« 「コンテイジョン」 情報パンデミック | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 女の道は一本道 »

2011年11月27日 (日)

「新少林寺/SYAOLIN」 アクションとドラマを両立

久しぶりです、本格的なカンフー映画は。
やはり、ジャッキー・チェンの作品やリー・リンチェイ(ジェット・リー)の「少林寺」に燃えた世代としてはたまりません。
けれども本作はただカンフーでのアクションだけを見せるだけの作品になっているのではなくて、しっかりとしたドラマもあります。
これは主演のアンディ・ラウをはじめ、ニコラス・ツェー、ジャッキー・チェンなど演技もできて、かつアクションもできる俳優陣が揃っていたからでしょうね。
しかし香港の俳優さんというのはほんとに体がよく動きます。

主人公、候杰(アンディ・ラウ)は軍閥の将軍で民衆に対し、非道な行いをしてきました。
しかし、家族を守ろうとする気持ちから、義兄弟が自分を裏切るのではないかという疑心暗鬼に囚われ、逆に義兄を暗殺しようとします。
しかし候杰は腹心の部下、曹蛮(ニコラス・ツェー)に裏切られ、その混乱の中で愛娘を失ってしまいます。
候杰は嘆き悲しみますが、初めてそこで自分が今まで行ってきた罪の重さに気づくのです。
彼は少林寺の門弟となり浄覚と名を変え、そこでの修行を通して、自分を見つめ、心の平静を得ていくのです。
争いを嫌う仏教と、武道というのは相反するような感じはありますが、武道というのは思索へ通じるところがあるのでしょう。
拳法に限らず、武道というのは基本の型を繰り返し、それを意識せずに動けるほどに身にしみ込ませていきます。
始めは意識して拳を突き、脚で蹴っていたりしますが、それが次第に考えずにもできるようになる。
肉体を動かすことが無意識にできるようになったとき、内面の心は静まり返った状態になるといいます。
体を動かしながら無の境地に達し、そこで思索を行う。
自分をいうものを見つめ、さらにはそれすらも超えていく。
そんな境地に自分で達したことはないですが、体を動かしている時に頭が冴え渡るという感覚はわからないわけではありません。
浄覚も少林寺での修行の中で、過去の疑心暗鬼に囚われた自分の行いを悔い、それを超えて揺るぎない心を得たのでしょう。
そのような彼からみれば、かつての部下であり、自分を裏切った曹蛮も、憎むべき相手ではなく、憐れむべき相手に見えたのですよね。
「あいつは俺しか救えない」と浄覚は言い、曹蛮との最後の戦いに向かいます。
そして命をかけた浄覚の戦いを通じて、曹蛮も何かを得、そして救われるのです。
このあたりのドラマ性はやはりアンディ・ラウとニコラス・ツェーの演技によるところが大きいと思います。
かつてのカンフー映画のようなアクションも楽しめ、さらにはかつてのカンフー映画にはなかったドラマ性も楽しめる良作に仕上がっていたと思います。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「コンテイジョン」 情報パンデミック | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 女の道は一本道 »

コメント

ひろちゃんさん、こんばんは!

本作はドラマとアクションのバランスが良かったですよね。
昔のカンフー映画はドラマ部分はしょぼくて、もっぱらカンフーアクションを見せるものでしたが(それでも子供の頃は十分だったんですけれどね)、本作は違いました。
やはりアンディ・ラウ、ニコラス・ツェー、ジャッキー・チェンと演技とアクションができる俳優を起用したのが大きかったですね。

投稿: はらやん | 2011年12月 8日 (木) 20時52分

はらやんさん、こんにちは♪
カンフーものが大好きと言うわけではなかったのですが
アンディ、ニコラスといい男に釣られて(笑)観にいきました♪
あっ!もちろん、ジャッキーもです(^_-)-☆

ジェット・リーの少林寺は未見でσ(^◇^;)、この作品はそのリメイクかと
思ったのですが、内容は全く違うんですね。
内容がこんなにも人間ドラマであったなんて・・・
カンフー映画で、こうも泣かされるとは思ってもいませんでした(T^T)
はらやんさんが仰るように、アンディ、ニコラス、ジャッキーと言う演技とアクションが確実な俳優さんたちならではの作品でもありますよね^^

今年のベスト10に入ちゃうかも~くらい好きな作品でした。
ちょっと、人が死にすぎでしたけどσ(^◇^;)

投稿: ひろちゃん | 2011年12月 7日 (水) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/53347607

この記事へのトラックバック一覧です: 「新少林寺/SYAOLIN」 アクションとドラマを両立:

» 新少林寺/SHAOLIN [LOVE Cinemas 調布]
1982年に日本でも大ヒットしたジェット・リーの出世作『少林寺』が、29年ぶりに甦る。といっても武術アクション映画から人間ドラマに重心を移した文字通り新たな少林寺だ。主演は『インファナル・アフェア』のアンディ・ラウ、共演に『孫文の義士団』のニコラス・ツェーとファン・ビンビン、そしてジャッキー・チェンといった中国スターが揃う。監督は『コネクテッド』のベニー・チャン。... [続きを読む]

受信: 2011年11月27日 (日) 19時40分

» 新少林寺/SHAOLIN [だらだら無気力ブログ!]
娘の名前が勝男ってのはどうかと思うぞ。 [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 00時13分

» 新少林寺/SHAOLIN [銅版画制作の日々]
 守れ。人々の希望のため――! 評価:+5点=85点 カンフー映画はほとんど馴染みがなく、というか観なかったんですが。結構皆さんの評判も良さそうなので、観て来ました。 面白かった!何も考えず楽しめました。最近薬のせいで、作品によっては睡魔に襲われる傾向が...... [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 16時38分

» 新少林寺/SHAOLIN [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
悪の限りを尽くした男が愛する者を失った悲しみから改心し、人々のために生きる人間の成長物語を軸に、近代武器と伝統武術の壮絶な戦いを描く「コネクテッド」のベニー・チャン監 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 16時57分

» 新少林寺/SHAOLIN [新・映画鑑賞★日記・・・]
2011/11/19公開 香港/中国 PG12 131分監督:ベニー・チャン出演:アンディ・ラウ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビン、ジャッキー・チェン、ウー・ジン、ユエ・ハイ、ユィ・シャオチュン、ション・シンシン、シー・イェンレン 守れ。人々の希望のため―― 辛亥革命の...... [続きを読む]

受信: 2011年11月29日 (火) 09時34分

» 新少林寺/SHAOLIN [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
カンフー映画の金字塔が再びスクリーンに蘇った歴史アクション大作「新少林寺/SHAOLIN」。ジャッキー・チェンが厨房係ならではのコミカルな技で武道をアレンジする場面が楽しい。辛 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月 3日 (土) 10時28分

» 新少林寺/SHAOLIN/アンディ・ラウ、ニコラス・ツェー [カノンな日々]
ジェット・リーを一躍スターへと押し上げたという1982年のカンフー・アクション映画の金字塔『少林寺』を29年ぶりに再構築したという作品です。オリジナルはテレビで見ていると思う ... [続きを読む]

受信: 2011年12月 3日 (土) 11時21分

» 新少林寺/SHAOLIN [悠雅的生活]
天下武宗。炒合菜。色即是空。 [続きを読む]

受信: 2011年12月 3日 (土) 12時38分

» 新少林寺 [ハリウッド映画 LOVE]
[続きを読む]

受信: 2011年12月 3日 (土) 15時57分

» 『新少林寺』 [ラムの大通り]
(英題:SHAOLIN) ----この映画もリメイク? 昔、ジェット・リー主演の同じタイトルの映画があったけど…。 「いや、これはそうじゃないね。 もとより、少林寺ブームが起こったのは、 ブルース・リーの死後。 ショウ・ブラザーズがそれに代わる新たなアクションとして ...... [続きを読む]

受信: 2011年12月 3日 (土) 19時33分

» 新少林寺/SHAOLIN [ダイターンクラッシュ!!]
2011年11月27日(日) 18:40~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『新少林寺/SHAOLIN』公式サイト 新とあるように李連杰の「少林寺」のリメイクではない。主人公は、オッサンであるアンディ・ラウだし。が、何に対する新なのかは知らない。ちなみに、李連杰の「少林寺」を観ていなかったりする。空手映画好きの癖に。 本作は、殺戮征服三昧だった将軍が改心し、殺戮征服三昧の元部下と戦う話。古典的なテーマでありがちな気もする。特に代表... [続きを読む]

受信: 2011年12月 3日 (土) 20時45分

» 「新少林寺」瞬きを忘れて [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
最初から最後まで、怒涛のような大迫力。 瞬きをしている暇なんかないっ☆ [続きを読む]

受信: 2011年12月 4日 (日) 00時50分

» 「新少林寺/SHAOLIN」 [みんなシネマいいのに!]
 1982年、今まで坊主頭にコンプレックスを抱いていた中学生は、ある映画から勇気 [続きを読む]

受信: 2011年12月 4日 (日) 07時52分

» 誇り高き人間の姿。『新少林寺/SHAOLIN』 [水曜日のシネマ日記]
辛亥革命の時代の中国を舞台に描かれたカンフー・アクション映画です。 [続きを読む]

受信: 2011年12月 4日 (日) 12時55分

» 映画「新少林寺」、戦乱の中国で、武将から出家し、少林寺のために戦う男。 [ひろの映画日誌]
少林寺は、何度か映画化されている。 今回は、少林寺の炎上など、かなり大がかりな戦の映画となっている。 その分、拳法での争いは少なく、カンフーを期待していくとちょっと外れ。 アンディラウ主演、ジャッキーチェーン助演とあれば、 中国映画通なら見逃すわけには...... [続きを読む]

受信: 2011年12月 5日 (月) 20時25分

» 新少林寺/SHAOLIN [to Heart]
原題 新少林寺/SHAOLIN 製作年度 2011年 製作国・地域 香港/中国 上映時間 131分 映倫 PG12 出演 アンディ・ラウ/ニコラス・ツェー/ファン・ビン/ビンジャッキー・チェン/ウー・ジン/ユエ・ハイ/ユィ・シャオチュン/ション・シンシン/シー・イェンレン ジェット・リー...... [続きを読む]

受信: 2011年12月 5日 (月) 22時23分

» ★新少林寺/SHAOLIN(2011)★ [Cinema Collection 2]
クリックして頂けたら嬉しいです 新少林寺 SHAOLIN  守れ。 人々の希望のため―― 上映時間 131分 製作国 香港/中国 公開情報 劇場公開(ブロードメディア・スタジオ=カルチュア・パブリッシャーズ) 初公開年月 2011/11/19 ジャンル アクション/格闘技/ドラマ ...... [続きを読む]

受信: 2011年12月 7日 (水) 15時49分

» 新少林寺/SHAOLIN<日本語吹替版> [そーれりぽーと]
ジャッキー100作目から1作戻って『新少林寺/SHAOLIN』も公開されたので観てきました。 ★★★★ 『少林寺』と言えばジェット・リーの出世作でジャッキーとは関係無いと言うか、ホンマもんの中国武術キャリアからカンフー俳優になったジェット・リーと、カンフースタント...... [続きを読む]

受信: 2011年12月 8日 (木) 19時58分

» 新少林寺 [愛猫レオンとシネマな毎日]
「少林寺」といったら、ジェット・リーのデビュー作として有名な アクション映画を思い浮かべます。 実は、本作を見るまでは、最近よくあるリメイクものかなぁ~と思ってました。 でも、本作はリメイクものではなくて、新たなストーリーに カンフーアクションと人間ドラマを加えたものになってます。 コレは面白かった!!! アクションもハンパなくって、興奮しました。 カーチェイスばりの、馬車による追跡シーンなんて、凄かったです。 人間ドラマの部分も丁寧に描かれていて、ダークサイドにいた主人公が 改心して自分に与え... [続きを読む]

受信: 2011年12月18日 (日) 23時43分

» No.092 「新少林寺/SHAOLIN」(2011年 131分 ビスタ) [MOVIE KINGDOM ?]
監督 ベニー・チャン 出演 アンディ・ラウ    ニコラス・ツェー    ファン・ビンビン 続いてTOHOシネマズなんばでの鑑賞 別館へ移動しての鑑賞ですが、別館のある千日前のド真ん中は平日とはいえ多数の人でごった返してします 忘年会シーズンって事もある...... [続きを読む]

受信: 2011年12月21日 (水) 01時38分

» 映画 「 新少林寺/SHAOLIN 」 [ようこそMr.G]
映画 「 新少林寺/SHAOLIN 」 [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 18時39分

» 映画:新少林寺/SHAOLIN [よしなしごと]
 この映画を知ったきっかけもツイッターの公式アカウントにフォローされたからでした。と言うわけで今回は新少林寺/SHAOLINを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2012年1月 9日 (月) 01時14分

» 新少林寺 [C note]
少林ムービーの新たなるレジェンド。 豪華キャストで蘇る少林スピリッツ!これは燃え [続きを読む]

受信: 2012年1月15日 (日) 15時46分

» 11-391「新少林寺 SHAOLIN」(香港・中国) [CINECHANが観た映画について]
邪念も正念も捨てれば、心に平安を得られる   辛亥革命によって清王朝が倒れて間もない中国。各地で争いが絶えず、混沌が続いていた。  そんな中、登封市にある少林寺では、僧侶たちが戦火で傷ついた者たちの救助に奔走していた。冷血な将軍・侯杰(こうけつ)は、そんな少林寺に馬上のまま乗り込むや、逃げ込んだ敵将を殺害、揚々と去っていく。  ところが、ほどなく腹心・曹蛮(そうばん)の裏切りに遭い、今度は自らが少林寺に逃げ込むハメに。全てを失った彼は、心を入れ替え出家を決意する。  厨房で料理人・...... [続きを読む]

受信: 2012年3月18日 (日) 16時35分

» 新少林寺/SHAOLIN [銀幕大帝α]
新少林寺/11年/香港・中国/131分/格闘技アクション・ドラマ/PG12/劇場公開 −監督− ベニー・チャン 過去監督作:『マーシャル・シティー 〜 超人大戦』 −アクション監督− コリー・ユン −製作− ベニー・チャン −出演− ◆アンディ・ラウ…侯杰(こうけつ)/浄覚(...... [続きを読む]

受信: 2012年3月29日 (木) 01時37分

» 新少林寺/SHAOLIN [いやいやえん]
「少林寺」シリーズをみてないので比べられませんが、なにやら少林寺の僧たちの凄さは伝わってきました。 ただしアンディ・ラウさんが主演じゃなきゃ観てなかっただろうな〜^;ジャッキー・チェン共演。これもレンタルはツタヤ限定。 権力を握っていた主人公が、幼い娘を殺され追われる羽目になって改めて過去の暴虐行為を悔い、出家して弱者のために立ち上がるというアジアらしいシンプルなストーリーのアクションものでした。 少林寺拳法自体にはあまり重きをおかれていなくて、どちらかといえば人間ドラマ重視になってい... [続きを読む]

受信: 2012年4月 8日 (日) 10時30分

» 「新少林寺」 人々の希望の為に闘え!ψ(`∇´)ψ [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
新少林寺観ましたよ~(◎´∀`)ノ ジェット・リーを一躍スターダムに押し上げた1 [続きを読む]

受信: 2012年4月24日 (火) 00時02分

» 新少林寺/SHAOLIN : 新たな少林寺ムービー(まんまでスマソ) [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 何だか、お腹ピーピーです。こんな日は、こういった映画を観て、元気でも出そうかな。 【題名】 新少林寺/SHAOLIN 【製作年】 2010年 【製作国】 香港、中国 【鑑賞手段】 D [続きを読む]

受信: 2012年10月18日 (木) 19時35分

» 新少林寺/SHAOLIN [こんな映画見ました〜]
『新少林寺/SHAOLIN』---新少林寺 SHAOLIN---2011年(香港/中国)監督:ベニー・チャン出演:アンディ・ラウ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビン、ジャッキー・チェン 1982年に日本でも大ヒットしたカンフー映画の金字塔「少林寺」を基に、その新たなる物語と...... [続きを読む]

受信: 2012年10月28日 (日) 15時48分

» 新少林寺/SHAOLIN [ただの映画好き日記]
1912年の中国。登封城の将軍、霍龍(かく・りゅう)を追って、馬に乗った軍人たちが少林寺に土足で踏み込んでくる。 [続きを読む]

受信: 2012年12月30日 (日) 17時10分

« 「コンテイジョン」 情報パンデミック | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 女の道は一本道 »