« 「逃亡者おりん 2」 パチンコメーカーのビジネスモデル | トップページ | 本 「決起! コロヨシ!!2」 »

2012年6月30日 (土)

「ソウル・サーファー」 堂々と受け入れる

ベサニー・ハミルトンは幼い頃よりサーフィンを始め、プロのサーファーになることを夢見ていた少女です。
彼女はサーファーとしての才能があり、彼女の夢もあながり夢では終わらないというところでした。
けれど、ある日いつものように海に入りサーフィンをしていたところ、彼女はサメに襲われ、左腕を失ってしまうという事故にあってしまいました。
これは実話に基づく物語です。

驚くべきはベサニーの揺るぎない心です。
事故のとき、彼女はたった13歳でした。
13歳という、これからいろいろと夢をみていくことができる年頃に、片腕を失ってしまうという事故に合い、それでもサーフィンにかける思いは揺るぎません。
自分であったならばおそらく「なんで私だけが」とくさってしまうというのがおちだと思います。
彼女の揺るぎない心を支えたのは何だったのでしょうか。
一つは信仰心であったと思われます。
実際のハミルトン家は敬虔なキリスト教徒であるということです。
本作でもどんなにつらいことでも、それには意味があるといったようなことが聖書から引用されていました。
彼女も家族も、これほどまでに辛いことでも何か人生にとって意味があるはずだと、神が意味がないことをするはずがないというように信じているということが心の支えになっていたのでしょう。
僕は個人的には無宗教で、神の存在は信じているわけではないのですが、辛い時に宗教というものが心を支えることができるというのはわかる気がします。
また彼女が若いということも大きかったと思います。
これから夢を叶えるために走り出そうとした時に彼女は事故に合いました。
それを諦めるにしても、それからの時間がまだまだありすぎる。
夢を諦めるって言っても、何もしていないじゃない!という気持ちが彼女の中にあったように思います。
ある程度年齢をとっていたら、諦めたかもしれない。
諦めるには彼女はまだまだ若かったのです。
そしてやはり大きいのは家族の支えですよね。
両親にしても、二人の兄にしても、彼女の思いを大切にし、見守りサポートをしていました。
家族の愛情がなくして、ベサニーは夢を叶えることはできなかったと思います。

サーフィンの試合のあとに、インタビュアーがベサニーに事故の前に戻りたいですかと(無神経な)質問をします。
けれどその問いに、「時間は巻き戻せないから」と言います。
起こってしまったことはやり直すことはできない。
それを受け入れなくては再スタートはできません。
ベサニーという少女は、他の誰と比べてもとてもたいへんな状況に陥りましたが、それを素直に受け入れます。
10代の少女であれば、片腕を失ってしまった傷を堂々と人前にさらすことというのが辛いのが普通であると思います。
けれど彼女は堂々とその姿で人前に出て、サーフィンをする。
彼女はそういう状態となってしまった自分を受け入れているから、人前にでても恥ずかしいとかそういった思いはないのでしょう。
僕は作品の中で最初に彼女のその姿を観たとき、あまりに痛々しくそして哀れに感じてしまいました。
けれど、観ていて驚いたのは、彼女が堂々とその姿を見せているうちに、その姿であることが「普通」に見えてきたのです。
ベサニーがその状態を受け入れ、普通に堂々としていることによって、周りの人々も変な気を使うのではなく、そういうことをすべて合わせてベサニーであると受け入れるようになったのかもしれません。
そういう意味でベサニーのライバルであったマリーナが、ハンデを背負っているベサニーにも容赦がなかったことは、劇中でも言っているようにベサニーにとっては嬉しかったことなのでしょう。

主人公ベサニーを演じたのは「チャーリーとチョコレート工場」でチューインガム少女ヴァイオレットを演じたアナソフィア・ロブ。
ずいぶん大きくなりましたね!
けっこうな難役だったと思いますが、危なげなく演じていました。
ベサニーの親友役アラナを演じていたのはロレイン・ニコルソン。
彼女は、ジャック・ニコルソンの娘さんだそうです。
そういえば、面影があるような・・・。
女の子的にはいいんだか、悪いんだか。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「逃亡者おりん 2」 パチンコメーカーのビジネスモデル | トップページ | 本 「決起! コロヨシ!!2」 »

コメント

kiraさん、こんばんは!

立ち向かえる力があるからこそ、神が選んだというのは、なるほどです。
彼女が立ち上がることにより、もっと多くの人を勇気づけられるというわけですね。
彼女にとってはとても大きな犠牲ではあったのですが、そう考えられるならば救われるかもしれませんね。

投稿: はらやん | 2012年7月 6日 (金) 22時36分

sakuraiさん、こんばんは!

最初、若いのにと思ったのですが、若いからこそなんだなと思い直しました。
自分の可能性を信じることができて、また実現できる力もあって。
若い故の楽天さ、ポジティブさというのはあったのでしょうね。
それでもやっぱりそれは強い意志があって、周りの支えがあってこそというのはもちろんだと思います。

投稿: はらやん | 2012年7月 3日 (火) 22時45分

daisuki-jonnyさん、こんばんは!

起こってしまったことにくよくよするのではなく、とても前向きに考えている姿にうたれました。
ああいうことになると自分が悪くはないのに恥ずかしいと思う気持ちってあると思うんですよね。
でもそういうことを含めて全部自分として、堂々としていることが強いなあと思いました。
「テラビシアに架ける橋」も良かったですよね。
アナソフィア・ロブもすっかり大人な感じでした。

投稿: はらやん | 2012年7月 3日 (火) 21時54分

マリン・スポーツで、プロを目指しているという、
その環境がそうさせたのか、
泣き喚くことも無く、サメへの恐怖感を引き摺らず、というところが
もう、デキた娘だなあ・・と、
やはり只者ではないからこそ、神は選んだのかもしれませんね。
多くの世界中のハンデを持つ子供達に、勇気を与えられる少女だったんですからねぇ。
感動しましたconfident

投稿: kira | 2012年7月 2日 (月) 20時47分

>ある程度年齢をとっていたら、諦めたかもしれない。
そっかあ!そこに想いが至らなかった。
13歳なのに、よくまあ乗り越えたもんだと思っていたのですが、13歳だったからこそ乗り越えられたのかもしれませんね。
まだまだ夢をあきらめるのは早すぎる!

まるで映画みたいな!お話でしたが、本当の話の持つ力強さを感じました。

投稿: sakurai | 2012年7月 1日 (日) 21時43分

はらやんさん、こんばんは~♪
最初は可哀想だから観れない・・・と思っていましたが
ベサニーが来日し、はらやんさんが仰っているように堂々とした姿で、前向きで笑顔で・・・
その姿を見て観ようと思いました。

サメに襲われる所は冷静に受け入れるように見えた
ベサニーではありますが
色々な所で苦悩する所に涙がでました。でも
彼女の強さなのでしょうか、頭が下がる思いです。

アナソフィア・ロブ、大きくなりましたね~♪
テラビシアに架ける橋でも泣きました。

投稿: daisuki-johnny | 2012年7月 1日 (日) 21時39分

風子さん、こんにちは!

原作者の方が舞台挨拶にきたんですね。
若い女性だったら、人前に出るのを躊躇しそうになるとは思うのですが、堂々としているからこそ、周りの人も哀れに思うとかそういう気持ちではなく、他と変わらない人として彼女を見てくれたのではないかと思いますね。
辛いことがあってもくよくよせず、前を向ける勇気があるのはほんとにすごいなと思いました。

投稿: はらやん | 2012年7月 1日 (日) 17時14分

TBありがとうございました。
舞台挨拶でご本人を見ましたが、亡くなった左腕をさらけ出しているのに驚きました。
本当に堂々としていました。
彼女の精神力の強さには、敬服するばかりです。

投稿: 風子 | 2012年7月 1日 (日) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/55088860

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソウル・サーファー」 堂々と受け入れる:

» ソウル・サーファー/Soul Surfer [LOVE Cinemas 調布]
サメに襲われ左腕を失った天才少女サーファー、ベサニー・ハミルトンを描いた感動の物語。突然の悲劇に絶望した少女が家族や友人の支えを得て再び立ち上がる。主演は『ウィッチマウンテン 地図から消された山』のアナソフィア・ロブ。共演に『いとしい人』のヘレン・ハント、『パンドラム』のデニス・クエイドらが出演している。監督は主にテレビで活躍しているショーン・マクナマラ。... [続きを読む]

受信: 2012年6月30日 (土) 22時35分

» 『ソウル・サーファー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ソウル・サーファー」□監督・脚本 ショーン・マクナマラ □脚本 デボラ・シュワルツ□原作 ベサニー・ハミルトン、シェリル・バーク、リック・バンシュー□キャスト アナソフィア・ロブ、デニス・クエイド、ヘレン・ハント、ロレイン・ニ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月 1日 (日) 09時13分

» 『ソウル・サーファー』('12・初鑑賞65・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆★ (10段階評価で 9) 6月11日(月) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:00の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2012年7月 1日 (日) 13時20分

» ソウル・サーファー ジャパン プレミア (試写会) [風に吹かれて]
勇気をもらえます公式サイト http://disney-studio.jp/movies/soulsurfer6月9日公開実話の映画化原作: ソウル・サーファー サメに片腕を奪われた13歳 (べサニー [続きを読む]

受信: 2012年7月 1日 (日) 14時04分

» 『ソウル・サーファー』・・・腕を失った価値 [SOARのパストラーレ♪]
練習中サメに襲われ片腕を失った少女サーファーの、勇気と希望の物語。現在プロサーファーとして活躍中の、ベサニー・ハミルトンの自伝に基づくトゥルー・ストーリーに序盤から引き込まれた。... [続きを読む]

受信: 2012年7月 1日 (日) 14時48分

» ソウル・サーファー/SOUL SURFER [いい加減社長の映画日記]
「ホタルノヒカリ」と迷ったんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 13歳のベサニー・ハミルトンは、ハワイのカウアイ島で両親と二人の兄と海辺の家で仲良く暮らしていた。 サーファーの両親のもとに生まれたベサニーの夢は、もちろんプロサーファー。...... [続きを読む]

受信: 2012年7月 1日 (日) 17時36分

» 〜『ソウル・サーファー』〜 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2011年:アメリカ映画、ショーン・マクナマラ監督、ベサニー・ハミルトン&シェリル・バーク&リック・バンシュー原作、アナソフィア・ロブ、デニス・クエイド、ヘレン・ハント、ロレイン・ニコルソン、キャリー・アンダーウッド出演。... [続きを読む]

受信: 2012年7月 1日 (日) 18時39分

» ソウル・サーファー [♪HAVE A NICE DAY♪]
こちらも「幸せのキセキ」と同じく実話です。 本当は予告で観た時は、切なくて観れない・・・と 思っていたけど、実在のサーファー、ベサニー・ハミルトンさんが 来日したのをテレビで見て、とても前向きで そして日本を励ます事で来日してくれたんですよね その姿を見...... [続きを読む]

受信: 2012年7月 1日 (日) 21時41分

» ソウル・サーファー [迷宮映画館]
実話の持つ力をしみじみ感じた。 [続きを読む]

受信: 2012年7月 1日 (日) 21時43分

» ソウル・サーファー [新・映画鑑賞★日記・・・]
【SOUL SURFER】 2012/06/09公開 アメリカ 106分監督:ショーン・マクナマラ出演:アナソフィア・ロブ、ヘレン・ハント、デニス・クエイド、ロレイン・ニコルソン、キャリー・アンダーウッド サメに片腕を奪われた13歳の天才サーファー、ベサニー。勇気と感動の実話を...... [続きを読む]

受信: 2012年7月 2日 (月) 13時17分

» 「ソウル・サーファー」 [みんなシネマいいのに!]
 サーフィン中にサメに襲われ片腕を失った13歳の少女が様々な葛藤を乗り越え、 再 [続きを読む]

受信: 2012年7月 3日 (火) 22時42分

» 「ソウル・サーファー」 [prisoners BLOG]
見事なサーフィンの撮影と、「フォレスト・ガンプ」以来の片腕をなくした姿のデジタル処理をほどこしたカットを全編にわたって自由自在に組み合わせて繰り広げるのだから恐れ入る。それで製作費は1800万ドルというから今のアメリカ映画としてはむしろ少ないほうだ。 スト...... [続きを読む]

受信: 2012年7月 9日 (月) 21時45分

» 『ソウル・サーファー』のソウルに感涙 [Healing ]
ソウル・サーファー ★★★★4.5 13歳でサーフィンの練習中にサメに襲われ、 肩から下の左腕を失ったプロサーファー、ベサニー・ハミルトンの 実体験を映画化。 私、よく知らなかったのですが、 うちの子も夫も「世界まる見え!テレビ特捜部」(日本テレビ系、2010年3月22日放映) という番組で見たことがある、と言っていました。(※訂正) 「奇跡体験アンビリバボ... [続きを読む]

受信: 2012年7月17日 (火) 23時38分

» ソウル・サーファー : ハンデを個性に変えることの凄さ [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日の広島は、風が強かったですなぁ。こんな日は、普段波のない瀬戸内でも、サーフィンが出来たりして。てなわけで、本日紹介する作品は、こちらになります。 【題名】 ソウ [続きを読む]

受信: 2012年12月 4日 (火) 13時34分

» ソウル・サーファー [象のロケット]
ハワイ・カウアイ島で暮らすハミルトン一家は、5人全員がサーファー。 両親や兄二人と同じように海が大好きな13歳の少女ベサニーはプロサーファーを夢見ていた。 地方コンテストで優勝し、親友のアラナと共に次のコンテストへ向けて猛練習していたベサニーは、サメに襲われサーフボードごと左腕を噛み取られてしまう。 日常生活さえままならない中、サーフィンを始めるベサニーだったが…。 実話ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2012年12月 6日 (木) 11時42分

» ソウル・サーファー [映画感想メモ]
ベサミーの勇気やチャレンジする姿や、家族愛に泣く。 いい加減あらすじ プロのサー [続きを読む]

受信: 2012年12月 7日 (金) 22時02分

» ソウル・サーファー [いやいやえん]
アナソフィア・ロブちゃん主演。デニス・クエイド、ヘレン・ハントさんらが両親役。 何があっても、前向きに、そして、あきらめない。実話に基づいた素晴らしい作品でした。 ベサニーは13歳でサーフィン練習中に片腕をサメに奪われる。 彼女の諦めない心は周囲の人や遠く離れた見知らぬ誰かをもはげましているし、そんな見知らぬ誰かの書いた応援のレターや現地ボランティアで彼女はまた奮起する。やがて、再び始めたサーフィン。苦難を乗り越えてゆく事や家族や親友、誰かと支えあっていく事で彼女の輝きは増し、その笑顔... [続きを読む]

受信: 2012年12月 9日 (日) 10時54分

» 映画『ソウル・サーファー』★まばゆい光が導いた新たな魂の波に乗れ! [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157860/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 映画レビューです。(ネタバレ表示です。) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id341531/rid47/p..... [続きを読む]

受信: 2012年12月 9日 (日) 21時25分

» ソウル・サーファー [こんな映画見ました〜]
『ソウル・サーファー』---SOUL SURFER---2011年(アメリカ)監督:ショーン・マクナマラ 出演: アナソフィア・ロブ 、ヘレン・ハント、デニス・クエイド、ロレイン・ニコルソン 天才少女サーファー、ベサニー・ハミルトンの奇跡の実話を基に、サーフィン中...... [続きを読む]

受信: 2012年12月28日 (金) 23時26分

» 映画『ソウル・サーファー』 [健康への長い道]
 『幸せへのキセキ』同様、事実に基づく映画ですが、あちらがかなり実話を改変した(らしい)作品であるのに対して、こちらはエンドロールで流れる映像を観る限り、ほとんど事実に即して作られているようです。  そのせいかどうか分かりませんが、映画としての物語の強…... [続きを読む]

受信: 2013年3月25日 (月) 23時18分

» 12-400「ソウル・サーファー」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
終わりは始まりでもある   カウアイ島で両親と2人の兄、そして幼なじみの親友アラナに囲まれ、幸せな日々を送る13歳の少女、ベサニー・ハミルトン。  プロサーファーを夢見て練習に明け暮れる勝ち気な少女は、出場した地方大会でも活躍し、将来を嘱望される存在に。  そんな矢先、彼女はサメに襲われ、一命は取り留めたものの左腕を失う悲劇に見舞われる。それでも、ショックと不安を乗り越え、すぐにサーフィンを再開したベサニー。  しかし、かつてのように思い通りに波に乗ることが出来ず、大会でも結果を出...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 7日 (日) 09時49分

» ソウル・サーファー [ダイターンクラッシュ!!]
2014年1月5日(日) レンタルDVD 感動保証の実話スポーツ系 酔っ払って帰ってきて、ふとつけたテレビで放送していた「メジャーリーグへの道~片腕のヒーロー」、涙が止まらなかった。 同じく、酔っ払って帰ってきて、BSで放送していた「ルディ 涙のウィニング・ラン」、終わりのほうは涙が止まらなかった。 と、実話スポーツ系は、ほぼ間違いない。これも、間違いない作品だ。 酔っ払ってみたら号泣しかねない。 厳しい境遇の主人公なのだが、「世界最速のインディアン」みたいなポジティブさが心地よい。 まる... [続きを読む]

受信: 2014年1月15日 (水) 22時31分

« 「逃亡者おりん 2」 パチンコメーカーのビジネスモデル | トップページ | 本 「決起! コロヨシ!!2」 »