« 「ドラゴン・タトゥーの女」 偏執狂な人々 | トップページ | 「逆転裁判」 劇場型裁判 »

2012年2月11日 (土)

「はやぶさ 遥かなる帰還」 淡々としてる

日本中が熱狂した「はやぶさ」プロジェクトの映画化作品です。
本作は東映作品ですが、「はやぶさ」については昨年の秋にFOXの「はやぶさ/HAYABUSA」が公開され、また春には松竹の「おかえり、はやぶさ」が公開予定となっています。
堤監督の「はやぶさ/HAYABUSA」は、そのときのレビューにも書きましたが、「はやぶさ」を実際にみながそう感じていたように擬人化し、また架空のJAXAの広報担当というキャラクターを主人公にすえるということを行っていました。
これについては作品に観客が感情移入しやすくし、また映画としてもドラマティックにするということで、個人的にはうまい手法であったなと思っています。
それに対して本作「はやぶさ 遥かなる帰還」については、基本的に実際の出来事を丹念に追っていくという正統派の作りとなっています。
実際の「はやぶさ」プロジェクト自体が十分にドラマティックであり、感動を呼び起こすものであったので、最後は当然のことながらじんとくるというところはあります。
ただ先に「はやぶさ/HAYABUSA」を観ていると、映画としてのドラマティックさではやや負けるかなと思いました。
事実を淡々と追うというところに、映画としては少々もの足りなさを感じました。
「プロジェクトX」的なドキュメンタリーほどの迫真のリアリティというところまでもいっていなかったかと思います。
「はやぶさ/HAYABUSA」の手法については「あざとい」という評価をする方もいるかと思いますので、どちらが好きか嫌いかは好みが分かれるところかとは思いますが。
もの足りなさを感じるところは、登場人物たちの感情が比較的淡々としていたというところもあるかもしれません。
実際のところは、プロジェクトメンバーは科学者の集団であり、困難な事態になっても冷静に理性的に対応していたかもしれないので、こういうほうがリアリティはあるのかもしれませんが、やはり映画としてはややもの足りないかなと。
唯一感情のぶつかり合いが起こるのは、イオンエンジンの開発担当の藤中教授と、NECのエンジニア森内が満身創痍となった「はやぶさ」のイオンエンジンの運用について対立するところでしょうか。
この場面は「はやぶさ」の最大の危機という局面で、映画として登場人物の感情としても盛り上がりを作るという意図であったのかもしれません。
ただ個人的にはこのときの森内が反対する理由が、正直言ってまったく共感できなかったので興ざめしてしまったのですね。
森内が反対する理由は、藤中がやろうとしていることはイオンエンジンの本来の運用方法と異なる使い方であるということです。
彼は想定していなかった本来と違う使い方をするということに反対しているのです。
しかし、こういうプロジェクトに限らず、仕事のおいては想定しなかったことというのは度々起こるものです。
そういうとき、何を本来目指すべきなのかという本質的なところに立ち返り、マニュアルに書いていないことでも実行するということが必要になります。
時間や手段がない中でよりベターな手を選択できる判断力、決断力、そして限られたリソースの中で最良の結果をだそうとする知恵と工夫ということがそういう場面では必要です。
渡辺謙さん演じるプロジェクトマネージャーはそういう力を持つ人物として描かれていましたが、森内についてはプロジェクト全体を広くみるという姿勢に欠け、自分の担当のことだけにこだわる狭隘な感じを受けたため、映画として盛り上がる場面で個人的には盛り下がってしまったのです。
こう感じるのは、自分が仕事をしていても、自分の部署のことだけしか関心がない人とか、あまりにマニュアルにこだわりすぎる人とかいたりして、辟易してしまうことあったりするからかもしれませんけれど。
最後はちょっと脱線気味でしたが、「はやぶさ/HAYABUSA」との比較で言うと、個人的には感情移入度は低く、映画にぐっと入り込んでいけなかったかなと感じました。

春公開の「おかえり、はやぶさ」は3Dという荒技できますので、「はやぶさ/HAYABUSA」よりもフィクション度が高いのではないかと予想しています。

「はやぶさ/HAYABUSA」のレビューはこちら→

「おかえり、はやぶさ」のレビューはこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ドラゴン・タトゥーの女」 偏執狂な人々 | トップページ | 「逆転裁判」 劇場型裁判 »

コメント

sakuraiさん、こんにちは!

ちょっとドラマ性が足りなかったですよね。
ドキュメンタリーにも徹しきれていなかったですし。
ワーナー版はそのあたりは割り切っていて、「はやぶさ」を題材にしたフィクションとしてうまく作っていたと思います。
わかりやすくもありましたし。
松竹版は、子供でもわかりやすくがコンセプトなんですね。
それはそれで違った切り口ですね。
だから春休み公開なのか・・・。

投稿: はらやん | 2012年2月26日 (日) 16時51分

謙さんが、力入れて出演し、復興の力に!!などという話を聞いたもんで、これは応援のつもりで行ったんのですが
>事実を淡々と追うというところに、映画としては少々もの足りなさを感じました。
そう思いました・・。
前作見てないんで、理屈もよくわかっていず、見る者の立場としては、申し訳ないのですが、やけに難しい選択と対立ばかりが目立ったような気がしましたです。
松竹版は、子供でもわかるはやぶさ・・らしいので、見ようかと思ってます。

投稿: sakurai | 2012年2月26日 (日) 14時52分

ほし★ママさん、こんばんは!

プロジェクトのリアリティを描こうとしたのでしょうね。
「はやぶさ/HAYABUSA」は「はやぶさ」を題材にし、映画としての物語性をあげた感じがありましたが、それに比べるとドラマティックな感じは薄かったですよね。
そして、やはりあのNECの社員の振る舞いが気になったのですよね。

投稿: はらやん | 2012年2月12日 (日) 21時40分

全く同じ感想でした。
素晴らしい人たちを、わざわざ魅力のないエゴイストのように
描かなくてもいいのに~と、思ってしまいました。

>フィクション度が高いのではないかと
そうですね!
予告でも、次作は子どもが「はやぶさ」に乗っていましたから~。

投稿: ほし★ママ | 2012年2月12日 (日) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/53957778

この記事へのトラックバック一覧です: 「はやぶさ 遥かなる帰還」 淡々としてる:

» はやぶさ 遥かなる帰還 [こみち]
JUGEMテーマ:邦画nbsp;   ドキュメンタリーぽい映画でしたが、本編とあまり関係のない nbsp; 東出博と井上真理の家族のことには、ぐっときましたね。 nbsp; あまり儲かっていないが、自分のやりたいことに nbsp; 執着する町工場の社長。そして、バツイチ小学生の息子が居る nbsp; 新聞記者の娘。社員はどんどん辞めていく中、部品のサンプル nbsp; を製造... [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 21時06分

» はやぶさ 遥かなる帰還 [象のロケット]
2003年、十数年の歳月を費やして開発された小惑星探査機「はやぶさ」を搭載したM-V-5ロケットが、鹿児島県内之浦宇宙空間観測所から飛び立った。 その目的は小惑星イトカワから石や砂を採取し、地球へ持ち帰ること。 それは太陽系の起源や地球の起源を探る上で貴重な資料となる。 しかし宇宙でのミッションはトラブルの連続で、プロジェクトチーム内でも不協和音が出始めるのだが…。 「はやぶさ」7年間の軌跡。... [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 23時09分

» はやぶさ 遥かなる帰還 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
はやぶさ 遥かなる帰還 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る決してあきらめない日本の研究者たちの意地と誇りに感動する「はやぶさ 遥かなる帰還」。かりんとうをかじる ... [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 23時13分

» 映画「はやぶさ 遥かなる帰還」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「はやぶさ 遥かなる帰還(以下「遥かなる帰還」)」観に行ってきました。 2003年5月9日に打ち上げられ、2010年6月13日にサンプルを地球に投下して消滅した、小惑星探査機「はやぶさ」とその開発・運用に関わった人々の実話を元に製作されたドラマ作品。 小惑星探査機「はやぶさ」に関する行程やトラブ... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 00時52分

» 試写会「はやぶさ 遥かなる帰還」 [日々“是”精進! ver.A]
はやぶさに、夢を乗せて… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202090002/ はやぶさ 遥かなる帰還 オリジナル・サウンドトラック 辻井伸行 avex CLASSICS 2012-02-08 売り上げランキング : 19 Amazo... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 06時37分

» 『はやぶさ 遥かなる帰還』・・・順繰り [SOARのパストラーレ♪]
M-Vロケットに搭載され打ち上げを待つはやぶさ内部をボアスコープが巡るオープニング。最初にアップになる電子基盤上の小さな部品こそが、後にイオンエンジン全停止というプロジェクト最大の危機を救うことになるクロス運転回路のダイオードだ。次いでボアスコープはX軸のリアクションホイールも映し出す。 宇宙に飛び立つはやぶさがこの先体験する様々な出来事にかかわってくるこうした部品たちを最初に見せるアイデアにまず惹かれた。... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 08時16分

» はやぶさ 遥かなる帰還 [LOVE Cinemas 調布]
2010年6月13日に約7年の期間を経て地球へと戻ってきた小惑星探査機<はやぶさ>プロジェクトの道のりを描いた作品。主演を務めるのは日本が誇る世界の渡辺謙だ。共演に江口洋介、夏川結衣、小澤征悦といった実力派が顔を揃えている。監督は『星守る犬』の滝本智行。多くの困難を知恵と勇気で乗り切るスタッフたちの姿に感動と元気を貰える作品だ。... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 14時34分

» はやぶさ 遥かなる帰還 [Akira's VOICE]
その信号は未来への架け橋。パルス!   [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 14時47分

» 『はやぶさ 遥かなる帰還』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
関連映画を4作総て観て、超×2微力ながら 「新はやぶさ計画」の後押しをしたい…などと言ったものの やはり予算は削られてし [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 17時28分

» はやぶさ 遥かなる帰還 [勝手に映画評]
2010年6月13日地球帰還を果たした工学技術実証衛星「はやぶさ(MUSES-C)」。それを描いた実写映画。第一弾は、2011年に竹内結子主演で『はやぶさ/HAYABUSA』。これは、第二弾映画となります。はやぶさを描いた映画はもう一作『おかえり、はやぶさ』が予定されています。 ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 18時22分

» はやぶさ 遥かなる帰還 [だらだら無気力ブログ!]
個人的には、『はやぶさ/HAYABUSA』 > 『はやぶさ 遥かなる帰還』かな。 [続きを読む]

受信: 2012年2月13日 (月) 00時51分

» 映画「はやぶさ 遥かなる帰還」感想 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
NECの基盤が映る。 物語はそこから始まる。 乱立したはやぶさの映画の中で、おそらくこれが一番「皆が見たかった部分」を形にした映画ではないだろうか。偉業の影での人々の葛藤。人間の物語。渡辺...... [続きを読む]

受信: 2012年2月13日 (月) 05時15分

» はやぶさ 遥かなる帰還 [ハリウッド映画 LOVE]
監督:滝本智行出演:渡辺 謙、江口洋介、夏川結衣、小澤征悦、中村ゆり、吉岡秀隆、石橋蓮司、藤 竜也、山崎 勉・・・なんで同じような作品が3本も・・・? [続きを読む]

受信: 2012年2月14日 (火) 17時35分

» 『はやぶさ 遥かなる帰還』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「はやぶさ 遥かなる帰還」□監督 瀧本智行□脚本 西岡琢也□原作 山根一眞(「小惑星探査機はやぶさの大冒険」)□キャスト 渡辺 謙、江口洋介、夏川結衣、小澤征悦、中村ゆり、吉岡秀隆、石橋蓮司、       藤 竜也、山崎 努、嶋田...... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 12時11分

» はやぶさ 遥かなる帰還 [いい加減社長の映画日記]
「キツツキと雨」も迷ったけど、渡辺謙さんの演技に期待して・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 2003年5月9日、種子島にある内之浦宇宙空間観測所。 この日小惑星探査機「はやぶさ」を搭載したロケットが発射された。 緊張の面持ちで見守っていたプロジェク...... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 18時45分

» はやぶさ 遥かなる帰還 [いい加減社長の日記]
「キツツキと雨 」も迷ったけど、渡辺謙さんの演技に期待して・・・ 「オフィシャルサイト 」 【ストーリー】 2003年5月9日、種子島にある内之浦宇宙空間観測所。 この日小惑星探査機「はやぶさ」を搭載したロケットが発射された。 緊張の面持ちで見守っていたプロジェ... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 18時53分

» 映画「はやぶさ 遥かなる帰還」 [FREE TIME]
映画「はやぶさ 遥かなる帰還」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 22時50分

» 「はやぶさ 遥かなる帰還」 [大吉!]
<木曜日> (2月13日・ユナイテッドシネマ・ポイント鑑賞・18時30分〜・2時間26分) 監督: 瀧本智行 出演: 渡辺謙、江口洋介、夏川結衣、小澤征悦、中村ゆり、吉岡秀隆、石橋蓮司、藤竜也、山崎努 ストーリーは今更説明の必要もない「はやぶさ」の映画、第二弾で...... [続きを読む]

受信: 2012年2月17日 (金) 00時30分

» はやぶさ 遥かなる帰還/渡辺謙、江口洋介 [カノンな日々]
はやぶさ映画第二弾は東映の作品です。シネコンでこの映画のチラシを目にした人が「え?またやるの?」と話すのを何度耳にしたことでしょうか。同じ実話をベースにしているだけに ... [続きを読む]

受信: 2012年2月18日 (土) 22時22分

» 「はやぶさ 遥かなる帰還」多くの困難を最後まで諦めず乗り越えた技術者たちの決断と勇気 [オールマイティにコメンテート]
「はやぶさ 遥かなる帰還」は2003年に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」の打ち上げから2010年6月の帰還までの技術者たちの葛藤と勇気ある決断を描いたストーリー ... [続きを読む]

受信: 2012年2月19日 (日) 16時43分

» 映画「はやぶさ 遥かなる帰還」、小惑星探査機の宇宙飛行! [ひろの映画日誌]
2010年に、小惑星「いとかわ」からかけらを持ち帰った「はやぶさ」が日本中の話題をかっさらった。 このハヤブサの成功を記念して、この事業を映画化する企てがなされ、相次いで映画化、公開がなされている。 すでに、20世紀FOXの「はやぶさ/HAYABUSA...... [続きを読む]

受信: 2012年2月19日 (日) 17時07分

» 映画『はやぶさ 遥かなる帰還』 観てきた〜♪ [よくばりアンテナ]
はやぶさを映画にした3本のうち、 2本目の観賞。 1本目『はやぶさ/HAYABUSA』を観たから、別にいいかって思っていたのですが、 ま、監督も俳優陣も視点も違うかなと思って、 たまってたポイントを...... [続きを読む]

受信: 2012年2月19日 (日) 17時45分

» 「はやぶさ 遥かなる帰還」 [みんなシネマいいのに!]
 ちょっと前にFOXのはやぶさ映画を観て、今回は東映版、この後には松竹版が控えて [続きを読む]

受信: 2012年2月19日 (日) 20時34分

» はやぶさ 遙かなる帰還 [充実した毎日を送るための独り言]
・はやぶさ 遙かなる帰還(2月11日より公開 渡辺謙・江口洋介・吉岡秀隆等出演)映画制作大手3社がそろって題材にしている小惑星探査機「はやぶさ」の打ち上げから帰還にかかわるまで、7年間のプロジェクトチームの活躍を描いたもの。ハリウッド映画に何度か出てい...... [続きを読む]

受信: 2012年2月19日 (日) 23時14分

» 『はやぶさ 遥かなる帰還』(2012) [【徒然なるままに・・・】]
東映60周年記念作品。 小惑星探査機「はやぶさ」を題材にした映画としては、CGを使ったプラネタリウム作品『はやぶさ/HAYABUSA BACK TO THE EARTH』を別にすると、20世紀フォックスの『はやぶさ/HAYABUSA』に次ぐ2本目の映画で、来月には3Dで描く松竹作品『おかえり、はやぶさ』も公開になります。 20世紀フォックス版では竹内結子扮する架空の女性スタッフを中心に描いていましたが、この作品の主人公は「はやぶさ」のプロジェクトマネージャーの渡辺謙です。 同じ題材を違う角... [続きを読む]

受信: 2012年2月20日 (月) 23時14分

» はやぶさ 遥かなる帰還 [花ごよみ]
地球から3億キロ離れた、 小惑星「イトカワ」の地表に着陸し 岩石サンプルを地球に持ち帰るという 小惑星探査機「はやぶさ」に、 課せられたミッション。 約7年の期間、総距離60億キロに及ぶ プロジェクトを終えて 2010年6月13日、 「はやぶさ」の宇宙からの帰還。 そ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 18時52分

» 『はやぶさ 遥かなる帰還』 [シチュー鍋の中の混沌の弐]
『はやぶさ』映画第三弾。渡辺謙のアレです。 小惑星探査機 はやぶさの大冒険山根 一眞 マガジンハウス 2010-07-29売り上げランキング : 1611Amazonで詳しく見る by G-Tools このドキュメントを原作として映画となりました。4本の『はやぶさ』映画は、つまり同じ素材を取り上げるのです。同じ展開になるのは、あたりまえです。要は、何を主題にし、何を描くかという問題になってくるのですが。 角川版『HBTTA』は、プラネタリウム上映作品であり、はやぶさの帰還が危ぶまれて... [続きを読む]

受信: 2012年2月23日 (木) 15時27分

» はやぶさ 遥かなる帰還 [迷宮映画館]
お勉強になりましたが、ちゃんとはわかってない。 [続きを読む]

受信: 2012年2月26日 (日) 14時52分

» はやぶさ 遙かなる帰還 [A Day In The Life]
映画館で観賞した作品 解説 2010年6月13日に、約7年の期間と総距離60億キロに及ぶ壮大な プロジェクトを終えて宇宙より帰還した小惑星探査機「はやぶさ」 の歴史的偉業を描くトゥルー・ストーリー。 主演に、『ラスト サムライ』などハリウッドでも活躍する俳優・ 渡... [続きを読む]

受信: 2012年2月26日 (日) 18時45分

» 『はやぶさ 遥かなる帰還』 ('12初鑑賞21・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 2月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 13:35の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2012年2月28日 (火) 21時21分

» [映画『はやぶさ 遥かなる帰還』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆う〜む、「映画」ってのはつくづく面白いものだと感じた。  <小惑星探査機「はやぶさ」>の軌跡であり奇跡を描いた作品は、短期間の間に3作品の競作を数え、数週間後にも松竹版が控えている。  そもそもの旅路がドラマチックなのだが、しかし、こうも連続するとさ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月29日 (水) 22時17分

» 「はやぶさ 遥かなる帰還」:致命的な説明不足 [大江戸時夫の東京温度]
映画『はやぶさ 遥かなる帰還』(東映)は、昨秋の堤幸彦版『はやぶさ HAYABU [続きを読む]

受信: 2012年3月10日 (土) 23時20分

» 「はやぶさ遥かなる帰還」取り説 映画 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
この1年間で公開された『はやぶさ』関連映画は3本。 最後の3本目が公開中というのに、2本目の映画「はやぶさ 遥かなる帰還」を今更観て来たyo [続きを読む]

受信: 2012年3月19日 (月) 23時53分

» 映画 「はやぶさ 遥かなる帰還」 [ようこそMr.G]
映画 「はやぶさ 遥かなる帰還」 [続きを読む]

受信: 2012年3月20日 (火) 20時22分

» 映画:はやぶさ 遥かなる帰還 [よしなしごと]
 3つの制作会社がそれぞれの視点と思いで惑星探査機・はやぶさを映画化しました。今回は東映が描いた作品はやぶさ 遥かなる帰還の記事です。  3作品見たら、もうどのエピソードがその作品だったかすっかり混同してしまったので、ちゃんと記事に出来るか心配ですが。。。  ちなみに2012年、劇場20本目ですね。... [続きを読む]

受信: 2012年5月24日 (木) 07時19分

» はやぶさ 遥かなる帰還 : 二番煎じムービー [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 ここ広島市内では、夕方から寒くなってきました。寒暖の差が激しいので、皆さんも風邪など引かぬように気をつけて下さい。それでは、本日紹介する作品はこちらになります。 【 [続きを読む]

受信: 2012年9月29日 (土) 17時14分

» はやぶさ 遥かなる帰還 [ただの映画好き日記]
2003年5月9日、『はやぶさ』は宇宙へと飛び立った。万感の思いで見守るプロジェクトマネージャーの山口は、「長い旅路の始まりだ」と決意を新たにする [続きを読む]

受信: 2012年12月26日 (水) 13時58分

» はやぶさ 遥かなる帰還 [Heaven of the Cinema]
宇宙は広くて大きくて 人間はとても小さい存在 けれど 挑み続ける人はとても大きい サンプルリターンという偉業を成し遂げたハヤブサ。 その帰還の途上で発生した様々な障害。 その危機を乗り越え...... [続きを読む]

受信: 2013年7月16日 (火) 22時24分

» 映画『はやぶさ 遥かなる帰還』★何度でも観たい!「はやぶさ」の偉業☆ [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
公式サイトです  http://www.hayabusa2012.jp/index.html 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/156087/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 小惑星イトカワからのサンプルを採って帰って来た 『はやぶさ』の偉業は、すでに周知のことではありますが ..... [続きを読む]

受信: 2013年8月17日 (土) 18時19分

« 「ドラゴン・タトゥーの女」 偏執狂な人々 | トップページ | 「逆転裁判」 劇場型裁判 »