« 本 「ちょんまげぷりん」 | トップページ | 「ポテチ」 口には出さない秘めた「想い」 »

2012年5月12日 (土)

本 「三匹のおっさん ふたたび」

有川浩さん「三匹のおっさん」の続編です。
こちらの作品は好きだったので、シリーズ化は歓迎です。
前作は三匹のおっさんこと、ご近所限定の見回りをやっている清一、重雄、則夫と、清一の孫の祐希、則夫の娘早苗が中心の物語でしたが、今回は前回に登場したサブキャラクターが中心となるエピソードがいくつかありました。
清一の義理の娘であり、祐希の母である貴子を主人公にしたエピソードは意外ではありましたが、有川さん的にはやってみたかったとのことです。
いいお話に仕上がっています。
本作でところどころ触れられていることについて、僕も個人的に思っていたことがあり、「やはりそうだよね」と思うことがありました。
前作や本作でも、礼儀や社会のルールを守れない若者に対して三匹たちが、指導するというエピソードがいくつかあります。
「最近の若者は・・・」というのは常套句で、確かに若者の中にはこういう社会性のない人がいるのは確かです。
ただそれが若者だけかというと、最近はそうでもない。
僕も「最近の年寄りは・・・」と言いたくなるようなことが何度もありました。
例えば込んでいる電車で、シートに座っている老人が荷物を脇のシートに載せたままで平然としていたりすることを何度も見ました。
荷物は抱えるなり、網棚に上げるなりすればいいわけです。
また込んでいる車内にでかいリュックを背負ったまま入ってくる、並んでいる列を無視して割り込んでくる。
若者であれば注意すればいいのですが、年寄りについては注意するのも憚られます。
年寄りだから優先されるのは当然の権利と思っているのでしょうか。
有川さんもそのあたりは気になっているようで、本作では若者だけでなく、大人、年寄りのマナーの悪さについても一刀両断しております。
子供の頃、「自分がやられたらイヤなことはするな」と教わりましたが、こういう意識にない人が世代を問わずに増えてきているように思います。
「最近の若者は・・・」と言う前に、まずは自分の振る舞いが大丈夫かと胸に手をあてることが大人には必要かもしれないですね。

前作「三匹のおっさん」のレビューはこちら→

「三匹のおっさん ふたたび」有川浩著 文藝春秋 ハードカバー ISBN978-4-16-381260-1

|

« 本 「ちょんまげぷりん」 | トップページ | 「ポテチ」 口には出さない秘めた「想い」 »

コメント

たいむさん、こんにちは!

そうなんですよね〜。
時々目を疑うような困ったちゃんがいて驚きます。

有川さんのシリーズ作品はこのところ、三部作が多いから、こちらのシリーズも次があるような気がしますよね。
ノリさんの再婚話あたりがありそうじゃないですか〜?

投稿: はらやん | 2012年5月27日 (日) 16時53分

>「最近の年寄りは・・・」
年長だからってすべてにおいて尊敬できるかってそうでもないし、過去の栄光とプライドで生きている人こそ困ったちゃんだったりもして、見極めが難しいですよね。

「3匹・・」のシリーズは、世代を超えて言いたい事が言えるという設定がすごく良いと思います。
各話のテーマも身近で、「みたび」登場してもらいたいものです、3匹にはw

投稿: たいむ | 2012年5月24日 (木) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/54689956

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「三匹のおっさん ふたたび」:

» 「三匹のおっさんふたたび」 有川 浩 [日々の書付]
「三匹のおっさん」の続編、「三匹のおっさんふたたび」読了! いやー、面白かった!(^^)今回もまた痛快でした。 キヨ、シゲ、ノリの幼馴染のアラ還三人のおっさんたちが、今回もご近所で起こる問題をが華麗に(?)解決。 しかし今回、ノリさんに見合い話が浮上! しかも三匹の偽物現る! 祭りは無事成功できるのか? 祐希と早苗の恋と受験の行方は? 前回は痴漢や小動物への虐待など悪質な犯罪行為が描かれていましたが、今回は万引き、違法ゴミ投棄などご近所トラブルが中心。しかし、身近な犯罪であれば... [続きを読む]

受信: 2012年5月13日 (日) 22時02分

» 『三匹のおっさん ふたたび』 有川 浩 〔著〕 [たいむのひとりごと]
3年ぶりに”3匹のおっさん”たちが帰って来た!雑誌の連載はひとつも手を付けずに待っていただけに、文字通り”待望の新刊”だ。今回も全6話で構成。ますます盛んに現代の身近な問題を3匹が斬りまくる・・・と思... [続きを読む]

受信: 2012年5月24日 (木) 21時56分

» 「三匹のおっさん ふたたび」/有川 浩 [京の昼寝〜♪]
「三匹のおっさん ふたたび」/有川 浩(文藝春秋) 有川 浩さんの小説、前作「三匹のおっさん」の続編です。図書館で予約し、半年経ってやっと順番が回ってきました相変わらずのおっさん三匹、キヨにシゲにノリ。それぞれの得意技を駆使して、前作同様ご近所のl...... [続きを読む]

受信: 2013年11月 8日 (金) 21時19分

« 本 「ちょんまげぷりん」 | トップページ | 「ポテチ」 口には出さない秘めた「想い」 »