« 「テッド」 大人になったのび太だよ〜 | トップページ | 「フラッシュ・ゴードン」 テッドとジョンが言うからさ〜 »

2013年1月26日 (土)

本 「怪談の道」

浅見光彦シリーズの一作です。
作者の内田康夫さんはミステリーを書くとき、プロットをあまり決めずに書き始めるというように以前もあとがき等で書いていました。
物語の構成などがミステリーでは肝であるわけで、そういうことができるのはけっこうすごいことだと思います。
それでも内田作品では、プロットを考えないで書き始めたとは思えな程にピタリと最後がしっかりと納まる作品があります。
しかし、そのようなスタイルだとどうしても最後が辻褄合わせ的になってしまう作品もいくつか見受けられますね。
本作などはそういうものの一つ。
ラストの結末は、やや唐突感はありましたし、また犯人の決着のつけ方というのは浅見光彦シリーズでは「いつものパターン」であって、ちょっとまとめあげるために逃げた感がありますね。
ただいつもながら取材で得た情報を作品の中に織り込んでいく手腕はさすがと言えます。
小泉八雲については、本作の冒頭でその文章が引用で載せられていましたが、その文体の美しさから小泉八雲の作品は読んでみたくなりました。

「怪談の道」内田康夫著 角川書店 文庫 ISBN4-04-160746-9

|

« 「テッド」 大人になったのび太だよ〜 | トップページ | 「フラッシュ・ゴードン」 テッドとジョンが言うからさ〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/56628851

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「怪談の道」:

« 「テッド」 大人になったのび太だよ〜 | トップページ | 「フラッシュ・ゴードン」 テッドとジョンが言うからさ〜 »