« 「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」 よろしく勇気 | トップページ | 「麒麟の翼~劇場版・新参者~」 何も知らない »

2012年1月28日 (土)

「J・エドガー」 「アメリカ」の国家像とかぶる

ジョン・エドガー・フーヴァー、彼はFBI初代長官にして、48年もの長期にわたりその職を務めました。
彼はその任期の間にFBIを盤石な組織として作り上げ、また科学捜査、組織捜査を進めてきました。
情報収拾の重要性を認識し、時には盗聴などの超法規的な手段を使ってまでも情報を集めようとしました。
また社会的影響力のある政治家等の著名人の個人的な情報についても機密ファイルとして持ち、それにより歴代の大統領へも影響力を持っていたとも言われています。
そのためか様々な映画などでFBIのトップはフーヴァーを髣髴させるようなキャタクターであることも多かったりします(「ザ・ロック」のFBI長官などはまさにそのようなイメージ)。
「J・エドガー」はそのような伝説的人物の複雑さを描こうとする作品です。
本作ではフーヴァーが強い権力を志向する人物となる一端を、母親の教育によるものとしています。
「女々しい男はいらない」とまで言う母親により育てられたフーヴァーは、尽きることなく権力を求めます。
キング牧師に対し敵対心を持つのも、その思想への警戒というのもあったかと思いますが、同時に自分以上に国民の注目を集めるということへの敵愾心のようなものがあったように描かれています。
大統領の就任パレードの様子をビルから見下ろし、その歓声を聞いているフーヴァーは、こう思っていたのでしょう。
「みなが歓声を上げている大統領ですら、自分に対して恐怖心を持っているのだ」と。
自分の自伝では、自身が主役になるように事実を改変したりということもフーヴァーはやっていました。
彼は幼い頃に刷り込まれた子供っぽい権力欲というものを死ぬまで持ち続けていた人なのでしょう。
しかしその権力志向は私利的かというとそうではないというのが、本作で描かれているフーヴァーでした。
基本的に彼は、国家や国民を守ろうとし、正義を貫く信念を持っていた人物とされています。
自身に正義があることを、揺るぎなく信じていた人物でもあります。
そういう点において、彼は悪ではないのですね。
またフーヴァーが同性愛的な性向を持っていたことも描かれています。
幼い頃より男らしくあれと言われ続けてきたことへの反動なのでしょうか。
それとも母以上の女性を見いだせなかったことからくるものでしょうか。
子供っぽい権力欲を持ちながらも、正義を守る男でもあるフーヴァー。
正義を守る男でありながらも、女々しさ、臆病さをもった弱い面をあったフーヴァー。
そのような複雑な人物像を本作は描きます。
本作を観ていて、このようなフーヴァーのような人物をみたことがあるなと思って考えていたのですが、思い至ったのは、こういう性格を持っているのは「アメリカ」という国家そのものではないかと。
アメリカは「強い国家」というものを志向し、そして戦後は「世界の警察官」という自覚で、彼らが信じる「正義」を貫くべく超大国として活動を続けてきました。
またアメリカは科学的であったり、理論的なアプローチを好み、さまざまな新しいプロジェクトを世界に先駆けて実施してきた国でもあります。
しかし、彼らが掲げる「正義」は、なにか子供っぽさを孕んだ一方的な「正義」であることの危険性のようなものを感じている方も多いかと思います。
このような複雑なアメリカ像というものが、本作で描かれるフーヴァー像とかぶっているように感じました。
まさにフーヴァーの一生は、アメリカが世界の超大国として成長していく歴史とほぼ同一となっています。
しかし、人には寿命があり、長い間君臨していたフーヴァーもその一生を閉じます。
人は寿命があり、どう抗おうとその歴史は閉じてしまいますが、国家はそうはならない。
フーヴァーが晩年に健康面から以前のようには動けなくなったように、アメリカも現在は以前ほどの権勢を誇ってはいません。
けれどもその一生を閉じるわけにはいかないのです。
本作はイーストウッド監督が、アメリカという国家に「どういうふうにしていきたいのだ?」と問うているようにも思えました。
老いてもなお盛んに活動し、毎年のように映画を撮り続けているイーストウッドだからこそ、その問いに重さがあるように感じました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」 よろしく勇気 | トップページ | 「麒麟の翼~劇場版・新参者~」 何も知らない »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

「正義」って難しくて、「誰のため」っていうのが抜けがちなんですよね。
そのあたりがいつの間にか抽象的な何か(国とか)や自分のことのほうが、国民よりも上に位置づけてしまったりするのですよね。
これは人間としてそう考えてしまいがちなのは致し方ないのですが、「正義」の点検みたいなものをしないといけないのではと。
同じ人がずっと同じポジションにいるというのは、その点検が上手くできていなかったのではないかなと思いました。

やっぱり「ザ・ロック」を思い出しました?
あれってやっぱりフーバー長官のイメージそのままですよね。

投稿: はらやん | 2012年4月21日 (土) 23時17分

>彼らが掲げる「正義」は、なにか子供っぽさを孕んだ一方的な「正義」である
ここ、すごくよくわかる。
アメリカの言う正義って、正義という言葉に酔いしれてる正義みたいな。
この言葉をまとっていれば、自分達は何でも許されるんだという過信がありますよね。
言われてみれば、エドガーと言う人間性とかぶりますねえ。

私もFBI長官!と言うと、「ザ・ロック」を思い出しました。
最後に謎も見つけてましたもんね!

投稿: sakurai | 2012年4月16日 (月) 19時59分

ryokoさん、こんばんは!

フーヴァーの人生と、アメリカが世界で覇権をとっていく過程はほぼ同じようなタイミングなんですよね。
アメリカという国は良くも悪くも自信を持ち、そして責任感のようなものも持っているのですよね。
しかしこの10年ほどで急速に自信を失っています。
そんなとき、どのように彼らは自信を得ていくのか(それともいかないのか)というのを考えていく時期なのかもしれません。
日本はかつては自信を持っていましたが、この20年は自信を失ったまんまですね。
どうしていくべきかというのを提示し、また実現できる人物がいなかったということなのでしょうね。

投稿: はらやん | 2012年2月15日 (水) 21時04分

こんばんは。
「チェンジリング」と「グラン・トリノ」でイーストウッド監督に魅せられました。
この映画を見終わって、監督は何を描きたかったのだろうと考えましたが答えは出ませんでした。
はらやんさんの、
フーバーの性格はアメリカという国家そのものではないか?というご指摘、そして監督が描きたかったのは『アメリカという国家に「どういうふうにしていきたいのだ?」と問うているのでは』というご意見になるほど~と膝を打ちました。
世界の警察、世界の超大国でなくなりつつある今、どういう国を目指すのか?気になるところです。
同時に日本も色んな意味でどういう国を目指すのか?が問われています。
日本を象徴する人物って誰になるんでしょうね?

投稿: ryoko | 2012年2月15日 (水) 00時55分

ノラネコさん、こんばんは!

イーストウッドがフーヴァーの映画を撮るっていうのを聞いたときは意外に感じました。
でもさすがですよね。
普通は歴史ドラマがあって、そこの登場人物を描くものですが、本作は個人の人生を通して、アメリカの進んできた道を描くようなところもありました。
良くも悪くもフーヴァーは極めてアメリカ的だと思いました。

投稿: はらやん | 2012年2月 5日 (日) 20時56分

自分の心の中と言うのは権力者にとって一番触れられたくない部分であるはずですが、フーバーを描くのに、あえて彼の内の内にアプローチするというのがさすがです。
分裂した彼の内面を通して、現代アメリカ史というマクロを象徴させつつ、極めてパーソナルなミクロに落とし込むのは、ある意味残酷でもあり、同時に作者の愛を感じさせます。

投稿: ノラネコ | 2012年2月 5日 (日) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/53846848

この記事へのトラックバック一覧です: 「J・エドガー」 「アメリカ」の国家像とかぶる:

» J・エドガー/J. Edgar [LOVE Cinemas 調布]
クリント・イーストウッド監督最新作。FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた伝記物語だ。大統領ですら手が出せないほどの権勢を誇った男の人生の裏側を赤裸々に映し出す。主演は『インセプション』のレオナルド・ディカプリオ。共演に『愛する人』のナオミ・ワッツ、アーミー・ハマーらが出演している。... [続きを読む]

受信: 2012年1月28日 (土) 22時10分

» J・エドガー / J. EDGAR [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click アメリカでは誰もが知る存在を恐れられていた実在の人物、J・エドガー=ジョン・エドガー・フーバーを レオナルド・ディカプリオが熱演の、クリント・イーストウッド監督最新作 またまた2時間超えの長さ! ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月29日 (日) 11時26分

» J・エドガー [あーうぃ だにぇっと]
J・エドガー@よみうりホール [続きを読む]

受信: 2012年1月29日 (日) 14時16分

» 劇場鑑賞「J・エドガー」 [日々“是”精進! ver.A]
フーバーのもたらした、光と闇… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201280004/ キネマ旬報 2012年 1/15号 [雑誌] キネマ旬報社 2012-01-06 売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools... [続きを読む]

受信: 2012年1月29日 (日) 15時01分

» J・エドガー / J. Edger [勝手に映画評]
虚実に包まれた謎の人物である、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた映画。一応、歴史的事実を元に描かれていますが、フーバーを巡る物語自体は、創作という形になっています。1972年のフーバーが回顧録を口述していると言う設定で物語は進み、時に応じ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月29日 (日) 16時58分

» 『J・エドガー』 毛布をかけてもらうには? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  クリント・イーストウッド監督がJ・エドガー・フーバーの映画を撮る!  その報に接したとき、あまりにも上手い組み合わせに驚くとともに、傑作になることを予感してワクワクした。 ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月29日 (日) 18時57分

» 映画レビュー「J・エドガー」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
J・エドガー(レオナルド・ディカプリオ主演) [DVD]クチコミを見る◆プチレビュー◆ディカプリオがフーバーの青年期から老年期までを怪演。伝説の男が信じた正義は現代アメリカの闇を ... [続きを読む]

受信: 2012年1月29日 (日) 19時30分

» クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』(J. Edgar) [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』(J. Edgar)脚本はダスティン・ランス・ブラック(ガス・ヴァン・サント監督「ミルク」でアカデミー賞脚本賞受賞) 物語・F... [続きを読む]

受信: 2012年1月29日 (日) 20時02分

» J・エドガー [新・映画鑑賞★日記・・・]
【J. EDGAR】 2012/01/28公開 アメリカ 137分監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。 1924年にFBI初代長官に任命さ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月29日 (日) 20時46分

» 『J・エドガー』 ('12初鑑賞13・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 1月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:35の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2012年1月29日 (日) 20時58分

» 『J・エドガー』 [ラムの大通り]
(英題:J. Edgar) ----J.・エドガーって何した人? 「何をしたというよりも、 ある地位に君臨し続けたという方が分かりやすい。 J・エドガー、J・E・フーバーは、FBIの初代長官。 20代にして、FBI前身組織の長となり、 以後、死ぬまで長官であり続けた男。 20世紀の半...... [続きを読む]

受信: 2012年1月29日 (日) 22時16分

» ゲイ色強し。 【映画】J・エドガー [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】J・エドガー FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描く。 クリント・イーストウッド×レオナルド・ディカプリオ 【あらすじ】 1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領に仕え、数々... [続きを読む]

受信: 2012年1月30日 (月) 00時23分

» 「J.エドガー」フーバー長官の秘密 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
アメリカでFBI初代長官として、科学捜査の基礎を確立し、大統領や有名人の秘密を知り尽くして恐れられていた人物の隠された本質とは・・・ 彼が徹底した人種差別は、何から来るものだったのか・・・?... [続きを読む]

受信: 2012年1月30日 (月) 00時52分

» 【映画】J・エドガー [映画鑑賞&洋ドラマ スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記]
JUGEMテーマ:洋画nbsp; 監督:クリント・イーストウッド 主演:レオナルド・ディカプリオ 簡単にあらすじ 1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー (レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領に仕え、 数々の戦争をくぐり抜け、半世紀にわたって法の番人として アメリカをコントロールしてきた。 しかし、フーバーには絶対に人に知られてはならない秘密があった……。 実在した自分物のお話です。 この人はどんなことをした人かっていうと 今では当たり前になっている科学... [続きを読む]

受信: 2012年1月30日 (月) 12時52分

» J・エドガー [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(F) ディカプリオのフィルモグラフィーに、またひとつ箔が付く。 [続きを読む]

受信: 2012年1月30日 (月) 14時14分

» J・エドガー [Akira's VOICE]
その男,葛藤につき。   [続きを読む]

受信: 2012年1月30日 (月) 17時33分

» 【映画】J・エドガー [芸術に恋して★Blog★]
J・エドガーという人物、日本人にとってはそれほど馴染みのない人物だが、イーストウッドにその人生を描かきたいと思わせるほど苦悩と葛藤に満ちた人生であったように思う。 この作品、簡単に言ってしまえばFBI を創り上げた男の物語という事になるが、法律や国家としての統... [続きを読む]

受信: 2012年1月30日 (月) 21時51分

» 映画「J・エドガー」 [FREE TIME]
映画「J・エドガー」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2012年1月31日 (火) 00時10分

» J・エドガー/レオナルド・ディカプリオ [カノンな日々]
FBIの初代長官となったジョン・エドガー・フーバーの半生をクリント・イーストウッド監督がレオナルド・ディカプリオを主演に描く伝記ドラマです。FBI長官のJ・エドガーといえば有 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月31日 (火) 09時29分

» J・エドガー [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(F) ディカプリオのフィルモグラフィーに、またひとつ箔が付く。 [続きを読む]

受信: 2012年2月 1日 (水) 10時27分

» J・エドガー [象のロケット]
20代でFBI前身組織の長となった男フーバーには、常に黒い疑惑やスキャンダラスな噂がつきまとう。 国家を守ると言う大義名分によって、大統領をはじめとする要人たちの秘密を調べ上げ、その極秘ファイルをもとに彼が行った正義とは何だったのか…。 実話に基づくFBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生。... [続きを読む]

受信: 2012年2月 1日 (水) 21時39分

» J・エドガー [悠雅的生活]
FBI創設。極秘ファイル。口述筆記。 [続きを読む]

受信: 2012年2月 1日 (水) 23時48分

» J・エドガー [そーれりぽーと]
クリント・イーストウッド監督×レオナルド・ディカプリオ。 これは興味深い!しかしJ・エドガーて誰?何の話? 何の予備知識も無いまま『J・エドガー』を観てきました。 ★★★★ んー、なるほど益々この人物が興味深い。 クリント・イーストウッド、よくもこれだけ全く違...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 2日 (木) 00時10分

» 『J・エドガー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「J・エドガー」□監督 クリント・イーストウッド □脚本 ダスティン・ランス・ブラック □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、       ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ、デイモン・ヘリマ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 2日 (木) 12時27分

» 「J・エドガー」:レオ≒P.S.ホフマン [大江戸時夫の東京温度]
今や世界一の巨匠クリント・イーストウッドの新作『J・エドガー』は、やはり格調高く [続きを読む]

受信: 2012年2月 5日 (日) 00時25分

» J・エドガー・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
権力の裏側で、男が守ろうとした“正義”の根にあったのは何か。 実に48年間に渡ってFBI長官としてアメリカの司法の世界に君臨し、クーリッジからニクソンまで8人の大統領に仕えた男、ジョン・エドガー・フー...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 5日 (日) 18時53分

» 『J・エドガー』 [Cinema+Sweets=∞]
この間の映画の日は府中まで足をのばして、TOHOシネマズ府中で『J・エドガー』を観てきました。 映画の日だし、何本か観ようかなーと思っていたんだけれど、結局この日はこの1本の鑑賞しかできず、ちょっ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 6日 (月) 00時12分

» J・エドガー [♪HAVE A NICE DAY♪]
J・エドガー 面白かったです・・・そしてこのフーバーの姿に最後は切なかった 流石クリント・イーストウッドだ!と又思いました ジョン・エドガーフーバーFBIの初代長官の物語 恥ずかしながら、この方の事は知らず・・・の鑑賞です。 母親の言う事や愛情はフーバ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 6日 (月) 22時51分

» J・エドガー [to Heart]
だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。 原題 J. EDGAR 製作年度 2011年 上映時間 137分 脚本 ダスティン・ランス・ブラック 監督 クリント・イーストウッド 出演 レオナルド・ディカプリオ/ナオミ・ワッツ/アーミー・ハマー/ジョシュ・ルーカス/ジュディ・デン...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 8日 (水) 21時59分

» 偉人の話かと思いきや・・・。『J・エドガー』 [水曜日のシネマ日記]
FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2012年2月 8日 (水) 22時16分

» J・エドガー 自らの権威にここまで執着する人物ってすごい!ってのを見事に描いていた [労組書記長社労士のブログ]
【=7 -0-】 最近、クリント・イーストウッド監督の作品は絶対に見逃せないと思っている。 封切りからずいぶん経ってしまったが、先日ようやく鑑賞できた(上映時間がなかなか噛み合わなかった) 期待を裏切らず、興味深い、のめり込める作品だった! FBI初代長官として...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 9日 (木) 12時32分

» 映画「J.エドガー」正義に取りつかれた男の物語 [soramove]
「J.エドガー」★★★★ レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、 ジョシュ・ルーカス、ジェフリー・ドノヴァン、 リー・トンプソン、ジュディ・デンチ出演 クリント・イーストウッド 監督、 137分、2012年1月28日公開 2011,アメリカ, ワーナー・ブラザース (原題:J. Edgar ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← ... [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 20時15分

» J・エドガー [Movies 1-800]
J. Edgar (2011年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュディ・デンチ FBI初代長官として、約50年に渡り、君臨したJ・エドガー・フーバーの伝記映画。 アメリカの自由主義を脅かす外敵を排除すべく立ち上がった男が、次第に自身がその脅威となる様子が端的に描かれ、非常に興味深いものがる。 アメリカの近代史を語る上で欠かせない人物の歴史を2時間の枠で描くには尺が足りないというのが正直なところだろうが、映画を熟知したベテラン監... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 01時41分

» J・エドガーという人 [笑う学生の生活]
1日のこと、映画「J・エドガー」を鑑賞しました。 イーストウッド監督、ディカプリオ主演 期待は高まるわけですが 50年もの間 権力を手にしたFBI初代長官 J・エドガー・フーバーの話 ストーリーは淡々と語られていき 伝記のようですね ちょっと 盛り上がりに欠けたか...... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 17時17分

» J・エドガー/J. Edgar [いい加減社長の映画日記]
FBIを築き上げた初代長官のフーバー。 ちょっと気になる人物だし、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演ということで、観たいと思ってた作品。 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J...... [続きを読む]

受信: 2012年2月13日 (月) 09時59分

» J・エドガー/J. Edgar [いい加減社長の日記]
FBIを築き上げた初代長官のフーバー。 ちょっと気になる人物だし、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演ということで、観たいと思ってた作品。 「オフィシャルサイト 」 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J... [続きを読む]

受信: 2012年2月13日 (月) 10時09分

» 「J・エドガー」 [みんなシネマいいのに!]
 映画業界で最も元気な年寄りといえば、日本だったら新藤兼人、アメリカだったらクリ [続きを読む]

受信: 2012年2月14日 (火) 00時13分

» ■映画『J・エドガー』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
50年にわたりアメリカの秘密を握り続けた、FBI初代長官のジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた映画『J・エドガー』。 クリント・イーストウッド監督は、アメリカ大統領たちすらも恐れた男を、強烈な母の呪縛のもと、本当の自分を偽り“男として”パワーをもつことにこだわ... [続きを読む]

受信: 2012年2月14日 (火) 13時34分

» J・エドガー [映画の話でコーヒーブレイク]
デカプリオの「エドガー」、見てきました。 本編に入る前に・・・、 今回の予告編で見ました!阿部ちゃん主演の「テルマエ・ロマエ」。 阿部ちゃんと言っても、サダヲじゃなくて、ひろし(寛)で〜す。 ヤマザキマリさんの漫画原作で古代ローマ人が日本のお風呂に突如タイム...... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 00時45分

» J・エドガー [ダイターンクラッシュ!!]
2012年2月4日(土) 16:05~ 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(チケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認 『J・エドガー』公式サイト FBI初代長官の話。 「アンタッチャブル」のような爽快な話ではなく、同性愛疑惑もあり吃音で実は小心者であるという興味深い男が色々と暗躍する話だ。 賞に恵まれないディカプリオ君だが、今回太った老人を熱演するも、声に張りがあるのが多少気になる。 (偽装)結婚を企むエドガーに副長官が嫉妬、ぶん殴り乱闘になるが、マウントポジションを取り強... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 02時18分

» J・エドガー [映画と本の『たんぽぽ館』]
真の姿を覆い隠すヨロイ                  * * * * * * * * * * さて、イーストウッド監督作品なので、久しぶりにまた出てきました〜。 007よりはハリキリがいがある。 でも、実はこの作品を見るのは、あんまり乗り気ではなかっ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月18日 (土) 15時48分

» J・エドガー [映画的・絵画的・音楽的]
 『J・エドガー』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)こうした実在の人物を描く作品はあまり好みませんが、クリント・イーストウッド監督(注1)が制作し、L・ディカプリオ(注2)の主演ということであれば、何はともあれ見ざるを得ないところです(同監督の『インビクタ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月24日 (金) 05時52分

» ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [メルブロ]
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(原題: EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE) 393本目 2012-05 上映時間 2時間9分 監督 スティーヴン・ダルドリー 出演 トム・ハンクス(トー ... [続きを読む]

受信: 2012年3月25日 (日) 18時53分

» 12-037「J・エドガー」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
花のようにしおれずに強くなれ   人生の終盤に差し掛かったFBI長官J・E・フーバー。彼は回顧録の作成にとりかかり、部下に書き取りを命じて語り出す。  1919年、司法省に勤務していたフーバーは、長官の目に留まり、新設された急進派対策課を任される。これを機に、秘書室のヘレンにプロポーズするが断られてしまう。それでもフーバーは、彼女を個人秘書として生涯にわたって雇い続けることに。  その後、FBIの前身である司法省捜査局の長官代行となったフーバーは、片腕となるクライド・トルソンと秘書の...... [続きを読む]

受信: 2012年4月 8日 (日) 12時57分

» J・エドガー [迷宮映画館]
一人の男の人生と、アメリカの歩んだ道のりが哀しくクロッシング。 [続きを読む]

受信: 2012年4月16日 (月) 20時14分

» J・エドガー           評価★★★★85点 [パピとママ映画のblog]
「インセプション」のレオナルド・ディカプリオが、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーに扮し、創設から50年もの間、そのトップに君臨し続けた権力者の隠された生涯を描く。監督は「ヒア アフター」のクリント・イーストウッド。共演は「フェア・ゲーム」のナオミ・...... [続きを読む]

受信: 2012年4月17日 (火) 23時33分

» J・エドガー [ルナのシネマ缶]
正直、クリント・イーストウッド作品と しては、ちょっと物足りない感じが しましたが、FBI初代長官フーバーの 裏の部分を赤裸裸に描いた作品でした。 いろんな映画に登場するFBIが こうして築き上げられた上にあると いうのは、なかなか面白いし、 考えさせられますよね。 1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー (レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領に仕え、 数々の戦争をくぐり抜け、半世紀にわたって法の番人として アメリカをコントロールしてきた。 ... [続きを読む]

受信: 2012年4月29日 (日) 01時56分

» 映画『J・エドガー』を観て [kintyres Diary 新館]
12-17.J.エドガー■原題:J.Edgar■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:137分■字幕:松浦美奈■観賞日:2月23日、渋谷シネパレス(渋谷) □監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド◆レオナルド・ディカプリオ(J.エドガー・フーバー)◆ナオミ・ワッツ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月30日 (月) 19時07分

» 『J・エドガー』オスカーにノミネートならず [コナのシネマ・ホリデー]
クリント・イーストウッド監督とレオナルド・ディカプリオがタッグを組んで描いたJ・エドガー・フーバーの人生。半世紀に渡ってひとつの椅子に座り続けた男の人生とは、一体どんなものだったのか?オスカーを狙った意欲作は、しかし... [続きを読む]

受信: 2012年6月 3日 (日) 00時17分

» J・エドガー [いやいやえん]
これイーストウッド監督作品だったんですねぇ。 ジョン・エドガー・フーバーといえばFBI。アメリカ犯罪史にとって重要な科学捜査を確立させ、指紋管理システムを作り大組織へと変貌させた男。実に48年もの間長官を勤め上げ、その正義感と悪の部分が両立した複雑な人物をレオナルド・ディカプリオさんが演じています。 護国信念の先にあるものは、手段を選ばない非情さもあわせもつ曲者。右腕でもあったトルソンとの関係など、彼の人生は、切なさだけでは括れない哀しみとなって描かれる。 老年期から始まり過去の回想と... [続きを読む]

受信: 2012年6月 8日 (金) 09時59分

» 猜疑心と虚栄心、そして愛 『J・エドガー』 [映画部族 a tribe called movie]
監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュディ・デンチアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点 [続きを読む]

受信: 2012年6月22日 (金) 12時43分

» 「J・エドガー」  !!(゚ロ゚屮)屮マザコンでホモかよ! [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
レオナルド・ディカプリオ主演映画来ましたよ[E:sign03] しかも[E:si [続きを読む]

受信: 2012年6月22日 (金) 20時22分

» J・エドガー [こんな映画見ました〜]
『J・エドガー』---J. EDGAR---2011年(アメリカ)監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ 、アーミー・ハマー 、ジュディ・デンチ 初代FBI長官ジョン・エドガー・フーバーの生涯を、クリント・イーストウッド監...... [続きを読む]

受信: 2012年8月 1日 (水) 15時43分

» J・エドガー [I am invincible !]
J. Edgar FBI長官のジョン・エドガー・フーヴァー(レオナルド・ディカプリオ)は、そろそろ色々語っても良い頃合かも知れないと考え、捜査官に回顧録の口述速記をさせることにした。 それは、彼がキング牧師を警戒するようになっていた頃の事だった。 1919年。 司…... [続きを読む]

受信: 2012年8月12日 (日) 22時23分

» J・エドガー [ただの映画好き日記]
ジョン・エドガー・フーバー。FBI初代長官にして、死ぬまで長官であり続けた男。 [続きを読む]

受信: 2013年1月 3日 (木) 09時18分

» 「J・エドガー」(2011・米) [ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー]
クリント・イーストウッド監督作品、レオナルド・ディカプリオ主演映画 「J・エドガー」を試写会で観てきました。 映画の公開日は1月28日です。 J・エドガーと言われると「誰?」って感じですが、 これが「フーバー長官」と言われると なんか聞いたことがある感じです。 そう、これはFBI初代長官にして死ぬまで長官で有り続けた J・エドガー・フーバーの物語なのです。 実在の人物を演じるディカプリオという事で ... [続きを読む]

受信: 2013年4月29日 (月) 18時55分

» 【映画】J・エドガー…ヤッパリ、アメリカの昔話は退屈 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
一昨日、帰省する息子を小倉駅まで迎えに行った足で、そのまま「アイアンマン3」を観てきました 感想文は後日…といっても、まだ「アベンジャーズ」のもアップしていない私でした 早速ですが、以下は映画観賞記録です(もうすぐ1年遅れに) 「J・エドガー」 (監督...... [続きを読む]

受信: 2013年4月29日 (月) 21時07分

» J・エドガー  監督/クリント・イーストウッド [西京極 紫の館]
【出演】  レオナルド・デュカプリオ  ナオミ・ワッツ  アーミー・ハマー 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J・エドガー・フーバー。彼は自分の業績を回顧録に残そうと考え、自らのキャリアについて語り始める。1919年、当時の司法長...... [続きを読む]

受信: 2013年4月30日 (火) 22時05分

» クリントイーストウッドの「Jエドガー」、デカプリオが好演! [ひろの映画日誌]
日本では、Jエドガーといってもピンとこない人もいるが、フーバーといえば、例のギャング映画などでもおなじみだ。 FBI連邦捜査局の前身から、局長となり、50年にわたりFBIひいてはアメリカの治安を背負ってきた大物の自伝映画だ。 デカプリオは青年から老年ま...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 1日 (水) 20時17分

« 「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」 よろしく勇気 | トップページ | 「麒麟の翼~劇場版・新参者~」 何も知らない »