« 本 「三国志 -演義から正史、そして史実へ-」 | トップページ | 「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」 今現在、作られ、観られる意味 »

2011年12月24日 (土)

「ワイルド7」 逸脱する超法規的力

望月三起也さんのマンガ「ワイルド7」の実写化作品です。
世代的には自分よりもちょっと前なので原作マンガは読んだことはなく、それを映像化したテレビドラマが微かに記憶にあるくらい。
なのでオリジナルと比べて云々という感じではなく、フラットに観てきました。
ワイルド7とは超法規的な武装集団で裁判にかけることなく悪人たちを抹殺する組織です。
その構成メンバーはすべて元凶悪犯の男たち。
言わば毒には毒を、悪には悪をということです。
ワイルド7のワイルドは法に縛られぬ野生という意味でのワイルドと、切り札=ワイルドカードの意味合いを持っているのかもしれません。
法では裁けない、また正統な手続きでは追いつけない悪に対して、何かしら鉄槌を下したいという気持ちはあるもので、だからこそ本作や「仕事人」のようにルールに縛られずに悪を倒すという物語は生み出されていくのでしょう。
ただ「ワイルド7」が「仕事人」とは違うのは、その活動が指令に基づくものであるということです。
「仕事人」は悪に泣く市井の人びとの恨みのこもった依頼によって、悪を裁く。
しかし「ワイルド7」は、超法規的組織とはいえ、やはり国家の指令によって動くわけです。
そこに危うさがあるわけです。
悪を悪と指定するのは国家であるわけです。
それならば、そもそも運用する者たちが、悪であったならばどうなるのかと。
本作では公安調査庁の情報機関であるPSUという組織が出てきます。
その組織はありとあらゆる情報を持っており、その組織のトップはすべての個人情報にすらアクセスする権限を持っています。
その権限自体はインテリジェンスな力で、ワイルド7のバイオレンスな力とは真逆ではありますが、これも超法規的なものと言えます。
本作ではPSUのトップである桐生がその超法規的な権限を使い悪事を行うわけです。
超法規的な力、インテリジェンスかバイオレンスかという違いはあるにせよ、その二つは同じようなものです。
緊急時に正しく使われればそれを危機の回避に大きな力を発揮しますが、悪意を持って使われれば逆に大きな災いとなってしまう。
超法規的であるがゆえにその力は世間からは見えないわけで、それだからこそなおさらに危険なわけです。
悪事を行われている側(一般市民)が、その悪事に気づかないとういう状況になるわけですね。
逸脱する超法規的な力というものは怖いということです。

というようなことを考えましたが、アクション映画としてどうかというと・・・。
確かに7人揃ってバイクで出撃するシークエンスはカッコいいし、銃撃戦なども頑張っていたと思います。
しかし、肝心の物語がいまいちだったかな。
やはり倒すべき悪=桐生がちょっとしょぼすぎる。
予告を観ていると警察内部の巨悪という感じでしたが(ま、これもありがちと言えばありがちなんですが)、実際桐生がやっていたことは事件の連絡を遅らせてその間に株の投資を行い儲けるという(言わばインサイダー取引のようなもの)・・・。
これはこれで悪いことなんですけれど、銃乱射して乗り込むほどのものかと。
ま、桐生の性格などが嫌らしい感じなので、観ているときはやっつけちゃえという気持ちにはなるんですけれどね。
また飛葉とユキ、セカイとその娘のドラマもあったのですけれど、それほど深入りする感じもなくて中途半端な感じがしました。
メンバーが一人また一人と倒れていくところももう少し盛り上げがあるかなと思ったらそれほどでもなく、けっこうあっさり。
予告を観ているとみんな死んじゃうのかなと思ったのですが、倒れるけど死んじゃうわけではないんですよね。
最後を観ると(唯一死んだセカイに代わりユキが加わる)、死なないのは次回作を作りたいから、という理由がわかっちゃうのもややさびしい。
次のこと考えないで、まずはこの作品をしっかりと盛り上げて欲しいと思いました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「三国志 -演義から正史、そして史実へ-」 | トップページ | 「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」 今現在、作られ、観られる意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/53560798

この記事へのトラックバック一覧です: 「ワイルド7」 逸脱する超法規的力:

» ワイルド7 [LOVE Cinemas 調布]
1969年から「週刊少年キング」で連載された望月三起也の漫画で、72年にはTVドラマ化もされた作品を映画化。犯罪者の中から選ばれた7人が悪人を容赦なく“退治”していく痛快アクションエンタテインメントだ。主演は『一命』の瑛太。共演に椎名桔平、阿部力、宇梶剛士、深田恭子、中井貴一といった豪華な顔ぶれが揃った。監督は「海猿」シリーズの羽住英一郎が務める。... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 23時38分

» 映画「ワイルド7」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ワイルド7」観に行ってきました。 1969年~1979年にかけて週刊少年キング出連載された同名の原作マンガを、現代に舞台を替え実写映画化したアクション物。 物語は、マシンガンを持った武装集団が銀行強盗をやらかした挙句、人質のために警察が手を出せない中、人質を一方的に虐殺して逃走するところから始... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 23時53分

» ワイルド7 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
ワイルド7 オリジナルサウンドトラックリアリティはさておき、アクションはダイナミックな犯罪劇「ワイルド7」。出演者全員が大型免許を取得したというバイク・アクションに注目 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月25日 (日) 09時20分

» 映画「ワイルド7」やれば出来るじゃん!単純に面白かった [soramove]
「ワイルド7」★★★★ 瑛太、椎名桔平、丸山隆平、阿部力、宇梶剛士、 平山祐介、松本実、要潤、本仮屋ユイカ、 中原丈雄、吉田鋼太郎、深田恭子、中井貴一出演 羽住英一郎監督、 109分、 2011年12月21日公開 2011,日本,ワーナー・ブラザース映画 (原題:ワイルド7) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「事前知識ナシで鑑賞... [続きを読む]

受信: 2011年12月25日 (日) 10時34分

» ワイルド7 [こみち]
JUGEMテーマ:邦画nbsp;  昔の漫画がドラマになったり映画になったりとリバイバルではないが今年は他の媒体になるのが多い年でした。このワイルド7も昔漫画だったもの。残念ながら、私は原作を見ていません。 nbsp; 派手な銃撃戦も面白いが、本間ユキの意外な一面が nbsp; 面白かった。深田恭子がここまで演技ができるとは、意外でした。シリアスな女性を演じたのを見たことがなかったので、新鮮でした。 nbsp; &am... [続きを読む]

受信: 2011年12月25日 (日) 12時44分

» ワイルド7 [花ごよみ]
原作は1969から79年にかけて 「週刊少年キング」に連載された 望月三起也の漫画ということです。 その漫画の実写映画化。 監督は「海猿」シリーズの羽住英一郎。 元犯罪者から選び抜かれた、 国家の最高機密の特殊機関に属す 7人の強い絆で結ばれた男達、 通称ワイル...... [続きを読む]

受信: 2011年12月25日 (日) 14時45分

» 試写会「ワイルド7」 [日々“是”精進!]
「ワイルド7」(WILDSEVEN,WILD7,ワイルドセブン)の試写会に行ってきました「週刊少年キング」で連載され、1972年にはテレビドラマ化もされた漫画を映画化したアクション・エンターテ... [続きを読む]

受信: 2011年12月25日 (日) 16時53分

» ワイルド7/瑛太、椎名桔平、丸山隆平 [カノンな日々]
原作コミックのタイトルは耳にしたことはありましたが、見たことはないですしどういう作品なのかもこの映画の予告編で初めて知りました。たぶんその昔TVドラマでは大人気コンテン ... [続きを読む]

受信: 2011年12月25日 (日) 17時22分

» ワイルド7 [だらだら無気力ブログ!]
本仮屋ユイカはほんと可愛いなぁ。 [続きを読む]

受信: 2011年12月25日 (日) 18時51分

» 「ワイルド7」 [みんなシネマいいのに!]
 自分が「少年キング」を読んでいたのは「銀河鉄道999」が目当てではなく、「ワイ [続きを読む]

受信: 2011年12月25日 (日) 19時37分

» 映画『ワイルド7』@試写会 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
AU × ユナイテッドシネマのコラボ企画の試写会 劇場のポスターのバーコードを読み取ってワンクリック[E:note] こ [続きを読む]

受信: 2011年12月25日 (日) 20時44分

» ワイルド7 [新・映画鑑賞★日記・・・]
2011/12/21公開 日本 109分監督:羽住英一郎出演:瑛太、椎名桔平、丸山隆平、阿部力、宇梶剛士、平山祐介、松本実、要潤、深田恭子、中井貴一 悪を撃ち抜け愛を守り抜け ある日、ldquo;ワイルド7rdquo;の出動を要する事件が発生。メンバーたちが犯人を追い...... [続きを読む]

受信: 2011年12月25日 (日) 22時37分

» ワイルド7 欲張りすぎずにもすこし丁寧に作って欲しかったなあ [労組書記長社労士のブログ]
【=65 -12-】 原作は週刊少年キングに連載されていた、望月三起也らしく映画を観ているみたいなアクションシーンに子供心にドキドキするお色気にそしてバイクとバイオレンス、燃えた〜! テレビドラマはもっとかっこよかった、飛葉演じる小野進也がむちゃくちゃかっこよ...... [続きを読む]

受信: 2011年12月26日 (月) 10時26分

» 「ワイルド7」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 週刊少年キング(少年画報社・1988年休刊)誌にて1969年から約10年に渡って長期連載され、後の多くの作品に影響を与えたと言われる望月三起也原作のバイオレンスアクションコミックを、「海猿」シリーズの羽住英一郎監督で映画化。  激化する凶悪犯罪に対抗すべく... [続きを読む]

受信: 2011年12月27日 (火) 19時15分

» ワイルド7 [HAPPY LIFE]
ワイルド7  悪を撃ち抜け  愛を守り抜け 2011.11.29 TUE イイノホール ☆2011年12月21日公開 【監督】羽住英一郎 【原作】望月三起也 【脚本】深沢正樹 【CAST】 瑛太 椎名桔平 丸山隆平 阿部力 宇梶剛士 平山祐介 松本実 要潤 本仮屋ユイカ 中原丈雄 吉田鋼太郎 深田恭子 中井貴一 【STORY】 警視庁の草波警視正によって組織された「ワイルド7」。彼らは凶悪犯を処刑する 権限を与えられた超法規... [続きを読む]

受信: 2011年12月28日 (水) 00時49分

» ワイルド7 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
1969年から79年にかけて『週刊少年キング』に連載された望月三起也原作の漫画を「海猿」シリーズの羽住英一郎監督が映画化。犯罪者からスカウトされた白バイ警察官7人が、凶悪犯を追 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月28日 (水) 18時25分

» 『ワイルド7』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ワイルド7」 □監督 羽住英一郎□脚本 深沢正樹□原作 望月三起也□キャスト 瑛太、椎名桔平、丸山隆平、阿部 力、宇梶剛士、平山祐介、松本 実、       要 潤、本仮屋ユイカ、中原丈雄、吉田鋼太郎、深田恭子、中井貴一■鑑賞日 ...... [続きを読む]

受信: 2011年12月29日 (木) 08時55分

» 映画 「ワイルド7」 [ようこそMr.G]
映画 「ワイルド7」 [続きを読む]

受信: 2011年12月29日 (木) 13時53分

» 映画:ワイルド7 理由・利害を超えて突き動かされ、ラストまでハードボイルドに突き進むサマが美しい。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
日本離れした派手なアクションが人気だったコミックが映画化。 のっけからハードボイルド展開。 で そのまんま、ラストまで突き進む! やはりキーは主人公の飛葉大陸(写真) で、英太の飛葉大陸。 甘いマスクながら孤独からくる「鋭さ」をちゃんと両立させて...... [続きを読む]

受信: 2011年12月29日 (木) 17時54分

» ワイルド7 [あーうぃ だにぇっと]
ワイルド7 11月29日@新イイノホール [続きを読む]

受信: 2011年12月29日 (木) 20時05分

» ワイルド7 [to Heart]
悪を撃ち抜け 愛を守り抜け 上映時間 109分 原作 望月三起也 脚本 深沢正樹 監督 羽住英一郎 音楽 川井憲次  主題歌 L’Arc〜en〜Ciel (Ki/oon Records) 出演 瑛太/椎名桔平/丸山隆平/阿部力/宇梶剛士/平山祐介/松本実/要潤/本仮屋ユイカ/中...... [続きを読む]

受信: 2011年12月30日 (金) 14時20分

» ■映画『ワイルド7』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
瑛太、椎名桔平、丸山隆平、阿部力、宇梶剛士といった豪華メンバーが集合し、重量級のバイクで爆走する大迫力の予告編に、かなり期待が募っていた映画『ワイルド7』。 いやー、見応えありました、バイクシーンと銃撃シーンに関しては。 最近の日本映画で、ここまで迫力の銃... [続きを読む]

受信: 2012年1月 2日 (月) 00時51分

» ワイルド7 [はるみのひとり言]
昨日試写会で見て来ました。元犯罪者の中から選びぬかれた7人、通称「ワイルド7」。凶悪な事件に対して発動命令が出され、法を超越して犯罪者を処刑することを許されている男たち。ある事件をきっかけに裏側にある陰謀を知り、国家を敵にまわすことになって・・・。最初...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 2日 (月) 20時24分

» 『ワイルド7』 [ラムの大通り]
「結論から先に言うね。この映画はオモシロい」 ----あれれ、いきなりだニャ。 確か、この原作、そんなに好きじゃなかったのでは? 「イヤ、好きも嫌いも、 連載が『少年キング』。 あの頃、マンガが好きで マガジン、サンデー、チャンピオンは読んでいたけど、 さすがに...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 2日 (月) 23時08分

» ワイルド7 [ダイターンクラッシュ!!]
2012年1月1日(日) 14:20~ TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 『ワイルド7』公式サイト 高評価をしてしまった「THE LAST MESSAGE 海猿」だが、監督の羽住英一郎を信用した訳でない。 また、飛葉役とユキ役に多大な不安があり、一部メンバーの名称の変更も気になる。 相当の覚悟をして観に行ったので、ダメージは少ないが、単館系の日本映画を観ないような輩に、「だから、邦画は駄目なんだ。」と偉そうに語られるレベル。 羽住得意の、感動さ... [続きを読む]

受信: 2012年1月 2日 (月) 23時29分

» ワイルド7 [ルナのシネマ缶]
久々の試写会で観てきました。 原作のコミックも テレビのドラマも見た覚えは ないんですが・・・ なるほどねぇ〜、 こういう話だったんですね。 犯罪者の中から選ばれた7人の警察官、通称“ワイルド7”は 凶悪犯を射殺することができる特殊部隊だった。 ある日、メンバーたちが犯人を追い詰めた瞬間、 謎のスナイパーが現われ犯人を射殺して逃走する。 ワイルド7の飛葉(瑛太)はスナイパーを追跡するものの 見失ってしまう・・・・。 椎名桔平、宇梶剛士、中井貴一らのオジさんたち... [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 01時21分

» 【映画】ワイルド7 [★紅茶屋ロンド★]
<ワイルド7 を観て来ました> 製作:2011年日本 ヤプログさんの独占試写会にてちょっと早く鑑賞してきました 興味のあった作品だったのでとっても嬉しい!いつもありがとうございます。 今回はワーナー試写室(結構おなじみになってきた)で、鑑賞後には座談会もありました! 1969年~79年に連載されていた人気コミックが原作です。 原作は知らないんだけど、映画化決定した時点での周りの反応が凄かった(笑)。期待と不安が入り混じっていて、それだけ人気のある作品なんだろなぁ~と思ったら、あらすじだ... [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 10時11分

» ワイルドセブン [愛猫レオンとシネマな毎日]
「海猿」シリーズの羽住英一郎監督が、同名コミックを実写映画化。 ハリウッドテイストの娯楽作品に仕上がってます。 ここまでハデにやってくれちゃったら、見ててキモチいいです。 火薬の量も半端なくって、アクションも日本製にしちゃあ頑張ってました。 バイクで疾走するシーンなんて、カッコよくって萌えましたぁ~ 燃える炎を背にして立つ七人。このシーン、確か海猿にもあったような・・・ 羽住監督ですから、かっこいい画作りも、お手のもんですよね。 ワタシは、楽しませてくれたら、それでいいじゃんタイプなんで 少々... [続きを読む]

受信: 2012年1月 6日 (金) 21時16分

» シネトーク94『ワイルド7』●冒頭15分はOK!でもそれ以降はグダグダなことに・・・ [ブルーレイ&シネマ一直線]
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「原作に愛がない人は実写映画化を手掛けるべきではない」 シネトーク94 『ワイルド7』 監督:羽住英一郎 原作:望... [続きを読む]

受信: 2012年1月11日 (水) 01時28分

» ワイルド7 [りらの感想日記♪]
【ワイルド7】 ★★★☆ 映画(6) ストーリー 凶悪犯の処刑を許された警視庁の超法規的組織“ワイルド7”。そこに所属する7人のメンバーも飛 [続きを読む]

受信: 2012年1月23日 (月) 20時52分

» 映画:ワイルド7 [よしなしごと]
 見る前は映画仲間に「つまらないよ~!」とさんざん言われ、テンションが下がり気味。「どれだけつまらないか確認するために見に行った方がいいよ。」とまで言われてしまいました。劇場に入ると僕1人。そんなに人気ないのかよぉ~!と言うわけで今回はワイルド7のレビュー記事です。... [続きを読む]

受信: 2012年3月10日 (土) 10時15分

» 11-367「ワイルド7」(日本) [CINECHANが観た映画について]
悪を退治する権利があるのは7人だけ   凶悪犯の処刑を許された警視庁の超法規的組織“ワイルド7”。  そこに所属する7人のメンバーも飛葉大陸はじめ、いずれ劣らぬ元凶悪犯たち。彼らはワイルド7の創設者にして指揮官の草波勝警視正に率いられ、それぞれの特殊技能を武器に犯罪者を秘密裏に抹殺していく。  そんな中、ワイルド7の出動に先回りして標的を仕留める謎のライダーが現われる。ライダーの行方を追う飛葉だったが、今度はウイルスを積んだ飛行船を東京上空で爆破させるというバイオテロの犯行予告が。 ...... [続きを読む]

受信: 2012年3月11日 (日) 13時50分

» 「ワイルド7」 超金かかってますよ( ̄▽ ̄) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
この映画すげえ金かかってるな~[E:happy01] 70年代に人気を博した望月 [続きを読む]

受信: 2012年5月24日 (木) 00時02分

» ワイルド7 [銀幕大帝α]
11年/日本/119分/アクション/劇場公開(2011/12/21) −監督− 羽住英一郎 過去監督作:『逆境ナイン』 −主題歌− L’Arc〜en〜Ciel『CHASE』 −出演− ◆瑛太…飛葉大陸 過去出演作:『一命』 ◆椎名桔平…セカイ 過去出演作:『アウトレイジ』 ◆丸山隆平…パイロウ ◆阿部...... [続きを読む]

受信: 2012年5月25日 (金) 01時29分

» ワイルド7 僕は嫌いじゃないですけど!! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 2本目はこの作品、「ワイルド7」です。 【題名】 ワイルド7 【鑑賞手段】 映画館 【おすすめ度】 おすすめ! 【あらすじ】  警視庁の草波警視正(中井貴一)により、7人 [続きを読む]

受信: 2012年8月10日 (金) 21時59分

» 『ワイルド7』('13初鑑賞17・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆--- (10段階評価で 4) 2月10日(日) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2013年3月24日 (日) 21時13分

» 映画『ワイルド7』★そういう殺(や)り方もある^^;〜雑感です。 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
公式サイトです。  http://wwws.warnerbros.co.jp/wild7/index.html 作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/156318/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 極..... [続きを読む]

受信: 2014年3月30日 (日) 20時01分

« 本 「三国志 -演義から正史、そして史実へ-」 | トップページ | 「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」 今現在、作られ、観られる意味 »