« 「クラウド アトラス」 歯向かう者たち | トップページ | 本 「道草」 »

2013年3月31日 (日)

本 「二流小説家」

売れない小説家、ハリー・ブロックはあるとき、刑務所に収監されて死刑を待っている連続殺人鬼ダリアン・クレイからある依頼を受けます。
彼の自叙伝を執筆できることになるわけですが、そのためには彼のために小説を書くことを条件とされます。
その小説を書くために取材を続けると、その相手が次々にダリアンの手口で殺害されていきます。
ダリアンは刑務所から一歩も出ていない。
これは別の犯人なのか、そうするとダリアンは無実なのか。
そしてハリー自体も何ものかに狙われる・・・。

書店を流していて、ふと目について手に取った作品です。
上川隆也さんで映画化されると帯にありました。
ダリアンの手口はかなり猟奇的で、読んでいるとけっこうしんどいところも。
これ、そのまま映画化するのかな?
主人公のハリーは自分自身で一流ではないという自覚がある人物。
そのため、なんというかやる気がない、はたまた自虐的である側面を持っている人物です。
そのあたりはミステリーにおいて結果的には探偵役となる役割になる人物としては珍しいかもしれません。
ミステリーとしても2転、3転するのでおもしろくないわけでもありません。
でも、個人的には、夢中になって読んだという感じにはなりませんでした。
やはり主人公のある種の冷めた感じというところが気になったのかもしれません。
そこが本作のミソではあるのですが、そもそもそこのところが自分の性にはあっていなかったのかな。

「二流小説家」デイヴィッド・ゴードン著 早川書房 文庫 ISBN978-4-15-179501-5

|

« 「クラウド アトラス」 歯向かう者たち | トップページ | 本 「道草」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/57071611

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「二流小説家」:

» デイヴィッド・ゴードン「二流小説家」 [読書と映画とガーデニング]
訳・青木千鶴 早川書房 2011年3月 発行 2012年1月 10版発行 451頁 ポケットブック版、2段組み 1週間はかかると思っていましたが、海外ドラマのようでテンポよく、意外に早く3日間ほどで読み終えました ニューヨーク在住のしがない中年作家、ハリ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 6日 (土) 10時46分

» 「二流小説家」 デイヴィッド・ゴードン  [映画と本の『たんぽぽ館』]
ミステリにおいても、心情においても、トクマル!! 二流小説家 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)青木千鶴早川書房                * * * * * * * * * * ちょっと見た目が地味なこの本なのですが、 このミステリがすごい! 2012年版...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 6日 (土) 19時47分

« 「クラウド アトラス」 歯向かう者たち | トップページ | 本 「道草」 »