« 「逃亡者 おりん 最終章」 テレビ時代劇の遺伝子をつなぐ | トップページ | 「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」 ROCKか、ROCKじゃねえか »

2012年2月 4日 (土)

「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」 キーワードは夢と友

20年以上も連載が続くコミック「ベルセルク」の映画化作品です。
いつものごとくなのですが、原作は未読。
じゃ、なんで観に行ったかというと予告で観た絵がきれいだったからです。
本作を制作しているプロダクションは「鉄コン筋クリート」等で知られるスタジオ4℃。
このプロダクションの仕事はいつも感心するのですが、仕上がった作品の絵が綺麗なんですよね。
うーん綺麗というよりは、丁寧っていう感じかな。
すごく好感が持てます。
本作は中世的な世界を舞台にし、いくつもの戦闘シーンがでてきます。
そこでの剣と剣のぶつかり合いのようなところの作画は、鉄の重さを感じるほどです。
このあたりは従来の手描きならではの丁寧さが出ているところなんですよね。
また合戦シーンなどで、モブでの乱闘シーンのようなものもあるのですが、このあたりはおそらく3DCGを使っているのでしょう。
これは手描きでは無理。
でもそこでは手描きと変わらぬ風合いが出せていて、まったく区別はつきません。
モブシーンだったり、手描きだとかなり難しいカメラがグルグルと回っていくようなカメラワークのところはおそらくCGじゃなければできないだろうと想像しているだけです。
手描きのアニメーションで3DCGが取り入れられ始めたのは「もののけ姫」あたりからだと思いますが、もう手描きと3DCGの技術はもううまく融合されて使いこなされている感じがしますね。

先ほど書いたように本作の舞台は、中世のヨーロッパのような世界。
しかしそこには何か物の怪のようなものも存在しており、ファンタジー的な世界でもあります。
原作を読んでいないので、僕が観ていて思い浮かべたのは「グイン・サーガ」。
あちらも中世的世界観に、ファンタジー的、さらにはSF的な要素が組み込まれたものでした。
主人公は一人で傭兵として世を渡ってきていた剛の者ガッツ。
彼はあるとき、鷹の団(鷹の爪団ではない)のリーダー、グリフィスに出会います。
美貌を持つグリフィスですが、剣の腕もたち、ガッツを一騎打ちで破り、彼を仲間に引き入れます。
グリフィスは自分の国を持つという夢をもち、ガッツは次第に彼の夢を叶えたいと考えるようになります。
ガッツはグリフィスに友情を感じていったのでしょう。
孤独に生きてきた彼にとってはグリフィスは唯一の真の友でした。
グリフィスはその容姿だけでなく、剣の腕、また知謀、そして人を魅了する力をもっており、次第にその夢を叶える地盤をかためていきます。
彼は王国の姫に問われた時、傭兵団を大事な仲間だが友ではないと言います。
グリフィスにとっての友とは人の夢をかつぐのではなく、自分の夢を持ちそれを叶えようとしている者のこと。
これはグリフィスにとってはガッツは友ではないと言っているに等しい。
いずれグリフィスとガッツは袂を分かち、再び戦うのでしょうか。
それともガッツはグリフィスの夢を叶えるために、己の命を捧げるのでしょうか。
原作を読んでないので「グイン・サーガ」からイメージしてしまうのですが、グリフィスというキャラクターは「グイン・サーガ」に登場する主要キャラクターであるイシュトバーンとアルド・ナリスを足したような感じがしますね。
人を魅了する力を持ち己の夢を叶えるために手段を選ばないところ、選ばれた人間であるというような意識。
どのようにガッツやグリフィスは生きていくのでしょうか。
今回は3部作の第1部ということで、序章ともいうべき作品です。
今後の展開に期待したいと思います。

ガッツの声はどこかで聞いたことあるな、と思っていて、エンドロールを観たら「伊達さん」(岩永洋昭さん)だったのね。
男気あふれるところなどはぴったり。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「逃亡者 おりん 最終章」 テレビ時代劇の遺伝子をつなぐ | トップページ | 「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」 ROCKか、ROCKじゃねえか »

コメント

みぃみさん、こんにちは!

いやー、ほんと画がきれいでしたね。
アニメーションはどうしても動きが軽い感じがしますが、鋼と鋼がぶつかりあうような質感を感じました。
冒頭の攻城戦などは屈指の出来です。
「グイン・サーガ」は100巻を越えるほどの大作なんですよ。
僕は学生の頃から読み始めてまだ読み終えていません・・・。

投稿: はらやん | 2012年2月11日 (土) 09時45分

こんにちは♪。
何の前知識も無く鑑賞しましたが、観て良かったと思うと共に続きも観たいと思う作品でした。

某番組によると、キャラクターのほんのちょっとの動きにも膨大な作業があったようです。
しっかり「結果」を出していて、凄いな~!と思いました。
おっしゃるとおり、本物の剣をふっている感がビシバシ伝わってきて、本物より本物らしい臨場感に、興奮しちゃいました(^^)。

続き、楽しみです☆。

「グイン・サーガ」知らなかったので、探してみます。

投稿: みぃみ | 2012年2月10日 (金) 15時53分

メビウスさん、こんばんは!

アニメーションはかなりハイレベルでしたよね。
手描きの良さも出てましたし。
>キャラの顔だけを手描きにして、残りはCGで動かして
なるほど!
理屈的にこのシーンはCGじゃないと無理だよなーと思っていましたが、うまくCGを使っていますね。

作品世界はおもしろいなと思いました。
二人の関係がどっちにいくかも興味あるので、また観に行きたいと思います。
マンガも手に取ろうかと思ってます。

投稿: はらやん | 2012年2月 5日 (日) 22時17分

はらやんさんこんばんわ♪

自分はイチファン視点としてかなり楽しめたのですが、原作を未見なはらやんさんも楽しめた辺り、取り敢えず初見の方にも取っ付き易かったのかなと少し安堵してますw
そいえば戦闘シーンなどで主に使われていた3DCGは結構滑らかで、自分も好感持てましたね♪はらやんさんの仰るとおり、あれだけモブが動きまくる目まぐるしさで手描きはほぼ不可能。パンフを見たらキャラの顔だけを手描きにして、残りはCGで動かしていたのだとか?見慣れるとだんだん違和感もなくなったので、個人的にアニメーションも合格点でしたね。ついでに伊達さんの起用も合格w

3部作の第1弾ということでホント序章ですが、それでもベルセルクの世界観全体で見ますと、この黄金時代篇すら土台のようにも思えます^^;グイン・サーガのようにまだファンタジー色は濃くなくて飽きちゃうとこもあるかもしれませんが、3部作の最後の『降臨』ではおそらく絶望感満載なダークファンタジーの片鱗を見れると思いますので、長~い目で付き合ってもらえればと思います(汗

投稿: メビウス | 2012年2月 5日 (日) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/53901950

この記事へのトラックバック一覧です: 「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」 キーワードは夢と友:

» ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵 [象のロケット]
チューダー王国がドルドレイ要塞をミットランド王国から奪って以来、百年に渡り戦争が続いている暗黒の時代。 傭兵として戦場を渡り歩いてきた孤独な青年ガッツは、自分と同じ歳くらいの青年グリフィスとの一対一の勝負に敗れ、彼が率いる傭兵集団“鷹の団”の一員となる。 戦いの中で仲間との信頼や友情に目覚めていくガッツ。 やがて鷹の団は、ミットランド王国の正規軍となるのだが…。 ダーク・ファンタジーアニメ。... [続きを読む]

受信: 2012年2月 5日 (日) 02時20分

» ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】窪岡俊之 【声の出演】岩永洋昭/櫻井孝宏/行成とあ/寿美菜子/藤原貴弘/松本ヨシロウ/矢尾一樹/豊崎愛生/三宅健太 【公開日】2012年 2月4日 【製作】日本 【ストーリー】 暗黒の時代...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 5日 (日) 19時49分

» [映画『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆このブログを以前から読んでくれている方なら分かろうが、私が、この20年以上描きつがれている人気作を読んだのは半年ほど前だ。  故に、テレビアニメ版も知らないので、動いているガッツを観るのは初めてだ^^  あの巨大な剣を自在に振り回す姿に感動!  この...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 6日 (月) 06時05分

» 映画:「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成24年2月10日(金)。 映画「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」。 【監  督】窪岡俊之 【監  修】岩尾賢一 【脚  本】大河内一楼 【原  作】三浦建太郎 【作画監督】恩田尚之 【キャラクター】    岩永洋昭 (ガッツ)・櫻井孝宏 (グリ…... [続きを読む]

受信: 2012年2月10日 (金) 15時25分

» ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 [だらだら無気力ブログ!]
面白かった。続きが気になる。 [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 01時00分

» ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵/岩永洋昭 [カノンな日々]
『ベルセルク』って原作コミックは読んだことはありませんけど、もう随分前の作品だよね?と思っていたら連載が始まったのは1989年のことなんですね。20年以上にも渡って長期連載し ... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 09時38分

» ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
映画「ベルセルク 黄金時代篇 覇王の卵」オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る壮大なダークファンタジー・サーガ「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」。全3部作とな ... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 10時28分

» 「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」 [みんなシネマいいのに!]
 実はあまりにも連載期間が長いし、もう既にアニメ化もしているので、「ベルセルク」 [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 16時42分

» 『ベルセルク 黄金時代篇 I  覇王の卵』 ('12初鑑賞16・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 2月4日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 16:00の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2012年2月13日 (月) 22時23分

» ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵  監督/窪岡俊之 [西京極 紫の館]
【声の出演】  岩永洋昭(ガッツ)  櫻井孝宏(グリフィス)  行成とあ(キャスカ)  梶裕 貴 (ジュドー) 【ストーリー】 孤独な剣士ガッツは、百年戦争に揺れる地を傭兵として渡り歩いていた。身の丈を超える長大な剣を自在に操り、強大な敵をいとも簡単に倒すガ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月13日 (月) 22時37分

» 『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』 [beatitude]
身の丈を超える長大な剣を自在に操る屈強な剣士ガッツ(声:岩永洋昭)は、ある日、傭兵集団ldquo;鷹の団rdquo;を率いるグリフィス(声:櫻井孝宏)と出会う。グリフィスは、己の夢の実現のためにガッツを団に引き入れ、やがてガッツとグリフィス、そして鷹の団の仲...... [続きを読む]

受信: 2012年2月16日 (木) 01時07分

» 映画:「ベルセルク 黄金時代篇? 覇王の卵」〜劇場で [David the smart ass]
劇場版「ベルセルク」(『ベルセルク 黄金時代篇? 覇王の卵』)を見てきました。公開日に、劇場で。 → 公式ページ → Gyao:冒頭10分イッキ観せ!のページ アニメを見に行くのは、正確には思い出せ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月18日 (土) 09時19分

» ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵 [銀幕大帝α]
11年/日本/80分/ファンタジー・アクション/劇場公開(2012/02/04) −監督− 窪岡俊之 −アニメーション制作− STUDIO4℃ −主題曲− 平沢進『Aria』 −声の出演− ◆岩永洋昭…ガッツ ◆櫻井孝宏…グリフィス ◆行成とあ…キャスカ ◆梶裕貴…ジュドー ◆寿美菜子…リッケル...... [続きを読む]

受信: 2012年5月23日 (水) 01時22分

» 12-082「ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵」(日本) [CINECHANが観た映画について]
夢という名の神の殉教者   100年戦争が続く戦乱の世。家族も友もいない孤独な剣士ガッツは、傭兵として戦地を渡り歩く日々。  傭兵集団“鷹の団”を率いるグリフィスは、そんなガッツの強さに目を付け、決闘で彼を制して鷹の団に引き入れる。ガッツは数々の戦闘で圧倒的な強さを見せるとともに、次第に仲間たちやグリフィスとの絆を強めていく。  そんな中、鷹の団唯一の女剣士キャスカだけは、ガッツとことあるごとに衝突を繰り返していた。  やがて、鷹の団はミッドランド王国の正規軍にまでのし上がっていく...... [続きを読む]

受信: 2012年6月24日 (日) 17時36分

» 【映画】ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵…あの頃も良かったし、ゾットも良かった [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
改めまして… 皆様、明けましておめでとうございます 本年も宜しくお願いいたします さて、2009年ぐらいから、ずっとなのだけど、ブログに頂いたコメントへの返事が滞っていて、更には去年などブログ更新自体が滞る始末。最近では貰った(個人宛の)メールへの返信も儘な...... [続きを読む]

受信: 2013年1月 3日 (木) 16時17分

» ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略 ベルセルク 黄金時代篇III 降臨 [いやいやえん]
漫画「ベルセルク」の映画化。1〜3作目まで弟と一気に観ました。 私これ昔漫画を集めてたんですよね〜今どうして刊行されてないんだろう。不定期連載にもほどがある!ヾ(*`Д´*)ノ彡☆ 昔のTVアニメ版もよくできてたけど(特に音楽、サントラもってるよ)今回も平沢進さんはいい仕事をしました。個人的には「Forces」のほうが好きだけど、OPの格好いいことよ。 ストーリーは出会いが描かれている。出自から、もしくはパックとの出会いからやって回想に入るのかと思ったのですが、すでに少年傭... [続きを読む]

受信: 2013年7月 1日 (月) 14時19分

» 映画 ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 [VAIOちゃんのよもやまブログ]
漫画原作を一応読んだことのある三浦建太郎の大長編ファンタジー、ベルセルク。原作が遅々として進まない中、アニメ映画化されていたようで・・・(^_^;)  三作目の「黄金時代篇III ... [続きを読む]

受信: 2013年11月 5日 (火) 23時41分

» ベルセルク 黄金時代篇1 覇王の卵 [しんちゃんの徒然なる映画日記]
第255回「むやみに実写化されるよりは、なんぼかマシかな?」 今回の作品「ベルセルク 黄金時代篇1 覇王の卵」はヤングアニマルで連載中のマンガ「ベルセルク」が原作だ。この原作を知ったのは、もうずいぶんと前になる。自分自身では持っていなかったが、マンガマ...... [続きを読む]

受信: 2013年11月10日 (日) 21時24分

« 「逃亡者 おりん 最終章」 テレビ時代劇の遺伝子をつなぐ | トップページ | 「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」 ROCKか、ROCKじゃねえか »