« 「裏切りのサーカス」 観ている側も頭をフル回転 | トップページ | 本 「数学的思考法 -説明力を鍛えるヒント-」 »

2012年5月 5日 (土)

「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ 」 シリアスな題材を心地よいユーモアで

黒人差別という社会問題を題材にしながらも、軽妙さ・ユーモアを爽快感も合わせ持つ快作です。
重すぎず、軽すぎず、考えさせながらも観ていて心地よい作品トーンを織り上げたのはテイト・テイラー監督。
ほとんど無名の監督ですが、いい作品を撮ってくれました。
本作では差別が題材になっています。
その一つが黒人差別です。
舞台となっている時代は60年代で黒人の公民権運動が活発となっていた時期です。
そして舞台はアメリカ南部のミシシッピー州で、黒人への差別が根強く残っていた地域になります。
主人公スキーターは大学を卒業し、地元の新聞社で家庭コラムを担当します。
しかし、取材をする中での同級生たちの黒人メイドに対する扱いについて、問題意識を感じ、それを本にしたいと活動を始めます。
しかし、メイドたちは、その状況について語ることを拒みます。
それはそうです。
語ったことが主人にばれてしまえば、首になり職を失うことになるからです。
しかし、黒人メイドのミニーの解雇を期に、エイビリーンというメイドが語り始めます。
こう書くと、えらく深刻な感じがするのですが、全体的にはそれほど重い感じはありません。
題材自体はシリアスでも、ユーモアでいい具合にくるまれているため、心地よく観ることができます。
監督が作った全体のトーンもそうですが、幾人かのキャラクターに寄るところもありましたね。
メイドのミニーが渦中の人でありながらも豪快さを失わないところ、また彼女と友情を結ぶ白人女性シーリアの底抜けの天真爛漫さ。
また悪役ヒリーの母親ミセス・ウォルターズが時折、放つ一言など。
このあたりのキャラクターが、作品全体の軽妙なバランスを作り上げていると思います。
それらを演じる出演者も良かったですよね。
主人公のスキーター役を演じるのは、エマ・ストーン。
ほとんど知らない女優さんでしたが、すごくいいです。
大きな眼をクリクリさせて、表情豊か。
お人形みたいなアマンダ・セイフライドをもっと一般人的にして親しみやすくしたような感じ。
今度の「アメージング・スパイダーマン」のヒロインに抜擢されているんですね。
今後の注目株でしょうか。
ミニー役のオクタヴィア・スペンサー、エイビリーン役のヴィオラ・デイヴィスも良かった。
あと悪役ヒリーのブライス・ダラス・ハワードはほんと小憎らしかったし、シーリアのジェシカ・チャスティンは無邪気な感じがすごく出てました。
このあたり主役もはれるクラスの女優さんを重要な役にあてているという、実は贅沢な感じがありますね。

冒頭で黒人差別を本作で取り上げられている差別の一つと書きました。
本作ではそれ以外の差別についても触れられています。
ひとつは女性差別です。
女性は家に入って子を産み、家を守るものだという伝統的な考え方は、当時の南部ではまだ多く残っていました。
スキーターは子供の頃のメイドのコンスタンティンから教わったこと、そして大学で味わった空気から、自分がやりたいことをやるという先進的な女性です。
けれど彼女の同級生たちは、そういうところはありません。
女性はこういうものだと差別を受けているにも関わらず、それに対して差別されているという意識ももたず自らそこに納まろうとしているわけです。
しかし彼女たちの中にも鬱屈したものもあるのかもしれません。
だからこそヒリーの攻撃は、彼女にとっての非差別対象である、ミニーなどの黒人メイドや、シーリア(貧民層出身)に向けられてしまったのでしょうか。
もう一つの差別は上流階級から、下流階級への差別です。
これはヒリーから見たシーリアになります(そこには私怨もありますが)。
ヒリーは女性差別を無意識的に受け入れてガマンしているのに、自分よりも立場が低い(と彼女が考えている)ミニーやシーリアが、そのクラス差を感じていないで行動していることにイライラしていたのでしょうね。
ヒリーと対象的なのは、シーリアでした。
シーリアはその生まれから黒人に対しての差別意識がほとんどない女性(彼女の生来の無邪気さというのはあるかと思いますが)。
シーリアの屈託のなさが、次第にミニーの白人への怒りを溶かしていくところはサイドストーリーではあるのですけれど、この作品の暖かさみたいなものをよく表していたところだと思います。

2時間半くらいの長尺の作品でしたが、まったく長さを感じさせない作品でした。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「裏切りのサーカス」 観ている側も頭をフル回転 | トップページ | 本 「数学的思考法 -説明力を鍛えるヒント-」 »

コメント

daisuki-jonnyさん、こんにちは!

僕もブライス・ダラス・ハワードは良かったなぁと。
本作の中での悪役を一手にひきうけてましたからね。
小憎らしい感じがなんとも。
彼女がいたからこそ、他のキャラクターも映えたというのがあると思いました。

投稿: はらやん | 2012年5月19日 (土) 11時03分

はらやんさん、こんばんは~♪
この作品、重いテーマであるものの、笑いもあって
良かったですね!
シーリアとミニーのお話、良かったです。

意地悪なヒリー役を演じたブライス・ダラス・ハワードも
憎たらしいのだけど、憎みきれない(笑)
シーリア役の方も助演でノミネートされていましたが、
このヒリーさんもノミネートされても良かったですよね♪
と思うほど、女優さん達皆さん、本当に素晴らしかったな~と思いました♪

投稿: daisuki-johnny | 2012年5月18日 (金) 21時51分

sakuraiさん、こんばんは!

本作は女優さんたちはよかったですよね。
すごく有名な人が出ていたわけでもないのですけれど、おっしゃるとおり役柄にはまっていました。
ミニー役のオクタヴィア・スペンサーはいろいろ賞もとっていますが、納得ですね。
差別っていうのはなかなか解決に時間がかかる問題ですが、こういうユーモアのあるお話だと人々の意識にもすっと入っていきやすいですよね。

投稿: はらやん | 2012年5月12日 (土) 23時25分

見てからずいぶん経ったのですが、女優陣のはまり具合とインパクトが大きくて、どの役柄の人も、はらやんさんの文章を読んで、鮮やかに浮かびました。
それぞれがその役で、見事にはまってたからでしょうねえ。
黒人差別に限らず、いろんな差別がちりばめられていましたね。げに人間は・・・なのですが、大した成長もしてないですね。。。人間は。

投稿: sakurai | 2012年5月12日 (土) 16時48分

こにさん、こんにちは!

様々な差別は現代でも少なからずありますからね、未だにまだ問題があるlことだと思います。
重要な題材なだけあって大マジメに取り上げると、ちょっと観るのに勇気がいったりするものですが、この映画のようにユーモアがある描き方だとすっと心の中に入っていきやすいですよね。
それで観終わった後、そういうことについてちょっと考えてみることができる映画かなと思いました。

投稿: はらやん | 2012年5月 6日 (日) 13時44分

こんにちは。
トラバありがとうございました。
「差別」そういう時代だった、というだけでは片付けられない問題ですよね。
生真面目なものより、この映画みたいにユーモアを交えて描いたほうが観る者の記憶に残りやすいかもしれませんね。

投稿: こに | 2012年5月 6日 (日) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/54637536

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ 」 シリアスな題材を心地よいユーモアで:

» ヘルプ 心がつなぐストーリー/The Help [LOVE Cinemas 調布]
キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを映画化。1960年代のアメリカ南部の田舎町を舞台に、1人の白人女性が黒人メイドの実態を取材して本にするまでを描いたヒューマンドラマ。主演は『ゾンビランド』のエマ・ストーンとヴィオラ・デイヴィス。共演にオクタヴィア・スペンサー、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャスティンらが出演。監督はテイト・テイラー。... [続きを読む]

受信: 2012年5月 5日 (土) 21時24分

» 「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」 [みんなシネマいいのに!]
 人種差別意識が根強く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人メイドたちの実 [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 09時55分

» "Don't Think Twice, It's All Right" テイト・テイラー監督『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』(THE HELP) [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。キャスリン・ストケットのデビュー小説「ヘルプ」の映画化『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』 監督はテイト・テイラー、出演はエマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタビア・... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 10時02分

» 映画・ヘルプ 心がつなぐストーリー [読書と映画とガーデニング]
2011年 アメリカ原題 THE HELP 146分という長さ睡眠不足で心配だったのですが最初から最後までスクリーンから目が離せませんでした 1960年代アメリカ南部奴隷制度など遠い過去の話と思われる時代に、州によって当然のように推し進められていた人種隔離政策大学を卒...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 10時24分

» 『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」□監督・脚本 テイト・テイラー □原作 キャスリン・ストケット □キャスト エマ・ストーン、ビオラ・デイビス、オクタビア・スペンサー、ジェシカ・チャステイン、       ブライス・ダラス・ハ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 12時29分

» ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜/THE HELP [いい加減社長の映画日記]
予告編を観て、なかなか面白そうで・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 60年代前半の米国南部の町ジャクソン。 大学を卒業して実家に戻ったスキーターは、生まれ故郷の保守的な町で旧態依然の人種差別が公然と行われていることにショックを受ける。 友人たち...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 13時17分

» ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 [to Heart]
製作年度 2011年 上映時間 146分 原作 キャスリン・ストケット 脚本 監督 テイト・テイラー 出演 エマ・ストーン/ヴィオラ・デイヴィス/オクタヴィア・スペンサー/ブライス・ダラス・ハワード/ジェシカ・チャステイン/アリソン・ジャネイ/シシー・スペイセク/シシリー・...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 13時46分

» ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [風に吹かれて]
○○食らえ!公式サイト http://disney-studio.jp/movies/help原作: ヘルプ 心がつなぐストーリー (キャスリン・ストケット著作/集英社文庫)作家志望のスキーター(エマ [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 13時47分

» 『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』・・・“I Have a Dream 私には夢がある” [SOARのパストラーレ♪]
第84回アカデミー賞において4部門(作品・主演女優・助演女優・助演女優)にノミネートされ、ミニー役のオクタヴィア・スペンサーが見事助演女優賞を受賞した本作。60年代アメリカの人種差別問題という重いテーマを描きながらもその作風はコミカルで力強く、希望や温かさにあふれる好印象の一本。... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 17時17分

» ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [あーうぃ だにぇっと]
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~@よみうりホール [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 19時44分

» ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 [新・映画鑑賞★日記・・・]
【THE HELP】 2012/03/31公開 アメリカ 146分監督:テイト・テイラー出演:エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャステイン、アリソン・ジャネイ、シシー・スペイセク、シシリー・タイソン、メ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 21時00分

» ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 [pure\s movie review]
2011年 アメリカ作品 146分 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン配給原題:THE HELPSTAFF監督・脚本:テイト・テイラー原作:キャスリン・ストケット『ヘルプ 心がつなぐストーリー』(集英社刊)CASTエマ・ストーン ヴィオラ・デイヴィス オクタヴィア・スペン...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 21時07分

» ヘルプ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ヘルプ 心がつなぐストーリー』をTOHOシネマズシャンテで見ました(注1)。 (1)本作については、この映画館を随分と利用しているために何回も予告編を見て、それで全部分かったような気になっていましたが、実際に見てみると、また予告編では味わえない面白さがあり...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 22時18分

» ヘルプ 心がつなぐストーリー / THE HELP [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click ヘルプとは、白人宅で働く黒人メイドのこと。 1960年代のアメリカ南部を舞台にしたベストセラー小説の映画化。 一人の白人女性によって綴られた、当時の黒人メイドたちの本音(心の声)が1冊の本になるま...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 22時52分

» 【映画】ヘルプ 心がつなぐストーリー [★紅茶屋ロンド★]
<ヘルプ 心をつなぐストーリー を見て来ました> 原題:The help 製作:2011年アメリカ 人気ブログランキングへ 凄く見たくて、試写会も当選してたんだけど体調不良で行けず… 公開してから劇場まで足を運びました。 第84回アカデミー賞で、オクタビア・スペンサーが助演女優賞を受賞し、公開前から話題にもなっていましたね! 1960年代のアメリカ、ミシシッピ州。 この時代、黒人と白人は今とは立場は違った。黒人女性は白人の上流階級へメイドとして働きに行き、子守は主に黒人女性たちだった。... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 22時59分

» ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜 [悠雅的生活]
女たちの決意。わたしの子供。パイ2切れ。 [続きを読む]

受信: 2012年5月 7日 (月) 00時16分

» 「ヘルプ」 予想と違う重厚感 [カサキケイの映画大好き!]
「ヘルプ」の予告編と黄色のイメージカラーから勝手な想像をしていたようです。 もっと軽やかで、ユーモラスな作品を予想していたのですが、 考えてみれば人種差別を中核に据えた作品ですよね、 軽妙なものになる筈も有りません、 結構ズッシリとそれなりに重さのある映画でした。 作品的には主人公のスキーターがもっともっと一人空回りするぐらいに 熱血的に動き回るのかと思いきや、 そういうわけでもありませんでしたね。 強引に感動を煽る事も無く淡々と黒人メイド達の置かれた状況を描く、 薄口な感じの... [続きを読む]

受信: 2012年5月 7日 (月) 00時27分

» ヘルプ 心がつなぐストーリー [映画と本の『たんぽぽ館』]
負の連鎖を断ち切るには・・・                         * * * * * * * * * * 1960年代。 アメリカ南部ミシシッピーが舞台です。 大学を出たスキーターは作家志望。 白人社会におかれた黒人メイド達の立場に疑問をい...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 7日 (月) 22時36分

» ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011)◇◆the Help  [銅版画制作の日々]
 彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。 好き度:=80点 東宝シネマズ二条にて鑑賞 もうもうウルウルもんです。涙と鼻水で顔がぐしゃぐしゃ状態でした。お隣の方も私と同じ(笑)ベタなお話だと思いますが、私大好きでしたよ。2時間30分弱の...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 8日 (火) 20時59分

» ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [ダイターンクラッシュ!!]
2012年4月1日(日) 17:40~ TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』公式サイト 1960年代、黒人公民権運動やキング牧師の頃、ミシシッピ州の黒人メイド(ヘルプ)の現実を、インタビューを通じて世に知らしめた若い大学卒業したばかりのジャーナリスト志望の娘の話。 主演の娘役エマ・ストーンが、目が大きくて、少し離れているというアマンダ・サイフリッド的な容姿で可愛い。 (所謂カエル系。相武紗季、田畑智子など) 何... [続きを読む]

受信: 2012年5月10日 (木) 23時45分

» ヘルプ 心がつなぐストーリー [迷宮映画館]
アメリカの三丁目は、きつい時代だった。 [続きを読む]

受信: 2012年5月12日 (土) 16時49分

» ヘルプ 心がつなぐストーリー       評価★★★★90点 [パピとママ映画のblog]
キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを映画化した感動のヒューマン・ドラマ。人種差別意識が根強く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、勇気ある行動で世の中に大きな波紋を投げかけた作家志望の若い白人女性とメイドとして働く黒人女性たちとの友情の軌跡を綴る。...... [続きを読む]

受信: 2012年5月13日 (日) 19時28分

» ★ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011)★ [Cinema Collection 2]
THE HELP 彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。 上映時間 146分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2012/03/31 ジャンル ドラマ 映倫 G 【解説】 キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを映画化した感動の...... [続きを読む]

受信: 2012年5月14日 (月) 11時27分

» ヘルプ~心がつなぐストーリー~ [りらの感想日記♪]
【ヘルプ~心がつなぐストーリー~】 ★★★★ 映画(祭)(16)ストーリー アメリカ南部、ミシシッピ州ジャクソン。上流階級に生まれ、黒人メイ [続きを読む]

受信: 2012年5月14日 (月) 20時15分

» アメリカ映画「ヘルプ」、黒人女性のヒューマン物語 [ひろの映画日誌]
おススメ度 ☆☆☆☆       ヘルプとは、家事手伝いのこと。 1960年、南部アメリカ。まだ、黒人差別が強かった時代。 白人は豪華な家に住み、大きな車を乗り回していた。一方、家事は、黒人に任せていた。特に、子守はまかせっきりで、子供は黒人に育てられた。 ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月16日 (水) 19時57分

» ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 [♪HAVE A NICE DAY♪]
あらすじ: アメリカ・ミシシッピ州。1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は“ヘルプ”と呼ばれていた。作家志望のスキーター(エマ・ストーン)はメイドの置かれた立場に疑問を抱き、彼女たちにインタビューをすることに。仕事を失うことを恐れて、皆が口...... [続きを読む]

受信: 2012年5月18日 (金) 21時47分

» ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [食はすべての源なり。]
ヘルプ 心がつなぐストーリー ★★★★☆(★4つ) 彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。 1960年代のアメリカ南部を舞台にした、ひとりの白人女性によって綴られた、“ヘルプ”と呼ばれる黒人メイドたちの“心の声”。 つい最近の話なのに、差別が野蛮人並。 暗い話を明るく描いているところが良作! ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月19日 (土) 20時14分

» ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 [そーれりぽーと]
人種差別が当たり前だった時代に、黒人メイドがタブーに挑んだ『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』を観てきました。 ★★★★★ 男性が立ち入る事の出来無い女性達のドロドロした人間関係を中心に、それだけでもハブったハブられたと恐い話なのにさらに人種差別問題と心の交...... [続きを読む]

受信: 2012年5月20日 (日) 12時54分

» 「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー」 [prisoners BLOG]
ミシシッピー州では白人の子育ては黒人の「ヘルプ」に任せっきりというのは、「風と共に去りぬ」にも見られるように「伝統的」なものらしい。 黒人を汚いもののように扱い、トイレも別にするくせに小さな子供をその汚いはずの黒人に任せるというのが実に奇妙に見える。 ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月21日 (月) 09時27分

» 『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』 ('12・初鑑賞43・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月7日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 15:30の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2012年6月16日 (土) 20時58分

» 『ヘルプ ~心がつなぐストーリー』 [・*・ etoile ・*・]
'12.04.29 『ヘルプ ~心がつなぐストーリー』@ヒューマントラストシネマ渋谷 『アーティスト』を見に行った時、tomocoさんと見たいねって話してて、GWに行ってきた。書くの遅くなったから、多分上映終わっちゃったね・・・ ネタバレありです! 「1960年代、作家志望のスキーターは大学を卒業し、故郷のミシシッピ州ジャクソンへ帰ってくる。南部の白人家庭では黒人メイドが家事や子守をしていた。スキーターもそんな家庭で育ったが、ヒドイ扱いを受けるメイド達の存在を知り、彼女達に取材し本を出版しよう... [続きを読む]

受信: 2012年6月17日 (日) 01時19分

» 映画『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』〜アカデミー賞受賞作品 [kintyres Diary 新館]
12-30.ヘルプ〜心がつなぐストーリー■原題:The Help■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:146分■字幕:石田泰子■観賞日:4月1日、新宿武蔵野館(新宿) □監督・脚本・製作総指揮:テイト・テイラー◆エマ・ストーン(ユージニア・スターキー・フェラン)◆ヴ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月29日 (日) 18時35分

» 『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』 そのいくつもの意味 [映画のブログ]
 なんて楽しい映画なのだろう。  ややオーバーアクション気味に豊かな表情を見せる役者たち、色鮮やかな街並みや衣裳の数々、恋人たちの背後に流れるオールディーズの歌声。いずれも映画の楽しさをいや増し...... [続きを読む]

受信: 2012年8月 4日 (土) 21時47分

» 12-194「ヘルプ 心がつなぐストーリー」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
怖いのは分離法じゃなく、視線です   アメリカ南部、ミシシッピ州ジャクソン。  上流階級に生まれ、黒人メイドに育てられた白人女性スキーター。作家志望の彼女は大学卒業後、地元の新聞社で家事に関するコラムの代筆を担当することに。  しかし家事に疎い彼女は、友人宅のベテラン黒人メイド、エイビリーンに相談する。  話を聞くうち、彼女たちが置かれた立場に違和感を覚え始める。そして、黒人メイドたちの証言を集めて本にしようと思い立つ。  ところがエイビリーンは、黒人が真実を口にするようなことが...... [続きを読む]

受信: 2012年9月20日 (木) 01時21分

» ヘルプ~心がつなぐストーリー~ [いやいやえん]
白人家庭と、そこで働く黒人家政婦。白人の黒人に対する偏見が酷かった事を痛感した。今でも勿論水面下ではあるんでしょうね。しかしユーモラスさを描写することによって、ただ悲惨な現状を告白するだけのお話には留まらなかったのは良かったように思う。黒人家政婦達の労働の実態と人種差別が明らかにされていきます。私たち日本人には理解し難い面が多いのですが、実態は酷く根深かったんですね。 それにしても、差別する割に、自分たち自身が彼女たちに育ててもらったり、自分の子供を抱かせたりキスする事には何の違和感も感じ... [続きを読む]

受信: 2012年10月 1日 (月) 09時29分

» ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 [ただの映画好き日記]
作家志望のスキーターは南部の上流階級に生まれ、黒人家政婦の存在が当たり前の地域社会で育ってきた。だが、大学から戻った彼女は、 [続きを読む]

受信: 2013年1月 3日 (木) 09時15分

» 映画『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』★深い感動:希望を願わずにいられない [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
映画レビューしました。(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id340956/rid27/p1/s0/c1/ 黒人差別の、ある局面を描いた作品です。 思うものあり、でも、重くなく、とても良かったと思います☆ (本当は、タイトルに、ク〇食らえ!を入れたかったのですが^^;自重しました) ..... [続きを読む]

受信: 2013年7月 6日 (土) 00時08分

» 【映画】ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜…二人ともスパイディの彼女だった(ヤッツケ映画観賞記録11) [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
先日、大切にしているウォーマシンのフィギュアが埃をかぶっていたので、エアダスターで掃除してあげようとしたら、間違ってゴキジェットプロ(※超強力)を浴びせてしまったピロEKです。慌てて洗いました(植毛されているフィギュアじゃなくて良かった)。 近況報告...... [続きを読む]

受信: 2013年10月14日 (月) 01時44分

« 「裏切りのサーカス」 観ている側も頭をフル回転 | トップページ | 本 「数学的思考法 -説明力を鍛えるヒント-」 »