« 本 「道草」 | トップページ | 本 「ローカル線で行こう!」 »

2013年4月 7日 (日)

「推理作家ポー 最期の5日間」 ミステリー好きのための

劇場で見逃したので、レンタルで観賞。
主人公は「モルグ街の殺人」などの作品がよく知られる、かの有名なエドガー・アラン・ポー。
彼は推理小説というジャンルを作った作家として知られています。
日本の推理小説作家江戸川乱歩の名は、エドガー・アラン・ポーをもじってつけられたというのは有名な話です。
僕はけっこう推理小説を読む方で、江戸川乱歩やコナン・ドイルあたりまではけっこう読んでいます。
ただ「モルグ街の殺人」など有名な作品でもポーの小説はまだ読んだことがないのです。
もちろん名前は知ってはいますが、その人となりもよく知りませんでした。
1849年にボルティモアで瀕死の状態で発見され、そのとき「レイノルズ」という意味不明の言葉を遺し、そして死亡したということも。
なぜ彼はボルティモアにいたのか、「レイノルズ」という言葉(名前)は何を指しているのかということは明らかにされず、その死は謎に包まれているようです。
本作は、その実際のポーの死で遺された謎を解き明かす内容となっています。
ということなので、この作品はポーの人となり、そしてその死の謎を知っている人が観ると、「なるほど、そう解釈したか」というように楽しめたのだろうなと思いました。
残念ながら、僕はあまり知らなかったので、その辺を楽しめなかったのが残念なところでした。
公開も終わっているのでネタバレさせちゃいますが、犯人はポーのファンでもある、新聞社の活字組工レイノルズ。
彼は作品をあまり発表しなくなったポーに作品を書かせるため、また自分の行為が彼の作品に反映されるということへの欲望のために、ポーの作品にちなんだ連続殺人事件を起こします。
作家等有名人への愛情が高まるあまり、彼らに対してストーキング的な行為に及ぶというのは、「ミザリー」「ザ・ファン」などの恐怖小説の定番の形式ですね。
また書き物にあわせて殺人事件が起こるというのもかなりの定番。
アガサ・クリスティーや横溝正史の作品でも歌に合わせて殺人事件が起こるということが描かれています。
そういう点で本作は推理ものの王道中の王道であると言っていいでしょう。
また「レイノルズ」は犯人の名前そのもので、それこそがポーのダイイング・メッセージでした。
ダイイング・メッセージということも推理小説ではよくでてくるキーワード。
また最初の殺人事件が起こるのもポーの小説でも描かれている密室殺人事件です。
このあたりの設定なども推理ものの定番です。
ミステリー好きにとっては定番の設定の中に、そのミステリーの開祖であるエドガー・アラン・ポーがいるというのが、興味深いところかもしれないですね。
ですので、本作はミステリー好き、なかでもポーの作品に触れたことのある人向けの作品なのかもしれません。
そうそう、この作品の原題の「The Raven」はポーの代表的な詩である「大鴉(The Raven)」と同じ。
作品中でも各所に鴉のモチーフが出てきました。
このあたりもポーに関してマニアックなところが出ていましたね。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「道草」 | トップページ | 本 「ローカル線で行こう!」 »

コメント

sakuraiさん、こんにちは!

おどろおどろしい感じ出てましたよね。
僕は家で観たので、映像がかなり真っ暗で、テレビの画面に映り込みがあって最初は「何が映っているんだ??」って感じでした。
劇場でもあんな感じだったのかな。
ポーの作品はミステリー好きのクセに一冊も読んでないので、今度機会があれば読んでみようかと思います。

投稿: はらやん | 2013年4月19日 (金) 17時24分

ですねえ。
ポーの作品を好きな人は、より楽しめる!って感じでした。
なんせ、ポーの作品なんて、小学校のときに、少年少女文学全集で読んだくらいなんで、なかなか・・。
いま読み返すと、なんか面白そうかもと思わせてもらいました。
おどろおどろしい雰囲気は、よーく出てましたね。時代の雰囲気に浸れたので、その点ではとっても良かったです。

投稿: sakurai | 2013年4月16日 (火) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/57126475

この記事へのトラックバック一覧です: 「推理作家ポー 最期の5日間」 ミステリー好きのための:

» 推理作家ポー 最期の5日間 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
推理作家ポー 最期の5日間 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]推理作家エドガー・アラン・ポーと模倣犯による壮絶な戦いを描いたミステリー「推理作家ポー 最期の5日間」。東欧ロケが独特 ... [続きを読む]

受信: 2013年4月 8日 (月) 23時46分

» 推理作家ポー 最期の5日間 [ルナのシネマ缶]
エドガー・アラン・ポーといえば 初の推理小説を書いた作家として 世界的に有名ですが、 生活はとても貧窮していて、40歳の若さで 謎の死をとげたみたいですね。 死んでから有名になる!っては 芸術家には多いですが、謎の死!ってのが また興味をそそられますよねー。 1849年のボルチモア。ある殺人事件を担当することになった 若き警視正エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、 事件が推理作家エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の 作品によく似ていることを察知。 ポ... [続きを読む]

受信: 2013年4月 9日 (火) 00時39分

» 12-376「推理作家ポー 最期の5日間」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
大鴉は言った、二度とするな   1849年。アメリカ、ボルティモア。ある夜、密室で母娘が犠牲となる凄惨な猟奇殺人事件が発生する。  現場に駆けつけたフィールズ刑事は、それが数年前に出版されたエドガー・アラン・ポーの推理小説『モルグ街の殺人』の模倣であることに気づく。  ほどなく第2の模倣殺人が起こり、フィールズ刑事はポーに捜査への協力を要請。  ところが今度は、ポーの恋人で地元名士の令嬢エミリーが、彼女の誕生日を祝う仮面舞踏会の会場から忽然とさらわれてしまう。  しかも犯人はポー...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 9日 (火) 01時01分

» 映画:推理作家ポー 最期の5日間 [よしなしごと]
 あれ?公式サイトがなくなってる!いくら何でも早くない?と言うわけで推理作家ポー 最期の5日間を見てきました。 [続きを読む]

受信: 2013年4月 9日 (火) 01時15分

» 劇場鑑賞「推理作家ポー 最期の5日間」 [日々“是”精進! ver.F]
エドガー・アラン・ポーの死に隠された謎… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210120002/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 9日 (火) 20時35分

» 「推理作家ポー 最期の5日間」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Raven」 2012 USA/ハンガリー/スペイン 世界初の推理小説家とも言われる、かの有名なる、偉大なるエドガー・アラン・ポーが極貧に喘いでいたという事実を知り驚いた。著名なるアメリカの作家としてしか知りようがないが、画家のゴッホみたいに生きてる間は世間から認められなくて貧乏だったみたい... 映画は貧苦の中で妻を結核で失い、その2年後40歳で謎の死をとげたポーの姿を描いている。 エドガー・アラン・ポーに「理想の恋人.com/2005」「さよなら。いつかわかること/200... [続きを読む]

受信: 2013年4月 9日 (火) 22時42分

» 推理作家ポー 最期の5日間 [心のままに映画の風景]
1849年、ボルチモア。 ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、事件が推理作家エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の作品によく似ている...... [続きを読む]

受信: 2013年4月11日 (木) 01時22分

» 推理作家ポー 最期の5日間/ジョン・キューザック [カノンな日々]
日本のミステリー大作家・江戸川乱歩さんのペンネームの由来としても有名な世界初の推理作家エドガー・アラン・ポーの最期のの日々を描くサスペンス・スリラー作品です。エドガー ... [続きを読む]

受信: 2013年4月11日 (木) 21時32分

» 推理作家ポー 最期の5日間 [あーうぃ だにぇっと]
推理作家ポー 最期の5日間@よみうりホール [続きを読む]

受信: 2013年4月11日 (木) 22時13分

» 推理作家ポー 最期の5日間 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【THE RAVEN】 2012/10/12公開 アメリカ R15+ 110分監督:ジェームズ・マクティーグ出演:ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・マクナリー 偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、なぜ死んだのかhellip;...... [続きを読む]

受信: 2013年4月12日 (金) 11時15分

» 推理作家ポー 最期の5日間 [愛猫レオンとシネマな毎日]
天才推理作家エドガー・アラン・ポーの名前を知ったのは「江戸川乱歩」から。 逆パターンのようだけど、ワタシを含めて日本人の多くが、そうだろうと思う。 ポーの死は、いまだに謎に満ちているので、本作は、あくまでもフィクション。 ポーが、40歳で亡くなる前の5日間を描いたミステリーサスペンスでした。 犯人は、ポーの熱狂的なファンである事は、冒頭から推測出来ます。 それは、彼の小説を模倣した残忍な犯行が次々と起こるからなの。 もぉ~グロいですわ。 もう横をプイと向いておりました。 そして、画面は暗く、見... [続きを読む]

受信: 2013年4月12日 (金) 18時04分

» 『推理作家ポー 最後の5日間」翻訳を推理 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
懐かしいあのかんじ。 まだ小学生や中学生の頃よく読んでいた、直訳的な文章の古典文学や推理小説。 歴史的な名作であっても、翻訳が直訳的だと話しに入り込めないよね? 推理を解く前に、翻訳した文章が言わんとするところを理解するのが難解で・・・・... [続きを読む]

受信: 2013年4月12日 (金) 23時31分

» 推理作家ポー 最期の5日間/THE RAVEN [いい加減社長の映画日記]
最初は、あんまり観る気はなかったんだけど、なんとなくそのミステリーの香りに誘われて・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 米国ボルチモア、1849年の秋。 密室で惨殺された母娘の遺体が発見され、現場に駆けつけた刑事フィールズは、数年前に発表された推理...... [続きを読む]

受信: 2013年4月13日 (土) 05時26分

» 推理作家ポー 最期の5日間 [風に吹かれて]
不幸な有名作家公式サイト http://www.movies.co.jp/poe5days監督: ジェームズ・マクティーク  「Vフォー・ヴェンデッタ」1849年、アメリカのボルチモアで、密室で惨殺さ [続きを読む]

受信: 2013年4月13日 (土) 12時25分

» 映画『推理作家ポー 最期の5日間』★暗い!怖い!気色悪い!のゴシックムード満点! [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159499/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 映画 『Vフォー・ヴェンデッタ』 の監督作品ということで興味を持っていました。 『Vフォー・ヴェンデッタ』は、瀕死の淵から再生した男の美学を、 ついには、滅びの美学で〆るという、 ドラマチックな哀愁を持って描いていた、大好きな作品です。 &..... [続きを読む]

受信: 2013年4月14日 (日) 23時19分

» 推理作家ポー 最期の5日間 [象のロケット]
1849年、アメリカ・ボルティモアで殺人事件が発生。 現場に駆け付けた若き刑事エメット・フィールズは、事件が作家エドガー・アラン・ポーの推理小説「モルグ街の殺人」に酷似していることに気づく。 その後もポーの小説を模倣した殺人事件が立て続けに起こり、ポーはエメットと共に犯人を追うことを決意するのだが…。 ミステリー。 R-15。 ≪すべてのヒントは、死体とポーの小説に隠されている!≫... [続きを読む]

受信: 2013年4月15日 (月) 16時38分

» 推理作家ポー 最期の五日間 [迷宮映画館]
虚虚実実の取り混ぜ方がうまい! [続きを読む]

受信: 2013年4月16日 (火) 12時09分

» 推理作家ポー 最期の5日間 [こんな映画見ました〜]
『推理作家ポー 最期の5日間』---THE RAVEN---2012年(アメリカ)監督:ジェームズ・マクティーグ 出演:ジョン・キューザック 、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン 、ケヴィン・マクナリー 世界初の推理小説家とも言われる偉大なる作家...... [続きを読む]

受信: 2013年4月16日 (火) 23時04分

» ★推理作家ポー 最期の5日間(2012)★ [Cinema Collection 2]
THE RAVEN 偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、 なぜ死んだのか…? 上映時間 110分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2012/10/12 ジャンル ミステリー/サスペンス 映倫 R15+ 【解説】 世界初の推理小説家とも言われる偉大なる...... [続きを読む]

受信: 2013年4月17日 (水) 15時08分

» 推理作家ポー 最後の5日間 [Diarydiary! ]
《推理作家ポー 最後の5日間》 2012年 アメリカ映画 - 原題 - THE [続きを読む]

受信: 2013年4月27日 (土) 20時34分

» 推理作家ポー 最期の5日間 [いやいやえん]
アパートの一室から響き渡る女性の悲鳴に警官隊がかけつけるも時すでに遅く、母親と思われる女性は首がほとんど切り離された状態で横たわり、娘は首を絞められ煙突に逆さまに突っ込まれていた。ドアは内側から鍵がかけられ、窓は釘で打ち付けられている密室殺人であった…。 これ↑は密室殺人を扱った最初の推理小説とも言われているポーの「モルグ街の殺人」における事件です。が、ポーの小説ではC・オーギュスト・デュパンが解明するこの事件を模倣した殺人事件が起きるのです。その後も、ポーの作品「落とし穴と振り子」を模し... [続きを読む]

受信: 2013年6月 2日 (日) 09時31分

» 推理作家ポー 最期の5日間 [しんちゃんの徒然なる映画日記]
第283回「緊迫も重苦しさも、そしてサプライズも・・・」 それにしても観たい映画が無い月というのはつまらない。そんな中、これ以上ブログを休むわけにはいかないなぁ・・・と劇場へと足を運んで観た作品は「推理作家ポー 最期の5日間」です。なぜ、この作品をそれ...... [続きを読む]

受信: 2013年6月 3日 (月) 21時30分

» 推理作家ポー 最期の5日間 [I am invincible !]
1984年。 アメリカ・ボルティモアで凄惨な事件が起きた。 [続きを読む]

受信: 2014年2月 9日 (日) 19時59分

» 推理作家ポー 最期の5日間 [♪HAVE A NICE DAY♪]
wowowで鑑賞 エドガー・アラン・ポーの死は謎のままなのですね。 最後は題名の通りですが、涙は出ませんがちょっとポーが可哀想になります。 ポーの小説の通りに連続殺人が起きていく様は サスペンスとして面白く観れましたが・・・ 犯人に驚きがなくて 誰?状態ほど...... [続きを読む]

受信: 2015年2月11日 (水) 20時27分

« 本 「道草」 | トップページ | 本 「ローカル線で行こう!」 »