« 本 「理性の限界 -不可能性・不確定性・不完全性-」 | トップページ | 「一命」 武士の面目と武士の情け »

2011年10月22日 (土)

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 豊かなるシーザーの表情

オリジナルの「猿の惑星」はあまりにも有名なので解説する必要はないでしょうね。
あのラストシーンで驚きの事実が明らかにされるわけですが、本作はそうなってしまったきっかけを描いている作品になります。
「猿の惑星」シリーズの4作目(未見です)は同様の話だったようですが、それのリメイク的なところもあるのでしょうか。
オリジナルの「猿の惑星」は時代的な背景からも、人種差別のメタファーとして見ることができます。
本作でも人間の差別観というものを描いていると言っていいでしょう。
この作品を観て多くの人が共感するのは人間に対してではなく、知能をもったチンパンジーのシーザーにでしょうね。
その感情移入しやすくするのは、やはりシーザーの心が伝わってくるかどうかなのですよね。
それをパフォーマンス・キャプチャーとシーザーを演じるアンディ・サーキスの演技が見事に成し遂げていると思います。
パフォーマンス・キャプチャーの技術というのは、言うなれば人の演技を記録し、それにCGの画像を貼付けていくようなもの。
「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラム(これもアンディ・サーキス)で注目され、「アバター」で大きく進化した技術です。
本作はそれがさらに進化していると思いました。
一からCGで作る場合は、どうしても動きや表情の不自然さというのが残ります。
テクスチャーなどは最近はどんどんクオリティがあがっているのですが、表現がリアルになればなるほどその不自然さが気になってしまいます。
いわゆる不気味の谷というものです。
それを解決するひとつの方法がパフォーマンス・キャプチャーという技術です。
俳優の演技を記録するわけですから、動きには不自然なものはありません。
ただ表情についてはなかなか細かいところまでキャプチャーしきれなかったのが今まででしょう。
本作ではパフォーマンス・キャプチャーの弱点が大きく克服されていて、シーザーの表情があまりに豊かで驚きました。
シーザーは話せないわけですから、彼の気持ちを伝えるのはその表情が大きな役割を負います。
アンディ・サーキスの演技と、それを洩らさず記録するパフォーマンス・キャプチャーにより、シーザーの心が観ていても痛いほどに伝わってきました。
特に目の表情がすばらしかったです。
「目は口ほどにものを言い」ということわざがありますが、シーザーの目の表情で彼の気持ちがわかるんですよね。
シーザーが悲しみ、怒り、そして決意する。
その心の動きがひしひしとその目の表情から伝わってきます。
CGというのが不得意なものとしてあげられるのは、毛のようなもの、そして目でしょう。
特に目は難しく、今まで不気味の谷を越えられなかったのは、ここによるところが大きいかなと思います。
いくらきれいでも、そこに表情がないと、それだけで作り物めいて見えてしまうのです。
本作はCGで描かれていても、そこにアンディ・サーキスが演じているシーザーの魂のようなものを感じることができました。
これは「アバター」のときよりもかなり進化をしていると思います。

ストーリーとしては予告を観ていれば予想できる範囲内と言ったものでした。
全く悪い出来ではないのですが、やはりオリジナルの「猿の惑星」の衝撃とは比べてしまうんですよね。
ティム・バートンの「猿の惑星」よりはよかったです(笑)。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「理性の限界 -不可能性・不確定性・不完全性-」 | トップページ | 「一命」 武士の面目と武士の情け »

コメント

sakuraiさん、こんばんは!

ティム・バートンは好きな監督なのですが、あの「猿の惑星」はいただけなかったですね〜。
オリジナルはおっしゃるように人種差別を寓意していますよね。
時代的にはアメリカの黒人の公民権運動のあたりが直接的なものだとは思いますけれど。
なかなかこういう差別意識というのはなくなりませんね。
黒人差別が少なくなってきても、他のあらたな観点はでてくるわけで。
なかなか成長できないですよね・・・。

投稿: はらやん | 2011年11月 2日 (水) 22時12分

ティム・バートン版は、なかったことに誰もが思ってるんじゃないですかね。
人種差別云々は、対日本人だったというような話を聞いたことがありますが、ねっこの部分は変わってない。40数年経っても、世の中変化ないですね。
変化してるのは、こういう技術的なとこばかりのような気もします。

投稿: sakurai | 2011年10月31日 (月) 10時50分

ほし★ママさん、こんばんは!

CGだけだとなかなか感情移入というのはしにくいですが、そこにパフォーマンス・キャプチャーで役者の演技の魂が込められると違って見えますよね。
数年前はまだまだな感じの技術でしたが、最近の発達はすごいですね。
「ランゴ」も是非観てくださいね。
ジョニー・デップの動きがそのまんまCGになってます。

投稿: はらやん | 2011年10月27日 (木) 21時11分

こんばんは!
ステキな秋の背景(壁紙)になりましたね。
日が落ちるのが早くて、気忙しいです。
今日は、鍋にするのでちょっとノンビリしています。

『ランゴ』と本作の両方の記事を読ませて頂いて
「う~ん、なるほど」と頷くばかりです。
役者の演技と言う超アナログなものと
正反対あるCGとが見事に融合して2作は出来上がったのですね。
 
『ランゴ』は、鑑賞予定がないのですが
機会があったら、自宅で観てみようと思います。

投稿: ほし★ママ | 2011年10月25日 (火) 17時44分

たいむさん、こんばんは!

オリジナルはほんとあのシーンだけで歴史に刻まれた感じがありますよね。
おっしゃるとおり、本作はあの作品にうまくつなげる前日譚になっていたと思います。
進化をする猿というのは、今だからこそ描けるとことはありますよね。

投稿: はらやん | 2011年10月24日 (月) 21時41分

オリジナルの衝撃は凄まじかったですもんね。
それでも、そんなオリジナルにここまでしっくり繋がるものを、今、作れたかと思うとスゴイなって思います。

投稿: たいむ | 2011年10月24日 (月) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/53057597

この記事へのトラックバック一覧です: 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 豊かなるシーザーの表情:

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [LOVE Cinemas 調布]
1968年に公開されたチャールトン・ヘストン主演の『猿の惑星』。その前日譚となるのが本作だ。出演は『127時間』のジェームズ・フランコ、『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピント、そして事実上の主人公猿のシーザーを「LOTR」のゴラムなどパフォーマンス・キャプチャーの第一人者アンディー・サーキスが演じている。監督はルパート・ワイアット。... [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 21時52分

» 映画:猿の惑星:創世記 Rise of the Planet of the Apes 人類の滅亡 ≒ 化学×Greed×グローバル社会 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
SF史上に残る、あの名作の「あとづけ」続編映画なのだけれど、そうは感じさせない構成力。 「老い」とは 「親子の絆」とは 「人格」とは 「愛情」とは 「人権」とは 「尊厳」とは なあんていうようなフレーズが、観賞後に するすると出てくるドラマに仕上がった。 な...... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 01時05分

» 映画レビュー「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Rise of the Planet of the Apes◆プチレビュー◆ついに明かされた「猿の惑星」の起源。知能を持つ猿シーザーの切なさと人間の愚かさの対比が見事。 【75点】 製薬会社に勤める神経科学者 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 08時56分

» 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」□監督 ルパート・ワイアット□脚本 リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー □キャスト ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、       トム・フェ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 10時32分

» 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 ('11初鑑賞134・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 10月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:55の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 13時08分

» 猿の惑星:創世記 ジェネシス [映画の話でコーヒーブレイク]
前回の「セヴァンの地球のなおし方」を見た後に本作を鑑賞。 環境問題のドキュメンタリーを見た後でこの映画の鑑賞は、ちょっときつかったです。 子供の頃見た1968年制作チャールトン・へストン主演の「猿の惑星」。 ここはどこなんだろう?と思っていた「惑星」が実は地...... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 16時02分

» 映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 [よくばりアンテナ]
面白かった〜〜〜〜!!! ほんっと良くできてるし、前のめりな姿勢で見ちゃいましたよ! あの名作『猿の惑星('68)』のシリーズなのね、と事前にたいして予習もせず、 観てきたのですが、 あの名...... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 20時41分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [to Heart]
これは 人類への 警鐘 原題 RISE OF THE PLANET OF THE APES 製作年度 2011年 上映時間 106分 脚本・制作 リック・ジャッファ/アマンダ・シルヴァー 監督 ルパート・ワイアット 音楽 パトリック・ドイル 出演 ジェームズ・フランコ/フリーダ・ピント/ジョン・リスゴー/...... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 20時45分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [新・映画鑑賞★日記・・・]
【RISE OF THE PLANET OF THE APES】 2011/10/07公開 アメリカ 106分監督:ルパート・ワイアット出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、トム・フェルトン、アンディ・サーキス これは 人類への 警鐘 あの『猿の惑星...... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 20時52分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [ダイターンクラッシュ!!]
2011年10月7日(金) 20:30~ TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。19本目。 かの有名な「猿の惑星」の前日譚。いわば猿の革命の話。 アルツハイマー用の新薬の実験で猿の知能が進化する。 一方、人間は新薬で滅ぶみたいな予兆。 製薬会社(なのか厳密には知らない)のたった一人の研究者が世界を変えてしまったということか。 脱走した猿が、森林公園に潜伏... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 22時13分

» 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 [NAOのピアノレッスン日記]
〜これは 人類への警鐘〜 2011年  アメリカ映画   (11.10.07公開)配給:20世紀フォックス映画    上映時間:106分監督:ルパート・ワイアット      制作総指揮:トーマス・M・ハメル衣装:レネー・エイプリル       音楽:パトリック...... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 23時18分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス)2011-081 [単館系]
Twitterで多くの方がツイートしているなかでサイトにある 予告は見ないで観に行ったほうがいいという話だったので サイトは開かず録画してある猿の惑星を軽くチェック後劇場へ。 なんでもパート1のあの世...... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 23時57分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [悠雅的生活]
知性が宿る瞳。人間への絶望。霧に煙る橋。 [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 00時08分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [そーれりぽーと]
猿に支配された世界が出来るまでの創世記、『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』を観てきました。 ★★★★ キチッと枠にはめて説明が付かないとイラッとなされるハリウッド、旧シリーズで残った「卵が先か鶏が先か」的なジレンマは無かった事にして、創世の物語(旧シリーズ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 00時24分

» 『猿の惑星 創世記』 [・*・ etoile ・*・]
'11.10.08 『猿の惑星 創世記』@ チェブラーシカ目当てで吉祥寺アニメワンダーランドへ向かう途中、同じく吉祥寺に向かうtomocoさんとtwitterで盛り上がって見に行くことに! 駅前のはらドーナツ前で待ち合わせて行ってきたー! *ネタバレありです! 「製薬会社でアルツハイマーの特効薬を開発中のウィル。研究所内で暴れ、射殺されたチンパンジーが、密かに産み落としていた赤ん坊を引き取ることになる。シーザーと名付けられたその猿は驚異的に進化した知能を持っていた…」という話。これはおもし... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 02時13分

» 劇場鑑賞「猿の惑星:創世記」 [日々“是”精進! ver.A]
猿たちの、革命・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110070003/ パトリック・ドイル/オリジナル・サウンドトラック 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 posted with amazlet at 11.10.06 (サントラ)... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 05時32分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [風に吹かれて]
エモーション・キャプチャーの猿 公式サイト http://movies2.foxjapan.com/saruwakuサンフランシスコの製薬会社の研究所に務める、若き神経科学者のウィル(ジェームズ・フラ [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 08時55分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) なんかまじでリアル・・・ [労組書記長社労士のブログ]
【=52 -9-】 子どもん頃に見た「猿の惑星」は実はたいへんなトラウマになっている。 子供心に本当に衝撃を受けた、動物園で見るお猿さんに対する感情が「畏怖」になった、あのときから。 そんな衝撃の映画の、ビギニング編、予告編を初めて見たときから、ビビリながらも...... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 09時41分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス)/ジェームズ・フランコ [カノンな日々]
大好きなSF映画の金字塔である名作『猿の惑星』シリーズ。第一作を最初に見たのはたしか幼少の頃です。でもあの衝撃的なラストのちゃんとした意味がわかったのはもっと後のことで ... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 09時56分

» 分かっていなかったのは人間だけ。『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 [水曜日のシネマ日記]
高度な知能を持つ猿とそれを取り巻く人間の物語です。 [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 12時14分

» ★猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)★ [Cinema Collection 2]
クリック、クリック〜 RISE OF THE PLANET OF THE APES これは 人類への 警鐘 上映時間 106分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2011/10/07 ジャンル SF/アクション/サスペンス 映倫 G  【解説】  ピエール・ブール原作のSF映...... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 14時29分

» 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」みた。 [たいむのひとりごと]
あの『猿の惑星』の起源が描かれている映画。『猿の惑星』オリジナルが公開された時はまだ生まれていなかったりするのだけれど、後に、”自由の女神”の意味(”猿の惑星”の正体)が何だったのかが理解できるように... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 19時42分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES [勝手に映画評]
これまで何度か映画化やTVドラマ化が成された『猿の惑星』シリーズ。なぜ猿が人類を駆逐して地球に君臨したのか?と言う、事の始まりを描いた作品。これまでの『猿の惑星』シリーズでも事の始まりを描いた作品はありましたが、この作品では設定を見なおして、より自然に(...... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 21時43分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [ともやの映画大好きっ!]
(原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES) 【2011年・アメリカ】試写&劇場で鑑賞(★★★★★) 1968年に公開された『猿の惑星』の前日譚を改めて描き直し。 一匹の猿の驚異的な進化から始まり、地球の支配者が人間から猿へと取り代わっていく様を描くSFアクション。 現...... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 21時45分

» 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』・・・新解釈の前日譚 [SOARのパストラーレ♪]
公開を待ち望んでいた本作。期待以上の面白さにぐいぐい引き込まれた。何が面白いって旧シリーズとの新解釈なりの絶妙なリンクだ。 [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 23時05分

» 猿の惑星 創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 今月いちばん楽しみにしてた作品。期待以上に面白かった〜 人間が猿に支配されるという斬新な発想と前代未聞の世界観、当時はそりゃあびっくりオチのラスト・シーンが有名な1968年の名作『猿の惑星』。 本...... [続きを読む]

受信: 2011年10月25日 (火) 02時24分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [Akira's VOICE]
猿にエール!!!   [続きを読む]

受信: 2011年10月26日 (水) 10時17分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [食はすべての源なり。]
猿の惑星:創世記(ジェネシス) ★★★★☆(★4つ) 人間が高度な知能を持つ猿に支配される前代未聞の世界観と、衝撃的なラストシーンで話題となった『猿の惑星』の前日譚(たん)をひもとく話題作。 前評判通り面白かったですよ~。 チンパンジーの表情が豊かで、ちょっとかわいそうになります。実際に俳優さんが演じて、CGで加工されているそう。 ただ、もっと人間社会が猿に乗っ取られるところまで描くと思っていたので、ちょっと不完全燃焼感が・・・。 呼び方が違ったんだけど、モンキーとAPEだとAPEの方が... [続きを読む]

受信: 2011年10月26日 (水) 10時47分

» 映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」観に行ってきました。往年のSF映画「猿の惑星」の全く新しいシリーズとして位置付けられる、「猿の惑星」誕生のエピソードを扱った作品。... [続きを読む]

受信: 2011年10月27日 (木) 20時52分

» 猿の惑星:創世記☆独り言 [黒猫のうたた寝]
アルツハイマー型認知症の治療薬の発見が人間の未来を変えることになる。画期的な発見のはずだった。患者に投与すれば、認知症が改善され昔の健康な頃に戻ることができる。すべてがうまくいくはずだったのに・・・これは人間の奢りに対する天罰なのだろうか。。。身体の中に侵入... [続きを読む]

受信: 2011年10月27日 (木) 23時58分

» 映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』劇場鑑賞。 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
ここ数年の映画以外は全く疎い私でも『猿の惑星』は、何度か観ています。 でも、それは総てテレビ放映です。 数年前にもBSで [続きを読む]

受信: 2011年10月28日 (金) 21時19分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [C note]
SF映画の金字塔『猿の惑星』シリーズのビギニングとも言える作品。 そもそもなぜお [続きを読む]

受信: 2011年10月29日 (土) 19時54分

» 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 [ラムの大通り]
(原題:Rise of The Planet of the Apes) ----これ観たの昨日だよね。 スゴく興奮して帰ってきてたけど、 でもリメイクでしょ? 何年か前にもティム・バートンが監督したんじゃなかったっけ。 確かリ・イマジネーションとか言って…。 「いやあ。 こう言ってはバートン...... [続きを読む]

受信: 2011年10月29日 (土) 22時51分

» 「猿の惑星 創世記」:映画が直線的に駆け抜ける [大江戸時夫の東京温度]
映画『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』は、予想以上に面白くって興奮しました。1時 [続きを読む]

受信: 2011年10月30日 (日) 01時25分

» タイトルデザイン_28・『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
※注・内容、台詞に触れています。人間が高度な猿に支配される世界観を描いた「猿の惑星」(1968年)の起源に迫るSFドラマ。なぜ人類文明は崩壊し、猿が地球の支配者になったのかという謎を解き明かす『猿の惑... [続きを読む]

受信: 2011年10月30日 (日) 17時10分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [あーうぃ だにぇっと]
猿の惑星:創世記(ジェネシス)@ディファ有明。 9月24日イベント付き上映。 女子サッカーなでしこジャパンのキャプテン・澤穂希、タレントの石原良純が登壇。 イベントの模様はこちら。シネマトゥデイで早くもアップされていた。... [続きを読む]

受信: 2011年10月30日 (日) 20時12分

» 猿の惑星 創世記 [迷宮映画館]
フランコ君を堪能はしたんですが・・・・ [続きを読む]

受信: 2011年10月31日 (月) 10時51分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
人間が高度な猿に支配される世界観を描いた「猿の惑星」の起源に迫るSFドラマ。なぜ人類文明は崩壊し、猿が地球の支配者になったのかという謎を解き明かす。出演は「127時間」のジ ... [続きを読む]

受信: 2011年10月31日 (月) 19時48分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)☆★RISE OF THE PLANET OF THE APES字幕スーパー版 [銅版画制作の日々]
 これは人類への警鐘! 評価:rarr;90点 MOVX京都にて初日に鑑賞しました。本作は今までのシリーズのリメイクではなく、新作であり、オリジナルストーリーです。 見ごたえありました。お猿さんたちの表情や動きもなかなかのもので、ぎこちなさも無く、素晴らし...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 3日 (木) 10時52分

» 猿の惑星:創世記 [Men @ Work]
現在公開中のアメリカ映画、「猿の惑星:創世記」(監督:ルパート・ワイアット)です。TOHOシネマズ六本木スクリーン7で鑑賞しました。 久々に記事を書いてみることにしました。いえ、「SUPER8」だとか「ゴーストライター」だとか「アジョシ」だとか「ミケランジェロの暗号」だとか、もう面白い映画を観まくっていたのですが、感想は一向に書かず..。少々忙しかった夏休みにサボってしまったせいで、ついつい書かないのがデフォルトになってしまいまぁ、とりあえず書きやすいので1本書いておこうかと。 「猿の... [続きを読む]

受信: 2011年11月 4日 (金) 17時19分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [象のロケット]
サンフランシスコの製薬会社ジェネシスの研究所に勤める若き神経科学者ウィルがアルツハイマー病の新薬を投与した猿(チンパンジー)が驚くべき知能を示した。 しかしその猿は突然暴れ出したために射殺され、新薬プロジェクトも中止になってしまう。 アルツハイマー病を患う父と暮らすウィルは、射殺された猿から生まれた赤ん坊にシーザーと名付け、自宅で密かに育てることにしたのだが…。 SFスリラー。... [続きを読む]

受信: 2011年11月 4日 (金) 23時35分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [ルナのシネマ缶]
初代「猿の惑星」は、 テレビで何度か見たことが ありましたが、それに うまく繋げる内容になっていました。 アルツハイマーを治す薬が 出来たら、それは素晴らしいと 思うけど、実験はなんか怖いなぁ・・・。 アルツハイマーの薬を研究しているウィル(ジェームズ・フランコ)は、 チンパンジーに新薬を投与する。目覚ましい知能の伸びを見せたメスの チンパンジーは、妊娠していたせいで急に暴れだし、射殺されてしまう。 ウィルは、赤ん坊チンパンジーをシーザーと名付け育て始めるが 彼に高い知... [続きを読む]

受信: 2011年11月 5日 (土) 00時48分

» ここから始まる・・・ [笑う学生の生活]
20日のこと、映画「猿の惑星 創世記」を鑑賞しました。 オリジナルの1作目 「猿の惑星」の前日談ともいえる内容で なぜ 猿に支配されてしまったのかという・・・ とはいえ シリーズ関係なく 1つの作品として 良く出来ていて 面白かったですね エンタテインメント性...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 5日 (土) 22時24分

» 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 様々なメディアに影響をもたらした、SF映画の金字塔的作品。その前日譚を、ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ主演で映画化。  過去の名作がモチーフなだけに、取っつきにくい内容かと思いきや、意外にもSF初心者にも分かりやすい、いい意味で敷居の低... [続きを読む]

受信: 2011年11月 6日 (日) 10時08分

» 「猿の惑星:ジェネシス」完璧☆猿目線 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
もはや今年のベスト入り決定! [続きを読む]

受信: 2011年11月 6日 (日) 18時25分

» 『猿の惑星:創世記』 [R.LiFE]
まだ観ていない皆さん。クレジットが表示され始めたからといって席を立ったらダメですよ。この映画の中でもっともツキのない男がやらかしてしまうこととなるトンデモナイ出来事が一番の衝撃なのです。これを見て、ゾッとしてください。そうすれば劇中で「○○○○」と訳されるあるものの意味が‥‥ オッとネタバレでした(^^;;;; では、あらすじを。 アルツハイマーの薬を研究しているウィルは、チンパンジーに新薬を投与する。目覚ましい知能の伸びを見せたメスのチンパンジーがいたが、彼女は暴れだし、射殺されてしまう。妊娠して... [続きを読む]

受信: 2011年11月 8日 (火) 06時52分

» 『猿の惑星/創世記(ジェネシス)』(2011) [【徒然なるままに・・・】]
壮大な「猿の惑星」サーガ、そのプリークエルとなる最新作。 この際シリーズをもう一回お浚いしてみようかなと思っていたのですが、1作目の『猿の惑星』を見終わった処で、むしろ白紙に近い状態で見た方が良いかなと思いなおし、結局先に映画館へ。 とりあえず、オリジナル版を知らなくても楽しめる内容になってました。 勿論シリーズを知っていればニヤリとするような小ネタも挟んではいますが、プリークエルとは言っても1作目へ直結する内容ではなく、今後の展開如何ではかなり違ったストーリー、否、”猿の惑星”にならない... [続きを読む]

受信: 2011年11月13日 (日) 21時27分

» *猿の惑星:創世記(ジェネシス)* [Cartouche]
サンフランシスコの製薬会社研究所に勤める神経化学者ウィル(ジェームズ・フランコ)が実験用に観察していた一匹のチンパンジーに驚くべき知能が示された。そのチンパンジーには開発中のアルツハイマー病の新薬が投与されていたが、突如暴れ出し、警備員に射殺されてしまう。だがそのチンパンジーは妊娠しており、ウィルは生まれたばかりの赤ん坊猿を自宅に連れ帰り“シーザー”と名付けて育てることにする。3年後、ウィルのもとですくすくと育ったシーザーは、家の中を縦横無尽に駆け回..... [続きを読む]

受信: 2011年11月14日 (月) 13時37分

» ■映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
あの名作「猿の惑星」シリーズのエピソード1的物語『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』。 猿が知性を身に着け、人類が滅亡へのカウントダウンに入るまでの出来事を描いています。 その一連の出来事の根底にあるのは、家族への“愛”。 家族への“愛”=人間の“エゴ”でもあ... [続きを読む]

受信: 2011年11月15日 (火) 14時51分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
猿の惑星:創世記(ジェネシス)'11:米◆原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES◆監督:ルパート・ワイアット◆出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・ ... [続きを読む]

受信: 2011年11月16日 (水) 16時30分

» 11-280「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」(アメリカ) [CINECHANが観た映画について]
彼らは利口なのを嫌う   アメリカ、サンフランシスコ。製薬会社の研究所でアルツハイマー治療の研究をする神経科学者、ウィル・ロッドマンは、開発中の新薬を投与したチンパンジーの知能が驚異的に発達したことを確認し、その成果を発表する。  しかし、そのチンパンジーは突然暴れ出し警備員によって射殺されてしまう。事態を重く見た所長によってプロジェクトは中止を余儀なくされるが、射殺されたチンパンジーは妊娠中だったことから、ウィルは生まれたばかりの赤ん坊を秘かに引き取るとシーザーと名付け、自ら育てるこ...... [続きを読む]

受信: 2011年11月20日 (日) 01時03分

» 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 [みんなシネマいいのに!]
 「猿の惑星」はその話の面白さ、特に最後のオチ、さらには猿のメイクのリアルさで話 [続きを読む]

受信: 2011年11月20日 (日) 23時50分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [フリーアナウンサーMEWMEWの徒然日記]
1968年に発表され全5作のシリーズとなった「猿の惑星」シリーズ。 このシリーズの原点を描いた作品。現代のサンフランシスコを舞台に、 1匹の猿の突然変異的な進化と自由を求める戦いが、 人類にとって脅威になっていく様が描かれる いやぁ、面白かったです何がすごいっ...... [続きを読む]

受信: 2011年11月26日 (土) 00時32分

» 映画:猿の惑星:創世記 [よしなしごと]
 うちの親父はSFは嫌いなんだけど大のチャールトン・ヘストンファン。そんな親父がテレビで見ていた猿の惑星を一緒に見ていました。子供心ながら、ラストの衝撃は忘れられません。そんなわけでティム・バートンの猿の惑星 ― Planet Of The Apesも楽しみにしていたのに、正直イマイチでした。そんなわけで今回はリメイクではなく初代猿の惑星以前の地球を描いた作品と言うから期待大です。予告編もおもしろそうだし。と言うわけで今回の記事は猿の惑星:創世記です。... [続きを読む]

受信: 2011年11月30日 (水) 18時09分

» 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 [kuemama's_webryblog]
【RISE OF THE PLANET OF THE APES】 2011年/FOX/106分 【オフィシャルサイト】 監督:ルパート・ワイアット 出演:ジェームズ・フランコ、リーダ・ピント、アンディ・サーキス、ジョン・リスゴー... [続きを読む]

受信: 2011年12月 1日 (木) 10時34分

» 映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 を観て [kintyres Diary 新館]
11-65.猿の惑星:創世記(ジェネシス)■原題:Rise Of The Planet Of The Apes■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:10月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円□監督:ルパート・ワイアット□脚本・...... [続きを読む]

受信: 2011年12月 4日 (日) 18時10分

» 映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)/RISE OF THE PLANET OF THE APES』 [オタマ・レベルアップ]
映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)/RISE OF THE PLANET OF THE APES』を見たよぉ~ オフィシャル・サイト http://www.foxmovies.jp/saruwaku/ メディア 映画 上映時間 106分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2011/10/07 ジャンル SF/アクション/サスペンス 解説・・・ ピエール・ブール原作のSF映画の金字塔「猿の惑星」を基に、その起源となる人類文明崩壊への道のりを明らかにしてい... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 00時51分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [銀幕大帝α]
RISE OF THE PLANET OF THE APES/11年/米/106分/SFアクション・サスペンス/劇場公開 監督:ルパート・ワイアット 出演: ◆ジェームズ・フランコ…ウィル・ロッドマン 過去出演作:『127時間』 ◆フリーダ・ピント…キャロライン 過去出演作:『スラムドッグ$ミ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 23時22分

» 映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」批評 僕的に昨年度最高の映画ヽ(´▽`)/ [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」観ましたよ~(◎´∀`)ノ 本日2月22日レン [続きを読む]

受信: 2012年2月24日 (金) 19時53分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [いやいやえん]
猿のシーザーの表現が素晴らしかった!CGやVFX技術なんかの技術的な細かい仕様もあるのでしょうが、とにかくシーザーの猿らしい表現、知性を持った猿という難しい役柄をアンディー・サーキスさんは巧みにこなされていると感じました。 正直「猿の惑星」の話なんてもう忘れちゃってるもんで(借りようと思ってたら見つからなかった)改めて第1作となる作品とのことなので、それはそれで良かったのかも知れない。 あとゴリラ!ゴリラが男前! 人間側からすれば、サル達が怖いのなんのって。人間が猿に支配されるという斬... [続きを読む]

受信: 2012年2月26日 (日) 10時11分

» 映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」批評 僕的に昨年度最高の映画ヽ(´▽`)/ [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」観ましたよ~(◎´∀`)ノ 本日2月22日レン [続きを読む]

受信: 2012年3月 5日 (月) 05時41分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) (Rise of the Planet of the Apes) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ルパート・ワイアット 主演 ジェームズ・フランコ 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★ 相変わらず次々と作られておりますねぇ、“ビギニング”物。確かに物の始まりってのを考えるのは楽しいもんで、私もボーっと鉛筆眺めながら「コレ、木だったんだ…... [続きを読む]

受信: 2012年3月 5日 (月) 12時17分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [♪HAVE A NICE DAY♪]
私自身、猿の惑星を見たことがなく 猿が支配するくらいしか解らないので どうかな〜?と思っていましたが・・・面白かった 解りやすいし時間も丁度いい感じ。 頭の良いチンパンジーの様子から始まり その子供が誕生し・・・ ジェームス・フランコ(ウィル)と父親が育て...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 6日 (火) 22時53分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [こんな映画見ました〜]
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』---RISE OF THE PLANET OF THE APES---2011年(アメリカ)監督:ルパート・ワイアット 出演:ジェームズ・フランコ 、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス ピエール・ブール原作のSF映画の金字塔「猿の...... [続きを読む]

受信: 2012年4月22日 (日) 22時05分

» 【映画】猿の惑星:創世記…猿の気持ちで観たらいいのか、人の気持ちで観たらいいのか? [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
本日、2012年9月16日(日曜日)早朝なのに二度目の投稿。 数日前「ダークナイト ライジング」の記事をアップした際の前文で… 『ここ数日、実家の目の前(本当に目の前)で、映画の撮影をしているらしい』 『どうもホラー映画のようです。』 という事を書きましたが、一部...... [続きを読む]

受信: 2012年9月16日 (日) 07時58分

» 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』’11... [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじサンフランシスコの製薬会社に勤めるウィルは新薬の実験用に飼っていたチンパンジーが暴れて射殺されたため、その赤ん坊を密かに自宅へ・・・。解説放送映画批評家協会賞視... [続きを読む]

受信: 2012年11月29日 (木) 09時28分

» 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』’11・米 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじサンフランシスコの製薬会社に勤めるウィルは新薬の実験用に飼っていたチンパ [続きを読む]

受信: 2012年11月29日 (木) 09時28分

» 猿の惑星 「創世記(ジェネシス)」 [You got a movie]
 猿の惑星「創世記 ジェネシス」、この作品を見て久々の感動を覚えました。私の映画への思いや考え方を作ってくれたのが子供のころに見た「2001年宇宙の旅」と、「猿の惑星」のふたつの映画です。第一作の猿の惑星は44年前の作品ですが、すでに何度もテレビで放映...... [続きを読む]

受信: 2012年12月25日 (火) 08時14分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [rambling rose]
アルツハイマーの新薬を投与され驚異的に知能が発達したチンパンジー。だが突然凶暴になり警備員に射殺されてしまう・・が、そのチンパンジーのお腹の中には赤ん坊がいた。 [続きを読む]

受信: 2013年3月11日 (月) 09時23分

» 猿の惑星:創世記 ジェネシス  監督/ルパート・ワイアット [西京極 紫の館]
【出演】  ジェームス・フランコ  フリーダ・ピント  アンディ・サーキス 【ストーリー】 アルツハイマーの薬を研究しているウィルは、チンパンジーに新薬を投与する。目覚ましい知能の伸びを見せたメスのチンパンジーがいたが、彼女は暴れだし、射殺されてしまう。妊...... [続きを読む]

受信: 2013年4月14日 (日) 08時42分

» 猿の惑星:創世記 [ぶっちゃけ…独り言?]
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 言うまでもなく、歴史的名作『猿の惑星』の前日譚、エピソード0的な作品で御座います。 で、予告編などから大まかなプロットは情報として入っていたのですが・・・ ぶっちゃけ、結構なサルノワクセイス...... [続きを読む]

受信: 2013年4月14日 (日) 08時50分

» ★『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 [スナフキン・レポート♪]
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」公式サイドは・・・コチラ「猿の惑星」〜創世記ジェネシス〜は、チャールトン・ヘストン主演で1968年に公開された『猿の惑星』の前日譚。   「猿の惑星」のラストは、自由の女神の残骸があり、   ldquo;ここは地球?オーマ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月14日 (日) 21時12分

» 映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』★自分の “住むべき場所”がないのは淋しい〜雑感です。 [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
公式サイトです。 http://www.foxmovies.jp/saruwaku/ あらすじです。 http://cinema.pia.co.jp/title/155930/ 『猿の惑星』は、なんと言っても、 チャールトン・へストン が ラストシーンで 自由の女神..... [続きを読む]

受信: 2013年4月15日 (月) 00時18分

» 映画『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』 [健康への長い道]
 『猿の惑星』の公開は1968年だから、当然リアルタイムでは鑑賞していませんが、初めて観たときは衝撃的でした。その前日譚『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』をTOHOシネマズ梅田にて。 Story サンフランシスコの製薬会社ジェネシス社の神経化学者ウィルが開発したアル…... [続きを読む]

受信: 2013年4月15日 (月) 01時31分

» 猿の惑星 創世記(ジェネシス) [華待月]
最初にこのシリーズを見たときの衝撃 3人の宇宙飛行士がトラブルで不時着した惑星は 猿人が支配する世界で 人類は猿以下の知能しか持って居なかった どうにかして地球に戻ろうとした飛行士が砂漠のかなたに見たのは・・・・信じられないモニュメントの残骸 猿人の祖先は シーザーという一匹の猿  この映画は長い間疑問だった  何故猿が進化して人類が支配されるようになったか  1頭賢くても他のサルまで進化を遂げられるものなのか・・・それが解って納得 長かったなぁ 今までのシリーズの中で一番良かった あら... [続きを読む]

受信: 2013年5月21日 (火) 21時39分

» 猿の惑星:創世記 [Heaven of the Cinema]
なぜ、地球は猿に支配されてしまったのか。 なぜ、人類は衰退してしまったのか。 それは、過去のシリーズで映像化されたもの。 それを最新の映画技術と現代の解釈で映像化した映画。 見ている間は...... [続きを読む]

受信: 2013年7月16日 (火) 22時25分

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [しんちゃんの徒然なる映画日記]
第240回「これはミュータントのお話ではないか?」 SF映画の金字塔である「猿の惑星」は1968年に公開され大ヒットした作品。レンタルビデオが普及し始めた中学生の頃にシリーズ5作をすべて観ました。そのエピソード0を描く今作「猿の惑星:創世記(ジェネシス...... [続きを読む]

受信: 2013年10月20日 (日) 20時54分

» これは 人類への 警鐘「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
[続きを読む]

受信: 2014年9月 9日 (火) 23時20分

» シーザーと猿の精霊とセレブリティ。 [LATALANTE]
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(Rise Of The Planet Of The Apes ルパート・ワイヤット監督 2011)、『ブンミおじさんの森』(Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives アピチャッポン・ウィーラセタクン監督 2010)、『SOMEWHERE』(SOMEWHERE ソフィア・コッポラ監督 2010)を立て続けに鑑賞した週末の話です。 Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives... [続きを読む]

受信: 2016年6月15日 (水) 16時37分

« 本 「理性の限界 -不可能性・不確定性・不完全性-」 | トップページ | 「一命」 武士の面目と武士の情け »