緑郎原作(原題「完全なる首長竜の日」、第9回「このミステリーがすごい!」大賞受賞のSFミステリー小説を、「トウキョウソナタ」の黒澤清監督・脚本、佐藤健×綾瀬はるか主演で映画化。 昨今の若手俳優でも1、2を争う人気と実力を兼ね備えた、小生自身も個人的に大... [続きを読む]

受信: 2013年6月 3日 (月) 19時38分

» 黒沢清監督『リアル~完全なる首長竜の日~』佐藤健、綾瀬はるか : 主演 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容に触れています。2011年に発表の乾緑郎の原作を、黒沢清監督が映画化した。『リアル~完全なる首長竜の日~』主演は佐藤健と綾瀬はるか。共演は中谷美紀、オダギリジョー、染谷将太、小泉今日子、堀部圭... [続きを読む]

受信: 2013年6月 3日 (月) 23時14分

» リアル〜完全なる首長竜の日〜感想♪ [★ Shaberiba ]
この題の意味・・なんだったんだろ・・・? [続きを読む]

受信: 2013年6月 4日 (火) 18時21分

» リアル〜完全なる首長竜の日〜 [悠雅的生活]
閉ざされた出口。夢の残骸。首長竜の絵。 [続きを読む]

受信: 2013年6月 4日 (火) 23時10分

» 【リアル~完全なる首長竜の日~】完全なる前半ホラーの日 [映画@見取り八段]
リアル~完全なる首長竜の日~     監督: 黒沢清    出演: 佐藤健、綾瀬はるか、中谷美紀、オダギリジョー、染谷将太、堀部圭亮、松重豊、小泉今日子、青木綾平、川島鈴遥 公開: 2013年6月1日 2013年6月5日。劇場観賞。 原作は第9回このミステリーがすごい!大…... [続きを読む]

受信: 2013年6月 5日 (水) 21時11分

» 劇場鑑賞「リアル ~完全なる首長竜の日~」 [日々“是”精進! ver.F]
意識の中に、ダイブ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306060001/ 映画 リアル~完全なる首長竜の日~オリジナル・サウンドトラックサントラ SMD itaku (m... [続きを読む]

受信: 2013年6月 6日 (木) 14時54分

» 劇場鑑賞「リアル~完全なる首長竜の日~」 [日々“是”精進!]
「リアル~完全なる首長竜の日~」を鑑賞してきました第9回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した乾緑郎の小説を黒沢清監督が映画化したミステリー・ラブロマンス。昏睡状態... [続きを読む]

受信: 2013年6月 6日 (木) 14時54分

» 【リアル~完全なる首長竜の日~】完全なる前半ホラーの日 [映画@見取り八段]
リアル~完全なる首長竜の日~     監督: 黒沢清    出演: 佐藤健、綾瀬はるか、中谷美紀、オダギリジョー、染谷将太、堀部圭亮、松重豊、小泉今日子、青木綾平、川島鈴遥 公開: 2013年6月1日 2013年6月5日。劇場観賞。 原作は第9回このミステリーがすごい!大…... [続きを読む]

受信: 2013年6月 8日 (土) 05時02分

» リアル〜完全なる首長竜の日〜 (2013) 127分 [極私的映画論+α]
 文庫・・・読み終える前に映画見ちゃいました(笑) [続きを読む]

受信: 2013年6月 8日 (土) 07時19分

» リアル 完全なる首長竜の日 : やっと出てきた首長竜 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 昨日は時間も取れ、映画の日ということで行ってきました。しかし、先日紹介した「体脂肪計タニタの社員食堂」、私が訪れた映画館では体重100Kg以上は無料とのことでした。正直、 [続きを読む]

受信: 2013年6月 8日 (土) 15時18分

» リアル 〜完全なる首長竜の日〜 [象のロケット]
1年前、漫画家の淳美は自殺未遂により昏睡状態に陥ってしまう。 幼なじみで恋人の浩市は、淳美を目覚めさせるため、“センシング”という最新医療によって彼女の意識の中へ入っていく。 「なぜ自殺したのか」と問いかける浩市に、淳美は「首長竜の絵を探してきてほしい」と頼む。 何度も彼女の意識の中へ入っていき対話を続ける浩市の前に、見覚えのない少年の幻覚が現れるようになるが…。 ミステリー。... [続きを読む]

受信: 2013年6月 9日 (日) 08時34分

» リアル 完全なる首長竜の日 ★★★ [パピとママ映画のblog]
第9回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した乾緑郎の小説「完全なる首長竜の日」を、佐藤健&綾瀬はるか主演、黒沢清監督で映画化。浩市と淳美は幼なじみで恋人同士だったが、淳美は1年前に自殺未遂で昏睡状態に陥り、いまも眠り続けていた。 浩市は淳美を目覚めさ...... [続きを読む]

受信: 2013年6月10日 (月) 11時29分

» リアル〜完全なる首長竜の日〜 [いい加減社長の映画日記]
最初は観る気はなかったんだけど、予告を観るうちに観たくなって・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 幼馴染みの恋人・淳美は理由も告げずに自殺を図った。 昏睡状態の彼女を救うため、浩市は眠り続ける患者と脳内意思疎通ができる医療<センシング>を受ける...... [続きを読む]

受信: 2013年6月11日 (火) 07時35分

» 映画「リアル ~完全なる首長竜の日~」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「リアル ~完全なる首長竜の日~」観に行ってきました。乾緑郎の小説「完全なる首長竜の日」を原作とする、実写版「るろうに剣心」の佐藤健および「ひみつのアッコちゃん」の... [続きを読む]

受信: 2013年6月11日 (火) 23時55分

» リアル〜完全なる首長竜の日〜 [花ごよみ]
原作は乾緑郎の小説 「完全なる首長竜の日」 監督は黒沢清。 佐藤健、綾瀬はるかが主演、 共演は中谷美紀、オダギリジョー、染谷将太等 意識の中へ入り込みことができる 「センシング」という、 最新医療技術がキーポイント。 幼なじみで恋人同士の浩市と淳美を 佐...... [続きを読む]

受信: 2013年6月13日 (木) 20時27分

» リアル 完全なる首長竜の日 [うりぼうのシネ煉獄]
 佐藤健、綾瀬はるか共演のサスペンス映画「リアル 完全なる首長竜の日」観てきました!  これはある種の問題作ですよ!  まず予告編を見て、二人の主演とミスチルの主題歌に惹かれて観に行くとかなり「裏切られた!」と感じると思います(特に前半)。  次に原作...... [続きを読む]

受信: 2013年6月15日 (土) 06時30分

» リアル〜完全なる首長竜の日〜/佐藤健、綾瀬はるか [カノンな日々]
第9回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した乾緑郎さんの小説を黒沢清監督が映画化したミステリー・ラブロマンスです。予告編を目にする回数が多いので昏睡状態となった恋人 ... [続きを読む]

受信: 2013年6月16日 (日) 12時04分

» 映画『リアル〜完全なる首長竜の日〜』★首長竜はリアルでした……^^; [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160307/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 選考委員が、満場一致で選出した原作を 面白い!と絶賛する人もいれば、まずまずと思う人もいるくらいなのだから ましてや、原作を変更しての映画化は、大きなチャレンジだったと思います。 (別モノと思ったほうが、お互いに傷つかないかも..... [続きを読む]

受信: 2013年6月16日 (日) 22時45分

» ★リアル〜完全なる首長竜の日〜(2013)★ [Cinema Collection 2]
きみを救うため、 ぼくは何度でもきみの<頭の中>へ入っていく。 上映時間 127分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2013/06/01 ジャンル ドラマ/ロマンス/SF 映倫 G 【解説】 第9回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した 乾緑郎の小...... [続きを読む]

受信: 2013年6月17日 (月) 00時02分

» リアル〜完全なる首長竜の日〜 [はるみのひとり言]
試写会で見ました。幼馴染で恋人同士の浩市と淳美。でも1年前漫画家だった淳美が自殺未遂して今は昏睡状態に。自殺の原因、昏睡状態から目覚めさせるために「センシング」という方法で昏睡状態の患者の頭の中に潜入し、意思疎通を図ろうとしますが、センシングを重ねるう...... [続きを読む]

受信: 2013年6月17日 (月) 21時42分

» リアル〜完全なる首長竜の日〜 映像はいろいろ実験的だったが [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=32 うち今年の試写会5】 富士山に登ってみたいなって思うのだ。せっかく近くに住むようになったから。天気のいい日は波乗りしながらいつも美しい富士山を眺めているし。やっちゃおうかな。  自殺未遂が原因で1年も眠り続ける幼なじみである恋人・淳美を救い出すた...... [続きを読む]

受信: 2013年6月18日 (火) 09時29分

» リアル 完全なる首長竜の日 [だらだら無気力ブログ!]
綾瀬はるかが可愛かった! [続きを読む]

受信: 2013年6月23日 (日) 00時16分

» リアル〜完全なる首長竜の日〜 [映画的・絵画的・音楽的]
 『リアル〜完全なる首長竜の日〜』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)黒沢清監督の作品と聞いて(注1)、映画館に出かけてみました。  本作の冒頭では、マンションの部屋で、浩市(佐藤健)と淳美(綾瀬はるか)とが食事をしながら、「どうしてかな、生まれたときか...... [続きを読む]

受信: 2013年6月29日 (土) 19時48分

» リアル~完全なる首長竜の日~ [愛猫レオンとシネマな毎日]
「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した小説の実写映画化になります。 自殺未遂で昏睡状態が続く恋人(綾瀬はるか)の意識の中へ、センシングという 方法で潜入する主人公(佐藤健) 恋人を救い出そうと、何度もセンシングを繰り返すうちに(現実)と(仮想)が 入り乱れるようになります。 そして、ついに封印していた、ふたりだけの秘密の思い出へと 辿り着くのですが・・・ コレは、アタリでした! とにかく、ストーリーが面白い! そして、ジャパニーズホラーテイストの湿っぽさがあって、ゾクゾ... [続きを読む]

受信: 2013年7月13日 (土) 00時00分

» 映画『リアル~完全なる首長竜の日~』(13日-17) [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
SFっぽいお話って結構好きなんです! 突っ込みどころ満載でも楽しめる自信があります。    「脳に直接コンタクトする」っ [続きを読む]

受信: 2013年7月14日 (日) 22時27分

» 映画『リアル 完全なる首長竜の日』を観て [kintyres Diary 新館]
13-47.リアル 完全なる首長竜の日■配給:東宝■製作年、国:2013年、日本■上映時間:127分■料金:0円(ポイント使用)■観賞日:6月8日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) ◇綾瀬はるか◇佐藤健◇中谷美紀◇オダギリジョー◇染谷将太◇小泉今日子◇堀部圭亮◇松重豊【ストー...... [続きを読む]

受信: 2013年11月10日 (日) 22時46分

» リアル〜完全なる首長竜の日〜 [いやいやえん]
前半のホラー映画っぽい仕上がりは何のため? ミステリー・ファンタジー・SF・ロマンと色々ごった煮の本作、ただ単に綾瀬はるかと佐藤健のために観た人は「むむ?」となるんじゃないのかなー。ちなみに原作では姉弟のようですが、本作では恋人同士。でも主演二人が恋人同士にどうしても見えないのはなぜだろうか。 センシングという技術でこん睡状態の人間と夢を介して意思の疎通が出来るようになった近未来、相原医師に導かれてセンシング状態になった浩市は、こん睡状態の恋人の淳美の意識へとつながる…。 まるで白昼夢... [続きを読む]

受信: 2013年12月28日 (土) 05時43分

» 13-399「リアル  ~完全なる首長竜の日~」(日本) [CINECHANが観た映画について]
いつも意識下にキミがいたような気がする   1年前に自殺を図り、昏睡状態に陥った漫画家の淳美。幼なじみで恋人の浩市は、“センシング”という最新医療で彼女の意識とコンタクトを図り、自殺の真相を探ろうとする。  こうして淳美の意識に潜り込み対話を重ねる浩市だったが、彼女は“首長竜の絵を探してほしい”と頼むばかり。  やがて、首長竜の絵を探しながら何度も“センシング”を繰り返す浩市の前に、見覚えのない少年の幻覚が現われるようになっていく。(「allcinema」より)... [続きを読む]

受信: 2014年7月18日 (金) 00時38分

» リアル 完全なる首長竜の日 [のほほん便り]
原作は、第9回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した乾緑郎の小説「完全なる首長竜の日」だけど、 佐藤健&綾瀬はるかを筆頭に、キャスティングの豪華さがハンパなかったです。 なにげに、オダギリジョー、中谷美紀、染谷将太、小泉今日子、ですもん。 黒沢清監督作品、だったのですね 個人的に、豪華キャスティングで描かれる「世にも奇妙な物語」って印象でした。 誰の夢かが、二転三転して、島で過ごした子供時代にフィードバックし、「忘れられてた存在」ってキーワードが、どこか「20世紀少... [続きを読む]

受信: 2016年3月 7日 (月) 09時15分

« 本 「虚像の道化師 -ガリレオ7-」 | トップページ | 本 「沈まぬ太陽」 »