« 本 「悪夢のクローゼット」 | トップページ | 本 「浪費するアメリカ人 -なぜ要らないものまで欲しがるのか-」 »

2012年6月17日 (日)

「外事警察 その男に騙されるな」 公安の魔物

NHKのドラマ「外事警察」の劇場版です。
例によってドラマは未見、原作小説も未読です。
原作は未読ですが、麻生幾さんの小説は今までも何冊(「宣戦布告」「ZERO」「ケース・オフィサー」「瀕死のライオン」等)か読んでいます。
麻生さんは本名などが公表されていないいわゆる覆面作家なのですが、今まで発表してきた作品は諜報活動、いわゆるスパイ活動などを扱ったものが多いですよね。
彼の作品の中で描かれるスパイ活動は、いわゆるハリウッド映画のような派手なスパイ合戦のようなものではなく、本作のように協力者の獲得、育成、運営といったような活動が描かれることが多いですね。
そこにはハリウッド映画のような爽快さといったものはあまりなく、どちらかといえば陰々としていたり、不条理な世界が描かれています。
麻生さんの小説としてのデビュー作である「宣戦布告」は、北朝鮮が北陸の原子力施設を襲撃するという事件を扱っています(今考えるとあながち荒唐無稽ではなかったりします)が、そこで描かれるのはけっこう救いのない出来事だったりするのですね。
ハリウッド映画だったら絶対死なないような人が、不条理にも殺されたりしてしまう。
その不条理さみたいなものが、かえって現実感を与え、そして国と国との間で繰り広げられる攻防といったものがいかに熾烈を極めるものであるかというのが伝わってきます。
本作の主人公である住本は「公安の魔物」と呼ばれる男です。
国益のためであるならば、人の感情や生命をも犠牲にすることを厭わない男。
彼の部下であり、何度も対立することになる松沢は、どちらかと言えば観客の目線にたったキャラクターであるかと思います。
彼女が住本に食って掛かる場面というのは、おそらく同じように観客が「そこまでするのか、しなくてはいけないのか」と思うシーンでしょう。
しかしおそらくそのような問いに住本は「何をきれいごとを言っているんだ」という顔をするだけではないでしょうか。
個人的な感情といったようなものを表していたのでは扱え切れないほど、そしてきれいごとだけでは住まされないほどに国家間の暗闘というものはシビアであり熾烈なものであるのでしょう。
「公安の魔物」と言われる住本というキャラクターはそういった熾烈さを象徴しているキャラクターなのですよね。
ドラマを観ていないので何ともいえないのですが、本作においては、住本という人物の描写には彼の感情やその背景といったものはほとんどなされていません。
国家間の影の戦いには個人の感情が入り込むすき間というものはないのかもしれません。
「国益とは何なのか?」と住本が問われる場面がありますが、彼はそれに明確に答えていません。
彼は守るべきものをどのように思っているのか、知ってみたい気がします。
しかし、どうも思っていないかもしれません。

<最後にちょいネタバレ>

拉致された香織の娘が、日本で発見されたシーンがありました。
なんで日本で、それも拉致した側が周りに誰もいないのは何故?と思ったのですが、それは最後に明かされました。
人の感情(特に怒り)を操ることにより、人を思う通りに動かす、これこそが「公安の魔物」と言われる所以かもしれません。
彼が個人的な感情を一切出さずに任務に向かうというのは、かえって良いのかもしれません。
彼が自分のために、その力を使ったら、とてもおそろしいことになるかもしれないとも思うのです。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「悪夢のクローゼット」 | トップページ | 本 「浪費するアメリカ人 -なぜ要らないものまで欲しがるのか-」 »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

再放送やっていたんですかー、観ればよかった・・・。
渡部さん、ずっと眉間にしわ寄っていましたよね。
住本自身の心の中が見えないところっていうのが、それが国家間の諜報活動の闇そのものみたいな感じがありますね。
それはずっと正体不明のものなのかもしれません。

「宣戦布告」が書かれた頃は、北朝鮮の核開発問題もおおっぴらではなかったですし、原発の問題も顕在化してませんでしたし、まだフィクションというところがあったのかもしれないですね。
しかし現実のほうがフィクションを越えてきてたりしていて、ちょっとうそ寒い感じもします。

投稿: はらやん | 2012年6月24日 (日) 08時51分

今週、ドラマの再放送、見終わりました。
ドラマでも、なんで住本がそうなったのか・・というのはなかったです。
生活を共にしている家族にも自分の本当の姿は言えない苦悩・・みたいなもんはありましたが、何かのためには、なでも切り捨てる、利用する、突き進む・・・という姿が表されてましたが、無感情でやっているのではない。
重いものを背負う覚悟でやってる!というのが渡部さんの眉間のしわから、感じとれたような気がしました。

「宣戦布告」!あれですね。
もろに何処の国かはわかるけど、あえて「あの国」と表現してたあれですね。それは今回も同じみたいですね。
別に言ってもいいような気がしますが、ヤバいのかなあ。

投稿: sakurai | 2012年6月23日 (土) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/54988848

この記事へのトラックバック一覧です: 「外事警察 その男に騙されるな」 公安の魔物:

» 映画 「外事警察 その男に騙されるな」 [ようこそMr.G]
映画 「外事警察 その男に騙されるな」 [続きを読む]

受信: 2012年6月17日 (日) 22時29分

» 『外事警察 その男に騙されるな』 [ラムの大通り]
----今日の映画は、この前話していた『外事警察』だね。 テレビでも放映されて評判がいいようだけど…。 「らしいね。 でも、テレビでこの味あいって出せるのかな?」 ----どういうこと? 「この映画の売りの一つは“銀残し”の手法。 これは映画史的には、市川崑監督が『お...... [続きを読む]

受信: 2012年6月17日 (日) 22時46分

» 外事警察 その男に騙されるな [LOVE Cinemas 調布]
“日本のCIA”と言われる警視庁公安部外事課。そこ所属する一人の刑事を軸に人気を賭した2009年のNHKドラマを映画化したものだ。主演の渡部篤郎や共演に尾野真千子、石橋凌、余貴美子、遠藤憲一らレギュラーの面々に加え今回は『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』のキム・ガンウ、『SP』シリーズの真木よう子らも出演している。監督はドラマ版と同じく堀切園健太郎。... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 00時25分

» 外事警察 その男に騙されるな [いい加減社長の映画日記]
日本版ハードボイルド・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 警視庁公安部外事課。日本のCIAとも呼ばれる対国際テロ捜査の精鋭部隊。 決して表で活動することはなく、街に溶け込み、家族にさえ身分を明かさない。 任務遂行のためには手段を選ばず、民間人までも...... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 05時37分

» 『外事警察 その男に騙されるな』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「外事警察 その男に騙されるな」□監督 堀切園健太郎 □脚本 古沢良太□原案 麻生 幾 「外事警察 CODE:ジャスミン」□キャスト 渡部篤郎、、真木よう子、尾野真千子、田中 泯、北見敏之、遠藤憲一、       余貴美子、石橋 凌、キム...... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 08時40分

» 「外事警察 その男に騙されるな」息詰まる2時間 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
NHKが本気を出したらすごい!を見せ付けてくれたドラマ「外事警察」 「ハゲタカ」同様、まるで映画みたいだなーと思っていたら、今度は本当に映画になった。 決して正体を明かさない『元外事警察官』が監修にあたっただけのことはある、骨太でリアリティのある展開は、息つく暇を与えないハードで白熱した人間の業のぶつかり合いだった。... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 09時38分

» 外事警察 その男に騙されるな [新・映画鑑賞★日記・・・]
2012/06/02公開 日本 128分監督:堀切園健太郎出演:渡部篤郎、キム・ガンウ、真木よう子、尾野真千子、田中泯、イム・ヒョンジュン、遠藤憲一、余貴美子、石橋凌 誰も手をつけられなかったldquo;裏の世界rdquo;遂に映画化 東日本大震災の混乱が続く、2011...... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 14時45分

» 外事警察 その男に騙されるな [花ごよみ]
NHKドラマの劇場版。 主演は渡部篤郎、 「公安の魔物」といわれる 警視庁公安部外事四課主任、 住本健司を演じます。 テレビ版と同じく尾野真千子、石橋凌、 遠藤憲一、余貴美子、石橋凌などが再び登場。 今回の協力者は真木よう子、 ミッションは核テロの回避、 そ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 15時30分

» 『外事警察 その男に騙されるな』 (2012) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督: 堀切園健太郎 出演: 渡部篤郎 、キム・ガンウ 、真木よう子 、尾野真千子 、石橋凌 、田中泯 試写会場: 有楽町朝日ホール 公式サイトはこちら。 完成披露試写会に行って来ました。  上映前に舞台挨拶。 渡部さん、真木さん、尾野さん、石橋さん、...... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 17時47分

» 『外事警察 その男に騙されるな』 ('12・初鑑賞60・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (10段階評価で 5) 6月2日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:30の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 20時50分

» 外事警察 その男に騙されるな [あーうぃ だにぇっと]
外事警察 その男に騙されるな@よみうりホール [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 21時48分

» 外事警察 その男に騙されるな      評価★★★★88点 [パピとママ映画のblog]
待望の劇場版「外事警察 その男に騙されるな」はTVドラマ版から飛躍的なスケールアップを遂げ、日本と韓国にまたがる壮大なストーリーが展開していく。その発端は濃縮ウランが朝鮮半島から流出し、日本での核テロ勃発の危機が急浮上したこと。そこで国益を守るためには...... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 23時43分

» 外事警察〜その男に騙されるな〜 [はるみのひとり言]
昨日試写会で見て来ました。NHKでドラマやってたそうですね。全然知らなかったので「なんとか刑事」みたいな感じなのかな〜と軽いノリで行ったんですが、冒頭からこれはぼ〜っと見てられないなという緊迫感を感じました。そもそも外事警察って何?だったんですが、日本版...... [続きを読む]

受信: 2012年6月19日 (火) 10時57分

» 映画「外事警察 その男に騙されるな」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「外事警察 その男に騙されるな」観に行ってきました。麻生幾の同名小説を原作とする、あまり知られていない日本の警視庁公安部外事課(通称「外事警察」)にスポットを当てた... [続きを読む]

受信: 2012年6月20日 (水) 01時01分

» 『外事警察 その男に騙されるな』 キッザニアでは体験できない [映画のブログ]
 「日本の公安は能力が低いですね」とは、2012年5月の中国の一等書記官・李春光氏の事件を受けた中国人記者の感想である。  当時、李春光氏はスパイではないかということで日本のマスコミが大きく取り上げ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月20日 (水) 01時37分

» 映画「外事警察 その男に騙されるな」 [FREE TIME]
映画「外事警察 その男に騙されるな」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2012年6月20日 (水) 22時35分

» 外事警察 その男に騙されるな [だらだら無気力ブログ!]
核爆弾ってそんなに簡単に作れるものなのか? [続きを読む]

受信: 2012年6月21日 (木) 00時44分

» 外事警察 [迷宮映画館]
他人事じゃないけど、ソトゴト。 [続きを読む]

受信: 2012年6月23日 (土) 17時49分

» 無能な善人か有能な悪人か 『外事警察 その男に騙されるな』 [映画部族 a tribe called movie]
監督:堀切園健太郎出演:渡部篤郎、キム・ガンウ、真木よう子、田中泯日本映画 2012年 ・・・・・・ 6点 [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 17時53分

» 外事警察 その男に騙されるな [ルナのシネマ缶]
最近はNHKもドラマで人気が 出ると、映画化するパターンに なったんですね〜。 (ハゲタカで味をしめたのだろうか?) ドラマは結構面白かったので 劇場版を観てきました。 途中、ちょっと中だるみを感じましたが なかなか骨太な作品に仕上がっていました。 東日本大震災の混乱の最中、原子力関連のデータが、 東北の大学の施設から盗み出される事件が発生する。 警視庁公安部外事課の住本(渡部篤郎)は、不正輸出にかかわっていると マークしていた奥田交易の社長夫人・果織(真木よう子)の 経... [続きを読む]

受信: 2012年7月 1日 (日) 00時09分

» 外事警察 [映画的・絵画的・音楽的]
 『外事警察―その男に騙されるな』を渋谷TOEIで見ました。 (1)本作は、NHKTVドラマの劇場版であり、以前『セカンドバージン』で懲りていますから二の足を踏んでいたものの(なおかつ、TVドラマも見てはおりませんし)、評判がよさそうなので遅ればせながら見てきました...... [続きを読む]

受信: 2012年7月 5日 (木) 05時31分

» 外事警察 その男に騙されるな(2012-073) [単館系]
外事警察 その男に騙されるな MOVIXさいたま 東日本大震災の混乱が続く、2011年の日本。 原子力関連部品のデータが、某大学の施設から盗み出される事件が発生する。 警視庁公安部外事課の住本(渡部篤郎...... [続きを読む]

受信: 2012年7月 6日 (金) 22時14分

» 「外事警察 その男に騙されるな」みた!! [★ Shaberiba ]
日本映画も遂にここまで来ましたね〜!! [続きを読む]

受信: 2012年7月 8日 (日) 00時23分

» 「外事警察 その男に騙されるな」 [prisoners BLOG]
「亡国のイージス」の映画版などもそうだが、日本の仮想敵国が「あの国」とか呼ばれて北朝鮮とはっきり描けないものだからどうしたって腰がひけた印象になる。 南北分断問題も韓国映画で描かれるような切迫感が出るわけもない。 それに北朝鮮が実際に核開発してブラフ交...... [続きを読む]

受信: 2012年7月 8日 (日) 09時29分

» 外事警察 その男に騙されるな [象のロケット]
北朝鮮で濃縮ウランが、日本では核研究の機密ファイルが盗まれ、日本での核テロが予想された。 外事第四課に復帰した住本は、在日二世の原子力科学者・徐昌義を韓国ソウルで保護し日本へ連れ帰る。 徐は26年前に日本から北朝鮮へ渡ったものの、最近行方不明となっていたのだ。 一方、再び住本の部下となった松沢は、東京の貿易会社社長・金正秀の日本人妻・果織を捜査協力者にしようと接触するが…。 人気TVドラマ劇場版。... [続きを読む]

受信: 2012年11月24日 (土) 13時56分

» 映画『外事警察 その男に騙されるな』★ “食えない男=住本”を印象付けたラストシーン [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158381/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 警視庁公安部外事課は、国際テロに立ち向かうための組織 なの だそう です 。 特徴と言うか、見どころだと思うのは 彼らは、プロに潜入させないで、標的に近..... [続きを読む]

受信: 2012年12月12日 (水) 22時40分

» 12-393「外事警察 その男に騙されるな」(日本) [CINECHANが観た映画について]
分かり合えると信じる、それが俺たちだ   2011年。大震災の混乱が続く中、大学施設で原子力関連の極秘データが盗まれる。  一方、朝鮮半島からは濃縮ウランが流出したとの情報がもたらされ、核テロの脅威が現実味を帯びる。  住本健司たち外事四課では、5年前に韓国から来日し、日本人女性と結婚して日本国籍を取得した奥田交易社長・奥田正秀に疑いの目を向ける。  そこで住本は奥田の妻・果織に近づき、協力者(=スパイ)として取り込むべく、彼女の弱みを徹底的に洗い出し、彼女が落ちるまで容赦なく追い...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 9日 (土) 14時04分

» 「外事警察 その男に騙されるな」(2012・日) [ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー]
渡部篤郎主演映画「外事警察 その男に騙されるな」を観てきました。 元はNHKの土曜ドラマでやっていたらしいのですが そちらは未見。 公開直前まで全く興味も持たず過ごしてきたのですが、 脚本が古沢良太と聞いて観る気になりました。 「相棒」「リーガル・ハイ」「探偵はBARにいる」など 書いてる人ですしね。 ストーリーはドラマを観てなくても ついていける内容となっていました。 邦画にありがちな浪花節とかお涙頂戴とか 甘ったるさがない渋い映画ですが、 私はこういう路線のが好き。 ちなみにギャグは一... [続きを読む]

受信: 2013年4月28日 (日) 09時03分

» 外事警察 [おべんとログ]
NHKドラマで好評であった、外事警察が映画化! http://gaiji-movie.jp/ スパイものが大好きな私としては、当然このドラマのトリコに なっていたわけですが、映画化すると何かが違ったりして、 ガッカリするのが怖いなぁ...と思っていたのですが、 やっぱり観ちゃいま…... [続きを読む]

受信: 2013年5月26日 (日) 23時12分

« 本 「悪夢のクローゼット」 | トップページ | 本 「浪費するアメリカ人 -なぜ要らないものまで欲しがるのか-」 »