« 本 「詩的私的ジャック」 | トップページ | 本 「英雄の書」 »

2012年10月 7日 (日)

「夢売るふたり」 愛の行く末

だいたい映画を観たあとすぐにレビューを書くのですが、本作はちょっと苦労しました。

自分の中で消化できなかったのですね。

しかし、つまらないわけではなく、面白い。

どのように話が展開していくかわからなかったという点で話に引き込まれました。

そもそも主人公のふたりが本心ではどのように考えているのか、感じているのかが、映画を観た直後はわからなかったかったわけです。

映画のレビューというのは登場人物を分析して、どのような意図でこのような人物が配置されているかというのを探るものですが、そういうようなことが通用しない。

特に松たか子さんが演じる里子と女性の真意というのが、わからないのですね。

もしかすると脚本を書いた西川監督もわからないかもしれない。

里子というキャラクターを配置したら、彼女がどんどん動き出してしまったという感じかもしれません。

それを映画は間近で映像として掬いとっている感じがしました。

本作が持つある種の生々しさは西川監督がそもそも持っているものですが、よりドキュメンタリーのような感覚を感じました。

貫也と里子は小料理店を営んでいた結婚10年の夫婦。

しかしその店は火事で焼失し、ふたりは再出発をしなくてはいけなくなりました。

そのとき、ひょんなきっかけからふたりは結婚詐欺を始めます。

貫也は見た目は別にいい男ではありませんが、根っから人がいいのか、心に寂しさを抱える女性の懐にすっと入っていきます。

真っ暗闇の中にいる女性は、貫也に希望を見いだすのでしょう、たちまち彼に入れこんでいくわけです。

この物語、一筋縄でいかないのが、貫也と里子が互いに持つ感情でしょう。

結婚を10年を経て、愛が覚め、打算と妥協でいっしょに暮らしている夫婦、っていうのであれば、まだわかりやすい。

そういう物語は今までもありました。

しかし、貫也と里子はおそらく互いに相手のことを好きだという気持ちを持っているのだと思います。

だからこそ、里子は貫也の浮気がバレたとき、とても怒ったわけです。

しかし、しかしです。

その後里子主導により、貫也に結婚詐欺を始めるわけです。

愛する夫が他の女を抱くことにより、お金を稼ぐことを妻が主導する。

この心理は何でしょう。

この映画は、その里子の心理の謎解きをするわけではありません。

前段で書いたように、映画は里子の行動を淡々と追っていきます。

観ている側はそれを観て、想像するしかありません。

弱気な夫を助けるためには、再びお店を開く資金がいる。

ただそのような資金はおいそれと簡単に用意できるものでもありません。

だからこその結婚詐欺であったのです。

里子は、夫が他の女を抱くということに耐えるということとの苦しみと引き換えに、夫の夢である店を開くための結婚詐欺を行ったのでしょうか。

ところどころ描写が入りつつも、明確な説明がなかった部分があります。

里子はどうも女性特有の病気になっていたのではないかと思われます。

ガンの本を読んでいたり、トイレでため息をついてみたり。

もしかすると夫婦の営みといったものもその病気のためにできていないかもしれません。

里子が自分で自分を慰めるシーンがありましたが、それを夫とそういったことがないことを表していたように思います。

里子は、妻としての役割を果たせていないという後ろめたさをもっていたのかもしれません。

そのため夫が他の女を抱くことにもじっと耐えたのではないかと。

夫はお金のために女を抱いているのであって、決して本気ではないということを免罪符にして。

しかし、貫也が本気で木下に情を移しそうになったとき、里子は感情が暴走しそうになります。

里子はあのときは、ほとんど冷静に考えることはできなかったでしょう。

自分が何を考えているか、里子自身もわからなかったのかもしれません。

貫也は自分ができの悪い夫であることを自覚しています。

そのため里子に貧乏くじをひかせてしまったのではなかったのではないかと悔やみます。

貫也も里子のことを愛しているのだと思います。

うまくいかない自分が唯一うまくいったのが、結婚詐欺。

それについては相手の女性を傷つけるし、また里子に対しても後ろめたさはある。

けれど貫也にとっては苦労をかけている里子に対して報いる唯一の方法であったわけです。

結婚詐欺は里子に対しての愛情の表れでもあるけれど、その行為が里子を大きく傷つけるものでもあったわけですが。

里子はたぶん結婚詐欺については自分の感情を封印するということにしたのだと思います。

だから里子は終止無表情だったり、作った笑顔をしている。

貫也はそういった里子がおそろしくもあったりするわけで、だからこそ木下のところへ逃げ込もうとしたわけです。

木下のところへ行く前に、貫也は里子の心理について「おまえはこうだ」と言うシーンがあります。

それはそれで説得力のある内容ではあったのですが、里子の心の本質ではなかったのではないかと思います。

だからこそ里子は自分のことをわかってくれていない貫也に怒りを感じたのでしょう。

結局、貫也は刑務所に入ります。

しかし里子はシャバにいることから、彼の罪は子供をかばった傷害罪であったのだろうと推察されます。

結婚詐欺については公にはされなかったのでしょう。

時が流れ、貫也がだました女性たちはそれぞれの時間が流れていきます。

大幸福というわけではないでしょうが、それぞれのたった一つの時間が流れています。

その中に、一瞬だけ輝きをもたらした貫也の入り込む余地はないのです。

里子はひとり北国の漁港で黙々と働いています。

彼女が働く港のかもめの声が聞こえます。

そしてそのかもめの声は貫也が入っている刑務所の中でも聞こえます。

そう、里子は貫也の入っている刑務所の近くで暮らしているのです。

貫也が刑期を終えて出てきたときに、彼を出迎えるのは里子のみなのでしょう。

里子がずっと貫也を愛し続けているというのはこのシーンで確信をしました。

それを全体に物語を振り返ってきたというのが、つらつらと書いてきたレビューです。

貫也にしても、里子にしてもお互いに愛情は感じているのですが、結婚詐欺を行い始めてから思いのすれ違いのようなことが起こりました。

けれどふたりの思いというのは結局はいろんなことがあっても変わらなかったということなのでしょうね。

里子役というのは難役であったと思いますが、松たか子さんは素晴らしかったですね。

「告白」の教師役もすごかったですが、本作でも存在感があります。

汚れ役に近いような役柄ですが、彼女が演じるとある種の生々しさを出しながらも、一線を越えないような品の良さがあります。

このバランスは他の女優さんじゃ、あまりないなと思いました。

阿部サダヲさんとふたりで、しっかりと芝居を魅せてくれる作品でした。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「詩的私的ジャック」 | トップページ | 本 「英雄の書」 »

コメント

ほし★ママさん、こんにちは!

>夫の自分への思いに自信があったのだ
それはそうかもしれないですね。
なので、夫がふらっとしたときはけっこう内心では動揺していたのではないかと。
でも貫也のほうも実は里子の気持ちが自分から離れないというのにも自信があったのかもしれません。
里子としては貫也は自分がいなくてはどうしようもないという感じはあったと思うので。
そう考えると、この二人はどちらも相手が自分にとってなくてはならない存在なのかもしれませんね。

投稿: はらやん | 2012年10月28日 (日) 15時33分

はらやんさん、おはようございます。
すっかりご無沙汰しております。
 
この作品の里子、私は夫の自分への思いに自信があったのだと思いました。
ビジネスはビジネスと割り切って、気持ちが持っていかれることはないと
信じていたら、夫は自分に全くかまってくれなくなってしまった…
もちろん里子の気持ちに全く「沿う」事は、出来ないのですが
こう言う心理って女性にはあるよなぁ~と、思いました。
 
松さんが「どんどん動き出してしまった」と言うはらやんさんの考察
なるほどと納得致しました、最後の一線と言うか崩れてしまわない里子
松さんしか演じられないのではと思いました。

投稿: ほし★ママ | 2012年10月28日 (日) 08時26分

sakuraiさん、こんばんは!

確かに男のほうが単純ですよ〜。
里子には一貫性がないようにも見えるのですが、そういう読めなさみたいなものが女性の本質なのかなと。
そういうところが、女性のほうが環境変化に強いと言われるところかもしれません。

投稿: はらやん | 2012年10月12日 (金) 22時14分

rose_chocolatさん、こんばんは!

実は西川監督の作品は「蛇イチゴ」以外は観ているのですよ。
監督は雑誌のインタビューで自分も里子の気持ちはよくわからないと言ってました。
そういうわからないところが、女ということなのですかねぇ。

投稿: はらやん | 2012年10月11日 (木) 20時22分

>里子というキャラクターを配置したら、彼女がどんどん動き出してしまったという感じかもしれません。
ここは、お見事な解釈だと思います。
西川監督の独特な世界観ですが、彼女は今まであまり女性を主人公に撮ってこなかった。
多分、男性の方がわかりやすい、悪く言えば単純(ごめんなさい)である、という監督の考えみたいなもんがあったのかも。
では女性はというと、描くのがほんとに難しい。。。キャラがどんどんと膨れ上がっていったのかもしれないですね。

医学書を見たりしてたのは、詐欺の相手として、医学的な知識を詰め込むためではないかと思って見てました。
しかし、松たか子さんのすさまじさには、圧倒されました。
寺島さんも見るものを圧倒させる力がありますが、全然違う佇まいでこの存在感は、凄かったと思います。

投稿: sakurai | 2012年10月 9日 (火) 19時49分

はらやんさんはこういうのはご覧にはならないと思ってましたのでびっくりです(苦笑)
確かに、消化するのはむずかしい作品かもしれませんね。
私も見た直後はなるほどとも思ったんだけど、時間が経つにつれて何となくそれも違うなと思い始めてきたりします。
もしかしたら、監督はそれが狙いなのかもしれないですね。明らかに後味がいいものではないので、わざと嫌悪感を煽るように作っている可能性もあります。

夫を好きなあまり、成功してほしいが故に詐欺を勧め、他の女と過ごす夫を後ろ暗い気持ちで見つめる。そこまでしても好きならもう何も言うことはないんでしょう。私はあんまり共感できないんですけどね。

投稿: rose_chocolat | 2012年10月 8日 (月) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/55836057

この記事へのトラックバック一覧です: 「夢売るふたり」 愛の行く末:

» 「夢売るふたり」 [prisoners BLOG]
素朴な疑問なのだけれど、あの手口で結婚詐欺が成立するのかな。 振り込め詐欺があれだけ警告されているのにひっかかる人間が後を絶たないように、実際にひっかかる時は傍からは信じられないようなひっかかり方をするものなのだろうが、映画で見る限り傍からの視点を離れ...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 7日 (日) 21時37分

» 夢売るふたり [あーうぃ だにぇっと]
夢売るふたり@よみうりホール [続きを読む]

受信: 2012年10月 8日 (月) 08時56分

» 夢売るふたり [象のロケット]
東京の片隅で小料理屋「いちざわ」を営んでいた夫婦、貫也と里子は、火事ですべてを失ってしまう。 再び自分たちの店を持つという夢を諦めきれないふたりだったが、資金は簡単には集まらない。 一夜の関係を持ってしまった元常連客の女性が、貫也に同情してまとまった現金をくれたことから、里子は貫也に結婚詐欺をさせることを思い立つ。 最初は思惑通りに進んでいた計画だったが…。 ラブ・ストーリー。 R-15。... [続きを読む]

受信: 2012年10月 8日 (月) 09時07分

» 『夢売るふたり』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「夢売るふたり」□監督・脚本・原案 西川美和□キャスト 松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、木村多江、安藤玉恵、       江原由夏、やべきょうすけ、大堀こういち、倉科カナ、古舘寛治、       小林勝也、伊勢谷...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 8日 (月) 10時31分

» 夢売るふたり [風に吹かれて]
女心は複雑公式サイト http://yumeuru.asmik-ace.co.jp原案・脚本・監督: 西川美和  「ゆれる」 「ディア・ドクター」 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻(松 [続きを読む]

受信: 2012年10月 8日 (月) 11時57分

» 『夢売るふたり』 (2012) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督・脚本・原案: 西川美和 出演: 松たか子 、阿部サダヲ 、田中麗奈 、鈴木砂羽 、安藤玉恵 、江原由夏 、木村多江 、やべきょうすけ 、大堀こういち 、倉科カナ 、伊勢谷友介 、古舘寛治 、小林勝也 、香川照之 、笑福亭鶴瓶 試写会場: アスミッ...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 8日 (月) 12時36分

» 夢売るふたり [to Heart]
人間最大の謎は、男と女 製作年度 2012年 上映時間 137分 映倫 R15+ 脚本 監督 西川美和 出演 松たか子/阿部サダヲ/田中麗奈/鈴木砂羽/木村多江/伊勢谷友介/古舘寛治/小林勝也/香川照之/笑福亭鶴瓶 『ディア・ドクター』などで高評価を得た西川美和監督がメガホンを...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 8日 (月) 13時40分

» 夢売るふたり [ダイターンクラッシュ!!]
2012年9月23日(日) 15:10~ TOHOシネマズららぽーと横浜プレミアスクリーン 料金:0円(フリーパスポート) 『夢売るふたり』公式サイト フリーパスポート15本目。 阿部サダヲ大将、松たか子女将の夫婦の小料理屋が炎上。 再建のため、詐欺で資金を集める。 阿部サダヲが結婚詐欺担当なのだが、その設定にどうにも無理がある。 まあ、それは置いておいても、最近綺麗になった田中麗奈を詐欺にかけるも、巨体の重量挙げ選手に本気で好意よせているように見えたり、木村多江の未亡人のところに入り浸りに... [続きを読む]

受信: 2012年10月 8日 (月) 14時08分

» 夢売るふたり [映画感想メモ]
夢を叶える為に夢を売って、心が磨り減ってしまっている。 いい加減あらすじ 営んで [続きを読む]

受信: 2012年10月 8日 (月) 20時23分

» 夢売るふたり [そーれりぽーと]
個性の強い阿部サダヲと松たか子を中心に、結婚詐欺にあう周りの女優達のキャスティングも面白そうだった『夢売るふたり』を観てきました。 ★★★★★ 2時間以上もかけて、ゆっくりと徐々に高まっていくゾワゾワ感がたまらない! 夫婦で大繁盛の居酒屋を切り盛りしているふ...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 8日 (月) 22時30分

» 『夢売るふたり』 [ラムの大通り]
※今日、ブログ9年目に突入しました。 ----この映画って西川美和監督の新作だよね。 松たか子、阿部サダヲ主演で 詐欺師夫婦を描いているんでしょ。 「そう。 いま、その演技力が最も買われているふたりが、 同じく、『蛇いちご』で衝撃のデビューを果たして以来、 これま...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 8日 (月) 23時28分

» 夢売るふたり(2012-115) [単館系]
夢売るふたり MOVIXさいたま 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。 店は小さいながらも順風満帆だったが、火事で全てを失ってしまう。 ある日、貫也が常連客と一夜を...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 8日 (月) 23時37分

» 夢売るふたり [いい加減社長の映画日記]
結婚詐欺師になるために、お勉強しようかと・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 東京の片隅で小料理屋を営む貫也と妻の里子。 店は小さいながらも繁盛していたが、調理場からの失火が原因の火事で全てを失ってしまう。 絶望して酒びたりの日々を送っていた貫...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 9日 (火) 10時01分

» 女のプライド。『夢売るふたり』 [水曜日のシネマ日記]
結婚詐欺に手を染める夫婦を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2012年10月 9日 (火) 12時37分

» 56★夢売るふたり [レザボアCATs]
’12年、日本 監督・脚本・原案:西川美和 製作:大下聡、齋藤敬他 撮影:柳島克己 音楽:モアリズム キャスト:松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、木村多江、やべきょうすけ、伊勢谷友介、古舘寛治、小林勝也、香川照之、笑福亭鶴瓶 待ってました!ドSな美和さんの最新作。 『蛇イチゴ』『ゆれる』『ディア・ドクター』の西川美和監督と言えば、現在活躍する監督の中でも、(個人的に)最も期待値の高い人の5本の指に入る。 相変わらずの巧みな心理描写と、人間の感情の襞を鋭くエグり取る、エッヂの効いた作品。物語の... [続きを読む]

受信: 2012年10月 9日 (火) 17時12分

» 夢売るふたり [迷宮映画館]
なんか次元が違うわ。 [続きを読む]

受信: 2012年10月 9日 (火) 19時51分

» 「夢売るふたり」どっこい女はしたたか [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
女の怖さを十二分に表現する松たかこの凄い演技と、見事なまでに薄幸顔の女優を集めたのに、どこか悲惨さが無い。 松たかこと阿部サダヲだから実現した絶妙な空気感。 あったかいのに薄ら寒い、弱弱しいのに力強い、西川監督のなせる業なのか・・・・... [続きを読む]

受信: 2012年10月10日 (水) 17時06分

» 映画:夢売るふたり 徐々に壊れていく、松たか子。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
西川美和の待望の新作。 というのは当ブログでは、 (2009年07月21日)映画:「ディア・ドクター」 評判に違わぬ、日本映画を切り拓く一作 (2009年08月03日)西川美和監督作品「ゆれる」に今更ながら衝撃  という具合で絶賛してきたから。 「真実」「うそ」、「記...... [続きを読む]

受信: 2012年10月11日 (木) 13時07分

» 「夢売るふたり」 [ゆっくり歩こ。]
西川美和監督作品 ってことで 楽しみにしてました 西川監督は可愛いですね あんなキュ〜トなのに! 何てさらけ出された映画を作るんでしょ、毎回 今回は松さんがスゴかったです 表情、目に込められた情念・・・ 悲しさやメラメラと燃える感情まで 伝わってき...... [続きを読む]

受信: 2012年10月13日 (土) 10時49分

» 夢売るふたり(2012) [銅版画制作の日々]
 人間最大の謎は、男と女 好き度:=80点 西川美和監督ワールド炸裂!この独特な世界がたまらなく好きです。 松たか子さんも炸裂ですね。「告白」の彼女を観て以来、彼女の演技にはもうもう圧倒されている私です。 今回は阿部サダヲが彼女の夫役で登場。女は強しと...... [続きを読む]

受信: 2012年10月13日 (土) 17時58分

» 夢売る [Break Time]
今日も、気温的には・・・ [続きを読む]

受信: 2012年10月13日 (土) 18時12分

» 『夢売るふたり』が夢見たもの [Healing ]
夢売るふたり ★★★★ 脳裏にこびりつく、男と女の奇妙な形 いかんとも理解しがたい夫婦の関係 本当に、やばいお話をよく考えるものですね。西川美和監督ったら。 松たか子さん、よく受けたよね。よくやったよね。 阿部サダヲさんが、こうも人たらしだったとは、よく気づいたよね。 夫婦は「運命共同体」などといいますけれど、 そうはいっても、 いざなったら、 女はしぶとい... [続きを読む]

受信: 2012年10月19日 (金) 16時30分

» 「夢売るふたり」みた。 [たいむのひとりごと]
西川作品ではいつものことだが、この生々しさは怖すぎる。ありそうでなさそうな、なさそうでありそうな夫婦の物語。決して綺麗ごとを許さないリアル感に背筋を凍らせ、誰しも心の奥深くに持っているだろう狂気の発露... [続きを読む]

受信: 2012年10月20日 (土) 14時21分

» 映画『夢売るふたり』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
『蛇イチゴ』では、ニヤリ (^_-)-☆ 『ゆれる』では、グラグラ (・へ・)? 『ディア・ドクター』では、エェーン ( [続きを読む]

受信: 2012年10月26日 (金) 23時55分

» 夢売るふたり/松たか子、阿部サダヲ [カノンな日々]
『蛇イチゴ』で西川美和監督に魅せられた私はその後も『ゆれる』『ディア・ドクター』と魅了され続けてます。いずれもオリジナルの脚本で秀逸な映画を作り続ける西川美和監督の最 ... [続きを読む]

受信: 2012年11月10日 (土) 06時50分

» 夢売るふたり [映画と本の『たんぽぽ館』]
結婚詐欺の夫婦に広がっていく虚ろ                   * * * * * * * * *  待望の西川美和監督作品。 「ゆれる」、「ディア・ドクター」、いいですよねー。 ちょっぴりとぼけたテイストながら、 人の心の淵をえぐり出します。 さ...... [続きを読む]

受信: 2013年1月14日 (月) 17時32分

» 【映画】夢売るふたり [★紅茶屋ロンド★]
<夢売るふたり を観ました> 製作:2012年日本 人気ブログランキングへ 「ディア・ドクター」の西川美和監督の最新作。 松たか子がとにかく怖い!と、公開当時から評判(?)でした。 松たか子演じる里子が怖いんじゃないんです。女性はみんな、怖いんです(笑)。 夫婦で小料理屋を営む市澤貫也(阿部サダヲ)と里子(松たか子)は、火事で大事な店を全焼させ、全てを失ってしまう。 絶望し、酒に溺れる毎日を送っていた貫也だったが、ある日店の常連客だった玲子と再会し、酔った勢いで一夜を共にしてしまう。そ... [続きを読む]

受信: 2013年3月11日 (月) 21時05分

» 『夢売るふたり』、正統な継承者? [weekly? ぱんだnoきぐるみ]
以前西川監督の『ゆれる』(2006年)をレビューしたとき、相対的に「古い」という表現を使ったことを覚えています。 この『夢売るふたり』を見ると、改めてその思いを強くせざるを得ません。 もっとも、「古い」という言葉を悪い意味で使っているのではないことは付言しておきます。 むしろ西川作品の古さは僕たちが慣れ親しんだ、何か居心地のよさのようなものをもたらしてくれる。 というのも、『ゆれる』もこの『夢売るふたり』も、ある種の日活ロマンポルノの香りを漂わせているからです。... [続きを読む]

受信: 2013年3月24日 (日) 09時23分

» 夢売るふたり [いやいやえん]
どんな理由があろうとも、結婚詐欺はいかん!!と思います。 夢を取り戻そうとする夫婦と、その犠牲となる女性たち。平凡な男性にこんなにも惹かれてしまうのは、男の心中にすっと心に入ってくる優しさなるものを女性たちが嗅ぎ取っているからなのでしょうね。 しかし松たか子さんは素晴らしかったです、逞しくもしたたかで繊細な女性を巧みに演じられてた。ラストで働いてるシーンがありましたが、最初から二人して働いてまたいつか金を貯めれば良かったのだ。いつか出所する夫を待つのであろう強さをもの凄く感じました。 ... [続きを読む]

受信: 2013年9月 3日 (火) 08時44分

» 夢売るふたり (2012) 137分 [極私的映画論+α]
松たか子・・・エロすぎます(笑) [続きを読む]

受信: 2013年11月10日 (日) 21時10分

» 『夢売るふたり』の感想です [ぶるこのひとこと映画感想記]
不器用ながらも二人で誠実に生きてきた夫婦が、いきなり結婚詐欺に手を染めてしまうこ [続きを読む]

受信: 2015年1月 8日 (木) 14時45分

« 本 「詩的私的ジャック」 | トップページ | 本 「英雄の書」 »