« 「謎解きはディナーのあとで」 お寒い演出 | トップページ | 「ストロベリーナイト」 原作に忠実にいい仕上がり »

2012年1月 2日 (月)

「永遠の僕たち」 消化しきれていない死

2012年、最初の作品はこちら、「永遠の僕たち」です。
他のブロガーさんの昨年の総括を読んでいるとこちらの作品をあげていた方も何人かいらっしゃったので。
実はガス・ヴァン・サント作品を観るのは初めてだったりする〜(映画ファンか、それでも)。
邦題を観ると、難病恋愛もののように感じられるのですが(そういう要素もありますが)、この作品の本質というかテーマはずばり「死」ですね。
作品のテーマとしてはやはり原題の「Restless」が当を得ていると思います。
「Restless」の意味は「落ち着かない」「そわそわする」です。
では何に対して「落ち着かない」のかというとそれは「死」なのです。
「死」を題材にした映画や小説その他の創作活動というのは、数えたらキリがありません。
突き詰めていけばすべて「死」(と「生」)に繋がるのではないかというくらい。
それは人間が人間であるがゆえに考えてしまうことなのかもしれません。
では、「死」についてどれだけ人を知っているのか。
「死亡」という現象については知っているでしょう。
それを心臓が停止した状態なのか、脳の活動が停止した状態かという論議はありますが、そういう状態は認識できるわけです。
でもそれこそ「人は死んだらどうなるの?」という子供に聞かれたら答えに窮する問題について確信をもって答えられる人はいないでしょう。
まさに「死んでみないとわからない」わけです。
わからないこそ「死」について考えると「落ち着かない」わけです。
子供の頃、ふと「自分は死んだらどうなるのだろうか?」と寝床で思ったことがあります(変な子だ)。
そのときとても怖くなったというか、よくわからなくてまさに「落ち着かない」気持ちになったことを覚えています。
結局そのときは考えてもどうしようもなくて寝てしまった(!)わけですが、それから大人になってからもふと自分は死んだらどうなるのかという考えがよぎるときはあります。
いつも、結局わからないわけで、なんとなく本能的にタブーに踏み込みそうな感じで、考えることをやめてしまうわけですね。
そのタブーに踏み込んでしまう感じが「落ち着かない」感じなのではないかと思ったりします。
主人公イーノックは、両親と自分が乗っていた自動車が事故に合い、両親は死亡し、それを知らぬまま彼自身も生死をさまよって生き残ったという経験があります。
自分が目覚めた時、両親はもういない。
彼が眠っている間に両親の死は起こったわけですから、彼にとっては目覚めた時に両親の死というものが突然現れたように感じるわけです。
また彼も「死」を体験し、そこから帰還したわけです(彼はそこにあるのは「無」だと言います)。
彼には両親の「死」、そして自分の「死」というものが他の誰よりものしかかっていて、彼を離さないのです。
彼は「死」というものと対面し続け、そしてそれを自分の中で消化しきれていないのだろうと思います。
おそらくその「消化しきれていない死」の象徴がヒロシという「幽霊」であると思います(ヒロシが特攻隊員であり、「死」というものと生きている間に向き合った人間であるということがイーノックと対称的)。
普通生活をしていると「自分の死」を想像したとしても、すぐにその考えを払ってしまうと思います。
なにか落ち着かないから。
けれど彼はその体験によりずっと「死」を考え続けます。
だからずっと「落ち着かない」。
その気分から逃れられない。
「死」というものを理解しようとするために、彼は葬儀に紛れ込むということを何度も行ったのだろうと思います。
けれど死期が迫っているアナベルという少女と出会い、彼女と過ごし、そして彼女の死への道のりをいっしょに生きたことにより、イーノックは「死」というものを消化できる機会を与えられたのかもしれません。
アナベルと一緒にヒロシが去るということは、彼女との時間がイーノックの「消化しきれていない死」を消化させてくれたということなのでしょう。
「死」から逃れられる人はいない。
いつか必ず訪れる。
だから生きている間に「死」というものに囚われ過ぎると、逆に「生きている」ということが希薄になってしまうのかもしれません。
「死」に囚われ「生きている」とはいえないイーノックをアナベルは開放してあげたということにもなるのかもしれませんね。

と、こういう文章を正月から書いていると「落ち着かない」気分になってくるなぁ。
考えるの止めようっと。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「謎解きはディナーのあとで」 お寒い演出 | トップページ | 「ストロベリーナイト」 原作に忠実にいい仕上がり »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

そうなんですよ、ガス・ヴァン・サントは初めてなのです。
なんとなく苦手意識を持っていました。
「ミルク」はみなさんいいって言いますよね。
イーノックと「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のオスカーは境遇が似てますよね。
親の死を受け入れられないという。
受け入れるために、なにかしらの過程がいるということなのでしょうね。

投稿: はらやん | 2012年3月19日 (月) 21時55分

落ち着かない・・・と言う割には、悟りきった青年たちだなあと、思いました。
でも、邦題には違和感を感じましたわ。
なんだかこそばゆいような、羨ましさを感じる世界でした。
ガスヴァン、初めてとは意外ですね。
「マイ・プライベート・アイダホ」に「誘う女」とか好きだったです。
最近だと「ミルク」が印象的でした。
なんだかんだ言って、ほとんど見てるかも。

投稿: sakurai | 2012年3月19日 (月) 21時31分

ほし★ママさん、こんにちは!

イーノックは自分が意識不明の時に両親を失ったわけですよね。
目覚めたら両親はいなかった。
なにかしらの覚悟があったわけではなく、突然消えていた。
彼が死を受け入れられなかったのもわかります。
彼はアナベルとの生、そして彼女との死により、ようやく死を理解できたのだと思います。
最後の笑顔はとても良かったですよね。

投稿: はらやん | 2012年1月21日 (土) 14時56分

死を消化しきれていない~なるほど、何だかとてもしっくりと腑に落ちました。
「死」を消化したイーノックが「生」とどう向き合うかは描かれないままでしたが
ラストの笑顔が本当にきれいだったので、私もこの作品を「消化」した気になっています。

投稿: ほし★ママ | 2012年1月20日 (金) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/53636792

この記事へのトラックバック一覧です: 「永遠の僕たち」 消化しきれていない死:

» 永遠の僕たち/ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮 [カノンな日々]
とりあえず、何はさておき加瀬亮さん目当てです。予告編での加瀬亮さんの特攻隊員の制服姿がミョーに似合っていたように思えるのは気のせいでしょうか?どうやら幽霊役らしいんで ... [続きを読む]

受信: 2012年1月 2日 (月) 22時53分

» 永遠の僕たち [LOVE Cinemas 調布]
両親の死から立ち直れず、自分も臨死体験をした青年と、脳腫瘍で余命3ヶ月の少女の間の淡く切ない恋愛模様を丁寧に描く。監督は『ミルク』のガス・ヴァン・サント。主演は故デニス・ホッパーの息子ヘンリー・ホッパーと『アリス・イン・ワンダーランド』のミワ・ワシコウスカ。共演に日本の加瀬亮も出演している。第64回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門のオープニング上映作品。... [続きを読む]

受信: 2012年1月 2日 (月) 23時42分

» 永遠の僕たち [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Restless - 映画ポスター - 27 x 40みずみずしい感性が光る異色の青春映画「永遠の僕たち」。死がテーマの物語だが最後には生きる希望へと至る。両親を交通事故で失い、自らも臨死体験を ... [続きを読む]

受信: 2012年1月 2日 (月) 23時50分

» 『永遠の僕たち』 [・*・ etoile ・*・]
'11.12. 27 『永遠の僕たち』@シネマライズ 今年の東京国際映画祭特別招待作品。すごく見たかったのに、時間が合わなくていけなかった・・・ 『宇宙人ポール』見に行った時、シネマライズの前を通りかかりmigちゃんとtomocoさんと見に行くことに決定! 当日、偶然渋谷にいらしたrose_chocolatさんも合流して行ってきたー♪ *ネタバレありです! 「他人の葬儀に勝手に参列しているイーノック。係員に見咎められたところを助けてくれたアナベル。2人は自然と惹かれあっていくが、アナベルに... [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 16時30分

» 『永遠の僕たち』 ('12初鑑賞3・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 1月3日(火) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 11:35の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 21時31分

» 永遠の僕たち / Restless [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」で証明済み、 思春期のジェネレーションを描かせたら右に出るものなし?のガス・ヴァン・サントが描く、 不治の病に冒された少女と、死に取り憑かれた青年の、 ち...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 09時17分

» 映画・永遠の僕たち [お花と読書と散歩、映画も好き]
2011年 アメリカ原題 Restless 不治の病に冒され余命3ヶ月の少女アナベル(ミア・ワシコウスカ)両親を交通事故で亡くしてから死に取り憑かれた少年イーノック(ヘンリー・ホッパー)二人のナイーブで優しいラブストーリーですもう一人、重要な役回りを演じるのが...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 11時12分

» 永遠の僕たち [ダイターンクラッシュ!!]
2011年12月25日(日) 16:05~ TOHOシネマズ川崎8 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『永遠の僕たち』公式サイト ガス・ヴァン・サントの青少年映画は、鬱屈した奴が出てきて、救いの無い終わり方をするという印象を、一方的に持っているのだが、本作の予告編は好感度が高い。 で、本作だが、主人公は、登校拒否生徒で告別式に潜り込むのが趣味と、やはり鬱屈した奴なのだが、特攻隊の幽霊加瀬亮による説教というか体罰というかや、余命幾許もなしのヒロインとの出会い... [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 13時19分

» 終わりじゃない〜『永遠の僕たち』 [真紅のthinkingdays]
 RESTLESS  両親を亡くし、高校をドロップアウトした少年イーノック(ヘンリー・ホッパー) は、ある告別式で透き通るような存在感の少女・アナベル(ミア・ワシコウスカ) と出逢う。 ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 13時47分

» 永遠の僕たち(2011)☆RESTLESS [銅版画制作の日々]
 天国より近くにいる君へ 評価:+8点=78点 フリ―パスポート第三弾はこの作品を鑑賞! 何か微妙な点数になりました。 一番気に入ったのはこの映像かな。淡い雰囲気でちょっとぼんやりしている。時代はいつごろなのかしら? ミア・ワシコウスカのファッションもな...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 20時53分

» 〜『永遠の僕たち』〜 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2011年:アメリカ映画、ガス・ヴァン・サント監督、ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮、シュイラー・フィスク、ジェーン・アダムス出演。 [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 21時01分

» ガス・ヴァン・サント監督『永遠の僕たち』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、音楽に触れています。ガス・ヴァン・サント監督『永遠の僕たち』原題 : Restless物語・交通事故によって両親を失い、臨死体験をした少年イーノック(ヘンリーホッパー)。高校を中退した後、た... [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 21時52分

» 映画「永遠の僕たち」生きることに実感できない毎日の空虚 [soramove]
「永遠の僕たち」★★★☆ ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮出演 ガス・ヴァン・サント監督、 90分、 2011年12月23日公開 2010,アメリカ,ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (原題:RESTLESS) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 不治の病に冒された少女と、 死に取り憑かれた青年の恋の物語 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月 5日 (木) 18時56分

» 『永遠の僕たち』 [beatitude]
イーノック(ヘンリー・ホッパー)は、自動車事故で両親を亡くして以来、生きることを諦めてしまった少年。見知らぬ人の葬儀に、遺族のふりをして参列することが彼の趣味だった。ある時、いつものように葬儀に参列していると、係員から問い詰められてしまう。窮地を救って...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 6日 (金) 00時31分

» 永遠の僕たち [風に吹かれて]
two of usthree of us か?公式サイト http://www.eien-bokutachi.jp舞台劇“Of Winter and Water Birds”の映画化監督: ガス・ヴァ [続きを読む]

受信: 2012年1月 6日 (金) 14時32分

» 『永遠の僕たち』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「永遠の僕たち」□監督 ガス・ヴァン・サント □脚本 ジェイソン・リュウ □キャスト ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬 亮■鑑賞日 12月30日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 8日 (日) 08時49分

» 死と素敵な笑顔。【映画】永遠の僕たち [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】永遠の僕たち 監督はガス・ヴァン・サント監督。 主演にデニス・ホッパーの息子ヘンリー・ホッパー。 アリス・イン・ワンダーランドのミア・ワシコウスカ。 日本の加瀬亮も重要な役で登場。 【あらすじ】 交通事故によって両親を失い、臨死体験をした少年イー... [続きを読む]

受信: 2012年1月 8日 (日) 11時26分

» 映画:永遠の僕たち Restless「死」に取り付かれた青春映画、ってかなり嫌悪しつつ妙に残るものが、嗚呼... [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
「死」にまつわるストーリー展開は、基本パスな私。 なのだけれど、監督がガス・ヴァン・サントなので。 他人の葬式に勝手に参加する少年。 これにからむ女性、そして幽霊(なんと特攻隊員!) この関係性が少しずつ動き出す。 最初は嫌々(笑)観ていた。 のだが、...... [続きを読む]

受信: 2012年1月10日 (火) 23時58分

» 永遠の僕たち [C note]
映画納めはガス・ヴァンサント監督の新作。 昨年亡くなったデニス・ホッパーの息子ヘ [続きを読む]

受信: 2012年1月12日 (木) 16時32分

» 1★永遠の僕たち [レザボアCATs]
’10年アメリカ 原題:Restless 監督: ガス・ヴァン・サント 製作: ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード、ブライス・ダラス・ハワード、ガス・ヴァン・サント 製作総指揮: エリック・ブラック、デビッド・アレン・クレス、フランク・マンクーソ・Jr. 脚本: ジェイソン・リュウ 撮影: ハリス・サビデス 音楽: ダニー・エルフマン キャスト: ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮、シュイラー・フィスク、ジェーン・アダムス、ルシア・ストラス、チン・ハン これは去年のベス... [続きを読む]

受信: 2012年1月12日 (木) 19時17分

» 映画『永遠の僕たち』@劇場 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
ノーチェックだったのですが、時間がピッタリだったのと 加瀬くんが出ていることを知って、観て参りました。 『永遠の僕たち』 [続きを読む]

受信: 2012年1月13日 (金) 21時47分

» 『永遠の僕たち』 [映画大陸]
 若い頃には死に魅せられることがあると思う。  まだ遠くにあると思っているからこそ興味を持ち、それを覗きこんでみたくもなる。死というものが身近でないからこそ探求したく ... [続きを読む]

受信: 2012年1月14日 (土) 16時42分

» 永遠の僕たち(Restless) [KATHURA WEST]
永遠の僕たち 原題:Restless 監督:ガス・バン・サント 脚本:ジェイソン・リュウ 撮影:ハリス・サビデス 音楽:ダニー・エルフマン キャスト: ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮、シュイラー・フィスク、ジェーン・アダムス、ルシア・ストラス、チン・ハン、他 2010/アメリカ オフィシャルサイト 《生と死》について、若者たちに向けたメッセージ。 けっして遅すぎるわけではないが、できれば、もっともっと若い時代に観たかった。 絶対に記念碑的な作品になっ... [続きを読む]

受信: 2012年1月14日 (土) 18時16分

» 死を感じながら [笑う学生の生活]
4日のことですが、映画「永遠の僕たち」を鑑賞しました。 臨死体験を葬式に参列するのを日常とする少年、病で余命わずかな少女 2人の交流と恋・・・ ストーリーはなんてことないのだが 非常に空気感ができていますね ピュアで繊細な、優しい・・・ 2人の恋、青春劇...... [続きを読む]

受信: 2012年1月20日 (金) 22時26分

» 「永遠の僕たち」 [みんなシネマいいのに!]
 交通事故で両親を失い、臨死体験をした少年イーノック。 それ以来、日本人の特攻青 [続きを読む]

受信: 2012年1月22日 (日) 19時29分

» 永遠の僕たち [食はすべての源なり。]
永遠の僕たち ★★★★☆(★4つ) 余命三ヶ月と、臨死体験をした期限付きラブストーリー。 死を死として描き、美化されずよかったと思います。 加瀬さんの英語発音がきれい!と思ったら、帰国子女だったんですね。...... [続きを読む]

受信: 2012年1月28日 (土) 13時07分

» [映画『永遠の僕たち』を観た(スマン、短信だ)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆これは、激烈な傑作であった。  残業を午後八時までした後、家と逆方向の多摩センターまでレイトショーを観に行き、心に、淡々と、だが大きな感動を、この作品は与えてくれた。    ◇  見知らぬ者の葬式に参列し、雰囲気をそれとなく観察することを趣味としている...... [続きを読む]

受信: 2012年2月10日 (金) 20時58分

» 永遠の僕たち [Diarydiary! ]
《永遠の僕たち》 2011年 アメリカ映画 - 原題 - RESTLESS 両親 [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 17時52分

» ■映画『永遠の僕たち』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
17歳で死を目前にした少女、両親を事故で亡くし自身も臨死体験をした少年、特攻隊として自ら敵機に飛び込んだ体験を持つ日本兵。 この三人が過ごすまぶしい日々を描いた映画『永遠の僕たち』は、重いテーマを持ちながらも、キラキラとまぶしい青春物語です。 生と死の狭間でゆ... [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 22時58分

» 永遠の僕たち [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「ミルク」のガス・ヴァン・サント監督が、事故で両親を失った孤独な少年とガンで余命いくばくもない少女の交流を繊細なタッチで綴ったラブストーリー。出演は、個性派俳優デニス ... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 23時29分

» 映画:永遠の僕たち [よしなしごと]
 まだ見てから1ヶ月もたっていないのに、見たこともすっかり忘れてました。と言うわけで今回は永遠の僕たちのレビュー記事です。 [続きを読む]

受信: 2012年2月24日 (金) 00時02分

» 映画『永遠の僕たち』を観て [kintyres Diary 新館]
11-93.永遠の僕たち■原題:Restless■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:90分■字幕:寺尾次郎■観賞日:12月30日、TOHOシネマズシャンテ □監督・製作:ガス・ヴァン・サント□脚本(脚色):ジェイソン・リュウ□撮影監督:ハリス・サヴィデス□編集:エリオ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月26日 (日) 11時38分

» 永遠の僕たち [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★“リア充爆発しろとか思うことすら忘れるくらいの眩しい恋です”余命わずかな女の子との恋物語は日本のドラマなどでもわりとよくある話のように思います。 この映画の面白いところは、人の死に惹かれてしまったという主人公と、その友人のヒロシの存在だと思います。 赤の他人の葬儀に参列するなんて常識では考えられない不謹慎な奇行ですよね。 イーノックの両親が死んだ事故の際、一緒に車に乗っていた彼は昏睡状態となり、臨死体験をします。そんな中で両親の葬儀が執り行われ、言ってみればイーノックが知らないうちに両親が墓... [続きを読む]

受信: 2012年3月12日 (月) 13時33分

» 永遠の僕たち [愛猫レオンとシネマな毎日]
大好きなガス・ヴァン・サント監督の最新作です。 故デニス・ホッパーの息子ヘンリー・ホッパー 「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカ そして、加瀬亮の3人が織りなすラブストーリーでした。 ガス監督作品の中で、ワタシは1番好きです。 主人公イーノックを演じたヘンリー・ホッパーの魅力に、とにかくメロメロ! 加瀬亮さんも、いい!ミワだって、いい! 漂う空気感が、大好きでした。 余命三ヶ月の少女と出会い、お互いに恋をする。 いわゆる難病もので、涙の別れを想像しちゃう... [続きを読む]

受信: 2012年3月12日 (月) 23時09分

» 永遠の僕たち [迷宮映画館]
ガス・ヴァン・サントがこんな映画を撮るとは!!と、ちょっとびっくり。 [続きを読む]

受信: 2012年3月19日 (月) 21時31分

» 12-036「永遠の僕たち」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
生きていることに驚き、目覚めて鳥は歌いだす   交通事故で両親を失い、自身も臨死を体験した少年、イーノック。以来、日本人の特攻青年ヒロシの霊が見えるようになり、今では唯一の話し相手となっていた。  すっかり死にとらわれてしまった彼は、見ず知らずの故人の葬式に紛れ込むことを繰り返していた。  ある日、それを見とがめられた彼は、参列者の少女アナベルに救われる。彼女は余命3ヵ月であることをイーノックに打ち明け、2人は急速に距離を縮めていく。  そしてそんな2人を、イーノックの傍らでヒロシ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月 8日 (日) 13時00分

» 永遠の僕たち [新・映画鑑賞★日記・・・]
【RESTLESS】 2011/12/23公開 アメリカ 90分監督:ガス・ヴァン・サント出演:ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮、シュイラー・フィスク、ジェーン・アダムス、ルシア・ストラス、チン・ハン 天国より近くにいる君へ 交通事故で両親を失い、自身も臨死...... [続きを読む]

受信: 2012年5月16日 (水) 11時28分

» 永遠の僕たち [悠雅的生活]
葬式ゲーム。自然観察者。敬意のお辞儀。 [続きを読む]

受信: 2012年6月21日 (木) 23時01分

» 永遠の僕たち [あーうぃ だにぇっと]
永遠の僕たち 7月8日(日)@ギンレイホール 思い起こしてみれば・・・このころから腹痛があった。(笑) [続きを読む]

受信: 2012年9月24日 (月) 06時13分

» 「永遠の僕たち」 [It's a wonderful cinema]
 2011年/アメリカ  監督/ガス・ヴァン・サント  出演/ヘンリー・ホッパー      ミア・ワシコウスカ      加瀬 亮  ずっと観たかった作品。ようやく観賞できました。  交通事故で両親を失い、自らも臨死体験をしたしたイーノック(ヘンリー・ホッパー)。彼は他人の葬式に参加してまわるという趣味を持っていたが、ある日ガンで余命3カ月のアナベル(ミア・ワシコウスカ)と出逢う。そんな二人をイーノックにしか見えない、特攻隊で命を落としたヒロシ(加瀬亮)が見守るのだった・・・とい... [続きを読む]

受信: 2012年10月29日 (月) 23時29分

» 『永遠の僕たち』’11・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ他人の葬式を覗いて歩くことを日常とするイーノックは、そこでアナベルと出会い・・・。解説原題は『RESTLESS』で、「落ち着かない」という意味が分かる日本人は多くないって... [続きを読む]

受信: 2012年12月12日 (水) 22時52分

» 『永遠の僕たち』’11・米 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじ他人の葬式を覗いて歩くことを日常とするイーノックは、そこでアナベルと出会 [続きを読む]

受信: 2012年12月12日 (水) 22時54分

» 永遠の僕たち [ただの映画好き日記]
交通事故で両親を失い、臨死体験をした少年・イーノック。話し相手は、彼だけが見える死の世界から来た青年・ヒロシだけだった。 [続きを読む]

受信: 2012年12月26日 (水) 18時38分

» 永遠の僕たち(2011) RESTLESS 90分 [極私的映画論+α]
 親父にめちゃ似てました(笑) [続きを読む]

受信: 2014年1月17日 (金) 07時10分

» 永遠の僕たち [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
永遠の僕たち (初回生産限定ポストカード4枚組付き) [Blu-ray]クチコミを見るみずみずしい感性が光る異色の青春映画「永遠の僕たち」。死がテーマの物語だが最後には生きる希望へと ... [続きを読む]

受信: 2015年1月19日 (月) 23時50分

» 「永遠の僕たち」 [prisoners BLOG]
主要人物が全員死と絡んでいるという珍しい作り。 事故で両親を失い自分も臨死体験をした青年、若くして死病に罹っているその恋人、さらに加瀬亮扮する特攻隊員の幽霊がしばしば現れる。 死にたくなくても自分から死んでいったというあまり世界にも例のない死に方というこ...... [続きを読む]

受信: 2015年1月20日 (火) 22時47分

« 「謎解きはディナーのあとで」 お寒い演出 | トップページ | 「ストロベリーナイト」 原作に忠実にいい仕上がり »