« 本 「喪われた道」 | トップページ | 「メリダとおそろしの森」 大人としての勇気 »

2012年7月16日 (月)

「ラム・ダイアリー」 酔いどれ日記

ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの原作を、親友であったジョニー・デップが製作・主演で映画化した作品です。
ニューヨークからプエルトリコにやってきたポール・ケンプ(ジョニー・デップ)は地元新聞で記者として働き始めます。
しかし、周りの記者を始めケンプも、日中から酒を呑み、ずっと酩酊状態でグダグダな感じ。
プエルトリコには北米から観光客も多数訪れますが、彼らはホテルから一歩も出ず、ボーリングやカジノ、買いものに明け暮れるように過ごします。
そういった観光客に対し、地元民は貧しい暮らしを余儀なくされ、巷には不穏なエネルギーが蓄積している感じがします。
またプエルトリコで事業を営むサンダーソンや軍の関係者、銀行などは新しいホテルの開発を計画し、そこでは詐欺まがいのことを行われているようです。
ホテルの開発は、地元に益をもたらすわけにしているわけではなく、彼らの欲を満たすために行われています。
そのような中、ケンプはサンダーソンと知り合い、ホテルの開発を記事等の側面射撃で援護するよう依頼されます。
そこでケンプはサンダーソンの愛人、シュノーに出会い、一目惚れをしてしまいます。
予告を観た感じだと、酒浸りのダメダメなジャーナリストが悪徳実業家に一矢報いたり、敵方の愛人との危険な恋みたいなところが、ポイントになる映画かと思いました。
しかし、観てみると、そのあたりは確かに描かれてはいるんですが、カタルシスに至るような感じがあまりありません。
ケンプや仲間の記者が昼間っから呑んでグダグダしているように、映画自体もなんかグダグダ感がありましたね。
ケンプはシュノーとの恋をきっかけに、彼女を救い出そうとしたり、正義に目覚めたりするかと思いきや、けっこう最後の最後まで行動を起こすわけではありません。
最後までいって自分が勤める新聞社の経営者がトンズラこいたときに至って、腰を上げるという感じ。
結局は彼が書いた記事は世に出ることもなく、そのため実業家たちはおそらく別段何か変わることなく、あのままホテルを作ったであろうし、恋愛についても最後のテロップでケンプとシュノーは結ばれた旨は書かれますが、そこにカタルシスがあるわけでもありません。
この最後まで高揚感のない感じなのは、狙ったものなのかどうか・・・。
狙ったものというのであれば、プエルトリコという熱帯の地域で、いくら正義といった熱い思いを持ったとしても、現地の湿気を含んだ重苦しい空気といっしょで、よどんでいて何も変わらないということが伝えたかったのかしらんとも思ったりして。
でもそういうわけではなく、結果的にグダグダになってしまったのだろうなと。
そういう意味で、映画のタイトルとおり、酔いどれ日記な感じの作品だと感じた次第です。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「喪われた道」 | トップページ | 「メリダとおそろしの森」 大人としての勇気 »

コメント

おはようございます。いつもtBありがとう。

投稿: mig | 2012年7月25日 (水) 08時08分

みすずさん、こんばんは!

ジョニーファンは堪能できますよね、久しぶりの素面ですものね〜。
ジョニー・デップは好きだけど女性ファンのそれではないので、映画がグダグダだとちょっと観ていて苦しかったです。
途中からシュノー目当てで観てました。

投稿: はらやん | 2012年7月24日 (火) 22時21分

おはようございます♪

おっしゃる通りぐだぐだでしたね^^;
淡々と話が進むし、ラストのオチもあれ?って感じで・・・
でも、ファンとしては素顔のかっこいいジョニーが見れたから、いいかな~って^^
ファンじゃないと、絶対楽しめない映画だと思うわぁ。
そういうわたしも前半寝てたけど^^;

投稿: みすず | 2012年7月24日 (火) 09時50分

ひろちゃんさん、こんばんは!

そうですね〜、ほんとにグダグダな感じでした・・・。
「ラスベガスをやっつけろ」は観ていないんですが、そんな感じですか〜。
僕はシュノーの美女っぷりで最後までなんとか観ることができました(爆)。

投稿: はらやん | 2012年7月22日 (日) 20時12分

はらやんさん、こんにちは^^
もうタイトル通り、ラムダイアリー、ラム酒飲んでグタグタ~って言う内容でしたね(汗)

ハンタートンプソンの自伝的小説は、「ラスベガスをやっつけろ」を観ていますが、私にとっては、それも???な内容の映画でしたので、今回もストーリー、内容には、ま~ったく期待はしていませんでした(笑)

ジョニーファンだから、ジョニーの映画を観に行ったという事なので、そこんところは、ジョニーのいろいろな表情が観れて満足しています^^

>この最後まで高揚感のない感じなのは、狙ったものなのかどうか・

狙ったというよりは、ハンタートンプソンの小説が
そういうものであったような気がします(汗)

プエルトリコの海や風景がなかったら、もっと悲惨な映画だったかもしれませんね(苦笑)

投稿: ひろちゃん | 2012年7月20日 (金) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/55208115

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラム・ダイアリー」 酔いどれ日記:

» ラム・ダイアリー [風に吹かれて]
美しい若手女優アンバー・ハード公式サイト http://rum-diary.jp原作: ラム・ダイアリー (ハンター・S・トンプソン著/朝日新聞出版) 1960年、ジャーナリストのポール・ケンプ(ジョ [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 15時45分

» ラム・ダイアリー/The Rum Diary [LOVE Cinemas 調布]
主演のジョニー・デップの親友にして異端のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの同名小説をそのジョニーが製作・主演で映画化。プエルトリコでの破天荒な毎日を描いた文字通りダイアリーだ。共演にアーロン・エッカート、アンバー・ハード、リチャード・ジェンキンスらが出演。監督・脚本は『キリング・フィールド』の脚本を担当したブルース・ロビンソン。... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 20時12分

» ラム・ダイアリー/THE RUM DIARY [いい加減社長の映画日記]
巨悪を暴く的な、ちょっと気になるテーマだったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1960年、カリブ海に浮かぶプエルトリコのサンファンにある地元新聞社に、ジャーナリストのポール・ケンプがやってきた。 NYでの生活から一転しようとここへ来たケンプだ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 20時50分

» ホントに日記みたいな映画。『ラム・ダイアリー』 [水曜日のシネマ日記]
プエルトリコにやって来たジャーナリストの破天荒な日々を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 22時24分

» 映画「ラム・ダイアリー」ある破天荒なジャーナリストを描く [soramove]
「ラム・ダイアリー」★★ ジョニー・デップ、アーロン・エッカート、 アンバー・ハード、マイケル・リスポリ、 リチャード・ジェンキンス出演 ブルース・ロビンソン監督、 120分、2012年6月30日公開 2011,ショウゲート (原題/原作:The Rum Diary ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「ジョニー・デップ主演作... [続きを読む]

受信: 2012年7月17日 (火) 07時33分

» ラム・ダイアリー ジョニデの思い入れが空回り〜 [労組書記長社労士のブログ]
【=31 -3-】 TOHOシネマズ、6本観たら1本無料の特典を使うのに、スパイダーマンを観るかこっちを観るか悩んだ末の選択だったのだが。  1960年、カリブ海に浮かぶプエルトリコのサンファンにある地元新聞社に、ジャーナリストのポール・ケンプがやってきた。NYでの生活...... [続きを読む]

受信: 2012年7月17日 (火) 14時11分

» ラム・ダイアリー [ダイターンクラッシュ!!]
2012年7月7日(土) 19:30~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:0円(フリーパスポート) 『ラム・ダイアリー』公式サイト フリーパスポート5本目。 お嬢さんたちが大好きなジョニー・デップの新作。盟友ティム・バートンとのやつは、何かいつも同じようなものの感じがしてきて、今回はパスした。「スリーピー・ホロウ」から、何か同じ雰囲気で飽きた。 本作は、「ラスベガスをやっつけろ」などの原作者でもあるジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの自伝的小説が原作の映画。 ジャーナリス... [続きを読む]

受信: 2012年7月17日 (火) 16時59分

» ラム・ダイアリー [そーれりぽーと]
ジョニー・デップ主演、伝説のジャーナリストを描く『ラム・ダイアリー』を観てきました。 ★ 伝説のジャーナリストが伝説になる前、というかジャーナリストと名乗るにはまだまだ未熟な駆け出しの頃の破天荒な生活を延々と見せられる映画でした。 酒浸りのおっさんが無茶...... [続きを読む]

受信: 2012年7月17日 (火) 21時41分

» ラム・ダイアリー [♪HAVE A NICE DAY♪]
あらすじ: 1960年、ニューヨークでの生活に疲労し切っていたジャーナリストのケンプ(ジョニー・デップ)は、地元紙に記事を執筆するためにプエルトリコへやって来る。個性的なジャーナリスト仲間に囲まれすぐに現地に溶け込んだ彼は、ある日アメリカ人企業家のサンダ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月17日 (火) 21時50分

» ラム・ダイアリー [新・映画鑑賞★日記・・・]
【THE RUM DIARY】 2012/06/30公開 アメリカ R15+ 120分監督:ブルース・ロビンソン出演:ジョニー・デップ、アーロン・エッカート、マイケル・リスポリ、アンバー・ハード、リチャード・ジェンキンス、ジョヴァンニ・リビシ 1960年、ニューヨークでの生活に疲労し切っ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月18日 (水) 11時59分

» 「ラム・ダイアリー」闘鶏のカッコよさ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
「ファンだったら観ないとー」とみんなに詰め寄られたので、仕方なく観てきた(笑) [続きを読む]

受信: 2012年7月18日 (水) 22時48分

» ★ラム・ダイアリー(2011)★ [Cinema Collection 2]
THE RUM DIARY 最低な毎日は“最高”だ。 映時間 120分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ショウゲート) 初公開年月 2012/06/30 ジャンル ドラマ/伝記/コメディ 映倫 R15+ 【解説】 ジョニー・デップがプライベートでも親友だった伝説のジャーナリスト、 ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月20日 (金) 14時37分

» ラム・ダイアリー [Diarydiary! ]
《ラム・ダイアリー》 2011年 アメリカ映画 - 原題 - THE RUM D [続きを読む]

受信: 2012年7月23日 (月) 23時02分

» ラム・ダイアリー [みすずりんりん放送局]
 『ラム・ダイアリー』を観た。  【あらすじ】  1960年、南米プエルトリコにジャーナリストのポール・ケンプ(ジョニー・デップ)が降り立った。  地元の新聞社で働き始めたケンプは、記者仲間に囲まれながら、ラム酒を浴びるように飲むという島の生活にすぐ馴染...... [続きを読む]

受信: 2012年7月24日 (火) 09時49分

» 「ラム・ダイアリー」みた。 [たいむのひとりごと]
有名なジャーナリスト:ハンター・S・トンプソン氏の原作を、ジョニー・デップが企画・製作・主演で映画化したもので、何だかちゃんと生身の人間に見えるジョニーの作品っていつ以来だろう?とか思ったり。逆を言う... [続きを読む]

受信: 2012年7月24日 (火) 16時51分

» ラム・ダイアリー / THE RUM DIARY [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 『ラスベガスをやっつけろ』の脚本家を担当、親友で自殺してしまった ハンター・S・トンプソン(1937-2005)の自伝的小説を、ジョニー・デップ 自らの企画で映画化し、製作・主演した作品。 6月公開、マ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月25日 (水) 08時09分

» ラム・ダイアリー     評価★★★54点 [パピとママ映画のblog]
ジョニー・デップが敬愛してやまない“伝説のジャーナリスト”ハンター・S・トンプソンの自伝的小説の映画化。監督は「ラスベガスをやっつけろ」でもジョニーから監督を依頼されたブルース・ロビンソン。本作は彼の約20年ぶりの監督復帰作。 これはトンプスン自身がまだ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月25日 (水) 12時50分

» ラム・ダイアリー [象のロケット]
1960年。 ニューヨークの喧騒に疲れ果てたジャーナリストのポール・ケンプは、自然がそのまま残る南米プエルトリコへとやってきた。 地元新聞「サンフアン・スター」紙の記者として地味な仕事をこなし、仲間とラム酒を浴びるように飲む島の生活にすぐに馴染んだケンプ。 ある日、彼は知り合いになったアメリカ人企業家サンダーソンから、土地開発計画に好意的な記事を書いて欲しいと頼まれるのだが…。 コメディ。 R-15... [続きを読む]

受信: 2012年7月29日 (日) 20時53分

» 「ラム・ダイアリー」 [みんなシネマいいのに!]
 こ、これは真剣つまらない。 伝説のジャーナリスト、故ハンター・S・トンプソンの [続きを読む]

受信: 2012年7月29日 (日) 23時39分

» 映画『ラム・ダイアリー』を観て [kintyres Diary 新館]
12-55.ラム・ダイアリー■原題:The Rum Diary■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■観賞日:7月8日、渋谷HUMAXシネマ(渋谷) □監督・脚本:ブルース・ロビンソン◆ジョニー・デップ(ポール・ケンプ)◆アンバー・ハード(シュノー)◆...... [続きを読む]

受信: 2012年11月11日 (日) 23時13分

» ラム・ダイアリー [こんな映画見ました〜]
『ラム・ダイアリー』---THE RUM DIARY---2011年(アメリカ)監督:ブルース・ロビンソン 出演:ジョニー・デップ、アーロン・エッカート、アンバー・ハード、ジョバンニ・リビシ、リチャード・ジェンキンス ジョニー・デップがプライベートでも親友だった伝説の...... [続きを読む]

受信: 2012年12月 1日 (土) 23時47分

» ラム・ダイアリー [pures movie review]
2011年 アメリカ作品 120分 ショウゲート配給原題:THE RUM DIARYSTAFF監督・脚本:ブルース・ロビンソン原作:ハンター・S・トンプソン『ラム・ダイアリー』(朝日新聞出版刊)CASTジョニー・デップ アーロン・エッカート マイケル・リスポリ アンバー・ハード ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月18日 (火) 16時51分

» ラム・ダイアリー [映画と本の『たんぽぽ館』]
酒浸り日記             * * * * * * * * *   ならず者ジャーナリストと呼ばれたハンター・S・トンプソン(2002年没)が 22歳の時に書いた半自伝的青春小説ですが、 彼の友人であるジョニー・デップが、自ら彼の役を務めています。 私は...... [続きを読む]

受信: 2013年1月15日 (火) 20時07分

» 12-401「ラム・ダイアリー」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
彼らはものの値段は知っているが、その価値は知らない   1960年、南米プエルトリコ。ニューヨークの喧騒を逃れてこの地にやって来た新進ジャーナリストのポール・ケンプは、地元の新聞社に職を得る。  しかし、仕事をしない個性豊かな記者仲間とラム酒漬けの毎日。  そんなある日、不正な土地取引で金儲けを企むアメリカ人実業家サンダーソンに接近したケンプは、彼の婚約者のシュノーと出会い、心奪われてしまう。  おまけに、サンダーソンの卑劣な策略にも巻き込まれていくケンプだったが。(「allcin...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 7日 (日) 09時46分

» 映画『ラム・ダイアリー』★ヘベレケでヨレヨレな、R40に、特にお勧めしたい〜雑感です。 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158015/ ↑ あらすじ・クレジッ ト はこちらを参照ください。 ハンター・ S ・トンプソン 氏原作です。 ハンター・ S ・トンプソン&ジョニー・デップ の組み合わせだと 『ラスベガスをやっつけろ』 が、思い出されます。 ..... [続きを読む]

受信: 2013年4月21日 (日) 18時27分

» ラム・ダイアリー(2011) THE RUM DIARY 120分 [極私的映画論+α]
 なんだかとても自由な感じが [続きを読む]

受信: 2013年6月 8日 (土) 07時16分

» ラム・ダイアリー [miaのmovie★DIARY]
【初回限定生産】ラム・ダイアリー ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray](2012/11/07)ジョニー・デップ、アンバー・ハード 他商品詳細を見る 【THE RUM DIARY】 制作国:アメリカ  制作年:2011年 19...... [続きを読む]

受信: 2013年7月22日 (月) 18時09分

» 君の血中アルコール濃度は? ~『ラム・ダイアリー』 [真紅のthinkingdays]
 THE RUM DIARY  Absolutely Nothing in Moderation  1960年、カリブ海に浮かぶ南米・プエルトリコ。NYからやってきたポール・ ケンプ(ジョニー・デップ)は、サンファンの地方紙記者としての職を得る。  自身の親友であり、「伝説のジャーナリスト」 であったハンター・S・トンプ ソンの自伝を、ジョニ...... [続きを読む]

受信: 2014年3月31日 (月) 13時06分

« 本 「喪われた道」 | トップページ | 「メリダとおそろしの森」 大人としての勇気 »