« 「007 スカイフォール」 ボンドをさらに掘り下げる | トップページ | 本 「さよならドビュッシー前奏曲 -要介護探偵の事件簿-」 »

2012年12月 6日 (木)

「任侠ヘルパー」 弱きを助け強きを挫く

テレビでドラマシリーズがあったようですが、例によって未見です。
「任侠ヘルパー」、「極道」と「介護」とまったく馴染みのないように感じましたが、観てみると意外と現代の課題というものを突いているように思いました。
言うまでもなく「介護」というのは現代の日本において課題の一つです。
超高齢化社会と言われており、高齢者が人口にしめる割合も大きくなっていて、そしてまた少子化も続いているわけで、子供が親を面倒をみることも厳しくなっている状況です。
行政の支援があればいいのですが、政治課題にもなっているように財政は国も地方も火の車であり、十分な支援が得られないということもあります。
福祉サービス充実のために消費税導入ということになりますが、それはそれで年金生活者の家計にダメージになるわけでこのあたりのバランスは非常に難しい。
また介護ビジネスは3Kと呼ばれるように、職場としてはたいへんだとも聞きます。
そのため離職率も高いとか。
「介護」というのは誰もが必要であると認識していながらも、厳しい労働環境であったり、お給料の問題であったりしていてなかなか働く人が確保しにくいわけですね。
そういう必要だけど、成り手がいない仕事というのは、けっこうブラックな組織が絡んでくるわけです。
ヤクザという人々はある種、そういうやる人がいない仕事をやることによって稼ぐところがあるのですよね。
原発の作業員などの融通などもそういう人たちが絡んでいるとも聞きますし。
そういう意味で「介護」と「極道」というのは結びつき、現代日本の課題をあぶり出しているなと思いました。
香川照之さん演じる八代が「誰も救うことができない」と言いますが、たしかにすべての人を一気に助けるというようなことは難しいのかもしれません。
行政の制度でやったとしてもそれを負担する財源などの問題がでてきます。
それでもその問題はずっと進行中なわけで放置するわけにもいきません。
八代はベストな解を得ようとしていましたが、現実的にはよりベターな案を少しずつ実行していくしかないのでしょう。
草なぎ剛さん演じる彦一は、彼のポリシーである「弱きを助け強きを挫く」に基づいて目の前の人々をなんとか救おうとしました。
まずは自分の手が届く範囲で、自分なりにやるしかないのでしょうかね。
なかなか答えがでない課題です。
自分や自分の家族がそうなったらと考えると、悩んでしまいます。
本作はエンターテイメント性もありつつ、社会の課題を提示するというバランス感のある作品に思えました。

草なぎさんは穏やかなイメージがある方だったので、こういうヤクザの役は意外でした。
しかし、けっこう厳しい表情も様になっていて、こういう役もありだなぁと思いました。
ずっと眉間に皺を寄せていましたが、途中一回だけ笑顔になるところがあるのですが、そこの笑顔が余計に輝いてみえました。
香川照之さんは、今年は邦画はずっと出ずっぱりな感じですよね。
クセのある役が多い方なので、今回のキャラクターも「実は・・・」ってなるかと思ったのですが、最後までいい人でした(笑)。
こういうまっとうな役は最近は珍しいですよね。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「007 スカイフォール」 ボンドをさらに掘り下げる | トップページ | 本 「さよならドビュッシー前奏曲 -要介護探偵の事件簿-」 »

コメント

ほし★ママさん、こんばんは!

ぼくも同じですね。
とりあえず、観とくかって感じだったのですが、意外と今時なテーマでしたし。
草なぎさんは穏やかな役のイメージが強くて、ヤクザってどうだろ?と思いましたが、これもけっこう様になってました。
あの笑顔のときだけ、いつもの草なぎさんみたいな感じでしたよね。
彦一もほんとうはああいう感じの笑顔ができる人なんだというのが伝わりました。

投稿: はらやん | 2012年12月21日 (金) 22時55分

はらやんさん、こんばんは。
すっかりご無沙汰してしまいました。
 
この映画は、全く期待しないで観たのですが
エンタメ性もありつつ、考えさせられる事柄も
バランスよく配されていて、かなり気に入りました。
草なぎクンのあのシーンの笑顔はサイコーでしたね♪

投稿: ほし★ママ | 2012年12月20日 (木) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/56263785

この記事へのトラックバック一覧です: 「任侠ヘルパー」 弱きを助け強きを挫く:

» 任侠ヘルパー/草なぎ剛、安田成美 [カノンな日々]
TVドラマが始まるときには極道者が介護ヘルパーだなんて漫画みたいなふざけたドラマでしょと思ったのですが、いざ観始めるとこれが意外にも面白くてすっかりハマってしまいました ... [続きを読む]

受信: 2012年12月 6日 (木) 21時45分

» 任侠ヘルパー [あーうぃ だにぇっと]
任侠ヘルパー@よみうりホール [続きを読む]

受信: 2012年12月 6日 (木) 22時40分

» 映画『任侠ヘルパー』★草薙さんの背中が命かけたヘルパーなめてんじゃねぇゾ!と叫んでいるようで [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159646/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 元極道(ヤクザ)の 彦一 がヘルパーになるという、テレビドラマの映画版だそうですが ドラマは未見でした。 というのは、きっと心温まる話なんだろうとタカをくくっていたのと ^^; 従来の医療モノと同様に ..... [続きを読む]

受信: 2012年12月 6日 (木) 23時04分

» 任侠ヘルパー [いい加減社長の映画日記]
そんなに観たいわけでもなかったけど、他に観たいものがなかったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 指定暴力団“隼会”を抜け、堅気として生きる覚悟を決めた翼彦一は、コンビニの店員をしながら暮らしていた。 同じアルバイト店員の山際成次と店で働いて...... [続きを読む]

受信: 2012年12月 7日 (金) 00時22分

» 『任侠ヘルパー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「任侠ヘルパー」□監督 西谷 弘□脚本 池上純哉□キャスト 草? 剛、安田成美、香川照之、夏帆、風間俊介、堺正章、杉本哲太、宇崎竜童      りりィ、品川 徹、草村礼子、黒木メイサ■鑑賞日 11月18日(日)■劇場 TOHOシネマズ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月 7日 (金) 08時12分

» 任侠ヘルパー [象のロケット]
元暴力団員の翼彦一は、コンビニ強盗の老人・蔦井に同情したことから刑務所送りになってしまう。 出所後、彦一は蔦井に紹介された大海市の極道・極鵬会からシノギをもらう。 それは闇金で破産した老人たちを劣悪な環境の施設「うみねこの家」に入れ、生活保護や年金をせしめる仕事だった。 蔦井の娘・葉子の元恋人で市会議員の八代は、市の貧困ビジネス撲滅に乗り出すのだが…。 人気TVドラマ劇場版。... [続きを読む]

受信: 2012年12月 7日 (金) 10時24分

» 「任侠ヘルパー」:やくざファンタジー [大江戸時夫の東京温度]
映画『任侠ヘルパー』は、元となったテレビドラマを全く見ていなかったのですが、ほぼ [続きを読む]

受信: 2012年12月 8日 (土) 23時08分

» 任侠ヘルパー : 普通すぎて、困っちゃう!! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 香川県高松市の民家からAKS-74U自動小銃や手榴弾が発見され、一家三人が逮捕されたそうですね。ピストルではなく自動小銃ですからね。捕まった一家は、暴力団関係者ではないようだ [続きを読む]

受信: 2012年12月12日 (水) 10時40分

» 日本映画「任侠ヘルパー」、やくざが老人介護! [ひろの映画日誌]
おススメ度 ☆☆☆ 映画の出来はまあまあで、草?ファンはいいかもしれないが? やくざが、介護施設でかすめ取るならいざ知らず、肩入れする話。まあ、いい話かもしれないが、所詮はやくざ映画じゃないですか。 草?さんのあのメイク、けっこう型にはまっていますけど、そ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月15日 (土) 16時23分

» 任侠ヘルパー ★★★★ [パピとママ映画のblog]
極道者が介護ヘルパーになるという破天荒な設定で人気を博した同名TVドラマの劇場版。老人介護施設を舞台に、福祉事業の利権に群がる政治家や暴力団に立ち向かう男の奮闘を描く。監督は「容疑者Xの献身」の西谷弘。出演は「僕と妻の1778の物語」の草なぎ剛、「HOME 愛しの...... [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 19時04分

» 映画『任侠ヘルパー』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
西谷監督作品は、『容疑者Xの献身」も『県庁の星』も大好き。 巷であまり評判のよくない外交官黒田シリーズも 結構気に入って [続きを読む]

受信: 2012年12月20日 (木) 20時48分

» [映画『任侠ヘルパー』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・今年は、お店を開くので、忙しくなり、映画を見るのも少なくなるのは事前に言っておきます^^  さて、予告編を見てから、ずーっと待望していた『任侠ヘルパー』を、遅ればせながらやっと観ましたよ。  今年の一発目です^^  昨年、一昨年と、年の初めには...... [続きを読む]

受信: 2013年1月 9日 (水) 21時00分

» 12-313「任侠ヘルパー」(日本) [CINECHANが観た映画について]
人を助けるなんて、本当は誰にも出来ないのかもしれない   足を洗って堅気となり、コンビニ店員として働く元極道者の翼彦一。  ある日彼は、コンビニ強盗に入った老人を見逃してやったことから、自分も逮捕されてしまう。  獄中でその老人、蔦井雄三と再会した彦一。元極道の雄三から困ったときにはと、彼がかつて属していた“極鵬会”を紹介される。  元極道者の生きづらさを痛感した彦一は出所後、極鵬会のもとを訪ね、再び裏の仕事に手を染めることに。  しかしそれは、老人を闇金で食い物にした上、破産し...... [続きを読む]

受信: 2013年2月10日 (日) 01時13分

» 映画『任侠ヘルパー』(12日-44) [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
西谷監督作品は、『容疑者Xの献身」も『県庁の星』も大好き。 巷であまり評判のよくない外交官黒田シリーズも 結構気に入って [続きを読む]

受信: 2013年2月25日 (月) 20時41分

« 「007 スカイフォール」 ボンドをさらに掘り下げる | トップページ | 本 「さよならドビュッシー前奏曲 -要介護探偵の事件簿-」 »