« 「終の信託」 いろいろ考えさせられました | トップページ | 「人生の特等席」 変えられない、でも変えられる »

2012年11月24日 (土)

本 「玉村警部補の災難」

海堂尊さんの「白鳥・田口」シリーズのスピンオフというところでしょうか。
「ナイチンゲールの沈黙」から登場したデジタル・ハウンドドックこと加納警視正と、不本意ながらも彼の助手を務めることとなる玉村警部補が関わった事件、数編が収録されている中編集となります。
本編の白鳥もマイペースと言うか、他人を斟酌しない人物ではありますが、加納警視正もそれに負けず劣らず傍若無人。
振り回される玉村警部補が気の毒で、だからタイトルに「災難」とあるわけでしょう。
本作では4つ作品が収録されていますが、その間にはブレイクタイムのように田口と玉村の会話がはさまれているような体裁になっています。
それぞれ、白鳥、加納に振り回されている状態であり、この二人には何か共有できるものがあるのか、同時にため息をついたりするところが何かおかしいですね。
ラストの作品は、その後の桜宮サーガにも影響を与えるような感じもありました。
四国を舞台にした作品も書かれるかもしれないですね。
もう「ケルベロスの肖像」も出ていますし、さっさと読まないと。
海堂さんは書くペースが早いので、読むだけなのに置いていかれてしまいます。
本職もあるのに、すごいですよね。

「玉村警部補の災難」海堂尊著 宝島社 ハードカバー ISBN978-4-7966-8821-5

|

« 「終の信託」 いろいろ考えさせられました | トップページ | 「人生の特等席」 変えられない、でも変えられる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/56178876

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「玉村警部補の災難」:

» 海堂尊の医療エンターテイメント [ぱふぅ家のホームページ]
『玉村警部補の災難』を追記しました。 [続きを読む]

受信: 2013年4月 2日 (火) 14時34分

» 【田口先生より損な役回りをさせられる】玉村警部補の災難 [ぱふぅ家のサイバー小物]
「そうしたらニートの引きこもりを大量雇用すればいい。連中は凝り性だから、丹念に捜査してくれるだろう」(133ページ) [続きを読む]

受信: 2013年4月 5日 (金) 19時58分

» 玉村警部補の災難/海堂尊 [本と旅とそれから]
なんとなく本読みがスローになってきていたところ、活を入れんとするかのよーに、予約本がまとまって回って来ました。どれもこれも、読みたいからこそ予約を入れた本ばかり。そして、長々待つような人気の本とあれば、期限内に読み終われなくても、貸し出し延長はかないませぬ。 がむばって読む。... [続きを読む]

受信: 2014年8月10日 (日) 18時51分

» 「玉村警部補の災難 (『このミス』大賞シリーズ)」海堂尊 [粋な提案]
正月特番用のバラエティ番組収録中、巨大迷路内でタレントが殺された。 カメラが設置された密室での犯罪が加納と玉村を待ち受けるが、 加納の論理的推理が炸裂する(「青空迷宮」)。 「チーム・バチスタ」シリーズの加納警視正と玉村警部補が難事件に挑む。 田口&白鳥シリーズでおなじみの、桜宮市警察署の玉村警部補と キレ者・加納警視正が活躍する、ミステリー短編集です。 ずさんな検死体制の盲点を...... [続きを読む]

受信: 2014年11月18日 (火) 01時58分

« 「終の信託」 いろいろ考えさせられました | トップページ | 「人生の特等席」 変えられない、でも変えられる »