« 「鍵泥棒のメソッド」 恋のメソッド・アクティング | トップページ | 本 「空飛ぶ広報室」 »

2012年10月20日 (土)

本 「チヨ子」

こちら、宮部みゆきさんの中短編集です。
どの作品もとても宮部さんらしい作品になっています。
書かれた時期はまちまちのようですが、宮部さんらしいテーマがどれにも通じているような気がします。
何度もこちらの記事で書いていますが、宮部さんの作品にはどうしてもなくすことのできない悪というものが描かれます。
この悪ですが、よくよく読むと2種類あるのですね。
ひとつは良心をほとんど持たない、他人を傷つけることを何とも思わない絶対的な悪意を持つ登場人物がでてくるタイプのもの。
「模倣犯」などがそれになります。
もう一つは、根も葉もないうわさ話、中傷、いじめなど、それを行っている人は絶対的な悪意を持つ人々ではないというタイプ。
根も葉もないうわさ話をしている人は誰かを傷つけるということを意識していないのですね。
よくいじめの問題で、加害者は「いじめている意識はなかった」と言っていると報道されますが、この誰かを傷つけているという自覚がないというのは非常に問題なのです。
悪意がないからたちが悪い。
この中短編集はそういう悪意のない悪、そしてなくすことのできない悪による様々な出来事を描いています。
最後に収められている中編「聖痕」は、最近読んだ「英雄の書」にも繋がるテーマであるような気がしました。
こういうテーマなので重めの話が多いですが、中でも本のタイトルになっている「チヨ子」はファンタジーのテイストもあるいいお話で、ちょっとほっとします。
「チヨ子」宮部みゆき著 光文社 文庫 ISBN978-4-334-74969-9

|

« 「鍵泥棒のメソッド」 恋のメソッド・アクティング | トップページ | 本 「空飛ぶ広報室」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/55930672

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「チヨ子」:

» 宮部みゆき「チヨ子」 [読書と映画とガーデニング]
光文社文庫2011年7月 初版1刷発行2011年8月 2刷発行解説・大森望230頁 いきなり文庫化!とくれば買うでしょう 超常現象を題材にした珠玉のホラー&ファンタジー5編 「雪娘」雪の降る夜、久し振りに集まった同級生誰もが思いながら口にする事が出来ない昔の出来事最後...... [続きを読む]

受信: 2012年10月21日 (日) 10時55分

« 「鍵泥棒のメソッド」 恋のメソッド・アクティング | トップページ | 本 「空飛ぶ広報室」 »