« 「L.A.ギャングストーリー」 ロサンゼルスの「アンタッチャブル」 | トップページ | 「ラストスタンド」 ザ・シュワルツェネッガー、王道のアクション映画 »

2013年5月 4日 (土)

「リンカーン」 理想高きリアリスト

リンカーンと聞くと、まず思い浮かぶのが有名なゲティスバーグ演説です。
「人民の、人民による、人民のための、政治」は民主主義を的確に言い表した言葉だと思います。
ですので、本作はてっきりこのゲティスバーグ演説がクライマックスになるのかと思っていたら、それ以降を描いた物語でした。
アメリカを二分した南北戦争もようやく北軍の勝利に帰結しそうになってきていた時、アメリカ議会は合衆国憲法の修正13条(奴隷制度の禁止)について論議を重ねていました。
しかし長引く戦争への嫌気から、奴隷制については妥協し、南軍と和解をしようという意見も出ていたのです。
このまま南軍が降伏してしまうと、奴隷制廃止の議論はうやむやになってしまうということで、リンカーンらは戦争終結を目指しながら、その前に修正13条を成立させようとします。
本作では普段のリンカーンは民衆とも親しく交わる穏やかな人物として描写されています。
しかし、奴隷制廃止という理想に向けての強い意志をもっている側面も持っています。
リンカーンが劇中で何度か声を荒げる場面があります。
それは彼の内面にある理想に対しての熱い思いが現れたシーンでした。
しかし、彼はただ理想に対して邁進するだけの男ではありません。
議会の多数派工作を行うために、さまざまな手段を使い、票固めを行っていく。
ここには老獪な政治家としてのリンカーンも現れています。
理想を抱きその実現に向けて進みながらも、現実的な手を打っていく。
ガチガチの理想主義者でもなく、また単なる妥協家でもなく、理想を持ったリアリストであるというのがリンカーンなのかもしれません。
リンカーンを演じたのダニエル・デイ=ルイス。
彼はいままでの作品でも演技派として類いまれなる存在感を出してきましたが、本作は彼の演技の真骨頂を堪能することができます。
書いてきたように本作のリンカーンは多面的であり、またかつ奥深い人物ですので、なかなかこれを演じきれる人はいないでしょう。
そういう点でダニエル・デイ=ルイスはまさにぴったりのキャスティングであったと思います。

まさにタイミングがぴったりというか、日本でも急に憲法改正が政治の話題にあがっており、夏の参議院選挙の争点となってきそうです。
僕は憲法は未来永劫堅持しなくてはいけないものでなければならないとは思いませんが、しかし安易にそのときの政治家の思惑で変えていいものであるとも思いません。
アメリカ合衆国憲法は修正第13条だけでなく、何度か修正をされています。
本作で描かれていたようにアメリカでも憲法の修正には議会の2/3の賛成が必要のようです。
2/3というのはかなり高いハードルです。
与党だけではおそらくこれは無理で、野党の中からも賛成を得なければ成立させにくい。
だからこそ超党派の論議になるわけですし、国民的な議論が必要になるのです。
日本の憲法改正で今回争点になろうとしているのは96条、憲法の改正手続きについてです。
国会議員の2/3の賛成というハードルを過半数にしようと言っているのが、現首相です。
首相が目指しているのは、まずは改正手続きのハードルを下げて、その先に第9条の改正をしやすくしようということでしょう。
先ほど書いたように個人的には憲法が未来永劫そのままでなければならないとは思いません。
しかし、首相が第9条を変えたいと思うのであれば、それこそを議論し、そして国会議員の2/3、そして国民を説得し国民投票で指示を得ればいいと思うのです。
それをせずに改正手続きを変えてハードルを下げようというやり方が、姑息に見えてしょうがありません。
本作「リンカーン」では国家を二分する内戦、そして価値観を二分する奴隷制度という問題について、アメリカという国が議論をし、それで定められた手続きを経て民主的に憲法を修正したという事実が描かれます。
日本で憲法を改正するのであれば、このようにしっかりと議論をし、決めていくということが必要ではないでしょうか。
姑息な手段でハードルを下げるということではなしに。
本作でリンカーンが言っていたように、憲法の修正は、今生きている人々だけの問題ではなく、これから生まれてくる人に対しても関わる問題です。
国家の基盤となる法律なのですから、目の前の景気がどうこうという問題とは切り離してしっかりと議論を尽くされるべきものだと思います。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「L.A.ギャングストーリー」 ロサンゼルスの「アンタッチャブル」 | トップページ | 「ラストスタンド」 ザ・シュワルツェネッガー、王道のアクション映画 »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

>というか、露骨
ですよね〜。
意図が見え見えなのに、それを国民はわからないと思っているのですかね。
ちょっと小馬鹿にされている気分にもなります。

投稿: はらやん | 2013年5月15日 (水) 21時48分

憲法記念日のたびに、いろいろと取りざたされますが、どうも最近の動きは、きな臭いですよね。
というか、露骨。
目の前の国難の中、何としてでも貫こうとしたリンカーンとは比べるべくもありませんが、日本の政治家ってのは、まだまだど素人という感じがします。
リンカーンもかなりの苦労の末に!!というのがよーくわかって、勉強になりました。

投稿: sakurai | 2013年5月14日 (火) 12時39分

みすずさん、こんばんは!

そうですね、リンカーンという名と奴隷解放宣言までは知っていても、その詳しい話は知りませんよね。
ああいうやり取りがあったのは初めて知りました。
民主主義においては決めることというのは面倒くさいものですが、その中で議論が尽くされるっていうことが大事なのだなと改めて思いました。

投稿: はらやん | 2013年5月 5日 (日) 22時21分

こんばんは!

わたしも演説後の話だとは思ってなかったので、意外でした。
教科書で習ったぐらいしか知らないので、あんな苦労があったとは知るよしもなしです。
どんどん引き込まれていって、観て本当に良かったです!

投稿: みすず | 2013年5月 5日 (日) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/57311265

この記事へのトラックバック一覧です: 「リンカーン」 理想高きリアリスト:

» リンカーン / Lincoln [勝手に映画評]
アメリカで最も愛される大統領で、日本でも奴隷解放という歴史的偉業を成し遂げ、そして、アメリカ史上初めて暗殺された大統領として知られているエイブラハム・リンカーン。この映画では、奴隷解放を定めたアメリカ合衆国憲法修正第十三条の下院での可決に掛けた、リンカ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 09時32分

» リンカーン/ダニエル・デイ=ルイス [カノンな日々]
昨年度の賞レースを大いに沸かし主役を演じたダニエル・デイ=ルイスが見事アカデミー賞主演男優賞を獲得したスティーブン・スピルバーグ監督による大作ヒューマン・ドラマです。 ... [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 11時22分

» リンカーン/LINCOLN [いい加減社長の映画日記]
スピルバーグ監督の新作・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1865年、エイブラハム・リンカーンが大統領に再選される。 泥沼化した南北戦争は4年目に突入、リンカーンは永久的な奴隷制度廃止を保障するための手段として、幾度となく議会で否決されてきた憲法...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 13時06分

» リンカーン : 3度も受賞するだけのことはありますよねぇ [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 昨日は二日酔いで、ほぼ一日中寝込んでおりました。私のような年齢になると、深酒は禁物ですなぁ。反省です。ちなみに、本日紹介する作品は、歴史上の偉人を描いたこちらになり [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 13時47分

» リンカーン [Akira's VOICE]
賛成なう。   [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 15時31分

» 映画『リンカーン』観てきた [よくばりアンテナ]
ダニエル・デイ・ルイスがアカデミー賞主演男優賞受賞した作品。 スティーブン・スピルバーグ監督。 最も愛された大統領を描いたってことですが、 やっぱり日本人だし、 アメリカの歴史にそんなに...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 17時05分

» リンカーン  監督/スティーヴン・スピルバーグ [西京極 紫の館]
【出演】  ダニエル・デイ=ルイス  デヴィッド・ストラザーン  サリー・フィールド  トミー・リー・ジョーンズ 【ストーリー】 エイブラハム・リンカーンが、大統領に再選された1865年。アメリカを内戦状態に追い込んだ南北戦争は4年目に突入したが、彼は奴隷制度を...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 17時25分

» 「リンカーン」、南北戦争末期の議会の話です。 [ひろの映画日誌]
おススメ度 ☆☆☆☆ リンカーンが再選を果たし、2か月後からの話です。 リンカーンを演じた主演のダニエル・デイ=ルイス、アカデミー賞男優賞受賞の好演ですが、この映画はむしろ、議会が主役です。 南北戦争も末期、だが、そのままでは、奴隷解放が十分に行われない、...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 19時39分

» 映画『リンカーン』★奴隷解放宣言のあとの“票田の掘り起こし” [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161126/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 リンカーンと言えば、アメリカで奴隷解放宣言を行い、 のちに暗殺された第16代大統領ということで、有名です。 が、奴隷問題にからんだ南北戦争にしても リンカーンの生涯にしても、複雑すぎて (&g..... [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 19時45分

» 劇場鑑賞「リンカーン」 [日々“是”精進! ver.F]
鉄の意志… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304190002/ LincolnSoundtrack Sony Classics 2012-11-06売り上げランキング : 59543Amazonで詳しく見る by... [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 19時52分

» 法の下の平等~『リンカーン』 [真紅のthinkingdays]
 LINCOLN  1865年1月。再選を果たした第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リ ンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)は、南北戦争を終結させる前に、なんとして も合衆国憲法修正第...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 20時25分

» リンカーン [みすずりんりん放送局]
 『リンカーン』を観た。  【あらすじ】  エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)が、大統領に再選された1865年。  アメリカを内戦状態に追い込んだ南北戦争は4年目に突入したが、彼は奴隷制度を永遠に葬り去る合衆国憲法修正第13条を下院議会で批准させ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 20時41分

» 「リンカーン」:まあオスカーは無理でしたねえ [大江戸時夫の東京温度]
映画『リンカーン』を観ると、やっぱりこれがアカデミー作品賞や監督賞を獲れなかった [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 22時10分

» 『リンカーン』 [beatitude]
1865年1月、エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)が大統領に再選されて、2カ月が経っていた。国を二分した南北戦争は4年目に入り、大勢は大統領が率いる北軍に傾いていたが、リンカーンにはすぐさま戦争を終結させるつもりはなかった。奴隷制度に永遠の別...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 22時13分

» リンカーン [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【LINCOLN】 2013/04/19公開 アメリカ 分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、デヴィッド・ストラザーン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ジェームズ・スペイダー、ハル・ホルブルック、トミー・リー・ジョーンズ 命を...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 22時23分

» 『リンカーン』 [ラムの大通り]
(原題:Lincholn) -----今日は、フォーンが喋っちゃいます。 20日って、ムービックスだとかワーナーマイカルだとかが1000円均一料金。 ということで、フォーンも一緒に。 ところが予告編が始まってビックリ。 フォーンでも分かるほどに、 セリフの音がこもっているの。 ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 22時36分

» リンカーン [悠雅的生活]
南北戦争終結。憲法修正案。過半数獲得。 [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 23時03分

» リンカーン [心のままに映画の風景]
南北戦争末期。 国を二分した激しい戦いは既に4年目に入り、戦況は北軍に傾きつつあったが、2期目を迎えた大統領エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)は、奴隷制度の撤廃を定めた合衆国憲法...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 23時17分

» 「リンカーン」いつ見るの?☆今でしょう~ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
アカデミー賞主演男優賞を獲得したダニエル・デイ=ルイスがリンカーン役を熱演していることで話題の作品。 なんとなく観そびれてしまったのでどうしようか迷っていたけど、観るチャンスはやっぱり「今でしょう?」... [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 23時59分

» リンカーン [あーうぃ だにぇっと]
リンカーン@TOHOシネマズ日劇 [続きを読む]

受信: 2013年5月 6日 (月) 06時20分

» リンカーン [映画感想メモ]
今やるべきことは今やらないと! いい加減あらすじ 南北戦争が始まって4年経過。リ [続きを読む]

受信: 2013年5月 6日 (月) 06時29分

» リンカーン [そーれりぽーと]
バンパイアハンターじゃない方の『リンカーン』を観てきました。 ★★★★ 教科書で知ってたリンカーンは、有名なスピーチ「人民の人民による…」と訴えて奴隷解放をした事と、南北戦争当時の大統領で最後は暗殺されたって辺り。 米国人だと思い入れが半端ないので、もっと詳...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 6日 (月) 12時38分

» リンカーン ★★★★★ [パピとママ映画のblog]
スティーブン・スピルバーグ監督が、名優ダニエル・デイ=ルイスを主演に迎え、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの人生を描いた伝記ドラマ。 貧しい家に生まれ育ち、ほとんど学校にも通えない少年時代を送ったリンカーンだが、努力と独学で身を立て大...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 6日 (月) 13時40分

» 『リンカーン』('13初鑑賞35・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 4月19日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 17:10の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2013年5月 6日 (月) 13時43分

» リンカーン [映画と本の『たんぽぽ館』]
結局は“正しい”ものが強い             * * * * * * * * * どなたもご存知のアメリカ合衆国第16代大統領、 エイブラハム・リンカーンの物語ですが、伝記ではありません。 1865年。 リンカーンは大統領に再選されたばかり、そして...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 6日 (月) 14時41分

» リンカーン [風に吹かれて]
憲法修正案を可決せよ公式サイト http://www.foxmovies.jp/lincoln-movie原作: Team of Rivals:The Political Genius of Abra [続きを読む]

受信: 2013年5月 6日 (月) 14時59分

» 「リンカーン」みた。 [たいむのひとりごと]
スティーブン・スピルバーグ監督によるアメリカ合衆国第16代大統領:エイブラハム・リンカーンの半生が描かれた物語で、主に南北戦争における悲惨な現実と、奴隷制度廃止のためにどうしても必要不可欠な「憲法第1... [続きを読む]

受信: 2013年5月 6日 (月) 16時11分

» 昔も変わらぬ政治劇 [笑う社会人の生活]
20日のことですが、映画「リンカーン」を鑑賞しました。 南北戦争は4年目、再選したリンカーン大統領は奴隷制度を永遠に葬り去る合衆国憲法修正第13条を 下院議会で批准させるまでは戦いは終わらせないという強い意思があり・・・ スピルバーグ監督による リンカーンの...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 6日 (月) 17時40分

» 13-054「リンカーン」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
我々は時代に合った人間か?   南北戦争末期。国を二分した激しい戦いは既に4年目に入り、戦況は北軍に傾きつつあったが、いまだ多くの若者の血が流れ続けていた。  再選を果たし、任期2期目を迎えた大統領エイブラハム・リンカーンは、奴隷制度の撤廃を定めた合衆国憲法修正第13条の成立に向け、いよいよ本格的な多数派工作に乗り出す。  しかし修正案の成立にこだわれば、戦争の終結は先延ばししなければならなくなってしまう。  一方家庭でも、子どもの死などで心に傷を抱える妻メアリーとの口論は絶えず、...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 6日 (月) 18時25分

» 『リンカーン』 大統領は本当は弱い [映画のブログ]
 「世論、民意に従うのが本当の政治ではない。」  小峰隆夫氏のこの言葉は印象的だ。  民意を汲み取らずして、何の民主主義だろう。  そう突っ込みたくなるかもしれないが、そも民主主義なる用語は誤訳...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 6日 (月) 18時42分

» タイトルデザイン 32・スティーブン・スピルバーグ監督『リンカーン』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
ピュリッツァー賞作家ドリス・カーンズ・グッドウィンの同名ノンフィクションをもとにスティーブン・スピルバーグ監督が映画化した『リンカーン』主演は本作で3回目のアカデミー主演男優賞に輝いたダニエル・デイ=... [続きを読む]

受信: 2013年5月 6日 (月) 21時03分

» 『リンカーン』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「リンカーン」 □監督 スティーブン・スピルバーグ□原作 ドリス・カーンズ・グッドウィン□脚本 トニー・クシュナー□キャスト ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、トミー・リー・ジョーンズ、デビッド・ストラザーン、   ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 7日 (火) 14時43分

» 『リンカーン』 [みかん星人の幻覚]
第85回アカデミー賞で『美術賞』、そして「ダニエル デイ=ルイス」に3度目の主演 [続きを読む]

受信: 2013年5月 8日 (水) 08時28分

» リンカーン [ダイターンクラッシュ!!]
2013年5月4日(土) 15:35~ TOHOシネマズ日劇1 料金:1400円(チケットフナキでムビチケを購入) パンフレット:未確認 テーマを絞った伝記映画 『リンカーン』公式サイト 前売り券が、ムビチケしかなかったので、1400円かかってしまった。インターネットで席の予約していないだから、手数料200円返してくれ。 伝記映画だが、幼い頃や青年時代の描写も無く、南北戦争中、奴隷制度廃止、戦争終結、暗殺の4ヶ月間の話。 ネイティブ・アメリカンに対する迫害などは、まったく触れられない。 ... [続きを読む]

受信: 2013年5月 8日 (水) 22時19分

» リンカーン・・・・・評価額1800円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
真のリーダーに、求められるもの。 所謂伝記映画とは少し違う。 アメリカの歴史上、最も敬愛され、そして最初に暗殺された大統領となったエイブラハム・リンカーンは、南北戦争末期に戦争の終結と奴隷制度...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 8日 (水) 23時09分

» リンカーン [Break Time]
連休最終日は、良い天気でした・・・ [続きを読む]

受信: 2013年5月 9日 (木) 06時12分

» リンカーン [象のロケット]
1865年1月。 奴隷制度の賛否を巡り国が二分されてしまったアメリカの南北戦争は、4年目を迎えても終結の見通しが立たずにいた。 第16代大統領エイブラハム・リンカーンは、奴隷解放を法的にも有効なものとするために合衆国憲法修正第十三条を議会で可決しようとするが、味方の共和党をまとめてもまだ票が足りない。 彼は敵対する民主党議員の切り崩しをはじめ、あらゆる手段を講じるのだが…。 歴史ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2013年5月10日 (金) 17時28分

» リンカーン [迷宮映画館]
リンカーンも【花神】の一人だったのだ!と強く再認識 [続きを読む]

受信: 2013年5月14日 (火) 12時40分

» リンカーン [とりあえず、コメントです]
奴隷解放を目指して憲法修正に挑むリンカーン大統領の姿を描いたドラマです。 ダニエル・デイ=ルイスが3度目のアカデミー賞を受賞して話題だったので、観たい!と思っていました。 スティーヴン・スピルバーグ監督の想いがじっくりと伝わってくるような重厚な物語でした。 ... [続きを読む]

受信: 2013年5月15日 (水) 00時37分

» リンカーン [こんな映画見ました〜]
『リンカーン』---LINCOLN---2012年(アメリカ )監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:ダニエル・デイ=ルイス 、サリー・フィールド、ジョセフ・ゴードン=レヴィット 、ジェームズ・スペイダー 、トミー・リー・ジョーンズ 「シンドラーのリスト」「プラ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月17日 (金) 00時01分

» 「リンカーン」スティーヴン・スピルバーグ [Credo, quia absurdum.]
リンカーンLINCOLN 2012アメリカ 監督:スティーヴン・スピルバーグ 原作:ドリス・カーンズ・グッドウィン 脚本:トニー・クシュナー 撮影:ヤヌス・カミンスキー 出演:ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、トミー・リー・ジョーンズ、ハル・ホルブルック...... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 00時15分

» リンカーン [映画の話でコーヒーブレイク]
楽しみにしていたスピルバーグ監督による「リンカーン」。 早く見たいと思いながら、連休中にも時間が取れず、休み明けにようやく鑑賞。 早くいかないと終わっちゃうんじゃない?と危惧しつつ、 公開から随分経っていたので席は空いているんじゃないかな〜?と映画館に足...... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 00時42分

» 「リンカーン」 [prisoners BLOG]
奴隷制廃止の議決を巡る票集めと駆け引きひとつに絞った作劇で、アメリカ大統領は世界一の権力の持ち主だが、たとえ大統領の決断があっても議会の採決を経なければ空証文にすぎない、という議会制民主主義の構造を端的に見せる。 リンカーンが大勢に囲まれながら孤独でい...... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 09時33分

» 「リンカーン」平等の人権を与えるために平和と信念で奔走した1か月の攻防 [オールマイティにコメンテート]
「リンカーン」は第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンの奴隷制度廃止に奔走する28日間を追ったドキュメンタリーである。19世紀までアメリカでは奴隷制度があり、ア ... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 23時03分

» リンカーン [はるみのひとり言]
立て続けに映画を見たので頭の中がごちゃごちゃになっています。昨日は戎橋筋商店街のイベントでリンカーンを見せていただきました。見れてなかったので嬉しい!そしてまさかの豪華パンフレットまで頂いちゃいました。てっきりチラシだと思ってたんですが、太っ腹ですね〜...... [続きを読む]

受信: 2013年5月27日 (月) 06時53分

» リンカーン 彼が英雄だったのだかどうだか、考えてしまった・・・ [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=28 うち今年の試写会5】 さ〜て月曜日、平日早朝出勤前の波乗りがしたくて早起きしたけど今朝も波は無い、夜明け頃は潮が多くて今週は潮も合わないねんけどね・・・、さ〜て、湘南に次に波が上がるのはいつ?    エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)が...... [続きを読む]

受信: 2013年5月27日 (月) 09時58分

» リンカーン 【映画】 [Balkan's Memorandum]
Lincoln 2012年 アメリカ スティーヴン・スピルバーグ(監督) ダニエル・デイ=ルイス、トミー・リー・ジョーンズ、サリー・フィールド、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、デイヴィッド・ストラザーン、ジェイムズ・スペイダー、ハル・ホルブルックほか... [続きを読む]

受信: 2013年6月20日 (木) 05時35分

» リンカーン [ごみつ通信]
Lincoln2012年/アメリカ (監)スティーブン・スピルバーグ(演)ダニエ [続きを読む]

受信: 2013年6月30日 (日) 01時37分

» リンカーン [Diarydiary! ]
《リンカーン》 2012年 アメリカ映画 - 原題 - LINCOLN 奴隷解放 [続きを読む]

受信: 2013年7月21日 (日) 18時41分

» 『リンカーン』 [シネクリシェ2.0]
 主人公を演じたダニエル・デイ=ルイスはなかなかの名演。さすがにオスカーを受賞しただけのことはあります。  その主人公の描き方は、いかにもスピルバーグらしく、内面に入り込まず淡々としています。  その反面、リンカーンがなぜこれほどまでに奴隷解放に執念を燃やしたかが明確ではありませんでした。...... [続きを読む]

受信: 2013年7月30日 (火) 19時34分

» 映画『リンカーン』を観て〜アカデミー賞受賞作品 [kintyres Diary 新館]
13-33.リンカーン■原題:Lincoln■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:150分■観賞日:4月24日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:1,800円 □監督・製作:スティーヴン・スピールバーグ◆ダニエル・デイ=ルイス(エイブラハム・リンカーン)◆サリー・フ...... [続きを読む]

受信: 2013年9月14日 (土) 23時07分

» リンカーン [いやいやえん]
リンカーンと言えば、奴隷解放宣言が思い出されるわけですが、この時代にこの法案を通すことがどれ程困難な作業であったかを伝える作品だと思います。時代の指導者だった彼が、どのように悩み、決断し、法案を可決させたのか。 しかし、私にとっては非常に難解な映画でした。勿論、勉強不足ってことです。アメリカの当時の政治や状況が頭に入っていないと、この南北戦争という国を二分した戦いの根幹の部分を掴むに至りません。政治駆け引きの強い作品ですので、共和党?民主?とかいってるあたりじゃダメですね(笑)この議会内の... [続きを読む]

受信: 2013年11月 1日 (金) 09時05分

» リンカーン [I am invincible !]
二期目に入ったリンカーン大統領(ダニエル・デイ=ルイス)は、「奴隷解放宣言」だけでは真に奴隷を解放する事は出来ないと知り、法律でそれを定めようと議員に働きかけていた。 [続きを読む]

受信: 2014年2月11日 (火) 22時33分

» リンカーン [Heaven of the Cinema]
奴隷制度を廃止させようとしたリンカーン。 しかし、その道のりは険しい。 戦争を今終結させれば無用な犠牲は避けられる。 けれど、それでは奴隷制度は容認されて存続してしまう。 個人の考え方や信条の違い。 各地方の利権や利害関係。 奴隷制度の廃止は正しいこと。 けれど、それを力づくで行うことは法に反すること。 相手の信条や気持ちを理解する為の忍耐を強いる対話...... [続きを読む]

受信: 2014年4月19日 (土) 22時14分

« 「L.A.ギャングストーリー」 ロサンゼルスの「アンタッチャブル」 | トップページ | 「ラストスタンド」 ザ・シュワルツェネッガー、王道のアクション映画 »