« 本 「バスジャック」 | トップページ | 本 「深海のYrr」 »

2012年12月11日 (火)

「カラスの親指」 都合がいい感じ、それが・・・

事前情報をあまり入れないで観賞しました。
詐欺師のお話というのは知っていたというレベルですね。
もちろん原作小説は未読です。

<ネタバレするので、この先は未見の方は注意です>

タケとテツの詐欺師コンビに、やひろ、まひろの姉妹、そして貫太郎の三人が加わり、5人の共同生活が始まります。
この5人はそれぞれ家族を失っていますが、一つ屋根の下で家族のように暮らしていきます。
タケにとっては永遠に失ってしまった家族、そしてやひろ、まひろにとっては今まで得たことのない家族。
タケはふたりの姉妹に対しては自分の罪の償いというのもあったのでしょうが、生きていたら同じ年頃である自分の娘を重ね合わせていたのでしょう。
ここでテツがタケに指の家族の話をします。
観ていて、いい話だなぁと思ったのですが、これがまた最後になって意味がある言葉になっていました。
詐欺師の物語だと思っていたので、このあたりまでのホームドラマ的な家族の描き方はちょっと予想したものとちょっと違うなと感じましたが、それはそれでほのぼのとしたいい空気ではあったので、これはこれでありかと。
なんか「しゃべれども しゃべれども」のような雰囲気を感じましたね。
そのホームドラマ的な雰囲気は、闇金業者の嫌がらせがエスカレートしていく中で変わっていきます。
追い込まれた彼らは、これ以上耐えられないということで一発逆転の勝負に出ます。
力では勝てないから、頭でということで、彼らに詐欺をしかけます。
このあたりからの展開はもともと観る前に予想していた詐欺師ドラマ(コン・ゲーム)的な展開になります。
どこまでが仕掛けで、どれが偶然か、この手の作品のハラハラ感も十分にありましたね。
5人のうちの誰かが裏切るというのもあるかと思ったりもしたので、余計に。
めでたく彼らの作品は首尾よくいき、闇金業者から金をせしめることができた5人。
彼らはそれぞれの道を進みます。
これで終わり・・・、と思ったらその先がありました。
本作はおおよそ3部にわかれているように思います。
最初のホームドラマ的な5人の交流、そしてハラハラドキドキのコン・ゲーム。
そして3部はホームドラマ的な側面と、詐欺師ドラマ的な側面をそのまままとめあげるような展開でした。
正直、観ていたとき都合が良い展開だなぁとか、ここはちょっと変?と思うようなところがいくつかあったのですよね。
この「都合がいい」感じということそのものが、伏線になっていたわけです。
そもそものこの物語を画に描いた、大ガラスがいたというわけです。
見逃したところもいくつかあるので、もう一度確かめたい感じはありますね。
上映時間は2時間40分。
観る前はけっこう長いなと思いましたが、この3部構成的な中身を考えると致し方ないところかもしれません。
長尺の割にそれほど長いと感じるところはありませんでした。

阿部寛さんは今年は大活躍ですね。
「麒麟の翼」「テルマエ・ロマエ」「カラスの親指」、それぞれまた違った個性をもっている役でした。
それでいて阿部さんらしさみたいなものはすべてにあって。
能年玲奈さんは演技をしているところは初めてみました。
演技的はまだまだと思うところもありましたが、いい表情はいくつもありましたね。
フレッシュさを感じました。
で、石原さとみさんは最後まで彼女だとわからなかったんですよね。
髪型がいつもと違うからかもしれないのですが、ずっとお姉さんを演じているのは誰だろう?って思ってました。
エンドロール観てびっくりしたんですよね。
彼女も作品によってけっこう触れ幅を大きくできる女優さんになってきたと思います。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「バスジャック」 | トップページ | 本 「深海のYrr」 »

コメント

sakuraiさん、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

僕もけっこうギリで観てきました。
これは流れを知っていると、ちょっとあれですかね。
僕もまったく情報なしで観れたので、楽しく観れました。
詐欺師やったり、刑事やったり、ローマ人やったり阿部ちゃんは昨年は大活躍でしたねー。

投稿: はらやん | 2013年1月 6日 (日) 09時03分

はらやんさん!
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!
遅くなった挨拶で、おまぬけですが、どうぞご容赦を!

この映画。
さっさと見ようと思っていたのですが、やはり時間が長く、なかなか合わずに後回しにしているうちに、終わる・・・・と言うことで、焦って見に行ったのでした。
見た人も、ここはネタばれしちゃいけない~と言うこともあってか、かん口令が出てたんでしょうかね~。情報も入らず、いい塩梅にやられました。
都合のいいまとめ方も、これでいいんじゃないかなあと思わせてもらいました。
あんな目立つ詐欺師はいないだろう・・・と言うのだけが難点かな!

投稿: sakurai | 2013年1月 5日 (土) 19時12分

ほし★ママさん、こんにちは!

>「えっ?まだ続くの?」
って思いますよね。
僕はよくあるおまけかと思ったのですが、これがこの作品の本題だと気づき少々驚きました。
タイトルも「なるほど、そういう意味だったのね」ってここでわかるわけですし。
原作は読んでいないですが、小説だとより「!」となるような気がしました。

投稿: はらやん | 2012年12月21日 (金) 09時36分

前半は、「しゃべれども しゃべれども」の雰囲気~
なるほどです、あの映画も好きでした。
 
ちょっと胡散臭いなとか、こんなにうまく行くの?って思ったことが
伏線だったところがウマかったですね。
3場面目が始まる時は、「えっ?まだ続くの?」って思ったのですが…

投稿: ほし★ママ | 2012年12月20日 (木) 20時40分

yutake☆イヴさん、こんばんは!

今年は阿部さんは働きましたね〜(笑)。
作戦が完了してこれで終わり、そしてよくある実は・・・ていうおまけ的な感じかと思ったら、それこそが本作の本題だとわかりビックリしました。
長さは感じませんでしたね。

投稿: はらやん | 2012年12月13日 (木) 20時06分

こんにちは☆
TBありがとうございます。お返しTbもさせていただいてます(*^_^*)

阿部さんは、今年は、色々な作品で楽しませてくれましたね。

これは、長尺でしたが、長さを感じないで、ナットクの結末を見せてもらいました。
いい作品だったと思います。

ではでは☆ありがとうございます。

投稿: yutake☆イヴ | 2012年12月12日 (水) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/56298911

この記事へのトラックバック一覧です: 「カラスの親指」 都合がいい感じ、それが・・・:

» 【勝手に能年玲奈祭りパート2】東京国際映画祭・特別招待作品『カラスの親指』ワールドプレミア&完成披露プレミア試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
基本、キャストを見られなきゃ映画を見ない人(爆)10/20(土)〜28(日)までTOHOシネマズ六本木ヒルズなどで行われた「第25回東京国際映画祭」でワールドプレミアとして、また11/8( ... [続きを読む]

受信: 2012年12月11日 (火) 21時24分

» カラスの親指 [あーうぃ だにぇっと]
カラスの親指@シネマサンシャイン池袋 [続きを読む]

受信: 2012年12月11日 (火) 21時58分

» 映画『カラスの親指』★サギを包んだ大ガラスにしみじみ〜村上ショージさん絶賛です☆ [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158035/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD22257/story.html ↑ あらすじ・(ここまでなら可か) 2人組の詐欺師 の話がとても面白い..... [続きを読む]

受信: 2012年12月11日 (火) 23時06分

» カラスの親指 [いい加減社長の映画日記]
だまされてやろうじゃないか、と・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 悲しい過去を背負い、詐欺師として生きるタケとなりゆきでコンビを組むことになった男、テツ。 詐欺に励む二人のもとに、アパートを追い出された美人姉妹とその恋人が転がり込んできた。 ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月11日 (火) 23時38分

» 『カラスの親指』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「カラスの親指」□監督・脚本 伊藤匡史□原作 道尾秀介□キャスト 阿部 寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳 友■鑑賞日 12月2日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月12日 (水) 08時11分

» カラスの親指 [新・映画鑑賞★日記・・・]
2012/11/23公開 日本 160分監督:伊藤匡史出演:阿部寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳友、ベンガル、ユースケ・サンタマリア、戸次重幸、なだぎ武、古坂大魔王、上田耕一、鶴見辰吾 5人のサギ師(カラス)が挑んだ大勝負!! 驚きと感動の爽快エンタテイ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月12日 (水) 12時46分

» カラスの親指 [象のロケット]
中年男のタケとテツは、コンビを組んだばかりのサギ師(カラス)。 アパートが火事に遭い荒川沿いの一軒家へ引っ越した二人の元に、スリの少女“まひろ”が、姉“やひろ”とその恋人“貫太郎”と共に転がり込んでくる。 5人の奇妙だがちょっと楽しい共同生活が始まったものの、再び謎の不審火が! 自分に恨みを持つヤミ金業者ヒグチの仕業と確信したタケは、5人で反撃に出ることにしたのだが…。 サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2012年12月13日 (木) 08時53分

» カラスの親指 : これぞ、配役の妙 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 朝から各党の論客が、熱い議論を戦わせているようですねぇ。皆さん、いろいろ仰っていますが、今度はダマされませんよ。では、本日紹介する作品は、観る者を見事にダマすこちら [続きを読む]

受信: 2012年12月15日 (土) 01時25分

» 日本映画「カラスの親指」、詐欺師の話で、どんでん返しがあります。 [ひろの映画日誌]
おススメ度 ☆☆☆ 直木賞作家道尾秀介の小説の映画化。 アメリカ映画のようなド派手さはないが、練られた伏線で見事騙されます。 冒頭競馬場での詐欺、詐欺師をだます手口に引き込まれます。 だが、物語は、老人を狙った年金詐欺の話が根底にあり、闇金業者が絡みます...... [続きを読む]

受信: 2012年12月15日 (土) 16時20分

» カラスの親指  ★★★★ [パピとママ映画のblog]
直木賞作家、道尾秀介のミステリー小説を「テルマエ・ロマエ」の阿部寛主演で映画化。2人のサギ師コンビの元に、3人の若者が転がり込んできたことをきっかけに巻き起こる騒動を、ユーモアを交えて描く。共演は「怪談(07)」の村上ショージ、「貞子3D」の石原さとみ。監督...... [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 18時17分

» カラスの親指 [花ごよみ]
原作は道尾秀介の同名小説。 主演は阿部寛。 監督は伊藤匡史。 不幸な過去を持つ詐欺師二人、 タケ(阿部寛)とテツ(村上ショージ)。 詐欺師二人と同居することになった、 姉妹と一人の男性。 姉妹の姉を石原さとみ、 妹は能年玲奈。 そして小柳友。 5人の共同生...... [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 19時02分

» 「カラスの親指」気楽に見られる160分! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[カラスの親指] ブログ村キーワード  阿部寛、今年3本目の主演作!「カラスの親指」(20世紀フォックス映画)。刑事、古代ローマ人に続いて今度はプロのサギ師。さあ、あなたもダマされちゃいますか?  武沢竹夫(阿部寛)=通称・タケは、8年前に自身に振りかかった或る出来事を境に、全てを捨て裏の社会でサギ師として生きてきた。最近は、自分より年長だがサギ師としては後輩の入川鉄巳(村上ショージ)=通称・テツとコンビを組み、日々の生活は順調だった。或る日、タケの過去に関係があると思われる不審火が原因... [続きを読む]

受信: 2012年12月19日 (水) 21時57分

» 映画『カラスの親指』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
AU×ユナイテッドシネマの試写会。 当選はこれで4度目かな~外れたのはたった1回。 確率が高い上に、地元の映画館で 普通 [続きを読む]

受信: 2012年12月20日 (木) 20時40分

» 映画「カラスの親指」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「カラスの親指」観に行ってきました。道尾秀介の同名小説を実写化した、阿部寛と村上ショージが主演を担う人間ドラマ作品。物語最初の舞台は競馬場。競馬場の馬券売り場で、あ... [続きを読む]

受信: 2012年12月23日 (日) 11時57分

» 「カラスの親指」 [ゆっくり歩こ。]
これは本がいいんですね! 道尾秀介・・・ 私は『横道世之介』の人と勘違いしてました (^^ ; 失礼しました 原作、良いんだろうなぁ 「ラスト15分が驚愕の・・・!」なんて言われてるので 何が? どんな?? と 話の進み具合から・・・ 何かヒドいことされる...... [続きを読む]

受信: 2012年12月25日 (火) 21時43分

» カラスの親指 [映画的・絵画的・音楽的]
 『カラスの親指』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)阿部寛がお笑いの村上ショージと共演するのが面白いと思い、映画館に出かけました。  物語の冒頭では、競馬場で、どの馬券を買うべきか思案に暮れている男タケ(阿部寛)が映し出されます。すると彼のそばに、いかに...... [続きを読む]

受信: 2012年12月26日 (水) 06時28分

» 映画:「カラスの親指」~劇場で [David the smart ass]
まず、競馬場のシーンから始まる。原作はもちろん、予告さえ見ていない私は、すっかりだまされる。途中で、ひょっとしてと思うけれど、まさか、テツさんがああいう形で絡んでいるとは思わなかった……。まさにそ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月26日 (水) 10時39分

» 【カラスの親指(2012)】 [明るいときに見えないものが暗闇では見える。]
阿部寛さんの相棒にあの元祖スベリ芸人村上ショージさんを起用というチャレンジブルなキャスティングが話題の作品。そしてこれが面白い感じに成功しています。 いわゆるコン・ゲームもので詐欺師のお話なのですが、ストーリーの巧妙さやピリピリとした駆け引きの緊張...... [続きを読む]

受信: 2012年12月28日 (金) 22時36分

» カラスの親指 [迷宮映画館]
もうちょっとテンポがほしかったかな。 [続きを読む]

受信: 2013年1月 5日 (土) 19時12分

» カラスの親指 <ネタバレあり> [HAPPY MANIA]
11月29日(木)に 観に行って来ました   かなりの感じで ネタバレってますので  ご注意くださいまし 阿部ちゃんと村上ショウジさんのダブル主演な感じやけど まぁ ラストまでいったら 村上ショウジさんが 主役やな って思えた 観に行く前は ふつーに詐欺師の映画かと。。阿部ちゃんが悪役なのは珍しいなと。。 ...... [続きを読む]

受信: 2013年1月24日 (木) 06時14分

» 12-291「カラスの親指」(日本) [CINECHANが観た映画について]
最後に思い出が欲しかったんです   悲しい過去を持つプロのサギ師タケと成り行きからコンビを組むことになった初老のサギ師テツ。  ある日2人のもとに、街で偶然知り合った少女まひろが姉のやひろとその彼氏を連れて転がり込んでくる。こうして5人のまるで家族のような奇妙で温かな共同生活が始まる。  ところがそんな穏やかな日々は、タケを執拗に追う魔の手によってあっけなく破壊されてしまう。  もはや逃げ続ける人生に疲れ果て、崖っぷちまで追い詰められた5人は、ついに一世一代の大勝負に打って出る。(...... [続きを読む]

受信: 2013年2月11日 (月) 23時17分

» 映画:カラスの親指 [よしなしごと]
 去年に見たのにまだ記事にしていないのをぼちぼちと記事にしていきます。  もともと好きな俳優さんですが、テルマエ・ロマエで爆笑させてくれた阿部寛がローマ人、刑事に続いて詐欺師を。石原さとみの「もう騙されちゃったもんね。」という予告も特徴的なカラスの親指を見てきました。... [続きを読む]

受信: 2013年3月22日 (金) 08時26分

» カラスの親指 [零細投資家映画記録]
鑑賞映画館:MOVIXココエあまがさき シアター5 鑑賞日時:12月20日 評価:A 原題:カラスの親指 製作:2012年 日本 監督:伊藤匡史 出演: 阿部寛 村上ショージ 石原さとみ 能年玲奈 小柳友 鶴見辰吾 映画生活 goo映画 ※ネタバレを含む場合があります。 この映画…... [続きを読む]

受信: 2013年4月 7日 (日) 17時37分

» カラスの親指 [銀幕大帝α]
2012年 日本 160分 サスペンス/ミステリー/コメディ 劇場公開(2012/11/23) 監督:伊藤匡史 原作:道尾秀介『カラスの親指 by rule of CROWs thumb』 脚本:伊藤匡史 出演: 阿部寛:武沢竹夫 村上ショージ:入川鉄巳 石原さとみ:河合やひろ 能年玲奈...... [続きを読む]

受信: 2013年6月 4日 (火) 01時15分

» 【映画】カラスの親指 [★紅茶屋ロンド★]
<カラスの親指 を観ました> 偶然の出来事が、上手く出来すぎていたら…詐欺師のどんでん返しが爽快! 製作:2012年日本 人気ブログランキングへ 阿部寛主演で直木賞作家、道尾秀介氏の同名小説を映画化。 評判も良く、やっとDVDの発売になりました。 原作は読んだことが無かったので、”衝撃のラスト!”にやや期待しつつ、先読みせずに物語に身を任せるつもりで鑑賞w 冴えない人生を送っていた二人の詐欺師タケ(阿部寛)とテツ(村上ショージ)の二人の下にひょんなことから二人の姉妹と一人の青年が転が... [続きを読む]

受信: 2013年6月13日 (木) 18時01分

» カラスの親指 [いやいやえん]
わけあって短信です。 ・美人姉妹がかーわいい。準主役は能年玲奈さんなのだ ・コミカルなコン・ゲーム、詐欺師の物語です ・親指は他の全部の指と向き合える(確かに!) ・どんでん返し自体はそんなにびっくりするものではなかった ・ストーリーは良く練られているが興奮するほどのものではない ・160分は長いよー。けど序盤1時間はさほど物語は動かない ・映画というよりはドラマ ・「またみんなバラバラになるんだね」という台詞の家族感が薄っ ・本当の意味でのカラスはテツだった、愛のある大鴉... [続きを読む]

受信: 2013年8月16日 (金) 08時55分

» 映画「カラスの親指」のブルーレイを見ました(能年玲奈とホールトマトと猫) [翼のインサイト競馬予想]
映画「カラスの親指」のブルーレイを見たのでレビューしてみたいと思います。 You [続きを読む]

受信: 2013年10月24日 (木) 13時37分

» 映画『カラスの親指』観てきたよ~~♪ [よくばりアンテナ]
原作は直木賞作家・道尾秀介、未読。 今年、3つ目の阿部寛主演作品。今度は詐欺師。 内容を口外しないように、ってあらかじめお約束の画面が(^_^;) まぁ・・・ね。 予告編やら、なんやら、派手に宣伝してましたから、 だまされないようにしようと、 初めっから疑っていたんですよ。 そしたら、なんていうかね、 予想の範囲を超えることなく、無事見終わ...... [続きを読む]

受信: 2014年11月16日 (日) 19時38分

» カラスの親指 [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
カラスの親指 12:日本 ◆監督:伊藤匡史「楳図かずお恐怖劇場 絶食」 ◆出演:阿部寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳友、鶴見辰吾、ベンガル、戸次重幸、なだぎ武、古坂大魔王、ユースケ・サンタマリア ◆STORY◆悲しい過去を背負い、詐欺師として生きる...... [続きを読む]

受信: 2014年11月20日 (木) 23時02分

» カラスの親指 by rule of CROW’s thumb [のほほん便り]
「あまちゃん」で大ブレイクする前の能年玲奈、奔放プリティ娘キャラ・全開になる前の石原さとみが、実にキュートでのびのび。キラキラしてます。主演の阿部寛は、もちろん、安定の存在感。村上ジョージの配役は、意外に見えて、最後まで見ると「…なるほど」。一見、素朴で、朴訥で、でも小狡さや、いろんな要素がミックスされて、ある意味、絶妙だった気がしました。小柳友も、これからのブレイク候補かな?原作は、のちに第144回直木賞を受賞した、道尾秀介が初めて直木賞候補(第140回)となった作品であり、ほかに第30回吉川英治... [続きを読む]

受信: 2015年3月31日 (火) 14時24分

« 本 「バスジャック」 | トップページ | 本 「深海のYrr」 »