« 「アーティスト」 映画の進化 | トップページ | 「ジョン・カーター」 ジョブズが観たらなんて言う? »

2012年4月 8日 (日)

「マイ・バック・ページ」 あの事件を思い出した

本作の舞台となる時代は69年の東大安田講堂事件から71年の朝霞自衛官殺害事件あたりまで。
僕も生まれたばかりの頃なので、その時代の記憶があるわけでもありません。
60年代の学生運動の頃というのは、その時代を知らぬ自分からすると、その時に日本全体が熱を持っていたような感じがします。
「政治の季節」とも言われるように、戦後復興から高度経済成長期に入り、ようやく戦後のいろいろな積み残しの問題に目が向いた時代であったのかもしれません。
60年代の学生は「戦争を知らぬ子供たち」であったため、より敗戦国となった日本が戦後受け入れた施策について、素直に問題点を指摘できたのでしょうか。
しかし本作で描かれる時代はそのような「政治の季節」も終わりを告げようとしていました。
熱病のようなエネルギーは去り、世の中は「しらけの時代」へと移っていくのです。
本作の登場人物の中でキーマンとなるのは、松山ケンイチさんが演じる梅山です。
時代の熱は冷めつつある中で、梅山は「遅れてきた世代」であり、時代の残熱を自身の中に持ち、闘争・行動を叫びます。
しかし、彼が60年代を生きた学生ほどに世の中を変えられるという自信と希望を持っていたかというと疑問が出てきます。
彼が行う学生同士の論争を見ても、彼が明確なビジョンを持っているようには思えません。
ビジョン達成のための闘争や行動があるのではなく、その手段が目的化しているように見えます。
「革命家」である自分に酔うという感じですね。
まさに彼は前の世代の熱病を自分の中に取り込んでしまい自家中毒というか、自分酔いという状態になっていたように感じます。
これは彼がとか、この時代の若者がということではなく、そもそも若者というものは自分に酔うという性質のものではあるのではあるのですが。
けれども不幸にしてと言っていいと思いますが、彼はある種のカリスマ性を持っていたのでしょうか、数人の仲間は彼の考えに共感し、「過激派」めいた行動を共にします。
彼のカリスマ性が、自家中毒であったものを周りの人々へも影響を与えてしまうこととなったわけですね。
梅山に影響を受けた一人が主人公沢田(妻夫木聡さん)です。
彼は世代的には60年代に学生だったようですが、学生闘争とは一歩距離を置いていたと思われます(いあゆるノンポリといったところだったのでしょうか)。
しかしその距離感は、彼の中で後ろめたさのようなものになっていたような感じもします。
その後ろめたさのようなものがあったからこそ、梅山の影響を受けてしまうこととなったのだと思います。
梅山という人物を本作で観ていたときに、思い浮かべたのはオウム真理教の麻原彰晃でした。
彼もまた自分酔いといったような状態になり、そして類いまれなカリスマ性で周囲の人々、そしてまったく無関係の人々の運命を狂わせることとなったのです。
梅山と麻原の共通点は、社会との断絶であると思います。
オウムの場合は、周囲から迫害されているという妄想により、自ら社会との関係性を断ち切りました。
梅山の場合は社会の中にいますが、彼の強固な自信とプライドが、周囲の人々の意見を聞くことができないという点で、社会と断絶していると言えます。
この断絶が、自分の中で生み出された毒に自分自身が侵され、さらにはその毒が濃縮化されていくということにつながったのだと思います。
そして彼らの磁力圏内にいる人々もまた毒に侵されるのです。
本作でも、梅山が作った計画にのり、自衛隊駐屯地に侵入し行きずりの自衛官を殺してしまうことになる柴山という学生がいますが、彼はオウム事件の実行犯を連想させます。
すべての事件が発覚したところで、その首謀者が自分の罪の自覚がなく、配下の者が勝手にやったことだと責任逃れをするところも同じですよね。
監督の山下敦弘さん、脚本の向井康介さんは共に、この作品の時代には生まれていませんでした。
けれどそれをリアリティを持って描くことはできたのは、オウム事件のことがイメージとしてあったのではないかなと思ったりしました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「アーティスト」 映画の進化 | トップページ | 「ジョン・カーター」 ジョブズが観たらなんて言う? »

コメント

ほし★ママさん、こんにちは!

学生運動の世代というのは、どちらかというと理屈がたっているけれどもそれに行動がついていけていない、頭でっかちなイメージがありますね。
行動を起こしたとしても暴力といったところになるので、なにかしら子供っぽさも感じます。
それは高度経済成長の時代がうみだした歪みみたいなものを若者が敏感に感じていたのだからかもしれません。
いつの時代も若者はその時代を反映しているような気がします。

投稿: はらやん | 2012年4月21日 (土) 14時53分

若い監督がなぜこの時代を描こうと思ったのか?と言う疑問は
自分なりに解釈しましたが
なぜ描けたのか?と言う疑問には
はらやんさんが答えて下さいました。

シラケ世代ですが、前の世代を良く思っていない私は
忽那さん演じる倉田の言葉に心の中で拍手しました。

投稿: ほし★ママ | 2012年4月16日 (月) 17時46分

rose_chocolatさん、こんばんは!

僕も山下監督は好きです。
本作で描かれている時代は熱狂が過ぎ去って、残熱が残っているような感じですよね。
その最後の熱に沢田も、梅山自身も踊らされてしまったように感じました。
ほんと巻き込まれた人々はかわいそうでした。
それだけ梅山にカリスマ性があったということなのでしょう。
彼が捕まってからも自分は悪くないというスタンスをとっていたのは、彼自身、自分の言うことに騙されてしまうタイプであったのかもしれません。

投稿: はらやん | 2012年4月 9日 (月) 22時17分

去年の邦画の中でも結構お気に入りだった作品です。
山下監督のスタンスが好きなのかも。

この時代・・・ 熱に踊らされてしまった人も多かったんじゃないでしょうか。
この映画にも出てくるけど、結果的に巻き込まれた人が気の毒でした。

投稿: rose_chocolat | 2012年4月 9日 (月) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/54424686

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイ・バック・ページ」 あの事件を思い出した:

» マイ・バック・ページ [LOVE Cinemas 調布]
作家・評論家の川本三郎が自らの体験を綴った同名の回想録を映画化。1969年から72年と言う学生運動が終わりに近付いた時期を舞台に、雑誌記者と活動家の出会いから破滅までを描く。主演は『悪人』の妻夫木聡と『ノルウェイの森』の松山ケンイチ。共演に忽那汐里、中村蒼ほか若手ベテラン共に実力派が揃った。監督は『天然コケッコー』の山下敦弘。... [続きを読む]

受信: 2012年4月 8日 (日) 22時33分

» 『マイ・バック・ページ』 (2011) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督: 山下敦弘 出演: 妻夫木聡 、松山ケンイチ 、忽那汐里 、石橋杏奈 、韓英恵 公式サイトはこちら。 またまた鑑賞してから半月以上経過してしまいました。 原作未読。 これはジャーナリスト川本三郎氏の、ほぼ自伝なんですね。 読んでみたくなりました...... [続きを読む]

受信: 2012年4月 9日 (月) 00時52分

» 「マイ・バック・ページ」 [prisoners BLOG]
原作は十年以上前に読んだ。大きく映画と違うのは一人称で描かれているため接触する自称活動家がただの口先男なのか、それとも本物の活動家なのかなかなか判断できず、そのため物的証拠を要求して、血のついた腕章を預かったことがあとで結果として警察によって証拠隠滅と...... [続きを読む]

受信: 2012年4月10日 (火) 05時10分

» 映画レビュー「マイ・バック・ページ」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
マイ・バック・ページ (妻夫木聡、松山ケンイチ出演) [DVD]◆プチレビュー◆現実と理想の狭間で揺れる若者たちの苦い挫折の物語。妻夫木聡vs松山ケンイチの演技合戦は見応えがある。 ... [続きを読む]

受信: 2012年4月10日 (火) 21時37分

» 『マイ・バック・ページ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「マイ・バック・ページ」□監督 山下敦弘 □脚本 向井康介□原作 川本三郎 □キャスト 妻夫木 聡、松山ケンイチ、忽那汐里、中村 蒼、韓 英恵、長塚圭史、あがた森魚、三浦友和■鑑賞日 6月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★...... [続きを読む]

受信: 2012年4月10日 (火) 21時51分

» 勘違い男の暴走。『マイ・バック・ページ』 [水曜日のシネマ日記]
1969年から1972年を舞台に左翼思想の学生と雑誌記者の関係を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2012年4月11日 (水) 06時57分

» マイ・バック・ページ/妻夫木聡、松山ケンイチ [カノンな日々]
私の大好きな『リンダ リンダ リンダ』その他いろいろの山下敦弘監督が実話ベースの社会派作品を手がけたというだけでもちょっと驚きでしたけど、その主演が妻夫木くんに松山ケン ... [続きを読む]

受信: 2012年4月11日 (水) 09時31分

» マイ・バック・ページ #33 [レザボアCATs]
11年、日本 監督:山下敦弘 プロデューサー:青木竹彦、根岸洋之、定井勇二 原作:川本三郎 脚本:向井康介 撮影:近藤龍人 音楽:ミト、きだしゅんすけ 美術:安宅紀史 編集:佐藤崇 VFXスーパーバイザー:小田一生 主題歌:真心ブラザーズ、奥田民生 妻夫木聡   : 沢田 松山ケンイチ : 梅山 忽那汐里   : 倉田眞子 石橋杏奈  : 安宅重子 韓英恵   : 浅井七恵 中村蒼   : 柴山洋 長塚圭史  : 唐谷義朗 古舘寛治  : 中平武弘 あがた森魚 : 飯島(... [続きを読む]

受信: 2012年4月11日 (水) 18時55分

» マイ・バック・ページ #33 [レザボアCATs]
11年、日本 監督:山下敦弘 プロデューサー:青木竹彦、根岸洋之、定井勇二 原作:川本三郎 脚本:向井康介 撮影:近藤龍人 音楽:ミト、きだしゅんすけ 美術:安宅紀史 編集:佐藤崇 VFXスーパーバイザー:小田一生 主題歌:真心ブラザーズ、奥田民生 妻夫木聡   : 沢田 松山ケンイチ : 梅山 忽那汐里   : 倉田眞子 石橋杏奈  : 安宅重子 韓英恵   : 浅井七恵 中村蒼   : 柴山洋 長塚圭史  : 唐谷義朗 古舘寛治  : 中平武弘 あがた森魚 : 飯島(... [続きを読む]

受信: 2012年4月11日 (水) 20時49分

» マイ・バック・ページ [映画的・絵画的・音楽的]
 『マイ・バック・ページ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)こうした40年ほども昔の、それも学生闘争という特殊な事柄を扱った映画なら、入りがかなり悪いのではと思っていたところ、日曜日に見たせいかもしれませんが、吉祥寺の映画館でもかなり観客が入ってい...... [続きを読む]

受信: 2012年4月12日 (木) 05時13分

» マイ・バック・ページ [花ごよみ]
監督は山下敦弘。 川本三郎のノンフィクションの映画化。 キャストは妻夫木聡 、松山ケンイチ、忽那汐里、 石橋杏奈、中村蒼、あがた森魚、三浦友和… あるジャーナリストの、 衝撃的な過去の出来事を描いています。 1969年、沢田(妻夫木聡)と関わった 活動家、梅山...... [続きを読む]

受信: 2012年4月12日 (木) 23時16分

» 山下敦弘・監督『マイ・バック・ページ』Have You Ever Seen The Rain? [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。川本三郎がジャーナリスト時代の経験を記したノンフィクション『マイ・バック・ページ』を『リンダ リンダ リンダ』『松ヶ根乱射事件』『天然コケッコー』の山下敦弘監督が映画化。... [続きを読む]

受信: 2012年4月13日 (金) 13時45分

» マイ・バック・ページ [ダイターンクラッシュ!!]
2011年6月7日(火) 15:20~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:1300円(シネマイレージデー) パンフレット:未確認 『マイ・バック・ページ』公式サイト 団塊の世代の若い頃。全共闘とかの左翼運動にまつわる話。 俺の学生時代に、キャンパス内でハンガー・ストライキを強行した「今時新左翼かよ!」な友人がいた。 御茶ノ水でヘルメットにサングラスとマスクの奴が近づいてきたので「やばい!」と思ったら、署名運動中のそいつだった。署名はしてやらなかった。 その後、転向して普通の人になっ... [続きを読む]

受信: 2012年4月14日 (土) 12時47分

» 『マイ・バック・ページ』 [beatitude]
1969年。理想に燃えながら新聞社で週刊誌記者として働く沢田雅巳(妻夫木聡)は、激動するldquo;今rdquo;と葛藤しながら、日々活動家たちを追いかけていた。それから2年、取材を続ける沢田は、先輩記者・中平武弘(古舘寛治)とともに梅山(松山ケンイチ)と名乗る男...... [続きを読む]

受信: 2012年4月14日 (土) 14時28分

» 『マイ・バック・ページ』 [千の天使がバスケットボールする]
内務官僚の父をもち、麻布高校から東京大学法学部に入学。卒業後は朝日新聞社に入社。 ところが入社して3年目の秋、過激派グループ「赤衛軍」による「朝霞自衛官殺害事件」で犯人隠匿及び証拠隠滅の罪により逮捕され、容疑を認めたため、会社は、即日懲戒免職となった。...... [続きを読む]

受信: 2012年4月14日 (土) 19時43分

» 山下敦弘監督の「マイ・バック・ページ」を観た! [とんとん・にっき]
まったく偶然ですが、朝日新聞6月4日のbe on Saturdayの「逆風満帆」に、川元三郎について書いてありました。妻の恵子との合い言葉「ツーストライク、ノーボール」がその記事のタイトルでした。「朝日新聞を馘首になってから、一番世話になった」という東大時代の友人、松本... [続きを読む]

受信: 2012年4月15日 (日) 00時47分

» 『マイ・バック・ページ』 [ラムの大通り]
※ネタバレ注:ラストに触れています。 ----これは、フォーンも一緒に観た映画。 えいが、とても観たがっていたし、 じゃあ、付き合ってみようかと…。 でも、ニャんだか複雑な顔してたね。 「うん。 これって、原作が川本三郎氏。 彼の実体験に基づいた話だよね。 観てい...... [続きを読む]

受信: 2012年4月15日 (日) 22時30分

« 「アーティスト」 映画の進化 | トップページ | 「ジョン・カーター」 ジョブズが観たらなんて言う? »