« 本 「ジェノサイド」 | トップページ | 「僕達急行 A列車で行こう」 ライフスタイルは人それぞれ »

2012年3月24日 (土)

「ウルトラマンサーガ」 諦めない勇気

こちらの作品、約1年ぶりのウルトラマンの劇場版になります。
登場するウルトラマンは直近の2作品「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」で中心となっているウルトラマンゼロ、そして平成ウルトラマンと呼ばれるウルトラシリーズから、ウルトラマンダイナとウルトラマンコスモスとなります。
僕はメビウスを除く平成ウルトラマンのウルトラシリーズはまったく観ていませんので、昭和のウルトラマンに持っているような思い入れがほとんどありません。
最近の映画でもダイナやティガも出てきていましたが、昭和ウルトラマン(とメビウス)とは全く作品世界が違うにも関わらず登場するので、個人的には無理矢理感を感じていました。
作品世界といっても観ていないのであまり理解していませんが。
知っているのはコスモスが怪獣を倒さないウルトラマンというくらいかな。
ですので、本作はゼロとダイナとコスモスが出るということであまり思い入れのないウルトラマンなので、あまり期待せずに観に行きました。
AKBメンバーが出るということで話題にもなりましたが、前田敦子さんくらいしか顔がわからないのでこちらにも思い入れなし。
映画が始まってしばらくは、ちびっ子たちがでてきたり、AKBメンバーによる女性だけの防衛隊(チームU)とか出てきて、「うーん、これはやはりファミリー向け、アイドル好き向け映画なのかしらん」と思いながら観ていました。
しかし、行方不明になっているウルトラマンダイナ=アスカの話がでてくる中盤くらいから、俄然ストーリーが盛り上がっていきます。
ゼロに変身する能力を持つことになった主人公タイガはピンチになっても変身しようとしません。
彼が幼い頃に怪獣に襲われたときダイナが人々を助けたのですが、彼の両親は命を落としてしまいました。
タイガはそれから自分の力だけ生きる、そして自分の力だけで人々を守るというように思うようになったのです。
そのため彼はゼロの力を使おうとしないのです。

ダイナを慕う子供たちやチームUのメンバーの話から、ダイナを観ていない僕にも、アスカは人々を守るということを揺るぎない勇気をもって行っていた男だということが伝わってきます。
またコスモス=ムサシは怪獣を倒さずに、慈愛の心で怪獣を救うウルトラマンであるということも描写されます。
ダイナが勇気、コスモスが優しさというヒーローが持つべき心を象徴しているように思いました。
そしてまたチームUのメンバーは本物の地球防衛隊ではなく、ただの素人であったということがわかります。
彼女たちはバット星人の侵略により逃げてきた子供たちに出会い、彼らを安心させるために地球防衛隊だと嘘をつくのです。
しかし彼女たちはその嘘を実現しようとします。
子供たちを守ろるために彼女たちは素人ながらも戦い続けてきたのです。
けれども3人のウルトラマンたち、そしてチームUも最強の怪獣ゼットンによって敗北させられます。
しかし負けてもダイナ、コスモスは再度立ち上がり、そしてまたゼロ=タイガも同じように諦めずに立ち上がるのです。
この作品はタイガが、ダイナ=勇気、コスモス=優しさという精神を自分のものとし、人々を守りたいと言う気持ち、そして諦めない心の力を得るという物語となっています。
そしてまたそれはタイガだけの話ではなく、ただの普通の一般人であったチームUのメンバーも同じように諦めない気持ちを持つということも描いています。
このチームUの存在が本作品では実は大きいかと思いました。
この数年のウルトラマンの映画は、ウルトラマン自身を主人公にするという形が多く、それはややもすると「着ぐるみショー」的な雰囲気を醸し出すことに繋がっていきます(前作はけっこうそういう感じがしました)。
しかし本作はタイガ、そしてチームUという人間が物語の中心にきているため、感情移入できる共感できるドラマとなっていたと思います。
ラストでゼロが地球を離れる時、人々が戻ってきた日本列島に灯がともっていきます。
カメラは次第にズームアップしていくのですが、普通は東京辺りにいくところをそのズームの先は東北地方でした。
久しぶりに人間が中心になった物語であること、「諦めない」がキーワードとなっていたこと、未曾有の災害のあとの人々へのメッセージなのかなと感じました。
本作はこの数年で最も出来のよいウルトラシリーズの劇場版であると思います。

前作「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「ジェノサイド」 | トップページ | 「僕達急行 A列車で行こう」 ライフスタイルは人それぞれ »

コメント

KLYさん、こんにちは!

そうですね、やはり「ウルトラマン」が与えてくれるのは負けない心、勇気ですから。
自分も子供の頃、「ウルトラマン」を観て、そういう気持ちを学んだかもしれません。
今の作り手はそういう世代が作っているから、なおさら原点にかえったのかもしれませんね。
「ウルトラマン」は「仮面ライダー」より子供たちも幾分年齢層が低めだからか、やっぱり僕が観に行った劇場でもやかましかったですけれどね。

投稿: はらやん | 2012年3月25日 (日) 13時42分

劇場では子供たちが大喜びでした。
公式のブログをみると被災地でも子供たちが大喜びだった模様です。
ウルトラマンという作品の最大の使命は今も昔も変わらずそれは“子供を喜ばすこと”
だと思うのです。その意味で作り手は今回自分たちの役割に、初心に戻ったという
ことなのかもしれません。
隣でとにかく喋り捲る子供にはまあちと参ったんですけどね^^;
でもま、この映画の主たる観客は彼らですから、今回ばかりはまあいいやと(笑)

投稿: KLY | 2012年3月25日 (日) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/54298766

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウルトラマンサーガ」 諦めない勇気:

» ウルトラマンサーガ/ハイパーゼットンとサーガの戦いは見もの! [LOVE Cinemas 調布]
ウルトラマンゼロ、ウルトラマンダイナ、ウルトラマンコスモスの3人が、侵略され人類が殆ど滅亡している地球に集結。最強の敵ハイパーゼットンとの戦いに立ち上がる。3人のウルトラマンをDAIGO、つるの剛士、杉浦太陽が、そして地球防衛隊の隊員にAKB48から秋元才加、宮澤佐江らチームUが参加、更に黒部進、森次晃嗣、団時朗らレジェンドたちも登場している。... [続きを読む]

受信: 2012年3月25日 (日) 00時01分

» ウルトラマンサーガ [りらの感想日記♪]
【ウルトラマンサーガ】 ★★★★ 映画(祭) (14)ストーリー かつて人類が栄華を極めた惑星、地球。しかしバット星人により人々は消されてし [続きを読む]

受信: 2012年3月28日 (水) 22時34分

» 『ウルトラマンサーガ』 ('12・初鑑賞38・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7 にて 14:10の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2012年3月31日 (土) 11時11分

» ウルトラマンサーガ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
ウルトラマンサーガ オリジナルサウンドトラッククチコミを見るパラレルワールドを舞台にウルトラマンが大活躍する「ウルトラマンサーガ」。中途半端なサイズのウルトラマンが笑 ... [続きを読む]

受信: 2012年4月 1日 (日) 09時51分

» 『ウルトラマンサーガ』(2011) [【徒然なるままに・・・】]
ウルトラシリーズ45周年記念作品第2弾、そしてシリーズ初の3D映画。 ウルトラマンゼロをメインにした作品としては3本目にあたる。 何者かの呼びかけに応え次元を超えたウルトラマンゼロは、そこで同じように別世界から来たスーパーGUTSの新米隊員タイガ・ノゾムと出会い、瀕死の彼と一心同体となった。 彼らがやってきたのはバット星人によって実験場とされ、殆どの人間が消えてしまった別次元の地球で、チームUという若い女性だけの地球防衛隊が、僅かに残った子どもたちを守って暮らしていた。 そこへバット星人... [続きを読む]

受信: 2012年4月 1日 (日) 18時26分

» 「ウルトラマンサーガ」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 約一年ぶりとなる劇場版ウルトラマン最新作。バット星人によって人類のほとんどが消滅した別宇宙の地球「フューチャーアース」を舞台に、ウルトラマンゼロ、ダイナ、コスモスが、残された子供達の未来を守るために敢然と悪に立ち向かう。  ヒーローものらしくメッセージ... [続きを読む]

受信: 2012年4月 2日 (月) 19時47分

» ウルトラマンサーガ [ダイターンクラッシュ!!]
2012年4月1日(日) 15:05~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 『ウルトラマンサーガ』公式サイト ミラーマン(ミラーナイト)、ファイヤーマン(グレンファイヤー)、ジャンボーグA(ジャンボット)とチームを結成した筈のウルトラマンゼロだが、単独で戦っており、ウルトラマンダイナらしき者に地球に召喚された。同じく召喚されるのはウルトラマンコスモスで、メビウスはついにクビになってしまった。それにしても何故コスモスなのだろう。杉浦太陽にフォローの風... [続きを読む]

受信: 2012年4月18日 (水) 01時08分

» 映画『ウルトラマンサーガ』| DAIGOが素晴らしいです。 [23:30の雑記帳]
主演のDAIGOが良かったです。それに尽きます。 役者としての才能にも恵まれていると思いました。 コメディからシリアスものまで何でもいけそうですし、 更なる大化けに期待します ... [続きを読む]

受信: 2012年4月19日 (木) 23時30分

» ウルトラマンサーガ/DAIGO、杉浦太陽、つるの剛士 [カノンな日々]
付き合いで観に行くことになりました。でもウルトラマンの映画は以前に観たことがあって面白かったですし、キャスティングに興味を惹かれるとこもあって関心がなかったわけじゃな ... [続きを読む]

受信: 2012年4月30日 (月) 08時58分

» ウルトラマンサーガ(日本) [映画でココロの筋トレ]
ウルトラマンの映画を観るのは初めて。 「ウルトラマンサーガ」を子どものお付き合いで観てきました。 ( → 公式サイト  ) 出演:DAIGO、杉浦太陽、つるの剛士、黒部進、森次晃嗣、団時朗 上映時間:90分  地球はバット星人によって無人化していた。わず... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 01時30分

« 本 「ジェノサイド」 | トップページ | 「僕達急行 A列車で行こう」 ライフスタイルは人それぞれ »