« 「トラベラーズ 次元警察」 坂本監督の趣味爆発 | トップページ | 「ライジング・ドラゴン」 自分にとってのリアルヒーロー »

2013年4月14日 (日)

「舟を編む」 大海を渡る拠り所

言葉は海。
それは海の如く広く大きい。
ずっとそこにじっとあるように見えるけれども、海を作る海水は常に入れ替わるかのように移ろうもの。
人はコミュニケーションを行うときに、その広大な海を泳ぎ、渡る。
海を渡るときに拠り所となるのが、舟。
言葉の海を渡る時の拠り所が辞書である。
本作はその舟を何年もかけて作り上げた人々の物語。

予告を観たときは、辞書編集に携わる変わり者の主人公、馬締(松田龍平さん)と、香具矢(宮﨑あおいさん)の恋物語的なお話かと思っていたのです。
もちろんその要素はあるのですけれど、それは本筋ではないのでした。
冒頭に書いた舟=辞書を作る作業というのは、十数年もかかる大事業です。
まさに人生をかける仕事と言ってもいいかもしれません。
そしてその舟は一人の力でできるような代物ではなく、多くの人が関わり、多くの時間をかけて作られるのです。
それこそ大海を渡る舟がたった一人の力ではできないように。
馬締だけではなく、本作に登場する辞書を作ることに関わった人々の想いが、その舟には込められている。
一大事業であるその仕事に、自分の人生をかけてもいいと思った人々の想い。
加藤剛さんが演じる「大渡海」の監修者松本先生、一見チャラい男のように見えながらもその実は辞書への強い想いを持っている西岡(オダギリジョーさん)、それこそ会社人生すべてをかけた編集者荒木(小林薫さん)、その他関わった登場人物の想いがその一冊の舟に込められている。
一つの仕事にそういう強い想いをもって取り組めるというのは、しんどいながらも幸せな時間なのだなと思いました。
馬締の下宿先の叔母さんが言ったように。
周囲から変人扱いされている馬締は、何も感じていないとか、想いがないという人ではないのですよね。
というより強い想いはあって、それをうまく人には伝えられないだけ。
彼にも自分の気持ちを人に伝えたいという気持ちはたぶんあって、だからこそ言葉を扱う仕事を自分の一生の仕事と定めたのでしょう。

自分の感じたこと、考えたことを伝えたいっていう気持ちは誰にでもあるんではないかなと思ったりします。
少なくとも自分にはあって。
仕事もコミュニケーションに関わることをやっているし、こうやってブログなどをシコシコ書いているというのもたぶんそういうことから来ているのだと思ったりします。
でもなかなか感じたこと、思ったことを言葉にするのは難しい。
こうやって書いていてもなにかもどかしいことってあるのですよね。
自分の感じたことがそのまんま言葉になっているのか、そして人に伝わっているのか。
言葉って、ほんとに一言を変えただけでずいぶんと印象が変わってしまうことがありますね。
だから言葉って難しい。
けれどだから言葉って面白い。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「トラベラーズ 次元警察」 坂本監督の趣味爆発 | トップページ | 「ライジング・ドラゴン」 自分にとってのリアルヒーロー »

コメント

たいむさん、こんばんは!

言葉は想いを伝わる形にするものなのですが、使い方を間違えると想いとは違って伝わってしまいますよね。
いろいろ感じて、書いてみると、なんか微妙に感じたことが表現できていなかったりしてもどかしくなったりもします。
そういうとき頼りになるのは辞書ですよね。
最近は専らネットで調べることが多いですが、劇中で言っていた指に吸い付く感じとか紙ならではの良さもありますね。

投稿: はらやん | 2013年4月20日 (土) 18時36分

メビウスさん、こんにちは!

そうですね、10数年もかけるなんて、ほんとに一生の仕事ですね。
そして言葉は日々、生きていて変わっていく。
映画でもすぐに改訂作業に入ると言っていましたが、まさにそこに言葉の本質が出ているなと思いました。
あおいちゃんも良かったですよね。

投稿: はらやん | 2013年4月20日 (土) 07時25分

はやらんさん、こんにちは。

>自分の感じたことがそのまんま言葉になっているのか、そして人に伝わっているのか。
いやはや、ブログやコメント返しを書きながら、私もいつも同じように思っておりますよ。
実際勝手に勘違いされてトラブルになりかかったこともあるし(^^;)

でもまぁブログを書くようになって、誤った言葉づかいには気を使うようになりました。
それこそ辞書ひきまくりです(笑)
辞書サマサマなだけに、辞書作りプロセスがとても勉強になって面白かったです。

投稿: たいむ | 2013年4月19日 (金) 16時56分

はらやんさんこんばんわ♪

自分は予告編は観てはいなかったので目当て的なものでいえば宮崎あおい目的の鑑賞でしたね^^;良い役者さんで固められてた作品だったのでキャスティング鑑賞でも損はありませんでしたけど、でもそれ以上に本作で描かれている辞書編纂の地道で長大な年月を要する作業工程は、お目当て鑑賞以上に興味深い内容だったので、自分もかなり見入っちゃってましたね。本作を観ると辞書は編集作業者らの人生そのものが掛かってると言っても大袈裟ではない書物だというのも知る事が出来ましたし、自分も今度手に取る時はそんな作り手に対して尊敬の念を以って扱わなければと本気で思っちゃいました。

投稿: メビウス | 2013年4月17日 (水) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/57172781

この記事へのトラックバック一覧です: 「舟を編む」 大海を渡る拠り所:

» 『舟を編む』(2013) [【徒然なるままに・・・】]
2012年の本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんの『舟を編む』の映画化作品。特に大きな事件が起きるわけでもない淡々とした展開で、映像化には不向きじゃないかなと思っていたのだけれども、見応えのある素敵な作品になってました。 原作より集約されたキャラクター、逆に膨らまされているキャラクターがいたり、細部に亘って違いはあるものの、なかなか良心的な映画化だったと思います。 原作小説では時代設定や時間経過がぼかされている部分がありますが、この映画では発端が1995年、そしてラストが2010年できっちりと1... [続きを読む]

受信: 2013年4月14日 (日) 20時38分

» 舟を編む [あーうぃ だにぇっと]
舟を編む@東商ホール [続きを読む]

受信: 2013年4月14日 (日) 23時01分

» 舟を編む [悠雅的生活]
用例採集。袖カバー。言葉の海を渡る舟。 [続きを読む]

受信: 2013年4月14日 (日) 23時13分

» 言葉の海を渡るひとたち。〜「舟を編む」〜 [ペパーミントの魔術師]
4月9日。試写会、高槻アレックスシネマにて。 おトラさん、かわいい〜。(そこ?) なんだかすっかり本屋大賞作品映画化の常連になっちゃいましたね〜。宮崎あおいちゃん。 しかも最近やたら妻役多し。 余談のたたみかけになりますが、料理がめっちゃええ感じやなっ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月14日 (日) 23時19分

» 映画レビュー「舟を編む」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラック [CD]◆プチレビュー◆辞書作りに携わる人々の静かな情熱を描く「舟を編む」。抑制したタッチが好感度大。 【70点】 玄武書房に勤務 ... [続きを読む]

受信: 2013年4月14日 (日) 23時41分

» 映画 舟を編む [こみち]
JUGEMテーマ:映画館で観た映画nbsp; nbsp; 冒頭は凄く地味なストーリー。 nbsp; 西岡正志と三好麗美のことがなければ nbsp; 平凡すぎて飽きてしまうくらい地味だった。 nbsp; 中盤から後半は、辞書製作の苦労を現しているかのように nbsp; 年代が飛ぶが、林香具矢役の宮崎あおいのメイクが nbsp; 若い頃から中年になると髪が... [続きを読む]

受信: 2013年4月15日 (月) 06時00分

» 舟を編む [Akira's VOICE]
大渡海めっちゃ欲しい。   [続きを読む]

受信: 2013年4月15日 (月) 09時42分

» 映画『舟を編む』観てきたよ〜(*´∀`*) [よくばりアンテナ]
昨年度の本屋大賞を受賞した三浦しをんさんの同名作品が原作。 辞書編纂っていう、ちょっと考えてみても時間のかかる地味〜な仕事に スポットを当てた悪い人の出てこないお仕事&人間模様の内容。 ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月15日 (月) 15時58分

» 舟を編む ★★★★ [パピとママ映画のblog]
2012年本屋大賞で大賞を獲得し、2012年文芸・小説部門で最も販売された三浦しをんの『舟を編む』(光文社・刊)。 言葉の海を渡る舟ともいうべき存在の辞書を編集する人々の、言葉と人に対する愛情や挑戦を描いた感動作を、「剥き出しにっぽん」で第29回ぴあフィルムフェ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月15日 (月) 21時38分

» 舟を編む [勝手に映画評]
なるほど、こうきますか。 馬締が、松田龍平と聞いた時は「どうかな〜」と思いましたが、中々どうして。結構いい仕上がりになっていますね。さすがです。 凛とした美しさを持つ女性には、やっぱり宮崎あおいは外せないですよねぇ。ただ、「自分、不器用ですから」と言い...... [続きを読む]

受信: 2013年4月15日 (月) 22時34分

» 映画 舟を編む [充実した毎日を送るための独り言]
・映画「舟を編む」(2013年4月13日より公開 松田龍平 宮崎あおい オダギリジョー出演)  出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也...... [続きを読む]

受信: 2013年4月15日 (月) 23時33分

» 「舟を編む」:仕事×年月=感動 [大江戸時夫の東京温度]
映画『舟を編む』は小生にしては珍しく原作を先に読んでいたのですが、良い映画化でし [続きを読む]

受信: 2013年4月16日 (火) 00時23分

» 大渡海~『舟を編む』 [真紅のthinkingdays]
 大手出版社・玄武書房では、新しい辞書 『大渡海』 の編纂作業が本格的 に始まろうとしていた。営業部から辞書編集部へ転属となった馬締光也(松田 龍平)は、「辞書とは、言葉という大海を渡るための...... [続きを読む]

受信: 2013年4月16日 (火) 07時29分

» 『舟を編む』 [こねたみっくす]
集めた言葉が編むのは辞書を作る人たちの熱い心。 2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん先生の小説を石井裕也監督が映画化したこの作品は、辞書に対する見方が変わるだけでなく、会話 ... [続きを読む]

受信: 2013年4月17日 (水) 16時30分

» 映画『舟を編む』★ “大渡海〜キラキラ光る海は言葉が輝くような [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160627/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 映画レビューです(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id343711/rid55/p1/s0/c1/ ..... [続きを読む]

受信: 2013年4月17日 (水) 20時37分

» 映画『舟を編む』 [健康への長い道]
 今日も新宿ピカデリー。『舟を編む』を観てきました。原作は未読ですが、文庫になったら読むつもりです。  これまで読んだ三浦しをんさんの小説の中では(それほど読んではいないけど)、『まほろ駅前多田便利軒』と『神去村なあなあ日常』がお気に入りです。 Story …... [続きを読む]

受信: 2013年4月17日 (水) 21時13分

» 舟を編む [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】石井裕也 【出演】松田龍平/宮崎あおい/オダギリジョー/黒木華/渡辺美佐子/池脇千鶴/伊佐山ひろ子/八千草薫/小林薫/加藤剛 【公開日】2013年 4月13日 【製作】日本 【ストーリー】 ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月17日 (水) 21時15分

» 舟を編む ★★★☆☆ [センタのダイアリー]
言葉は思考であるという考え方に基づく記号論があるように、言葉の世界は果てしなく広く深い。 言うならば、ことばは人間の活動全てであると言っても過言ではない。 また、言葉は新たに生まれ又は死んで...... [続きを読む]

受信: 2013年4月17日 (水) 21時35分

» 『舟を編む』 [ラムの大通り]
「久しぶりだから、 喋りやすい映画からにしちゃうかな」 ----えっ、そうニャの? これって、タイトルからして分かりにくいけど…。 「そう言われてみると 確かにそうだね。 これは、ある出版社で 新しい辞書を作った人たちの話。 それまでの辞書とは違って若者言葉や 新...... [続きを読む]

受信: 2013年4月17日 (水) 23時29分

» 映画「舟を編む」 [FREE TIME]
映画「舟を編む」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2013年4月18日 (木) 00時29分

» 舟を編む [いい加減社長の映画日記]
ユナイテッド・シネマとしまえんのサイトで、公開しているのを見逃していて、あわてて日曜日に・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 大手出版社、玄武書店の辞書編集部は、ベテラン編集者の荒木が定年退職するため、後任に営業部で変人扱いされていた馬締(ま...... [続きを読む]

受信: 2013年4月18日 (木) 05時10分

» 『舟を編む』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「舟を編む」 □監督 石井裕也□脚本 渡辺謙作□原作 三浦しをん□キャスト 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林 薫、加藤 剛、       渡辺美佐子、黒木華、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草 薫■鑑賞日 4月13日...... [続きを読む]

受信: 2013年4月18日 (木) 12時26分

» 劇場鑑賞「舟を編む」 [日々“是”精進! ver.F]
言葉は、生きている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304160001/ 映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラックサントラ 渡邊崇 リトル・モア 2013-04-... [続きを読む]

受信: 2013年4月19日 (金) 06時09分

» 舟を編む [象のロケット]
玄武書房・営業部で持て余されていた27歳の馬締(まじめ)光也は、言語能力を買われ、新しい辞書「大渡海」の編纂に取り掛かったばかりの辞書編集部へ異動となった。 辞書作りは、用例採集、見出し語選定、語釈執筆、レイアウト、校正など、気が遠くなるほど地味な作業の連続だが、馬締はそんな仕事が全く苦にならない。 ところが、ある日「大渡海」中止の噂が入って来る…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2013年4月19日 (金) 15時56分

» 「舟を編む」みた。 [たいむのひとりごと]
原作は未読。本屋大賞を受賞された時分は書店に山積みされていたし、ずっと気にはなっていた小説ではあるが、今まで手に取らなかったのはどうにも「”舟”を”編む”」というタイトルから内容がまったくイメージでき... [続きを読む]

受信: 2013年4月19日 (金) 16時38分

» 映画『舟を編む』 [頑張る!独身女!!]
なんか [続きを読む]

受信: 2013年4月19日 (金) 21時30分

» 「舟を編む」 [NAOのピアノレッスン日記]
〜マジメって、面白い〜 2013年  日本映画   (2013.04.13公開)配給:松竹=アスミック・エース    上映時間:133分監督:石井裕也原作:三浦しをん 『舟を編む』(光文社刊)脚本:渡辺謙作音楽:渡邊崇出演:松田龍平/宮崎あおい/オダギリジョー/...... [続きを読む]

受信: 2013年4月20日 (土) 21時33分

» 舟を編む [にきログ]
さて、お久しぶりの映画感想ですね こちら三浦しをんさんの小説原作の映画化ですね ほぼあらすじも知らずに見た映画です 個人的には私は前情報を入れすぎると余計な先入観が入るので何も知らずに見るほうが...... [続きを読む]

受信: 2013年4月20日 (土) 23時13分

» 舟を編む [だらだら無気力ブログ!]
辞書作りって大変なんだな。 [続きを読む]

受信: 2013年4月21日 (日) 02時01分

» 映画「舟を編む」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「舟を編む」観に行ってきました。2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん原作の同名小説を、松田龍平・宮崎あおい主演で実写化した作品。物語の始まりは1995年。出版社の玄... [続きを読む]

受信: 2013年4月23日 (火) 23時00分

» 『舟を編む』 [キュートなバアサンになるために]
公式サイト  玄武書房の辞書編集部の荒木は新しい辞書の編纂作業途中に退職することを監修者の松本に告げた。 荒木を失うことに落胆する松本。 荒木は絶対に自分の代りになる人材を探す、と言い切ったが・・・  かたっぱしから社員に「右という言葉を説明せよ。」と問...... [続きを読む]

受信: 2013年4月23日 (火) 23時51分

» 舟を編む [映画的・絵画的・音楽的]
 『舟を編む』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)昨年の本屋大賞を受賞した際に原作本〔三浦しをん著『舟を編む』(光文社)〕を読んだことから、本作にも興味が湧いて映画館に出かけてみました。  本作の最初の方の時代は1995年、舞台は出版社・玄武書房の辞書編集...... [続きを読む]

受信: 2013年4月24日 (水) 22時16分

» 「舟を編む」言葉を意味を集め続けた先にみた言葉1つ1つの意味の大切さと難しさ [オールマイティにコメンテート]
「舟を編む」は三浦しをん原作の「舟を編む」を映画化した作品で辞書編集者になったまじめな男が15年という歳月を掛けて辞書を出版するまでの過程を描いた作品である。辞書と言 ... [続きを読む]

受信: 2013年4月26日 (金) 06時16分

» 舟を編む  監督/石井裕也 [西京極 紫の館]
【出演】  松田龍平  宮崎あおい  オダギリジョー 【ストーリー】 玄武書房に勤務する馬締光也は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、現代語に強いチャラ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月26日 (金) 23時11分

» 「舟を編む」 [塩ひとつまみ]
真面目なマジメくんが面白い。 [続きを読む]

受信: 2013年4月27日 (土) 20時47分

» 「舟を編む」試写会招待状 [雲九のもくもく覚書]
辞書をつくるという地味な話に2時間20分越えは長いぜぇ〜? と思ったけど、長くは感じませんでした。 よいものをみました。ちょっと言語の海のイメージがチープで 広がりがあんまり感じられなかったんだけど…。 収録語チェックのシーンは見ているだけで吐きそうに…。 ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月27日 (土) 23時16分

» 「舟を編む」 [ゆっくり歩こ。]
家に帰ってすぐ、岩波の国語辞典で調べました “右” おぉ〜〜〜! ホントに書いてあるぅぅ〜 馬締光也という大変まじめな青年が辞書を作るお話 この真面目で不器用な感じに・・・ 笑いました 思わずクスクスしてしまった 辞書って・・・ 作るの大変な...... [続きを読む]

受信: 2013年4月28日 (日) 00時56分

» 「舟を編む」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2013年・日本 配給:松竹、アスミック・エース 監督:石井裕也原作:三浦しをん脚本:渡辺謙作撮影:藤澤順一音楽:渡邊 崇 出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、201... [続きを読む]

受信: 2013年4月28日 (日) 01時36分

» 『舟を編む』を観てきた!? [映画観たよ(^^)]
『舟を編む』を観てきました。 舟を編む - 映画.com まず一言言いたいのは、、時代背景が・・・・?? 1995年という時代背景ですが・・・・バブル崩壊後・・・まだソフトスーツ着てた気がします。 ネクタイも明るめのものが流行っていた気がします。 そのあと3つボタンになって、今に落ち着く・・・なんだけど。 PCとかは98フェロー/メイトを使っていて時代を追っていたのに残念でした。 (さすがに協賛にマイクロソフトが付いていただけありました) と、まぁ前置きはこんなところで。 全体的には、こころ... [続きを読む]

受信: 2013年4月29日 (月) 20時40分

» 映画「舟を編む」仕事に何を求めるのか [soramove]
映画「舟を編む」★★★★ 松田龍平、宮崎あおい オダギリジョー、黒木華 出演 石井裕也監督、 134分、2013年4月13日より全国公開 2012,中国,角川映画 (原題/原作:舟を編む/三浦しおん) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← この映画の原作を読んだ時の感想はコチラ↓ クリックすると記事に飛びます↓ 書籍「舟を編む」好きこそ... [続きを読む]

受信: 2013年4月29日 (月) 23時35分

» 丹念に作りこまれた辞書の世界 [映画] 舟を編む [日々の書付]
映画「舟を編む」を見ました。よかった!原作ファンも満足の出来でした。細部にまでこだわった映像の世界と、役者さんの演技もすばらしかった。 物語は「大渡海」という辞書編纂に関わる人々の、13年間のドラマと、主人公・馬締の成長が描かれています。馬締は最初、思ったことをうまく口にすることができないのですが、辞書づくりに関わるうちに、少しずつ言葉を選び抜いて、懸命に伝えようとするんです。その言葉たちは、多少堅苦しいのだけれど、そこにはうそやおべんちゃらは無いのです。だから、かぐやも西岡も、馬締さんのこと... [続きを読む]

受信: 2013年5月 1日 (水) 11時12分

» 映画・舟を編む [読書と映画とガーデニング]
2013年 日本 ほぼ三浦しをんさんの原作通りでした 主人公の馬締(松田龍平)は原作から自分が想像していたよりさらに風変わり 一生懸命な人間が見せる滑稽さ、でもカッコイイ 真面目な馬締は松田龍平以外では誰が演じられるか、と思うくらい嵌まっていました ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 2日 (木) 13時12分

» 舟を編む [はるみのひとり言]
嵐がやって来るさなか、試写会に行って来ました。大荒れにならなくて良かったけど。15年かけて新しい辞書を作っちゃう人たちのお話です。とにかく辞書を作るってこんなに歳月と労力がいるのかと思ってしまいます。気の遠くなるような地道な作業です。私だったら虫が出そ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 3日 (金) 12時00分

» 辞書を作ろう! [笑う社会人の生活]
20日のことですが、映画「舟を編む」を鑑賞しました。 玄武書房に勤務する馬締は職場の営業部では変人扱いされていた 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属され、新しい辞書「大渡海」の編編に従事することになり・・・ 辞書編集をテーマにしたドラマ  ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 4日 (土) 09時52分

» 「舟を編む」、三浦しおん原作の辞書つくりの話です [ひろの映画日誌]
おススメ度 ☆☆☆☆       地味な映画好き向け 全編、辞書つくりの話、15年もかけて作られる辞書(大渡海)。 たしかに、普通の会社じゃ投げ出してしまう。 定年間近の辞書編集者が、後釜を探し始める。 今、一緒にいる男が、いささかおちゃらけていて、芯にな...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 4日 (土) 20時05分

» 「舟を編む」 [prisoners BLOG]
初めのうち今現在である2013年の話かと思っていたらPHSなんて出てきたのに始まり、だんだん20世紀終りから21世紀初めにわたる時期であることがわかってくる。 字幕を出したりしていっぺんに解説的に描かず電話ボックスが背景に映ったり固定電話を使っているのが普通だっ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 5日 (日) 09時41分

» 舟を編む [花ごよみ]
監督は石井裕也。 三浦しをんの同名小説の映画化。 主演の馬締光也役には松田龍平、 馬締が恋する香具矢役には、 宮崎あおいがキャスティング。 先輩役の西岡正志をオダギリジョー、 加藤剛、八千草薫、渡辺美佐子等、 共演者達もそれぞれ個性的で、 魅力ある人物...... [続きを読む]

受信: 2013年5月15日 (水) 22時38分

» [映画『舟を編む』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆いい映画でした。  イメージ的に、「本」を物語のメインに据えているので、それぞれのヒロイン(宮崎あおい/榮倉奈々)の可愛さが同タイプであることもあり、「図書館戦争」と同時期で対を成す印象だ。  でも、先に見た「図書館戦争」の激しさよりも、今作品の、水面...... [続きを読む]

受信: 2013年5月18日 (土) 17時19分

» 舟を編む [単館系]
舟を編む ユナイテッド・シネマ浦和 4/13公開 玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。 新しい...... [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 00時51分

» 舟を編む (2013) 133分 [極私的映画論+α]
 もう一度読もうかな [続きを読む]

受信: 2013年5月19日 (日) 07時40分

» 石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい・主演『舟を編む』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を石井裕也監督が実写映画化した『舟を編む』。出演は松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、加藤剛、小林薫、池脇千鶴、他物語・玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平... [続きを読む]

受信: 2013年5月20日 (月) 02時39分

» 舟を編む [la Casa del Lapiz:鉛筆庵]
         2013年/日本/133分 原作:三浦しをん 監督:石井裕也 出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、渡辺美佐子、黒木華 『辞書は、言葉の海を渡る「舟」:ひとは言葉という舟に乗り、暗い海面に浮かびあがる小さな光を集める。もっともふさわしい言葉...... [続きを読む]

受信: 2013年5月21日 (火) 00時09分

» 舟を編む [愛猫レオンとシネマな毎日]
2012年、本屋大賞に輝いた同名小説を、「川の底からこんにちは」の 石井裕也監督によって映画化したもの。 ストーリーは「今を生きる辞典」というコンセプトの元に、新しい辞書作りに 情熱を注ぐ人々のお話でした。 新しい辞書のタイトルは「大航海」 言葉の海を渡る(舟)=(辞典)を(編んで)=(編集して)完成させるには 気の遠くなる作業の積み重ねでした・・・ コレは、ヨカッタ!ワタシ的には大絶賛! もう1度、見てもいいかなぁ~ 熱いのは、体育会系だけじゃあないのだ! インドア派の文化系の主人公だって、... [続きを読む]

受信: 2013年5月28日 (火) 18時53分

» 石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい・主演『舟を編む』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を石井裕也監督が実写映画化した『舟を編む』。出演は松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、加藤剛、小林薫、池脇千鶴、他物語・玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平... [続きを読む]

受信: 2013年5月29日 (水) 01時55分

» 映画『舟を編む』(13日-10) [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
故児玉清氏、中江有里さんの名司会で 大好きだった「週間ブックレビュー」で 原作が紹介された時、出演者全員が絶賛。  読み [続きを読む]

受信: 2013年6月 4日 (火) 18時28分

» No.351 舟を編む [気ままな映画生活]
出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、 ... [続きを読む]

受信: 2013年6月 9日 (日) 21時36分

» 舟を編む [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
舟を編む 13:日本 ◆監督:石井裕也「ハラがコレなんで」「川の底からこんにちは」 ◆出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、 鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、 八千草薫、小林薫、加藤剛、宇野祥平、森岡龍 ◆STORY◆玄武書房に勤務す...... [続きを読む]

受信: 2013年6月11日 (火) 22時56分

» ショートレビュー「舟を編む・・・・・評価額1600円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
言葉の大海の、静かなる冒険者たち。 普段何気なく使っている辞書を作るのに、これほどの時間がかかっていたとは! 本作に描かれるのは、全く新しい辞書「大渡海」の編纂に挑む人々の、15年間に渡る創造の...... [続きを読む]

受信: 2013年6月14日 (金) 23時33分

» 13-129「舟を編む」(日本) [CINECHANが観た映画について]
言葉の海を渡る舟   1995年。玄武書房に勤める青年・馬締光也は、真面目すぎる性格ゆえに営業部で浮いた存在。  そんなある日、彼は言葉に対するセンスを買われて辞書編集部に異動となる。迎えたのは、定年間近のベテラン編集者・荒木やお調子者の西岡ら個性あふれる面々。  辞書編集部では現在、新しい辞書『大渡海』の編纂に取り組んでいた。馬締は彼らを通して辞書の世界の奥深さに触れ、辞書作りに没頭していく。  そんな馬締がある夜、下宿先の大家と同居することになった板前修行中の孫娘・林香具矢と出...... [続きを読む]

受信: 2013年7月12日 (金) 01時27分

» 舟を編む [シェイクで乾杯!]
辞書作りって、これほどまでにアナログで地道な作業だったんだと感動〜 [続きを読む]

受信: 2013年8月27日 (火) 22時00分

» 『舟を編む』 なぜ1995年なのか? [映画のブログ]
 『舟を編む』は、辞書の編纂という地味で気の長そうな仕事が、想像を遥かに上回るほど地味で気が長いことを描き、そこから絶妙な笑いを生み出すコメディだ。  本作は1995年を舞台にしているけれど、描かれる内容は極めて今日的だ。東日本大震災後の私たちにとって、切実な問題でもある。  それどころか、時代設定が1995年であるところがミソなのだ。  20年にも及ぶ辞書作りは、いつの時代を舞台にし...... [続きを読む]

受信: 2014年1月 3日 (金) 21時01分

» 舟を編む [いやいやえん]
松田龍平は一見パッとしない役柄のほうが似合う。 辞書を作る。それは、何万語とある言葉の海の中を泳いで渡るごときのようなもの。現代に於いてそれがこんな途方もない年月と労力が費やされているものだとは夢にも思わなかった。先達たちが作ってきた辞書を改良編集して作っているものと思っていた。はっきりいって、辞書を観る目が変わったように思う。 何気なく普段遣っている言葉、その意味をいざ説明してみろといわれたら、我々は出来るだろうか?劇中、序盤で主人公が「右」という言葉を説明してみろといわれるシーンがあ... [続きを読む]

受信: 2014年1月 6日 (月) 08時44分

» 舟を編む [タケヤと愉快な仲間達]
監督:石井裕也 出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、小林薫、加藤剛 【解説】 2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を、『川の底からこんにちは』などの石井裕也監督が実写映画化。ある出版社の寄せ集め編集部が...... [続きを読む]

受信: 2014年2月 9日 (日) 17時34分

» 舟を編む [映画と本の『たんぽぽ館』]
いざ、言葉の大海原へ * * * * * * * * * * 本作は、三浦しをんさんの原作を非常に面白く読んだので、 見るまでもないと思い、見ていなかったのですが、 日本アカデミー賞受賞作となればやはり見ないわけにも行きますまい・・・。 玄武書房の営...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 5日 (月) 19時57分

» 「舟を編む」 [本と旅とそれから]
く、く、く、くぅぅ~!良い~~(T_T)。 笑いあり、感動あり。 そして何より、原作を読んだときに思い描いたイメージをまったく損なわない!素晴らしい映像化です。 (なお、三浦しをんさんの原作「舟を編む」の感想はコチラ。)... [続きを読む]

受信: 2014年8月14日 (木) 23時10分

« 「トラベラーズ 次元警察」 坂本監督の趣味爆発 | トップページ | 「ライジング・ドラゴン」 自分にとってのリアルヒーロー »