« 「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」 ライダーと戦隊のカンケイ | トップページ | 本 「スティーブ・ジョブズ」 »

2012年4月22日 (日)

「ももへの手紙」 手描きアニメーションについて考えた

アニメーションというのは不思議な表現形態だと思います。
まさに画が動くというのがアニメーションなわけなのです。
最近はCGが発達し、3DCGアニメというジャンルが確立してきました。
技術の進化により、実写映画が3DCGアニメに限りなく近づいたり(「アバター」とか)、逆に3DCGアニメが実写に近づいたり、その境目が曖昧になっています。
ただそこに共通してあるのは「リアル化」なんですよね。
想像力で生まれたものを目に見えるものとして「リアルに」見せることを行っています。
ですのでそういった映画に出てくる想像力で生みだされた産物(クリーチャーでも、異世界でも)はどれだけ「リアルに見えるか」ということが評価になっているわけですね。
想像の産物をリアルにすることにより、実写的な世界に馴染ませるといった感じですね。
けれど、もともとアニメーションというのは「動くマンガ」が出発点であり、マンガにしてもアニメにしても、「リアル化」というよりは「抽象化」「簡略化」している作業なわけです。
そもそもアニメーションというのは「リアル化」というものとは別のベクトルを持っているわけです。
最近日本のアニメーションは手描き表現の見直しが起こっているような気がします。
宮崎駿監督の「崖の上のポニョ」などもそうですし、「時をかける少女」の細田守監督の作品もそんな感じがします(全然コンピュータを使っていないわけではないですが)。
こういう従来のアニメーションは現実の世界をある種の「簡略化」で画にするわけです。
ですので想像の産物を、実は同じ世界に取り込みやすい。
それは「ポニョ」にしても、本作についてもそう。
「ポニョ」を実写でとったとした場合の気持ち悪さを想像してみてください。
いくら実写でポニョがリアルに表現されたとしても、それは受け入れにくいだろうとういうのは想像に難くありません。
本作の妖怪たちもそうですね。
この物語で展開されるのはとてもリアリティがある題材です。
父親であり夫であった人を、亡くした娘と母親がそれを受け入れ生きていこうと思うまでの物語です。
これは実写でも撮れる題材だと思います。
しかしそこに妖怪たちが絡んでくる。
これを実写でやった場合を想像すると、いくら妖怪がリアルに描けたとしても(そもそもそれが正しいか)とても安っぽいものになるのはわかります。
抽象化されたアニメーションというものは、心情的なリアル感を保ちつつも、妖怪のような想像の産物(ポニョなどもそう)を取り込みやすいという表現方法なのですね。
本作を観ていて思ったのは、人の描写、当然これは抽象化されたキャラクターなわけですが、その仕草、動き、表情にリアリティがあるなということです。
これはキャプチャーしたからリアルというのではなく、誇張された表現でありながらもそこにリアル感、肌感を伴う表現ができているという感じがしました。
また本作はキャラクターが動く舞台となる背景がとにかくきれいです。
これもいうなれば単なる画なわけですが、そこには街の息吹のようなもの、風の流れのようなものを感じられます。
このあたりのキャラクターのアニメーション、背景画というのは日本のアニメーションが元々もっていたものだと思いますが、これがまた見直されているように感じたのです。
肌感のある表現ができる抽象的なアニメーションだからこそ、妖怪のような想像の産物が同じ世界にいても違和感がない。
リアリティすら感じる。
このリアリティとイマジネーションの同居といったものは、実写・3DCGが目指しているのとは違った方向としてありうる選択肢だと思いました。

お話はとても良い話で、すなおにジンとくるものがありました。
というよりけっこう感動してしまったのですが、妖怪などがでていながらも普通にももやその母親の感情がリアルに感じられ、これはどうしてなんだろうと考えた次第です。
ちょっとうまくまとめられていないですけれど・・・。
今後、考えていってみたいと思います。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」 ライダーと戦隊のカンケイ | トップページ | 本 「スティーブ・ジョブズ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/54536002

この記事へのトラックバック一覧です: 「ももへの手紙」 手描きアニメーションについて考えた:

» 『ももへの手紙』| 派手さはないけれど、ていねいに作られた良品でした。 [23:30の雑記帳]
(ネタバレあります!) 観終わったとき、温かな感動がこみあげてきました。 瀬戸内海の小島に、母親(優香)と共に移り住んできた少女もも(美山加恋)と、 島の人たちとの交流 ... [続きを読む]

受信: 2012年4月22日 (日) 23時33分

» ももへの手紙 [LOVE Cinemas 調布]
父を亡くした母と娘が瀬戸内海の島へと移り住む。そこで少女は不思議な妖怪3人組と出逢うのだった…。『人狼 JIN-ROH』の沖浦啓之監督が7年の歳月をかけて完成させた長編アニメーション。作画監督に『千と千尋の神隠し』の安藤雅司、作画を『AKIRA』の井上俊之や『猫の恩返し』の井上鋭らが担当する。声優は美山加恋、優香、西田敏行、山寺宏一、チョーらが務める。... [続きを読む]

受信: 2012年4月25日 (水) 22時16分

» 映画 「ももへの手紙」 [ようこそMr.G]
映画 「ももへの手紙」 [続きを読む]

受信: 2012年4月25日 (水) 23時36分

» ももへの手紙 [象のロケット]
父を事故で亡くした小学6年のももは、母いく子と二人で東京から瀬戸内海・汐島へ引っ越してきた。 慣れない古い一軒家で留守番をしていると、冷蔵庫の中のプリンが食べられていたり、ももの名前をつぶやく声がしたりと不思議なことが起こり始める! その正体はイワ、カワ、マメという妖怪三人組。 彼らは江戸時代の絵本の一種“黄表紙”に封印されていたというのだが…。 ファンタジーアニメ。... [続きを読む]

受信: 2012年4月26日 (木) 00時00分

» 試写会「ももへの手紙」 [日々“是”精進! ver.A]
大切な想いを、伝えたい… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204120003/ 劇場アニメーション ももへの手紙 オリジナルサウンドトラック サントラ flying DOG 2012-04-25 売り上げランキング : 77332... [続きを読む]

受信: 2012年4月26日 (木) 05時53分

» ももへの手紙 [映画、言いたい放題!]
最初、興味がなかった作品ですが、 私が好きな押井守氏の作品が多い、 プロダクションI.Gの作品だということで興味を持ちました。 試写会で観ました。 父親を亡くした11歳の宮浦ももは、 母いく子と瀬戸内の汐島にやってきた。 ひどい言葉を吐いて、 それが父親との最後... [続きを読む]

受信: 2012年4月26日 (木) 12時44分

» 映画「ももへの手紙」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ももへの手紙」観に行ってきました。沖浦啓之監督が7年の製作期間をかけて完成させた、120分長編アニメーション作品。今作は本来、2012年4月21日に劇場公開される... [続きを読む]

受信: 2012年4月27日 (金) 07時50分

» 『ももへの手紙』・・・父の想いと父への想い [SOARのパストラーレ♪]
興味はあったものの劇場鑑賞は躊躇していた本作を結局初日鑑賞。その感想を一言で表すならずばり、「観てよかった!」である。 [続きを読む]

受信: 2012年4月27日 (金) 21時56分

» ももへの手紙 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
ももへの手紙 (角川文庫)クチコミを見る少女の心の成長を優しいタッチで描くアニメーション「ももへの手紙」。リアルとファンタジーのブレンド具合が絶妙。11歳の少女・ももは、父 ... [続きを読む]

受信: 2012年4月27日 (金) 22時05分

» "もも"とオジサン“妖怪3人組” 沖浦啓之監督『ももへの手紙』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。沖浦啓之監督が約12年ぶりに手掛けた劇場用長編第2作『ももへの手紙』(製作はプロダクションI.G)。声の 出演は美山加恋、優香、西田敏行、山寺 宏一、チョー。主題歌はサザ... [続きを読む]

受信: 2012年4月27日 (金) 22時20分

» ももへの手紙/美山加恋、優香 [カノンな日々]
『人狼 JIN-ROH』で世界の注目を集めたという沖浦啓之監督が7年の製作期間をかけて完成させたおよそ12年ぶりになる劇場用長編第2作です。父を亡くし母と二人で東京から瀬戸内の小さな ... [続きを読む]

受信: 2012年4月27日 (金) 23時03分

» 『ももへの手紙』 (2011) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督: 沖浦啓之 出演(声): 美山加恋 、優香 、西田敏行 、山寺宏一 、チョー 試写会場: 角川映画試写室 公式サイトはこちら。 映画レビューサイト・cocoさんのご招待で行ってきました。 当日はピンクのものを身に着けると特典があるということでピンクの...... [続きを読む]

受信: 2012年4月28日 (土) 05時44分

» ももへの手紙 (試写会) [風に吹かれて]
手紙の続きは...公式サイト http://momo-letter.jp4月21日公開小学校6年生の夏、もも(声:美山加恋)は母(声:優香)に連れられて、瀬戸内海に浮かぶ汐島に移り住む。「ももへ」とだ [続きを読む]

受信: 2012年4月28日 (土) 14時09分

» 「ももへの手紙」 [みんなシネマいいのに!]
 父を亡くし、母と2人で東京から瀬戸内の小さな島へとやって来た11歳のもも。 彼 [続きを読む]

受信: 2012年4月29日 (日) 08時57分

» 「ももへの手紙」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2012年・日本/配給:角川映画 監督:沖浦啓之 原案:沖浦啓之 脚本:沖浦啓之 脚本協力:藤咲淳一、長谷川菜穂子 キャラクターデザイン:安藤雅司、沖浦啓之 作画監督:安藤雅司 企画:石川光久、池田宏... [続きを読む]

受信: 2012年5月 1日 (火) 01時47分

» ももへの手紙       評価★★★65点 [パピとママ映画のblog]
父から遺された一通の手紙を胸に、瀬戸内海の島へと移り住んだ少女の不思議な日々を描くアニメーション。監督は「人狼 JIN-ROH」の沖浦啓之。声の出演は「いま、会いにゆきます」の美山加恋、「女たちは二度遊ぶ」の優香、「はやぶさ HAYABUSA」の西田敏行、「マジック...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 3日 (木) 13時10分

» 『ももへの手紙』 [beatitude]
ldquo;ももへrdquo;とだけ書かれた手紙を遺し、11歳の宮浦もも(声:美山加恋)の父は天国に旅立ってしまった。「ほんとうはなんて書きたかったの?」と心ない言葉をぶつけ、仲直りしないまま父を亡くしたももは、その想いを抱えたまま、母いく子(声:優香)と瀬戸...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 4日 (金) 02時07分

» 『ももへの手紙』 ('12・初鑑賞53・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 5月3日(木・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 13:15の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2012年5月 4日 (金) 21時12分

» ももへの手紙 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
母と瀬戸内海の小島に引っ越してきた少女が島で出会った三人の妖怪たちと交流して、死に別れた父とのわだかまりを捨て去り母との信頼関係を再構築する物語だ。瀬戸内の自然を背景に不思議な妖怪との心温まる交流が繰り広げられるのだが、謎の部分が簡単に説明されて物語に緩... [続きを読む]

受信: 2012年5月 4日 (金) 22時29分

» 「ももへの手紙」 [NAOのピアノレッスン日記]
〜気がつけば、私、ひとりじゃなかった。〜2012年  日本映画   (2012.04.21公開)配給:角川映画        上映時間:120分監督:沖浦啓之原案&脚本:沖浦啓之作画監督:安藤雅司音楽:窪田ミナ主題歌:原 由子  『ウルワシマホロバ 〜美しき場所...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 8日 (火) 09時48分

» ももへの手紙 [映画と本の『たんぽぽ館』]
島の風土に癒されて                  * * * * * * * * *  小学6年生の少女ももは、ケンカして和解しないまま父親を事故で亡くしました。 その後、母のいく子と共に親戚のいる瀬戸内海の汐島に越してきます。 父は「ももへ」とだ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月12日 (土) 19時22分

» ももへの手紙 [コツコツと映画を観てます。]
2012/5/18(金)に、ユナイテッドシネマとしまえんで鑑賞した2本目です。 ももへの手紙 解説:『人狼 JIN-ROH』で世界の注目を集めた沖浦啓之監督が、7年の製作期間をかけて完成させた感動の長編アニメーション。父から遺(のこ)された一通の手紙を胸に、瀬戸内海の島へと移り住んだ少女が体験する驚きに満ちた日々を生き生きと描き出す。作画監督に『千と千尋の神隠し』の安藤雅司があたり、作画を『AKIRA』の井上俊之や『猫の恩返し』の井上鋭らが担当する。肉親との離別を体験した主人公の再生のド... [続きを読む]

受信: 2012年5月22日 (火) 00時08分

» 映画『ももへの手紙』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
どんな経緯で応募したのかも忘れていたのですが 地元のシネコンから試写会当選通知が届き 『ももへの手紙』(公式サイト)を [続きを読む]

受信: 2012年6月20日 (水) 21時12分

» ももへの手紙 [ここなつ映画レビュー]
恥ずかしながら、初めて瀬戸内海の風景をリアルで見たのは社会人になってからです。ゆっくりと着陸しようとする飛行機の窓から見れば、午後の柔らかい日差しが島々を照らし、思わず「大和しうるわし」と呟いてしまいました。「大和」でないことは百も承知ですが。青垣がたたなづんでいるのを間近で見た訳でもないのですが。けれど、イザナギとイザナミが矛の先からぽたぽたと垂らした雫が島になっている、そんな風景が眼下に広がり、「国のまほろば」とはここの場所ではないだろうか?と思った次第です。 そして今回観に行ったこの「も... [続きを読む]

受信: 2012年6月29日 (金) 13時15分

» ももへの手紙 [Diarydiary! ]
《ももへの手紙》 2012年 日本映画 父親が亡くなり東京から瀬戸内の汐島へ越し [続きを読む]

受信: 2012年7月18日 (水) 20時54分

» ももへの手紙 [銀幕大帝α]
12年/日本/120分/ファンタジー・ドラマ/劇場公開(2012/04/21) −監督− 沖浦啓之 −絵コンテ− 沖浦啓之 −原案− 沖浦啓之 −脚本− 沖浦啓之 −主題歌− 原由子『ウルワシマホロバ 〜美しき場所〜』 −制作− プロダクション I.G −声の出演− *美山加恋・・・宮浦もも ...... [続きを読む]

受信: 2012年10月27日 (土) 00時31分

» ももへの手紙 [いやいやえん]
「ももへ」とだけ書かれ遺された父からの手紙。その真意はついにわからずじまいだった小学6年生のももは、瀬戸内海の田舎へと越してくる。ももは田舎に来た事を不満に思っていて、田舎との交流にも消極的。そんな中、三人組の妖怪たちと出会う…。 突如現れた奇妙な三人組の妖怪たち、イワ、カワ、マメ。妖怪ではなく実は「ソラ」の見守組。どうして私についてくるの?どうして他のみんなには見えないの?ももは、彼らの奔放で奇異な行動に振り回されながらも、次第に打ち解けていくと同時に島での生活に慣れていきます。 不満... [続きを読む]

受信: 2012年11月24日 (土) 09時36分

» ももへの手紙 : ももへの手紙 : THE.瀬戸内海ムービー [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日は、幾分寒さも和らぎ瀬戸内の冬っぽい一日でした。こんな日は、こんな瀬戸内が舞台のこちらになります。 【題名】 ももへの手紙 【製作年】 2012年 【製作国】 日本 [続きを読む]

受信: 2012年12月15日 (土) 00時20分

» 映画『ももへの手紙』★1枚の便箋が1通の手紙になるとき [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
映画レビュー(ネタバレ表示)です。 http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id340427/rid93/p1/s0/c1/ 人と人をつなぐ“手紙”がタイトルになっているので、興味を感じました。 出てくる妖怪のお行儀に 問題はありますが ^^; (妖怪は、人が抗え..... [続きを読む]

受信: 2013年7月25日 (木) 22時26分

» ももへの手紙 [のほほん便り]
ちょっと地味だけど、背景となった瀬戸内の風景が美しい、とても丁寧に描かれた佳作アニメーションでした。強いていえば、ちょっと「となりのトトロ」と「千と千尋の神隠し」を混ぜたようなオハナシだなぁ、と感じましたが、もののけ、というか妖怪達が、食いしん坊で、結構・悪さもする、お茶目なところが、面白かったです。でも、彼等との友情のおかげ。ヒロイン・もも(本当に小学校高学年らしい雰囲気が出た体型や仕草で、これも観察眼に感動)は思い残しである、父親へのお詫びが通じたし、母親の危機も助かってヨカッタですね。あの台風... [続きを読む]

受信: 2015年3月23日 (月) 08時18分

» ももへの手紙 TBS(3/22) [ぬる~くまったりと]
あらすじ心ない言葉をぶつけ、仲直りしないまま父を事故で亡くした小学6年生のもも。父が遺した手紙には“ももへ”とだけ書かれていた。「ほんとうはなんて書きたかったの?」ももはその想いを抱えたまま、母・いく子と瀬戸内の小さな島「汐島」に移り住む。 東京と違う生活に慣れず戸惑う中で、ももはある日不思議な妖怪に出会う。イワ、カワ、マメ…“見守り組”の彼らは、食いしん坊でわがまま、でも愛嬌たっぷり。そして彼らには、ある大切な使命があった。 一方いく子は、もものために明るく振舞いながら、忙しい日々を送っていた。も... [続きを読む]

受信: 2015年5月14日 (木) 20時43分

« 「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」 ライダーと戦隊のカンケイ | トップページ | 本 「スティーブ・ジョブズ」 »