« 「ダークナイト ライジング」 ヒーローはどこにでもいる | トップページ | 「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」 強い意志と深い愛 »

2012年7月29日 (日)

「おおかみこどもの雨と雪」 子育ての喜びと寂しさと誇りと

「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督の最新作です。
細田監督の「時をかける少女」は当初ミニシアターでかかっていましたが、その評価が口コミで伝わり半年に及ぶロングランとなりました。
続く「サマーウォーズ」も評価が高い作品ですよね。
SFやファンタジー的要素を持っているからか(または「ハウルの動く城」を当初監督することになっていたからか)、ポスト宮崎駿と言われることが多いですが、作風はかなり違いますよね。
宮崎駿監督はSFやファンタジー要素を用いながら、社会の課題や時代性といったものを描きますが、細田監督は同じような要素を使いながらも、あくまで誰しもが共感ができる日常を描きます。
「時をかける少女」では青春を、「サマーウォーズ」では家族を。
本作「おおかみこどもの雨と雪」では子育てを描きます。
「サマーウォーズ」は、監督ご自身が結婚をしたとき、奥様の実家にご挨拶に行ったとき大家族で、そこでの体験がきっかけになっていると何かで読みました。
本作も監督周囲で子育てをしている方を見て、発想したということです。
青春、家族、子育て、それはとてもありふれたものではあるのですが、それをファンタジー的要素を通して描くことにより、よりそれらを純粋に描くというのが細田流かなと思いました。

主人公、花は大学生のときに、運命の相手ともいうべき男性と巡り会います。
しかし彼は狼男であったのです。
それを知っても花は彼を愛し、やがて彼との間に二人の子供、雪と雨をもうけます。
しかし雨が生まれてすぐに彼は亡くなってしまいました。
花は女手ひとつで二人の子供を育てることになってしまったのです。
今の世は一世帯あたりの子供の人数も少なくなっているからか、とても教育に手をかけられているようです。
習い事、お受験・・・、子供自体がやりたいというわけではなく、親の都合や思いで手をかけられて育てられているようにも思います。
逆に虐待やネグレクトなど、手をかけない親の問題もあります。
そういうことに対し、花の子供たち育て方というのはとてもシンプル。
花は子供たちがすくすくとまっすぐに元気よく育つのを喜びを感じます。
親の都合がどうのというのではなく、あくまでも子供たちが自分のやりたいように生きていく手助けをしてあげるという育て方なのですね。
とてもシンプルな考えなのですが、実際にやるのはそうとうに難しい。
劇中でも花はいろいろと苦労をしますが、持ち前のポジティブさがそういった苦労も彼女にとっては喜びとさせているように見えます。
子育てというのはそもそもは子供の成長を喜ぶというシンプルなものなのかもしれません。
事情を複雑にしているのは、現代の社会なのでしょうか。
そして子育てというのはいつか終わりがあります。
子供たちは成長し、やがて自我を持ち、そして自分のやりたいことを選んでいく。
やがて子供たちが自分で生き方を選択することができるようにしてあげるというのが、もしかすると子育ての本質なのかもしれません。
雪は人間として生きていくことを選択しました。
そして雨は狼として生きていくことを選択しました。
どちらも子供たちの選択で、そしてそれを選ぶ覚悟ができるような心を持てるように花は育て上げることができたのですね。
そして子供たちが生き方を選んだとき、「巣立ち」の時がきます。
子供たちはそれぞれの道を歩むために親の元を旅立っていく。
それは親にとってはとても寂しいことではあるのだけれど、またある種の誇りを感じられる時かもしれません。
雨が花の元を去っていく時、花は「まだ何もしてあげられていない」と言います。
でも彼女は十分に子供たちにしてあげてきていて、それを子供たちは感じていたのだと思います。
本作は娘の雪の語りで進行していきますが、それは彼女(たぶん彼女もやがて母になる)が同じ女性であり母親である花への感謝が感じられるものとなっています。
また雨が花の元を去る時の先のセリフのあと、一度振り向きますが、その時の表情は「十分に育ててもらったよ」という感謝が感じられました。
子育てを実際にやっているかたはなかなかに苦労をされている方も多いかと思います。
けれど子供たちが立派に成長をしてくれたとき、その苦労も飛んでしまうような喜びを感じられるのかもしれないなと思いました。
子育てしてない自分が言うのもなんなのですが。

一番最初に書いたように、細田監督は普通の人が体験する日常的なありふれた出来事をファンタジーの要素でより純粋にその素晴らしさを語ることができる人であるなと改めて思いました。
ありふれた日常なのだけれど、そこにはそれぞれに人にとっての特別な喜びがある。
そういうことを再確認させてくれる作品を作っていますよね。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ダークナイト ライジング」 ヒーローはどこにでもいる | トップページ | 「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」 強い意志と深い愛 »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

今思うと、自分も好き勝手にさせてもらいましたねー。
高校も大学も、就職先も決めたのは自分だし。
それを自由にやらせてくれた両親は今思うとさすがだなあと。
おっしゃるとおり子供は所詮別の人ではあるので、自分のやりたいことは自分で決め、そのうえで自分でしっかりとやり遂げるっていうことを教えるのが大事なのでしょうね。

投稿: はらやん | 2012年9月 8日 (土) 06時35分

といいつつ、子供なんて、勝手なもんですよ。
いくら親がこうしたい!なんて思っても、しょせん自分とは違う人。
基本、子供がやりたいようにしてきました。
習い事も結構させましたが、それは全部子供が言い出したこと。
そのためにまじめに苦労もしましたが、自分が言い出したんだから、絶対に自分で後始末をつけろと。
親の務めというか、(仕事柄、教師の務めでもあるのですが)教えたことは、ちゃんと判断しろ!
これに尽きてます。
間違ったことはするな。もししてしまったら、その間違いを繰り返すのはバカだ、と。
長女はもう大人ですが、ただしい判断できてるでしょうかねええ。
答えはないと思います。
この映画は星の数ほどたくさんある子育ての一つの形なんでしょうね。
それが正しいか、どうかなんて、わかんないですよねえ。

映画としては、前二作のほうが好きだったです。

投稿: sakurai | 2012年9月 6日 (木) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/55306637

この記事へのトラックバック一覧です: 「おおかみこどもの雨と雪」 子育ての喜びと寂しさと誇りと:

» おおかみこどもの雨と雪 [象のロケット]
大学生の花(はな)は人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”と恋に落ち、雪の日に姉・雪(ゆき)を、雨の日に弟・雨(あめ)を出産する。 雪と雨は、人間とおおかみのふたつの顔を持つ“おおかみこども”だった。 幸せに暮らしていた一家だったが、ある日おおかみおとこが死んでしまう。 花は子どもたちが将来、人間とおおかみのどちらの道でも選べるようにと、山奥の古民家に移り住むのだが…。 アニメーション。... [続きを読む]

受信: 2012年7月30日 (月) 07時47分

» 『おおかみこどもの雨と雪』 [ラムの大通り]
----この映画のって、 『時をかける少女』や『サマーウォーズ』で人気の細田守監督作品だよね。 タイトルが分かりにくいんだけど…。 「そうだね。 でも、よくキービジュアルを見てごらん。 ほら、ふたりの子どもの耳…」 ----あっ。 「ね。彼らは 人間とオオカミの間に生...... [続きを読む]

受信: 2012年7月30日 (月) 23時11分

» 「おおかみこどもの雨と雪」:物語の力 [大江戸時夫の東京温度]
細田守監督+奥寺佐渡子脚本の『時をかける少女』『サマーウォーズ』に続く新作『おお [続きを読む]

受信: 2012年7月30日 (月) 23時25分

» 映画「おおかみこどもの雨と雪」 [FREE TIME]
注目の映画「おおかみこどもの雨と雪」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2012年7月31日 (火) 00時00分

» おおかみこどもの雨と雪 [そーれりぽーと]
個人的意見としては、今はジブリよりも確実に楽しませてくれる細田守監督の最新作、『おおかみこどもの雨と雪』を観てきました。 ★★★★ おおかみこども二人を育てる人間の母親の目を通して究極のスローライフ体験をさせてくれる素敵な狼男映画。 実写映画を観ているのか...... [続きを読む]

受信: 2012年7月31日 (火) 00時40分

» おおかみこどもの雨と雪 [ダイターンクラッシュ!!]
2012年7月21日(土) 19:10~ TOHOシネマズ有楽座 料金:0円(フリーパスポート) 『おおかみこどもの雨と雪』公式サイト フリーパスポート15本目。 細田守の新作は、前二作のSFぽいものと異なり、昔のジブリの香りのする作品。 田舎でのおおかみこどもの子育ての話し。長女の小学六年生まで淡々と進む。一生懸命にであるが、ゆっくりと。それはとても心地よい。 終盤に未曾有の豪雨発生こりゃ大事件クライマックスか?と思いきや、雨はあっさりとあがり、母親が気絶している間に、子供たちは勝手に成長... [続きを読む]

受信: 2012年7月31日 (火) 01時02分

» 『おおかみこどもの雨と雪』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「おおかみこどもの雨と雪」 □監督・脚本・原作 細田守 □脚本 奥寺佐渡子□キャスト(声) 宮崎あおい、大沢たかお、黒木 華、西井幸人、大野百花、           加部亜門、林原めぐみ、染谷将太、谷村美月、麻生久美子、菅原文太...... [続きを読む]

受信: 2012年7月31日 (火) 17時42分

» 細田守監督『おおかみこどもの雨と雪』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。細田守監督・長編最新作『おおかみこどもの雨と雪』脚本は奥寺佐渡子。キャラクターデザインは貞本義行。花の声を宮崎あおい、“おおかみおとこ”の声を大沢たかお。ほかに菅原文太、... [続きを読む]

受信: 2012年7月31日 (火) 22時32分

» 親としての信念は?『おおかみこどもの雨と雪』 [水曜日のシネマ日記]
おおかみおとこと恋をした女性とその子供たちの物語です。 [続きを読む]

受信: 2012年8月 1日 (水) 12時38分

» 映画「おおかみこどもの雨と雪」(2012年) 感想 [みかりんの 気ままに感想記]
「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田監督の作品。脚本もこの2作品と同じ奥村 [続きを読む]

受信: 2012年8月 1日 (水) 16時45分

» 「おおかみこどもの雨と雪」 −映画− [読書日和]
※小説「おおかみこどもの雨と雪」のレビューをご覧になる方はこちらをどうぞ。 久しぶりとなる映画のレビュー。 昨日「おおかみこどもの雨と雪」(監督:細田守)を観に行ってきました。 ------- ストーリー ------- 人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学生...... [続きを読む]

受信: 2012年8月 1日 (水) 18時34分

» 「おおかみこどもの雨と雪」 [大吉!]
<日曜日> (7月27日・ユナイテッドシネマ・会員サービスデー・シネマカード鑑賞・12時15分から) 人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学生の花。やがて妊娠し、雪の日に女の子の、雨の日に男の子の《おおかみこども》を産む。姉弟は雪、雨と名づけられる...... [続きを読む]

受信: 2012年8月 1日 (水) 23時16分

» 映画「おおかみこどもの雨と雪」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「おおかみこどもの雨と雪」観に行ってきました。「時をかける少女」「サマーウォーズ」などの作品を手掛けてきた細田守監督の新作アニメーション。なお、今作は映画「メリダと... [続きを読む]

受信: 2012年8月 2日 (木) 02時41分

» 映画『おおかみこどもの雨と雪』(お薦め度★★★) [erabu]
監督・脚本・原作、細田守。脚本、奥寺佐渡子。キャラクターデザイン、貞本義行。音楽 [続きを読む]

受信: 2012年8月 2日 (木) 08時57分

» おおかみこどもの雨と雪 [映画と本の『たんぽぽ館』]
成長していく“子どもと親”の物語                    * * * * * * * * *  「サマーウォーズ」にすっかりハマった私は、この細田守監督作品、迷わず見ました。 脚本の奥寺佐渡子さんも好きなんですよね。 ただ、“おおかみおとこ...... [続きを読む]

受信: 2012年8月 2日 (木) 19時39分

» おおかみこどもの雨と雪 [はるみのひとり言]
試写会で見て来ました。予告で何度か見たことあったんですが、夏休みの子供向け映画なんだろうと思って別にどっちでもいいかな〜なんて思ってたんです。おおかみこどもなんてメルヘンちっくなお話だろうなんて・・・。全然違ってました。これはどっちかって言ったら大人向...... [続きを読む]

受信: 2012年8月 2日 (木) 22時49分

» 映画 『おおかみこどもの雨と雪』 [アニメって本当に面白いですね。]
おおかみこどもの雨と雪   お勧め度:お勧め   [大人向けファミリー映画]   7月21日(土)全国ロードショー   監督 : 細田守   脚本 : 奥寺佐渡子   キャラデザ : 貞本 ... [続きを読む]

受信: 2012年8月 3日 (金) 00時54分

» 『おおかみこどもの雨と雪』('12初鑑賞77・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 7月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 15:15の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2012年8月 3日 (金) 21時48分

» おおかみこどもの雨と雪 [ひびレビ]
「おおかみこどもの雨と雪」を見てきました。以下、ちょっとだけネタバレを含みつつの感想です。 非常に丁寧に作りこまれている作品だなと思いました。始まりはヒロイン・花と、「おおかみおとこ」である彼との出会いから。出会い、おおかみおとことしての秘密を明かし...... [続きを読む]

受信: 2012年8月 4日 (土) 06時48分

» 「おおかみこどもの雨と雪」みた。 [たいむのひとりごと]
『時をかける少女』『サマーウォーズ』に続く奥寺佐渡子脚本&細田守監督による長編アニメーションで、この夏一番楽しみしていたアニメーション映画。細田監督作品と言えば”夏”と”青い空&白い雲”。でも今作では... [続きを読む]

受信: 2012年8月 4日 (土) 19時12分

» 映画『おおかみこどもの雨と雪』 [健康への長い道]
 『時をかける少女』、『サマーウォーズ』の細田守監督の最新作『おおかみこどもの雨と雪』を新宿バルト9で。  平日の特定回が割引になるシネマチネは、いい制度だ。 Story 人間の姿をして、人間として普通に暮らす“おおかみおとこ”(声:大沢たかお)と出会った大…... [続きを読む]

受信: 2012年8月 7日 (火) 00時36分

» 『おおかみこどもの雨と雪』 [beatitude]
人間の姿をしていながらもおおかみおとこという正体を持つ男(声:大沢たかお)と出会った大学生の花(声:宮崎あおい)。二人は惹かれあい、やがて子どもを授かる。姉の雪と弟の雨は、人間とおおかみのふたつの顔を持つ、おおかみこどもだった。都会の片隅で正体を隠しな...... [続きを読む]

受信: 2012年8月 8日 (水) 01時34分

» おおかみこどもの雨と雪      評価★★★68点 [パピとママ映画のblog]
アニメ界の未来を担う若手として注目される監督細田守。ヒット作「サマーウォーズ」から3年、細田守監督の最新作、今作の主人公は最愛の人を失くした女性と、その二人の子供たち。おおかみおとこを愛した女性が母親になり、おおおかみこどもの姉弟と共に成長していく物語...... [続きを読む]

受信: 2012年8月13日 (月) 10時53分

» おおかみこども雨と雪 [Spice -映画・本・美術の日記-]
「おおかみこどもの雨と雪」のジャパンプレミアへ行ってきました。 細田守監督や、声優を務める大沢たかお、宮崎あおい、子役の4人(小さい頃と十代では声優が違うのです)の舞台 [続きを読む]

受信: 2012年8月27日 (月) 00時23分

» 『おおかみこどもの雨と雪』にある子離れと親ゴコロ [Healing ]
おおかみこどもの雨と雪 ★★★★★ 親がイチバン難しいのは 子どもから離れることだ 子育てと、子離れ。 子どもが自分の生きる道を見つけ、 信じられる人、信じられる世界を見つけていくお話。 それを親が見守る、見送るお話。 細田守監督の『サマーウォーズ』も『時をかける少女』も、 どちらかというと、すっかり出遅れて、話題になってから観て、 なるほど!みんなが大好き... [続きを読む]

受信: 2012年8月27日 (月) 15時28分

» もののけ姫 と けものの姫●おおかみこどもの雨と雪 [Prism Viewpoints]
私は、この子たちと生きていく。   (公式キャッチコピー) 『おおかみこどもの雨と雪』 監督 細田守 原作 細田守 脚本 細田守    奥寺佐渡子 出演 宮崎あおい    大沢たかお    ... [続きを読む]

受信: 2012年8月31日 (金) 02時21分

» おおかみこどもの雨と雪 [迷宮映画館]
弟の方を先に呼ぶのね、この題名は。。。いや、単なるごろの良さか。 [続きを読む]

受信: 2012年9月 6日 (木) 12時37分

» ★おおかみこどもの雨と雪(2012)★ [Cinema Collection 2]
私は、この子たちと生きていく。 映時間 117分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2012/07/21 ジャンル ドラマ/ファミリー/ファンタジー 映倫 G 【解説】 「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督が贈る ファミリー・ファンタジー...... [続きを読む]

受信: 2012年9月18日 (火) 17時53分

» おおかみこどもの雨と雪(2012-110) [単館系]
おおかみこどもの雨と雪 MOVIXさいたま 19歳の大学生花は、あるときおおかみおとこと運命的な恋に落ち、 やがて雪と雨という姉弟が誕生する。 彼らは、人間とおおかみの両方の血を引くおおかみこどもとし...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 7日 (日) 05時14分

» 映画:おおかみこどもの雨と雪 [よしなしごと]
 細田守監督の時をかける少女からもう6年もたつんですね。躍動的な描写が美しくて、ストーリーも楽しかったので、細田守監督が原作も手掛けたおおかみこどもの雨と雪も楽しみにしていました。と言うわけで…。... [続きを読む]

受信: 2012年10月 7日 (日) 08時49分

» 【アニメ】おおかみこどもの雨と雪 [★紅茶屋ロンド★]
<おおかみこどもの雨と雪 を観て来ました> 製作:2012年日本 人気ブログランキングへ 久しぶりに自分の意思で映画館に行きました(笑)。 やっと自分の調子を取り戻しつつあるかな…。丁度いい時間だったというのもあって、この作品になりました。リハビリには最適な選択かな?と自分では思ったのですが…… 「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督作品。 おなじみのスタッフ製作陣で、安定した作品を(淡く)期待していました。 大学生だった花は、ある日同じ大学で姿を良く見かける男性と恋に落ち... [続きを読む]

受信: 2012年10月 8日 (月) 00時48分

» 「おおかみこどもの雨と雪」 [2012年7月21日公開] [Matthewの映画日記?]
あまり興味をひかれなかった「おおかみこどもの雨と雪」ですが、やっぱり観に行ってきました。 あらすじは、 人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学生の花。やがて妊娠し、雪の日に女の子の、雨の日に男の子の《おおかみこども》を産む。姉弟は雪、雨と名づ...... [続きを読む]

受信: 2012年10月20日 (土) 11時36分

» おおかみこどもの雨と雪 [みすずりんりん放送局]
 『おおかみこどもの雨と雪』を観た。  【あらすじ】  19歳の大学生花(声:宮崎あおい)は、あるときおおかみおとこの彼(声:大沢たかお)と運命的な恋に落ち、やがて雪と雨という姉弟が誕生する。  彼らは、人間とおおかみの両方の血を引くおおかみこどもとしてこ...... [続きを読む]

受信: 2012年10月29日 (月) 22時22分

» 映画『おおかみこどもの雨と雪』★自立あるいは大人になるということ〜雑感です。 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158332/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 女子大生・花は、おおかみ男の彼と恋に落ち、卒業を待たずに子供ができる。 生まれた長女は雪。その後、長男・雨が生まれて間もなく、彼が、狼の姿で死んでしまう。 人間と狼のハーフである子供たちを、どう育てたらいいのか…… 花は、彼が..... [続きを読む]

受信: 2012年11月23日 (金) 19時18分

» おおかみこどもの雨と雪 [銀幕大帝α]
私は、この子たちと生きていく。 −感想− 感動するアニメ、泣けるアニメって聞いてたんだけれど、そこまで感動はしなかったし別に泣けもしなかったです。 なんかねぇもうちょっと母親の事を大事にしてやれよ!って思い出したら雨の無責任さに腹が立ってきちゃったんだよ...... [続きを読む]

受信: 2013年2月23日 (土) 01時50分

» おおかみこどもの雨と雪 [タケヤと愉快な仲間達]
【あらすじ】 人間の姿をしていながらもおおかみおとこという正体を持つ男(声:大沢たかお)と出会った大学生の花(声:宮崎あおい)。二人は惹かれあい、やがて子どもを授かる。姉の雪と弟の雨は、人間とおおかみのふたつの顔を持つ、おおかみこどもだった。都会の片隅...... [続きを読む]

受信: 2013年2月24日 (日) 21時24分

» 12-386「おおかみこどもの雨と雪」(日本) [CINECHANが観た映画について]
自分の世界を見つけたくて   大学生の花は相手が“おおかみおとこ”とは知らずに恋に落ちてしまう。しかし、“おおかみおとこ”であることを打ち明けられても花の気持ちは変わらなかった。  やがて2人の間には、人間とおおかみの2つの顔を持つ“おおかみこども”、姉の“雪”と弟の“雨”が生まれる。そして雪と雨が人前でおおかみにならないよう注意しながら、家族は都会の片隅でひっそりと、しかし幸せに暮らしていた。  そんなある日、父親の“おおかみおとこ”に突然の死が訪れる。  花は悲しみに暮れながら...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 5日 (火) 01時04分

» おおかみこどもの雨と雪 [いやいやえん]
子の成長を見守る母という存在にはぐっとくるものがあった。しかし出産、子育てといった過程を過ごした人にはもっと心に響くものがあると思うのですが、独身未婚の私では、そこまで深くは感じ取れなかったというのが実際のところ。 性格が異なる雨と雪、二人の子供たちがそれぞれ「おおかみ」「人間」のどちらを選ぶのかというのも見どころではあるのでしょうが、それを温かく見守る母の花の存在がやはり大きい。 子供達の自我が芽生え始めていく頃、内気だった雨におおかみらしさが現れてくる。ラストでは母親の元を離れていく... [続きを読む]

受信: 2013年3月21日 (木) 09時30分

» おおかみこどもの雨と雪 (2012) 117分 [極私的映画論+α]
 サニトラ(笑) [続きを読む]

受信: 2013年7月10日 (水) 15時59分

» おおかみこどもの雨と雪 [ぐ~たらにっき]
「時をかける少女」、「サマーウォーズ」の細田守さん監督の 長編オリジナル作品の第2作目。 キャラクターデザインは前の二作品同様、貞本義行さんが担当し、 スタッフもそのままに新たに「スタジオ地図」を立ち上げて製作された。 正直、「時をかける少女」の規模の少なさからのロングラン。 それから「サマーウォーズ」の規模の大きさへって感じで、 三作目だったので期待はしてなかったわけです。...... [続きを読む]

受信: 2013年12月28日 (土) 23時02分

» おおかみこどもの雨と雪 [零細投資家映画記録]
鑑賞映画館:DVD 鑑賞日時:12月29日 評価:B+ 原題:おおかみこどもの雨と雪 製作:2012年 日本 監督:細田守 出演: 宮崎あおい 大沢たかお 黒木華 大野百花 西井幸人 加部亜門 菅原文太 映画生活  ※ネタバレを含む場合があります。 この映画は狼男との間にで…... [続きを読む]

受信: 2014年1月 7日 (火) 00時16分

» おおかみこどもの雨と雪 [本と映画、ときどき日常]
監督 細田守 声の出演 宮崎あおい       大沢たかお       大野百花 狼男と恋をした女性が二人の子を出産。 間もなくした狼男は死んでしまい、シングルマザーとして”おおかみこども”を育てることに。 ほのぼの〜。 でも… ほのぼの〜!楽しい!だけで...... [続きを読む]

受信: 2014年1月25日 (土) 11時02分

» おおかみこどもの雨と雪 [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
おおかみこどもの雨と雪 12:日本 ◆監督:細田守「サマーウォーズ」「時をかける少女」 ◆出演: 宮崎あおい、大沢たかお、染谷将太、麻生久美子、谷村美月、黒木華、西井幸人、大野百花、加部亜門、林原めぐみ、中村正、大木民夫、片岡富枝、平岡拓真、菅原文太 ◆ST...... [続きを読む]

受信: 2014年1月28日 (火) 21時35分

» 【映画】おおかみこどもの雨と雪(の記事を比較的内容濃いめにやっつけた) [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
ひとつ前の記事で、2015年は「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の年だ…と書きましたが、もうひとつ。 今年は、手塚治虫先生が何故か「鉄腕アトム」を違う名前でリブートさせた「ジェッター・マルス」の生まれた年でもあります(※オープニング曲による情報)。 ロボット...... [続きを読む]

受信: 2015年1月 4日 (日) 01時26分

» おおかみこどもの雨と雪 [ぶっちゃけ…独り言?]
7.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 『デジモンアドベンチャー/ぼくらのウォーゲーム!』『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』『時をかける少女』『サマーウォーズ』と、常にワタクシの期待にガッツリと応えてく...... [続きを読む]

受信: 2015年1月 6日 (火) 17時33分

» おおかみこどもの雨と雪  監督/細田 守 [西京極 紫の館]
【声の出演】  宮崎あおい(花)  黒木 華/大野百花(雪)  西井幸人/加部亜門(雨)  大沢たかお(彼/おおかみおとこ) 【ストーリー】 人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学生の花。やがて妊娠し、雪の日に女の子の、雨の日に男の子の《おおかみこど...... [続きを読む]

受信: 2015年1月 6日 (火) 23時33分

« 「ダークナイト ライジング」 ヒーローはどこにでもいる | トップページ | 「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」 強い意志と深い愛 »