« 「おおかみこどもの雨と雪」 子育ての喜びと寂しさと誇りと | トップページ | 「仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!」 継続してこその友情 »

2012年8月 4日 (土)

「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」 強い意志と深い愛

ビルマ(現ミャンマー)の民主化運動の象徴として、軍事政権から迫害を受けながらも、活動してきたアウンサンスーチー女史。
長い間自宅軟禁状態になっていましたが、2010年に開放、そして昨年彼女が率いるNLDが総選挙で勝ち、ミャンマーは一歩民主化に歩みを進めました。
アウンサンスーチーの名前は幾度も日本でも報道をされたため、ビルマの民主化活動家として僕も知っていましたが、知っていることは上記したようなことまでで、実際彼女の人となりについてはよくは知りませんでした。
恥ずかしながら、彼女がビルマで活動する前に、イギリス人と結婚し、イギリスで子供をもうけたということはこの映画で初めて知りました。
ずっとビルマで育ち暮らしてきた人だと思っていたのです。
アウンサンスーチーはビルマで民主化活動を始めましたが、父親で暗殺されたアウンサン将軍の娘であるということから当局に目を付けられ、その行動を監視されます。
アウンサン将軍は暗殺されたために、かえって民衆にとっては民主化の象徴となってしまったという反省から、軍事政権当局は彼女に対して強硬手段はとりません。
その代わりに自宅軟禁状態にしたり、イギリスにいる夫や子供との交流を妨げ、彼女の意志を挫こうとするわけです。
こういう事実を知ると、本作のサブタイトルである「ひき裂かれた愛」というのは的を射ているなと思います。
アウンサンスーチー女史は、イギリスに残した夫と子供を思い、いっしょに暮らしたいと思いつつも、ビルマ民衆の期待と彼女自身が感じる強い義務感を持ちビルマで活動を続けます。
そして夫のマイケルも彼女のそのような真摯な気持ちを理解し、離れて暮らす辛さを感じつつも、遠い地から彼女をサポートし続けるのです。
夫婦としてお互いに愛し合っていながらも、ビルマの民衆のために別々の場所で戦っているアウンサンスーチーとマイケル。
別の場所に引き裂かれていながらも、二人の気持ちは深く繋がっている。
そのような二人の気持ちの深さ、そしてビルマ民衆へ真摯に向き合う気持ちに素直にうたれました。
アウンサンスーチーという女性が、ここまで厳しい人生を歩んできたことを今まで知らなかったのですが、そういう状況の中でも、強い意志を貫き通した彼女の姿が神々しくも思えました。

そんなアウンサンスーチーを本作で演じたのはミシェル・ヨー。
シーンによっては本人じゃないかと思えるほどに、ミシェル・ヨーはアウンサンスーチーを見事に演じきったと思います。
特にハンスト後のやつれた面持ちは、今までも報道で何度か観たことのあるアウンサンスーチーに似ていて驚きました。
ミシェル・ヨーは元々は「007」にも出演したことのある香港のアクション女優ですが、本作では線の細い印象のアウンサンスーチーになりきっていたと思います。
ご本人も10年以上に渡る軟禁状態を経ても民主化への思いを持ち続けた人ですので、強い意志力をもっている方だと思うのですが、そんな強さが演じるミシェル・ヨーからも伝わってきました。
彼女は瞳の力が強いのですよね。
それがアウンサンスーチーの意志の力を表現しているように思いました。

アウンサンスーチーは自宅軟禁状態から開放され、ビルマも民主化へ歩み始めています。
でも彼女を支えていた夫のマイケルはそれを見届けることなく、ガンで世を去ってしまいました。
愛する夫を側で看取ることのできなかった彼女は、どれだけ無念であったでしょう。
でもそれで挫けることなく、彼女は強い意志を持ち続けました。
「ここで(イギリスに)帰ったら、マイケルと私の戦いが無駄になる」
と彼女は言いました。
民主化への活動を続ける強い意志の背景には、夫への深い愛もあったわけなのですね。
彼女の願いが叶い、ビルマがより人々が幸せに暮らせる国になってくれるように祈りたいと思います。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「おおかみこどもの雨と雪」 子育ての喜びと寂しさと誇りと | トップページ | 「仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!」 継続してこその友情 »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

>精神を紡ぎだそうと
確かにそうですね。
佇まいというか、穏やかでありつつ、芯に凛とした強さを持っている感じというのが伝わってきました。
アウンサンスーチーの家族のことはまったく知らなかったのですが、ああいう状況のなかでも自分の意志を曲げない強さというのはなかなかないものですよね。
リュック・ベッソンの作風とは違うなとは思いつつ、彼は強い女性が好きなタイプだから、こういうのもありなのかなと思ってしまいました。

投稿: はらやん | 2012年11月20日 (火) 20時48分

断片的にしか知らなかった人となりを、きっちりと学ばさせていただきました。
ほんとにミシェル・ヨーは見事に演じてましたね。
似せようというんじゃなく、精神を紡ぎだそうとしたんではないかという風に感じました。
これがリュック・ベッソンだったというのが、また驚き!だったです。
やればできるじゃん!みたいな。

投稿: sakurai | 2012年11月20日 (火) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/55345850

この記事へのトラックバック一覧です: 「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」 強い意志と深い愛:

» The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 [象のロケット]
1988年。 イギリス人の夫マイケルや2人の息子と、イギリス・オックスフォードで幸せに暮らしていたアウンサンスーチーは、母親の看病のため故郷ビルマ(現ミャンマー)へ帰省する。 故国では学生を中心とした反政府運動が激化していた。 運動家たちは、アウンサン将軍の娘である彼女がリーダーになれば国民が団結するとして、スーチーへ選挙への出馬を要請するのだが…。 ビルマ人権活動家アウンサンスーチーの半生。... [続きを読む]

受信: 2012年8月12日 (日) 15時19分

» The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 [あーうぃ だにぇっと]
The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛@ヤクルトホール [続きを読む]

受信: 2012年8月15日 (水) 09時08分

» The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 [ダイターンクラッシュ!!]
2012年8月8日(水) 21:15~ 109シネマズ川崎8 料金:1200円(レイトショー料金) 『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』公式サイト かの有名な人の話なのだが、亭主との愛(特に亭主からの)が中心の話だ。だから「ひき裂かれた愛」というサブタイトルがついているのだろう。 政治的な活動や軍の弾圧、他国の動きなどは、詳しく描かれていないので、その辺りは補完が必要である。 もう少し政治的な史実を見たかったので、亭主死んでいきなり8年後、まだ軟禁状態で終了というのは、ち... [続きを読む]

受信: 2012年8月16日 (木) 02時03分

» The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 [こんな映画見ました〜]
『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』---THE LADY---2011年(フランス)監督:リュック・ベッソン出演:ミシェル・ヨー、デヴィッド・シューリス 、ジョナサン・ラゲット 、ジョナサン・ウッドハウス 軍事政権が続くビルマ(現ミャンマー)で民主...... [続きを読む]

受信: 2012年8月23日 (木) 16時17分

» 『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』 賞はご褒美ではない [映画のブログ]
 『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』は実に面白い!  数々の娯楽作を世に送り出してきたリュック・ベッソン監督が、持てる力の限りを尽くしてスリリングかつドラマチックな感動作に仕上げてい...... [続きを読む]

受信: 2012年8月23日 (木) 22時43分

» The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 ジャパンプレミア [風に吹かれて]
夫の強力なサポート 公式サイト http://www.theladymovie.jp7月21日公開監督: リュック・ベッソンアウンサンスーチー(ミシェル・ヨー)は、留学先のイギリスで知り合ったマイケル [続きを読む]

受信: 2012年8月26日 (日) 10時56分

» The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 / The Lady [勝手に映画評]
ビルマ(現ミャンマー)民主化の指導者アウンサンスーチー氏の半生を描いた作品。主に、1988年のアウンサンスーチー氏がビルマ(現ミャンマー)に戻る事になった出来事から、1999年夫マイケル・アリス氏の死の辺りまでを描いている。(その後の、二回目の自宅軟禁以降はあ...... [続きを読む]

受信: 2012年8月26日 (日) 18時10分

» 「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」 [みんなシネマいいのに!]
 たまたま「皇家戦士」を観た時に、美人でキレのあるアクションができる女優を見つけ [続きを読む]

受信: 2012年8月27日 (月) 01時22分

» フランス映画「アウンサンスーチー 引き裂かれた愛」、夫婦のきずなが描かれています。 [ひろの映画日誌]
おススメ度 ☆☆☆ 冒頭、実話であるというコメントが、 確かに、アウンサンスーチーは、時の政権により監禁され、ノーベル賞を受賞。夫との別離生活を送った。 ただ、ビルマにおける時の政権の在り方が、欧米側の一方的考え方で処理されており、あくまでスーチーをヒロ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月17日 (月) 20時19分

» 「アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」 [prisoners BLOG]
監督がリュック・ベッソンだということはほとんど忘れて見ていた。 強引に理屈をつければ「ニキータ」以来の強い女好き、という点では一貫しているということだろうが、ここはムリに色をつけずに素材を生かすのに徹している。 善玉悪玉があまりにはっきりしているとか、...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 7日 (日) 21時35分

» 映画『The Lady ひき裂かれた愛』を観て [kintyres Diary 新館]
12-62.The Ladyアウンサンスーチー、ひき裂かれた愛■原題:The Lady■製作年、国:2011年、フランス■上映時間:133分■字幕:松浦美奈■観賞日:8月1日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷)□監督:リュック・ベッソン◆ミシェル・ヨー(アウン・サン・スーチー)◆...... [続きを読む]

受信: 2012年11月17日 (土) 18時16分

» The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 [迷宮映画館]
お見事! [続きを読む]

受信: 2012年11月20日 (火) 09時45分

« 「おおかみこどもの雨と雪」 子育ての喜びと寂しさと誇りと | トップページ | 「仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!」 継続してこその友情 »