« 「エクスペンダブルズ2」 筋肉アベンジャーズ | トップページ | 本 「ふしぎなキリスト教」 »

2012年10月28日 (日)

「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」 良さはそのままに、いい具合に抑制

今年は「宇宙刑事ギャバン」の放映30周年ということで、まさかの単品での映画化です。
2月の「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」での久しぶりの登場も驚きでしたが、まさかピンでの映画化とはなんともファンとしては嬉しい限り。
最近の方は東映の特撮ものといったら「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」しか知らないって方も多いのでは?
ところがどっこい、30年前に一世を風靡した「メタルヒーロー」シリーズがあったのです。
「メタルヒーロー」シリーズというのは正式名称ではなく、「宇宙刑事ギャバン」がヒットし、その後シリーズが作られるにあたり、そのメタリックなビジュアルが継承されていくのですが、それにちなんだ通称なのですね。
シルエットはシンプル、しかしそのメタリックな意匠は、それまでのヒーローにはまったくなかったもので、初めて「ギャバン」を観たときはインパクトを感じました。
ポール・ヴァーホーベンの「ロボコップ」のデザインは、「ギャバン」の影響を受けてますからねー。

まったくの新作となる本作を観た印象ですが、いろんな意味でシンプルで、いい具合に抑制された作品になっていると思います。
これが「ギャバン」っぽい。
最近の東映の特撮、特に映画は「仮面ライダー」にしても「スーパー戦隊」にしても、かなりインフレーションが進んだお祭り映画になっています。
お祭り映画はそれはそれで楽しいのですけれど、「ギャバン」的にはどうかと思ったりもしてました。
「ギャバン」のスペシャルフォームとか出てきたら、どうしようかと心配したりもしたんですけれど、このあたりはちゃんと製作者もわかってくれてたようで。
お話はいたってシンプルでわかりやすい。
ただそのまんまだと今やる意味というのが見いだしにくいわけです。
そこで今回の主役は、かつてのギャバンである一条寺烈ではなく、新米宇宙刑事である十文字撃に変わっています。
ここで取り入れらた設定が「ギャバン」が宇宙刑事のコードネームであるということ。
代々、「ギャバン」という名が受け継がれていくということなのですね。
新しい主人公、十文字撃になることで、彼にまつわる物語が描かれていく。
それが新作である意味となります。
烈の場合はかつてのテレビシリーズで彼の物語が決着ついているわけで、その後に登場してもどうしても「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」のように脇になってしまうわけですよね。
この「ギャバン」コードネーム化というアイデアは、これからもこのシリーズを続けていくことができることを意味しています。
東映的にはアイデアヒットでしょうね。
十文字撃を演じるのは石垣佑磨さん。
僕は知らなかったのですが、けっこうアクションもいける方ですね。
烈は当時JACに所属していた大葉健二さんがやっていたわけですから、テレビの「ギャバン」は素面でのアクションもかなりありました。
本作もけっこういろんな場面で石垣さんはアクションをやっています。
あとなんとなく風貌も若かりしときの大葉さんを髣髴させるところもあり、いい感じでした。
そしてまだまだ健在の大葉さん。
「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」のときも書きましたが、この年でアクションがキレキレです。
すごいです。
大葉さんが登場すると、スクリーンを通してなんだか温度があがる感じがします。
撃が「蒸着」する「ギャバン」はType.Gと呼ばれるもので、オリジナルの「ギャバン」とは目や胸の色が違うのですよね。
でもフォルムはほとんど変わらない。
新作となると違いを出すために、どうしてもゴテゴテとしたくなるところをガマンしながらも、現代風にスタイリッシュにしている感じがして、好感がもてます。
「ディメンションボンバー」とか「スパイラルキック」とか「ギャバンダイナミック」とか、このあたりは継承してくれてるところは嬉しいところ。
「サイバリアーーン!」とか「電子星獣ドルーー!」とかもね。
あと「蒸着プロセスをもう一度見てみよう」もね。
萌え〜。
レーザーブレードのところでは、宙明サウンドも健在。
現代風にアレンジされてましたけどね。
あの音楽が流れると、やはり萌え〜。
あとコム長官もご健在でした。

もともと持っている良さはそのままにして変えない。
変えないほうがけっこう勇気がいると思うのですよね。
「仮面ライダー」や「スーパー戦隊」はインフレ化しているなかで、久しぶりに日本のヒーローらしいヒーローものを観たって感じがします。

シャリバンもシャイダーも出ていましたね。
シャイダーは好きだったんですけれど、本作に出てきたのは頭と体の大きさのバランスがいまいち。
ちょっとごつすぎ。
これがちょっと残念。

「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「エクスペンダブルズ2」 筋肉アベンジャーズ | トップページ | 本 「ふしぎなキリスト教」 »

コメント

バラサ☆バラサさん、こんばんは!

僕はちょうど「ギャバン」がマイ特撮ブームの第2期でした(今、第3期)。
蒸着のシーンは当時観ていたときも「カッコいいな!」と思いましたねー。
ギャバンのデザインも含めて、それまでの特撮ヒーローのイメージを一新した作品だったと思います。

>「ヨッコラヨッコラヨッコラヨッコラ」
なるほど〜。
渡辺宙明さんっぽいところではありますけれどねー。
ギャバンのサウンドも宙明さんの音楽の中ではひとつのピークだった時期かなと思いますね。

投稿: はらやん | 2012年11月 1日 (木) 20時20分

>最近の方は東映の特撮ものといったら「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」しか知らないって方も多いのでは?

逆に最古寄りの人間ですが、スカイライダーくらいまでの「仮面ライダー」、電子戦隊デンジマンまでの「スーパー戦隊」までしか知らず(その後、オーレンジャーとかメガレンジャーを観たのですが)、ギャバンは、完全に空白の時代です。

「スーパー特撮大戦2001」なるゲームで初見だったのですが、蒸着のシーンには圧倒されました。

ただし主題歌は、最初のほうの伴奏が、「ヨッコラヨッコラヨッコラヨッコラ」と聞こえて、気が抜けます。

投稿: バラサ☆バラサ | 2012年11月 1日 (木) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/55991977

この記事へのトラックバック一覧です: 「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」 良さはそのままに、いい具合に抑制:

» 『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』(2012) [【徒然なるままに・・・】]
河井衣月が務める宇宙物理学研究開発機構「SARD」が、宇宙犯罪組織マクーに襲撃された。間一髪で彼女を助けたギャバンと名乗る宇宙刑事の正体は、衣月の幼馴染みの十文字撃だった。一年前、撃とやはり幼馴染みだった大熊遠矢を乗せたスペースシャトルは火星に向かう途中で遭難し、行方不明となっていたのだ。しかしまだ正式な刑事に任命されていなかった撃は、コム長官から叱責され、別の宇宙刑事に任務遂行を命じる。勝手な行動を取った上に、まんまとマクーにデータを盗み出されていたからだ。しかし故郷の星を守りたいという撃の熱意に... [続きを読む]

受信: 2012年10月29日 (月) 06時28分

» 宇宙刑事ギャバン THE MOVIE [象のロケット]
宇宙物理学研究開発機構SARDが宇宙犯罪組織マクーの残党に襲われ、データが盗まれてしまう。 残党の目的は首領ドン・ホラーを蘇らせることだった。 宇宙刑事ギャバンになったばかりの元宇宙飛行士・十文字撃は、バード星にある銀河連邦警察本部のコム長官から叱責を受ける。 失意に沈む撃の前に、かつてマクーを倒した伝説の男・一条寺烈が現れるのだが…。 ヒーローアクション。... [続きを読む]

受信: 2012年10月29日 (月) 18時44分

» 宇宙刑事ギャバン THE MOVIE [ダイターンクラッシュ!!]
2012年10月22日(月) 20:20~ チネ11 料金:1200円(レイトショー料金) 『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』公式サイト 実は一回も本編を見たことが無い。 途中でプレイを放棄した「スーパー特撮大戦2001」なるクソゲーで、「蒸着!」とか言う、訳のわからない変身シーンを知った。 斯様に思い入れのない題材なので、喜ぶところもなければ、ぶち切れるところもなし。 普通に子供向きの特撮を観たという感じだ。 が、アクションは、なかなか洗練されている。生身の初代ギャバン強し。 それ... [続きを読む]

受信: 2012年11月 1日 (木) 15時06分

» 宇宙刑事ギャバン THE MOVE(2012-126) [単館系]
宇宙刑事ギャバン THE MOVE 新宿バルト9 1980年代に「メタルヒーロー」シリーズ第1弾としてテレビ放映され人気を博した 「宇宙刑事ギャバン」が復活し、ギャバンのコードネームを継承した刑事の活躍を描く...... [続きを読む]

受信: 2012年11月12日 (月) 21時35分

» 12-348「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」(日本) [CINECHANが観た映画について]
もうためらわない   スペースシャトル“かなた”で火星へと向かった、日本人宇宙飛行士の十文字撃と大熊遠矢が突然消息を絶ってしまう。  その1年後、宇宙犯罪組織マクーの残党に襲撃された宇宙物理学研究開発機構“SARD”の危機に駆けつけたのは、銀河連邦警察本部で訓練を重ね、“ギャバン”のコードネームを与えられ見習い宇宙刑事となった撃だった。  マクーの残党たちの目的は、初代ギャバンによって倒された首領ドン・ホラーの復活。それは銀河系はもとより、全宇宙の危機を意味していた。  そこで撃は...... [続きを読む]

受信: 2013年2月 3日 (日) 02時51分

« 「エクスペンダブルズ2」 筋肉アベンジャーズ | トップページ | 本 「ふしぎなキリスト教」 »