« 「ストロベリーナイト(テレビシリーズ)」 意外なキャスティングだったがピタリとはまった | トップページ | 「ウルトラマンサーガ」 諦めない勇気 »

2012年3月24日 (土)

本 「ジェノサイド」

昨年の「このミステリーがすごい!」の国内編で第1位をとった高野和明さんの作品です。
レビュアーの多くも絶賛しているので興味がありましたが、やっと読みました。
みなさんが「おもしろい!」というのも納得のエンターテイメント小説ですね。
高野さんの作品は今までも江戸川乱歩賞をとった「13階段」、「クライヴディッカー」「K・Nの悲劇」「幽霊人命救助隊」と読みましたが、どれもおもしろかったですね。
コンスタントにおもしろい小説を発表される作家さんだと思います。
それらの作品に比べても本作「ジェノサイド」はスケール感が圧倒的に大きく、いろいろな要素を盛り込んでいながらも破綻をしていないという感じがします。
本作は読んでいるとさまざまなエンターテイメント小説、映画などで取り上げれた要素が入っています。
感染力の高い謎のウイルス、サイバー攻撃、人類の進化、情報機関による陰謀などなど、それぞれの要素で一本作品ができるのではないかというネタがふんだんに織り込まれています。
そしてそういうネタの映画や小説はいくつも今までもあって、本作でそういう要素が出てくると今まで観たり読んだりした作品のような展開になるのかなと思ったりすると、本作ではまったく違った展開になっていくのです。
あまりこのあたり詳しく書くとネタバレになってしまうので、これはぜひ読んでご確認いただきたいなと思います。
本作はエンターテイメント映画、小説を観たり読んでいる人ほど、いい意味で裏切られ「なるほど、こうきたか」と唸るということになると思います。
ボリューム的にはかなりある作品ですが、そういう予想とは違う展開が出てくるので先が読めず、どんどんページを繰るスピードが速くなってしまう作品だなと。
気持ちよくハッピーエンドで終わっているので、読後感もいいです。
ボリュームのある作品を読み終わると疲れたりしますが、そういう疲れも感じませんね。
一気に読み切ってしまうという感じでした。
上級のエンターテイメント小説ですね。
読んでいると映画を観ているような臨場感を感じたのですが、改めて高野和明さんのプロフィールを調べてみると、若い頃は映画監督を志していたのですね。
なるほど、納得です。

「ジェノサイド」高野和明著 角川書店 ハードカバー ISBN978-4-04-874183-5

|

« 「ストロベリーナイト(テレビシリーズ)」 意外なキャスティングだったがピタリとはまった | トップページ | 「ウルトラマンサーガ」 諦めない勇気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/54295438

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「ジェノサイド」:

» ジェノサイド [Akira's VOICE]
高野和明 著  [続きを読む]

受信: 2012年3月25日 (日) 11時47分

» 本「ジェノサイド」 [<花>の本と映画の感想]
ジェノサイド 高野和明 角川書店 2011年3月 ジェノサイド/高野 和明 ¥1,890 Amazon.co.jp... [続きを読む]

受信: 2012年3月25日 (日) 21時52分

» ジェノサイド [どくしょ。るーむ。]
著者:高野 和明 出版:角川書店 感想: すでに本年度No1と呼び声の高い高野和明さんの『ジェノサイド』。評判通り、綿密に構築された壮大なスケールの作品でした。 物語は三つのグ ... [続きを読む]

受信: 2012年3月26日 (月) 19時59分

» ノンストップ娯楽大作! [笑う社会人の生活]
小説「ジェノサイド」を読みました。 著者は 高野 和明 いや〜 これは面白かった! まさにエンタテイメント大作といった感じで けっこうな文量 大作ながら 最後まで一気に、ダレルことなく読ませますね 父の遺言から巻き込まれる学生の奮闘、そして 製薬作り コンゴの...... [続きを読む]

受信: 2013年8月29日 (木) 11時52分

» 【ジェノサイド】高野和明 [こんな本を読んだ]
書店で山積みになっているのを見かけ、気になって手に取った一冊。 フレデリック・フォーサイスもののような雰囲気が漂う作品で、最後まで一気に読んでしまった。 物語は、アメリカと日本、そしてコンゴとで展開される。 イエーガーは元米軍人で、今は民間軍事会社に勤…... [続きを読む]

受信: 2013年9月 1日 (日) 21時24分

« 「ストロベリーナイト(テレビシリーズ)」 意外なキャスティングだったがピタリとはまった | トップページ | 「ウルトラマンサーガ」 諦めない勇気 »