« 本 「ひきこもれ -ひとりの時間をもつということ-」 | トップページ | 本 「鐘」 »

2013年4月20日 (土)

「ハッシュパピー バスタブ島の少女」 たくましく生きろ!

無名の監督、そして6歳の少女の主演であるにもかかわらず、アカデミー賞にノミネートとなって話題になった作品です。
主人公は邦題にもなっている幼い少女、ハッシュパピー。
彼女の世界は言うなれば、三重に破滅の危機に面しています。
まずは地球全体、南極の氷が解け、世界各地が水没の危機に面しているように思われます。
そしてハッシュパピーが暮らすバスタブ島。
沿岸部にあるこの島は、水没の危機にさらされています。
またハッシュパピーの父親は死に至る病いにかかっています。
幼い子にとって、親に守られている家こそが世界。
父親の死は、子供にとって世界の破滅にも等しいのです。
このように彼女をとりまく環境はとても厳しい。
けれど、父親はハッシュパピーに「Beast It!」と言います。
これは「むさぼれ!」という意味のようですが、「たくましく生きろ!」という彼の娘へのメッセージであると思いました。
劇中で、ハッシュパピーの先生が古代人の話をします。
古代人は野獣の恐怖に震えていたと。
しかし人間は震えていたわけではないのですよね。
その恐怖に立ち向かい、たくましく生き残ってきた。
世界が破滅に向かおうとしていても、人はたくましく生きることができる。
いや、たくましく生きなければならない。
物語に挿入される巨大なイノシシのような野獣。
これは南極の氷の中から現れたように描かれていますが、これが世界が滅びに向かっていること、その恐怖の象徴でしょう。
けれど幼い少女、ハッシュパピーは最後にその野獣に正面から立ち向かう。
滅びを前にしても、あきらめずたくましく生きようとする意志が彼女の目から伝わってきました。

野獣が巨大なイノシシのようであったこと、自分としては「Beast It!」を「たくましく生きろ!」というメッセージとして受け取ったことから、観終わったあとは「もののけ姫」のようであったなと思いました。
その後、パンフレットを観てみたら、解説では「風の谷のナウシカ」「崖の上のポニョ」との関連を指摘していました。
なるほど・・・なんとなく宮崎駿監督の影響が伺われるのかもしれません。
よく考えてみると宮崎監督の作品は世界が破滅にひんしていて、そういった状況の中でも少年少女がたくましく生きようとするというテーマが多いのですよね。
「未来少年コナン」しかり、「風の谷のナウシカ」しかり。
親を失う=子供にとっての世界の破滅という点では、「千と千尋の神隠し」も通じるところがあるように思います。
これもパンフレットによると、監督のベン・ザイトリンはアニメーション作家でもあるそう。
監督は宮崎作品の影響を受けているかなと思ったりもしました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「ひきこもれ -ひとりの時間をもつということ-」 | トップページ | 本 「鐘」 »

コメント

まっつぁんこさん、こんばんは!

宮崎駿監督の影響、なんか感じられますよね。
僕は本作のイノシシに、「もののけ姫」のタタリ神を感じたんですよね。
共通しているのは圧倒的な不幸の運命のイメージでしょうか。
けれどそれに少女が屈せず立ち向かうところに、宮崎監督との共通性を感じました。

投稿: はらやん | 2013年4月23日 (火) 22時49分

宮崎駿監督は偉大ですね。
観た時はまったく気が付かなかった。
が、たしかにテーマに共通性ありますね。
何で気が付かなかったのか?
絵柄が全然違うから(笑)

投稿: まっつぁんこ | 2013年4月22日 (月) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/57211439

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハッシュパピー バスタブ島の少女」 たくましく生きろ!:

» ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ [あーうぃ だにぇっと]
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~@スペースFS汐留 [続きを読む]

受信: 2013年4月22日 (月) 23時07分

» ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜 [象のロケット]
世界の果てのような河川近くにあるコミュニティー、通称“バスタブ”。 ここで父と暮らす6歳の少女ハッシュパピーは、気ままな毎日を送っていた。 地球温暖化や生態系の変化の影響で危機が迫っていると噂されていたバスタブだったが、百年に一度の大嵐がやってきて、全てが水浸しになってしまった! おまけに政府は、バスタブの住民を強制退去させようとしている。 住民たちは何とかバスタブを守ろうとするのだが…。 ファンタジック・ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2013年4月24日 (水) 09時53分

» ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜/クヮヴェンジャネ・ウォレス [カノンな日々]
第85回アカデミー賞では史上最年少で主演女優賞候補となったクヮヴェンジャネ・ウォレスが話題を集めたこの作品。世界のはずれの小さな島で暮らす少女の目線を通して映し出す社会 ... [続きを読む]

受信: 2013年4月29日 (月) 21時45分

» 映画・ハッシュパピー バスタブ島の少女 [読書と映画とガーデニング]
原題 BEASTS OF THE SOUTHERN WILD 2012年 アメリカ 地球温暖化により水没の危機に瀕している「バスタブ島」 手つかずの自然に囲まれた島で父親と二人で暮らす6歳のハッシュパピー(クヮヴェンジャネ・ウォレス) 彼女は「この自然界は繊細な仕組みを持ちなが...... [続きを読む]

受信: 2013年4月30日 (火) 19時33分

» 『ハッシュパピー〜バスタブ島の少女〜』 [こねたみっくす]
親は子に「強く生きろ」と願い、子は親に「長く生きて」と願う。 わずか200万ドルで製作したインディ作品がオスカー候補になっただけでなく、主演のクヮヴェンジャネ・ウォレスが ... [続きを読む]

受信: 2013年5月 1日 (水) 21時09分

» ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ [心のままに映画の風景]
6歳の少女ハッシュパピー(クヮヴェンジャネ・ウォレス)は、長々と伸びる堤防によって、まるで世界から切り離されているかのような“バスタブ”と呼ばれるコミュニティーで、父親のウィンク(ドワイト・ヘン...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 2日 (木) 14時59分

» ハッシュパピー バスタブ島の少女 [映画と本の『たんぽぽ館』]
“ヒト”が太古から生活してきたそのままに             * * * * * * * * * 無名新人監督によるインディペンデント作品ですが、一躍脚光を浴び、 当時6歳のクワベンジャネ・ウォレスが 史上最年少アカデミー主演女優賞にノミネートされた...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 2日 (木) 20時10分

» 映画:ハッシュパピー バスタブ島の少女 Beasts of the Southern Wild  尽きない生命力を体感せよ! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
どんな時代なのか(現代? 未来?) どこなのか(アメリカなのはわかるけど、いったいここはどこ?) そんなことさえ全くわからないまま、6才の少女から語られる今。 何はともかく、恐ろしく強力に「生命力」に溢れる。 凄いパワー! これに圧倒されているうちに、す...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 3日 (金) 09時37分

» ハッシュパピー [映画的・絵画的・音楽的]
 『ハッシュパピー バスタブ島の少女』を渋谷のシネマライズで見ました。 (1)カンヌ国際映画祭やアカデミー賞などで高く評価されたということで映画館に行ってみました。  本作は、水没の危機に瀕した島で暮らす父娘の物語です。  主役は、6歳の女の子のハッシュパ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 7日 (火) 05時05分

» ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ [とりあえず、コメントです]
2012年度のアカデミー賞を賑わした少女クヮヴェンジャネ・ウォレス主演のファンタジックなドラマです。 あの世界の全てを睨みつけるような表情に惹かれてチャレンジしてみました。 予想以上に過酷な運命の中で真っ直ぐに前を向く彼女の姿に、大きな何かを貰った気持ちになる作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2013年5月 7日 (火) 08時56分

» ハッシュパピー バスタブ島の少女/BEASTS OF THE SOUTHERN WILD [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 劇場で予告篇何度も観ちゃってて、それでも惹かれなかったんだけど アカデミー賞作品賞など、主要4部門でのノミネートというわけで 一応観なくちゃってことで、時間も合ったのでみてきました〜 若干29歳...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 8日 (水) 23時56分

» 『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』これが生きる力だ! [Healing ]
ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜   Beasts of the Southern Wild ★★★★★ 絵本の世界のようなファンタジーと 厳しい現実との はざまにある “いのち”の本質と生命力 ゆとり教育の導入のとき、 「生きる力」を育むとか、なんたら、かんたらという文脈がありましたが、 この映画の中にあるものこそ、「生きる力」だと思うんです。 6歳の... [続きを読む]

受信: 2013年5月16日 (木) 15時53分

» 他にない力強さ! [笑う社会人の生活]
7日のことですが、映画「ハッシュパピー バスタブ島の少女」を鑑賞しました。 6歳の少女ハッシュパピーは、“バスタブ”と呼ばれるコミュニティーで父親のウィンクと暮らしていた 閉鎖的な場所であったものの穏やかな日々を送っていたが、ある晩嵐が全てを奪い去ってし...... [続きを読む]

受信: 2013年5月20日 (月) 17時35分

» 映画「ハッシュパピー バスタブ島の少女 」この映画のどこをどう評価したのだろう? [soramove]
映画「ハッシュパピー バスタブ島の少女 」★★★ クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドゥワイト・ヘンリー 出演 ベン・ザイトリン監督、 93分、2012年4月20日より全国公開 2012,アメリカ,ファントム・フィルム (原題/原作:BEASTS OF THE SOUTHERN WILD) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 第85回アカ... [続きを読む]

受信: 2013年5月25日 (土) 08時03分

» ハッシュパピー バスタブ島の少女 ★★.5 [パピとママ映画のblog]
昨年のサンダンス映画祭で上映されて以来、新人ベン・ザイトリン監督によるこの低予算の映画は、数多くの賞賛を受けていた。サンダンスではグランプリと撮影賞を受賞。カンヌ国際映画祭にも招かれ、カメラドール、国際批評家連盟賞など四冠に輝き、もしかしてアカデミー賞...... [続きを読む]

受信: 2013年6月15日 (土) 08時58分

» 「ハッシュパピー バスタブ島の少女」、黒人の少女のたくましい演技! [ひろの映画日誌]
おススメ度 ☆☆☆ バスタブ島というから南の島かと思えば、アメリカルイジアナ州。川の向こうには工業地帯が。 でも、この映画6歳の少女の語りからすれば、ファンタジーなのだ。自然と環境そんなテーマも予想され、社会の厳しい現実が描かれ、ある意味風刺的でもある。 ...... [続きを読む]

受信: 2013年6月16日 (日) 19時39分

» ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜 [悠雅的生活]
地球とおしゃべり。目覚めたオーロックス。小さなかけら。 [続きを読む]

受信: 2013年7月 3日 (水) 22時24分

» ハッシュパピー バスタブ島の少女 [愛猫レオンとシネマな毎日]
主人公、ハッシュパピーを演じた、わずか6歳の無名の少女がアカデミー賞主演女優賞に ノミネートされた作品です。 アメリカ南部の湿地帯にあるバスタブ島で父親と暮らす6歳の少女ハッシュパピー。 百年に1度の大嵐によって島は水没してしまい、唯一の肉親である父にも 病の死が迫ってます。 少女には過酷すぎる現実。 でも泣きながらも生き抜こうとする少女の生命力に心打たれました。 地球温暖化による海面上昇によって、この世から消えてしまうだろう島の現実。 ストーリーの中には、今の地球の悲鳴のようなものが描かれ... [続きを読む]

受信: 2013年7月 9日 (火) 22時43分

» 映画『ハッシュパピー~バスタブ島の少女~』(13外-3) [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
地元のユナイテッドシネマで、月に何本か 特別上映の映画が掛ります。 封切りを見逃したけど、観たかった映画たち この企画は [続きを読む]

受信: 2013年7月18日 (木) 22時13分

» ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ [rambling rose]
堤防によって隔てられているバスタブ島で極貧ながら元気に暮らす少女ハッシュパピー。そんな中、100年に一度と言う大嵐が島に近づいていた・・。 [続きを読む]

受信: 2013年7月29日 (月) 21時59分

» 映画『ハッシュパピー、バスタブ島の少女』を観て [kintyres Diary 新館]
13-37.ハッシュパピー、バスタブ島の少女■原題:Beasts Of The Southern Wild■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:93分■観賞日:5月1日、シネマライズ(渋谷)■料金:1,000円□監督・脚本:ベン・ザイトリン□脚本:ルーシー・アリバー◆クゥヴェンジャネ...... [続きを読む]

受信: 2013年9月22日 (日) 14時58分

» ハッシュパピー バスタブ島の少女 [いやいやえん]
海に浮かんだ小さな島通称バスタブに、父と暮らす少女ハッシュパピー。 しかしある晩襲ったハリケーンにより、島は海水にのみこまれてしまう…。 てっきり南太平洋かどこかの島だろうと思っていたのですが、舞台はアメリカの南部らしいですね。なんだかそれだけでも彼女の暮らしがどこかファンタジーに思えてきちゃいます。堤防の向こう側にはたくさんの工場が並んでいて、ハッシュパピー側の不衛生ながら土着的な環境が、近時代にあまり思えないんですね。 ハッシュパピー役の少女はとても愛らしく、眩しく光り輝いている。し... [続きを読む]

受信: 2013年10月13日 (日) 09時25分

» ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【BEASTS OF THE SOUTHERN WILD】 2013/04/20公開 アメリカ 分監督:ベン・ザイトリン出演:クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドワイト・ヘンリー ウィンク あたしは強くなる [Story]長々と伸びる堤防によって、まるで世界から切り離されているかのような小さなコミュニティ...... [続きを読む]

受信: 2013年11月29日 (金) 12時55分

» ショートレビュー「ハッシュパピー バスタブ島の少女・・・・・評価額1600円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
楽園からの旅立ち。 「ハッシュパピー バスタブ島の少女」という柔らかい邦題よりも、「Beasts of the Southern Wild」という原題の方がしっくりくるパワフルな作品だ。 主人公の少女、ハッシュパピーとワイルドなオヤジ、ウィンクが暮すのは、大河の河口にある小さな島、バスタブ。 ここでは人々がヒッピーコミューンの様な集落を作って、自由気ままに生活している。 海にある...... [続きを読む]

受信: 2013年12月 4日 (水) 00時42分

» ハッシュパピー バスタブ島の少女 : こういうのを無責任というのでは…。 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 「特定秘密保護法案」のアンケートに対するご回答、誠にありがとうございます。本法案に関しては、マスコミのいうとおり問題点をはらんでいることは確かですね。しかしながら、 [続きを読む]

受信: 2013年12月18日 (水) 09時36分

» 13-294「ハッシュパピー バスタブ島の少女」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
小さな欠片が崩れると、世界が壊れる   長々と伸びる堤防によって、まるで世界から切り離されているかのような小さなコミュニティ、通称“バスタブ”。  自分には動物と会話できる特殊な能力が備わっていると信じる6歳の少女ハッシュパピーは、飲んだくれの父親ウィンクと暮らしながら、バスタブの仲間たちと活気にあふれた毎日を送っていた。  その一方で、自然界は繊細な秩序で守られていると考える彼女は、秩序の崩壊によって獰猛な伝説の巨獣オ―ロックスが復活するとの言い伝えに怯えていたのだった。  そん...... [続きを読む]

受信: 2014年1月28日 (火) 01時23分

« 本 「ひきこもれ -ひとりの時間をもつということ-」 | トップページ | 本 「鐘」 »