« 本 「おまえさん」 | トップページ | 「はやぶさ 遥かなる帰還」 淡々としてる »

2012年2月11日 (土)

「ドラゴン・タトゥーの女」 偏執狂な人々

スウェーデンの映画「ミレニアム」(こちらは未見。原作も未読)を鬼才でデヴィッド・フィンチャーがリメイク。
こちら一番最初に劇場で流れた「特報」が凄まじくカッコよかったんですよね。
レッドツェッペリンの「移民の歌」をバックグラウンドにし、ナレーションなしで激しく切り替わるカットだけで見せるという。
久しぶりにフィンチャーらしい、エッジの効いた映像になっていて、すごく期待感が高まりました。
実際本編での、やはり「移民の歌」をテーマにしたオープニングを観ると、フィンチャーという監督の映像センスは卓越しているなと思ったりするわけです。
余談ですが、このオープニングを観た時、フィンチャーに「GANZ」(ドロドログチャグチャでバイオレンスなコミックのほう)を映画化してもらったら凄いことになるだろうなと思ったりしたわけです。

さて作品についてです。
こちらアメリカでのリメイクで言語も英語になりますが、物語の舞台は原作と同じでスウェーデンになります。
「ミレニアム」を観ていないので比較はできないですが、本作はスウェーデンという土地が作品の要素として大きなものになっているのだと思います。
ご存知の通り、スウェーデンは北欧の国であり、冬期は雪に覆われ、あまり陽がさすこともない土地柄です。
本作でもその風景は昼間であっても陰鬱であり、その雰囲気が作品全体を覆っているのです。
寒さのためか冬期は人はあまり外へ出て行かず、多く人と交わるということがないのかもしれません。
そういうことを反映しているためか、本作の登場人物たちの精神は、基本的に内へ内へと閉じこもる方向のベクトルを持っています。
その内への方向は、登場人物たち(事件の犯人、ドラゴン・タトゥーの女であるリスベット、さらにはその他のほとんどの人物)の偏執狂的な側面と、他人へ心を開かない堅いガードを、強化していきます。
唯一、他人に対してオープンなところがあるのが主人公の記者ミカエルですが、これは観る側が作品での導入をしやすくするためでしょう。
おそらく観客が移入できるのはミカエルだけであり、彼をガイドとして作品に入っていくことになります。
とはいえ、ミカエルも偏執狂的な側面を持っていないわけではありません。
何十年も前の資料を漁り、当時の写真を一枚一枚見ていき、そこにある微かな手がかりの糸をたどっていく。
これにはやはり偏執狂的な資質がいるのだと思います。
前半はミカエルとリスベットの物語は並行して描かれ、途中から二人は合流します。
ミカエルが観客を作品世界へ導くガイドの役であるとするのあらば、リスベットこそが本作そのものを人物として具現化させたキャラクターであると言えるでしょう。
偏執狂的であり、他人に心を閉ざしているという。
だからこそ本作のタイトルは「ドラゴン・タトゥーの女」であるわけです。
主人公はミカエルですが、作品の本質を表しているのはリスベットなのです。
リスベットが他人に心を閉ざしているのは、過去から現在に至るまで他人より受けた仕打ちのためであろうと推察されます。
彼女が受けてきた仕打ちは、事件そのものとは関係ないとしても、事件そのものの本質を暗示します。
リスベットの偏執狂的な気質というものは彼女自身がすでに持っていたものだと思われます。
おそらく彼女も自身の気質というのは理解しており、またそれによってより他人と自分は違うのだというように心を閉ざすことを強化していったのではないでしょうか。
しかしリスベットはミカエルに出会い、歳も離れまったく異なる人生を歩んできた彼に、ある種の自分と同じような気質を見つけます。
それは細かなことが気になり、それをとことんまで探求していかなくては気が済まないという偏執狂てきな気質です。
この点において、ミカエルとリスベットは同じであり、はじめてリスベットは自分と同じ魂をミカエルに感じ惹かれたのではないかと思います。

事件解決後についてはちょっとグダッと長かったかなというのが残念。
特報であったようなキレ味がもう少し欲しかったですね。
「ミレニアム」を観ていないので、同様のシーンが元々の作品にあったかどうかを知らないので、なんとも言えないのですが、最後のクリスマスのシーンはちょっとハリウッド的であったかなと。
リスベットが人間味が出てきた感じがあって、一般的には気持ち良く終われたかもしれないですが。
ああいう感じにしないと後味が悪いからなのかな。
「セブン」の頃の若いフィンシャーだったら後味悪くても気にしなかったかなと思った次第です。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「おまえさん」 | トップページ | 「はやぶさ 遥かなる帰還」 淡々としてる »

コメント

ほし★ママさん、こんにちは!

>「嘘つきなおっさん」
あー、なるほどそうも見えますよね。
僕はミカエルからするとリスベットは才能ある仕事の相棒という感じだったのかなと思いました。
関係に及んじゃったのは、もうリスベットの積極さに押されてしまったというか。
愛とは違うものだったのかもしれないです。

投稿: はらやん | 2012年2月26日 (日) 07時01分

みすずさん、こんばんは!

予告もよかったですし、オープニングもよかったです。
「移民の歌」が本作のイメージにぴったりでした。
長いっていうのは、ちょっと感じましたね。
作品を観た後、監督のインタビューなどを読むと、ミカエルとリスベットの関係性を描きたかったようなので、監督的には必要だったのだろうなと思いました。

投稿: はらやん | 2012年2月24日 (金) 22時46分

リスベットの変化はとにかく、ミカエルが元に戻ったとたん
普通の「嘘つきなおっさん」になっちゃってたのにガッカリでした。
そう言う意味でも、私も解決後がなくても良かったかなと思います。

投稿: ほし★ママ | 2012年2月24日 (金) 19時47分

オープニングはすっごくかっこよかったですねー^^
あれで一気に期待が高まりました^^
でも、ちょっと長すぎだったような気も・・・
事件が解決したら、終わっていた方が良かったかもってわたしも思います。
ラストは必要だったのかな。

それでも、事件を解決していく様は面白かったし、次回作も観たいです^^

投稿: みすず | 2012年2月21日 (火) 18時03分

iinaさん、こんにちは!

やはりみなさん、あの予告編にやられますよね。
セリフなし、ナレーションなしっていうのは、逆にインパクトがありました。
本編のオープニングもけっこう好きです。
スウェーデン人の名前って長いから、始めは混乱しました。
確かに図解してくれてたのは助かりましたよね。

投稿: はらやん | 2012年2月19日 (日) 16時20分

ノラネコさん、こんばんは!

>北欧版の横溝正史
みなさんこう言いますね。
なんとなくわかる感じがします。
島ですし、一族のドロドロしたところなどは「獄門島」のような・・・
原作とスウェーデン版はこれからチャレンジしたいと思います。

投稿: はらやん | 2012年2月19日 (日) 13時33分

レッドツェッペリンの曲をバックにした予告編にしびれた方です。
その雰囲気にすっかり騙され、すっきりしてきました。もっとも、タイトルロールのようにフラッシュ展開は望めませんでしたが、・・・表にして人間関係を掲示してくれたのが救いでした。

投稿: iina | 2012年2月19日 (日) 12時15分

スウェーデン版はもっと土着的というか、ドロドロしていて何というか北欧版の横溝正史という印象でした。
同じ原作でも切り口が全く違うので、比べて観ると面白いと思いますよ。
私的にはサスペンスとしてはスウェーデン版、リスベットの物語としてはフィンチャー版、どちらも楽しめました。

投稿: ノラネコ | 2012年2月18日 (土) 23時28分

NAOさん、こんにちは!

やはりみなさん、あの予告編でやられたとおっしゃいますね。
それだけ印象的でした。
本編も長さを感じさせないほどで、引き込まれてみれました。
原作本もスウェーデン版も今度チャレンジしたいと思います。

投稿: はらやん | 2012年2月18日 (土) 07時35分

sakuraiさん、こんばんは!

陰々滅々とした冬の風景がこの事件の背景に大きく影響している感じがしますよね。
土地柄がよく出ている作品に思えました。
原作本、今度読んでみますね!

投稿: はらやん | 2012年2月18日 (土) 06時45分

ひろちゃんさん、こんばんは!

予告編、クールでしたよね。
あれだけで期待が高まりました。
本編のオープニングもかっこよかったですよね。
さすが映像派のフィンチャーだなと思いました。
「セブン」のようにささぐれたった感じでラストまで押すかなと思っていたらラストのリスベットの乙女らしい行動は意外ではありました。
でも僕も嫌いじゃないです。
原作、僕も読もうかと思っています!

投稿: はらやん | 2012年2月17日 (金) 22時13分

こんにちは、はらやんさん。

原作も未読、スウェーデン版も未見でしたが良かったです。
確かに、あの特報予告、印象的で私もあの予告編を観て観にいこうと思った一人。
見せ方、うまいですよね。

OPなんか思わずうなってしまいました。カッコよすぎ^^

あのラストには賛否両論分かれていますが、私は嫌いじゃなかったです。
3部作完成して欲しいな~。
その前に、スウェーデン版を見たいと思います。

投稿: NAO | 2012年2月16日 (木) 13時45分

原作の大ファンなもんで、思い入れの深い作品なんですが、リメイクというよりは、フィンチャーが自分なりに原作から作ったという感じが強いです。
>スウェーデンという土地が作品の要素として大きなものになっているのだと思います。
でもって、ここ!
その通りで、スウェーデンならではの犯罪であり、設定であり、世界であると。
ぜひとも、原作をお読みになることをお勧めします。
こんなに出来のいい本はめったにないですから、機会があったら是非に!

投稿: sakurai | 2012年2月16日 (木) 13時45分

こちらにも~♪
>レッドツェッペリンの「移民の歌」をバックグラウンドにし、ナレーションなしで激しく切り替わるカットだけで見せるという。

この予告編観た方は、全員、この作品観ようと思ったと思います(笑)あの予告編、鳥肌立ちましたもん(笑)
そして、まさか本編のOPでもその歌が使われ、あんなにカッコいい映像になるなんて!興奮しました(笑)

基本、ハッピーエンドが好きなので、あの切ないラスト
嫌いじゃなかったです。スウェーデン版や原作には
多分ないんじゃないかと思います♪

続編も観たいですが、まずは原作読もうかなあと
思ってます(^^)

投稿: ひろちゃん | 2012年2月15日 (水) 15時36分

たいむさん、こんにちは!

スウェーデン版はラストのリスベットは違っていたのかな。
少し彼女の乙女な部分が観れましたよね。
年上の男性に憧れる少女のような。
僕も嫌いじゃないです。
ダニエル・クレイグもよかったし、単発だともったいないですねー。

投稿: はらやん | 2012年2月12日 (日) 17時16分

ラストの可愛いリスベットは嫌いじゃないです。
ミカエルの仇打ち的行動も、原作の意図とは違うのかもしれないけれど、もしも単発作品で終わるとしたら、そういう意味で納得出来ちゃったし。

でも3部作を完成させて欲しいものです!

投稿: たいむ | 2012年2月12日 (日) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/53954030

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドラゴン・タトゥーの女」 偏執狂な人々:

» ドラゴン・タトゥーの女 [映画感想メモ]
キャーット!!Σ(´Д`;;;ノ)ノ いい加減あらすじ ミカエルは新聞記者。タレ [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 20時24分

» ドラゴン・タトゥーの女 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(10) エスカレーターを使った一連のアクションに「おぉ〜!」 [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 22時43分

» ドラゴン・タトゥーの女 [あーうぃ だにぇっと]
ドラゴン・タトゥーの女@東京国際フォーラム [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 23時19分

» ドラゴン・タトゥーの女 [新・映画鑑賞★日記・・・]
【THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO】 2012/02/10公開 アメリカ R15+ 158分監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ、ステラン・スカルスガルド、ロビン・ライト 月刊誌「ミレニ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 23時30分

» ドラゴン・タトゥーの女 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
2009年に映画化されたスティーグ・ラーソンのベストセラー小説をデヴィッド・フィンチャー監督が再映画化。40年前の少女失踪事件の謎を、敏腕ジャーナリストと高い資料収集能力を持 ... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 00時30分

» 「ドラゴン・タトゥーの女」ダークで重い…、見応え感ズッシリ。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ドラゴン・タトゥーの女] ブログ村キーワード  スウェーデン発、大ベストセラー・ミステリー「ミレニアム」シリーズ三部作のハリウッド・リメイク第1弾。「ドラゴン・タトゥーの女」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。“鬼才”デヴィッド・フィンチャー監督が、久々におどろおどろしい映画に挑戦しています。  スウェーデンの首都・ストックホルム。雑誌“ミレニアム”の記者、ミカエル・ブルムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)は、実業家・ヴェンネルストレムの疑惑を追及する記事を書いたことで、名... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 01時12分

» 「ドラゴン・タトゥーの女」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ドラゴン・タトゥーの女」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2011年/アメリカ *出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ、ステラン・スカルスガルド、ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲ…... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 03時04分

» 『ドラゴン・タトゥーの女』 スウェーデン版との違いはココだ! [映画のブログ]
 2009年制作の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』との違いの数々に、ニヤリとする方もいるだろう。  同じ原作に基づくので、デヴィッド・フィンチャー監督が2011年に放った『ドラゴン・タトゥーの女...... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 03時53分

» ドラゴンタトゥーの女/The Girl with the Dragon Tattoo [LOVE Cinemas 調布]
スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー・ミステリー小説「ミレニアム」シリーズ。既にスウェーデンで映画化されているが、それをハリウッドの人気監督『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャーがリメイクした第1作目。主演を「007」シリーズのダニエル・クレイグが、ヒロインを『ソーシャル・ネットワーク』のルーニー・マーラが演じる。原作とは異なるオリジナルのラストに注目。... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 06時13分

» 劇場鑑賞「ドラゴン・タトゥーの女」 [日々“是”精進! ver.A]
ハリエットの、“真相”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202100004/ Girl With the Dragon Tattoo Soundtrack The Null Corporation 2011-12-27 売り上げランキング : 426 Amazonで詳しく見る... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 06時36分

» 久々の猟奇殺人モノ [笑う学生の生活]
30日のこと、映画「ドラゴン・タトゥーの女」を鑑賞しました。 試写会にて デビッド・フィンチャー監督 最近のドラマ系も良いけど 久々のサスペンス、ミステリ、猟奇殺人モノ! 「セブン」「ゾディアック」など傑作があるわけで 期待は高まるわけですが・・・ いやー ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 08時52分

» 面白い!『ドラゴン・タトゥーの女』 [水曜日のシネマ日記]
40年前に起きた少女の失踪の謎を解き明かす物語です。 [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 09時23分

» ドラゴン・タトゥーの女/ダニエル・クレイグ [カノンな日々]
世界的なベストセラーとなったスウェーデンのスティーグ・ラーソンによる原作小説を映画化した『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』をデヴィッド・フィンチャー監督がハリウッ ... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 09時36分

» 「ドラゴン・タトゥーの女」みた。 [たいむのひとりごと]
まずは耳に残るテーマ曲と、リズムに合わせた台詞なしの断片映像で構成された予告編で十分惹きつけられたので必ず観ると決めていた作品。そしてフィンチャー監督十八番の”猟奇殺人事件”を扱ったものということで、... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 13時12分

» ドラゴン・タトゥーの女 [Akira's VOICE]
劇的は薄めだが,タイトルロールの女性が濃い味。   [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 13時36分

» [映画『ドラゴン・タトゥーの女』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆スウェーデン映画のリメイク作だそうだが、それらの作品は都内でしかやっていなかったので、多摩地区で保護観察下にあり、後見人に虐待されている私には観に行くことが出来なかった(←こういうこと書くと本気にするバカがいるんだよなぁ^^;)。  ・・・のだが、この...... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 15時56分

» 「ドラゴン・タトゥーの女」 [みんなシネマいいのに!]
 スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー・ミステリーを映画化。 本国スウェーデ [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 16時41分

» 「ドラゴン・タトゥーの女」The Girl With The Dragon Tatoo (2011 SONY) [事務職員へのこの1冊]
ナレーションなしの予告編にもぶっ飛んだが、本篇のオープニングもすごい。ツェッペリ [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 19時23分

» ドラゴン・タトゥーの女 [悠雅的生活]
押し花。封鎖された橋。室内禁煙。 [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 20時03分

» ドラゴン・タトゥーの女 [A Day In The Life]
公開週にて観賞 解説 『ミレニアム』3部作として映画にもなったスウェーデンのベストセラー小説 をハリウッドで映画化。 『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャーが監督を務め、 白夜のスウェーデンを舞台に、数十年に及ぶ血族の因縁と猟奇的ミステリ... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 20時05分

» 「ドラゴン・タトゥーの女」 [或る日の出来事]
フィンチャー節、堪能しました! [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 22時35分

» ドラゴン・タトゥーの女 [象のロケット]
スウェーデン・ストックホルム。 雑誌「ミレニアム」に財界汚職事件の告発記事を書いたジャーナリストのミカエルは、名誉棄損で訴えられて敗訴し現在休職中。 彼は財閥の元会長ヘンリックから、40年前に起きた一族の娘ハリエット失踪事件の真相究明を依頼される。 一族の住む島ヘーデスタへ向かったミカエルは、自分の身辺調査を担当した女性調査員リスベットを助手に雇い、事件を洗い直すが…。 ミステリー。 R-15。... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 23時38分

» ドラゴン・タトゥーの女 [風に吹かれて]
心に闇を抱える孤独な刺青女公式サイト http://www.dragontattoo.jp原作: ミレニアム 1 ドラゴン・タトゥーの女 (スティーグ・ラーソン著/ハヤカワ・ミステリ文庫)監督: デヴ [続きを読む]

受信: 2012年2月13日 (月) 18時41分

» ドラゴン・タトゥーの女 [青いblog]
解説 英題: THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 製作年: 2011年 製作国: アメリカ 日本公開: 2012年2月10... [続きを読む]

受信: 2012年2月13日 (月) 23時25分

» 【映画】ドラゴンタトゥーの女 [映画鑑賞&洋ドラマ スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記]
JUGEMテーマ:洋画nbsp; 本作品は原作があるみたいですが、 宣伝からして面白そうなのと アカデミー賞にノミネートされた ルーニー・マーラの演技も見たいのもあり見に行きました。 初っ端がツェッペリンってのがいいですね!! ロック好きの私には痺れます(笑) 感想としては 濃厚ですね。 時間も長いですが、内容も濃い。 謎に関してもよく作りこまれていましたし、 グイグイ引き込み観客も謎に一緒に引き込まれていくような感覚になります。 なので放映時間に比べると短く感じますが疲れます(笑) ... [続きを読む]

受信: 2012年2月14日 (火) 12時57分

» ドラゴン・タトゥーの女/THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO [いい加減社長の映画日記]
かなり前に予告編が流れたときは、おどろおどろしい感じで、やめようかと思ってたんだけど、ストーリーがわかってくると、なかなか面白そうな気がして・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆...... [続きを読む]

受信: 2012年2月14日 (火) 15時03分

» ドラゴン・タトゥーの女/THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO [いい加減社長の日記]
かなり前に予告編が流れたときは、おどろおどろしい感じで、やめようかと思ってたんだけど、ストーリーがわかってくると、なかなか面白そうな気がして・・・ 「オフィシャルサイト 」 【ストーリー】 雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に... [続きを読む]

受信: 2012年2月14日 (火) 15時11分

» 映画「ドラゴン・タトゥーの女」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ドラゴン・タトゥーの女」観に行ってきました。 スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンによるベストセラー小説「ミレニアム」三部作のうち、同名タイトルの第一部を実写映画化したハリウッド版リメイク作品。 この映画、SM強姦やレイプにフェラチオ、アナルセックスなど、15禁どころか18禁指定すらされても... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 02時22分

» 《ドラゴン・タトゥーの女》は《デビッド・フィンチャーの女》 [KATHURA WEST]
ドラゴン・タトゥーの女 原題:The Girl with the Dragon Tattoo 原作:スティーグ・ラーソン 監督:デビッド・フィンチャー 撮影:ジェフ・クローネンウェス 音楽:トレント・レズナー、アティカス・ロス キャスト:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー、他 2011/アメリカ オフィシャルサイト 原作《ミレニアム》とも、スウエーデン版《ミレニアム》とも違う、明らかに違う。フィンチャー監督のこの作品は、《ドラゴン・タトゥー... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 09時07分

» 【映画】ドラゴンタトゥーの女【TOHOシネマズ高知】 [マサオブザデッドのかゆうまシネマ powered by Studio puzzle box]
★★★★ 良かった!オープニングからエンドロールまでただならぬオシャレ!オリジナルのスウェーデン版が長い上にもったりしているのに比べ、良い方向に洗練されてました。R-15という中途半端なレーティングが原因だろう、途中でっかくモザイク入るシーンがあるけど、あれ... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 13時47分

» ★ドラゴン・タトゥーの女(2011)★ [Cinema Collection 2]
THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 誰がハリエットを殺した?   上映時間 158分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2012/02/10 ジャンル ミステリー/サスペンス 映倫 R15+  【解説】  スティーグ・ラ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 15時36分

» 【映画】ドラゴン・タトゥーの女 [★紅茶屋ロンド★]
<ドラゴン・タトゥーの女 を観て来ました> 原題:The Girl with the Dragon Tattoo 製作:2011年アメリカ 人気ブログランキングへ 楽しみにしてました! もともとスウェーデン作家のベストセラー「ミレニアム三部作」のオリジナル映画は見ていて好きだったので、今回のリメイクは、怖くもあり、期待もありました。 なんといっても監督はあのデビット・フィンチャー!外さないとは思ってました。 (とはいっても、この監督は個人的にあまり好きではないのですけど) 原作は読んでない... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 22時34分

» ドラゴン・タトゥーの女 [迷宮映画館]
雰囲気はきっちり出ていた。さすがフィンチャー!みせるのはうまいぞ。 [続きを読む]

受信: 2012年2月16日 (木) 13時45分

» 「ドラゴン・タトゥーの女」 [NAOのピアノレッスン日記]
〜誰がハリエットを殺した?〜 2011年  米・スウェーデン・英・独合作映画 R15+作品 (2012.02.10公開)配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント    上映時間:158分監督:デヴィッド・フィンチャー原作:スティーグ・ラーソン脚本:スティー...... [続きを読む]

受信: 2012年2月16日 (木) 13時47分

» ドラゴン・タトゥーの女 ルーニー・マーラの演技に尽きるでしょ! [労組書記長社労士のブログ]
【=9 -0-】 初めて予告編を観たときに「こりゃ絶対に面白い!絶対にハズレはない!」と確信したので、封切りを今か今かと心待ちにしていた、期待は裏切られなかった〜!v(≧∇≦)v イェェ~イ♪  雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に名誉...... [続きを読む]

受信: 2012年2月16日 (木) 13時56分

» ドラゴン・タトゥーの女 [♪HAVE A NICE DAY♪]
ネタバレ少々ありかも・・・ デヴィッド・フィンチャー監督のなんと言っても「セブン」は面白くて! 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」も大好き。 ずっと楽しみにしていた作品です。 最初から「アアア〜〜〜〜ア〜〜」の曲と共に ちょっと、これから怖さを連想させ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月16日 (木) 22時56分

» ドラゴン・タトゥーの女 [だらだら無気力ブログ!]
オープニングの歌が頭にこびりついて離れないや・・・。 [続きを読む]

受信: 2012年2月17日 (金) 00時20分

» ドラゴンタトゥーの女 / The Girl with the Dragon Tattoo デヴィッド・フィンチャー版 [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click カッコイイ ツェッペリンの「移民の歌」のカバーに合わせたオープニングの疾走感 質感の異なる黒くメタリックでクール、フィンチャーの昔のpvがさらに進化したような映像 2年前日本でも公開、スウェーデン...... [続きを読む]

受信: 2012年2月17日 (金) 00時44分

» 『ドラゴン・タトゥーの女』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ドラゴン・タトゥーの女」□監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 スティーヴン・ザイリアン □原作 スティーグ・ラーソン □キャスト ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、ロビン・ライト、ステラン・スカルスガルド、ジュリアン・サ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月17日 (金) 08時50分

» デヴィッド・フィンチャー監督 「ドラゴン・タトゥーの女」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。]
劇場で↓の予告を初めて観たとき… 【映画『ドラゴン・タトゥーの女』オンライン特報】 何この強烈なインパクト? いやぁ〜、もう絶対観たい! そう思って、公開前には原作本も読みました。 (原作本のレビューはこちら⇒http://blog.goo.ne.jp/hi-lite2974/e/892821da9b...... [続きを読む]

受信: 2012年2月18日 (土) 10時50分

» 「ドラゴン・タトゥーの女」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 本国スウェーデンはもとより、世界各国でカリスマ的人気を誇るスティーグ・ラーソンの推理小説を、鬼才・デヴィット・フィンチャー監督でハリウッド映画化。    自他共に認める熱狂的フィンチャー信者である小生だが、それを差し引いても素晴らしい出来。先日DVDで鑑... [続きを読む]

受信: 2012年2月18日 (土) 10時54分

» ドラゴン・タトゥーの女 [映画と本の『たんぽぽ館』]
ダークでスタイリッシュ。これで決まり。                  * * * * * * * * * * スティーグ・ラーソンによる世界的ベストセラーの本作は 先にスウェーデンで「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」として公開されました。 今作...... [続きを読む]

受信: 2012年2月18日 (土) 15時47分

» 映画「ドラゴンタトゥーの女」、謎解きと悲惨な過去を持つ女の壮絶さ! [ひろの映画日誌]
「ドラゴンタトゥーの女」は、スェーデンミステリー作家の原作の映画化。 すでに、スェーデンで、映画化され「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」で公開されている。 そちらは、龍を背に負う女に、ノオミラパスが扮し、その強烈な個性で映画を圧倒したが、今回は、「ソ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月18日 (土) 20時20分

» 『ドラゴン・タトゥーの女』 ('12初鑑賞18・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 2月11日(祝・土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:05の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2012年2月18日 (土) 22時03分

» ドラゴンタトゥ―の女(2011)★★THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO [銅版画制作の日々]
 誰がハリエットを殺した? 評価:=60点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。さすがハリウッドでリメイクしたということでの公開となるとこんなにも集客率が良いんだと改めて感心しました!その上にミカエル役には007のダニエル・クレイグですから、オリジナル版のミカエ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月18日 (土) 22時31分

» ドラゴン・タトゥーの女・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
パンク少女の純情。 スウェーデン発の世界的ベストセラー、背中にドラゴンのタトゥーを纏う女、リスベットと敏腕記者ミカエルの活躍を描く、「ミレニアム」三部作が本国で映画化されたのは僅か三年前の2009...... [続きを読む]

受信: 2012年2月18日 (土) 23時09分

» 白い闇〜『ドラゴン・タトゥーの女』 [真紅のthinkingdays]
 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO  北欧・スウェーデン。雑誌『ミレニアム』記者のミカエル(ダニエル・クレイグ) は、執筆した記事を巡る裁判で敗訴。全財産を失い、会社も存続の危機...... [続きを読む]

受信: 2012年2月19日 (日) 00時16分

» ドラゴン・タトゥーの女 [そーれりぽーと]
だーれが殺したハリエット♪ 『ミレニアム』三部作既に観てたから、答え知ってたんですけど。 『ドラゴン・タトゥーの女』を観てきました。 ★★★★★ 素晴らしいリメイク。 いやそもそもリメイクなのか? オリジナルは小説だから、小説をもとにイチから組み立てなおしたのか...... [続きを読む]

受信: 2012年2月19日 (日) 09時22分

» 映画「ドラゴン・タトゥーの女」オリジナルを見ていても楽しめるフィンチャー 版 [soramove]
「ドラゴン・タトゥーの女」★★★★ ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、 クリストファー・プラマー出演 デヴィッド・フィンチャー 監督、 158分、2012年2月10日公開 アメリカ,SPE (原題:THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「2年前に見たばかりの作品、... [続きを読む]

受信: 2012年2月19日 (日) 11時37分

» 「ドラゴンタトゥーの女」予習せよ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
オリジナル「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」を見ている人ならともかく、原作も未読な人は、公式サイトでしっかり人物相関図を頭に入れて観ることをオススメ。 できれば家系図も書いてみよう~... [続きを読む]

受信: 2012年2月19日 (日) 15時48分

» ドラゴン・タトゥーの女 [Movies 1-800]
The Girl with the Dragon Tattoo (2011年) 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、ステラン・スカルスガルド、クリストファー・プラマー 09年作スウェーデン映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のハリウッド・リメイク。 基本的にハリウッド・リメイクはアメリカ人向けに作り直したに過ぎないので、過度な期待はしないのが賢明なのだが、予告編から感じるD・フィンチャーらしさと、R・マーラのリスベット像を見れば、自然と期待も高まる。... [続きを読む]

受信: 2012年2月20日 (月) 01時14分

» 『ドラゴン・タトゥーの女』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
オリジナルと互角の面白さであった。全体的な印象として、艶っぽい。ラストの印象も違っていて、オリジナルでは温かみを感じたし、リメイクでは甘酸っぱさを感じた。いずれにしろ甲乙つけがたい極上のミステリー。お薦め作品だ。... [続きを読む]

受信: 2012年2月20日 (月) 19時44分

» ドラゴンタトゥーの女 [みすずりんりん放送局]
 『ドラゴンタトゥーの女』を観た。  【あらすじ】  スウェーデンを揺るがせた財閥汚職事件の告発記事を書きながら名誉棄損裁判で敗訴したミカエル・ブルムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)は意気消沈...... [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 18時01分

» ドラゴン・タトゥーの女 [映画 K'z films 2]
Data原題THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO原作スティーグ・ラーソン監督デヴィッド・フィンチャー出演ダニエル・クレイグ ルーニー・マーラ ロビン・ライト公開2012年 2月 [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 22時30分

» 『ドラゴン・タトゥーの女』 [pure breath★マリーの映画館]
               少女失踪から40年                   二人が突き止めた身も凍る真実とは? 『ドラゴン・タトゥーの女』 監督・・・デヴィッド・フィンチャー 脚本・・・スティーヴン・ザイリアン 原作・・・スティーグ・ラーソ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 23時24分

» シネトーク101『ドラゴン・タトゥーの女』●もっとフィンチャーの毒を期待したのだが・・・・ [ブルーレイ&シネマ一直線]
映画が元気のミナモト! てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「静かなシーンの時にお腹がなるとすっごい恥ずかしい」 シネトーク101 『ドラゴン・タトゥーの女』 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO... [続きを読む]

受信: 2012年2月22日 (水) 02時34分

» 『ドラゴン・タトゥーの女』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
オリジナル版が公開された時、ネッ友さんから強いお薦めを頂いて 見逃した時は、「原作も面白いよ」と、お聞きしていたのですが [続きを読む]

受信: 2012年2月24日 (金) 19時48分

» ドラゴン・タトゥーの女 [Diarydiary! ]
《ドラゴン・タトゥーの女》 2011年 アメリカ映画 -原題 - THE GIR [続きを読む]

受信: 2012年2月24日 (金) 22時05分

» 「ドラゴン・タトゥーの女」 [大吉!]
<水曜日> (ユナイテッドシネマ・レディスデー・字幕版・12時15分〜・168分) 雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に名誉毀損で有罪判決を受ける。失意のミカエルに、かつての経済界の大物一族の長ヘンリックがある依頼をする。40年...... [続きを読む]

受信: 2012年2月25日 (土) 22時23分

» ドラゴン・タトゥーの女 (The Girl with the Dragon Tattoo) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ダニエル・クレイグ 2011年 アメリカ/スウェーデン/イギリス/ドイツ映画 158分 サスペンス 採点★★★ 非常に当たり前の事なんですが、どんな国だって暗部ってのはあるんですよねぇ。もう、福祉大国だろうが安全・清潔を売…... [続きを読む]

受信: 2012年2月26日 (日) 16時27分

» 映画『ドラゴン・タトゥーの女』 [よくばりアンテナ]
予告編で見たときはあんまり興味なかったんだけど、 ちらほらと面白いって噂が聞こえてきたので、 今頃になって夫と観賞。 公開から2週間も経ってるのに、席がわりと埋まっていて驚きました。 クチ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月26日 (日) 22時11分

» ドラゴン・タトゥーの女 The Girl with the Dragon Tatto [映画!That' s Entertainment]
●「ドラゴン・タトゥーの女 The Girl with the Dragon Tatto」 2011 アメリカ Sony Pictures,Columbia Pictures,MGM Pictures,158min. 監督:デヴッド・フィンチャー 出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラー、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ他 <評価:★★★★★★★★★☆> <感想> 前作「ソーシャル・ネットワーク」で、私には少々期待はずれだったフィンチャーだが、 本作は、素晴らし... [続きを読む]

受信: 2012年2月27日 (月) 00時07分

» ドラゴン・タトゥーの女 [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:早くあたたかくなってほしいよね? 参加中 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 」が面白かったので、 実はすぐ、続編の2,3も見てしまいました。 どれも2時間を超える作品なのですが、 飽きずに見てしまいました。 面白かったです。 原作がしっかりし... [続きを読む]

受信: 2012年2月27日 (月) 02時41分

» ドラゴン・タトゥーの女 [こんな映画見ました〜]
『ドラゴン・タトゥーの女』---THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO---2011年(アメリカ)監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ 、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ、ステラン・スカルスガルド、ヨリック...... [続きを読む]

受信: 2012年2月27日 (月) 23時58分

» モザイクw 【映画】ドラゴン・タトゥーの女 [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】ドラゴン・タトゥーの女 『ミレニアム』3部作として映画にもなった スウェーデンのベストセラー小説を映画化。 【あらすじ】 月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)。そんな彼のもとに、ある大財... [続きを読む]

受信: 2012年2月28日 (火) 23時14分

» ドラゴン・タトゥーの女 <ネタバレあり> [HAPPY MANIA]
3月1日(木)に観に行って来ました オープニングから ツェッペリンの 移民の歌やで〜  (カバーやけども) この曲は大好きなので 初めからテンション上がるわ と思いつつ お話が始まると 難しい  何やら難しい 私がおバカなのか そうでないのか 財閥の一族の名前やら 関係やらが ダダダーーっと出て...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 3日 (土) 00時27分

» 「ドラゴン・タトゥーの女」感想 [★ Shaberiba ]
40年前の事件無事解決--!とはいえ私にはスッキリしない作品でした~. [続きを読む]

受信: 2012年3月 4日 (日) 17時01分

» 「ドラゴン・タトゥーの女」:最優秀タイトルバック賞 [大江戸時夫の東京温度]
映画『ドラゴン・タトゥーの女』はスウェーデン映画『ミレニアム  ドラゴン・タトゥ [続きを読む]

受信: 2012年3月 6日 (火) 23時19分

» 映像より読むべきか...? [たまごのなかみ]
今日は ポイント使って 0円也 『ドラゴン・タトゥーの女』(2/21 劇場にて) 原題:THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 制作国:アメリカ(2011年) 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ダニエル・クレイグ(ミカエル)、ルーニー・マーラ(リスベット)、    クリ...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 8日 (木) 22時06分

» ■映画『ドラゴン・タトゥーの女』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
2009年、スウェーデンでスティーグ・ラーソンの小説、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」が映画化されました。 この原作は三部作になっており、映画も三部作になっています。 小説も世界的に話題になり、その幾重にも重なった謎解きの面白さと深いテーマ、斬新なキャラク... [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 21時13分

» 映像より読むべきか...? [たまごのなかみ]
今日は ポイント使って 0円也 『ドラゴン・タトゥーの女』(2/21 劇場にて) 原題:THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 制作国:アメリカ(2011年) 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ダニエル・クレイグ(ミカエル)、ルーニー・マーラ(リスベット)、    クリ...... [続きを読む]

受信: 2012年3月10日 (土) 19時30分

» 映画「ドラゴン・タトゥーの女」(2月26日) [Flour of Life]
久しぶりに映画館に行きました。 [続きを読む]

受信: 2012年3月10日 (土) 21時51分

» ドラゴン・タトゥーの女 [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★★“陰鬱でショッキングなストーリーとダークなヒロインの魅力にどんどん惹かれます” この映画は2時間40分とこのごろの映画としては長めですが、途切れない緊張の連続であっという間に終わった感じです。 オープニングはレッドツェッペリンの“移民の歌”のカヴァーとともに、女性の体やデジタルガジェットに黒くてドロっとした液体が絡んで、エロさというか危険な雰囲気がプンプン漂ってきます。血塗られたヴァンゲル一族やリスベットのダークなキャラクターを美しい黒で描き出していて、映画の陰鬱とした雰囲気に引き込まれま... [続きを読む]

受信: 2012年3月12日 (月) 12時25分

» ドラゴン・タトゥーの女 [我が頭に巣くう映画達]
52点 2011年のアメリカ映画で、 監督は「セブン」、「ソーシャル・ネットワーク 」のデヴィッド・フィンチャー、 主演は「007 カジノ・ロワイヤル」のダニエル・クレイグです。 優れた調査能力を持...... [続きを読む]

受信: 2012年3月14日 (水) 19時49分

» 「ドラゴン・タトゥーの女 」 [prisoners BLOG]
スウェーデン版はAXNミステリーでのテレビ用完全版をあちこち抜かしながら見る、という変な見方をしたので比較は難しいし、正直きちんと見直して比べたくなるほどの吸引力は持たないが、ハリウッドで大作映画化するようなこれといった映画的な見せ場が乏しく、長いストー...... [続きを読む]

受信: 2012年3月20日 (火) 17時23分

» 映画「ドラゴン・タトゥーの女」 [<花>の本と映画の感想]
ドラゴン・タトゥーの女  映画館にて鑑賞 監督 デヴィッド・フィンチャー 出演  ダニエル・クレイグ  ルーニー・マーラ  クリストファー・プラマー 2011年... [続きを読む]

受信: 2012年3月27日 (火) 21時37分

» 12年2月のベストセレクション② 「ドラゴンタトゥーの女」 [カサキケイの映画大好き!]
2月に観た作品で NO1 の位置づけにあるこの作品、 スウェーデン映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(2009)を 早速ハリウッドでリメークした作品です。 スウェーデン版も面白かったが、正直少しわかりずらかった。 リスベットという人物の性格や境遇を説明する傍ら、 2作目以降の展開を暗示するかのように、彼女の幼少時代や父親との関係を暗示。 そして、主題は経済界の大物ヘンリックから受けた依頼、 40年前に起こった、当時16歳の娘ハリエットの失踪事件を追うというものだ。 その謎解き... [続きを読む]

受信: 2012年4月19日 (木) 05時45分

» 映画『ドラゴン・タトゥーの女』を観て [kintyres Diary 新館]
12-13.ドラゴン・タトゥーの女■原題:The Girl With The Dragon Tattoo■製作年・国:2011年、アメリカ・スウェーデン・イギリス・ドイツ■上映時間:158分■字幕:松浦美奈■観賞日:2月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督:デヴィッド・フィンチャー◆ダニエル・...... [続きを読む]

受信: 2012年4月24日 (火) 15時24分

» ドラゴン・タトゥーの女 [ルナのシネマ缶]
オリジナルも観て、原作も読破した ミレニアムファンとしては、 ミカエルがダニエル・クレイグなのは ちょっとカッコ良過ぎるんではないかと 思っていましたが、 予告編を観たら、もの凄〜〜く 観たくなってしまって・・・。 デヴィッド・フィンチャー版は オープニングの映像がすごくカッコいいです。 ジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)は、 ある大物実業家の不正行為を暴露するが、逆に名誉棄損で有罪になる。 そんな彼のもとに、大企業の前会長が40年前に行方不明になった姪の 調... [続きを読む]

受信: 2012年4月29日 (日) 01時54分

» ドラゴン・タトゥーの女(アメリカ) [映画でココロの筋トレ]
どうしても劇場鑑賞したかった「ドラゴン・タトゥーの女」を観てきました。 明日までの公開、ぎりぎりだったわー。 ( → 公式サイト  ) 出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ、ステラン・スカルスガ... [続きを読む]

受信: 2012年5月10日 (木) 13時33分

» 映画:ドラゴン・タトゥーの女 [よしなしごと]
 予告編がめっちゃおもしろそうで、とても楽しみにしていた映画の1つ、ドラゴン・タトゥーの女の記事です。 [続きを読む]

受信: 2012年5月29日 (火) 00時31分

» ドラゴン・タトゥーの女 [銀幕大帝α]
THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO/11年/米/158分/ミステリー・サスペンス/R15+/劇場公開(2012/02/10) −監督− デヴィッド・フィンチャー 過去監督作:『ソーシャル・ネットワーク』 −出演− *ダニエル・クレイグ…ミカエル・ブルムクヴィスト 過去出演作:『...... [続きを読む]

受信: 2012年6月16日 (土) 00時40分

» ドラゴン・タトゥーの女 [しんちゃんの徒然なる映画日記]
第256回「新たなるヒロインの誕生となるのか?」 彼女の存在を知ったのはいつのことだったろう?それは2年ほど前のスウェーデン映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の予告編をネットで目にした事だった。面白そうだとは思ったものの、スウェーデン映画が私の...... [続きを読む]

受信: 2012年6月17日 (日) 13時55分

» 12-093「ドラゴン・タトゥーの女」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
この一族は異常だ   スウェーデンの社会派雑誌『ミレニアム』を発行するジャーナリストのミカエルは、大物実業家の不正告発記事が原因の名誉毀損裁判で敗訴し窮地に陥っていた。  そんな時、国内有数の企業グループの元会長ヘンリック・ヴァンゲルからある依頼が舞い込む。それは、40年前に彼が我が子のようにかわいがっていた一族の少女ハリエットが忽然と姿を消した迷宮入り事件の再調査というもの。  やがて、調査が暗礁に乗り上げたミカエルは、ヘンリックの弁護士から社会性はないものの驚異的な情報収集能力を...... [続きを読む]

受信: 2012年6月23日 (土) 01時53分

» 「ドラゴン・タトゥーの女 」 リメイクの方が良い( ^ω^ ) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
『ミレニアム』3部作として映画にもなったスウェーデンの ベストセラー小説をハリウ [続きを読む]

受信: 2012年6月24日 (日) 00時03分

» ドラゴン・タトゥーの女 [いやいやえん]
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のリメイク。 話の顛末は面白いことも含めてわかっているので割愛。OPから音楽と映像が非常にクール。 ミカエル役にはダニエル・クレイグ 、リスベット役にルーニー・マーラ。 リスベットが可愛すぎる。オリジナル版のノオミ・ラパスさんが野生的な面を強調していたので、リスベットがちょっと少女すぎる感じはありました。 スウェーデン版の1対1の関係だった二人のパワーバランスも崩れていて、そこはちょっと気になりましたね。ただしリメイクとしては凄く良く出来ていると... [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 10時44分

» ドラゴンタトゥーの女 [シネマ日記]
スウェーデン版の「ミレニアム〜ドラゴンタトゥーの女」は公開時に見に行こうと思ったのだけど、時間が合わず行けずじまいでレンタルもまだしておらず、原作も読んでいないのでこのシリーズはこれが初見になった。とにかくオープニングの映像がカッコ良過ぎる!ツェッペリ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月11日 (火) 09時42分

» 「ドラゴンタトゥーの女」 デヴィッド・フィンチャー監督 [コレ、いいかも☆goo]
月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは、大物実業家ヴェンネルストレムの違法行為を暴露する記事を発表した。だが、名誉毀損で有罪になり、彼は『ミレニアム』から離れることになる。そんな彼の身元を大企業グループの前会長ヘンリック・ヴァンゲルが密かに調べてい...... [続きを読む]

受信: 2012年12月 2日 (日) 23時22分

» 映画『ドラゴン・タトゥーの女』★筋書きは面白くても許せない気持ちが……〜雑感です。 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
公式サイトです。 http://www.dragontattoo.jp/ 作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/155165/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 40年前の少女失踪事件の真相を解明しようとする話です。 『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のリメイクは、面白いとの評..... [続きを読む]

受信: 2012年12月22日 (土) 14時28分

» ドラゴン・タトゥーの女 [ただの映画好き日記]
スウェーデンを揺るがせた財界汚職事件の告発記事を書きながら名誉棄損裁判で敗訴したミカエルは意気消沈の日々を送っていた。 [続きを読む]

受信: 2013年1月 3日 (木) 09時16分

» ドラゴン・タトゥーの女 [ぶっちゃけ…独り言?]
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 『ミレニアム』三部作の第一部のハリウッド・リメイク版で御座います。 いや〜、ぶっちゃけ『ミレニアム』シリーズは未見だったりしたのですが、評判の良さは耳に入っていたので、かな〜〜り楽しみに観させ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月14日 (日) 08時53分

» 「ドラゴン・タトゥーの女」(2011・米) [ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー]
デヴィッド・フィンチャー監督のミステリー映画 「ドラゴン・タトゥーの女」を観てきました。 原作はスウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの 「ミレニアムⅠ ドラゴン・タトゥーの女」。 本国スウェーデンでは既に 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」として 映像化されています。 本屋でミレニアムシリーズの本をよく見かけるなあとか ミニシアターで「ミレニアム」とついたタイトルのが 3作上映にかかったなあとかは思っていましたが。 原作やスウェーデン版をチェックする前に ハリウッド版が公開されたので、... [続きを読む]

受信: 2013年4月29日 (月) 18時59分

» 【映画】ドラゴン・タトゥーの女…ヤッツケ映画観賞記録(1) [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
最近読んでいる本は十二国記、十二年ぶりの新刊「丕緒の鳥」、十二国記だから十二年ぶりなんだろうか 久しぶりに読むこのシリーズですが、面白いです。もうすぐ出るという長編新作も楽しみです(といってもヤッパリ何年か待つのでしょうか)。戴の王様にケリが付く話なん...... [続きを読む]

受信: 2013年7月16日 (火) 12時17分

» 【映画】ドラゴン・タトゥーの女…ヤッツケ映画観賞記録(1) [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
最近読んでいる本は十二国記、十二年ぶりの新刊「丕緒の鳥」、十二国記だから十二年ぶりなんだろうか 久しぶりに読むこのシリーズですが、面白いです。もうすぐ出るという長編新作も楽しみです(といってもヤッパリ何年か待つのでしょうか)。戴の王様にケリが付く話なん...... [続きを読む]

受信: 2013年7月18日 (木) 04時37分

» ドラゴン・タトゥーの女 [心のままに映画の風景]
スウェーデンの社会派雑誌『ミレニアム』を発行するジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)は、大物実業家の不正告発記事を暴き、名誉毀損裁判で敗訴し窮地に陥っていた。 そんな時、国内有数の...... [続きを読む]

受信: 2013年7月25日 (木) 00時05分

» 誰がハリエットを殺した?「ドラゴン・タトゥーの女」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
[続きを読む]

受信: 2014年8月25日 (月) 00時34分

» ドラゴン・タトゥーの女 [I am invincible !]
ミレニアム誌の記者であり共同発行者でもあるミカエルは(ダニエル・クレイグ)は、ある匿名の情報を信じたばかりに名誉毀損で訴えられ、敗訴してしまった。 [続きを読む]

受信: 2014年11月 1日 (土) 19時09分

» 『ドラゴン・タトゥーの女』 女優魂 [美容師は見た…]
観たかった映画があり過ぎて、この作品ももう3年も経ってましたわ。謎解きもドキドキの展開で面白かったです。報復&逆転裁判へ繋がる頭脳戦が、スピード感もあって158分は長く感じなかったです。残虐シーンの何が一番ショッキングかって、猫ちゃんヽ(゚Д゚;)ノ ナンテコト!人殺しより... [続きを読む]

受信: 2015年2月 2日 (月) 15時56分

« 本 「おまえさん」 | トップページ | 「はやぶさ 遥かなる帰還」 淡々としてる »