« 本 「未曾有と想定外 -東日本大震災に学ぶ-」 | トップページ | 「ビブリア古書堂の事件手帖」 剛力さんの栞子はアリ »

2013年3月24日 (日)

「シュガー・ラッシュ」 ゲームをするワクワク、映画を観るワクワク

ディズニーはピクサーを買収してから、映画の質があがったと思います。
形としてはディズニーがピクサーを買ったということになりますが、ピクサーの作品作りの姿勢が、ディズニー本体にも良い影響を与えているのでしょう。
具体的にはピクサー出身であるジョン・ラセターがピクサーとディズニー両方のチーフ・クリエイティブ・オフィサーになったということが大きいのかなと思います。
ラセターはピクサーで社員が自由に意見を言い、また妥協をせずクリエイティブの質を上げることを行ってきました。
そういう姿勢がディズニーにも浸透したのでしょう。
もともとディズニーはクリエイターの質は高く、それが自由に表に出てくるようになったということかもしれません。
本作「シュガー・ラッシュ」はクリエイターがイキイキと映画を作っているという感じが伝わってくる楽しい映画でした。
色彩豊かでポップでキュート、躍動感があって。
まさにアニメーションの持っている力の本質をストレートに出した作品だと思います。

「シュガー・ラッシュ」の題材になっているのは「テレビゲーム」。
タイトルの「シュガー・ラッシュ」とはこの映画オリジナルのお菓子の国のレースゲームのこと。
この映画では、人間が見えないところで、実はゲームに登場するキャラクターたちは生命を持って生きています。
ゲームの悪役のサークルなどがあって、悪役たちでお互いの悩みを語り合うなんてこともしています。
本作は「トイ・ストーリー」のゲーム版と言われることもありますが、それは人が見えないところで架空のキャラクターが実は生きているっていう共通点からくるのでしょう。

テレビゲームと言えば、僕はまさにその発展とともに成長したと言っていいかもしれません。
小学生の頃がちょうどインベーダーゲームブームでした。
中学生の頃は「ゼビウス」とかナムコのゲームをゲームセンターでやっていて。
その後、浪人生のときがドラクエでしたかね、ちょうどファミコンブームの頃だったと思います。
社会人になる頃は「ストリートファイター」などの対戦ゲームが流行ったときでした。
最近はあまりゲームをすることはなくなりましたが・・・。
けれど、この映画はなんともノスタルジックさみたいなものを感じたんですね。
やはりこれは「トイ・ストーリー」に感じた感覚と似ているかもしれません。

本作では日本人としてもお馴染みのキャラクターがカメオで登場しています。
「パックマン」のお化け(?)とか、「ストリートファイター」のベガとか、「マリオブラザーズ」のクッパとか・・・。
ザンギエフも出てましたが、悪役扱いじゃかわいそうだろ、と突っ込みたくなりました(笑)。
主人公ラルフが登場するゲームは「フィックス・イット・フェリックス」というオリジナルのゲームです。
これは30周年を迎えるいうことで昔ながらの8ビット感溢れるゲームだというところが、なんかノスタルジックです。
主人公がそもそもノスタルジックさを持っているというのは、やはり「トイ・ストーリー」のウッディと共通しているかもしれません。
「フィックス・イット・フェリックス」には「ドンキーコング」とか「クレイジークライマー」というゲームの影響が伺えますね。
「クレイジークライマー」は好きなゲームだったんですよね(今考えるとけっこうシュールな設定だけど)。
このゲームの住人たちは8ビット感溢れる動き方(向きを変えるときぴょこっとした動きをする)をしたりするのが、芸が細かい。
対して最新鋭の主観視点シューティングゲーム(これもオリジナル)「ヒーローズ・デューティ」なども絡んできていますが、これは「Doom」のようなイメージですが、登場するキャラクターは高精彩で動きもスムーズ。
この辺りの描写の違いも細かいです。
30年経つゲームのキャラクターと最新鋭のゲームのキャラクターの交流が起こるというところもウッディとバズの関係を想起させますね。
本作のストーリーは王道の形ではありますが、だからこそ見ていても安心感がありますし、予定調和とは言え、ハッピーエンドに終わるのも気持ちがいい。
かつてコドモだった大人から、子供まで楽しめる作品になっていたと思います。
観終わって「ああ、楽しかった」と素直に言える作品でした。
ゲームをしていたときのワクワク感、映画を観ているときのワクワク感、そういうのがとても良く出ていました。
この安定感、ディズニーはピクサーと同質化してきている感じがしますね(いい意味で)。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「未曾有と想定外 -東日本大震災に学ぶ-」 | トップページ | 「ビブリア古書堂の事件手帖」 剛力さんの栞子はアリ »

コメント

ノラネコさん、こんにちは!

ちょうど我々はゲームの進化と共に成長してきた世代ですよね。
最近のゲームはフクザツでついてけませんが。
確かに、昔のゲームや日本のゲームのネタが多かったので、オヤジ向けかも。
製作している側も同じくらいの世代なんですかね〜?

投稿: はらやん | 2013年4月 5日 (金) 12時47分

みぃみさん、こんばんは!

楽しい映画でしたよね。
テーブル型のインベーダーゲームありましたね〜。
その頃はゲームセンターはちょっといかがわしい雰囲気があって、ドキドキしながら行ったものです。
懐かしい。
日本のゲームのキャラが数々登場したのも嬉しかったです。
ゲームにおいて日本の存在感は大きいんですね!

投稿: はらやん | 2013年4月 3日 (水) 21時47分

我が家初のゲームはpong!のパチモンでした。
アレからもう40年弱。
ゲームもずいぶん変わりました。
しかしこれっていまの子供には絶対わからないレトロネタ満載で、何気にオヤジ向けですよね(笑

投稿: ノラネコ | 2013年4月 2日 (火) 00時20分

こんにちは~♪。

細かくご覧になっていますね~。
軍曹の動きの滑らかさ(というより髪の毛のサラサラ具合)が気になって、8bitな動き、見逃していました。惜しいことしちゃいました~。。。

インベーダーゲーム、私もゲームセンターでやりました。
卓上でやるのがちょっぴり大人なイメージで…。クリームソーダ頼んで友達と独占。
(恐そうなお兄さん達が来たら譲るというマセたチビっこでした:笑)。

ドラクエはまだ学生未満でしたので、はらやんさんより若いという事で…(←なにげに嬉しい♪)。

見た事ある~!なキャラクター達の登場に加え、
きゅーとでぽっぷな中にドキドキ感と巧い伏線に満足♪な映画でした。

ちなみに、私はリアルな3Dより、ドラクエや昔のFF、絵が綺麗なものなら幻想水滸伝のようなゲームが好きです。

投稿: みぃみ | 2013年4月 1日 (月) 12時42分

ひろちゃんさん、こんにちは!

けっこう密度が濃いお話でしたよね。
じんわりきてハッピーなところなんかはやはりピクサーの影響が出ているかなと思いました。
「昇龍拳」も懐かしいですね〜。
あの声を聞くと手がコマンドの動きします(笑)。
記事では触れなかったですが、「紙ひこうき」も良かったですよね。
ピクサー映画も最初の短編が定番ですが、ディズニーもそうなっていくんですかね。
あの短編は若手の発掘にもなるので、いい試みだと思います。

投稿: はらやん | 2013年3月26日 (火) 14時57分

はらやんさん、こんばんは♪
お子様向け映画だろうなあと思いながら観に行きましたが、どうしてどうして、意外と奥が深くて大人が観ても十分に楽しめる作品となっていました!

私もインベーダー世代ですので、ラルフのゲームの8ビット感は懐かしかったです。
確かに、ドンキーコングっぽいですね^^

ストリートファイターはこどもがやっていましたので、よく声(しょうりゅうけん♪とか)を聞いていました(笑)

ポップでカラフルで美しい映像もさることながら、王道とは言え、伏線もたくさんあって
ストーリーも楽しめました♪

子供向け~と思って大人の方が観ないのは
もったいないですよね~
併映の紙ひこうきとこの作品、本当に素晴らしい作品でした^^

投稿: ひろちゃん | 2013年3月25日 (月) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/57024294

この記事へのトラックバック一覧です: 「シュガー・ラッシュ」 ゲームをするワクワク、映画を観るワクワク:

» 【アニメ】シュガー・ラッシュ [★紅茶屋ロンド★]
<シュガー・ラッシュ を観て来ました> ゲーム好きなら観ないと一生損しちゃうゾ! 原題:Wreck-It Ralph 製作:2012年アメリカ 人気ブログランキングへ 試写会にて、3D日本語吹き替えで鑑賞してきました。 ディズニー試写といえば、ディズニー試写室!満席御礼状態で、皆さんの期待度がよくわかりますね。 映画以上に私と長い付き合いの”テレビゲーム”。これが大好きなディズニーが裏側を映画化するっていうのだから、楽しみで仕方ありませんでした。それに、おなじみのあのキャラや?!あのキャ... [続きを読む]

受信: 2013年3月24日 (日) 23時24分

» 『シュガー・ラッシュ』 肝になるのは4番目の世界 [映画のブログ]
 いったい、映画何本分のアイデアを注ぎ込んでいるのだろう。  『シュガー・ラッシュ』がべらぼうに面白い理由の一つは、豊富なアイデアを溢れんばかりにぶち込んだことにあるだろう。  『シュガー・ラ...... [続きを読む]

受信: 2013年3月25日 (月) 04時37分

» ★シュガー・ラッシュ&紙ひこうき(2012)★ [Cinema Collection 2]
WRECK-IT RALPH いま、ゲームの世界の“裏側”で “悪役キャラ”ラルフの冒険が始まる! 「誰だって、ヒーローになりたいんだ…」 上映時間 101分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2013/03/23 ジャンル ファンタジー/アドベンチャー/ファミ...... [続きを読む]

受信: 2013年3月25日 (月) 16時46分

» 『シュガー・ラッシュ』('13初鑑賞28・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月23日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:15の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2013年3月25日 (月) 20時54分

» シュガー・ラッシュ 2D 吹替版/同時上映『紙ひこうき』 [カノンな日々]
ゲームの世界の住人たち、その中で嫌われ者となる悪役キャラを主人公にして世界を救うために活躍する姿を描いたディズニー映画の3DCGアニメ・アドベンチャー・ムービーです。設定か ... [続きを読む]

受信: 2013年3月26日 (火) 22時54分

» シュガー・ラッシュ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
シュガー・ラッシュ オリジナル・サウンドトラック [CD]ヒーローに憧れる悪役キャラの冒険を描く秀作アニメーション「シュガー・ラッシュ」。併映の短編「紙ひこうき」も最高!人気 ... [続きを読む]

受信: 2013年3月28日 (木) 23時58分

» 映画:「シュガー・ラッシュ」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成25年3月29日(金)。 映画:「シュガー・ラッシュ」。 監   督:リッチ・ムーア 脚   本 ジェニファー・リー 、フィル・ジョンストン 製作総指揮:ジョン・ラセター 製   作:クラーク・スペンサー 音   楽:ヘンリー・ジャックマン 主題…... [続きを読む]

受信: 2013年3月29日 (金) 16時51分

» [映画『シュガー・ラッシュ』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・面白かった。  これって、ピクサーじゃないのかな…、冒頭の卓上ライトのデモとロゴがなかったもんね。  すると、だ、ディズニーの底力をまざまざと見せられたような気がする傑作だ。  ピクサー印の三大傑作『トイ・ストーリー』、『モンスターズ・インク』、...... [続きを読む]

受信: 2013年3月31日 (日) 01時39分

» 劇場鑑賞「シュガー・ラッシュ」 [日々“是”精進! ver.F]
ゲームに、善も悪もない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303270001/ シュガー・ラッシュ オリジナル・サウンドトラックV.A. WALT DISNEY RECORDS 201... [続きを読む]

受信: 2013年3月31日 (日) 06時41分

» シュガー・ラッシュ : ゲームって、楽しいよね [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 このところの北朝鮮、調子ぶっこいてますなぁ。ここまで振りかざした拳をどうやって元に戻すのか、モジャの息子のお手並み拝見といきましょうかね。ちなみに、本日紹介する作品 [続きを読む]

受信: 2013年3月31日 (日) 15時48分

» Wreck-it Ralph / シュガーラッシュ [映画の話でコーヒーブレイク]
丁度時間が合ったので、ディズニー映画「Wreck-it Ralph」を見ることにしました。日本では「シュガー#8226;ラッシュ」のタイトルで3月末に公開予定のようですね。 この映画、全く知らなかったのですが、懐かしのテレビゲームのキャラが多数登場。ほとんどゲームをし...... [続きを読む]

受信: 2013年3月31日 (日) 16時18分

» 『シュガー・ラッシュ』を109シネマズ木場8で観て、これは大絶賛ふじき★★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★★★負けた負けた負けた】 超絶面白いんである。 大衆娯楽の行きつく到達点のようである。 ちなみに私はゲームを基本やらん人なんで、 ゲーム知らんで ... [続きを読む]

受信: 2013年3月31日 (日) 21時51分

» シュガー・ラッシュ ★★★★ [パピとママ映画のblog]
ヒーローになりたいと願うゲームの悪役キャラクターが、少女とゲームの世界を救うため活躍する姿を描く3DCGアニメ。 監督は、『ザ・シンプソンズ』シリーズのリッチ・ムーア。声の出演は、「9<ナイン> 9番目の奇妙な人形」のジョン・C・ライリー。2012年アニー賞にて...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 1日 (月) 19時03分

» シュガー・ラッシュ・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
誰だって、ヒーローになれる。 大人も子供も大好きな、ゲームの世界を舞台とした痛快なCGアニメーション。 ヒーローになりたいと願う悪役キャラクターのラルフと、不良プログラムとしていじめられている少...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 1日 (月) 20時49分

» シュガー・ラッシュ [ダイターンクラッシュ!!]
2013年3月26日(火) 19:00~ TOHOシネマズ有楽座 料金:1600円(シネマイレージデイ+3D料金300円) パンフレット:未確認 おっさんと少女の友情に感涙 『シュガー・ラッシュ』公式サイト ゲームの登場人物たちは、仕事としてゲームに出ているという擬人化な「トイ・ストーリー」のような話だが、「トイ・ストーリー」のように落涙してしまったよ。 ゲームの悪役のラルフが、レースゲームの苛められっ子ヴァネロペを助け、ヒーローとなり、皆の人気者になるというハッピーエンド。仕事は、悪役の... [続きを読む]

受信: 2013年4月 1日 (月) 23時24分

» シュガー・ラッシュ<日本語吹替版> [そーれりぽーと]
日本のテレビゲームキャラクターやアーケードゲームキャラクターも登場する『シュガー・ラッシュ』を観てきました。 ★★★ 人間の子供が居ない間におもちゃ達が動き出す『トイ・ストーリー』のテレビゲーム版みたいな感じ。 ピクサーと同じ資本のディズニーだから出来た企...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 2日 (火) 21時54分

» シュガー・ラッシュ [だらだら無気力ブログ!]
素晴らしい出来で面白かった! [続きを読む]

受信: 2013年4月 3日 (水) 01時39分

» シュガー・ラッシュ [象のロケット]
ラルフは人気アクション・ゲームの悪役キャラクター。 ゲームセンターで30年間もみんなに嫌われ続けてきた彼の願いは、愛されるヒーロー・キャラになること。 ある日、我慢できなくなったラルフは、ついに自分のゲームを飛び出してしまう。 迷い込んだのは、お菓子の国のレース・ゲーム“シュガー・ラッシュ”。 そこでラルフは、欠陥プログラムであるためにレースに出場できない少女ヴァネロペと出会うのだが…。 冒険ゲームアニメ。... [続きを読む]

受信: 2013年4月 4日 (木) 10時49分

» シュガー・ラッシュ(2D 日本語吹替版)  監督/リッチ・ムーア [西京極 紫の館]
【声の出演】  山寺宏一 (ラルフ)  諸星すみれ(ヴァネロペ)  花輪英司 (フェリックス)  田村聖子 (カルホーン軍曹)  多田野曜平(キャンディ大王) 【ストーリー】 30年前のゲーム「フィックス・イット・フェリックス」。ゲームの仲間たちは30周年パーテ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 4日 (木) 22時50分

» 映画「シュガー・ラッシュ」感想 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
昔「ドラクエ」をプレイしていた時、自分がゲームをやっていない間、町の人たちはどうしているのだろうと考えた事がある。 安心の出来の吹き替え版☆彡 最近は、宣伝優先で作品のクオリティは二の次...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 7日 (日) 03時40分

» 映画「シュガー・ラッシュ」ゲームの世界も秩序が必要 [soramove]
映画「シュガー・ラッシュ 」★★★☆ ジョン・C・ライリー、ジャック・マクブレイヤー、 ジェーン・リンチ、サラ・シルバーマン 声の出演 リッチ・ムーア監督、 106分、2013年3月23日より全国公開 2013,アメリカ,ディズニー (原題/原作:WRECK-IT RALPH) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「ディズニーア... [続きを読む]

受信: 2013年4月 8日 (月) 07時02分

» ヒーローになりたい!/壊し屋ラルフ~『シュガー・ラッシュ』 【2D・吹替え版】 [真紅のthinkingdays]
 WRECK-IT RALPH  レトロなゲーム 「FIX-IT FELIX」(原題と対になっている) の悪役である 大男のラルフは、壊し屋であるゆえに、皆から疎んじられることに飽き飽きし ていた。ヒーロー...... [続きを読む]

受信: 2013年4月11日 (木) 08時12分

» ゲームキャラの裏側 [笑う社会人の生活]
1日のことですが、映画「シュガー・ラッシュ」を鑑賞しました。 ゲームの敵キャラで回りから嫌われる状況にうんざりしていたラルフ そこで自分のゲーム世界を抜け出しお菓子だらけの世界のレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界へ行くのだが・・・ ゲームキャラの...... [続きを読む]

受信: 2013年4月21日 (日) 17時22分

» 『シュガー・ラッシュ』 [ラムの大通り]
(原題:Wreck-It Ralph) ----この映画、 ディズニー・アニメ映画史上最大のヒット作、 日本でもスゴイ人気ニャんだって? ゲームセンターのゲームが舞台って、 小さくまとまっちゃいそうだけど、 いったいどんなお話ニャの? 「いやいや、 この物語の広がり方はスゴ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月21日 (日) 18時38分

» 『シュガー・ラッシュ』(2013) [【徒然なるままに・・・】]
ゲームの悪役キャラのラルフは、自分もヒーローになりたいと「シュガー・ラッシュ」という他のゲームの中へ逃げ出してしまう。そこで彼は、仲間外れにされていた少女ヴァネロペと出会う。似た境遇の二人はやがて深い絆で結ばれて行くが、その時「シュガー・ラッシュ」に隠された恐るべき真実が!二人はゲーム世界の運命を変えることが出来るのか?! ジョン・ラセターが製作総指揮を務めたCGアニメーションなので、てっきりピクサー・アニメーション・スタジオ社製なのかと思いきや、こちらはウォルト・ディズニー・アニメーション・... [続きを読む]

受信: 2013年4月30日 (火) 22時38分

» シュガー・ラッシュ [はるみのひとり言]
レディースデーで見て来ました。ヒッチコックとどちらにしようか迷ったんだけど、楽しいのが見たかったのでこちらに。公開されてから日が経ってるのか、春休みが終わったせいなのか、広い劇場内はガラガラでした。ゆったり見れていいんだけどね。(ゆったり過ぎるぞ)ぼん...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 3日 (金) 11時59分

» [シュガーラッシュ」、ディズニーものですが、恋あり、夢あり、大人の物語でもあります [ひろの映画日誌]
おススメ度 ☆☆☆    アニメ好き ☆☆☆☆ 3Dもあるが、2D字幕版を鑑賞。 これは、ゲームのキャラクターが活躍する物語です。 ゲームセンターの終了後、ゲームのキャラクターたちが、遊んでいるという設定です。 「フィックス・イット・フェリックス」というゲーム...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 6日 (月) 20時53分

» シュガー・ラッシュ [銀幕大帝α]
WRECK-IT RALPH 2012年 アメリカ 101分 ファンタジー/アドベンチャー/ファミリー 劇場公開(2013/03/23) 監督:リッチ・ムーア 製作総指揮:ジョン・ラセター 原案:リッチ・ムーア 挿入歌:AKB48『Sugar Rush』 声の出演: ジョン・C・ライリー:ラルフ サ...... [続きを読む]

受信: 2013年7月24日 (水) 02時14分

» シュガー・ラッシュ [いやいやえん]
ゲームの世界の話なので、実在するゲームのキャラクターも登場。マリオやスト?のキャラやソニックなんかが脇役としてですが、ゲーム好きには嬉しい登場ですよね。しかも、コナミコマンド「上上下下左右左右BA」まで出ちゃう。あまりにも懐かしいんで、胸の辺りがキューッと(笑) 悪役として仕事をし続けてきたラルフ。彼を含めゲームの悪役たちは、ゲームという舞台が終わっても仲間内から嫌われる存在となってしまっていて、悪役たちのグループセラピーが開かれているという状況。そんな悲惨な状況下で「自分もヒーローになり... [続きを読む]

受信: 2013年7月28日 (日) 17時24分

» 「シュガー・ラッシュ」 [ゆっくり歩こ。]
公開時、評価がよかったですね 私は映画館まで行って・・・ 「こちら、3D上映はありません・・・」と言われあきらめたのですが、 通常版でもぜんぜんよかった 3Dでなくても良い映画はよいですね ゲームセンターの中のゲーム同士が繋がっている ってのが面白い...... [続きを読む]

受信: 2013年8月 4日 (日) 11時00分

» Blue-ray:シュガー・ラッシュ Wreck-it Ralph 今年の拾い物アニメの1本、というのは失礼? [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
公開時はお子様向けかと思い、完全 スルー。 なんたってタイトルからして大甘そう(笑) ところが、評判がなかなかだったので、Blue-rayリリース後早々に観賞。 してみたら、これがなかなかの拾い物だったのだ! 主人公ラルフはレトロゲーム「フィックス・イット・フ...... [続きを読む]

受信: 2013年8月 8日 (木) 05時21分

» シュガー・ラッシュ(吹き替え版) [映画好きパパの鑑賞日記]
 ゲームの世界を舞台にしたディズニーアニメ映画。アニメとゲームは親和性があるためか、実在のゲームもうまく取り込みながら、独特の世界観を作っていました。   作品情報 2012年アメリカアニメ映画 監督:リッチ・ムーア 声の出演(吹き替え版):山寺宏一、…... [続きを読む]

受信: 2014年2月 1日 (土) 00時25分

» シュガー・ラッシュ [miaのmovie★DIARY]
シュガー・ラッシュ [DVD](2013/08/21)ディズニー商品詳細を見る 【WRECK-IT RALPH】 制作国:アメリカ  制作年:2012年 アクションゲームの悪役キャラクターのラルフの願いは、 みんなに愛されるヒーロー・キャラクターになること。ある日、 ついにラルフは我慢ができなくなり、自分のゲームを飛び出 してしまう。迷い込んだのは、お菓子の国のレースゲーム“...... [続きを読む]

受信: 2014年12月17日 (水) 17時05分

« 本 「未曾有と想定外 -東日本大震災に学ぶ-」 | トップページ | 「ビブリア古書堂の事件手帖」 剛力さんの栞子はアリ »