« 本 「トッカン -特別国税徴収官-」 | トップページ | 本 「論語入門」 »

2012年9月 1日 (土)

「映画 ひみつのアッコちゃん」 意外にもまっすぐなお仕事ムービー

改めて言うことではないですが「ひみつのアッコちゃん」とは「おそ松くん」「天才バカボン」等で有名な漫画家、赤塚不二夫氏原作の少女漫画です。
何度かアニメにもなっているので、知っている方も多いでしょう。
特にアラフォー近辺の方々は。
かくいう自分もそうですが、やはり男の子なのでじっくり観た記憶はあまりありません。
しかし「テクマクマヤコン、テクマクマヤコン」や「ラミパスラミパス、ルルルルルー」といった魔法の呪文は覚えてますし、主題歌もしっかりと歌えたりします。
その「ひみつのアッコちゃん」がなぜか今この時に実写映画化となりましたので、とりあえず話のネタに観に行ってきました。
ポスターとかを見ると、アッコちゃん演じる綾瀬はるかさんと相手役の岡田将生さんのラブコメものかなと思ってましたが、その要素はちょっとあるにせよ、どちらかといったらいわゆる「お仕事もの」といった趣でした。
大人になって就職して仕事をし始めると、会社はいろんな面倒くさいことや、ややこしいことが多くて最初のうちは戸惑います。
しかしいつの間にやらそれに慣れ、そういうのが当たり前として働いているものです。
本作は、見かけは大人だけれど中身は子供のままのアッコちゃんが、会社で働く大人たちを子供の視点で見るという仕掛けとなっています。
僕自身、企業で、それもメーカーで働く身で、本作を観てみると突拍子もないというか、現実味がまったくないエピソードがあります。
株主総会の場面とか、最後の工場でのエピソードとかはご都合主義、ありえない感がたっぷり感じられます。
ま、ただ元々漫画ですからね、そのあたりは大目にみることにして。
思いのほかしっかりしているなと思ったは、メーカーで働く人々が持つべき理想というものをけっこうストレートに描いていたことです。
メーカーというのは製品を作り、それを欲しいと思っていただいたお客様にお買い上げいただくことにより、会社が存続しています。
企業ですので、当然売上・利益を稼ぎ会社を存続させなくてはいけないのですが、メーカーの一員として喜びを感じるというのはやはりお客様が自分の会社の製品を使っていただいて喜んでいただいたときなのですよね。
お客様に喜んでいただいてこそのメーカーなのですが、ややもするとそういうメーカーの挟持がないがしろにされることもあったりするわけです。
本作で描かれたような会社の危機的な局面は、そういうことがおこりやすい。
僕が働く業界全体で危機的な状況になったことが何回かありました。
そのとき自分が働く会社がすばらしいなと思ったのは、厳しい状況であってもお客様に安心して使っていただくことを第一義に皆が動いたのですね。
これは経営者から現場に至るまでがまさにそのように動いて困難を乗り越えました。
伝統的な会社なのですが、だからこその誇りというか、お客様が喜んで満足していただくというスタンスは決して崩さなかったのですね。
他社は、業界の危機状態の時に、嵐が過ぎ去るのを首をすくめて待っているようなスタンスの会社、そのときだけ聞き触りのよいことばかりを行ってその後はあまり積極的には動かない会社などがありました。
本作はエピソード自体は突拍子もない感じはありますが、そこに描かれているメーカーで働く人々が持つべき理想、挟持というものをまっすぐに描いているところには共感をしました。
企業で働き始め、それに慣れてきた時、あらためて子供の気持ちで自分のやっている仕事を見直してみるというのはいいことかもしれません。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「トッカン -特別国税徴収官-」 | トップページ | 本 「論語入門」 »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

仕事というものの本質を真正面からとりあげていることに好感を持ちました。
自分の仕事への誇りって大事で、それこそが仕事のエネルギーになると思います。
けっこうそういうことを忘れちゃっている人も多いですよね。
小学生の視点で、素直な気持ちで言ってくれているので、初心に返ることができますよね。

投稿: はらやん | 2012年9月17日 (月) 19時21分

ストレートで、素直な気持ちで仕事をしたり、根本的な「最後まで話を聞きましょう!」とか、とてもじゃないが、今更言えねえ。。。と言った気持ちが、無理なく出てたような。
私、とってもこの映画好きです。
冗談じゃなく感動しました。
ぜひとも、多くの方に見ていただきたいです。

アラフォーよりも、アラフィフの方かもです。
私は、ドンぴしゃ、ど真ん中ですわ。

投稿: sakurai | 2012年9月17日 (月) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/55557967

この記事へのトラックバック一覧です: 「映画 ひみつのアッコちゃん」 意外にもまっすぐなお仕事ムービー:

» 映画「ひみつのアッコちゃん」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ひみつのアッコちゃん」観に行ってきました。 赤塚不二夫原作の国民的人気を誇る同名コミック生誕50周年を記念して制作された、綾瀬はるか・吉田里琴が主演を担う実写映画化ハートフルコメディ作品。 ストーリーは完全オリジナルで、原作や既存アニメとは何の関連性もありません。 映画のタイトル名や原作から考... [続きを読む]

受信: 2012年9月 2日 (日) 00時03分

» ひみつのアッコちゃん [こみち]
JUGEMテーマ:邦画nbsp; nbsp; 「テクマクマヤコン」 nbsp; 「ラミパスラミパスルルルルル」 nbsp; 昭和の香りがする魔法少女ひみつのアッコちゃんを見てきました。 nbsp; 少女のあつ子役の吉田里琴を仕草をまねる綾瀬はるかが nbsp; なんともかわいらしいですね。 nbsp; 話の内容も恋愛あり、危機有といった具合に &... [続きを読む]

受信: 2012年9月 2日 (日) 14時19分

» <ひみつのアッコちゃん 試写会> [夢色]
ひみつのアッコちゃん 観てきましたさすがにストーリーは、まるっきり漫画でしたが、綾瀬はるかちゃんと将生くんの魅力がたっぷりで 楽しめましたなにより、どアップの将生くんをスクリーンで堪能笑。子供のアッコちゃんが、体だけ大人になってしまったので、行動は本当...... [続きを読む]

受信: 2012年9月 2日 (日) 22時16分

» ひみつのアッコちゃん(’12) [Something Impressive(KYOKOⅢ)]
29日(水)、新橋のヤクルトホールで「ひみつのアッコちゃん」試写会、都合も合ったので、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して見てきました。 故赤塚不二夫氏の人気漫画、アニメの実写映画化。私は漫画は未読、子供の頃のTVアニメ「・・アッコちゃん」は、各回の話を具体的に覚えている訳ではないけれど、 普通の女の子がなりたいものに変身出来る、夢あるファンタジー感覚、「テクマクマヤコン・・」「ラミパスラミパスルルルルル」の呪文や、軽やかなワルツの主題歌、など懐かしくて... [続きを読む]

受信: 2012年9月 2日 (日) 22時32分

» あんぱんち最新出演作『映画 ひみつのアッコちゃん』舞台挨拶@新宿ピカデリー [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
基本、キャストを見られなきゃ映画を見ない人(爆)超久しぶりの舞台挨拶レポは、誕生から50周年を迎えた赤塚不二夫原作のマンガを実写化した『映画 ひみつのアッコちゃん』この映 ... [続きを読む]

受信: 2012年9月 3日 (月) 00時44分

» 映画 ひみつのアッコちゃん [象のロケット]
10歳の小学生アッコこと加賀美あつ子は、ある日、鏡の精から秘密の呪文を唱えればなりたいものに変身できるという“魔法のコンパクト”をもらい、大人の女性に大変身する。 女子大生として老舗化粧品会社・赤塚でアルバイトを始めたアッコは、会社を立て直そうと頑張っている企画開発室のエリート社員・早瀬尚人に協力しようと、魔法の力を借りることにしたのだが…。 ファンタジーアニメ実写劇場版。... [続きを読む]

受信: 2012年9月 3日 (月) 01時18分

» 『映画 ひみつのアッコちゃん』 [ラムの大通り]
----アニメの『マダガスカル3』が 『ダークナイト ライジング』』の 同日興行収入を超える洋画No.1のビッグ・スタート! でも、まだその映画のお話聞いてニャいよね。 「アセアセ。 気がついたら、もう公開に。 そんなこともあるから ちょっと今回は早めに…」 ----だ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月 4日 (火) 22時10分

» 「映画 ひみつのアッコちゃん」てえ~くまくまやこ~ん(^^;! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ひみつのアッコちゃん] ブログ村キーワード  言わずと知れた、“巨匠・赤塚不二夫 大先生”原作の国民的王道少女漫画、誕生50周年にして初の実写映画化!「映画 ひみつのアッコちゃん」(松竹)。『何で、今さら…?』って感じもするのですが、“主演・綾瀬はるかと聞かされた日にゃあ、そりゃあ見に行かないわけにはイカンでしょう(^^;!  加賀美あつ子(吉田里琴)は、オシャレが大好きな小学5年生。ある日、大切にしていたコンパクトを壊してしまい落ち込んでいたところへ、謎の男=“鏡の精”(香川照之)が... [続きを読む]

受信: 2012年9月 6日 (木) 00時27分

» 『映画 ひみつのアッコちゃん』の4つの論点 [映画のブログ]
 綾瀬はるかさん主演で『ひみつのアッコちゃん』を映画するという報に接したとき、これは一本取られたと思った。もちろん制作は日本テレビのはずだ。  だからその面白さが保証つきなのは判っていたが、よも...... [続きを読む]

受信: 2012年9月 7日 (金) 02時06分

» 「映画 ひみつのアッコちゃん」子供視点から見て感じた大人の醜い争いと大人になるために必要な自分の意見と知識 [オールマイティにコメンテート]
「映画 ひみつのアッコちゃん」は漫画家故赤塚不二夫氏の大人気漫画「ひみつのアッコちゃん」を実写化した作品で、11歳の少女アッコちゃんがある日鏡の精から魔法の鏡を貰い、そ ... [続きを読む]

受信: 2012年9月 7日 (金) 06時01分

» 『映画 ひみつのアッコちゃん』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「映画 ひみつのアッコちゃん」□監督 川村泰祐 □原作 赤塚不二夫 □脚本 福間正浩/ 大森美香 □キャスト 綾瀬はるか、岡田将生、谷原章介、吹石一恵塚、塚地武雅、       大杉 漣、堀内敬子、もたいまさこ、鹿賀丈史、香川照之■...... [続きを読む]

受信: 2012年9月 7日 (金) 08時45分

» ひみつのアッコちゃん [こみち]
JUGEMテーマ:邦画nbsp; nbsp; 「テクマクマヤコン」 nbsp; 「ラミパスラミパスルルルルル」 nbsp; 昭和の香りがする魔法少女ひみつのアッコちゃんを見てきました。 nbsp; 少女のあつ子役の吉田里琴を仕草をまねる綾瀬はるかが nbsp; なんともかわいらしいですね。 nbsp; 話の内容も恋愛あり、危機有といった具合に &... [続きを読む]

受信: 2012年9月 8日 (土) 11時06分

» ひみつのアッコちゃん [はるみのひとり言]
試写会で見て来ました。とにかく綾瀬はるかちゃんが可愛すぎ〜鏡の精からなりたいものに変身できるコンパクトをもらって、大人のアッコちゃんに変身するんだけど、心は10歳の子のまま。このアッコちゃんを演じられるのは綾瀬はるかちゃんしかいないよね〜綾瀬はるかちゃ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月10日 (月) 10時54分

» 映画 ひみつのアッコちゃん [ダイターンクラッシュ!!]
2012年9月8日(土) 16:40~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:0円(フリーパスポート) 『映画 ひみつのアッコちゃん』公式サイト フリーパスポート2本目。 綾瀬はるかということで、大人になったアッコちゃんなのかと思ったら、小学生がテクマクマヤコンで綾瀬はるかになっていた。 この小学生と綾瀬はるかの精神年齢が逆転しているのでないかというくらい、当初の綾瀬はるかの言動は、小学生見たら怒るだろうぐらいの小学生を侮辱しているような酷さ。 あまりに鬱陶しいので不快なのだが、観... [続きを読む]

受信: 2012年9月18日 (火) 23時41分

» 「映画ひみつのアッコちゃん」感想(簡易版) [流浪の狂人ブログ ~旅路より~]
 赤塚不二夫原作の少女漫画を、綾瀬はるか主演で実写映画化。 [続きを読む]

受信: 2012年9月27日 (木) 19時08分

» 映画:映画 ひみつのアッコちゃん [よしなしごと]
 原作は「ラミパスラミパス」しか知らないし、迷っていたのですが意外に評判がいいので映画 ひみつのアッコちゃんを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2012年11月17日 (土) 22時56分

» 映画 ひみつのアッコちゃん/綾瀬はるか、岡田将生 [カノンな日々]
赤塚不二夫さんの傑作少女コミック『ひみつのアッコちゃん』。TVアニメ版は大好きで夢中になって観てました。一番最初に綾瀬はるかさんが実写版『ひみつのアッコちゃん』の主演に ... [続きを読む]

受信: 2012年11月23日 (金) 09時27分

» 12-364「映画 ひみつのアッコちゃん」(日本) [CINECHANが観た映画について]
なりたい大人になりたい   10歳の女の子・加賀美あつ子(アッコ)は、鏡の精からなりたいものになれる“魔法のコンパクト”をもらい、22歳の女子大生に変身する。  大好きなメイクやオシャレを楽しんでいたアッコは、ひょんなことから化粧品会社のエリート社員、早瀬尚人にスカウトされ、アルバイトとして働くことに。  当然のように失敗ばかりのアッコだったが、尚人だけは彼女の奇抜なアイデアを評価し、支えになってくれた。  やがて2人の間にほのかな恋心が芽生えるが、2人の距離が縮まるほどにアッコの...... [続きを読む]

受信: 2013年2月23日 (土) 18時29分

» 映画 ひみつのアッコちゃん [銀幕大帝α]
2012年 日本 120分 コメディ/ロマンス/ファンタジー 劇場公開(2012/09/01) 監督:川村泰祐『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 〜勝どき橋を封鎖せよ!〜』 原作:赤塚不二夫 主題歌:YUKI『わたしの願い事』 出演: 綾瀬はるか『インシテミル 7日...... [続きを読む]

受信: 2013年3月17日 (日) 23時16分

» 『映画 ひみつのアッコちゃん』、ツールとグッズ [weekly? ぱんだnoきぐるみ]
たぶんそれほど悪い映画ではないんでしょう。 特に綾瀬はるかちゃんのファンにとっては、彼女の魅力を楽しめる作品なんじゃないでしょうか。 いや、ファンじゃなくても、たとえば販売員によってリップを塗られた彼女の唇のアップを見たとき、不謹慎にもその柔らかい膨らみに触れてみたくなっちゃいます(笑)。 時間が経ってこの映画を思い起こしたとき、真っ先に目に浮かぶのはこの唇なのかもしれませんね。... [続きを読む]

受信: 2013年3月24日 (日) 09時22分

» 映画 ひみつのアッコちゃん [だらだら無気力ブログ!]
子役の娘が超絶可愛いなぁ。 [続きを読む]

受信: 2013年3月26日 (火) 01時09分

» 映画 ひみつのアッコちゃん [いやいやえん]
赤塚不二夫原作の少女漫画の映画化、映画化はこれが初めて? テクマクマヤコン テクマクマヤコン ○○にな〜れ♪ …というフレーズと共に、主人公のアッコちゃんが希望の人間や職業になったりして人助けをしていく…といった作品だったように記憶しているけれど、今作では綾瀬はるかさんが大人のアッコちゃんを演じていて、そのぽや〜とした雰囲気がどこか無邪気で実に可愛らしい。 アッコちゃんは実は10歳の小学5年生。大事なコンパクトを割ってしまったら、鏡の精が現れて、何にでも変身できる魔法のコンパクトをもらう... [続きを読む]

受信: 2013年3月31日 (日) 09時22分

» 【映画】ひみつのアッコちゃん [★紅茶屋ロンド★]
<ひみつのアッコちゃん を観ました> テクマクマヤコン×2、綾瀬はるかに、な~れ♪ 製作:2012年日本 人気ブログランキングへ 赤塚不二夫原作の少女マンガで過去3度もTVアニメ化された作品を実写映画化。 まさか、今になって実写とは…と、驚いたけど主演の綾瀬はるかのアッコちゃんは全く違和感が無く、むしろぴったりの配役だったように感じました。 私も子供の頃TVアニメを見ていたし、あの主題歌も鮮明に覚えていました…。 しかし、今の10代20代の人には昔のアニメと言っても判らないんだろうなぁ~。... [続きを読む]

受信: 2013年4月10日 (水) 07時24分

» ひみつのアッコちゃん(2012) 120分 [極私的映画論+α]
 なかなかよかったっす(笑) [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 22時36分

» 『ひみつのアッコちゃん』の感想です [ぶるこのひとこと映画感想記]
天真爛漫なアッコちゃんのキャラクターは、綾瀬はるかのイメージとピッタリですね。 [続きを読む]

受信: 2014年10月19日 (日) 00時09分

» ひみつのアッコちゃん [本と映画、ときどき日常]
監督 川村泰祐 出演 綾瀬はるか     岡田将生     谷原章介 我が世代にはあまりにも懐かしい赤塚不二夫原作のアニメの実写版。 ストーリーは二の次。 ある意味想像の範囲内(笑 とにかく綾瀬はるかが可愛い(惚 テクマクマヤコン♪テクマクマヤコン♪とい...... [続きを読む]

受信: 2014年10月19日 (日) 12時02分

« 本 「トッカン -特別国税徴収官-」 | トップページ | 本 「論語入門」 »