« 「火怨・北の英雄 アテルイ伝」 もう少しスケール感があると良かった | トップページ | 本 「サバイバー23区 -東京崩壊生存者-」 »

2013年2月11日 (月)

「きいろいゾウ」 月は満ちて、欠ける

月は満ちて、欠ける。
海は満ちて、引く。

主人公の夫婦の妻であるツマは満月になるとひどく不安な気持ちになります。
月は満ちた後、欠けていきます。
ツマはムコと暮らす幸せな日々がいつかは失われていくのだろうと感じているようにみえます。
この生活がいつかはなくなってしまうという将来の喪失感に対して、不安を感じているのでしょう。
そのため、ツマはムコの日記を盗み見たり、また少しの間離れようとするムコに対して攻撃的になったのだと思います。
ツマは幼い頃、病弱でその後普通の生活をおくれるようになりました。
病室で過ごした寂しい日々、そこからムコと二人の幸せな生活をおくれるようになった。
けれどもまたそういった寂しい日々に戻るかもしれないという喪失感、恐怖心に囚われているような感じがします。
この物語には将来の喪失に対し、不安に思う登場人物が登場します。
これから恥をかくことを恐れ、不登校になった大地もそうです。
彼はなんでもできる子のようですから、一つの失敗をきっかけに、自分の評価が失われることをひどく気にしたわけですね。
いつもツマのところにお茶にくるアレチも、妻であるセイカを失うかもしれないという恐さに向かいます。
彼はいつも飄々としていますが、セイカが入院したときはその恐さを口にし、観ている僕たちにも大切な人を失うかもしれないという恐ろしさを再認識させます。
またすでに大切な人を失った人もでてきます。
ムコが若い頃に縁があった緑、その夫である夏目がそうです。
彼らは娘を病気で失い、緑はその喪失感から立ち直れず、また夏目は娘を失ったことに加え、妻である緑をも失うかもしれないという気持ちでいるのです。
今が幸せであればあるほど、その先にそれらを失ってしまうかもしれないという恐怖がわき上がってくるかもしれません。
大切な人を失うかもしれないと想像するときに感じる、とてつもない不安感というのは誰しも経験があることでしょう。
世界が真っ暗闇になってしまうかのような気持ち。
ツマは満月のたびにこの気持ちを味わっていたのかもしれませんね。

しかし、真っ暗闇もいつかは明るくなります。
新月が再び満ちていくように。
登場人物でそれを知っている人物がひとり、それがムコです。
ムコは若い時に、大好きだった叔母、そしてまた愛する人を失いました。
彼はそのとき、やはり絶望的な気持ちになったのだと思います。
けれど、その後に彼は伴侶となるツマと出会います。
愛するツマとの二人だけの幸せな生活をムコはおくっていきます。
彼は理解しているわけです。
暗い闇もいつかは終わり、明るくなっていく。
明るさもまた再び失われるかもしれないですが、再び戻っていく。
すべては繰り返し。
潮の満ち引き。

将来失ってしまうかもしれないという不安に駆られて、今の幸せを味わえないのはもったいないこと。
今の幸せをしっかりと味わい、将来それが失われることがあっても、ずっとそれが続くわけでないと思えること。
このことが人生を幸せに生きることの秘訣かもしれません。

月は満ちて、欠ける。
しかし、また満ちる。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「火怨・北の英雄 アテルイ伝」 もう少しスケール感があると良かった | トップページ | 本 「サバイバー23区 -東京崩壊生存者-」 »

コメント

メビウスさん、こんばんは!

本作は月を象徴的に使っていましたよね。
月の満ち欠けは女性の体調、また月は心理状態の象徴ともいわれるので、ツマの不安定さをうまく表していたと思います。
台所のシーンはツマ的には真っ暗闇の新月のような気持ちだったんでしょうね。
でも月はそこから満ちてくるわけで、真っ暗は続かないという希望もあるのですよね。

投稿: はらやん | 2013年4月11日 (木) 22時23分

はらやんさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

なるほど、確かに劇中でも月は何かと重要なシーンで出ていましたが、ツマの将来的な不安などを表現する意味も込められているとしたら、あの蛇口でのシーンなんかも納得できるとこがありますね。ツマは精神的に不安定というか、弱さみたいな部分もあったので、途中まではその喪失感に耐えうる強さや覚悟がまだ足りなかったのかなとも思いました。

投稿: メビウス | 2013年4月10日 (水) 02時52分

小米花さん、こんばんは!

失うことばかりを怖がっていると今の暮らしを満ちたものにできないということでしょうかね。
失うことは確かに怖いことなのですけれどね。
そればかりじゃ、今も失ってしまうかもしれないのですよねぇ。
しみじみ・・・。

投稿: はらやん | 2013年2月12日 (火) 20時09分

今晩は~。

> しかし、また満ちる。

最後の一行に、う~~ん、唸ってしまいました。
そうなんですヨネ。。。

なんか「暮らし」を大事にしたいと思わせてくれた映画でした。
「生きる」、という言葉ではなく「暮らし」という言葉が合うような気がしました。

投稿: 小米花 | 2013年2月11日 (月) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/56744611

この記事へのトラックバック一覧です: 「きいろいゾウ」 月は満ちて、欠ける:

» きいろいゾウ [あーうぃ だにぇっと]
きいろいゾウ@ショウゲート試写室 [続きを読む]

受信: 2013年2月11日 (月) 21時35分

» 『きいろいゾウ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「きいろいゾウ」 □監督 廣木隆一□脚本 黒沢久子、片岡 翔□原作 西 加奈子□キャスト 宮崎あおい、向井 理、本田望結、濱田龍臣、緒川たまき、       リリー・フランキー、松原智恵子、柄本明、大杉 漣(声)、柄本 佑(声)■鑑...... [続きを読む]

受信: 2013年2月11日 (月) 22時12分

» きいろいゾウ [こんな映画見ました〜]
『きいろいゾウ』2012年(日本 ) 監督:廣木隆一 出演:宮崎あおい 、向井理、松原智恵子、柄本明 声の出演: 大杉漣 人気作家・西加奈子の同名小説を「神様のカルテ」の宮崎あおいと「新しい靴を買わなくちゃ」の向井理主演で映画化した夫婦の愛の物語。 出...... [続きを読む]

受信: 2013年2月11日 (月) 23時00分

» きいろいゾウ  [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click  西加奈子氏が2006年に発表したロングセラー小説を、 「ヴァイブレータ」「余命1ヶ月の花嫁」「雷桜」の廣木隆一監督のメガホンで映画化。 以前から告知してますが、弟 片岡翔がもともと西加奈子さんの...... [続きを読む]

受信: 2013年2月11日 (月) 23時48分

» 映画「きいろいゾウ」 [FREE TIME]
映画「きいろいゾウ」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2013年2月12日 (火) 00時50分

» きいろいゾウ [新・映画鑑賞★日記・・・]
2013/02/02公開 日本 131分監督:廣木隆一出演:宮崎あおい、向井理、濱田龍臣、浅見姫香、本田望結、緒川たまき、リリー・フランキー、松原智恵子、柄本明 痛みを知る、すべての人へおくる感動のラブストーリー [Story]周囲の生き物たちの声が聞こえる能力を持つ天真...... [続きを読む]

受信: 2013年2月12日 (火) 09時43分

» きいろいゾウ [象のロケット]
田舎の古い一軒家で暮らす無辜歩(通称ムコ)と、愛子(旧姓・妻利/通称:ツマ)は新婚夫婦。 木々や動物たちの声が聴こえるツマと、背中に大きな鳥のタトゥーが入った売れない小説家のムコは、穏やかで幸せな毎日を送っていた。 ある日、ムコ宛に差出人のない一通の手紙が届く。 ツマは気がかりでならないが、ムコは何も話さない。 夫婦の間は次第にギクシャクしていくのだが…。 ラブストーリー。... [続きを読む]

受信: 2013年2月12日 (火) 16時35分

» 「きいろいゾウ」そうして少しずつ大人になる [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ブログ友達のmigちゃんの実弟 片岡翔さんが共同脚本で関わった映画がこの「きいろいゾウ」 migちゃんもエキストラ出演しているというのだから、そりゃ大雪になろうとも観に行かなくてはっ!!!... [続きを読む]

受信: 2013年2月12日 (火) 23時30分

» 映画『きいろいゾウ』★ツマとムコの若夫婦の危機と解決〜普遍的に [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160805/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 宮崎あおい さん& 向井理 さん演じる、ツマとムコという、若夫婦の物語。 心臓病で、活動制限のあった子供の頃、 夢の中で、満月の夜に黄色いゾウに乗って、世界を旅したというツマは 満月が近づく..... [続きを読む]

受信: 2013年2月13日 (水) 21時27分

» きいろいゾウ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
きいろいゾウ (小学館文庫)互いに秘密を抱えたまま結婚した男女が本当の夫婦になっていく物語「きいろいゾウ」。一見、ユルい癒し系映画だが、実はなかなかシビアなお話だったりす ... [続きを読む]

受信: 2013年2月13日 (水) 22時09分

» きいろいゾウ [単館系]
きいろいゾウ MOVIX川口 2/2公開 西加奈子氏が2006年に発表したロングセラー小説を、 「ヴァイブレータ」「余命1ヶ月の花嫁」「雷桜」の廣木隆一監督のメガホンで映画化。 向井理さんと宮崎あおいさ...... [続きを読む]

受信: 2013年2月13日 (水) 23時35分

» きいろいゾウ/宮崎あおい、向井理 [カノンな日々]
西加奈子さんの同名小説を廣木隆一監督が映画化した作品です。原作は4年くらい前に読んでいて、その時、映画化するなら主人公のツマ役は絶対に宮崎あおいさんしかいないなと思った ... [続きを読む]

受信: 2013年2月14日 (木) 22時04分

» ぼくのツマ~『きいろいゾウ』 [真紅のthinkingdays]
 三重県の田舎町に暮らすツマ(宮崎あおい)とムコ(向井理)は、結婚したば かりの夫婦。出会ってすぐに結婚したふたりは、お互いの 「秘密」 を知らず に寝食を共にしていた。そんなある日、差出人の...... [続きを読む]

受信: 2013年2月15日 (金) 08時04分

» きいろいゾウ(2012) [銅版画制作の日々]
 痛みを知る、すべての人へおくる感動のラブストーリー 好き度:=70点 MOVIX京都にて鑑賞。ブログ仲間のmigさんの弟さんが脚本を手がけた作品。監督は「ヴァイブレータ」の廣木隆一。こんなラブストーリーも作るんだね。ちょっとびっくり。 migさんも何処かで登場...... [続きを読む]

受信: 2013年2月15日 (金) 22時47分

» きいろいゾウ [とりあえず、コメントです]
西加奈子著の同名小説を宮崎あおい&向井理主演で映画化した作品です。 この二人の競演なら観たいなあと原作は未読のままチャレンジしてみました。 ちょっとファンタジックな展開の中に、心が伝わらないもどかしさや辛い過去に囚われる痛み、 そして、愛する人を求めていく深い愛の強さを感じるような作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2013年2月16日 (土) 12時12分

» 映画「きいろいゾウ」どこかにあるような、でもどこにもない空間 [soramove]
映画「きいろいゾウ」★★★☆ 宮崎あおい、向井理、柄本明、 松原智恵子、リリー・フランキー、 濱田龍臣、本田望結出演 廣木隆一監督、 130分、2013年2月2日より全国公開 2012,日本,ショウゲート (原題/原作:きいろいゾウ/西加奈子 著) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「ほんわかしたムードの予告編から 想像した通りの... [続きを読む]

受信: 2013年2月16日 (土) 19時56分

» きいろいゾウ ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
「余命1ヶ月の花嫁」「ヴァイブレータ」など男女の愛について描いてきた廣木隆一監督が、西加奈子の同名ベストセラー(小学館・刊)を映画化。秘密を抱えたまま出会ってすぐ結婚した二人が、悩み傷つきながらお互いと向き合い夫婦になっていく様子を綴る。 ともに原作の...... [続きを読む]

受信: 2013年2月17日 (日) 00時13分

» 「きいろいゾウ」秘密を知ってしまう直前でみた過去を知る怖さとそれでも強く乗り越えようとする夫婦の絆 [オールマイティにコメンテート]
「きいろいゾウ」は小説家の夫と幼い時に病気をして動物や植物の声を聞ける妻との生活を描いた映画で夫が忘れられない女性の事を小説で書いているが、妻はその事を知らず暮らして ... [続きを読む]

受信: 2013年2月17日 (日) 00時37分

» ★きいろいゾウ(2012)★ [Cinema Collection 2]
痛みを知る、すべての人へおくる感動のラブストーリー 映時間 131分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(ショウゲート) 初公開年月 2013/02/02 ジャンル ロマンス/ドラマ 映倫 G 【解説】 人気作家・西加奈子の同名小説を「神様のカルテ」の 宮崎あおいと「新しい...... [続きを読む]

受信: 2013年2月18日 (月) 15時27分

» きいろいゾウ [ルナのシネマ缶]
西加奈子の人気小説の映画化。 好き嫌いがハッキリ分かれる 作品のような気がしますが、 私は結構好きでした。 2人が暮らす田舎の家は 「おおかみこどもの雨と雪」の 実写版みたいでした。 満月の夜、出会ってすぐに結婚した売れない小説家の “ムコ”こと無辜歩(向井理)と 妻の“ツマ”こと妻利愛子(宮崎あおい)は、 田舎の古民家で、表向きは平穏に暮らしていた。 しかし2人は、どことなくぎこちなく 本当に聞きたい事が聞けない・・・ ツマは木々や動物たちに語りかけ、ムコは日記に... [続きを読む]

受信: 2013年3月 5日 (火) 23時37分

» 『きいろいゾウ』 [・*・ etoile ・*・]
'13.02.20 『きいろいゾウ』鑑賞@楽天地シネマズ 見たかったのだけど、いろいろ重なってなかなか見れなかった。意外にも有楽町とか近場でやってないんだよね・・・ 楽天地シネマズで上映していることを知り、定時上がりで行ってきたー♪ *ネタバレありです! やや長文(o´ェ`o)ゞ 「出会って直ぐに結婚したムコとツマ。動植物と会話が出来るツマ。背中に大きな鳥の刺青があるムコ。それぞれ秘密を抱えていた。ある日、ムコ宛に届いた差出人名のない手紙が、2人の間に溝を作っていく・・・」という話で、これは感... [続きを読む]

受信: 2013年3月 6日 (水) 01時09分

» きいろいゾウ [映画的・絵画的・音楽的]
 『きいろいゾウ』を渋谷シネクイントで見ました。 (1)本作は、宮崎あおいと向井理という、それぞれ今が旬ながら如何にもの俳優がコンビとなって出演するというので、ちょっと躊躇したものの、タイトルに惹かれて見てみたところ、物語自体も、そして映像もさながら絵本...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 6日 (水) 07時05分

» きいろいゾウ [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
きいろいゾウ 13:日本 ◆監督:廣木隆一「余命1ヶ月の花嫁」 ◆出演:宮崎あおい、向井理、本田望結、緒川たまき、リリー・フランキー、松原智恵子、柄本明、濱田龍臣、浅見姫香、大杉漣、柄本佑、安藤サクラ、高良健吾 ◆STORY◆小説家の無辜歩と妻の愛子は田舎の一...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 7日 (木) 22時14分

» きいろいゾウ [to Heart]
製作年度 2012年 上映時間 131分 原作 西加奈子 脚本 黒沢久子/片岡翔 監督 廣木隆一 出演 宮崎あおい/向井理/濱田龍臣/浅見姫香/本田望結/緒川たまき/リリー・フランキー/松原智恵子/柄本明/大杉漣 幼い頃に入院生活を送っていたツマは、絵本『きいろいゾウ』が大好き...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 9日 (土) 11時38分

» ぼくのツマ~『きいろいゾウ』 [真紅のthinkingdays]
 三重県の田舎町に暮らすツマ(宮崎あおい)とムコ(向井理)は、結婚したば かりの夫婦。出会ってすぐに結婚したふたりは、お互いの 「秘密」 を知らず に寝食を共にしていた。そんなある日、差出人の...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 8日 (月) 21時08分

» きいろいゾウ [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】廣木隆一 【出演】宮崎あおい/向井理/本田望結/緒川たまき/リリー・フランキー/松原智恵子/柄本明/濱田龍臣/浅見姫香/大杉漣(声)/柄本佑(声)/安藤サクラ(声)/高良健吾(声) 【公開日】2...... [続きを読む]

受信: 2013年4月10日 (水) 02時53分

» 『きいろいゾウ』 [ラムの大通り]
----“きいろいゾウ”? そんなゾウさんなんて、ほんとにいるの? 「いや、これはね。 幼いころ、入院生活を送っていた妻利愛子“つま”(宮?あおい)が 孤独な日々をいやすかのように読んでいた絵本のこと。 空想の世界で自由に旅をしながら絵本と対話するようになったツマ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月21日 (日) 22時43分

» 「きいろいゾウ」 [ゆっくり歩こ。]
夫婦の物語ってことで 今の心境としては・・・ あんまし観たくないような 実は単身赴任していたダンナが自宅から通うようになりまして・・・・・・ ダンナがいることでメンタルおかしくなってしまった そんな中観たこの映画は ムコさんがツマを本当に愛して...... [続きを読む]

受信: 2013年9月15日 (日) 17時55分

» 【映画】きいろいゾウ [★紅茶屋ロンド★]
<きいろいゾウ を観ました> 原作の雰囲気が伝わってくる、優しくも情熱的な物語 製作:2013年日本 人気ブログランキングへ 西加奈子原作の同名小説を映画化。 主演は、原作が発売された当時の帯に「映画化されたらツマを演じたい」とコメントを残していた宮崎あおいと、ムコ役に向井理。 なんとなく原作はツマを宮崎あおいのイメージで読んでいたので、映画ではそのままで雰囲気ばっちり(笑)。 ムコのイメージはつかめてなかったけど、実際の映像を見ると向井理もいいね。 出合ってすぐに結婚し「ムコとツマ... [続きを読む]

受信: 2014年1月30日 (木) 11時03分

» きいろいゾウ (2012) 131分 [極私的映画論+α]
 ちょっとエキセントリックすぎるかも(笑) [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 22時35分

» 映画・きいろいゾウ [読書と映画とガーデニング]
原作 西加奈子「きいろいゾウ」2013年 日本 周囲の生き物たちの声が聞こえ、いつも会話しているツマ・妻利愛子(宮?あおい)背中に大きな鳥のタトゥーがある売れない小説家のムコ・無辜歩(向井理)満月の夜に出会った二人はたちまち結婚互いを深く知らぬまま田...... [続きを読む]

受信: 2016年4月 2日 (土) 16時34分

« 「火怨・北の英雄 アテルイ伝」 もう少しスケール感があると良かった | トップページ | 本 「サバイバー23区 -東京崩壊生存者-」 »