« 本 「検察 -破綻した捜査モデル-」 | トップページ | 「平清盛」 視聴率だけでは計れない »

2012年12月23日 (日)

「ONE PIECE FILM Z ワンピースフィルム ゼット」 揺るぎない信念

「ONE PIECE」は2年前までまったくコミックもアニメも見たことはありませんでした。
超売れていて、話題になっているのは知っていましたが、今更手をだすのもという感じでした。
また「少年ジャンプ」の人気漫画をずっと引き延ばしていく「ジャンプ」のスタイルもあまり好きではないというのもありました。
しかし2年前に同僚に無理矢理押し付けられるようにコミックを貸され読み始めたのですが、ものの見事にこれにハマり・・・、結局全巻を大人買いすることに。
連載が15年にも渡り続くってのは人気があることで、それは延命云々というより、やはり作品に力があるのだなあと感心した次第でした。
とはいえ、アニメの方はまったく観ていないので、今回の映画は観に行くかどうかちょっと悩んだんですよね。
コミックを読んでいると自分のイメージありますし、ちょっとイメージと違うとどうかと。
今更長く続くアニメのほうに入れるかなと思ったりしました。
結果的には、観てみたらそれは杞憂であるとわかりました。
キャラクターの声もまったく違和感がなかったですね。
やはり長年このキャラクターをやっている方たちばかりですし、また原作者の尾田栄一郎さんもかなり絡んでいるということから世界観がブレていないということかもしれません。

コミックの「ONE PIECE」の魅力というと、ある種のケレン味のようなところがあります。
原作では擬音でよく「ドン!!」とか「バン!!」とかいうものがでてきたり、けっこう大胆なコマ割りをしていて(コミックを読んでいる人はわかるはず)、押し出しの強いケレン味が出ています。
初期の頃は別にして、1ページあたりの情報量が多く、そしてけっこう誇張した表現が多いのも特徴だと思います。
本作を観て思ったのは、そういったコミックの「ONE PIECE」らしさというのはアニメにとても相性がいいなということです。
コミックではさきほど書いたような誇張表現(かなりパースが効いた画)や大胆なアングルは、アニメでは早いカメラワークやカット割りのようなものでうまく表現をしていたと思います。

お話のほうでの「ONE PIECE」の魅力と言えば、その登場人物たちが自分の信念に基づき、生きているというところが描かれているということでしょうか。
主人公ルフィはその最たるものですが、それ以外のキャラクターもその通り。
麦わらの一味のメンバーがルフィを心の底から信じるというのもそうですよね。
そしてまた敵方に位置するキャラクターもそういった信念を持っている者がコミックでも何人も登場しました。
その心意気同士がぶつかり合ったりするわけですが、そしてルフィは相手のそういうまっすぐさを素直に認め、受け入れるわけですよね。
そして仲間になる者もい、そして敵としても互いに認め合う関係になったりもする。
本作に登場する敵役であるゼットもまさに信念に基づき動く者なわけですね。
ゼットの志は揺るぎなく、そして比類できないほど強い。
彼は海賊を追う海軍の将軍でしたが、あることをきっかけに海軍を離脱し、ネオ海軍と称し独自に海賊を追い立てます。
「正義」を背負う海軍は、やはり様々な思惑がありつつ、その「正義」も素直には実行できない。
その枠からゼットは飛び出したわけです。
対し、海賊であるルフィたちというものはおのれの信念以外には何も縛られるものはありません。
思惑から自由になったゼットとルフィはそれぞれの信念に基づきぶつかり合うのです。
そこには肉体の強さ、心の強さの両方が求められます。
戦い合いますが、二人には信念に基づき行動するという共通点があります。
「ONE PIECE」の魅力というのは、ルフィや本作のゼットに象徴されるような信念を力にする登場人物が描かれていることなのでしょうね。
泣ける話が多いというのもそのせいかもしれません。
テレビのアニメも観てみようかな・・・。
あまりに膨大な量でちょっと躊躇しますが・・・。
チョッパーの「嬉しくないぞ、コノヤロー」が可愛くてちょっと萌え。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「検察 -破綻した捜査モデル-」 | トップページ | 「平清盛」 視聴率だけでは計れない »

コメント

はまかぜさん、こんばんは!

98年からですか、もうファン歴は10年以上なんですね。
僕は一昨年くらいからなので、新参者です。
アニメは観ていなくってマンガだけだったので、こんなに海軍がしっかり描かれるのは初めてみました。
麦わらの一味だけでなくて、海軍のほうの今後も気になりますね!

投稿: はらやん | 2013年2月 1日 (金) 20時22分

こんばんは。
トラックバックありがとうございました。
私はワンピースは、98年頃(アーロンとの戦いの頃)にはまりだして現在に至ります。
ほんと、これだけ長く連載が続くのは人気のある証ですね。
「ONE PIECE FILM Z ワンピースフィルム ゼット」では、私は「世代交代」を強く意識させられました。
センゴク元元帥も2年の間に髪の毛が真っ白になっていましたし。
ルフィたち新世代の海賊達の活躍が楽しみです。
そして赤犬元帥のもと、生まれ変わったという海軍も気になるところですね。

投稿: はまかぜ | 2013年1月29日 (火) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/56377788

この記事へのトラックバック一覧です: 「ONE PIECE FILM Z ワンピースフィルム ゼット」 揺るぎない信念:

» ワンピース フィルム Z [Akira's VOICE]
主役はゼットです。   [続きを読む]

受信: 2012年12月24日 (月) 10時10分

» 「ONE PIECE FILM Z ワンピースフィルム ゼット」みた。 [たいむのひとりごと]
2009年公開の前作「STRONG WORLD」に続き、劇場版の鑑賞は2回目。調べてみたら前回は公開3日目に観に行っていたようだが、なんとなく世間の注目度につられて今回は初日に行ってしまった。(地元で... [続きを読む]

受信: 2012年12月24日 (月) 10時36分

» ONE PIECE FILM Z/ワンピースフィルム ゼット [そーれりぽーと]
『ONE PIECE』に限らず少年ジャンプ系が面白いのは厳しい成績レースで厳選された原作漫画だけで、そのテレビアニメ版は原作の間を伸ばした無駄と量産アニメの質が微妙、映画版はスクリーンで観るには酷なアニメの質自体と脚本的に(つまり映画として)お金払って観るには...... [続きを読む]

受信: 2012年12月24日 (月) 22時31分

» ONE PIECE FILM Z [象のロケット]
“偉大なる航路(グランドライン)後半の海”新世界”を快調に突き進むルフィたち“麦わらの一味”は、海面を漂っていた男ゼットを救助する。 右腕に大型の武器を装着しているゼットは元海軍大将で、自ら組織した“NEO海軍”を率いて“全海賊抹殺”を企んでいた。 巨大なエネルギーを持つ鉱物ダイナ岩を使い、新世界そのものを消滅させようというゼットの壮大な計画が、今まさに実行に移されようとしていた…。 人気冒険アニメ劇場版。... [続きを読む]

受信: 2012年12月26日 (水) 19時01分

» ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット [だらだら無気力ブログ!]
あっ!特典のコミックス、映画館に忘れてきた! [続きを読む]

受信: 2013年1月 2日 (水) 00時12分

» ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット [とりあえず、コメントです]
コミック「ワンピース」の劇場版第12作目です。 実はこの世界をほとんど知らなかったのに、面白そうな雰囲気に惹かれてチャレンジしてみました。 出だしからハードな闘いが繰り広げられて目が離せなくなるような作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2013年1月 2日 (水) 20時59分

» ONE PIECE FILM Z を観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
ONE PIECE FILM Z を早速観てきました 観音開きのパンフ   決してコミック第千巻 [続きを読む]

受信: 2013年1月 5日 (土) 16時08分

» ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット/田中真弓 [カノンな日々]
『ONE PEACE』映画化第11弾で脚本を鈴木おさむさんが手がけ原作者の尾田栄一郎さんが自ら総合プロデューサーを務めてるそうです。W主題歌とかでアヴリル・ラヴィーンも参加することに ... [続きを読む]

受信: 2013年1月14日 (月) 22時49分

» 「ONE PIECE FILM Z ワンピースフィルム ゼット」 [読書日和]
話題のワンピースの最新映画を観てきました 今回ご紹介するのは「ONE PIECE FILM Z ワンピースフィルム ゼット」です。 -----内容----- 新世界の海を行く麦わらの一味一行は、右腕に巨大な武器を装着したゼットという男を海で拾い、手当を行う。 意識を取り戻したゼッ...... [続きを読む]

受信: 2013年1月29日 (火) 19時12分

» 12-312「ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット」(日本) [CINECHANが観た映画について]
自分のやりたいようにやるだけだ   “新世界”のとある島に現われた伝説の元海軍大将、ゼット。  彼の目的は、古代兵器にも匹敵すると言われる巨大なエネルギーを持つ鉱物“ダイナ岩”。その奪取に成功したゼットの野望、それは“全海賊抹殺”だった。  そんなある日、新世界を進むルフィたち“麦わらの一味”の前に、傷だらけで漂うゼットの姿が。そして、その右腕には大型の武器“スマッシャー”が装着されていた。  威容を誇るこの右腕の武器を警戒しつつ、懸命にゼットの介抱にあたるルフィたちだったが。(「...... [続きを読む]

受信: 2013年2月10日 (日) 01時18分

» ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット [銀幕大帝α]
2012年 日本 108分 アドベンチャー/アクション/ファンタジー 劇場公開(2012/12/15) 監督:長峯達也 総合プロデューサー:尾田栄一郎 原作:尾田栄一郎 主題歌:アヴリル・ラヴィーン『How You Remind Me』『Bad Reputation』 声の出演: 田中真弓:モンキー...... [続きを読む]

受信: 2013年7月27日 (土) 02時35分

« 本 「検察 -破綻した捜査モデル-」 | トップページ | 「平清盛」 視聴率だけでは計れない »