« 本 「ビブリア古書堂の事件手帖<2> -栞子さんと謎めく日常- | トップページ | 本 「幻想郵便局」 »

2013年5月18日 (土)

「藁の楯 わらのたて」 言い訳

しかし、三池崇史監督の作品というのは、いつもいつも大きな熱量を持っているな、と思います。
サスペンスから恋愛から、時代劇から、なにやらかにやら・・・、ジャンルに囚われず、年に2、3本のハイペースで作品を生み出している。
こんなハイペースで作ると粗製濫造な感じになりそうな心配も出てくるのですが、どの作品も溢れんばかりの熱量を持っています。
その熱は、時には熱く、時には冷たく、そして明るく、暗く、だったりと違ったりするのですが、作品の持っている熱量が高いというのは共通しているように感じます。
本作「藁の楯 わらのたて」も最初から熱量高く、作品にかぶりつくように見入ってしまいました。
ほんとにこの監督は出し惜しみするということがないですよね。

幼女を暴行の上で殺害した凶悪犯、清丸。
彼が殺した子供の祖父である蜷川は彼を殺した者に10億円を支払うという広告を出す。
清丸は九州で出頭し、彼の身柄を送検するためにSP銘苅と白岩がその警護に着いた。
10億円という金に釣られ、清丸の命を狙うのは誰か。
警察官と言えども安心はできない。
そのような状況の中、銘苅と白岩らは無事に清丸を東京に移送できるのか・・・。
清丸はまるで同情の余地がないほどの凶悪犯。
自分が行ったことに対して全く反省の意志はありません。
それどころか、彼の思考回路は虫唾が走るほどに自己中心的です。
ですので観客のほとんどが「いっそ死んでくれたほうがよい」と思うでしょう。
そして本作で清丸の命を狙う人もそう思ったに違いがありません。
しかし、それは彼らが行動を起こした理由のひとつの側面でしかありません。
理由の大きなものはやはり金なのです。
金のために人を殺すというのは正しくないことであるのは自明です。
しかし、蜷川の広告はその正しくないことに、正当であるような「言い訳」をつけてしまったのです。
銘苅がある人物に対して劇中で言うように。
その「言い訳がましさ」が人間の弱さ、そして醜さのようなものを見せつけてくる感じがしました。
三池監督というのはこういうことに対して、彼として良いとか悪いとかいう意見は差し入れないのですよね。
ただそのような人間を熱量を持って描く。
ある種の妥協のなさがこの監督の真骨頂であると思います。

どうせ死刑になるであろう凶悪犯を何故殺してはいけないのか。
それはそうすることにより社会システムが崩壊するからです。
蜷川のように金がある者が何をしてもかまわない(気持ちに同情の余地があっても)という状態は、いずれ弱い者が泣きを見る世の中になります。
だからこそ、法律があるわけでそれを守らなければならないのです。
しかし銘苅はそのようなことだからこそ、命をかけて清丸を守ったわけではないとも思います。
銘苅は心情的には十分に蜷川寄りの要素を持っていました。
しかし、その激情に身を任せたとき、それは自分自身のアイデンティティをも滅ぼしかねないという本能的な危機感があったのではないでしょうか。
清丸を殺したときに自分自身に対して「言い訳」をすることができたとしても、それは生きていく中で自分自身を必ず浸食していくだろうと思います。
彼の命を狙った警官にせよ、看護師にせよ、成功したときは、巨額の金が手に入り浮かれ、または正義を果たしたと胸を張るかもしれません。
しかしそれは自分ではない誰かの命を犠牲にしたものであるということは変わるわけではなく、それはやがて心を蝕むのではないかと思うのです。
そういう恐さを銘苅は感じていたのではないでしょうか。

大沢たかおさん、良いですね。
端正でクールなルックスですが、最近は「終の信託」や「ストロベリーナイト」のような敵役から本作のような役まで幅広く演じています。
クールさの中に熱さがあるような役柄というのが特に似合っています。
本作はまさに適役と言えるでしょう。
あと、清丸を演じていた藤原竜也さん。
この方も端正な顔立ちですが、こういうちょっといっちゃっている役とか、歪んだ役というのが非常に上手い。
松嶋菜々子さんの女SPもよかったな。
キャスティングは非常によいように感じました。

移送中に使用していた新幹線がオレンジ色だったので、西日本ではこういう色のも走っているんだーと思ったら、これは台湾の新幹線なのですね。
さすがに日本ではロケの許しがでなかったのか・・・。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「ビブリア古書堂の事件手帖<2> -栞子さんと謎めく日常- | トップページ | 本 「幻想郵便局」 »

コメント

みすずさん、こんばんは!

三池監督の作品はやはり濃度が濃いという感じがして、引っ張り込まれます。
10億って言っても現実味がないから、よくわかんないですね(笑)。

投稿: はらやん | 2013年5月26日 (日) 19時36分

こんにちは!

面白かったですね^^
わたしも食い入るように見入ってました!
キャストは良かったですねー^^
しかし、10億貰えるからって殺人をする気にはなれませんが・・・人間せっぱ詰まったらやっちゃうのかしらね。

投稿: みすず | 2013年5月26日 (日) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/57411018

この記事へのトラックバック一覧です: 「藁の楯 わらのたて」 言い訳:

» 『藁の楯 わらのたて』('13初鑑賞40・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 5月1日(水) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン3にて 12:30の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2013年5月18日 (土) 23時14分

» 映画『藁の楯 わらのたて』★銘苅の怒 (めかりのいかり) [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160427/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 映画レビューしました(ネタバレ表示なし) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id344222/rid63/p1/s0/c1/ ..... [続きを読む]

受信: 2013年5月18日 (土) 23時21分

» 藁の楯 [Akira's VOICE]
人間の信を問う攻防戦!   [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 09時20分

» 『藁の楯』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「藁の楯」□監督 三池崇史□脚本 林 民夫□原作 木内一裕□キャスト 大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗■鑑賞日 4月29日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> こ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 11時03分

» 藁の楯 わらのたて [あーうぃ だにぇっと]
藁の楯 わらのたて@イイノホール [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 11時05分

» 藁の楯 [映画的・絵画的・音楽的]
 『藁の楯』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編を見て面白そうだと思い、映画館に出かけてみました。  話しは極く単純で、殺人事件の容疑者を、彼が出頭した福岡県警から、捜査本部が置かれている東京の警視庁まで48時間以内に移送するというもの。  ただ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 11時13分

» 藁の楯 わらのたて [花ごよみ]
原作は木内一裕の同名小説。 彼は『ビー・バップ・ハイスクール』の作者で、 この作品は小説家としてのデビュー作。 監督は三池崇史。 10億円の懸賞金がかかった凶悪な犯人清丸を 誰がいつ襲ってくるか分からない緊迫感たっぷりの中、、 命がけで移送することになる...... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 14時40分

» 劇場鑑賞「藁の楯」 [日々“是”精進! ver.F]
守るものは、何なのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304270002/ 藁の楯 わらのたて Original Soundtrackオリジナル・サウンドトラック ワーナーミュ... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 17時33分

» 映画『藁の楯』観てきたΣ(|||;>д [よくばりアンテナ]
三池監督作品。 原作の感想はコチラ。 原作よりも3割増でアクションが派手。 そして、3割増で気持ち悪い。 さらに、3割増で犯人のクズ度が高い。 なので、3割増で面白かった〜! さすが...... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 17時52分

» 藁の楯 わらのたて : クズの楯になれる者はいるのか? [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 世間では、ゴールデンウィーク初日。皆様、いかがおすごしでしょうか。私の場合は、来週月曜日までお仕事ざんす。ちなみに、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 19時05分

» 藁の楯 わらのたて [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
2013/04/26公開(04/11試写) 日本 124分監督:三池崇史出演:大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、藤原竜也、山崎努 [Story]少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸(藤原竜也)が指名手配される。清丸を殺せば1...... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 20時55分

» 藁の楯 わらのたて/大沢たかお [カノンな日々]
予告編ではわかりませんでしたけど原作は人気コミック「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズの漫画家・木内一裕さんの小説家としてのデビュー作品なんだそうですね。そして監督 ... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 21時30分

» 藁の楯 わらのたて [勝手に映画評]
「この男を殺してください、御礼として10億円お支払いします。」 何とも、すごい話です。犯罪者を護送すると言うシチュエーションを描いた映画といえば、『S.W.A.T.』や『16ブロック』などが思い付きます。その中でも特に『S.W.A.T.』に類似している印象です。『S.W.A.T....... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 21時57分

» 『藁の盾−わらのたて−』 [ラムの大通り]
「正直言います。 実は、この映画については三池崇史監督の新作ということしか知らず、 “また三池か、よく作るな”くらいの感じで臨んだわけだけど、 いやあ、申しわけありませんでした。 これは、ほんとオモシロかった」 ----おっ、正直。 で、どんな映画だったの? 「...... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 23時10分

» 映画  藁の楯 [華待月]
あらすじ。。7歳の幼女が惨殺される事件が発生。8年前に少女暴行殺人事件を起こし出所したばかりの清丸国秀(藤原竜也)に容疑がかかり、警察による捜査が行われるが、一向に清丸の足取りは掴めずにいた。事件から3ヶ月後、事態が大きく変わる。殺された幼女の祖父・蜷川隆興(山崎努)は政財界を意のままに動かす大物で、彼が大手新聞3紙に、清丸を殺した者に10億円支払うとの全面広告を打ち出した。この前代未聞の広告を見た国民は一気に殺気立ち、身の危険を感じた清丸が福岡県警に自首。東京の警視庁まで清丸の身柄を護送する最中に... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 23時27分

» 藁の楯 わらのたて [いい加減社長の映画日記]
大沢たかおさん、最近よく観るなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ある日、日本の大手全国紙のすべてに見開き全面で「この男を殺してください。御礼として10億円お支払いします」という新聞広告が掲載された。 それは財界の大物・蜷川隆興が、孫娘を惨殺...... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 23時46分

» 藁の楯 わらのたて [象のロケット]
元経団連会長・蜷川の孫娘が惨殺されるが、容疑者・清丸国秀は行方不明。 3ヶ月後、大手新聞各紙に清丸の写真付きで「この男を殺してください。 御礼として10億円お支払いします。 蜷川隆興」という前代未聞の全面広告が掲載された。 人間のクズを殺せば10億円! 身の危険を感じて福岡県警に自首してきた清丸を東京の警視庁へ護送するため、精鋭5人が選ばれたのだが…。 サスペンス・アクション。... [続きを読む]

受信: 2013年5月20日 (月) 11時49分

» 藁の楯 わらのたて [ダイターンクラッシュ!!]
2013年5月11日(土) 20:35~ チネ11 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 また三池かよは、「SWAT」インスパイア 『藁の楯 わらのたて』公式サイト 中南米の麻薬王が、「俺を脱走させたら、謝礼金をたんまりはずむ」と言っていたのが、「SWAT」だったかの映画だが、本作では、変態藤原に孫娘を惨殺された念仏の鉄が、藤原殺しに10億円の懸賞金をかける。逃亡中の藤原容疑者だが、匿ってもらっている奴にも命を狙われ、泣く泣く潜伏地の福岡署に出頭。藤原の殺人未遂犯に1億... [続きを読む]

受信: 2013年5月20日 (月) 18時30分

» 藁の盾 わらのたて ★★★★ [パピとママ映画のblog]
『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズで知られる漫画家の木内一裕の小説家としてのデビュー作品を、三池崇史監督が映画化したサスペンス・アクション。 凶悪な殺人犯に10億円の懸賞金がかかり、犯人を移送することになった刑事たちの緊迫した道程をスリリングに描く。...... [続きを読む]

受信: 2013年5月20日 (月) 20時56分

» 「藁の楯 わらのたて」みた。 [たいむのひとりごと]
10億円の懸賞金が掛けられた極悪非道な幼女惨殺犯人:清丸の護送を担当するSPと、様々な理由(主に懸賞金狙い)から清丸の命を狙う不特定多数の人々との攻防戦が描かれたサスペンスアクション映画。法治国家であ... [続きを読む]

受信: 2013年5月21日 (火) 08時49分

» 藁の楯 わらのたて [迷宮映画館]
なかなかの迫力と、葛藤が面白い! [続きを読む]

受信: 2013年5月22日 (水) 11時48分

» 藁の盾 [おべんとログ]
前評判のみで、何の予習もせずに観に行きましたよ。 そしたら、また三池監督の作品でした。 期せずして三池監督の映画を続けて観ていますねー。 さて、 ↓あらすじはこちらです↓ http://www.cinematoday.jp/movie/T0015154 いうなればエスピーの物語なんだけど、そ…... [続きを読む]

受信: 2013年5月22日 (水) 17時57分

» 藁の盾・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
それでも、クズを守る理由。 福岡、東京間1100キロ。 被害者の遺族から「殺してくれたら10億円」という、巨額の賞金をかけられた猟奇殺人犯を護送するサスペンスフルなロードムービー。 護送チームは、要...... [続きを読む]

受信: 2013年5月22日 (水) 22時36分

» 映画『藁の楯 わらのたて』 [頑張る!独身女!!]
なにこれ [続きを読む]

受信: 2013年5月24日 (金) 23時06分

» 藁の楯−わらのたて− [みすずりんりん放送局]
 『藁の楯−わらのたて−』を観た。  【あらすじ】  少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸国秀(藤原竜也)が指名手配される。  清丸を殺せば10億円の謝礼を支払うという新聞広告が出され、身の危険を感じた清丸は福岡県警に自ら出頭。清丸...... [続きを読む]

受信: 2013年5月26日 (日) 16時57分

» 藁の楯 [そーれりぽーと]
過激なキャッチコピーを謳ったポスターが印象的と言うか、マジで藤原竜也の命が狙われたらどうするんやろと思っていた『藁の楯』を観てきました。 ★★★★ 「邦画で」と考えた場合の常識外れなスケール感、難しいテーマに真っ向から取り組んだ映画作家さん達全員の熱い思い...... [続きを読む]

受信: 2013年5月27日 (月) 00時37分

» ★藁の楯 わらのたて(2013)★ [Cinema Collection 2]
日本全国民が、敵になる―― 上映時間 125分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2013/04/26 ジャンル アクション/サスペンス 映倫 G 【解説】 木内一裕の同名小説を「十三人の刺客」「悪の教典」の三池崇史監督、 「ストロベリーナイト」の...... [続きを読む]

受信: 2013年5月31日 (金) 14時11分

» 『藁の楯 わらのたて』を観てきた!? [映画観たよ(^^)]
『藁の楯 わらのたて』を観てきました。 藁の楯 わらのたて - 映画.com 見応えありましたね~一人一人が葛藤を抱えて迷っている、そして国民みんなが蜷川が仕掛けた広告に惑わされておどらされてしまっているところがよく描かれていましたね。 実際10億くらいで人は殺人を犯せるものなのか、最初はそんな気持ちで観ていましたが、その後の協力したものにさえ1億円で契約する。。と現実的な金額で全国にアナウンスされたら、、、本当に目の前で困っている人は動かされてしまうかもしれませんね。しかも警察さえそれに乗っか... [続きを読む]

受信: 2013年6月 2日 (日) 10時07分

» ■藁の楯 わらのたて [しんちゃんの徒然なる映画日記]
第307回「振り上げられた拳を、振り下ろす場所はどこに・・・」 予告編はとても大事だ。個人的に好きな映画は予告編で、公開までの気持ちを高める。まったく意識していなかった作品も魅力的な予告編で、観てみようかという気持ちにもなる。そして、予告編の大事なとこ...... [続きを読む]

受信: 2013年6月 3日 (月) 21時40分

» 藁の楯(わらのたて) [愛猫レオンとシネマな毎日]
「十三人の刺客」「悪の教典」の三池崇史監督の最新作になります。 10億円の懸賞金が懸けられた連続殺人犯を福岡から東京へと 移送することになったSPと、犯人を狙う暗殺者たちとの攻防戦を 描いたサスペンスアクションです。 迫力があって、見応えありました! ケタ違いのスケールだったのは、新幹線や高速道路でのシーンが台湾ロケに よるものだったから。 日本国内だったら、あんな許可出ないもんね。 終盤くらいまでは裏切り者がわかんなくって、消去法でコイツかも?と 思ってたら・・・やっぱねぇ~そうだったわ... [続きを読む]

受信: 2013年6月 4日 (火) 23時08分

» 映画『藁の楯 わらのたて』(13日-12) [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
5月と11月の第3木曜日は、もう10年以上続く 息子の高校時代の同級生のママたちとのランチの会。 美味しい料理と楽しいお [続きを読む]

受信: 2013年6月12日 (水) 21時28分

» 13-120「藁の楯 わらのたて」(日本) [CINECHANが観た映画について]
クズを命を賭けて護る価値はあるのか!?   日本の財界を牛耳る大物・蜷川隆興の孫娘が惨殺された。  容疑者は8年前にも少女を殺害し、釈放されたばかりの清丸国秀。警察の懸命の捜査が続く中、全国紙に“清丸を殺害すれば10億円を支払う”との蜷川による全面広告が掲載される。  日本中がにわかに色めき立ち、観念した清丸は潜伏先から福岡県警に自首することに。  さっそく清丸を警視庁に移送するため、SPの銘苅一基をリーダーとする5人の精鋭が集められる。タイムリミットは送検までの48時間。  だ...... [続きを読む]

受信: 2013年7月15日 (月) 01時20分

» 藁の楯 わらのたて [銀幕大帝α]
2013年 日本 125分 アクション/サスペンス 劇場公開(2013/04/26) 監督:三池崇史『悪の教典』 原作:木内一裕『藁の楯』 主題歌:氷室京介『NORTH OF EDEN』 出演: 大沢たかお:銘苅一基 松嶋菜々子:白岩篤子 岸谷五朗:奥村武 伊武雅刀:関谷賢示 永山絢...... [続きを読む]

受信: 2013年9月18日 (水) 01時04分

» 映画『藁の楯』を観て [kintyres Diary 新館]
13-35.藁の楯■配給:ワーナー・ブラザース■製作年、国:2013年、日本■上映時間:125分■観賞日:4月29日、TOHOシネマズ渋谷■料金:1,800円□監督:三池崇史◆大沢たかお(銘苅一基)◆松嶋菜々子(白岩篤子)◆岸谷五朗(奥村武)◆伊武雅刀(関谷賢示)◆永山絢...... [続きを読む]

受信: 2013年9月22日 (日) 17時18分

» 藁の楯 [マープルのつぶやき]
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般「藁の楯」監督:三池崇史2013年  日本映画  124分キャスト:大沢たかお     松嶋菜々子     岸谷五朗     伊武雅刀     永山絢斗     藤原竜也少女惨殺事件が起き、その犯人として清丸が指名手配される。彼は同様の事件で懲役刑を終えたばかりであり、被害者の祖父は「彼を殺せば、10億円支払う」という新聞広告を出す。命の危険を感じ、警察に出頭した清丸を警視庁SPの銘苅と白岩が移送することになるのだが...。とても期待して新作レンタル。しかし序盤か... [続きを読む]

受信: 2013年9月23日 (月) 16時03分

» 藁の楯 わらのたて [いやいやえん]
懸賞金10億のクズ(-凶悪犯-)を、命懸けで移送せよ! たしかに10億もの賞金をかけられてたら、真剣に探しちゃうかも、殺意向けちゃうかも、という荒唐無稽さはありますが納得出来る部分もあり。 孫娘を殺された財界の大物が、その犯人と思われ指名手配をされている清丸の首に懸賞金をかける。清丸は自ら警察署に出頭するが、被疑者を移送する必要から、警備部SPの2名がその任務に加わることに。懸賞金を狙ったり協力する人々の中に警察官も含まれるのがある意味でリアリティあるかも。なんせ懸賞金の桁数が違います... [続きを読む]

受信: 2013年9月24日 (火) 09時30分

» 藁の楯 わらのたて [シネマ・クレシェンド]
日本滞在最終日(帰国前日)、夫は東京で2件の仕事が入ったため私のみ成田に直行。ホテルにチェックインしたあと、夕方までの時間をイオンモールで潰し、ついでに映画を観てきまし ... [続きを読む]

受信: 2013年9月25日 (水) 02時47分

» 「藁の楯」 [ここなつ映画レビュー]
これは、私がどうしても観たくて、無理矢理息子を誘った作品。カンヌ映画祭ではあまり好評じゃなかったようだけど、私はかなり満足でした。 まず、藤原竜也がすごくいい。クズをクズとして100%演じ切っている。同情の余地なしのクズ。それに、大沢たかお演じるSPの概念がいい。職業倫理が極めて高く、潔い、日本的な概念。 少しネタバレです。 孫娘を残酷に殺害された政財界の大物・蜷川(山崎努)が、新聞に全面広告を出す。犯人とおぼされる清丸国秀(藤原竜也)を殺して欲しいと、全国に依頼したのだ。... [続きを読む]

受信: 2013年9月27日 (金) 11時04分

» 藁の盾 わらのたて [タケヤと愉快な仲間達]
監督: 三池崇史 出演:大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、藤原竜也、山崎努 【解説】 『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズで知られる漫画家の木内一裕の小説家としてのデビュー作品を、三池崇史監督が映画化したサスペンス・アクション。凶悪...... [続きを読む]

受信: 2013年10月31日 (木) 21時52分

» 藁の楯 わらのたて [Heaven of the Cinema]
屑と断定できるほどの価値の無い青年を命懸けで守る男。 法治国家であれば、どんな悪人でも裁判を受ける権利があるから。 上司の命令だから。 復讐は虚しく何も生み出さないから。 命を守るのが自分の仕事だから。 そんな仕事と生き方に誇りを持ち、 それを捨てるのは相手と同じ屑に成り下がってしまうから。 多くの犠牲の上に、屑を守りきった男。 しかし、彼が守ったのは屑の...... [続きを読む]

受信: 2014年4月21日 (月) 22時06分

» 映画 藁の楯 [こみち]
JUGEMテーマ:邦画nbsp; nbsp;   少女に悪戯をし、殺した悪党の清丸国秀を護衛するSP。 nbsp;  さまざまな工作をして蜷川隆興を殺害しようとするが nbsp;  ちょっとやり方が大げさすぎますね。 nbsp;  清丸を殺すなら、狙撃で十分なはず。 nbsp;   大ぴらに殺害行動するには、何か理由があるのでしょうが nbsp;  こ... [続きを読む]

受信: 2014年5月31日 (土) 14時47分

« 本 「ビブリア古書堂の事件手帖<2> -栞子さんと謎めく日常- | トップページ | 本 「幻想郵便局」 »