« 「ストロベリーナイト(映画)」 彼女が抱える闇について | トップページ | 「秘密戦隊ゴレンジャー」 基本フォーマットを最初から確立 »

2013年1月27日 (日)

本 「旅猫リポート」

有川浩さんの「空飛ぶ広報室」のレビューでは、「この時点において有川浩さんのひとつの集大成」と書いたのですが、本作については新しい方向性を見せようとしている作品と言えるような気がします。
キャラ立ちだったり、ベタ甘だったりするところは有川さんの特徴のひとつので、アニメ的、ライノベ的とも言えるわかりやすさに繋がったりします。
たぶん有川さんの作品は、小説慣れしていない方にも読みやすいものとなっていると思います。
しかしたぶんに多くのライノベが、わかりやすいキャラクター造形などになっていて、今までのアニメやマンガのパターンに陥ってなにも残らないものであるのに対して、有川作品はそういうところはないのですよね。
読みやすいのだけれど、なにかほんわりと暖かいものが残るというか。
有川作品には優しさというか、人を思いやる気持ちみたいなものを感じるんですよね。
本作はいわゆるキャラ立ち的なところはおさえつつも、有川さん特有のほんわりとした暖かさみたいなものを前面に出してきた感じがします。
そして今までにないところとしては「死」というものをけっこう真正面に捉えているということですね。
有川作品は基本的にハッピーに終わる感じがあるのですけれど、本作ではしっかりと「死」が描かれます。
物語の途中からそういう予感はあってザワザワした気持ちで読むのですが、有川さんの作品だから、うまくいくに違いないと思って読んでいったのですけれども。
でもその「死」は悲劇ではなくって。
本作主人公である猫、ナナといっしょに、読み進めるに従い、その「死」を受け入れられるようになっていくんですよね。
これはやはり有川さんならではのほんわりとした暖かさ。
表紙のデザインなどのイメージもあるんですけれど、有川さんの今までの作品がどちらかというとアニメ的な感触があったのに対し、本作はなんか童話的というんですかね、そんな感じがしました。
今までの作品で言うと「阪急電車」が一番感触が近いかな・・・。
有川さんらしくも、でも今までとは違う側面も感じた作品だと思いました。

「旅猫リポート」有川浩著 文藝春秋 ハードカバー ISBN978-4-16-381770-5

|

« 「ストロベリーナイト(映画)」 彼女が抱える闇について | トップページ | 「秘密戦隊ゴレンジャー」 基本フォーマットを最初から確立 »

コメント

みゆみゆさん、こんばんは!

僕も「余命もの」は本も映画もあまり好きではないのですが、本作は有川さんらしい温かさを感じてよかったです。
有川さんとしても新境地な感じでしょうね。
次の作品はどのような感じになるのでしょう。

投稿: はらやん | 2013年6月29日 (土) 22時34分

TBありがとうございました。

今までの有川さんとは違う感じでしたが、
死を描いていても、有川さんの持つ温かさがあった作品でしたね。
私も、あまり「余命短い」設定の物語は好きではないのですが・・・
これは、本当によかったです。

個人的には、自分が飼っている犬の甲斐犬が、『阪急電車』につづき、これにも出てきて、びっくりでした。
マイナー犬種を続けて出してくるあたり、有川さんはお好きなのかな?と(^^)

投稿: みゆみゆ | 2013年6月29日 (土) 14時04分

shinri65さん、こんばんは!

こちらこそよろしくお願いいたします。

投稿: はらやん | 2013年4月19日 (金) 22時17分

いつもTBありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

投稿: shinri65 | 2013年4月16日 (火) 21時20分

たいむさん、こんばんは!

そうそう、僕も「阪急電車」が一番近いなぁと思いました。
最近はこういう人情みたいなことを描く感じはありますよね。
哀しい最後を予感させながらも、それはそれで満ち足りた結末になるという安心感があって読ませるのは有川さんならではかなと思います。
多作でありながらもしっかりと読ませてくれる、有川さんはすごいなと思います。

投稿: はらやん | 2013年1月31日 (木) 22時00分

はらやんさん、こんにちは。
私も最近の作風はちょっと違った感じで、それでも強いて言うなら『阪急電車』と感触が近いかなーって思いました。
本当は病気ものは好きじゃないのだけど、途中まで全然わからなかったし、判ったからといって、そういうのじゃないところが有川先生だなって感じました。
途中から予感がするし、フラグがたっても最後まで穏やかに読み続けられるんですよね。
といいつつ、とめどなく涙を溢れさせてましたが(笑)

有川作品は次が楽しみでなりません。

投稿: たいむ | 2013年1月29日 (火) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/56641250

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「旅猫リポート」:

» 『旅猫リポート』 有川 浩 〔著〕 [たいむのひとりごと]
猫目線と神目線の両方で綴られた、青年とその愛猫によるロードノベル。主人公の青年の、のっぴきならない事情から十八番のベタ甘は猫相手となったが、猫派の私なだけにこっちもツボにヒット。・・・なのだけど、温か... [続きを読む]

受信: 2013年1月29日 (火) 15時21分

» 書籍「旅猫リポート/有川浩著」優しさに満ちた作品、猫派でなくてもオススメ [soramove]
書籍「旅猫リポート/有川浩著」★★★☆ 有川浩著 , 文藝春秋、2012/11/15 (271ページ , 1.470 円) 0旅猫リポート/有川浩【Marathon05P02feb13】価格:1,470円(税込、送料別)>                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「有川浩の... [続きを読む]

受信: 2013年2月 3日 (日) 22時16分

» 旅猫リポート [Fine, Peace!]
有川さんです。 うあー、こういうお話だったんかー。 楽しげなんだけど、もう「最後の旅」の章からは泣きっぱなし。 最終的には嗚咽がもれるほど泣きました。 ほんとに有川さんてうまい。 これは家で読んで正解。 こんなに泣くのは通勤では読めません。 何でもそうだ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月15日 (月) 20時16分

» 『旅猫リポート』 有川浩 [みゆみゆの徒然日記]
 これも珍しく図書館で借りてきました。主人公は、猫と旅をするのか・・・と、最近猫(元野良猫)を飼い始めたので、文庫になる前に・・・読みたかったのです。(結果としては・・・これは“買い”な本になりましたが・笑)そして、またまた猫だけでなく・・・私の大好きな...... [続きを読む]

受信: 2013年6月29日 (土) 13時59分

» 旅猫リポート 有川 浩 [花ごよみ]
旅猫リポート この本は、サトルという名の青年と、 ナナという名の猫がおりなす、 のどかな旅行記かな、 という軽い気持ちで、 読み進めて行きました。 図書館での返却期限が ぎりぎりまで迫っていたので 3分の1位残し、 返却するつもりでした。 気が向けば、続き...... [続きを読む]

受信: 2013年7月11日 (木) 21時00分

« 「ストロベリーナイト(映画)」 彼女が抱える闇について | トップページ | 「秘密戦隊ゴレンジャー」 基本フォーマットを最初から確立 »