« 「仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z」 もう、すんごいことに | トップページ | 「L.A.ギャングストーリー」 ロサンゼルスの「アンタッチャブル」 »

2013年5月 3日 (金)

本 「ケルベロスの肖像」

海堂尊さんの「田口・白鳥」シリーズの完結篇と銘打たれているのが、本作です。
「チーム・バチスタの栄光」からはじまり、その他のスピンアウト的な作品群を生み出され「桜宮サーガ」とも言われた海堂さんの作品群もひとつの区切りとなったのでしょうか。
「田口・白鳥」シリーズは最初の「チーム・バチスタの栄光」こそ「このミステリーがすごい」で賞をとったので、ミステリー作品だと思われますが、その後の作品は必ずしもミステリーという分野には分類できません(「アリアドネの弾丸」はミステリーっぽかったですが)。
そういう点からすると、この作品群は既存の枠に囚われない新たなジャンルを作ったような感じもします。
「イノセント・ゲリラの祝祭」などは関係者の思惑が入り乱れ、そのやり取りのの中で緊迫感を生み出すと言う会議室サスペンスというような感じでしたからね。
本作「ケルベロスの肖像」はそういう意味では会議室サスペンス的な要素、ミステリー的な要素を含んでおり、やはりシリーズの集大成的な趣があります。
また「桜宮サーガ」のひとつである「ブラックペアン1988」や「螺鈿迷宮」などで描かれた物語についてもひとつの決着をさせているところで、「桜宮サーガ」の区切りとなっている作品と位置づけられると思います。
主人公である田口先生については、けっこう驚きではありましたが、なるほどという納得感もありました。
このシリーズで描かれる医療というものは、海堂さんの本職としての問題意識が現れていると思います。
その集大成として、本作ではAIセンターが作られますが、しかしそれも・・・。
理想はありつつも、現実は一気に進まないというもどかしさのようなものが現れているのでしょうか。
本作品により「桜宮サーガ」は一端の区切りとなるのでしょうが、まだまだ続く要素はありますよね。
白鳥や、高階が田口先生をそのまま放っておくとも思えませんし(笑)。
また新たなる展開が「桜宮サーガで起こるとことを期待したいと思います。

「ケルベロスの肖像」海堂尊著 宝島社 ハードカバー ISBN978-4-7966-9858-0

|

« 「仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z」 もう、すんごいことに | トップページ | 「L.A.ギャングストーリー」 ロサンゼルスの「アンタッチャブル」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/57299254

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「ケルベロスの肖像」:

» ケルベロスの肖像 [Yuhiの読書日記+α]
海堂尊著「ケルベロスの肖像」を読了しました〜。この作品は、「チーム・バチスタの栄光」から始まる田口&白鳥シリーズの最終巻となります。最終巻と聞くと、なんだか切ないですね。最近はあまり本も読まなくなってきていた中で、唯一といって良いほど、定期的に読んでき...... [続きを読む]

受信: 2013年5月13日 (月) 00時05分

» ケルベロスの肖像 海堂 尊 [花ごよみ]
ケルベロスの肖像 バチスタシリーズの最終話。 Aiセンターを立ち上げる際に 「東城大学病院とケルベロスの塔を破壊する」と 記された脅迫状が届く。 脅迫状を送ったのは一体誰なのか? 高階病院長は田口医師に調査依頼を エーアイセンター設立の日、 事件は起きる。 ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月13日 (月) 21時26分

» ケルベロスの肖像 海堂 尊 宝島社文庫 [極私的映画論+α]
 正直・・・もひとつ(笑) [続きを読む]

受信: 2014年2月18日 (火) 17時38分

» 「ケルベロスの肖像」 海堂尊 [映画と本の『たんぽぽ館』]
最終話にふさわしく、圧巻 【映画化原作】ケルベロスの肖像 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)海堂 尊宝島社 * * * * * * * * * * 東城大学病院を破壊する―病院に届いた一通の脅迫状。 高階病院長は、愚痴外来の田口医師に犯人を...... [続きを読む]

受信: 2014年3月 7日 (金) 21時31分

« 「仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z」 もう、すんごいことに | トップページ | 「L.A.ギャングストーリー」 ロサンゼルスの「アンタッチャブル」 »