« 「ピザボーイ 史上最凶のご注文」 ほんとのほんとにB級映画 | トップページ | 「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ 」 シリアスな題材を心地よいユーモアで »

2012年5月 4日 (金)

「裏切りのサーカス」 観ている側も頭をフル回転

第84回アカデミー賞にゲイリー・オールドマンが主演男優賞などでノミネートされた作品。
他の出演俳優も、シブめのイギリス人俳優を揃えています。
ゲイリー・オールドマンの他には、コリン・ファース、ジョン・ハート、マーク・ストロング・・・。
若手で現場の工作員ターを演じている人、観たことあるなと思ったら「Black&White/ブラック&ホワイト」のトム・ハーディでした。
髪型が全然違うので初めはわからなかったです。
このシブさが溢れるキャスティングからもわかるように、本作はスパイ映画ではありますが、「ボーン・アイデンティティ」や「ミッション・インポッシブル」のような派手なアクションは一切なく、もっぱら頭脳戦が描かれます。
冷戦時代イギリス諜報部<サーカス>のリーダー、コントロールは、自分の組織にソ連の二重スパイ<もぐら>がいるという情報を掴みます。
自分の部下である幹部5人の誰が<もぐら>なのか・・・。
そして観ている観客にも、かなり頭を使わせる作品になっています。
わかりやすいアメリカ映画のように細かいところがわからなくてもなんとかなる映画ではなく、様々なディテールまで目を光らせていないと話においていかれる可能性があります。
僕も観ていて途中やや混乱するところもありました。
本作観るにあたっては、下記の2点に注意して観るとよいでしょう。

1.登場人物の名前を顔を頭の中で早めに一致させる。

まず本作は登場人物が多いです。
脇役かと思っていると実は重要な役回りだったりするので、注意が必要です。
また会話の中で別の人物のことを語るという場面が多く、誰のことを話しているのかがわからないと筋がわからなくなってきます。
ビルとか、ジムとか、一般的な名前が多かったりするのでこれがまたやっかい。

2.時系列に注意する。

本作は現在進行形の時間と、登場人物の回想場面というのが、かなり入り組んだ形ででてきます。
どの時点の話が画面に映っているのかどうかに注意したほうがいいでしょう。
そしてまたいくつかの出来事がどれが先で、どれが後というのも、把握しておいたほうがよいでしょう。
正直、僕はこの時系列がしっかりと把握し切れたかと言うと、少々自信がありません。

本作、1回観ただけだと把握しきれないかもしれないですね。
けっこういろいろなところに伏線が張られているような気がしますが、全部気づけたかどうかわかりません。

<ここから先はネタバレしているので、観た方だけね。続きは下へスクロール>

























 

<もぐら>の正体はビル(コリン・ファース)であったわけですが、その理由について彼は西側の体制よりも、東側の体制に共感したと言っています。

果たしてそれだけだったのでしょうか。

冒頭にブタペストで殺されたと思われた工作員ジム(マーク・ストロング)は、結局生きておりソ連の情報部のメンバー「カーラ」に拷問された後、イギリスに密かに送還されていました。

ビルはジムがソ連に捉えられたことを知ったとき、烈火の如く怒り、彼を生かして取り戻そうとします。

また教師として身を隠しているジムは、教え子のビルという少年に「ビルという名の人物はすべてを見通すことができる」というようなことを言います。

ビルとジムは大学の頃からの親友であったとも語られています。

本作ではっきりと言われているわけではないですが、ビルとジムは同性愛の関係ではなかったかと思われます。

ビルの正体がばれ、取り調べ後ソ連に送還されることになったわけですが、そこで彼はジムによって狙撃され殺されます。

一瞬ジムが撃つことを躊躇うような表情を見せるのですが、これはビルとジムの密かな関係が出ているような気がしました。

そもそもビルは、ジムによって東側への内通者として育てられたのではないかというようにも思えます。

ブタペストでの将軍亡命云々も、ジムを一度表舞台から消すというためにそもそも仕組まれたのではないかとも考えられるかなと。

このあたりは最後まで観てそう思ったので少々自信がないのですけれど。

最初からもう一度観たら、いろいろと気づくところがあるかもしれません。

マーク・ストロングが最初にあっさり殺されるスパイ役なんて贅沢だなぁなんて観ていたのですが、あとで実は大きな役回りだったので、もっと注意深く観ておけばよかったと後悔しました。

あとターとイリーナのエピソードと、ブタペストの件、<ウィッチクラフト作戦>の開始時期はどれが先なのかがちょっと自信がなくて。

このあたりの順番でも解釈がちょっと変わるような気もしています。

上で時系列に注意と書きましたが、このあたりのことになります。

書いていていろいろ気になるところが出てきました。
やっぱりもう1回観ようかな。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ピザボーイ 史上最凶のご注文」 ほんとのほんとにB級映画 | トップページ | 「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ 」 シリアスな題材を心地よいユーモアで »

コメント

りおさん、こんばんは!

話は複雑でしたよね。
私もついていくのが大変だったのを覚えています。
>マーク・ストロングは、時々スタンリー・トゥッチと見分けがつかなくなります。
わかる気がします!
顔の作りが濃くて、髪の薄い具合が、印象似ているかもしれないですね。

投稿: はらやん | 2016年4月29日 (金) 20時13分

こんにちは。
期待していた割には面白くなかったなぁ…という記憶しかありませんcoldsweats01
わたしには複雑すぎたのかなあ。
マーク・ストロングは、時々スタンリー・トゥッチと見分けがつかなくなります。
並んだら全然違うんでしょうけどねー

投稿: りお | 2016年4月27日 (水) 03時57分

ryokoさん、こんばんは!

けっこうこの話、フクザツですものねー。
僕は結局二度目は観ずじまいでした。
原作は興味がありますね。
僕も今度読んでみようかな。

投稿: はらやん | 2012年12月12日 (水) 20時45分

こんにちは~。
いろいろと謎が残ったので2回目挑戦しました。
でも・・・名前と関係をしっかり覚えてみましたが、やっぱり原作を読むしかないのかな~とおもいました。

投稿: ryoko | 2012年12月12日 (水) 11時05分

sakuraiさん、こんにちは!

そうですよねー、こちら2回観ないと細かいところまでわからないかもです。
結局僕は観なかったですが・・・。
マーク・ストロングってすっかり毛がない状態を見慣れてしまってます。
始め、誰だっけ?って思ってしまいました。

投稿: はらやん | 2012年7月 8日 (日) 15時48分

はい、もっかい見てきます!
ストロングは、髪があると、別人ですねえ。

投稿: sakurai | 2012年7月 8日 (日) 07時46分

ひろさん、こんばんは!

いやー、僕も途中「???」というところがありまして、理解し切れたかというと甚だ怪しいです。
マーク・ストロングは最初に殺されて、これだけなんて贅沢なキャスティング!と思いましたが、かなり重要な役回りでしたよね。
僕は最後のは愛情は持ちつつも、それを押し殺しての口封じかと思ったのですが、このあたりはちょっと自信がありません。
原作も興味が出てきました。
ずいぶん前の作品なのですね。
こんど手に取ってみようかと思います。
そうすると疑問点もわかるかな?

投稿: はらやん | 2012年5月 8日 (火) 20時07分

こんにちは♪TBありがとうございました!
頭をフル回転して観ていても、よくわからないことが多かった私です(汗)
でも、キャストも良かったですし、こういう渋いというか雰囲気のある作品、好きでした♪

私も、えっ!マークの出番、これで終わり?と焦りました(笑)

>そもそもビルは、ジムによって東側への内通者として育てられたのではないかというようにも思えます

え~~!そんな風には、考えもしませんでした(驚)
最後にジムがビルを撃つのは、同性愛の関係からかと
思いましたが、そうなると、口封じ?みたいな意味にも
なるんでしょうか?

確かに、1度観たくらいでは、全部は理解できませんよね(汗)読書家のはらやんさんですので、原作を読まれてはいかがですか?(←余計なお世話ですが・笑)

投稿: ひろ | 2012年5月 7日 (月) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/54629932

この記事へのトラックバック一覧です: 「裏切りのサーカス」 観ている側も頭をフル回転:

» 裏切りのサーカス/Tinker Tailor Soldier Spy [LOVE Cinemas 調布]
ジョン・ル・カレのスパイ小説『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』を映画化。英国諜報部“サーカス”に潜む二重スパイ“モグラ”を引退した老スパイがあぶりだす緊張のスパイ戦を描いていた作品。主演はゲイリー・オールドマン。共演にオスカー俳優コリン・ファース、トム・ハーディらイギリスの名優が揃う。監督は『ぼくのエリ 200歳の少女』のトーマス・アルフレッドソン。... [続きを読む]

受信: 2012年5月 4日 (金) 18時04分

» 映画レビュー「裏切りのサーカス」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Tinker Tailor Soldier Spyクチコミを見る◆プチレビュー◆地味だが渋く、複雑だが緻密な“大人仕様”のスパイ映画「裏切りのサーカス」。ゲイリー・オールドマンがいぶし銀の演技を見せる ... [続きを読む]

受信: 2012年5月 5日 (土) 23時27分

» 裏切りのサーカス / TINKER, TAILOR, SOLDIER, SPY [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 元MI6諜報部員であり、スパイ小説で有名なジョン・ル・カレ彼がMI6在職中に実際に起きた事件を基に書き上げ、ldquo;スパイ小説の金字塔rdquo;と呼ばれた小説、 『ティンカー、テイラー、ソルジャー...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 07時10分

» 本格的スパイ [笑う社会人の生活]
24日のことですが、映画「裏切りのサーカス」を鑑賞しました。 英国諜報部のサーカスに潜むソ連の二重スパイを 捜し出す指令を受けた 引退したスパイ スマイリーだったが・・・ スパイ映画ですがM:Iシリーズなど よくあるスパイ映画とは違い アクションはなく 派手さも...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 10時01分

» 『裏切りのサーカス』 (2011) / イギリス・フランス・ドイツ [Nice One!! @goo]
原題: TINKER TAILOR SOLDIER SPY 監督: トーマス・アルフレッドソン 出演: ゲイリー・オールドマン 、コリン・ファース 、トム・ハーディ 、マーク・ストロング 、トビー・ジョーンズ 公式サイトはこちら。 アカデミー主演男優賞に絡んだ本作。 評判もよさ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 12時09分

» 裏切りのサーカス / Tinker Tailor Soldier Spy [勝手に映画評]
昨日見た『Black White/ブラック&ホワイト』もスパイモノですが、今日の『裏切りのサーカス』もスパイモノ。ですがテイストは全く違っていて、『Black White/ブラック&ホワイト』はお馬鹿ムービーですが、『裏切りのサーカス』は重厚なエスピオナージになっ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 15時25分

» 「裏切りのサーカス」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Tinker Tailor Soldier Spy」2011 UK/フランス/ドイツ ジョージ・スマイリーに「ザ・ウオーカー/2010」のゲイリー・オールドマン。 ビル・ヘイドンに「英国王のスピーチ/2010」のコリン・ファース。 パーシー・アレリンに「エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~/2005」「フロスト×ニクソン/2008」「ブッシュ/2008」のトビー・ジョーンズ。 ロイ・ブランドに「ミュンヘン/2005」「マリア/2006」「ゼア・ウイル・ビー・ブラッド/2007」のキアラン... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 18時12分

» ★裏切りのサーカス(2011)★ [Cinema Collection 2]
TINKER TAILOR SOLDIER SPY 一度目、あなたを欺く。 二度目、真実が見える。 上映時間 128分 製作国 イギリス/フランス/ドイツ 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/04/21 ジャンル サスペンス 映倫 R15+ 【解説】 1979年に英国BBCでドラマ化され...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 7日 (月) 10時40分

» 「裏切りのサーカス」気を抜くな! [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
元MI6諜報(ちょうほう)員の経歴を持つ作家ジョン・ル・カレによる人気スパイ小説を映画化した息詰まるサスペンスは、一瞬たりとも気が抜けない。 見ている側もスパイになって神経を尖らせている気分になる、最近にないどっしりと見応えバッチリな作品だ。... [続きを読む]

受信: 2012年5月 8日 (火) 08時43分

» トーマス・アルフレッドソン監督【裏切りのサーカス】Tinker Tailor Soldier Spy [映画雑記・COLOR of CINEMA]
※注・内容、台詞、もぐらについて触れています。ジョン・ル・カレの小説「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ( Tinker Tailor Soldier Spy )」を「ぼくのエリ 200歳の少女 [続きを読む]

受信: 2012年5月12日 (土) 12時17分

» ■『裏切りのサーカス』■ [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2011年:イギリス+フランス+ドイツ合作映画、トーマス・アルフレッドソン監督、ジョン・ル・カレ原作&製作総指揮、ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディ、ジョン・ハート、トビー・ジョーンズ、マーク・ストロング、ベネディクト・カンバーバッチ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月12日 (土) 22時31分

» 裏切りのサーカス (試写会) [風に吹かれて]
そして誰もいなくなった?公式サイト http://uragiri.gaga.ne.jp4月21日公開原作: ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ (ジョン・ル・カレ著/ハヤカワ文庫)監督: トーマ [続きを読む]

受信: 2012年5月13日 (日) 15時11分

» フランス・イギリス・ドイツ合作映画「裏切りのサーカス」、本格派スパイ映画。 [ひろの映画日誌]
おススメ度 ☆☆      ミステリーファン ☆☆☆☆ 題名から映画は想像できない。 サーカスとは、イギリス諜報機関M16のこと。 スパイ小説の大御所ル・カレの原作を映画化したものだが、彼に言わせると、新しいスパイ映画だという。 時代は東西冷戦下、イギリスと...... [続きを読む]

受信: 2012年5月13日 (日) 18時30分

» 『裏切りのサーカス』 [ラムの大通り]
(英題:Tinker Tailor Soldier Spy) ----やっとジョン・ル・カレ『裏切りのサーカス』だ。 この映画、よく「一度観ただけじゃ分からない」と言われているようだし、 えいもお手上げだったのかと…。 「う〜ん。 ある意味、そう取られても仕方ないのかな。 お話としては...... [続きを読む]

受信: 2012年5月13日 (日) 18時58分

» 裏切りのサーカス【2回目】 [コツコツと映画を観てます。]
今年初の2回目の鑑賞に行ってまいりました。 裏切りのサーカス【2回目】 まずは、前回(2012/4/27)の恥ずかしい「裏切りのサーカス」の感想を読んでからこちらを読んでいただけると、原作を読んで無い人は、この映画は、本当に2回観てから判断した方がいいと思うし、2回目の方が断然面白いと言うのが、伝わるかと思います。 前回もラストがスゲーかっこよかったと書きましたが、今回は物語の理解度も増し、最後の最後でかっこ良すぎて鳥肌が立ちましたよ!! 2回も同じ映画にお金使えるか!と憤り... [続きを読む]

受信: 2012年5月15日 (火) 03時21分

» 『裏切りのサーカス』 [beatitude]
東西冷戦下、英国情報局秘密情報部MI6とソ連国家保安委員会KGBは熾烈な情報戦を繰り広げていた。そんな中、英国諜報部<サーカス>のリーダー、コントロール(ジョン・ハート)は、組織幹部の中に長年にわたり潜り込んでいるソ連の二重スパイ<もぐら>の存在の情報を掴む。...... [続きを読む]

受信: 2012年5月16日 (水) 00時42分

» 裏切りのサーカス [ここなつ映画レビュー]
本当に中身が濃くて濃くて。ぎっしりと詰まった濃密な味わい。いやー、面白かった。早くも私の中で今年No.1の作品。前評判で、難解、一度観ただけでは判らない、登場人物が複雑、など言われていたので覚悟して行ったが、なんのなんの。確かに簡単な展開ではないけれど、例えば長くサラリーマンをやっていれば、派閥の複雑な人間関係、組織と裏切り、競合社とのコンペティションや裏取引や実はまさかの共存、など、理解できる部分が沢山あるので、慎重に観進めて行けば、よく判る作品だと言える。濃厚な事柄をひとつひとつ、謎解きを味... [続きを読む]

受信: 2012年5月25日 (金) 12時23分

» 『裏切りのサーカス』(R15+) 2度目の方がスリル満点だった! [コナのシネマ・ホリデー]
意外にも、本作で初めてアカデミー賞にノミネートされいたG・オールドマン。思い返せば、圧倒的な存在感を見せつけてきた評価の高い俳優だったにもかかわらず、たしかにアカデミー賞には無縁だった。その彼が初めてノミネートされたのだから、この作品は見逃せないでしょ。... [続きを読む]

受信: 2012年6月 3日 (日) 00時08分

» 裏切りのサーカス [I am invincible !]
Tinker Tailor Soldier Spy 公開中なので控えめに。 1970年代。東西冷戦の時代。 英国情報局秘密情報部(MI6)とソ連国家保安委員会(KGB)の水面下での戦いも、ますます加熱していた。 ある日、情報機関監視役のレイコン次官(サイモン・マクバーニー)は、諜…... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 18時26分

» [映画『裏切りのサーカス』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆東西冷戦下、英国の、対ソビエト諜報戦の物語。  主人公ジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)が属しているのは英国MI6で、話のメインが「英国諜報部(通称サーカス)内に潜む二重スパイを探し出す」であるので、  物語は、雰囲気的に、英国諜報部の「見...... [続きを読む]

受信: 2012年6月19日 (火) 20時57分

» 裏切りのサーカス    評価★★★68点 [パピとママ映画のblog]
ジョン・ル・カレの小説『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』を、「ぼくのエリ 200歳の少女」のトーマス・アルフレッドソン監督が映画化。英国諜報組織に潜むソ連の二重スパイを捜し出すために、引退生活から呼び戻されたベテランスパイの姿を描く。出演は「赤...... [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 00時03分

» 裏切りのサーカス [ダイターンクラッシュ!!]
2012年7月5日(木) 16:00~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:0円(フリーパスポート) 『裏切りのサーカス』公式サイト フリーパスポート4回目の利用開始。1本目。 おっさん達が多く出てきて、名前と顔は一致し難い上に、わざと判り難く作っているだろうという話の展開。 映像で見せないで、登場人物に語らせて説明が多い。 わざと難解な映画を作って、一人悦に浸っているとしか思えない。 あるいは、俺の頭が悪いかだ。 玄人筋に評価は高いし、英アカデミー賞も取っているのだが、俺にはひたすら眠い映... [続きを読む]

受信: 2012年7月 7日 (土) 23時54分

» 裏切りのサーカス [ダイターンクラッシュ!!]
2012年7月5日(木) 16:00~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:0円(フリーパスポート) 『裏切りのサーカス』公式サイト フリーパスポート4回目の利用開始。1本目。 おっさん達が多く出てきて、名前と顔は一致し難い上に、わざと判り難く作っているだろうという話の展開。 映像で見せないで、登場人物に語らせて説明が多い。 わざと難解な映画を作って、一人悦に浸っているとしか思えない。 あるいは、俺の頭が悪いかだ。 玄人筋に評価は高いし、英アカデミー賞も取っているのだが、俺にはひたすら眠い映... [続きを読む]

受信: 2012年7月 8日 (日) 14時46分

» 裏切りのサーカス [ダイターンクラッシュ!!]
2012年7月5日(木) 16:00~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:0円(フリーパスポート) 『裏切りのサーカス』公式サイト フリーパスポート4回目の利用開始。1本目。 おっさん達が多く出てきて、名前と顔は一致し難い上に、わざと判り難く作っているだろうという話の展開。 映像で見せないで、登場人物に語らせて説明が多い。 わざと難解な映画を作って、一人悦に浸っているとしか思えない。 あるいは、俺の頭が悪いかだ。 玄人筋に評価は高いし、英アカデミー賞も取っているのだが、俺にはひたすら眠い映... [続きを読む]

受信: 2012年7月 9日 (月) 00時26分

» 映画『裏切りのサーカス』を観て [kintyres Diary 新館]
12-38.裏切りのサーカス■原題:Tinker Tailor Soldier Spy■製作国、年:イギリス・フランス・ドイツ、2011年■上映時間:128分■字幕:松浦美奈■観賞日:5月14日、TOHOシネマズシャンテ □監督:トーマス・アルフレッドソン□原作:ジョン・ル・カレ◆ゲイリー・オ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月 9日 (日) 13時56分

» 裏切りのサーカス [Diarydiary! ]
《裏切りのサーカス》 2011年 イギリス/フランス/ドイツ映画 - 原題 - [続きを読む]

受信: 2012年9月13日 (木) 21時25分

» 裏切りのサーカス [いやいやえん]
これは確かに、何度か観ないと本旨が分からない作品かもしれないです。ストーリーはそれほど複雑化はしていないのですが、どの時点で解ったのかという点に関して、どうにも謎が残る1回目鑑賞。2回は見ないとですね... [続きを読む]

受信: 2012年11月18日 (日) 10時23分

» 裏切りのサーカス [象のロケット]
東西冷戦下、英国情報局秘密情報部MI6とソ連国家保安委員会KGBは熾烈な情報戦を繰り広げていた。 作戦の失敗により英国諜報部“サーカス”を去ることとなった老スパイ、スマイリーに、ソ連の二重スパイ“もぐら”を捜し出す密命が下される。 スマイリーは標的である組織幹部のティンカー(鋳掛け屋)、テイラー(仕立屋)、ソルジャー(兵隊)、プアマン(貧乏人)の4人を洗い上げていくが…。 スパイ・サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2012年11月19日 (月) 10時18分

» 『裏切りのサーカス』は押井守版サイボーグ009だ [映画のブログ]
 2009年、押井守監督は『サイボーグ009』の映画化を進めていた。  最終的に神山健治監督の『009 RE:CYBORG』(2012年)として結実した企画は、元々は押井監督の新作としてスタートしたのだ。  『サイボーグ...... [続きを読む]

受信: 2012年11月23日 (金) 16時44分

» 裏切りのサーカス [悠雅的生活]
潜入する標的。棄てきれない思い。ひとすじの涙。 [続きを読む]

受信: 2012年11月25日 (日) 16時31分

» 裏切りのサーカス [新・映画鑑賞★日記・・・]
【TINKER TAILOR SOLDIER SPY】 2012/04/21公開 イギリス/フランス/ドイツ R15+ 128分監督:トーマス・アルフレッドソン出演:ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディ、トビー・ジョーンズ、マーク・ストロング、ジョン・ハート 一度目、あなたを...... [続きを読む]

受信: 2012年11月29日 (木) 11時58分

» 裏切りのサーカス TINKER TAILOR SOLDIER SPY [映画の話でコーヒーブレイク]
一時期、海外の推理小説をよく読みました。 そんな時、助かるのが表紙カバーの折り返しに書かれた登場人物のプロフィール。 ちょっと間が空くて「この人誰だっけ?」になった時にチェック。 「そうだった、そうだった」とまたまたのめり込む、なんてことをやっていました...... [続きを読む]

受信: 2012年12月12日 (水) 11時05分

» 裏切りのサーカス [映画感想メモ]
リアルスパイは書類一つを手に入れるのも大変! いい加減あらすじ 英国諜報部・サー [続きを読む]

受信: 2012年12月25日 (火) 06時14分

» 裏切りのサーカス [Akira's VOICE]
何度も観たくなる。 [続きを読む]

受信: 2012年12月30日 (日) 12時24分

» 12-320「裏切りのサーカス」(イギリス・フランス・ドイツ) [CINECHANが観た映画について]
諜報部の欲しがる最重要機密を与えよう   英国のMI6とソ連のKGBが熾烈な情報戦を繰り広げていた東西冷戦時代。  英国諜報部<サーカス>のリーダー、コントロールは、長年組織に潜んでいるソ連の二重スパイ“もぐら”の情報を掴むも独断で作戦を実行して失敗、責任をとってサーカスを去る。  コントロールの右腕で彼とともに引退した老スパイ、スマイリー。  ある日、英国政府のレイコン次官から“もぐら”を突き止めろという極秘の指令が下る。ターゲットとなるのは、コードネーム“ティンカー”、“テイラ...... [続きを読む]

受信: 2013年2月 5日 (火) 01時34分

» 裏切りのサーカス [映画と本の『たんぽぽ館』]
人の行動を決定づけるものは“職務の使命感”ばかりではない             * * * * * * * * * 今作、実は私、昨年の公開時に劇場で見ました。 イギリス諜報機関が舞台とはいえ、かの007シリーズとは大違い。 くすんだ色調に、アクション...... [続きを読む]

受信: 2013年3月16日 (土) 18時06分

» 裏切りのサーカス 【映画】 [Balkan's Memorandum]
Tinker Tailor Soldier Spy 2011年 イギリス/フランス トーマス・アルフレッドソン(監督) ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディ、ジョン・ハート、トビー・ジョーンズ、マーク・ストロング、ベネディクト・カンバーバッチ、キアラン・ハインズ、デイヴィッド・デンシックほか... [続きを読む]

受信: 2013年6月22日 (土) 07時02分

» 裏切りのサーカス [B-scale fans log]
2011年 トーマス・アルフレッドソン監督     出演 ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、     トム・ハーディ 他 『東西冷戦下に英国諜報部「サーカス」に潜り込んだ  二重スパイを見つけ出すために、  引退したスパイに極秘裏に指令が下る。  膨大な...... [続きを読む]

受信: 2013年9月 1日 (日) 23時34分

» 映画『裏切りのサーカス』★緊迫感とオールドマンとハーディ&わかりにくさ?^^; [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158359/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 ≪イギリスの諜報機関(サーカス)に、20年間も潜んでいたソ連のスパイ=もぐらを暴くべく 元・諜報部員ジョージ・スマイリーは、策を講じる……≫ 原題は 『 Tinker T..... [続きを読む]

受信: 2014年1月30日 (木) 22時39分

» 『裏切りのサーカス』(2011) - Tinker Tailor Soldier Spy - [momoな毎日]
一度目、あなたを欺く。 二度目、真実が見える。 ■裏切りのサーカス - Tinker Tailor Soldier Spy -■ 2011年/イギリス・フランス/128分 監督:トーマス・アルフレッドソン 原作:ジョン・ル・カレ「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」 脚本:ブリジット・オコナー、ピーター・ストローハン 製作:ティム・ビーヴァン、エリック・フェル...... [続きを読む]

受信: 2015年1月18日 (日) 23時30分

» 裏切りのサーカス・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
スマイリーは笑わない。 東西冷戦たけなわの70年代を背景に、英国情報部“サーカス”に紛れ込んだ東側のスパイ“もぐら”の摘発を命じられた老スパイ、スマイリーの活躍を描く、第一級のスパイスリラー。 あの「007」と同じイギリスの情報機関、MI6に所属していた経歴をもつ、ジョン・ル・カレの傑作スパイ小説「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」を原作としているが、独特の雰囲気は損なわれて...... [続きを読む]

受信: 2015年1月20日 (火) 21時52分

» 裏切りのサーカス (Tinker Tailor Soldier Spy) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 トーマス・アルフレッドソン 主演 ゲイリー・オールドマン 2011年 フランス/イギリス/ドイツ映画 127分 サスペンス 採点★★★★ 「誰にも言わないで欲しいんだけどね・・・」と前置きされる話をよく女の人から聞かされるんですけど、“誰にも言わないで欲…... [続きを読む]

受信: 2016年4月21日 (木) 14時44分

» 裏切りのサーカス [映画三昧、活字中毒]
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞裏切りのサーカス/TINKER TAILOR SOLDIER SPY 2011年/イギリス、フランス、ドイツ/128分 監督: トーマス・アルフレッドソン 出演: ゲイリー・オールドマン/コリン・ファース/トム・ハーディ/トビー・ジョーンズ/マーク・ストロング 公開: 2012年04月21日 公式サイト 東西冷戦下の1973年、英国諜報部(サ...... [続きを読む]

受信: 2016年4月27日 (水) 03時54分

» 「裏切りのサーカス」(2011年、イギリス) [楽天売れ筋お買い物ランキング]
「裏切りのサーカス」(原題:TinkerTailorSoldierSpy)は、2011年のイギリス・フランス・ドイツ合作のスパイ映画です。元英国諜報員でスパイ小説の大家として知られるジョン・ル・カレの1974... [続きを読む]

受信: 2016年5月27日 (金) 02時47分

« 「ピザボーイ 史上最凶のご注文」 ほんとのほんとにB級映画 | トップページ | 「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ 」 シリアスな題材を心地よいユーモアで »