« 本 「遺体 -震災、津波の果てに-」 | トップページ | 本 「虚像の道化師 -ガリレオ7-」 »

2013年6月 1日 (土)

「中学生円山」 妄想とは

クドカンこと宮藤官九郎さんの監督作品、3作目になります(もちろん脚本も担当)。
前作の「少年メリケンサック」のときも思ったのですが、宮藤さんは監督としてはどうなんでしょう・・・?
本作も全体的に独特なグダグダ感がある感じがするのですよね。

お話としては宮藤さんらしいものになっていました。
彼の作品には、「大人になりきれない男」というのがよく出てきます。
これは「おまえ、いい加減大人になれよ」って周囲に言われちゃうようなタイプの男ですね。
バカみたいに好きなものに入れ込み、それほど社会性もなく、そんな自分をどうかと思ったりもしますが、結局ずっとそのまんまみたいな感じ。
今回の作品は「大人になりきれない男」ではなく、「大人になれるかどうかわからない中学生」、円山が主役になっています。
宮藤さんは本作でも草なぎ剛さんが扮する下井に「考えない大人になる位なら、死ぬまで中学生でいろ」と言わせています。
このセリフは宮藤さんが今までの作品でも言ってきた考えが最もストレートに表れているものに感じられました。
本作に登場する円山という中学生は妄想癖のある少年。
中学生の頃のエッチな妄想というのは、男子たるもの、誰しも経験があるものだと思うので、このあたりは男性はほとんどの人は共感というか、こそばゆい想いで観ることとなるかと思います。
そして中学生から、年をとり社会に出ることになると、社会のルールとか常識みたいなものが身に付いて、まあそういう枠組みの中で物事を考え、行動するようになるわけですね。
社会性を身につけるということは大事なことだと思いますし、また枠にとらわれすぎるのもよくないと思いますし、このあたりはいいバランスを探すということではないかと、個人的には思っています。
では、なぜ「中学生」という年頃は、妄想しがちな年頃なんでしょう?
小学生までの子供というのは生活圏というものが非常に狭い。
これも本作の中でちらっと触れられていますが、家族や学校、せいぜい家の周囲(本作でいえば団地)までが子供の生活圏。
そしてそれが子供にとっては世界そのものであると言えるのです。
遠く離れたアメリカやヨーロッパで何が起ころうと関係ないし、知らない人々が何かしても自分には影響しないと思う。
というよりそういうものは存在しないも同じなんですね。
子供にとって、手に触れられ目に見える生活圏がすなわち世界そのもの。
しかし、中学生になると手に触れられ目に見える生活圏の外に広く世界が広がり、多くの人がいるということがよりリアリティを持って感じられます。
しかし、大人ほどにその世界や社会、人々に対する認識があるわけではなく、自分の周囲に対する認識と、その外にある世界の知識の間に大きなギャップが存在しているのだと思います。
そのギャップを埋めるのがすなわち「妄想」なのではないかと。
まだ子供な少年である自分があって、けれど何年かさきには大人になるということは実感的になってくる(小学生にとって大人は遙か先の未来の感覚ですよね)。
その大人になるというイメージの中で最大かつ関心大なことが性的なことなわけです。
ただそこの部分は中学生レベルではまだまだ手に入れられる情報は少ない。
大人という存在に対して、自分がわかる情報のギャップを埋めるもの、それが妄想なのではないかと思ったりします。
これはエッチなことに関することではなくて。
社会に対してとか、世界に関しても、中学生の頃はそこに関心を持ち始めるころですが、しかしやはり情報としてはまだまだ理解し切れていないわけですね。
だからそこを埋めるために妄想的なことを考える。
それは短絡的であったり、ある種ステレオタイプてきなものであったりもします。
それは入ってくる情報がそのような具体性のかけるものであることが多いからだろうと思います。
そこにも実際の世界と中学生が実感できるものの間にはギャップがあって、それを想像力たくましく妄想で補完するのではないかと思います。
大人になり、世界自体がより現実味を持ちはじめ、それが自分の世界認識とほぼ等倍になったとき、ギャップはあまりなくなり妄想自体をしなくなるのでしょう。
それはややもすると世界自体の認識を矮小化し、自分のわかる世界と等倍にしてしまうということなのかもしれません。
それが宮藤さんの言う「考えない大人」なのかもしれないのですけれどね。
自分の世界認識よりもさらに大きな妄想を描くということは、実際の世界をさらに大きくする、未来を開いていくということなのかもしれません。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「遺体 -震災、津波の果てに-」 | トップページ | 本 「虚像の道化師 -ガリレオ7-」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/57502196

この記事へのトラックバック一覧です: 「中学生円山」 妄想とは:

» 劇場鑑賞「中学生円山」 [日々“是”精進! ver.F]
妄想が現実を超える… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201305210001/ 中学生円山オフィシャルブック 中学生円山本 (TOKYO NEWS MOOK 361号)東京ニュース通... [続きを読む]

受信: 2013年6月 1日 (土) 15時43分

» 中学生円山 [はるみのひとり言]
昨日試写会で見ました。団地に住む中学生とシングルファザーのほのぼのしたドタバタ劇なのかな〜と思ってました。始まる前に一緒した草なぎファンのTちゃんから、円山が妄想する前に自分のチ〇コを舐めようとするシーンがあるので子供と一緒に見れないと言うのを聞いて、...... [続きを読む]

受信: 2013年6月 1日 (土) 16時51分

» 中学生円山/草なぎ剛、平岡拓真 [カノンな日々]
脚本を担当する現在放送中の朝ドラ『あまちゃん』が好評なクドカンこと宮藤官九郎さんが『少年メリケンサック』以来久々に監督を務めた作品で、エッチなことばかり考えている男子 ... [続きを読む]

受信: 2013年6月 1日 (土) 18時03分

» 中学生円山 ★★★★ [パピとママ映画のblog]
マルチに活躍する宮藤官九郎が、SMAPの草なぎ剛と初タッグを組んだホームドラマ。エッチなことばかり考えている男子中学生が、同じ団地に越してきた謎のシングルファーザーとの出会いを経て成長していくさまを、CGやアクションを駆使した妄想シーンを交えて描かれる。共演...... [続きを読む]

受信: 2013年6月 2日 (日) 00時01分

» 中学生円山 [象のロケット]
中学2年の円山克也は、両親と妹との4人暮らし。 思春期真っ盛りの彼は、エッチな目的を達成するための「自主トレ」に励んでは、妄想の世界にトリップしていた。 ある日、克也の住む団地の上の階に、シングルファーザーの下井辰夫が引っ越してくる。 下井が自分の「自主トレ」の秘密を知っていることに驚いた克也は、下井を探るうちに彼と親しくなっていく。 その頃、団地周辺では殺人事件が起こっていた…。 サスペンス・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2013年6月 2日 (日) 09時09分

» 刷り込まれた常識の世界を覆す。『中学生円山』 [水曜日のシネマ日記]
エッチなことばかり考えている男子中学生の妄想と彼を取り巻く人間模様を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2013年6月 2日 (日) 09時54分

» 中学生円山 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2013/05/18公開 日本 119分監督:宮藤官九郎出演:草なぎ剛、平岡拓真、遠藤賢司、ヤン・イクチュン、鍋本凪々美、刈谷友衣子、YOU、原史奈、家納ジュンコ、坂井真紀、仲村トオル 考えない大人になるくらいなら、死ぬまで中学生でいるべきだ。謎のシングルファーザー...... [続きを読む]

受信: 2013年6月 2日 (日) 16時33分

» 『中学生円山』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「中学生円山」□監督・脚本 宮藤官九郎□キャスト 草? 剛、平岡拓真、遠藤賢司、ヤン・イクチュン、鍋本凪々美■鑑賞日 5月18日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  う〜ん、クドカ...... [続きを読む]

受信: 2013年6月 2日 (日) 22時41分

» 映画・中学生円山 [読書と映画とガーデニング]
2013年 日本 宮藤官九郎監督作品 東京の、とある団地に生まれた時からずっと暮らしている中学二年生の円山克也(平岡拓真) 家族は、平凡なサラリーマンの父(仲村トオル)、地味で韓流ファンの母(坂井真紀)、小学五年生の無神経な妹(鍋本凪々美) 団地と学...... [続きを読む]

受信: 2013年6月 3日 (月) 16時33分

» 映画『中学生円山』(13日-13) [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
実は、クドカン監督とはあまり相性がよくありません。 面白いけど、笑いのツボがちょっと違う… でも、朝ドラ「あまちゃん」が [続きを読む]

受信: 2013年6月 4日 (火) 18時02分

» 中学生円山 [愛猫レオンとシネマな毎日]
「あまちゃん」の脚本家、宮藤官九郎さんことクドカンによる脚本・監督作品。 主人公の円山克也は、妄想好きな中学2年生。 生まれた時から団地で暮らす彼は、平凡な父と、地味な母と、無神経な妹との4人暮らし。 克也は、ある目的?を達成するために、日々自主トレに励み、たびたび妄想の世界に タイムトリップしてしまう・・・ クドカンじゃないと、こんな作品作れないだろうなぁ~と感心しつつも、 ギリギリついていけた作品。 クドカンは元々、好きだったんだけど、今回は大きなスクリーンで見る必要は なかったかも・・... [続きを読む]

受信: 2013年6月 6日 (木) 21時17分

» 『中学生円山』を観てきた!? [映画観たよ(^^)]
『中学生円山』を観てきました(^^)/ なんか、今年はこういうファニー変態系作品が多くないですかね(^^) 中学生円山 - 映画.comついに観てきちゃった。 ホント迷っていたけど、これは絶対みちゃだめでしょう~(^^) と思ってた。 内容をある程度知っていただけに、男子は気恥ずかしいし女子は中学2年の脳内を知りたい怖いもの見たさ(?_?) 男の子は誰もが経験する...そう! 「誰でもいっちどだ~け経験するのよ、妄想の甘いワナ~」 中学2年生って、ある意味青春の象徴というか・・・聖域ですよね(^^)... [続きを読む]

受信: 2013年6月 8日 (土) 19時17分

» 『中学生円山』を観てきた!? [映画観たよ(^^)]
『中学生円山』を観てきました(^^)/ なんか、今年はこういうファニー変態系作品が多くないですかね(^^) 中学生円山 - 映画.comついに観てきちゃった。 ホント迷っていたけど、これは絶対みちゃだめでしょう~(^^) と思ってた。 内容をある程度知っていただけに、男子は気恥ずかしいし女子は中学2年の脳内を知りたい怖いもの見たさ(?_?) 男の子は誰もが経験する...そう! 「誰でもいっちどだ~け経験するのよ、妄想の甘いワナ~」 中学2年生って、ある意味青春の象徴というか・・・聖域ですよね(^^)... [続きを読む]

受信: 2013年6月 9日 (日) 15時18分

» 映画『中学生円山』 [健康への長い道]
 5月18日から公開、クドカンこと宮藤官九郎さん監督・脚本の映画『中学生円山』を新宿バルト9で。  今日は花園神社の例大祭だったようで、都会のど真ん中を多数のお神輿が練り歩いていました。そういえば日曜日に映画館って、久しぶりです。  バルト9では早くも上映ス…... [続きを読む]

受信: 2013年6月10日 (月) 23時45分

» 中学生円山 [うりぼうのシネ煉獄]
 もしかすると宮藤官九郎の世界観やセンスって俺の好みにあってないんじゃないかな…いまいち楽しめなかったですわ。  ということで、  宮藤官九郎脚本・監督、草なぎ剛出演の厨二病的青春映画「中学生円山」観てきました。  主な内容な予告編で観たとおりなんです...... [続きを読む]

受信: 2013年6月17日 (月) 04時18分

» 13-322「中学生円山」(日本) [CINECHANが観た映画について]
妄想が現実を越えれば、それが真実となる   平凡な両親と妹と団地に暮らす中学2年生の円山克也。  おバカな野望を抱き、身体を極限まで柔軟にすべく日夜“自主トレ”に励む日々。いつしか、ストレッチ中に痛みを感じると妄想の世界にトリップするようになってしまう。  そんなある日、真上の部屋に、いつもベビーカーを押している謎めいたシングルファーザー、下井辰夫が引っ越してくる。  ほどなくして、団地の近所で殺人事件が発生する。克也は、下井が犯人ではないかとの疑いを抱き、次第に彼を凄腕の殺し屋=...... [続きを読む]

受信: 2014年1月18日 (土) 00時57分

» 「中学生円山」、宮藤官九郎の妄想コメディです [ひろの映画日誌]
おススメ度 ☆☆    コメディ好き ☆☆☆ NHK朝ドラ「あまちゃん」の脚本で脚光を浴びた宮藤官九郎の作品です。 中学生円山君が、自分のち〇こをなめられるようになりたいと励む映画です。ということで、話題的にはエッチな映画で、はたして中学生とみてよいものや...... [続きを読む]

受信: 2014年1月23日 (木) 08時33分

» 中学生円山 [銀幕大帝α]
2012年 日本 119分 コメディ/青春/ドラマ 劇場公開(2013/05/18) 監督: 宮藤官九郎 製作: 亀山千広 脚本: 宮藤官九郎 出演: 草なぎ剛:下井辰男 平岡拓真:円山克也 遠藤賢司:井上のおじぃ ヤン・イクチュン:パク・ヒョンホン 鍋本凪々美:円山あか...... [続きを読む]

受信: 2014年1月28日 (火) 22時27分

« 本 「遺体 -震災、津波の果てに-」 | トップページ | 本 「虚像の道化師 -ガリレオ7-」 »