« 本 「震災後 -こんな時だけど、そろそろ未来の話をしようか-」 | トップページ | 「映画 怪物くん」 われがまま »

2011年12月29日 (木)

「50/50 フィフティ・フィフティ」 ポジティブとネガティブと拮抗

いわゆる難病ものというのは、あまり好きじゃなかったりします。
(特に邦画の)難病ものは、お涙頂戴フォーマットに則って型にはまっていることが多くて、観ているとそれにげんなりしちゃうんですよね(と言いつつ泣かされてしまったりもするので悔しかったりもする)。
フォーマット化されているのですが、実際のところ現実はこんなんじゃないだろうとも思うわけです。
本作の主人公アダムは27歳と若いのにも関わらず、突然ガンを宣告され、余命がないということがわかります。
生きる可能性は半々、つまりフィフティ・フィフティということなのです。
ここでよくある難病映画フォーマットだったら、主人公は泣き叫んでしまったり、また人生を振り返るように自分の過去をたどっていったりするものですが、アダムは違います。
淡々と普段通りの生活をするのです。
セラピストに「気分はどう?」と聞かれても、「普通です」と答えます。
全然お涙頂戴フォーマットではないのですけれど、アダムの反応はリアルだなと思いました。
突然、自分の余命が幾ばくもないと告げられても、自分もそれがリアリティがあることなのか、急には腹に入らないかなと。
まだ普通に生活できる状態であるならなおさら。
僕もそうなるかもしれない。
普通に家に帰って、ご飯食べて、風呂入って、寝る。
けどだんだんとじわじわとそれがリアリティを増してきて、どんよりしていくような感じがします。
まさにアダムのように。
でもまだしばらくは死というものにリアリティを感じられず、前向きになるわけでもなく、後に向きになるわけでもない状態が続くように思います。
「大丈夫、治るさ」というポジティブな気持ちと、「もう死ぬんだ・・・」というネガティブな気持ちがまさにフィフティ・フィフティの状態で、その力同士が拮抗して結果的に、気分的には「普通」な状態になるというような。
このあたりの真逆の心の力が均衡して「普通」の状態になっているというのがリアルな感じがしました。
手術前日に車の中でアダムが叫んでしまうというのも、気持ちがよくわかりました。
それまではポジティブ/ネガティブがバランスをとれていたのに、前日ということもあり「死」というものがいよいよリアル感をもってアダムは感じたのでしょう。
だからネガティブの感情が強くなり、それまでのフィフティ・フィフティの感覚がバランスを崩したということなんでしょうね。
人ってほんと悪いこと、イヤなことでも直前までリアリティというものを感じなくて、「明日」とか「前日」になると怖くなるというところありますよね。
僕もそれまでは全然平気なのに、「明日」試験とか、プレゼン「前日」とかになると、暗い気分になってお腹痛くなったりしますもの。
なんかそういう気持ちの描き方がリアルだなぁと思いました。
リアルな感じがするのもそのはずで、本作の脚本ウィル・レイサー自身がガンの告知を受け、それから無事生還した経験を持っているのです。
本作にアダムの親友役で出ているセス・ローゲンはレイサーと友人ということで、彼はまさにレイサーの経験をすぐ近くで見ていたということです。
だからこそ、本作は気持ちのリアルさを感じるのかもしれません。
アダムを演じたジョゼフ・ゴードン=レヴィットがよかったですね。
「(500日)のサマー」あたりから注目している俳優さんですが、この人の持つ普通っぽさというのがいいですね。
この役はジェームズ・マカヴォイがやる予定だったようですが、降板になったので、急遽ジョゼフが演じることになったとか。
これは交替が吉とでた感じがしました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「震災後 -こんな時だけど、そろそろ未来の話をしようか-」 | トップページ | 「映画 怪物くん」 われがまま »

コメント

ノルウェーまだ〜むさん、こんばんは!

本作は病気をテーマにしながらも、お涙頂戴になっていないのがよかったです。
セス・ローゲンが演じていた友人、良かったですよね。
周りまで落ち込んじゃうんと本人もしんどいですから、彼も意識しながらポジティブに振る舞っていたんでしょうね。
アダムが彼の家で本を見つけたところは、ちょっとぐっときました。

投稿: はらやん | 2012年2月 5日 (日) 19時36分

はらやんさん☆
私も邦画の病気ものは苦手です。
この映画は、そういうしめっぽくわざと感動的にしてないところがいいですね。
熱い男の友情に感動しました。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2012年2月 5日 (日) 17時10分

やまべさん、こんにちは!

僕も邦画の難病ものは苦手なんですよね。
おっしゃるように無理矢理感を感じてしまい。
でも、この作品は自分だったとしてもこんな感じになるのかもなというリアル感がありました。

投稿: はらやん | 2011年12月31日 (土) 07時34分

こんばんは。
50/50 は監督の実体験も元にしているようだから、無理矢理な感動もの作品にしなかったのかなあと思います。
邦画のありがちな難病ものは苦手ですが(あの盛り上げようとする感じが……やっぱり泣かされてしまうわけですが)、この作品は良かったですね。

投稿: やまべ | 2011年12月30日 (金) 22時00分

rose_chocoratさん、こんばんは!

そっか「永遠の僕たち」も難病ものでしたね。
こちらは年明けに観に行こうかと思っています。
劇場もいっしょか〜。

投稿: はらやん | 2011年12月30日 (金) 10時48分

この役はジョセフくん以外には考えられないくらいぴったりでしたね。

最近これと、『永遠の僕たち』『私だけのハッピー・エンディング』と難病ものが3本続いて公開だったんだけど、「普通の感覚」を大切にしたという点では本作が一番だったように思いました。

投稿: rose_chocolat | 2011年12月30日 (金) 10時44分

突然で申しわけありません。現在2011年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/19(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です(http://twitter.com/movieawards_jp)。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2011年12月30日 (金) 02時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/53601268

この記事へのトラックバック一覧です: 「50/50 フィフティ・フィフティ」 ポジティブとネガティブと拮抗:

» 50/50 フィフティ・フィフティ [LOVE Cinemas 調布]
本作に出演し製作も務めているセス・ローゲンの親友で、脚本のウィル・ライザーが実際にガンを克服した実話をもとに作られたヒューマンコメディだ。主演には『(500)日のサマー』のジョセフ・ゴードン=レヴィットが、共演には『マイレージ・マイライフ』のアナ・ケンドリック、ブライス・ダラス・ハワード、アンジェリカ・ヒューストンらが出演している。監督はジョナサン・レヴィン。... [続きを読む]

受信: 2011年12月29日 (木) 22時32分

» 『50/50 フィフティ・フィフティ』・・・身近なガン患者への接し方とは [SOARのパストラーレ♪]
ガン患者を主人公に据えた作品だが、壮絶な闘病物語でもなく、その生死をめぐる感動号泣ドラマでもない。世話役を買って出たはずの恋人は去ってしまうし、親友も影で涙を流すどころかガンをネタにして悪ふざけの日々。担当となった新米セラピストもどこか頼りない。 それなのに観ているうちに心がポカポカと温かくなっていく展開が実に爽やか。ストーリーにドラマチックな起伏のある作品ではないのだが、ガンを告知された青年アダムが周囲の支えの中で希望を見出していく過程とラストシーンがとにかく心地よかった。... [続きを読む]

受信: 2011年12月30日 (金) 01時45分

» 50/50 フィフティ・フィフティ [映画感想メモ]
感動の押し売りは無く、闘病映画としては良作。 いい加減あらすじ 酒もタバコもやら [続きを読む]

受信: 2011年12月30日 (金) 10時35分

» 『50/50 フィフティ・フィフティ』 (2011) / アメリカ [Nice One!! @goo]
原題: 50/50 監督: ジョナサン・レヴィン 脚本: ウィル・レイサー 出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット 、セス・ローゲン 、アナ・ケンドリック 、ブライス・ダラス・ハワード 、アンジェリカ・ヒューストン 試写会場: なかのZEROホール 公式サイトはこち...... [続きを読む]

受信: 2011年12月30日 (金) 10時39分

» 50/50 フィフティ・フィフティ/ジョセフ・ゴードン=レヴィット [カノンな日々]
『(500)日のサマー』のジョセフ・ゴードン=レヴィットが今度は桁を1つ減らしたこの作品で主演を務めるんだと、予告編を目にするたびに思っていたのは内緒です。『インセプション ... [続きを読む]

受信: 2011年12月30日 (金) 11時44分

» 50/50 フィフティ・フィフティ [あーうぃ だにぇっと]
50/50 フィフティ・フィフティ@なかのZERO [続きを読む]

受信: 2011年12月30日 (金) 11時53分

» 50/50 フィフティ・フィフティ [LOVE Cinemas 調布]
本作に出演し製作も務めているセス・ローゲンの親友で、脚本のウィル・ライザーが実際にガンを克服した実話をもとに作られたヒューマンコメディだ。主演には『(500)日のサマー』のジョセフ・ゴードン=レヴィットが、共演には『マイレージ・マイライフ』のアナ・ケンドリック、ブライス・ダラス・ハワード、アンジェリカ・ヒューストンらが出演している。監督はジョナサン・レヴィン。... [続きを読む]

受信: 2011年12月30日 (金) 18時21分

» 50/50 フィフティ・フィフティ(2011) [銅版画制作の日々]
人生、あきらめるには早すぎる。 評価:+5点=75点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。 メタルヘッドのジョセフ君が、一転してごく普通のちょっと弱気で優しい青年 アダムを好演! この柔らかな表情がたまらなく心を癒してくれる。そんな彼が突然医者からガン宣告を受け...... [続きを読む]

受信: 2011年12月30日 (金) 19時35分

» 50/50 フィフティ・フィフティ [風に吹かれて]
27歳で癌告知 [E:shock] 公式サイト http://5050.asmik-ace.co.jp酒もたばこもやらずに、ラジオ局で番組制作の仕事をしている27歳の青年アダム(ジョセフ・ゴードン=レ [続きを読む]

受信: 2011年12月30日 (金) 19時43分

» No.285 50/50 フィフティ・フィフティ [気ままな映画生活]
【ストーリー】 ガンで余命宣告を受けた青年の姿を笑いや涙を交えて描くハートフルドラマ。酒もタバコもやらない普通の青年アダムは27歳でガンを患い、生存率50%と宣告される。同 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月30日 (金) 20時17分

» 50/50 フィフティ・フィフティ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
難病ものなのに、ドライなユーモアが漂うハートフル・ドラマ「50/50 フィフティ・フィフティ」。いざというとき心の支えになるのは、本音で接してくれる友人なのだ。酒もタバコもや ... [続きを読む]

受信: 2011年12月30日 (金) 20時18分

» 〜『50/50 フィフティ・フィフティ』〜 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2011年:アメリカ映画、ジョナサン・レヴィン監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、 セス・ローゲン、アナ・ケンドリック、ブライス・ダラス・ハワード、アンジェリカ・ヒューストン出演。... [続きを読む]

受信: 2011年12月30日 (金) 22時26分

» 50/50 フィフティ・フィフティ [新・映画鑑賞★日記・・・]
【50/50】 2011/12/01公開 アメリカ PG12 100分監督:ジョナサン・レヴィン出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲン、アナ・ケンドリック、ブライス・ダラス・ハワード、アンジェリカ・ヒューストン、マット・フルーワー、フィリップ・ベイカー・ホール ...... [続きを読む]

受信: 2011年12月30日 (金) 23時08分

» 「50/50 フィフティ・フィフティ」:ライトでコミカルな癌ドラマ [大江戸時夫の東京温度]
映画『50/50 フィフティ・フィフティ』は、ジョセフ・ゴードン・レレヴィットが [続きを読む]

受信: 2011年12月31日 (土) 00時09分

» 50/50 フィフティ・フィフティ [映画の話でコーヒーブレイク]
トーキョー女子映画部さんの試写会で、ひと月くらい前に鑑賞。 やっと劇場公開だと思ったのに・・・ヒットしているのかしら? 地味ですが、なかなかいい〜映画です 主演は「500日のサマー」で草食系気弱な男子を演じた後、「インセプション」でスーツ姿で激しいアクショ...... [続きを読む]

受信: 2011年12月31日 (土) 00時57分

» 「50/50 フィフティ・フィフティ」 [みんなシネマいいのに!]
 日常生活において、宇宙人が襲来したり、ゾンビが襲ってきたりする確率は極めて低く [続きを読む]

受信: 2011年12月31日 (土) 02時51分

» 50/50 [映画的・絵画的・音楽的]
 『50/50 フィフティ・フィフティ』を、TOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1) この作品も、前回の『RAILWAYS』と同様、随分と手堅くまとまりよく作られているなという感じがしました(その作品と同じように、全体的には、可もなし不可もなし、といったところでしょうか)。...... [続きを読む]

受信: 2011年12月31日 (土) 05時58分

» 『50/50 フィフティ・フィフティ』 ('11初鑑賞172・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月10日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 13:55の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年12月31日 (土) 14時12分

» 映画「50/50」、27歳でがんを宣告された男の物語! [ひろの映画日誌]
「50/50」は、27歳でがんを宣告され、5年生存率が50%から由来する。 しかし、病気にしては実に軽いノリだ。 大体、がんの話は、死を前にした苦悩で、重苦しいものだが、主人公のキャラがさせるのか、明るい。 それに友人が滅法明るい、すぐ女性をナンパしよ...... [続きを読む]

受信: 2011年12月31日 (土) 20時21分

» 『50/50 フィフティ・フィフティ』 [ラムの大通り]
(原題:50/50) ----「50/50」ってどういう意味? 「文字どおり“フィフティ・フィフティ”。 可能性は半々ってこと。 じゃあ、簡単にストーリーを…。 アダム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、酒もたばこもやらない普通の青年。 なのに、ある日、ガンを宣告されてし...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 1日 (日) 20時25分

» 50/50 フィフティ・フィフティ [Diarydiary! ]
《50/50 フィフティ・フィフティ》 2011年 アメリカ映画 - 原題 - [続きを読む]

受信: 2012年1月 2日 (月) 18時44分

» 『50/50』 [・*・ etoile ・*・]
'11.11.24 『50/50』(試写会)@なかのZEROホール migちゃんのお誘い♪ バレエのお稽古の日だったけど、まだ咳が出て体調がいまひとつだったし、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット大好きだから行ってきたー☆ *ネバタレありです! 「ラジオ局に勤める27歳のアダム。腰痛の検査に行った病院でガンの告知を受ける。5年後の生存率は50%・・・ 彼自身は変わらないのに、周囲の自分に対する態度が変化していき・・・」という話。このあらすじだと何だが重い感動ドラマみたいだけど、そうではない。笑を... [続きを読む]

受信: 2012年1月 2日 (月) 18時49分

» 50/50 フィフティ・フィフティ / 50/50 [勝手に映画評]
脚本家ウィル・レイサーのガン闘病体験を元にした作品。 健康的な日常を送っていた27歳でのガン宣告。若いとガンは進行しますからねぇ。複雑&混乱すると思います。って言うか、私も今この時点でガン宣告を受けたら、どう思うんだろうなぁ。 ガンを描いた映画というと、...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 21時32分

» 50/50 フィフティ・フィフティ☆独り言 [黒猫のうたた寝]
なんか小難しい名前の病名に、きょとんとしてしまうのは普通の反応。生存率は50%の癌の宣告されたのは27歳のアダム。リスクのある生活は避けて通ってきたはずなのに突きつけられた事実に愕然としながら、平静を装ってみたものの、先に周囲の方が彼を見る目を変えていく。何も... [続きを読む]

受信: 2012年1月 6日 (金) 00時13分

» 50/50 フィフティ・フィフティ [♪HAVE A NICE DAY♪]
とっても良かったな〜 病気をテーマにした作品は、観れないけれど この作品は癌を克服した実話。 親友カイルを演じるセス・ローゲンの親友・脚本家ウィル・ライザーの実話 だそうです。 インセプションのジョセフ・ゴードン=レヴィットが主演しているし 観た。。。 ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月10日 (火) 20時15分

» 映画『50/50 フィフティ・フィフティ』@劇場 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
前の記事に書きましたが、スタッフの方の配慮のおかげで とっても気持ちよく見ることができました。 ゆうりさんもお勧めの『5 [続きを読む]

受信: 2012年1月13日 (金) 19時19分

» 50/50 フィフティ・フィフティ [C note]
今をときめく二人、ジョセフ・ゴードン=レヴィットとセス・ローゲンの共演。 27歳 [続きを読む]

受信: 2012年1月15日 (日) 15時39分

» 映画『50/50 フィフティ・フィフティ』を観て [kintyres Diary 新館]
11-82.50/50 フィフティ・フィフティ■原題:50/50■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:110分■字幕:石田泰子■料金:1,800円■鑑賞日:12月4日、TOHOシネマズ渋谷□監督:ジョナサン・レヴィン□脚本・製作総指揮:ウィル・レイサー□製作総指揮:ネイサン...... [続きを読む]

受信: 2012年1月15日 (日) 17時02分

» 50/50 フィフティ・フィフティ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
余命を宣告された一人の青年とその周囲の人たちの姿を描くヒューマンドラマ。ガンを克服した脚本家ウィル・ライザーの実話を基に、新鋭ジョナサン・レヴィン監督がユーモアを交え ... [続きを読む]

受信: 2012年1月25日 (水) 10時24分

» 人生、あきらめるには早すぎる。「50/50 フィフティ・フィフティ」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
[続きを読む]

受信: 2012年1月25日 (水) 23時10分

» 12-006「50/50 フィフティ・フィフティ」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
今度はいい恋を   シアトルのラジオ局で働く27歳の青年、アダム。酒もたばこもやらない生真面目な彼を突然の病魔が襲う。ガンと診断され、5年後の生存率が50%と宣告される。  覚悟を決め、闘病生活に入るアダムに対し、恋人のレイチェルはじめ誰もが心配し優しく励ましてくれる。  しかし、腫れ物に触るように接する周囲の態度に居心地の悪さを感じてしまうアダム。ただ一人、女好きで能天気な親友カイルだけは、無神経なほどそれまでと変わらない態度で接してくれた。  そんなカイルや少々頼りない若い新米...... [続きを読む]

受信: 2012年3月11日 (日) 14時11分

» 50/50 フィフティ・フィフティ [愛猫レオンとシネマな毎日]
酒もタバコもやらない青年が、突然5年後の生存率50%のガンの宣告! 本作は、ガンを克服した脚本家の実体験を映画化したものです。 主人公アダムを演じているのは、「500日のサマー」の ジョセフ・ゴードン=レヴィット。 「インセプション」にも出てて、今では売れっ子さんです。 草食系男子の雰囲気が、結構好みで、この映画、見たかったんですよね。 少し待ったけど、TOHO系シネコンで上映してくれたんで感激しました! コレも、最近のトレンド?の難病ものです。 でも、ユーモラスで、ハートフルな人間ドラマって... [続きを読む]

受信: 2012年3月11日 (日) 23時25分

» 50/50 フィフティ・フィフティ (50/50) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョナサン・レヴィン 主演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット 2011年 アメリカ映画 100分 ドラマ 採点★★★★ 髪を切った女性に対しては「髪、切ったんだ?良いね!」とか「可愛いね!」とか言っておけばいいらしいんですが、あんまりにもバッサリいかれてる…... [続きを読む]

受信: 2012年7月30日 (月) 16時42分

» 50/50 フィフティ・フィフティ [いやいやえん]
もし自分がいま癌と申告されたら、「ははは」と笑って終わらすかも^;酒もタバコもやらないのはアダムと同じだし、いたって普通に生きてきた(病気になる前は)。ぎこちない周囲の環境がわずらわしくなったり、妙な親切がイライラしたりはするかもしれない。人間いつかは死ぬんだし、それが自分の寿命と決めて諦めるだろうなと考えます。でもって最後はじたばたするんだろう。これは、私の場合。 アダムは悪友のカイルと病気をネタにナンパしたり、なるべく笑って過ごそうとする…けれど。 病気であることで起こる弊害を様々な... [続きを読む]

受信: 2012年8月 7日 (火) 09時39分

» 50/50 フィフティ・フィフティ [ただの映画好き日記]
酒もたばこもやらない“普通”の青年アダムに突然告げられた病気は“ガン”だった。27歳という若さで、5年生存率50%のまさかの余命宣告。 [続きを読む]

受信: 2012年12月30日 (日) 17時04分

» 【映画】50/50 フィフティ・フィフティ…そんなにハートフルとも思わなかったけど、まぁ良い映画 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
この週末は家でゴロゴロ&食品の買い出ししか行っていないピロEKです 夏のボーナスもイマイチだったしね で、映画観賞記録 映画観賞記録のペースが全く上がらない昨今、そろそろ観賞から1年放置の映画も出てこようかという感じです 「50/50 フィフティ・フィフテ...... [続きを読む]

受信: 2013年7月16日 (火) 00時16分

» 50/50 フィフティ・フィフティ [rambling rose]
酒も煙草もやらない27歳の青年アダムを突然襲った病魔ガン。その5年後の生存率は50%と宣告され・・ [続きを読む]

受信: 2013年7月22日 (月) 13時01分

» 50/50 フィフティ・フィフティ [心のままに映画の風景]
ラジオ局で働く27歳のアダム (ジョゼフ・ゴードン=レヴィット) は、背中の痛みで病院へ行くと脊髄の癌と宣告される。 ガールフレンドのレイチェル (ブライス・ダラス・ハワード)や親友カイル(セス・ロー...... [続きを読む]

受信: 2013年7月24日 (水) 23時59分

» 「50/50 フィフティ・フィフティ」 [prisoners BLOG]
セラピスト(正確には研修中)が24歳のかなり可愛い女性、というのがいやでも目で引き、主人公と恋仲になるのかと匂わせてそういうチンプな展開にしないでセラピー中だけでなくふだんの生活で支えになるのがなかなかいい。 代わりに、というか別れた恋人に対する態度がけ...... [続きを読む]

受信: 2014年4月18日 (金) 09時34分

» 映画 『50/50 フィフティ・フィフティ』 [向う岸]
50/50 フィフティ・フィフティ [Blu-ray](2012/07/03)ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲン 他商品詳細を見る allcinema 『50/50 フィフティ・フィフティ』 地上波放送で鑑賞。 27歳で癌になった青年の闘病記。 セス・ローゲン演じる下品な友人のおかげで ...... [続きを読む]

受信: 2014年12月15日 (月) 22時49分

« 本 「震災後 -こんな時だけど、そろそろ未来の話をしようか-」 | トップページ | 「映画 怪物くん」 われがまま »